Yahoo!ジオシティーズ ゲストブック

   2005年5月15日 (日) 22時55分46秒
[お名前] :   夢伝説
[コメント] :   TRIUMVIRATのリマスター発売から早3年、
NEW ALBUM「Website Story」のウェブ発表から早2年が経過しようとしていますが、
『・・・Coming Soon!』って、いったいいつまで待たせるんでしょうかねー?
「Just A Face」を聴けば聴くほど、その想いはつのるばかりで...
(ここぞとばかり、ロッドの「You're In My Heart」を聴いたりなんかして←ウソです)
最近、聴きこんでいくうちに気がついたのですが、
Grant Stevens?の声って、STYXのDennis DeYoungによく似てると感じましたが...

最近何か動きってあるのでしょうか?>店主様
   2005年5月15日 (日) 17時03分01秒
[お名前] :   FromNiigata
[コメント] :   ピエール・モーランが亡くなったそうです>
…、すごく突然ですね。ご冥福をお祈りします。
今日はゴングを聴いて喪に服します。
   2005年5月15日 (日) 03時30分12秒
[お名前] :   yeszanmai
[コメント] :   お久し振りです。

J'ratさん、タルは残念でした。
なんで東京だけなんだ!

元ゴングのピエール・モーランが亡くなったそうです(5/3)。
ニュー・ピエール・モーランズ・ゴングのリハーサル中だったとか。
何年か前、ファンレター(ならぬメール)を出したことがあって、「また日本に行きたいな」なんて
返事をいただきました。

マイク・オールドフィールド、再編ブランドX、クラシック・ゴングで来日。ご冥福をお祈りします。

あー、凹むなぁ。。。
   2005年5月14日 (土) 21時59分39秒
[お名前] :   案山子
[コメント] :   >J'ratさん
ジェスロ・タルのライブ、行けなくて本当に残念でしたね!
でも、仔ラットさんは幸せですよ!父親の鑑ですよねぇ〜。
>ふらじゃさん
なんだか、楽しいライヴだったみたいですね。
今日は口惜しいので、ずっとタルを聴いてました。

FromNiigataさんのお嬢さんも、お風邪なんですか?
こんなに良い季節なのに流行ってるんでしょうか?
どうぞ、お大事に。
『何だかんだいっても』来日して欲しいですよ!!!ウェットン。
   2005年5月13日 (金) 21時51分29秒
[お名前] :   FromNiigata
[コメント] :   J'ratさん、タルのライヴ残念でしたね。
ウチの娘も今日熱が出て、病院に連れて行きました。
たいしたことなくて良かったですが、共働きは大変ですね。

寝かせている間にウエットンのライヴDVDを見ていました。
何だかんだいっても来日して欲しいです。

トリアン・ライヴ>
昔は4〜5枚スタジオ盤をリリースした後、ライヴ盤を出すパターンが多かったですが、トリアンについてはそう言う話はなかったのでしょうか?
断片的なライヴ音源がとても良い出来なだけに、正規盤でのリリースをして欲しいですね。
   2005年5月13日 (金) 16時42分33秒
[お名前] :   J'rat (T_T)
[コメント] :    ジェスロ・タルのライブは行けませんでした〜。仔ラットが風邪をひいてしまい、病院に連れて行かなくてはならなかったためです。仔ラットの風邪はたいしたことがなく、薬を飲んだら咳も治まったのですが、共働きなので大変です。
 5年前に七夕でオフ会をやっていて、帰ったら仔ラットが入院していたと言う前科があるものですから、それ以来懲りました。数年前にはアラン・パーソンズのチケットが無駄になっています。でも、家庭の安全が第一です。(^_^;)

 今朝は悔しいのでトリアンヴィラートのブートを聴いてきました。リマスターにも入っている75年のスパルタカスのライブと、前年のDouble Dimpleのライブです。Double Dimpleのは音が悪いのですが、気合の入ったいい演奏です。元はFMか何かの音源のようですから、マスターが出てくるといいのですが。

>ふらじゃさん、
 ライブ盛り上がったようですね。ご一緒できなくて本当にすみませんでした。またぜひオフ会をやりましょう。

 にいはおさんはまだネットに繋がっていらっしゃらないでしょうか?
   2005年5月13日 (金) 10時02分07秒
[お名前] :   ふらじゃ
[コメント] :   今日もどんより天気です、肌寒かったので1枚多めに羽織って出てきましたが正解でした。

ジェスロ・タル行ってきました。
キャリアの長いバンドはそれだけで見る価値がありますね、客を楽しませるとに長けてます。イアン・アンダーソンのステージアクションも健在でした。「アクアラング」はアルバム順に演奏するのではなくて、全体にちりばめて全曲という方式でした(たしか全部演奏したよな)
年齢層もけっこう高くてずーっと座ってましたが、アンコールからは総立ちでした。最後にバルーンリレーをやったのですが、メンバーがステージから姿を消して、場内が明るくなってもずっと続けてました。
私も2度ほど触れたので満足です
   2005年5月11日 (水) 14時02分55秒
[お名前] :   ふらじゃ
[コメント] :   どんよりとした空模様ですね、時折太陽が顔を出す程度ですが気温はけっこう高いです

昨年末の津波被害救済のためのプロジェクト、ProgAidのシングル「All Around The World」を買いました。5種類のmix違いの音と別mixの映像を加えたエンハンズド仕様のCDです。どプログレと言う感じの曲ではないですが、スローテンポのメロディアスな優しい曲で気に入りました。参加メンバーが多すぎて誰がどこのパートかよく判りませんが、映像にアンソニー・フィリップスがアコギを弾いてる姿があって、ちょっと感動
です。

>J'ratさん
念のため携帯の番号をメールしておきましたので、明日はよろしくお願いします
   2005年5月10日 (火) 22時55分40秒
[お名前] :   FromNiigata
[コメント] :   >ジェスロ・タル
ライヴ楽しみですね。長いキャリアを誇るグループなんで予習大変ですよね。ミニ・オフ会含めて皆様楽しんできてください。

時速130kmを超すと虫>
本当ですよ〜。実証づみですしね。フランスの高速制限が130kmなのは別にこれが理由ではないと思いますが…。
フラ車は加速性能は×ですが、高速に乗るといつの間にかハイ・スピード巡航になるので注意する必要がありますね。
   2005年5月10日 (火) 19時23分24秒
[お名前] :   J'rat
[コメント] :    5月らしい陽気が続いています。今朝はジェスロ・タルの別のベスト盤を聴いてきました。アクアラングも入っていたので、予習完了としましょう。

>FromNiigataさん、
 時速130kmを超すと虫が付くというのは本当ですか? 風圧の関係ですかね〜。最近はあまり飛ばさないようにしているのですが...。(^_^;)

>ふらじゃさん、
 木曜日の仕事はOKになりました。渋谷ですね? 終わったらミニオフ会しましょう。あまりゆっくりできないでしょうけど...。当日、ケータイにお電話しますね。
   2005年5月10日 (火) 10時17分49秒
[お名前] :   ふらじゃ
[コメント] :   朝はちょっと曇ってましたが、今は太陽も顔を出して良い天気になりました。

>ジェスロ・タル
いよいよ今週なんですね、「アクアラング」は聴き倒してますから特に予習はしてないのですが、彼らはアルバムの数が多すぎて他の演目が予想できません。聴いてないアルバムも半数以上ありますからきっと知らない曲も一杯聴けるのではないかと楽しみにしてます。

>J'ratさん
以前仕事と重なってるような書き込みがありましたがライブ大丈夫なのでしょうか?
私も木曜なのでライブ明けにミニオフでもしたいですね
   2005年5月9日 (月) 22時42分33秒
[お名前] :   FromNiigagta
[コメント] :   GENESISの「デューク」>
実はGENESISの中でも最も好きなアルバムです。
景気のいいオープニングは出勤時に良いですね。

フロントバンパー虫だらけ>
時速130kmを超すと車の形状にもよると思いますが、虫が避けきれなくなって急激に虫だらけになるそうです。
まぁ、スピードを落とせばかなり低減すると思いますが、なかなかできないですよね〜。
   2005年5月9日 (月) 18時54分21秒
[お名前] :   J'rat
[コメント] :    本当に暖かくなりましたね〜。日中は上着がいらないほどでした。

