J'rat Forum
 DiscographyBiographyIntroductionPersonnelForumOfficial SiteJ'rat Home
1999年3月のログ

現在のフォーラムへ | トップに戻る | 過去ログのインデックスへ


  99/03/31 23:44:31
名前:
Starless

コメント:
いきなりクリムゾンのハナシなんですが、かつて「アース・バウンド」というブートレッグが
何故かPOLYDORからリリースされてましたよね。(ボズ・バレル(後バドカン)がVo!!)
あれってCDでは再発売されていないのでしょうか?
「21世紀の精神異常者」を初めて聞いたのがこの「アース・バウンド」だったので、いまだ
に私にとってベストテイクです。



99/03/31 21:19:42
名前:
From Niigata

コメント:
Triumvirat のFritzの使用機器、まさにプログレ・キーボードの定番がズラリといった感じですね。私はピアノはスタインウェイが一番好きです。使用楽器もエマーソンばりですが、(アープぐらいかな、違うのは)ヤマハのGS-1は当時、ドリームマシンと言われて、1千万円ぐらいしたハズ。Fritzはお金持ちだったんですかね。



99/03/31 17:08:25
名前:
J'rat

コメント:
>ASTRAさん、
 あわてもののJ'ratです(午前中の書き込みではあせってインギーの名前まで間違えました)。昼休みに秋葉原の石丸電気に行って、イングヴェイ・マルムスティーンの「ライジング・フォース」の紙ジャケット盤をGetしてきました。今度はきっと本物でしょう。(^_^;

>kitさん、
 Par Lindr Project はあれから毎日聴いています。最初は全体として統一感に欠けるかとも思ったのですが、Par のドライブ感あふれるキーボードさばきにどんどん体が馴染んできています。教会オルガンをロックで使いこなしているようで、すごいですね。そうそう、Par が元ナイスと組もうとしたなんて、それじゃまんまキース・エマーソンですね。(^_^;
 私もルネッサンスは「お伽噺」くらいしか聴いたことがないんです。PLPの女性ボーカルがクラシック風だったのでアニー・ハスラムを連想させられました。でもプログレに女声って個人的にはあまり好みではありません。レジェンドというバンドもボーカルが女性でしたが....。「お伽噺」は多分プログレ界の基礎アイテムなのでしょうが、私は強くはお勧めしませんです、ハイ。

>ふらじゃさん、
 Triumvirat の"Old Loves Die Hard"の2曲目"A Day In A Life"のフェードアウトは私も長年の謎です。LPからCDになって復活するかと思っていたのですが、裏切られましたね。これは推測ですが、ヘルムートが抜け、一瞬後釜だったダグ・フィーガーもレコーディング半ばに帰ってしまい、急遽創立メンバーだったハンス・ペイプを入れてレコーディングを継続するというドタバタだったのが原因だったのではないかと思います。フェードアウトしたボーカルの続きが聴いてみたいですね。
 そうそうまだ3月なんですよね〜。財布の紐を締めなくては....。4月も貧乏になりそうです。(^_^;



99/03/31 16:45:01
名前:
ふらじゃ

コメント:
 今日CDショップに行ったら、あるわ!あるわ!ELPとGENESISの紙ジャケどれから手を
付けようかなぁ〜と思ってると、どこからかもう一人の私の声が・・・
 「おいおい、おまえレコード持ってるじゃねーか。」
 「だって音がいいって話だよ。」
 「まだ月もかわってないんだぜ、小遣いあんのかよ。」
 「でもイエスの時も買いそびれて危機が手に入んなかったし・・・」
 「4月になれば花見に歓送迎会もあるんだろ?」
 「・・・・」
結局何も買わず(買えず)に出てきてしまった・・・



99/03/31 11:37:03
名前:
kit

コメント:
Genesisの紙が出ましたね。クリムゾンの紙に続く貧乏街道まっしぐらの序章にならないよう祈りつつ、「二人目離脱」を買いました。

>風邪はよくなりましたでしょうか?
おかげさまで、なんとか持ち直しました。
>アルバムはキース・エマーソンのナイスとルネッサンスとその他もろもろのプログレを融合したような印象で、とても重厚で元気が良くてびっくりしました。Par さんはきっと、すごい「プログレおたく」のようですね。
実はナイスとルネッサンスは聴いたことがないのですが(甘々)、でも納得できる話ですね。なにせ、Parさんは元ナイスの2人とバンドを組もうと画策したぐらいですからね(^^) 
ルネッサンスは、以前The Enidの「AERIE FAERIE NONSENSE」(スペル違うかも)を聴いた時肌にあわなくて、「シンフォ系」でくくって遠ざけてしまいました。なにかオススメのものってありますでしょうか?
>教会でやる訳がよくわかりました。
Parさんは、地元でも教会でライブをよくやっているようですね。地元では名士とか(Rick?)。



99/03/31 10:23:47
名前:
J'rat

コメント:
>ASTRAさん、
 が〜ん! だって、「イングヴェイズマルム・スティーンズ・ライジング・フォース」って書いてあったし、このアルバムの1曲目は「ライジング・フォース」ってタイトルなんです....。ディスクユニオンのカードにも「名盤!」と書いてあったもので、ついこれかと思ってしまいました。(^^ゞ ポリポリ
 アルバム「ライジング・フォース」のほうですね。もう一度出直します。それともいっそこの際メタルおじさんに変身しましょうか....。(^_^; 実は今朝も「オデッセイ」を聴きながら出社したJ'ratでした。



99/03/31 04:22:25
名前:
ASTRA

コメント:
>J'ratさん
あちゃー、(^^;) イングヴェイ・マルムスティーンの「オデッセイ」のほうを買われたんですか。
まぁ「オデッセイ」から音が良くなりましたから、それは紙ジャケじゃなくてもいいと思いますが。
気に入られたのでしたら、それはそれで良かったです。メタル寄りの良いアルバムだと思います。

お勧めのは、アルバムタイトルが「ライジング・フォース」というんです。紛らわしいですよね。
間違われてもおかしくないです。このアルバムには、ライジング・フォースという曲は入ってません。
(^^) 曲名は、ブラック・スター/ファー・ビヨンド・ザ・サン〜〜〜となっています。
こちらはプログレ寄りの最高傑作です。断言しちゃいます。(^^;) これは是非、紙ジャケを
買ってください。健闘を祈ります。新宿や池袋には、あちこちに置いてあります。



99/03/31 02:57:27
名前:
J'rat

コメント:
>Starlessさん、
 メロトロンの詳しいご説明、ありがとうございました。「ピッチが狂う」というのはテープの回転数がおかしくなる(又はワウ・フラッター?)ということなのでしょうか。昔のテープレコーダーですし、立ちあがりも悪いのでは本当に演奏は大変そうですね。それで早弾きなんて....。(@_@)
 Triumvirat のFritzの使用機器ですが、残念ながらあまり詳細なクレジットがありません。以下は中で少し詳しかった"Pompeii"のものです。キーボード以外も入っているようですが、後半は良く分からないのです。どなたかお助けください。(^_^;
 Steinway Grand Piano, Hammond C3 Organ, Moog Synthesizers, Yamaha Polyphonic Synthesizer CS-80 and GX-1, Arp String Ensemble, Fender Rhodes Piano, Hohner Clavinet, Bells, Tympani

 poporoさんのサイトへのリンクを付けさせていただきました(poporoさん、J'ratへのリンクありがとうございました)。こちらではプログレの人気投票が出来ます。キングクリムゾンとイエスが首位を争っていますね。まだの方は投票に行きましょう! (^_^)
 たまさんの「お気楽ぷろぐれサロン」のページと、Chammy さんの「プログレ隔離室」(Chammyさん、J'ratへのリンクありがとうございました)のページへのリンクを「Links(リンク集)」メニューに掲載させていただきました。J'ratのリンク集へはトップページから入れますので、ぜひご覧ください。