 今朝はジェスロ・タルのベスト盤を聴いてきました。いよいよ木曜日はライブなのです。でも今回全曲演奏するという「アクアラング」を買うのを忘れていたのでした。予習が出来なくてちょっともったいないですが、虚心坦懐に望むつもりです。

>イケじまさん、
 帰省ご苦労さまでした。私のクルマは赤色ですが、バンパーが虫だらけのスプラッターになります。上信越道の山の中で付いたのですが、この時期は特に多い気がします。しかも今のクルマは以前のより汚れが落ちにくくて困ります。虫の死骸とり専用のケミカルもあるようですが、塗装を傷めそうで怖いです。

>夢伝説さん、
 紙ジャケはブームなんですね。結局まだTOTOを買っていないのでした。ジャケットはともかく、リマスターでどのように音質が向上したかが楽しみです。

>ふらじゃさん、
 そうですね、レコードを知らない世代に紙ジャケと言ってもピンと来ないはずですね。本来はマニア向けの、LPジャケットのミニチュア復刻盤というのだけが取り柄なのでしょう。
   2005年5月9日 (月) 11時12分02秒
[お名前] :   ふらじゃ
[コメント] :   今日も良い天気ですね、今年のGWは天気に恵まれてたのではないでしょうか?関東地区限定??
最後の連休は仔ふらの病院と普段の買い物で終わってしまいました。おかげで連休ボケもなかったかな

今朝の通勤の友はGENESISの「デューク」でした。3人になってからの中では一番プログレ色の強いアルバムですがメロディアスで聞きやすいですね、街路樹の緑にマッチしてると感じるのはジャケット・デザインのせいでしょうか?

>紙ジャケ
もともとレコードで育った世代には懐かしさもあるので良いのですが、始めからCDで育った人にはけっこう扱いが面倒なのではないのかなぁと思うんですが、どんなんでしょう
   2005年5月8日 (日) 22時54分01秒
[お名前] :   夢伝説
[コメント] :   今でこそ毎月のように発売される犹罐献礇鵜瓩砲篭辰なくなりましたが、
最近のCBS、EPIC系の発売ラッシュには目を見張るものがありますね。
昨年からでも覚えているだけでS&G、BOB DYLAN、THE CLASH、AEROSMITH、BILLY JOEL、TOTO、JEFF BECK等々...
そしてまたFLOYDやB.SPRINGSTEENも控えているということで、
本当にどこまでいっちゃうのか...といった感じがしてなりません。
こうなったらいっそうのこと、SANTANA、CHICAGO、BOSTONといったロック系から、KANSAS、ELO、RUSHといったプログレ系まで発売してくれないかなと思ったりしております。

>ヘルムート・ケーレン
今年の命日には残念ながら遺作に聴き入ることができませんでしたが、「SPARTACUS」の中のThe Deadly Dream Of Freedom瓩筬The Sweetest Sound Of Liberty瓩鮖呂瓩箸垢詭抄覆蓮△海譴らも輝き続けていくことでしょう!
   2005年5月8日 (日) 22時01分07秒
[お名前] :   イケじま
[コメント] :   今日は空いた山陽自動車道を快調にドライブし、倉敷に戻ってきました。
ずっと思ってたんですが、暖かくなって高速道路を飛ばすと、フロントバンパー
には虫の死骸がこびりついていやですね。それに私の今の車は淡い黄色なので
よけいに虫が寄ってくる(?)ようです。
>9012DVD
以前出ていたビデオはよけいなビデオコラージュがうるさかったので
こんどはきちんとした映像で欲しいところです。
>案山子さん
Oh,Oh,Oh, It's Magicですよ。きっとご存知と思います。
http://www.davidpaton.com/index.shtml
   2005年5月8日 (日) 11時32分43秒
[お名前] :   J'rat
[コメント] :    日曜なのでのんびりしています。連休中いなかったので、掃除や洗濯、午後からはクルマの初回1ヶ月点検です。

>ロンリーハート、
 日産のミニバンのコマーシャルで使われていましたね。9012LiveのDVDがなかなか出ないですね〜。私はこちらを期待しています。

>ICON、
 売れてるんですか! 良かったですね〜。ぜひ二人で来日してほしいものです。
   2005年5月7日 (土) 23時26分36秒
[お名前] :   案山子
[コメント] :   >「ロンリー・ハート」
この間、スーパーのCD屋さんでもかかっていてビックリしたら、これがDVDなんですよね。
なんか、題名忘れたんですが、車のCMに使われた曲のプロモーション・ヴィデオを集めたという様な奇妙なものだったと思います。
思わず衝動買いしそうになりましたが、娘と一緒だったので思い留まりました。
   2005年5月7日 (土) 10時03分16秒
[お名前] :   FromNiigata
[コメント] :   今日はカミさんが出勤なので、子供と二人です。
相手しているのが疲れたので「おかあさんといっしょ」のビデオを見させて、インターネットしてますが。(ふぅ)
 この間、NHKの子供番組で「ロンリー・ハート」がBGMとして流れていました。担当が好きな人なんでしょうかね?ちょっと嬉しいです。

グランド・ツーリング>
J'ratさん、お疲れさまでした。自分もC5でグランド・ツーリングしたいです。街乗りでは真価が発揮できないですからね。カーナビ内蔵のHDDプレーヤーは長距離では便利そうですね。

ウェットン・ダウンズの”ICON”良セールスのようですね。来日したら懲りずに行きたいです。

ヘルムート・ケーレンの28回目の命日>
本当に若すぎましたね。私はヘルムート派なので、もう一枚ぐらいはアルバムを残して欲しかったというのが正直なところです。
   2005年5月7日 (土) 08時43分36秒
[お名前] :   案山子
[コメント] :   >J'ratさん
グランド・ツーリング、お疲れ様でした!
今回は、泉南には寄られなかったんですか?
私も連休中は奈良、四国と出掛けてばかりで、流石に疲れ気味なのです。
それでも今日もお出掛け!

それにしてもウェットン・ダウンズの”ICON”は
よく売れてるみたいですね。
別に、私買い占めてませんよ。

>PILOT
何となく知ってる気がするんですが音が出てこないですね。
気になります。
   2005年5月6日 (金) 13時24分44秒
[お名前] :   J'rat
[コメント] :    お昼を食べに出たら帰りは雨でした。近かったので走りましたが、これから本格的に雨のようですね。

>ふらじゃさん、
 ラテンは世界共通でノっちゃうんですね〜。今度「i」をかけて差し上げてください。
 PS2は福井の電器屋さんで安かったので思わず買ってしまったんです。「塊魂(かたまりだましい)」という雪だるまのようにいろんなものを転がしてくっつけるゲームを買ったのですが、これがなかなか面白いです。お父さんは見てるだけですが...。
   2005年5月6日 (金) 12時18分56秒
[お名前] :   ふらじゃ
[コメント] :   天気予報では午後から雨なのですが、まだまだ降りそうではないです。久しぶりに電車で出勤したのですがGWの谷間でわりと空いてました

休日は相変わらず仔ふらと遊ぶ日々を過ごしてました。昨日カードゲームのBGMにサンタナを流したら急に踊りだしてビックリです。ラテンの血が騒ぐのでしょうか?(生粋の日本人ですが・・・)

>J'ratさん
我が家はいまだにPS1で、古いゲームばかりやってます。この連休に「アーク・ザ・ラッド2」が終わりました。まだまだエンディングを見てないRPGが数本ありますので全部終わったらPS2かな
   2005年5月6日 (金) 11時40分17秒
[お名前] :   J'rat
[コメント] :    やっと帰省から帰ってきました。

 帰省中はカーナビ内蔵のHDDプレーヤーでKARNATAKAやMagentaを聴いていました。たくさん入るのでなかなか便利です。

 そうそう、GW前にKARNATAKAのDVDが届きました。米国でのライブのほうです。ちょっとだけ見たのですが、ボーカルの二人がノリノリで、テンションの高いダンスを踊りながら歌うので驚きました。曲はゆったりしているのに、ダンスのリズムが4倍速ぐらいなので、見ていて疲れてしまいました。いつもああなのでしょうか?