 イングヴェイ・マルムスティーンの「ライジング・フォース」を購入しました。「オデッセイ」というタイトルので良かったでしょうか? 実は紙ジャケット盤がなくて、でも我慢できなくて通常の国内盤を買ってしまいました。(T_T) 私はハードロックといえば MSG("Dancer")、ホワイトスネイク("Is This Love")、ヨーロッパ("The Final Countdown")とボン・ジョヴィ(実は結構好きです)くらいしか持っていないのですが、「オデッセイ」は本当に凄かったです。
 久しぶりに血沸き肉踊る思いで、どの曲もイケました。ギター中心であんなにのれるというのは初めてです。この歳で(と言ってもまだ30代ですが)ハードロックでのってどうするんだいう気もしましたが、体は正直でした。またボーカルもギターに負けていませんでしたね。どの曲も凄かったです。外れがないアルバムですね。でも、1曲目からして、どうやって弾いたらあんな音が出るのか不思議でしょうがありません。神業なのでしょうか? ともあれ、ASTRAさんはじめ皆さんありがとうございました。m(_ _)m



99/03/30 21:29:11
名前:
poporo
ホームページアドレス:
私のホームページへ
電子メールアドレス:
メールはこちらまで

コメント:
こんばんは、poporoです。

遅ればせながら、トリアンヴィラートHPオープンおめでとうがざいます。

こちらでは、プログレ投票ページを開いてますが、現在、「spartacus」、
「a la carte」に票が入っています。
まだの方は、ぜひ覗いてみてください。

「spartacus」B面は、低音の響きと、スリリングさが絶品で、
ボリューム大で聞いていたりします。



99/03/30 20:02:11
名前:
Starless

コメント:
>J'ratさん
図解で見たわけではないのですが、簡単に言えば、テープレコーダー(死語)が鍵盤の数だけあって、
鍵盤を押す(PLAY ON)、離す(PLAY OFF)といったイメージだと記憶しております。
おまけに、キーを押しっぱなしでも最大8秒(だったと思う)しか同じ音程の音が鳴り続かないとか、
アタックがトロイ(キーを押し込んでから音が鳴り始めるまでチョイト時間がかかる)とか、メンテ
ナンスが大変(故障が多い)などの理由で、毛嫌いしているミュージシャンも多かったようです。
リック・ウェイクマン等は、8トラックテープ(これも死語)を使用して改良を試みたりしたようで
すが、やはりうまくいかなかったらしい。(バイオトロンと呼ばれてました)
珍しいところでは、70年代後半にスペインでリリースされた「EDUALDO BOLT」というアルバムでは
世にも珍しいメロトロンの早弾きが収録されています。(Gongレーベルだったかな?トリアーナやグ
ラナダ等と同一レーベルだと思いました)

アナログシンセ...色々ありましたねぇ
Mini-Moog, Poli-Moog, Arp-Odessei, OB-8, プロフェットE
これらにハモンドオルガンやメロトロン(又はソリーナ)が加わったものがプログレのキーボードの
基本形でしたね。

トリアンヴィラートの使用楽器は、どういったブランドだったのでしょうか?



99/03/30 12:45:51
名前:
J'rat

コメント:
>From Niigataさん、
 メロトロン豆知識ありがとうございました。詳しくは分からないのですが、メロトロンって中にテープがたくさん入っているんですよね(中はどうなっているのでしょうか?)。そんな機械で音楽が演奏できるなんて奇跡に近いような気がします。

>ASTRAさん、
 「地中海物語」と「二重えくぼの幻影」にレコード会社の記述がないとしたら謎ですね。私の持っているCDは"EMI/ELECTROLA"です。
 ネクター(Nektar)の"Recycled (1976)"は主役のギター兼リードボーカルの ROYE ALBRIGHTON のカッティング・ギターが特徴のドラマティックなアルバムです。アルバム1枚で1曲という大作で、カテゴリー的には「ハード・プログレ」だと思います。一気に聴けてしまう、ジェットコースターのような怒涛の組曲です。その後"Magic Is A Child"、"Man In The Moon(私は未聴です。どこかで聴いたような曲名ですね〜)"などがあります。 http://www.nektar.com/ に英語ですがホームページがあります。CDは比較的入手しやすいようで、お馴染みユニオン4階のプログレフロアでは「ジャーマン」の棚にありました。
# ところで、ネクターはイギリスのバンドという情報も有ります。活動の中心はドイツだったのですが....。

>Starlessさん、
 アナログシンセはいいですよね。ミュージシャンも再評価ブームでしょうか? Par Lindr Projectもジャン・ミッシエル・ジャールもこだわって、今だにアナログシンセで新譜を出していますね。

>ふらじゃさん、
 気に入っていただけて、心底ほっとしています。「五番街のパニック」がお気に入りなら、他のアルバムもいけると思います。なにしろ「二重えくぼ」や「スパルタカス」ではハモンドオルガンを弾きまくっていますから....。「ポンペイ」は少し毛色が違って多少凝りすぎのような気もしますが、さてご感想はいかがでしょうか?



99/03/30 10:37:07
名前:
ふらじゃ

コメント:
 昨日「愛の神秘」「ポンペイ」が届いてました。私のCDもEMIです。とりあえず
「愛の神秘」を聞きました。1、5、6曲目と2(bがいいですね、
 1はアルバムのオープニングとして(私にとっては初トリアン)元気のいい曲で、メロディ
も明るくて、この頃は世界を見据えてたんでしょうか、ドイツのグループといわなきゃたぶん
わかんないです、歌詞も英語だし。
 2はやはりbのピアノにつきます。この曲のメロディの美しさはすきです。ただ残念なのは
cの終りかたが突然で急にFOするのがなんか不自然ですね。FOはこの曲だけだったかな?
 3と4はCDだと1曲として聞けるのが良いです。結構気に入ったんですが、ひとつ、ボーカル
にエコーをかけて一瞬止る個所がありますが、アクセントになっていいんでしょうが、私には
曲の流れを止めてるように感じてちょっとマイナス。
 5はやはりピアノにつきます。この美しさは2(bに匹敵します。異論はあるでしょうが、エルトン・
ジョンが書いてもおかしくない曲だとおもいます。(私的には大賛辞です。)
 6はもうELPでしょう。特にハモンドの音は何をか言わんやです。カッコイイですね、このアルバム
のハイライトでしょう。
 7は6の余韻を引きずってしまって、気が付いたらCD終ってました。でも6から違和感なく聞けた
ということは良い印象だったんでしょう。
 このアルバム全体に言えることで、楽器のバランスが良いですね。もっとフリッツのKyeが前面に
出てると思ってましたがさすが“三頭政治”です。とりあえず1度聞いただけの印象ですが、聞き込めば
また感想がかわるかもしれません。J'ratさんはじめ薦めて下さった皆さんありがとうございます。
 さあ次は「ポンペイ」だ!



99/03/30 09:42:50
名前:
Starless

コメント:
> From Niigataさん
ホントですね、裏ジャケにクレジットがありました。
私、今まで、メンバーの顔写真の下のパートの部分だけしか見ていませんでした。
メロトロンとわかって聴き直すと、感動もひとしおです。

アトールは、2nd派と3rd派に分かれる傾向があるようです。(私は2nd派です)
来日したことを後になって友人から聞いたときはショックでした。(丁度そのころプログレから
遠ざかっていたので)

私もデジタルシンセは嫌いではありませんが、やはりアナログシンセの独特の音色は一度聞いた
らやめられない(笑)ですね。
最近のシンセは音を聞いてもどこのメーカーの何というシンセかなんて全くわかりませんし...
(アトールのストリングスがさっきまでソリーナだと思っていたので大きなことは言えませんが)
プログレ雑誌のアルバムレビューで「メロトロンの洪水...」なんて台詞につられて東京のレコ
ード店(ESISON,新宿レコード等)に通った頃が懐かしいです。



99/03/30 07:44:55
名前:
ASTRA

コメント:
>From Niigataさん
あのアトールの曲は「パリは燃えているか」(Paris、C'EstFini)というんですか。タイトル
のことは全く記憶にないです。(^^;)

>J'ratさん
「地中海物語」と「二重えくぼの幻影」ですが、どこにもEMIなどの記述がないです。「愛の神秘」
と「ポンペイ」にはEMIの記述があるんですけど。OSA/ACDという記述しかありません。
新品です。音は良いです。
さすがドイツなのか、音が良いのには感心しますね。

ネクターのギターって、かっこ良いんですか。一度も聞いたことないですが、そう言われると
聞いてみたくなります。



99/03/29 21:30:57
名前:
From Niigata

コメント:
Starlesssさま、アトールの2ndの件ですが、裏ジャケットにMellotronのクレジットがあるので、やっぱりメロトロンなんでしょうね。でも、久々(5年ぶりぐらい)に聴いたのですが、確かにソリーナっぽくもありますね。少しフェイザーがかかっているからでしょうか。ソリーナはもの凄くノイズが多く、エンジニア泣かせの楽器だった様ですが、メロトロンにしても、ソリーナにしても、この頃のキーボード(所謂ビンテージ)は本当に個性的で良い音を聴かせてくれます。私は別にデジタルシンセ嫌いではありませんが、70sプログレの魅力の一つは、これらビンテージ・キーボードの深みのある音が存分に聴けることにもあると思います。



99/03/29 19:14:11
名前:
From Niigata

コメント:
 メロトロン豆知識:メロトロンは78年頃、日本では90万円位の値段だった様です。コルグのモノ・シンセMS-20が9万8千円(私持ってました)だった時代の話です。(ちなみに、ポリムーグが170万円)
 ASTRAさんの仰るアトールの曲は「パリは燃えているか」(Paris、C'EstFini)ですね。私も好きです。再結成されて来日した時にはアンコールで演奏されていた様ですね。この来日は東京のEGG・MANで400人の観客を集めて行われ、ライヴ盤に残っていますが、Triumviratが来日したら、どの位の方が集まるんでしょうね。



99/03/29 11:28:21
名前:
J'rat

コメント:
週末、更新をサボってしまいました。すみませんでした。m(_ _)m

>kitさん、
 風邪はよくなりましたでしょうか? 年末年始も大変だったんですよね。どうぞお大事に!
 Par Lindr Project は初めてだったのですが、十分楽しめました。アルバムはキース・エマーソンのナイスとルネッサンスとその他もろもろのプログレを融合したような印象で、とても重厚で元気が良くてびっくりしました。Par さんはきっと、すごい「プログレおたく」のようですね。いきなりパイプオルガンで始まったので、6月の Triumvirat トリビュート・コンサートを教会でやる訳がよくわかりました( PLP のためのコンサートになりそうですね!)。

>ASTRAさん、
 「ライジング・フォース」は紙ジャケですね。ありがとうございます。探してみます!
 「二重えくぼ」と「地中海物語」の両方を手に入れられるとは超ラッキーですね。新品のドイツの EMI 盤でしょうか? また、丁寧なご感想ありがとうございました。「ポンペイ」はアメリカや日本では今一つでしたが、意外なことにドイツ本国ではヒットしたようですね。

>みいすけさん、
 「ポンペイ」入手おめでとうございます! 気に入っていただけたようで、何よりです。(#^_^#) ドラムの Curt Cress はこのアルバムのみの参加で、すごくかっこいいのに残念ですね。後にスコーピオンズにやはり1作だけ参加しているようなのですが、私はまだ聴いていません。
 「BBCライブ(BBC'75)」はブートで、アルバム「スパルタカス」から3曲を演奏しています。最近CD-Rでよく見掛けるようになってきましたのでレアではありませんが、Triumvirat唯一のブートなのでとても貴重だと思います。ライブではすごくパワフルで、Fritz の即興も聴けるので私は大好きな一枚です。

>しぇっふさん、
 "Old Loves Die Hard"を聴いてくださったんですね。ありがとうございます。気に入っていただけたようで、とても嬉しいです。知らないけどいいプログレってたくさんあるんでしょうね。私もインターネットを始めていい音楽や素晴らしい人たちとの出会いが増えて感謝しています。これからもよろしくお願いします。(^_^)/

>From Niigataさん、
 お待ちしていました。メロトロンの香りに誘われてご登場いただきありがとうございました。(^_^)
 ジャーマン・プログレは私もあまり聴いていないのですが、ネクターの「リサイクルド」はすごかったです。彼らのアルバムの中ではこの1枚だけすごくいいのですが、お聴きになったことはありますか?(ギターがかっこいいです) 



99/03/29 00:53:08
名前:
ASTRA

コメント:
YUKIさん、どうも。「オデッセイ」がかなり売れたアルバムなのに、なぜ? と思ってしまう
んです。イングヴェイのファンは、「オデッセイ」以降のメタル路線は好きではないという人
は多いみたいですね。



99/03/28 13:03:37
名前:
YUKI

コメント:
ASTRAさん、インギーとジョーの確執の原因は私も知らないんですよ。
というより、いつのまにか抜けてたんです。
インギーはあまりフォローしてなかったので。
ジョーもいろいろ頑張っていたのですが、リッチーの子分から抜け出すのは難しかったようですね。
パープルでもかなり浮いてたみたいですからね。
インギーも丸くなりましたか。甲斐よしひろも昔はトンガっていましたが、最近すっかり丸くなりました
からね。SMAP×SMAPに出てた時は目を疑いましたよ、私は。
(特にフォロワーではなかったのですが)
香取慎吾「ぼくらロックをやりたいんですよね」
甲斐 「シェイクはロックじゃん。俺はいいと思うよ」
むかしのあなたはそんなに物解りは良くなかったはずだ!



99/03/28 02:10:06
名前:
ASTRA

コメント:
Starlessさん、初めまして。
アトールは、キングレコードのシリーズの頃に2ndと3rdを聞いてました。私は3rdが好きです。
歌詞にロンドンや東京などの都市名が出てくる曲が印象に残っています。

メロトロンというと、ムーディーブルースも使ってましたよね。



99/03/28 00:14:59
名前:
Starless

コメント:
> From Niigataさん
今、あらためてアトールの2ndのトップを聴いているんですが、確かにメロトロンのような
気もしてきました(特に曲の後半のあたりから)
うーん、先入観かもしれないですね。私、アトールはフランス盤で1st -> 2nd と買って国
内版の 3rd を買っていったのですが、1stにメロトロンらしき音がなかった(少なくとも
メロトロンを効果的に使用した曲はなかった)為、アトール=非メロトロンバンドの固定
観念が出来上がってしまったのかもしれません。
1?年間の思い込みが解消し、新たな気持ちでアトールが聴けそうです、From Niigataさん
ありがとうございます。



99/03/28 00:05:01
名前:
Starless

コメント:
> YUKIさん
ヒカシューが所有していたとは知りませんでした。
日本のバンドでは、今はなき「新月」が好きでした。(ラフォーレ原宿で生ライブを見ました)

> From Niigataさん
元YES(現在引退)のトニーケイも、やはりメロトロン大嫌い派だったようで、ビルの屋上
から落としてぶち壊したというインタビューを読んだことがあります。
現在ではサンプラー等にメロトロンの音(ん?メロトロン自身には音はないですね、いわゆる
あの金属質のストリングス系の音)をセットして使用されているようですね。

アトールの2ndのトップって邦題「悪魔払いのフォトグラファー」のことですよね、うーん、
アルバムの楽器クレジットにはメロトロンらしき単語は見当たらないし、それに、音が綺麗
過ぎる気がするのです。私はメロトロンではなくソリーナではないかと思うのですが、いかが
でしょうか?