 今日から会社です。今朝はTriumviratの "Double Dimple" を聴いてきました。スタジオで練りに練っただけのことはあって、たくさんの音が幾重にも重ねられています。フリッツのオルガンも冴えていますね。
   2005年5月2日 (月) 22時47分10秒
[お名前] :   J'rat
[コメント] :    明日はヘルムート・ケーレンの28回目の命日です。1977年5月3日、27歳の若さでこの世を去りました。今でも彼の歌声は私たちファンの心に響いています。トリアンヴィラートのアルバムの中では永遠に生きているのです。合掌。

>ふらじゃさん、
 我が家もようやくPS2を買いました。福井の電器屋で安かったのです。最初に買ったソフトはガンダムでした。CGが精密で感動しました。
   2005年5月2日 (月) 10時02分58秒
[お名前] :   ふらじゃ
[コメント] :   GWも中休みです
今年は好天にに恵まれてますね、毎日仔ふらと遊び疲れたお父さんは、会社で静養です>オイオイ
そんなこんなでこの休みは毎日どこかの公園に行ってます。家に帰ってもゲームに付き合わされるので音楽をほとんど聴いてません

今朝の通勤の友はPFMのライブ「www.pfmpfm.it」でした。最近のライブ盤が初期の曲中心なのに対してこのアルバムはわりと後期のものまでやってて耳慣れない曲も多いですが、あまり違和感は無いです。けっこう陽気な曲が多いので今日の天気にピッタリでした

>PILOT
あまり聞いてませんが、彼らがデビューしたときのシングル盤が実家にあるはずですジャケットの絵はまだ3人だったかな?あと「コール・ミー・ラウンド」も持ってたかな
   2005年5月2日 (月) 09時57分59秒
[お名前] :   J'rat
[コメント] :    福井に帰って来ました。

 関越道経由で8時間と順調なドライブでした。ASIAなどを聴きながら走ってきました。ウェットン&ダウンズでぜひ来日して欲しいですね!

 PILOTは聴いてみたいです。発売されたらぜひ教えてください。

 ちょっと肩が凝ったので、若狭の方に行って日帰り温泉に浸かってきま〜す。
   2005年5月1日 (日) 19時54分03秒
[お名前] :   FromNiigata
[コメント] :   ウェットン・ダウンズ”ICON”>
ようやく聴くことができました。新潟のHMVでは売り切れ、新潟石丸でGetしました。洋楽ベスト5に乗っていましたが、そんなに売れているのでしょうか?
内容は「やってくれたねウエットン」って感じで、ウエットン節炸裂ですね。ウェットン・ダウンズ名義ですが、内容的には8:2でウエットンのソロにダウンズが参加した印象でしょうか? 曲を詰めすぎず、タイトにまとめたのが正解ですね。最終曲がベストですかね。
これで調子こいて来日してくれたは良いが、別の意味で「やってくれたねウエットン」って感じで醜態をさらしてくれて欲しくはないですね。(恐いモノ見たさですが)

今日は妻が実家に遊びに行って、ウエットン&ホイトルさんからもらったYES35周年記念ライヴDVD三昧でホント至福の一日でした。一週間に一日こう言う日が取れれば最高なんですが…。
   2005年5月1日 (日) 10時21分06秒
[お名前] :   夢伝説
[コメント] :   >イケじまさん
PILOTはデビュー当初からの大ファンなんです。
デビューアルバムの大ヒットから、次作以降への期待はいやがおうにも高まりましたが、それを撥ね退けて余りある素晴しい牴鮫瓩届けられた時に、「このバンドは本物だ!」と確信しました。
2003年に発売されたD.Patonのソロアルバムにも引き続き収められていたI Wonder瓩蓮△海蛙年の数ある楽曲の中でも個人的にはベストな1曲です。
そのイントロからはビートルズのStrawberry〜瓩鯱∩曚気擦覆ら、楽曲全体としてはギルバート・オサリバンのAlone Again瓩鰈牌覆気擦訌農欧靴気あると思います。
彼らの数あるポップチューンには、リスナーを飽きさせない何か爛泪献奪瓩あるのかもしれませんね!
   2005年4月30日 (土) 21時53分19秒
[お名前] :   ビーちゃん
[コメント] :   ICON
さっそく買いました。いやいや、さすがにASIAの曲の中核を担ってきた2人だけあって、ASIAっぽく聞こえてしまう上に、ウエットンの声もちゃんと出ていて、とてもいい買い物をしたと久しぶりに感じた1枚ですた。「HEAT〜2005」は、オリジナルよりキーボードの音色が分厚くなっていて、でも聞いてて悪くない仕上がりになっています。
ライナーノーツには、オリジナルASIAの再結成はないというコメント、このアルバムのツアーをということ。楽しみです。
   2005年4月30日 (土) 00時48分30秒
[お名前] :   イケじま
[コメント] :   >夢伝説さん
おお、Pilotお好きですか!今回のCD化は某ファンサイトでももう異様な盛り上がりです。
私、早くもHMVで予約しました。ここに集う皆さんはたぶんPilotの音の片鱗を
Alan Parsons Projectで聴かれているものと想像します。夢伝説さんお書き
の通り、まさに胸キュンポップチューンなんですが、彼等の演奏、メロディセンス
は単なるアイドルポップバンドでないと思いますので、ぜひ1度皆さん聴いてみて
下さい。
   2005年4月29日 (金) 21時28分47秒
[お名前] :   夢伝説
[コメント] :   いよいよGWに突入しましたね、ちょうど仕事で成田空港に行ってましたが、ものすごい混みようで息苦しくなるくらいでした。
空港までは高速一本40分程度なのですが、そのクルージングのお供はこの陽気にぴったりなPILOTの「BLUEYONDER」でした。
ハートくすぐる胸キュンポップチューン満載なこの作品は、
実は彼らの4枚目「TWO'S A CROWD」のリメイク盤+α的なこのアルバムなのですが、本家4枚目が待望久しく6月に世界初(紙ジャケ)で発売されることが決まったようです。
このアルバムには他アルバムにあるようなシングルヒットこそありませんでしたが、全曲のレベルが平均して高く、トータル的には彼らのベストだと思っています。
今から待ち遠しい限りです。
   2005年4月28日 (木) 13時40分38秒
[お名前] :   J'rat
[コメント] :    本当にいいお天気ですね。初夏って感じです。明日からゴールデンウィークですね〜。私はまた福井に帰省しますが、みなさんどこかに遊びに行かれますか?

 今朝はジョン・ウェットンの「ロック・オブ・フェイス」を聴いてきました。「アイコン」を聴いて聴きなおしたくなったのです。一昨年のソロは、もっと朗々と歌い上げていますね。さすがに「アイコン」のほうは抑えているのでしょうか?
   2005年4月28日 (木) 10時42分59秒
[お名前] :   
[コメント] :   あ、名前だけで送信しゃいました!すみません

今日は朝から暑かったですね、半袖でも良かったくらいですがまだ出してないので袖をまくっての出勤でした。
そんな通勤の友はWISHBONE ASHのRCA時代のベスト盤「TIME WAS」でした。ブルース色の強いものは外した選曲で聞きやすいです(そんなにブルース色は無いバンドですが)「百目の巨人」からの選曲が多いのはしかたないですね
   2005年4月28日 (木) 10時17分41秒
[お名前] :   ふらじゃ
[コメント] :   
   2005年4月27日 (水) 22時21分12秒
[お名前] :   案山子
[コメント] :   >J'ratさん
ウェットン・ダウンズの”ICON”の御買い上げ、まことにありがとうございます。
すっごいメジャーそうですね。
やっぱり、エイジアの流れで購買層が広がるんでしょうか。
   2005年4月27日 (水) 10時09分28秒
[お名前] :   ふらじゃ
[コメント] :   昨日は外出中に急な雨で濡れてしまいました。けっこう激しかったので八重桜の下に止めていた車が綺麗な桜色になってました。落とすのがもったいないくらいに・・・

今日は朝から日差しが暖かでした。ぽかぽかでこのまま芝生にでも寝てたい気分ですが、なかなか現実は甘くないですね

DVDレコーダーが壊れてしまいました。DVDを認識しなくなってしまったのです。他の機能は正常に稼動してるのでとりあえず今はHDDレコーダーとして使ってます
   2005年4月26日 (火) 12時42分46秒
[お名前] :   J'rat
[コメント] :   ウェットン・ダウンズの「アイコン」(イコンと読むのでしょうか?)を買いました。新越谷の新星堂に平積みで売っていて驚きました。メジャーですね。
日本盤しかなかったのですが、ボーナスで「ヒート・オブ・ザ・モーメント2005」が入っているから良しとしましょう。

早速聴いてきましたが、期待通りの出来ですね。まだ途中で、アニーさんの入った曲に到達していませんが、GWのヘビーローテーション間違い無しです!
良いアルバムをお教えくださって、ありがとうございました。
   2005年4月26日 (火) 09時37分55秒
[お名前] :   ふらじゃ
[コメント] :   昨日にひきつづきはっきりしない天気です。予報に反して今日も午後からは晴れるのでしょうか?

CD-Rにアルバム何枚入るかなぁ
今回はクイーンでやってみましたが、オリジナルスタジオ盤が全部入りました。「フラッシュ・ゴードン」は持ってない(もともとサントラだと思ってる)のですが、これも入りそうです。
こうなると他のバンドもいろいろやってみたいですね

>Howe,White,Rabin,Squire&Geoff
このメンツで「DRAMA」の曲が無いのはちょっと寂しいですね、両トレバーに遠慮したのか?
   2005年4月25日 (月) 17時42分14秒
[お名前] :   J'rat
[コメント] :    週末は親戚の不幸で福井に帰っていました。なかなか書けなくてすみませんでした。
 新幹線の中で聴いたのはKARNATAKAの "Delicate Flames of Desire" でした。こんな時、余計に心に染み入ります。

>ウェットン・ダウンズ、
 ICON良さそうですね。アニー・ハズラムも参加しているんですか? ぜひぜひ聴かなくては!

 ビデオも楽しみですね。Yesぜひ収録していただきたいです。ラビンの歌が聴けるなんて、久々ですね。ペットショップ・ボーイズも出ているんでしょうか? ホーンがプロデュースしたとは知りませんでした。
   2005年4月25日 (月) 16時59分58秒
[お名前] :   いっしー
[コメント] :   こちらに当日のレポが ボーカルはTrvor....Rabinだったそうです。
http://homepage3.nifty.com/takanosite/Produced%20by%20Trevor%20Horn.9.htm
   2005年4月25日 (月) 16時44分37秒
[お名前] :   いっしー
[コメント] :   >Howe,White,Rabin,Squire&Geoff
この日のPrince TrustはTrvor Hornの芸暦25周年記念ということで、彼が関わったバンドがたくさんでました。
Yesの曲は"Owner of the lonely heart","Cinema"ともう1曲”Make it easy"noさわりをやったそうです。
で、Alan WhiteはSealのバックでも叩き、Steve HoweはFrankie Goes To Hollywoodのバックでギターを弾いたそうです。(彼はアルバムでも弾いてます)

映像はこのコンサート全体としてのDVDが初夏に発売という情報もありますが、Yesがその中に入るかどうかはわかりません。
   2005年4月25日 (月) 14時31分26秒
[お名前] :   ふらじゃ
[コメント] :   午前中は雨が降ったり止んだりとはっきりしない天気でしたが、いまはすっかり上がって晴れてます。朝はちょっと肌寒かったけど今は暖かいのかなぁ

>ウエットン・ダウンズ
先日、偶然入った普通のショップに国内版が置いてあってなんかちょっと感動しました。買いませんでしたけど

最近撮り貯めたDVDが収集つかなくなってしまってます。レーベルやジャケットをちゃんとしたもの作ろうとして時間がなくなってしまってるのです。うう・・どーしよー
   2005年4月25日 (月) 00時25分08秒
[お名前] :   案山子
[コメント] :   > WETTON・DOWNES の ICON
いえ、もう、ちょっと、どういう風に言ったものか迷ってたんですが・・・。 
「Wettonの声はちゃんと出ているか」という点に関しては、もう間違いなく完璧です。
編曲の面でも変化があって美しい構成だと感じました。
アニー・ハズラムとのデュエットは聴く価値があると思います。
個人的には、ずっと繰り返して聴いても飽きない!
(家族はウンザリしてますが・・・)
とにかく、「嬉しい!」の一言です。
『ストレンジ・デイズ』買わなくちゃ!
   2005年4月24日 (日) 22時33分56秒
[お名前] :   FromNiigata
[コメント] :   Wetton=Downes>
そうですか、ニューアルバムリリースされていたんですか。Wettonの声はちゃんと出ているのでしょうか?
こりゃ、聴いとかなきゃいけないですね。

Howe,White,Rabin,Squire&Geoff>
是非映像化して欲しいですね。選曲含めて興味津々ですね。ヴォーカルはRabinですよね。ロック色が強いんで
しょうか?楽しみです。
   2005年4月24日 (日) 20時21分02秒
[お名前] :   イケじま
[コメント] :   Wetton=Downesのニューアルバム制作のいきさつは、今月のストレンジデイズの
ジェフリー・ダウンズのインタビューに興味深く書かれていますね。
ところで、そのインタビューの中に、昨年秋のプリンストラストで
Howe,White,Rabin,Squire,そしてGeoffが演奏したと書かれていますが、
これは凄いラインナップですね。どんな曲をやったのか興味津々ですが、
ぜひ映像化して発売して欲しいものです。
   2005年4月23日 (土) 20時42分57秒
[お名前] :   案山子
[コメント] :   ワンパターンの人間ですみません。
WETTON・DOWNES の ICON にはまってます。
   2005年4月22日 (金) 14時42分00秒
[お名前] :   ふらじゃ
[コメント] :   今日は暖かいですね、昼間外に出てましたがうっすら汗かいちゃいました。

今朝はちょっと遠くまで仕事にいったので通勤の友はYESのMP3でした。相変わらずランダム再生で聞いてたのですが、偶然にもハウのギターソロ曲が3曲連続で掛かったのにはビックリでした。"Mood For A Day"UNIONの中の曲"Clap"の順でした。

>GENESIS
私も聞き始めが遅かった口です。そのせいか持ってるレコードは中古盤が多いですね
   2005年4月21日 (木) 21時35分28秒
[お名前] :   FromNiigata
[コメント] :   GENESISの「そして3人が残った」>
確か自分が買ったGENESISの最初のアルバムです。確か輸入盤で880円だったと記憶してます。
来日記念盤でしたっけ?ポップなアルバムですが、プログレの味付けがしっかり残っていると思います。
「デューク」までは結構プログレテイストが残っていますね。

GENESISはやはり他のメジャー・プログレバンドに比べて聴いたのが後になってしまいました。自分の場合、
イエス、ELP、クリムゾン、フロイド、ジェネシスの順番でした。
   2005年4月21日 (木) 11時22分03秒
[お名前] :   ふらじゃ
[コメント] :   天気の回復が思ったより早かったですね、朝方は肌寒かったですが今は気温もどんどん上がってるみたいです。

今朝の通勤の友はGENESISの「And Then There Were Three」でした。邦題は「そして3人が残った」そのままですね
ほとんどの曲が5分前後に纏めれられてるし、"Follow You、Follow Me」というヒット曲もあったのでかなりPOPになったという評価がありますが、なかなかどうしてちゃんとプログレしてます。
音と関係ないですが、私の持ってる米国盤のこのCDはレーベルの印刷が中心からすこしずれているのです。
今朝気がつきました。
   2005年4月20日 (水) 22時20分49秒
[お名前] :   FromNiigata
[コメント] :   フロイドの邦題は良いのが多いですね。
「原子心母」の帯コピー「ピンク・フロイドの道はプログレシヴ・ロックの道なり」(だったかな?)は有名ですし、レコード会社も力が入っていたのでしょう。