ドュセルドルフのヴィヴァは私も名盤だと思います。



99/03/27 22:11:15
名前:
From Niigata

コメント:
あ、アトールの2ndのトップってメロトロン使われていませんでしたっけ。このバンドは「フランスのイエス」と言われている割には似ていませんけど、結構、リズム隊がシャープで好きですよ。



99/03/27 22:07:14
名前:
From Niigata

コメント:
Starless様、メロトロンと言う楽器は、好きなミュージシャンと嫌いなミュージシャンに分かれる様ですね。何しろ、ピッチが不安定なもんですから。ELPのエマーソンなんて、「奈落のボレロ」をライヴで、メロトロン使って大失敗して以来、メロトロン嫌いで絶対に使わなかったみたいですし…。でも、メロトロンは一種独特の味わいがあって、私も好きですよ。でもトリオ編成のバンドは、不安定要素が多すぎて、使うのにはためらいがあったのかも知れませんね。



99/03/27 21:56:56
名前:
From Niigata

コメント:
久々と言うか、2回目の書き込みをさせていただきます。まだ、TriumviratのアルバムをGetしてないもので…書き込みし難らくて…。ボリボリ…)で、Triumviratってドイツ国内ではどの様に評価されているんでしょうか?私などは、ドイツのプログレバンドと言えば、タンジェリン・ドリームとクラフトワークといった一般的な認識しかないんですけど…。ジャーマン・プログレと言うとなかなか日本では、正当に評価されてない(イタリアンやフレンチよりも)と言う感じなんですけど、実際どうなんですかね?個人的には、ラ・デュセルドルフの「VIVA」なんか名作と思っているんですけど…。何はともあれ、早くTriumviratのアルバムをGETしなくちゃ。(最近、しぇっふさんの影響でシカゴGetの率が高いもので…。ボリボリ。)今頃、たまさんはドイツ本国で仕事中かな〜。(余談ですね。)



99/03/27 15:08:07
名前:
ASTRA

コメント:
>YUKIさん
イングヴェイは、以前よりも人間が丸くなりましたね。中身も外見も。(^^)
ジョー・リン・ターナーとの確執の原因は何なんですか? 「オデッセイ」を聞いたのも最近なもの
ですから。87年に「トリロジー」を聞いたっきり、最近まで聞いてませんでした。

ジョー・サトリアーニがイングヴェイをべた誉めしているのは流石ですね。



99/03/27 14:22:17
名前:
YUKI

コメント:
Starlessさん、メロトロンがお好きということは、日本ではやはりヒカシューになるのでしょうか?
まだ持ってるらしいですからね。



99/03/27 14:20:24
名前:
YUKI

コメント:
インギー君は最近はリッチーをお師匠と認めるようになったのでしょうか?
私がPlayerを購読していた10数年前は、リッチーの影響をよく指摘されながらも、本人は影響を
受けたプレイヤーは(ヴァイオリニストの)ギドン・クレーメル位だと言い張っていたような気がしました。
当時の彼は最強ギタリストと自任しており、ポール・ギルバートとかがイングウェイ奏法分析のビデオだか
なんだかを出している話に行くと(インタビューなのに) FXXK!とかXUCX!とか乱発していたようで、
インタビューが伏せ字だらけになりました。
途中でジョー・リン・ターナーを入れた時に(まんまレインボウや)、一緒にインタビューを受けた時も、
次のアルバムの情報がリリースされないみたいな話の流れだったと思うのですが、ジョーが
「次のアルバムでインギーが死ぬのさ。だから秘密なんだよ」と冗談を言うと、ムッとして
「ジョー、さっき君にあげるっていっていたギターの話はなかったことにしようね。」(お前はガキか!)
ジョーが慌てて
「冗談だよ、君はイングウェイ・マルムスティーンじゃないか。」とヨイショを入れると、
「僕は不死身さ。」(爆)
いやぁ、実に難しい人のようでした。ジョー・リン・ターナーも長続きしませんでしたね。
私も1stは聞きました。スタイルとしては確かに斬新でしたね。その後雨後のタケノコのように出てくる
スゥイープ・ピッキングも彼が走りという感じでしたから。
免許取りたての頃高速を走っていてあれをかけたら思わずアクセルを踏みすぎてしまって、その後
しばらくメタル系を車でかけるのはやめてました。



99/03/27 05:36:10
名前:
ASTRA

コメント:
トリアンヴィラートのCDを急に3枚も入手出来ましたので、さっそく感想でも。

ファースト「MEDITERRANEAN TALES」ですが、なかなか良いです。面白いです。トリアンヴィラート
としては、やや異色かもしれませんね。モーツァルトの曲を取り入れているせいなのか、いわゆる
「昔のプログレ」といった感じがあります。

セカンド「二重えくぼの幻想」ですが、2曲しかなくて、1曲の時間が長いですが、あっという間に
時間が過ぎてしまいました。個人的には、このアルバムが一番好きかもしれません。モダンで
カッコ良いです。かもしれないという書き方をするのは、長いこと「スパルタカス」を聞いていない
から、また聞いたら、どっちが一番好きか解らないかもしれないという意味が含まれています。
「愛の神秘」の五番街のパニックが好きな方は、間違いなく「二重えくぼの幻想」を気に入ると
思います。

5枚目の「ポンペイ」ですが、(J'ratさん、ありがとうございました)
1、3、7が気に入りました。このアルバムも「二重えくぼの幻想」と共通するカッコ良さがあると
思いました。それはおそらくドラムがカッコ良いからだと思います。

ritornelさんのHPのように詳しい分析はとても出来ませんが、第一印象としての感想はこんな
感じです。



99/03/27 01:30:28
名前:
Starless

コメント:
> J'ratさん
お察しの通り、KingCrimsonもELPも好きです。
でも、一番好きなのはYESです。(かつてFanClubにも入ってました)
NAMEをStarlessにしたのは、YESの曲でゴロの良いタイトルがなかったことと、クリムゾンの曲で
一番泣ける(笑)曲であるStarlessがゴロが良かったからです。
私、とにかくメロトロンが好きなんです!!!
各国のプログレバンドでお気に入りはというと、(メジャー系は除きます)
 イギリス: England 「Garden Shed」
Pallas 「Live Alive」
  ドイツ: Wind 「Morning」
 イタリア: Museo Rosenbach 「Zarathstra」
       Rustichelli e Bordini 「Opera Prima」
 フランス: Atoll 「組曲夢魔」 <- これはメロトロンなし (^_^;;
まだまだ挙げれば切りがないのでこの辺で。
トリアンヴィラートはメロトロンなし(だと思った)というのが当時、手を出さなかった理由だった
のです。(とにかく当時はメロトロンがクレジットされているだけでLPを買ったりしてましたから)

最近のプログレバンドも悪くないのですが、アナログシンセやハモンドオルガンそしてメロトロンを
フューチャーした昔のプログレから未だに卒業できません。
横浜のDISK UNIONで「ポンペイ」探してみようかな?



99/03/27 00:17:52
名前:
しぇっふ

コメント:
お待たせしました!(?)「Old Loves Die Hard」購入しました。
私の感想を一言で言い表すなら、「美しいEL&P」。特に「Pisces at Noon」の繊細なピアノは素晴ら
しいですね。J'ratさんの熱い想いが良くわかります。ちなみに私のお気に入りは「Panic on Fifth
Avenue」です。モロEL&Pですが、嬉しくなるほど痛快です。本当に凄いキーボーディストですね。

世界にはまだまだ私の知らない優れたプログレバンドがある事を知り、非常に喜びを感じます。
他のアルバムも追々集めてまた感想を書きますね。



99/03/26 23:58:30
名前:
みいすけ

コメント:
お久しぶりです。ついに『ポンペイ』を手に入れました。新宿のディスク・ユニオンにありました。
帰ってから一度だけ聴きました。1、3、6、7曲目がいいです。ドラムが格好いいです。なかなかいいです。
これは結構最近では光っています。しかも、音が良いので、古臭い感じがしません。
これから聴きこもうと思います。
ついてですが、「BBCライヴ」とかいう、ブート盤みたいなのがあったのですが、これは貴重盤で
しょうか。買わずに来たんですが。
ASTRAさんのように帰りは雨にぬれながら。



99/03/26 23:30:02
名前:
ASTRA

コメント:
>ふらじゃさん
イングヴェイの「インスピレーション」はもちろん持ってます。「フェイシング・ジ・アニマル」と
最新のライブ以外は持ってます。「マグナム・オーパス」に入っているOverture 1622も良いですね。
モーツァルトの曲ですが。

>J'ratさん
イングヴェイの「ライジングフォース」は、ふらじゃさんのおっしゃるようにHR/HMのコーナーに
あります。注意して欲しいのは、紙ジャケのデジタルリマスターが出てますので、そちらのほうを
買ってください。これはどこのCD屋にもありますので、紙ジャケがなかったら別のCD屋に
行けば必ずあります。初期の4枚くらいは音が悪かったので、紙ジャケのデシタルリマスターは
ありがたかったです。

以前、メールでJ'ratさんへ「二重えくぼの幻影」が西新宿のガーデン・シェッドにあるという
情報をくれた方がいらっしゃいましたが、今日、雨に濡れながらダメもとで行ってみたところ、
まだありました。おまけにファーストのMEDITERRANEAN TALESもありました。
今日はとても良い日でした。(^^) メールで情報を寄せていただいた方にも感謝します。
これから聞きます。