メセニーの オフ ランプが「哀愁のカフェオレ」>
これはとんでもないですよね。ファンの中では有名みたいですが…。

昨日はホイトルさんのバンドを5.1サラウンドで楽しみました。
   2005年4月20日 (水) 20時22分37秒
[お名前] :   J'rat
[コメント] :    お天気悪かったですね。おまけに冬のように寒いです。

 今朝は「リベラ」というグループのCDを聴いてきました。ロンドンの少年聖歌隊で、ロバート・プライズマンという作曲家がプロデュースしています。曲は癒し系でエンヤとアディエマスを足したような感じで、シンセも入って天使の歌声が非常に美しいものです。まさに天上の音楽という感じですね。ちょっと癒されすぎかもしれません。(^_^;)

>邦題、
 この話題は盛り上がりますね〜。意訳や誤訳も多いのですが、邦題は味わいがありますね。トリアンヴィラートで好きなのは、スパルタカスの「血気の軍団」"The School of Instant Pain" です。
   2005年4月20日 (水) 19時45分30秒
[お名前] :   ホイトル
[コメント] :   「ビートルズがやってくる ヤァ!ヤァ!ヤァ!」

この邦題で目を引くのはやっぱり
「ヤァ!ヤァ!ヤァ!」という部分です。

これが実はShe loves youの
Yeah Yeah Yeahだったと知った時は卒倒しそうでした。

ワタシのライヴとパリ管弦楽団のライヴを
同列(??)に書くFromNiigataさんって
ほんとうに心優しい人だと思います。
   2005年4月20日 (水) 10時33分41秒
[お名前] :   ふらじゃ
[コメント] :   今日は午後から雨が降るそうですね・・・って、もう降ってるやん、ポツポツだけど。

今朝の通勤の友はYESの78年ケベックでのライブ(ブート)でした。スーパーのワゴンで売られてた物なのですが音は良いです。各パートの音も良く聞こえるし、おそらくサウンド・ボードですね、残念なのは目玉のメドレーが途中切れてるところですね

>邦題
元のタイトルに全く関係ないものから直訳したものまでいろいろあって楽しいですよね
でも当時はあまり真剣に考えずに受け入れてたように思います
なぜかフロイドの邦題は無条件に好きだったりします
「吹けよ風、呼べよ嵐」なんて元の"One Of These Days”に関係ないけどちゃんと曲を聴いて付けたのが判りますね
   2005年4月20日 (水) 00時13分51秒
[お名前] :   紀州の駱駝
[コメント] :   >邦題の話
便乗させてくださ〜い。

好きなの。
Camelの「Moonmadness」(月の狂気)→「月夜の幻想曲(ファンタジア)」
「Moonmadness」ってのは多分造語だと思うのですが、見事に邦題化してると思ってます。どちらのタイトルも大好きです。

いまいちなの。
Caravanの「If I could do it all over again, I'd do it all over you」(私が再びすべての点でそれをするであろうならば、私は、あなたの至る所でそれをするであろう)→「キャラヴァン登場」または「手遅れの愛」
「キャラヴァン登場」って、これはセカンド・アルバムやっちゅうの。この邦題のおかげで、長い間このアルバムでデビューしたんだと思ってました。^^;
Khanの「Space Shantry」(宇宙の掘っ立て小屋)→「宇宙の船乗り」
確かにジャケットの絵はつぎはぎのガラクタ宇宙ステーション(?)ですが、宇宙船に見えないこともないか…。
Sebastian Hardieの「Four Moments」(4つの瞬間)→「哀愁の南十字星」
なんでもかんでも「哀愁」ってつければええっちゅうもんではないやろう!
オーストラリアのバンドだから「南十字星」ってのも短絡的ですよねぇ。
   2005年4月19日 (火) 23時09分45秒
[お名前] :   イケじま
[コメント] :   Yesの「心の光」なんて今では覚えてる人少ないのでは?
Genesisの「怪奇音楽骨董箱」とかHawkwindの「絶体絶命」なんてのも当時の
レコード会社の中の人はよく考えました。
   2005年4月19日 (火) 23時08分20秒
[お名前] :   Woog
[コメント] :   >邦題の話

ぼくにとって極めつけは
「ビートルズがやってくる ヤァ!ヤァ!ヤァ!」

(「当時ユナイテッド映画の社員であった映画評論家の水野晴夫氏が,この映画を別の短編映画"Beatles Come To Town"と混同してつけたもの。」らしいです。
http://www.tamano.or.jp/usr/osaka/pages/b-data/13/ahdn.htm)

他にもたくさんあるでしょうが、
今、思いついたのは「哀愁のマンデイ」
ザ・ブームタウン・ラッツがイギリスで大ヒットさせた曲ですが、
これは、ある女の子がI don't like Monday.と言って
学校でライフルをぶっ放す歌なんですから
哀愁もへったくれもないです。
   2005年4月19日 (火) 22時50分17秒
[お名前] :   TOM
[コメント] :   ご無沙汰です
邦題の話にちょっと参加してみたくて
プログレでは、無いですが
イーグルスの「呪われた夜」などは、かっこいいと
思っていましたが
AORが全盛時代に入ってやたらおしゃれな路線になった頃からいやな感じを持ちました。
メセニーの オフ ランプが「哀愁のカフェオレ」
許せませんでした。
   2005年4月19日 (火) 22時14分00秒
[お名前] :   FromNiigata
[コメント] :   「愛の神秘」>
昔はレコード会社もいろいろ考えて邦題つけてましたね。
ハズシ気味の邦題も多かったですが…。最近はあちらのタイトルそのままのものが多いですが、何か味気ない感じがします。映画もそうですが…。
原題のニュアンスを損なわず、印象的な邦題がやはり好きですね。
「太陽と戦慄」「海洋地形学の物語」「恐怖の頭脳改革」etc…。いずれも原題ではあれほど受けなかったでしょう。しかし、最高傑作はやはり「原子新母」でしょうか。

最近はパリ管の余韻でドビッシーとラベルを聴いていましたが、(ホイトルさんのライヴを聴いたので)明日あたりからバリバリのハードロックを聴きたいと思います。

パット・メセニーのライヴ今日あたりでしたっけ。行きたかったですが、ちょっとムリでした。
   2005年4月19日 (火) 21時39分18秒
[お名前] :   案山子
[コメント] :   >ふらじゃさん
私も、最近よく「愛の神秘」を聴くんですよ。
あんまり重くないところが、この季節に合うんでしょうか?
これは最初に聴いたアルバムなので、非常に印象深いです。

>J'ratさん
あんまり笑わせないでくださいよ!
"Old Loves Die Hard"の邦題が「未練」や「後ろ髪」だったら、死んでますよ!わたくし。
この歌詞には、結構考え込んでしまいます。
「愛の神秘」っていう題も、実はあんまり好きじゃないんですけどね。許容範囲かなぁ〜。
日本語の場合「愛」という単語を出してしまうと、
結構「しんどい」気がするんですよね。
じゃあ、何が良いのか?というと困ってしまいますが・・・。
私だったら、「老犬に新しい芸を仕込むのは無駄」
とかいう題にしてしまいそうです。(最悪!)
でも、そこが何故か印象的なんですよね。
   2005年4月19日 (火) 18時47分34秒
[お名前] :   J'rat
[コメント] :    今日は暖かくなりました。

>FromNiigataさん、
 本当にウェブマスター冥利に尽きます。最近HTMLを書いていないので、どんどん更新が億劫になっています。何とかしなくてはせっかく来てくださった方に申し訳ないですね...。

>niphr.さん、
 USは入手困難なのが本当にもったいないですね。こちらの皆さんも聴かれると、絶対気に入られると思いますよ。なんとかAmazonやdisk unionで扱ってくれるといいですね。

>ふらじゃさん、
 今朝は私もトリアンヴィラートの "Old Loves Die Hard" を聴いてきました。直訳すると「古い愛はなかなか死なない」これを「愛の神秘」とした東芝EMIは偉いですね。「未練」や「後ろ髪」でなくて本当に良かった...。