99/03/26 18:42:50
名前:
kit

コメント:
風邪ひいてしまいました。う〜ん、胃が痛い。
> Par Lindr Project の "Mundus Incompertus"をゲット
ありがとうございます。好みが分かれそうな音なので、どうでしょうね。感想聞かせて下さいね(^^)

ライジング・フォースはお茶の水UNIONのハードロック館にあるのでは?売り切れてそうな気もしますが(^^;



99/03/26 17:21:37
名前:
J'rat

コメント:
>ASTRAさん、
 イングヴェイ・マルムスティーンの「ライジング・フォース」をお茶の水のディスクユニオンで探したのですが、プログレのフロアーでは発見できませんでした。この人のアルバムを探す場合は、どのコーナーに行くべきでしょうか? 一度聴いてみたいので、よろしければお教えください。
 かわりにスティーヴ・ハケットの「復刻創世記」を買ってしまいました。何がかわりか良く分かりませんが....。(^_^; 店頭で一昨年の日本公演のビデオを放映していてやたらカッコ良かったので、つい買ってしまいました。ジェネシスは「インビジブル・タッチ」しか持っていない私なのですが。

>kitさん、
 お勧めいただいた Par Lindr Project の "Mundus Incompertus"をゲットしました。私はもっぱら彼らが6月のコンサートで Triumvirat の曲を演奏したらどうなるのかに興味があります。さぁ、今日は早く帰って聴くぞぉ!
 ちなみに中古でジャン・ミッシエル・ジャールのベストCDも買ってしまいました。お茶の水ユニオンでは今日、"Old Loves Die Hard"が店頭に出ていました。また中古LPですが"A La Carte"がありました。

>Starlessさん、
 いらっしゃいませ!! サーチエンジンからの最初のお客様です。ようこそお越しくださいました。やっと Yahoo が登録してくれたようですね。InfoSeek も一昨日から掲載してくれています。2週間以上音沙汰がなかったので、駄目かと思っていましたけど、よかった、よかった。(^_^)
 さて、ここは正真正銘「あの」トリアンヴィラートのサイトです。私もずっとインターネットで探していたのですが、専門のサイトがなかったのでとうとう自分で作ってしまった次第です。出来立てで内容が乏しくてお恥ずかしいですが、どうぞよろしくお願いします。(ちなみに ritornel さんのページでは素晴らしいレビューが読めます http://www.geocities.co.jp/Hollywood/2082/ )
 ところで私の Triumvirat との最初の出会いも NHK-FM です。全国放送で番組名は忘れましたが夜の7時頃からLPを丸まる1枚放送してしまう番組がありました。プログレ特集の時に「スパルタカス」を全曲放送したことがあって、私は虜になったのでした。今では考えられないようないい番組でしたね〜。ちなみにその時アナウンサーは Triumvirat のことを「トリアンブイラート」と言っていたことを記憶しています。(^^ゞ
 Starless さんは、お名前から察するにキングクリムゾンがお好きなのでしょうか? メールアドレスを拝見すると ELP もお好きかと想像していますが....。(^_^) ともあれ、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

>ふらじゃさん、
 いよいよ来週ですね! できればぜひ一緒に深みにはまってください。私もドキドキしています。「金返せ!」と言われたらどうしましょうかと....。(^_^;
 イングヴェイは、すると HR/HM のコーナーを探すべきだったのですね? あぁ聴いてみたいです。



99/03/26 16:25:09
名前:
ふらじゃ

コメント:
 ASTRAさん
イングヴェイいいですよね。私もここ1〜2年前から聞き始めた口です。ご存知かも知れませんが、
「インスピレーション」と言うアルバムでUKの‘IN THE DEAD OF NIGHT’をカバーしてます。
プログレでは他にカンサス(曲名忘れた)も演ってます。他も全曲カバーですがHR/HMです。
彼が師と仰ぐリッチー・ブラックモアがらみでパープル、レインボーがほとんどですがたぶん
気に入ると思います。一度お試しあれ。

 J'ratさん
発注した2枚は先週末本国を旅立ったようです。早ければ週明けには手元にとどくはず。ワクワク
さて、このまま深みにはまっていくのか、カネかえせ〜!となるのか、今からドキドキです。
う〜ん・・・どっちに転んでも痛いかなぁ?
TOTOはWOWOWで見ることにします。メンツ的にも初期の曲やってくれそうだから。



99/03/26 09:09:16
名前:
Starless
電子メールアドレス:
メールはこちらまで

コメント:
はじめまして、Starlessです。YahooでこのHPの存在を知りました。
プログレ歴20余年の私(といっても最近10年程はご無沙汰ですが)ですが、てっきり
同名の新しいグループが結成されたものかと半信半疑でアクセスしました。

当時(国内盤が東芝EMIからリリースされていた頃)は「ドイツのELP」的な紹介を
されていましたね。
アルバム「ポンペイ」の1曲目「悲劇の前兆」は、当時NHK横浜支局で土曜日に公開放
送されていた通称「横F」でも放送されたりして、結構注目していたのですが、あの頃、
丁度、英国プログレからユーロ系プログレに手を染め始めた時期で欲しいアルバムが大量
にあった為、結局買わずじまいでした。
当時のプログレ雑誌(Fool's Mate や Maquee Moon)も結婚直後に処分してしまった為
情報として提供できるのは私の錆び付いた記憶と処分しなかった「Rock Bottom」という
雑誌の記事ぐらいだと思います。

これから時々顔を出しますのでよろしくお願いします。



99/03/26 06:37:13
名前:
ASTRA

コメント:
「アフリカ」は「TOTO IV」ですか。ということは4枚目ですね。じゃあ、私が1枚目と勘違い
していたんですね。
スティーブ・ルカサーは嫌いではないです。ギタリストの好みはプログレ系に限定されている
わけではないですが、どこかにプログレな香りを持っているギタリストが好きです。
イングヴェイ・マルムスティーンの「ライジング・フォース」というアルバムを、つい最近に
なって聞いたんですが、クラッシックとプログレの香りがして素晴らしいです。このアルバム
はプログレ好きな方にお勧め出来ると思います。



99/03/25 13:28:07
名前:
J'rat

コメント:
 ASIAの"THEN & NOW"を引っ張り出して聴いてみました。「DAYS LIKE THESE」はポップですね〜。ASIAじゃない感じがしました。ちゃんとTOTOのスティーブ・ルカサーがソロを弾いていましたね。でもTOTOってどこにでも顔を出しますね。(Triumviratの"Russian Roulette"はロサンゼルス録音らしいので、ユルゲン・フリッツがひとりで出張したのでしょうか? どっちが偉いのか分かりませんね、それじゃぁ)
 TOTOのセカンドと言えば「ハイドラ」でしたね。私は一番これが好きです。ピアノ(スティーブ・ポーカロでしたっけ?)がとても奇麗で印象的なアルバムでした。プログレが不況だった79年当時、よく聴いていました。新譜は懐かしのTOTO節でした。(^_^;
 一番売れたのはASTRAさんのお好きな「アフリカ」の入っている「TOTO IV」だと思います。ASTRAさんはギターを弾かれるそうですが、ルカサーはお嫌いだったのですね。お気に入りはスティーブ違いのハウのほうでしょうか?



99/03/24 20:40:49
名前:
ASTRA

コメント:
スティーブ・ルカサーといえば、ASIAのTHEN & NOWの新曲の「DAYS LIKE THESE」でギター
弾いてますね。ポップで良い曲です。シングルカット向きですね。

TOTOは1stしか聞いたことないです。ヒットした「アフリカ」という曲だけ気に入った記憶が
あります。2ndがプログレっぽいんでしたっけ?