 実は毎晩地道にピアノの練習をしているのですが、昨夜はハノンとバイエルと「乙女の祈り」の後に珍しくエネルギーが残っていたので(いつもはくたくたになって寝ます)、"The History of Mistery" が弾けないかと、あてずっぽうで弾いていたらなぜか "I Believe" のイントロになりました。単純なメロディだけですが、うれしかったです! もっとちゃんとコピーできるようになりたいです。
   2005年4月19日 (火) 15時27分46秒
[お名前] :   ふらじゃ
[コメント] :   昨日は急に雨が降り出してびっくり、もう少し帰宅が遅かったらびしょぬれになる所でした。けっこうまとまった雨だったみたいでが、今朝はすっかり晴れ上がってて良い気持ちでした。

そんな通勤の友はトリアンの「愛の神秘」でした。今日はリマスター前のCDを聞いてきたのですが、これもけっこう良い音ですよね、ちょっとレベル不足も感じられますが、たいした問題ではないです。
久しぶりに聞いてみると、明るいプログレという印象で実にこの時期にピッタリでした。メロディアスな曲に上手くキーボードが絡んでて春らしい音になってますね、今日の陽気にピッタリでした。
   2005年4月18日 (月) 22時11分55秒
[お名前] :   niphr.
[コメント] :   >ぶりぶりベース
>J'ratさん、
USを気に入っていただけたようで嬉しく思います。ベースのJosの尊敬するベーシストはクリス・スクワイアですので、ぶりぶりベースも似るのでしょうか。
それにしても、オランダにプログレバンドが多いのは、どうしてでしょうね。
   2005年4月18日 (月) 21時55分07秒
[お名前] :   FromNiigata
[コメント] :   昨日はホイトルさんのライヴに行ってきました。
先週のパリ管弦楽団とライヴついています。やはりライヴは良いですね。

トリアンヴィラートのファンサイト>
新しいお仲間、J'ratさんウエッブ・マスター冥利ですね。

パトリック・モラーツ デュオ>
オフィシャルでCDリリースして欲しいですね。
   2005年4月18日 (月) 18時46分43秒
[お名前] :   J'rat
[コメント] :   >ふらじゃさん、
 Trans Atlantic は休止状態ですか。メンバーが活発に動いていそうですから、しょうがないですかね。たまに集まってギグとかしてないんでしょうか?
   2005年4月18日 (月) 18時46分31秒
[お名前] :   J'rat
[コメント] :    今朝はオランダのバンド US の "Eamon's Day" を聴いてきました。良かったです。ギターがニール・モーズ風で、ベースはYes風でしょうか? メロディが親しみやすくて、とても聴きやすいです。演奏も確かですね。オランダって人口は少ないのにプログレ濃度が高いですね〜。

>佐藤 茂さん、
 はじめまして。ようこそいらっしゃいませ。トリアンヴィラートの情報はなかなかないですよね。不十分なことは承知の上で作ってしまいました。その後の更新もままなりませんが、どうぞお許しくださいませ。
 「スパルタカス」は名盤ですね。前作のアメリカツアー中に一気呵成に作られたアルバムのようです。私たちが聴く時も一気に最後まで聴けてしまいます。何度聴いてもカタルシスを感じます。
 "The History of Mistery" はピアノが美しいですね。高校時代以来何度聴いてもこのメロディの美しさに感動しないことはありません。"Give me a chance to see through my reason..." で始まる主題が、アレンジを変えて何度も出てくるのはクラシック的ですね。
 ぜひ他のアルバムもお聴きになってください! 2nd アルバムの "Illusions on a Double Dimple" もいいですよ。
   2005年4月18日 (月) 15時33分44秒
[お名前] :   ふらじゃ
[コメント] :   思ったほど暖かくなりませんねぇ、太陽が出てない分肌寒く感じます

今朝の通勤の友はトランスアトランティックの2ndでした。前作に続いてプログレど真ん中の曲調が聞いてて気持ちいいです。ニール・モーズがそれまでのバンド活動を停止したので今は解散状態ですが、音楽をやめた訳では無いので再び活動してくれると信じてます。オフィシャルのバンドHPも閉鎖されてないですし

>ロータスの伝説
私も中古でアルバムを買いました。さすがに新譜は高かったですからね、でも当時4曲入りのマキシシングルというのが出たのでそちらは買いましたが・・・
   2005年4月18日 (月) 04時12分36秒
[お名前] :   佐藤 茂
[コメント] :   インターネットってすごいですね。
まさかトリアンヴィラートのファンサイトがあるとは。
ずっと首都圏で生活していて、中古も含めてレコード
屋さんも何軒回ったかもわからないのに、ほとんど
トリアンヴィラートの情報にめぐり合うことはありません
でした。

持ってるのも輸入版の「スパルタカス」だけです。

ラジオで聞いた「ヒストリーオブミステリー」もCDで
手に入れられそうなので早速購入します。
   2005年4月17日 (日) 10時50分15秒
[お名前] :   J'rat
[コメント] :    いいお天気です。

 きのう、niphr.さんから買わせていただいたUSのCDが届きました。少しだけ聴いたのですが、ベースがクリス・スクワイアばりのぶりぶりベースです。なかなか良さそうです。
 じっくり聴いてみたいと思います。

>デュアルディスク、
 なかなか微妙な規格なんですね。ビジュアル系のバンドはプロモビデオがあっていいでしょうね。ビデオ制作には数百万円かかるでしょうから、レコード会社が力を入れてくれないとできないんでしょうね。
 非ビジュアル系のプログレおじさんバンドもビデオをつけられるでしょうか?

>紙ジャケ、
 いまだに縦横の大きさが統一されていないような気がします。保護用のビニールカバーが合わないので悔しいです。
   2005年4月16日 (土) 22時35分23秒
[お名前] :   夢伝説
[コメント] :   >「ロータスの伝説」
最近出張する国のいわゆる犢餡岫瓩ロータス(蓮)なもんで、やけに親近感を覚えます。
実はこのアルバムが3枚組¥6,300で発売された当時、中学生の身分ではさすがに購入することができなかった思い出があります。
ですので数年前に偶然、帯付の比較的綺麗な中古を見つけた時の感動は今でも脳裏に焼きついておりますです。
CDで発売されたときは確か、初っ端の珥堊朖瓩カットされていたと思いましたが、
いずれにしても前年の「YESSONGS」に対抗する形で?発売されたこの大阪でのライブ3枚組を制覇するには、かなりの根性がいったことだけは事実です。

そうそう、サンタナというとなぜかしら横尾忠則を連想してしまいますが、
同じようにEW&F、ELO等で連想する長岡秀星もそうですが、70年代から80年代にかけては日本のアーティストの作品が、数多く海外アーティストの作品のジャケットを飾りましたよね。

ちなみにこのお二方、偶然にも1936年生まれ同士でしたぁ〜(これはトリヴィアかな...)
   2005年4月16日 (土) 22時11分44秒
[お名前] :   夢伝説
[コメント] :   >デュアルディスク
なるほど、sphinxさん、いっしーさんの情報からですと、
やはり日本でも幅広く流通軌道に乗せるまではまだまだ時間がかかりそうですね。

>紙ジャケ
ふらじゃさん、さすがによくご存知ですね、
私も気になっていろいろと調べておりましたら、
確かに現在の紙ジャケになるまでに各社いろいろと試行錯誤を繰り返したようで、
洋楽の最初は「ロータスの伝説」だったようですね。
一方、邦楽では88年矢野顕子の「やのミュージック」というBOXものが最初のようでした。
ただ、この初期6枚組は当時通信販売のみだったようで、一般にはあまり流通しなかったようです。
   2005年4月16日 (土) 02時44分06秒
[お名前] :   いっしー
[コメント] :   >デュアルディスク
ハードメーカーはいろいろと非対応の機器があるとの警告を出しています。
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20050330/pioneer.htm
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20050328/sony.htm
   2005年4月15日 (金) 19時22分26秒
[お名前] :   sphinx
[コメント] :   >デュアルディスク
現状はではいろいろと問題があるようです。
単純に言うと、CDとDVDを接着剤で張り合わせた両再生面
といったとこでしょうか。
接着剤で張り合わせていることでの劣化の問題、厚み、
両再生面での取りだし時の傷付きの問題、等々
プレイヤー側ではCCCDと同様、規格外とのことで
再生の保証をしないというところもあるようです。

解決できない問題は無いと思うので今後の改善に期待
したいところです。
   2005年4月15日 (金) 17時16分53秒
[お名前] :   J'rat
[コメント] :   >デュアルディスク、
 初めて知りました。そんな規格があったんですね。「女子十二楽坊」のCDはいつもDVDとの2枚組みでしたが、それが1枚になるのは便利そうです。CCCDとかじゃなく、こういう付加価値でがんばってほしいですね。

>紙ジャケ、
 やはり日本発祥だったのですか。海外ではデジパックが多いですね。文化の違いでしょうか? デジパックはあまり欲しくはならないですね。
   2005年4月15日 (金) 17時16分43秒
[お名前] :   J'rat
[コメント] :    いい天気ですね〜。菜の花や芝桜も咲いて、一気に春爛漫です。

 昨日と今日は GAGLiARCHiVES のパトリック・モラーツのインタビューを聴いてきました。フィラデルフィアのFM局で放送されたもので、全体で1時間もあります。
 ピアノを習い始めた子供時代の話から始まって(腕を折ったためクラシックピアノをあきらめたとか、ESPにも書いてありましたね)、メインホースや「i」などのソロ作品の話から、ムーディーブルースやフューチャー・インターフェース、そして最近のピアノソロ作品まで、ほぼ順序どおりに語りまくっています。最近は弱冠24歳の若手ドラマーと一緒に、まるでビル・ブラッフォードとのデュオのようにギグをしているそうです。

 悲しいことに、私の英語力では、話の1〜2割くらいしか理解できません。何度も繰り返して聴かなくては...。
 アーカイブの公開は4/15までのようです。お急ぎください。 http://gagliarchives.com/media.html
   2005年4月15日 (金) 10時37分24秒
[お名前] :   ふらじゃ
[コメント] :   桜もすっかり散ってしまいましたね、これから葉桜になって木の下を歩くとき注意が必要になります。毛虫がポタッ・・・

>デュアルディスク
初耳でしたのでちょっと調べてみたら今までのエンハンスド仕様のCDをもっとハイクオリティーにしたもののような感じを受けました。アーティストの表現方法も色々考えられるんじゃないでしょうか?ちょっと期待したいメディアです。

>紙ジャケ
ちゃんとCDを入れて保管できるようにしたものはELPは最初でしたが、LPジャケットをCDサイズに再現したのはサンタナの「ロータスの伝説」が最初だったと思います。サイズがCDのプラケースと同じだったのでCDを入れるのはちょっと無理でしたが・・・
こちらも日本盤だけの特典でしたから、やはり紙ジャケは日本初ということでしょうね
   2005年4月15日 (金) 08時05分51秒
[お名前] :   FromNiigata
[コメント] :   クリス・ウェルチのYes本>
病院の診察待ちにはピッタリですね。ちょっと厚いのが難点ですが…。Triumviratのデビュー当時はどんな感じだったんでしょうか?

モーツァルトの42番>
早くディスクで聴いてみたいです。
モーツァルトの交響曲ではやはり39〜41を一番聴くのですが、たまに初期のものを聴くと新しい発見がありますね。
でも、当時は何と行っても「オペラ」の作曲が一番お金になったみたいで、交響曲のギャラはオペラの1/10だったみたいですね。
   2005年4月13日 (水) 22時29分48秒
[お名前] :   夢伝説
[コメント] :   すでにトリヴィアではなくなった感がありますが、
昨年10月に全米の大手4大レコード会社が一斉に発売を開始した爛妊絅▲襯妊スク瓩
いよいよ日本にも上陸するようですね。(というかもう入ってきてるのかな?)
現在ではCDにDVDが付いた2枚組の値段は、CD1枚ものよりもまだまだ高いようですが、
片面が音楽再生用(CD)で、もう片面が映像再生用(DVD)のディスクであれば、
取り扱いはすこぶる楽になり、且つお得感も増してきますもんね。
実際のところ、来月輸入盤で入ってくる爛妊絅▲襯妊スク瓩涼傭覆蓮
国内盤CDのみの値段と比べても、ほとんど変わらないくらいにまで抑えられているようです。

国内盤でも早く出てこないですかね?
   2005年4月13日 (水) 20時34分42秒
[お名前] :   J'rat
[コメント] :    寒い日が続いています。明日からは雨も上がって暖かくなるようです。

 今日は代休を取って医者に行ってきました。コレステロールの薬をもらうだけですが、いつも待たされます。でも今日はクリス・ウェルチのYes本を持っていったので、退屈しませんでした。
 まだ読み終えていないのです。バンドの若いころの話は面白いですね。きのう「地中海物語」を聴いていたため、Triumviratのデビュー当時もこうだったのではないかと想像してしまいました。

>夢伝説さん、
 モーツァルトの42番の交響曲のことは知りませんでした。完全な形で発見されたのでしょうか? 聴いてみたいですね〜。
 「トリアンヴィラート大百科」じゃなくてトリヴィア大百科は面白そうですね。紙ジャケは日本が最初なんでしょうか?ディスクユニオンまで載っているのはすごいですね。
   2005年4月12日 (火) 23時39分11秒
[お名前] :   夢伝説
[コメント] :   皆様、お久しぶりです。
しばらくプログレから離れて、女性ヴォーカルものやウェストコーストサウンド、
はたまたクラシックなんぞにも漬かっておりました。
そういえば世間ではモーツァルトの42番目の交響曲が見つかった見つからないで
大騒ぎしているみたいですね。
しかし、小学生程度の年齢からあんなに凄い楽曲を作るなんて...やっぱ天才だったんですね。
だからその影響を受けたフリッツからも素晴しい楽曲の数々が生み出されたんでしょうね、きっと。

そういえば先日またまた本屋で立ち読みしてたら、
「トリヴィア大百科」なるムック本に出会い、思わずのめりこんでしまいました。
いわゆるレコード&CDの知られざる事実に関して、
面白おかしく爐△覆燭涼里蕕覆だこΝ瓩克明に記述されておりました。
今をときめくロックの犹罐献礇鵜畭1号がELPだったとか、unionの特典のオリジナル帯やBOXは儲けどころか非常にキビシイという話等々、なかなか切り口が面白い内容ばかりで参考になりました。
   2005年4月12日 (火) 18時44分05秒
[お名前] :   J'rat
[コメント] :    今日は寒いです〜。朝から7℃くらいしかなくて、まるで冬のようでした。花見も終わったのに...。

 今朝は Triumvirat の "Mediterranean Tales Across The Waters" を聴いてきました。モーツァルトの「後宮からの誘拐」をアレンジした若きフリッツの才能には、ただ感嘆するばかりです。20歳そこそこで、おそらくほとんどのパートを書いたのでしょうから、天才的ですね。歌はイマイチですが...。

 ところで、1曲目で聞こえるチェンバロのような音は、本物のチェンバロなのかどうか、ちょっと違うような気がしてきました。あまりに激しく弾きまくっているためかもしれませんが、音がワイルドすぎるようです。どうなんでしょうか?
   2005年4月12日 (火) 01時36分53秒
[お名前] :   Jun Green@21世紀の失業予定者
[コメント] :   私も透明人間してしまった…下のカキコは「J'rat様&案山子様」どす!!
   2005年4月11日 (月) 23時39分36秒
[お名前] :   Jun Green@21世紀の失業予定者
[コメント] :   J’rat様
おおっ植物園の記憶がありますか…学生時代の私はどっちかつーと御所の方が…なんてローカルネタはほっといて、4/17京都の桜は早咲きの散り始めと遅咲きの交差する時期ですし、しかも「大学入学式父兄人口」+「春休みとGWの観光狭間」の為、以外と空いていて楽なのです。今は義経人気で人が多くて大変どす。私の行着けの近辺も決行混雑していますが、何故か行着けのセッションバー「B.B.A」は空いています(苦笑)。おかげでつい長居しがちどすか、先日は元村八部のメンバーさんのライブもあったりして、中々良い雰囲気でビール呑みました…
http://www.eonet.ne.jp/~kita625/BBA/

松本様
はじめまして、このB.B.Aには常連客のレスリーが常設されており、私もKORG CX-3や、その常連様が持込まれるKORG BX-3で「ブイブイ」いわせたセッションを演っております。お近くならば一度乱入して下さいませ。
   2005年4月11日 (月) 22時03分27秒
[お名前] :   案山子
[コメント] :   >松本さん
ごめんなさい!
初めから、大変な失礼を致しました。
名前は単に書き忘れただけなんですが、
(お名前が拝見出来ない)と、言う表現が優しい!