99/03/24 19:05:05
名前:
J'rat

コメント:
 Par Lindr Project の CD を探しているのですが、なかなか見つかりません。kitさんおすすめの「Mundus Incompertus」というのがあると一番いいのですが....。店頭はあきらめて通販で探そうかと思っています。
 PLP がなかったので、ついTOTOの新譜を買ってしまいました。TOTOのBBSを見ると、かなり良さそうなので期待してしまいます。4/16のライブに行くので、予習しなくては....。(^_^; 強引ですが、夏頃にはスティーブ・ルカサーたちが参加したTriumviratの"Russian Roulette"がCD化されるらしいのでこちらも楽しみです。内容的にはただの"A La Carte"の続編らしいのですが....。



99/03/23 15:11:29
名前:
ASTRA

コメント:
>ritornelさん
成毛滋のロンドン録音のデビューアルバムのことは知りませんです。そんなものがあったんですか。
ストロベリーパスの「大烏が地球にやって来た日」が1枚目だと思ってました。
PS:メールどうも。先ほど返信しておきました。

>J'ratさん
ジャーマンのコーナーも見たつもりだったんですが。(^^;) スティーブ・ハウのレコードを見て、
気が動転したのかもしれません。(^^;) 「ポンペイ」は持ってませんので買い取らせて頂きます。
わざわざすみませんです。メールしますので。



99/03/23 13:45:48
名前:
J'rat
電子メールアドレス:
メールはこちらまで

コメント:
>ASTRAさん、
 せっかくディスクユニオンに行かれたのに、見つからなくてすみませんでした。先程お茶の水店に確認に行ってきました。4階のプログレコーナーに入った正面のGERMANの棚にありました。Triumviratは独立した見出しがないのです。ネクター(!)や「その他」のバンドと一緒に"Pompeii"と"Old Loves Die Hard"が1枚ずつ置いてありました。("BBC'75"はなかったです)
 で、あとさきを何も考えずに買ってきてしまいました。(^_^; どうしましょ、お送りしましょうか? よろしければメールください。((確かPompeiiはお持ちでなかったような....。いや、押し売りするつもりは毛頭ありませんが....)

>ritornelさん、
 いつも素晴らしい評論と情報をありがとうございます。「気が引ける」などとおっしゃらずに、どんどんお教えください。よろしくお願いいたします。m(_ _)m

>ふらじゃさん、
 情報ありがとうございました! ミュージック・ブールバードですね、日本語でやり取りできるのはありがたいですね。今のところ海外CD通販大手で日本語ができるのはここだけのようなので、貴重な存在ですね。とても参考になります。重ねてお礼申し上げます。
 CD届いたら、ぜひ感想をお聞かせ下さいませ。Yesと違ってトリオでギターも無いので、少し寂しく感じるかもしれませんが....。私はTriumviratの後にYesを聴くと、怒涛のような音の宇宙にぶっ飛んでしまうのです。(^_^; ふらじゃさんの客観的なご意見をぜひお聞きしたいものですから、よろしくお願いします。



99/03/23 12:03:01
名前:
ふらじゃ

コメント:
 J'ratさん
私が発注したのはMUSICBLUEBARDです。ここはカード決済のみですが、今のところトラブルは無いです。
物は在庫があれば10日ほどで着きますね。不明なとこは日本語でメール出せます(ただし返事が結構遅い)
また注文すると、受注メールが来て、その後はweb上で確認できるようになってます。
・・・とまあこんなところです。参考になりますか?

 しぇふさん
お客さん少なかったんですか・・・あとはロイネ君の日本の印象がどうか?ってことでしょうか(良ければ
またくるかも)気長に待ちましょう。



99/03/23 05:14:28
名前:
ritornel

コメント:
>J'ratさん
いつもウチのページをお引き立て頂きまして恐縮です。
ほんとはこちらに自分で書き込まなきゃいけないんでしょうけど、どうも気が引けてしまって(^^;

廃盤の1st〜3rdは、このチャンスにぜひとも皆さんにGETしていただきたいです。
2nd、3rdがあるのは国内の店ですし、メールで注文、代引きOKと簡単ですから(^^)v

>ASTRAさん
おぉ、なんと成毛滋の大ファンでいらっしゃいましたか!
最近CD復刻されたロンドン録音のデビューアルバムはもう聴かれました?
よかったら感想など聞かせてください。資金不足でまだGETできてないんです。

「アローン〜」はウェイクマン真っ青のマルチキーボード・トリオで、
途中成毛滋がギターに持ち替えてジミヘン真っ青のギタートリオになるというものすごい編成です。

TRIUMVIRATの表記の件、ウルサイことを言うヤツでどうもすみません(^^;
あれは私個人の意見なんで、ム!と思ったら適当に読み飛ばして下さいね。



99/03/23 03:37:11
名前:
ASTRA

コメント:
ritornelさんのHPを見てきました。成毛滋の「アローン・イン・マイルーム・パート1〜4」
のことは知りませんでした。私は成毛滋の大ファンなんです。キーボードというとタルカスを
もじったオケカスしか思い浮かばないんですが。(^^;) あ、もちろんギタリストとしてのほうが
印象強いですけど。フライドエッグの目玉焼き飛ばし機のCDはまだ持ってませんが好きです。

「ビ」じゃなくて「ヴィ」と書かなければいけないんですね。失礼しました。(^^;)

たまさんの掲示板にも書きましたが、今日、御茶ノ水と新宿のUNIONに行きましたが、トリアンヴィラ
ートのCDは1つもありませんでした。



99/03/22 10:46:37
名前:
J'rat

コメント:
 ritornelさんのホームページに「スパルタカス」の詳しいレビューが登場しました! ブートの「BBC'75」まで掲載されました。素晴らしいです。ぜひご覧ください。(^_^) http://www.geocities.co.jp/Hollywood/2082/
 さらに、国内と海外の通販でTriumviratが買えるという情報が掲示板に。なんと「地中海物語」〜「スパルタカス」まで扱いがあるそうです。すごいですね、廃盤なのにまだ在庫があるとは奇跡ではないでしょうか?



99/03/21 11:36:42
名前:
J'rat

コメント:
 せっかくの3連休なのに、関東は天気が悪いです。きのうも寒くて土砂降りだったし、今日も曇りです。その割に首都高速は大渋滞で、「東京おもちゃショー」を見るために有明のビックサイトに着いた頃には閉館時間になってしまいました。(T_T) (念の為ですがウルトラマン・アストラを探しに行こうと思ったわけではありません)



99/03/21 03:38:46
名前:
J'rat

コメント:
 Biography メニューの伝記に「スパルタカス」から「愛の神秘」にあたる4章の翻訳を付け加えました。訳はいまいちですが、よろしければご覧ください。

 URL転送用に使っている webs.to ドメインが不調です。プロバイダへのメールも届きませんので、しばらくはジオの本当のアドレスを宣伝にも使うつもりです。やはりタダだからだめなのかなぁ....。(^_^;



99/03/20 07:16:48
名前:
しぇふ

コメント:
ふらじゃさん
先日のフラワーキングスですが、レコーディングしてましたので、恐らくライブ盤は出ると思います。
ただ、お客さんは非常に少なかったんですよ。大阪もそうだったらしいです。歓声のオーバーダブし
ないと、寂しくなりそうです。その前に赤字で制作出来なかったり・・・



99/03/19 14:58:32
名前:
J'rat

コメント:
>ふらじゃさん、
 お祝いの言葉、ありがとうございました。ちなみに今日3/19は息子の誕生日です。5歳になります。(親馬鹿ですみません)
 ところでCDはどこに注文されたのでしょうか? いつでもいいですから情報を教えていただけると参考になるので、ありがたいです。m(_ _)m

>ritornelさん、
 まぁそう謙遜なさらずに....。(^^ゞ 新しい情報を仕入れるべく Triumvirat.Net にメールを出しておきました。ニュースがあればご報告しますね。

 私は英作文が苦手ですが、公式サイトに質問やご意見があって直接メールを出すのが億劫だという方は、僭越ですが私が代りに書いたりお手伝いしますのでおっしゃってください。(^_^;

 今朝、"BBC'75"のブート(蒼く怪しく光るCD-R!)を聴きながら来ました。確かにエレキギターですね。アルバムでは無かったのですが、ライブではフリッツのシンセサイザーに上手く絡んでいました。私もギターと同時にベースが入っているのでどうやっているのか不思議に思いました。一方そのころフリッツはシンセサイザーを両手で弾いているような気もしますので....(いや、これは不確かですが)。まさかハンス・ペイプの亡霊と言う訳ではないでしょうから、フリッツが足ででも弾いているのでしょうか?