かようにミスの多い人間ではありますが、
「Spartacus」のアメリカ盤は間違いなく良いですよ!
ただ、ジャケの印刷が今ひとつなので、ドイツ盤も買われて正解です。
もう1匹の”ねずみさん”も可愛いですよね。
   2005年4月11日 (月) 17時32分22秒
[お名前] :   J'rat
[コメント] :   そうそう、フィラデルフィアのFM局で放送されたパトリック・モラーツのインタビューのダウンロード版が公開されたようです。
http://gagliarchives.com/media.html

私はまだ聴いていませんが、関心のある方はどうぞ。
   2005年4月11日 (月) 15時39分04秒
[お名前] :   J'rat
[コメント] :    雨ですね〜。心配した桜はまだ咲いています。もうしばらく楽しませてほしいですね。

 今朝はビル・エバンスのシェ−リーズ・マン・ホールのライブを聴いてきました。これはリバーサイド・レーベル後期のアルバムらしく、スタンダードやバラードが多くて良かったです。

>案山子さん、
 透明人間の方は案山子さんですね! あぶりだしで、読めましたよ。

>松本さん、
 改めまして、よろしくお願いいたします。スパルタカスをドイツ版とアメリカ版を両方とも買われるとは、お見それしました。でもその価値はあると思いますよ。ボーナスの内容だけでなく、本編の音質も違いますので、きっと楽しんでいただけると思います。お嬢さんの感想もぜひお教えください。

>FromNiigataさん、
 パリ管弦楽団、楽しまれたようで何よりです。ボレロを前の席で聴くと、迫力もひとしおでしょうね。眼福にもなったようですし。(^^ゞ

>ふらじゃさん、
 MP3のCD-Rは、私もカーステのCDチェンジャーで出来ることに気がつきました。YesだとTalkまで入っちゃうんですか? 1週間楽しめそうですね。トリアンヴィラートだと、余りますね。
   2005年4月11日 (月) 09時53分48秒
[お名前] :   ふらじゃ
[コメント] :   朝から雨が降ってます。これで桜の花も終わりでしょうね。週末に花見をしておいてよかったです

今朝の通勤の友はイエスのMP3で作ったCD-Rでした。1枚にアルバム何処まで入るかやってみたら、オリジナル・スタジオ盤だけにすると「1st」から「TALK」まで入りました。これをランダム再生してみたら思ったほど違和感無かったです。もちろんアルバムによって曲調は全く違うけど、どれも「イエスの曲」として自分の中で整理されてるんでしょうね
   2005年4月11日 (月) 00時47分37秒
[お名前] :   松本
[コメント] :   J'ratさん、それともうお一方(お名前が拝見出来ない)、こんにちは!

早速「Spartacus」を検索してみました。輸入盤でボーナス・トラックの内容が違う盤が2種類存在しているようですね。聞いてみなけりゃ分からんと2枚とも注文してしまいました。またもう1匹の”ねずみさん”「Illusions On A Double Dimple 」も注文しちゃいました。

今から聞くのが楽しみですが、私より鍵盤楽器が上手いジャズ通の娘(エバンス系)娘が、どんな反応示すか聞かせてみようと思案中です。
   2005年4月11日 (月) 00時35分33秒
[お名前] :   FromNigata
[コメント] :   J'ratさん、トリアン・プッシュさすがですね。
力入っています。 「Spartacus:Deluxe Edition」のライヴは本当に疾走感があって良いですね。正直、スタジオ・ヴァージョンより良い出来だと思います。ライヴ音源だけで1枚リリースして欲しいですね。

今日はパリ国立管弦楽団のコンサートに行って来ました。
前から3列目でオン過ぎましたが、さすがに「ボレロ」は迫力ありました。女性ヴァイオリストの真ん前でしたが、いかにも「ちょっとお高いパリジャン」といった感じで、前にいったドイツのオーケストラとはルックス的にも違って面白かったです。(おいおい…)音的にはきらびやかな感じでいかにも「フランス」と言った感じでした。生音はやはり良いですね。
   2005年4月9日 (土) 22時56分11秒
[お名前] :   
[コメント] :   >松本さん
初めまして!
TRIUMVIRAT・ファンの方ということで、
とても嬉しいです。
ジャケットだけで買われたのが「スパルタカス」とは
素晴らしいですね。
J'ratさんも書かれていますが、
米国盤のリマスター「Spartacus:Deluxe Edition」はボーナス・トラックのライブの音がとっても良いのでお薦めです。

>J'ratさん
私もChipmunkさんのサイトでWALLENSTEIN の紹介は拝見させて頂きました。
それでも、あまり情報が多いとは言えないグループですよね。

>Jun Greenさん
ミックス・ジュースは魅力ですが、16・17日は
家族で京都に行く予定なので行けそうにないです。
植物園は大学時代によく通いました。あの辺大好きだったんで懐かしいです。
   2005年4月9日 (土) 21時49分06秒
[お名前] :   J'rat
[コメント] :    今日は近所の公園に花見に行きました。別にお弁当を食べたりお酒を飲んだりしたわけではありませんが、花がきれいで楽しかったです。桜は満開でしたが、もう散り始めていました。短いですね。

 午前中にピアノのレッスンに行ってきました。少しサボるとすっかり忘れていて、がっかりします。先は長いですががんばらなくっちゃ。

 今はなぜかバッハのオルガン曲やカンタータを聴いています。
   2005年4月8日 (金) 18時48分29秒
[お名前] :   J'rat
[コメント] :   >松本さん、
 ようこそお越しくださいました! 私は今年44歳になったばかりですからセンパイですね。よろしくお願いいたします。
 トリアンヴィラートはこんなに素晴らしいのに、プログレ好きの方の中には知らない方もいるし、ただのELPフォロワーと思い込んでいる人もいて悔しかったので、稚拙ながらホームページを作ったものです。
 その後まじめに更新していなくてすみません。ユルゲン・フリッツや米国のサイトのWebマスターとなかなか連絡が取れないものですから...。

 リマスター盤はボーナストラックやブックレットも貴重ですので、ぜひお聴きになってください。Spartacusは米国盤のリマスター「Spartacus:Deluxe Edition」も出ています。こちらはたっぷり20分のライブ演奏が入っています。
 Amazonではいずれもラインナップされています。リマスター前のCDもありますので、発売日やボーナスの中身に注意してお選びください。
   2005年4月8日 (金) 18時47分49秒
[お名前] :   J'rat
[コメント] :    本当にお花見行きたいですね〜。明日、近所の「桜通り」にでも行くことにします。

>案山子さん、
 なんと、トリアンヴィラートのフィルム上映がされたことがあったんですか! ぜひ見てみたいですね。なんとかしてその映像、見せていただくことは出来ないでしょうか?
 WALLENSTEIN の紹介はCHIPMUNKさんのホームページに載っていました。灯台下暗しですね。というか、さすがChipmunkさんです。

>FromNiigataさん、
 今朝はビル・エバンスの「エブリバディ・ディグズ」を聴いてきました。2ndリーダー作のようですが、後の傑作と比べるとまだまだですね。メンバーが違うせいもあるのでしょうが...。

>Jun Greenさん、
 京都も満開でしょうね。17日だと葉桜じゃあないですか? お酒が飲めればOKでしょうか。

>ふらじゃさん、
 北京に行く人と来る人ですね。そういえばにいはおさんは引越してこられたでしょうか。きっとまだお忙しいのでしょうね。オフ会やりたいですね。

  
Yahoo!ジオシティーズ