99/03/19 11:37:12
名前:
ふらじゃ

コメント:
 たまさんのページでしりましたが、やはりこっちで書いた方が・・・
お誕生日おめでとうございます。(^^)

 今日「愛の神秘」と「ポンペイ」を発注しました。今月中には入るかな。



99/03/19 06:27:39
名前:
ritornel

コメント:
>J'rat日本支部長
プ、プリントアウトですか(^^;)。いや、私のレビューなんか、アルバムが出てから20何
年か経っていろんな資料や音などを参照しながら書いてあの程度ですから。リリース前に
ろくな資料もないまま書くライナーはたいへんだと思いますよ。まぁ、私も輸入盤しか買
いませんし、ライナーは昔立ち読みしたものの内容はどんなだったか忘れてしまいました
が(^^;)。

コンサート実現の経緯、とても詳しく書いていただいて興味深いです。これは絶対公認サ
イトならではの情報ですね! 続報もよろしくお願いします。

>ASTRAさん
ブートです。下の方に支部長がお書きになってる分です。弾きまくってるか、といわれま
すと、曲自体がバラードなので、まぁELPのタルカス「戦場」でレイクが弾いてるような
感じと(ムリヤリ^^;)言っておきましょうか。ちょっとブルージーです。しかし、そうす
ると、ここのベースはフリッツのムーグなんですかね。音は全般にクリアでAクラスなん
ですが、このへんはちょっと聴きにくい……。

ASTRAさんはイエスがお好きなんですね。でしたら、この曲のまるでウェイクマンみたい
なフリッツのピアノも聴いてみてください。びっくりしますよ。このへんはウチのページ
のレビューにも書きましたが、すごく興味深いネタなので次回の"SPARTACUS"レビューでも、
しつこくまた書くつもりです(^^;)。



99/03/19 04:09:14
名前:
ASTRA

コメント:
>ritornelさん
>"The Deadly Dream of Freedom"のライヴ・ヴァージョンではエレクトリック・ギターが
これはブートですか? 弾きまくってますか?

>YUKIさん
見ました。間抜けな顔が多いですね。(^^)

>しぇふさん
フラワーキングスのレポート読みました。CD2枚持ってます。布教のためにと貰ったものです。



99/03/19 02:05:11
名前:
J-rat

コメント:
 リンク集に「しぇふ」さんの"HARRY CHICAGO"を加えさせていただきました。日本初の(!)シカゴのホームページです。25枚(!!)のアルバムの紹介と、にぎやかな掲示板も2つもあります。(^_^)/
 リンク集へは、J'ratのトップページから行けるようにしました。

 ところで、6月のPar Lindr Project と Alaska、Barry Palmer によるトリビュートコンサートですが、Triumvirat.Net が主催です。公式ホームページといっても、彼らもファンの集まりに過ぎません。どうしてこんなコンサートが開けることになったのかを、スタッフの Joe Toohey が教えてくれました。
 発端は去年の夏 Joe が Barry Palmer と Par Lindr に、お互いの音楽を聴いていつかヨーロッパで一緒に仕事をするようにと勧めたことだそうです。二人はお互いの音楽をすぐに気に入ったのですが、一緒にプロジェクトを組む時間などなさそうに思われました(Barry はロンドン、Par はスェーデンですもんね)。ところが、PLP と Alaska が北米にツアーで来ることになって、Joe はTriumvirat.Net の創設者で Barry のアメリカでのマネージャーを買って出ている Russ Shaw にこう言ったんだそうです。「君が Barry をここ(セント・ルイス)に呼んで Triumvirat の曲とソロアルバムの初演をさせることが出来るなら、僕は PLP と Alaska を呼ぶよ」
 Joe は自分の仕事はこれで終わったと思ったんだそうですが、でもどのプロモーターも資金を提供してくれなかったそうです。Joe は金銭的なリスクを冒してでもこの一生に一度のチャンスを逃したくなかったと言っています。お金より音楽に関心のあるファンやミュージシャンたちの協力があって初めて、6月のコンサートが出来るようになったんだそうです。実際、ミュージシャン達や演奏会場はお互いの信頼関係だけで何の契約書も交わさないし、PLP と Alaska はこのツアーでは楽器を共用し、ローディーも使わないで自分たちでセッティングと撤去を行うのだそうです。
 自分の町に Triumvirat のトリビュート・コンサートがやってくるんですから、張りきるのも分かりますね。Joe は今、少しでも会場の席を埋めようとがんばっているそうです。「だって、せっかく来てくれるのに教会(会場)がガラガラじゃかわいそうでしょ!」 ビデオの前売りも、資金集めの一環だそうです。
 初日はでっかい教会で立派なパイプオルガンを使うそうです(使いこなせるもんでしょうか?)。2日目はナイトクラブでハモンドオルガンですから、スタイルも演奏する曲もかなり違ったものになりそうですね。
 そんなわけで、なんだか大変そうですが期待して待ちたいと思います。私は Triumvirat と Barry の曲に関心がありますが、PLP はどうでしょう? ビデオは4時間×2日間なので、彼らの出番はたっぷりありそうですね。PLP の映像ソースがあまり世に出ていないのなら、結構チャンスかもしれませんね。(^_^)



99/03/18 19:43:38
名前:
J'rat

コメント:
>YUKIさん、
 見た見た、見てきました。思わず吹き出してしまいました。(^_^)

>ASTRAさん、
 ギターですが、アルバム"Spartacus"でもアコギが使われていました。でもやっぱり伴奏程度ですね。フリッツがいる限り、リードが取れなくて、それで脱退しちゃったんでしょうか? 元々はベース&ボーカルなので、そんなことはないのでしょうが....。



99/03/18 15:01:56
名前:
YUKI

コメント:
しまった 名前入れなかった。
こんなことを書いてるのは、当然私です。
失礼しましたぁ。



99/03/18 14:59:39

コメント:
何故こんなにこのネタで引っ張るのだろうと、自分でも思いつつ、
よろしかったら下記のHPでアストラさんの顔が見れます。
http://cgi.tbs.co.jp/ultra/family-j.html
いや、私もそれ程入れ揚げてるわけじゃなく、このHPもさっきYahooの検索で見つけたんですけど....。
ごめんなさい これでおわりにしますね。



99/03/18 10:43:11
名前:
ふらじゃ

コメント:
 しぇふさん
フラワー・キングスのレポート読ませて頂きました。なんかアット・ホームでいいですね。行けなかった
のがとても残念です。仕事のバカヤロー!!せめてライブ出してくんないかなぁ〜。あとHPですが
残念ながら持っておりません。これからもいろんなとこでちゃちゃしたいと思いますので、J'ratさん
初めみなさんよろしく。
これってしぇふさんのHPに書いた方がよかったかしら。



99/03/18 10:40:53
名前:
J'rat

コメント:
>しぇふさん、
 ありがとうございました。トップページにリンクを貼っていただけるなんて、恐縮です。もっと隅っこに小さくて十分ですので....。r(^^;ポリポリ 私の方まだでスミマセン。今夜やりますので。
 ライブレポート拝見しました。良さそうですね。私はまだ聴いたことがないのですが、やはり必聴でしょうか?



99/03/18 01:53:32
名前:
しぇふ

コメント:
>J’ratさん
私のシカゴページのトップからリンクするようにしましたので、ご報告致します。

>ふらじゃさん
フラワーキングスのレポート、あまりに長くなってしまったので、私のシカゴページに載せました。
ところで、ふらじゃさんもHPお持ちなんですか?もしよろしければ教えて頂けませんか?



99/03/18 00:19:13
名前:
J'rat

コメント:
>ASTRAさん、
 "Illusions(二重えくぼ)"でギターは各所に使われていました。印象的なのは導入2曲目の"School Days"と最後から2曲目の"Lucky Girl"です。後者はこのアルバムで唯一、ベース&ギター奏者にしてボーカリストのケーレンが編曲をしているので当然かもしれませんね。他にも"Triangle" "Dimplicity" "Bad Deal"にギターが使われていますが、いずれもアコースティック・ギターです。クレジットにはエレキも使ったように書いてあるのですが、私は聴き取れませんでした。
 アコギはフリッツのハードなオルガンや、やたら力強いバテルトのドラムの合間に、ほっとできる音の空間を与えてくれています。ギターでなく、フリッツのピアノでこれをやっても結構いいのではないかと、ritornel さんのホームページのレビューを見て思いました。

>ritornel さん、
 実は電車の中でディスクマンで「二重えくぼ」を聴きつつ、プリントアウトしたレビューを読みながらながら帰って来たのでした。私はこのアルバムの日本盤のライナーノートを読んでいませんが、ritornel さんのレビューはきっとそんなものを遥かに上回るものだと想像しています。(ほめすぎですか? でもCD1枚分の時間をかけて味読したことは確かですので)
 「ストレンジ・デイズ」買ってきました。CDジャーナルの別冊なのですね。神田神保町のでっかい三省堂書店にはまだNo.1しかありませんでした。第2号は遅れているのでしょうか? 「大人の読む音楽雑誌があればいいなぁ〜」という編集長の後記(私は本を後書きから読む種類のニンゲンです)には共感しました。まだ Triumvirat の誤りを確認しただけでちゃんと読んでいませんが、プログレでお世話になった「ハーヴェスト」のレーベルの特集があって楽しみです。でもこれからどんな雑誌になっていくのでしょうか?

>YUKIさん、
 「角刈りのウルトラマンレオ」? うーん、何だか体育会系のお兄さんを想像してしまいました。(^_^; 今度ビデオを借りてきて確認してみます。
 m{oYo}屮 <-- この顔文字を妻に見せたら仮面ライダーかウルトラマンだろうと言われてしまいました。私はバルタン星人だと思ったのですが....。 



99/03/17 21:14:58
名前:
ritornel

コメント:
>J'ratさん
あ、やっぱりジェファーソン・スターシップもありましたか。最近、物覚えに自信がなく
なってきまして(^^;)。改めて資料を全部読み直します。

>ASTRAさん
"The Deadly Dream of Freedom"のライヴ・ヴァージョンではエレクトリック・ギターが
使われてます(^^)。ぜひぜひやってみてください。

でも……ねりわさびさんの前でトリアンは禁句です(^^;)。ねりさんはELP一筋なので(^^)。
ラキシスの吉祥寺ライヴは1月のELPオフでビデオで見ました。ビデオでも凄かったです。
私は知らずにELPのブートビデオかと思い、「お、エマーソンも完全に復調したなぁ!
このバーバリアン、凄くテンポいいじゃない(^^)」とか言っていて「これ、ラキシスだよ、
ラキシス!」と星野さんにズバリ指摘されてしまいました(^^;; あの演奏を生でご覧に
なったとはうらやましいです。

アストラは実は私も最近まで知りませんでした。Qからセブンまでしか見てないもので。
で、ガッツ星人目当てに某ガシャポンを回していて出てきたので覚えたようなワケです(^^;
結局ガッツ星人は出ませんでした(;_;)。どなたかチブル星人、チャンドラー、バルタン
等と交換していただけませんでしょうか?(゜゜;)バキッ☆\(--;)



99/03/17 17:57:18
名前:
ASTRA

コメント:
>J'ratさん
アコースティック・ギターが入っている曲があったんですね。アコギは弾けないし、持ってません。(^^;)

伝記読みました。背景は全く知らなかったので興味深いです。

>YUKIさん
あのぅ、そんな深い意味はなかったんですが。(^^;) 初代とウルトラセブンまでしか見てません
でした。名前はある程度知ってても、顔は解りません。(^^;)



99/03/17 13:17:39
名前:
YUKI

コメント:
そういう意味ではASTRAさんのお答えは深いですね。
L77星でしたっけ?ご出身は。
(すみません 引っぱってしまった)



99/03/17 13:02:07
名前:
YUKI

コメント:
アストラはウルトラマンレオの弟でしたね。
ってことはウルトラ兄弟じゃねぇか、ということになりますが、レオ兄弟は獅子座の星の生まれで
M78星雲出身じゃないんですねぇ。
顔は、もしウルトラマンレオの顔を思い出せたら、3本ある短い角を取って角刈りにしてしまうと、
アストラになります。
ウルトラマン太郎の角を取るとセブンになるのと同じですね。
レオの顔が思い出せなかったら....。



99/03/17 12:41:18
名前:
J'rat

コメント:
>ritornelさん、
 Triumviratが1974年のアメリカで前座を務めたのは、"Jefferson Starship"もありますね。多分、Russが伝記に書いているので、"Fleetwood Mac"が先だったのではないかと想像しています。
 ritornel さんはご存知と思いますが、Triumvirat.Net には http://www.triumvirat.net/starshiprev.htm に"Jefferson Starship"の時の記事と、 http://www.triumvirat.net/74tour.htm に74年の 「Illusions ツアー」の日程(日程と開催地のみ)が載っていますね。
 翻訳は今、「スパルタカス」のあたりをやっていますが、この時のツアーはより様々なミュージシャンの前座をやっているようです。

>ASTRAさん、
 Triumvirat のギターの入った曲というと、「スパルタカス」の"The Deadly Dream of Freedom"が印象的ですね。あと「二重えくぼ」にもありましたがどの曲か思い出せないので、これは後ほど....。いずれにしてもアコースティック・ギターによる「伴奏」という感じだったと思いますので、演奏して面白いかどうかは(?_?)です。
 でも「二重えくぼ」ベースは俊逸ですね。もうブリブリ((c)たまさん)弾きまくって、ヘルムート・ケーレンがんばっていますね。もしかすると直前に脱退したハンス・ペイプのテイクかもしれませんが....。

# そう言えばウルトラマンに「アストラ」っていたような気がしますね。いとこか何かでしょうか?
# (o|o) <-- うるとらまん   m{oYo}屮 <-- ばるたん(らしい?)



99/03/17 05:30:42
名前:
ASTRA

コメント:
>ritornelさん
こちらこそよろしくお願いします。NIFTYのプログレ部屋やEL&P部屋の常連の方は、ほとんど面識が
ないので、セッションで演奏しそうな方の予想がつかないです。ねりわさびさんのラキシスという
EL&Pコピーバンドを、この前、吉祥寺で見ました。素晴らしい演奏でした。私はギターなので
トリアンビラートの曲をセッションで表明するわけにもいかないですね。ギターが入っている曲って
ないですよね? J'ratさん、どうですか?

PS:残念ながらウルトラ兄弟ではありません。(^^;)



99/03/17 01:42:14
名前:
ritornel

コメント:
>J'ratさん

大部の翻訳ご苦労さまです。ますますトリアン日本支部らしくなってきましたね(^^)。
しかし、公認サイトのWebmasterともなるとたいへんですねえ! がんばって下さい。

ところでさっそく邦訳のお世話になりました。"ILLUSIONS"ツアーはフリートウッド・
マックのサポートだったんですね。以前読んだきりうろ覚えでレビュー書いたので
勘違いしておりました。すでに該当箇所は訂正させていただきましたm(_ _)m

「ストレンジ・デイズ」でトリアンのコメントを書いていらっしゃるのは、編集長の
岩本晃市郎という方です。プログレ以外は(^^;)、かなり資料性が高いようですね
(いやぁ、他人のことは言えません^^;)。
同誌は3/15に第2号発行とのことですが、私は本屋に行くヒマがなくてまだGETしていません。
Webにも以下のような関連サイトがあるようです。
(http://www2a.biglobe.ne.jp/~siteymns/strangedays/index.html)

>ASTRAさん

ご挨拶が遅れました。Niftyのほうでもよろしくお願いします。
セッションでぜひトリアン演って頂きたいですね(でも、嫌がる人がいるかもしれないなぁ^^;)。
ところでASTRAさんのご実家はM78星雲方面なのでしょうか?(゜゜;)バキッ☆\(--;)



99/03/16 13:30:17
名前:
J'rat

コメント:
<特報!>
 ritornel さんのホームページに、"Illusions On A Double Dimple"のレビューがとうとう登場しました!!! 素晴らしいです。(T_T) 必見です。 ritornel さん、ありがとうございました。こちらからどうぞ。--> http://www.geocities.co.jp/Hollywood/2082/

>ふらじゃさん、
 つたない訳文をお読みいただいてありがとうございました。Russ さんは結構美文(?)家らしくて、難しかったです。長いので少しずつ翻訳していきますので、よろしくお付き合い下さい。(^_^)
 お金が無いのは私も同じです。なんともうすぐ来日公演だというのに、まだ TOTO の新譜を買っていないのです。早く来いこい、給料日♪ ですね。(^_^; 



99/03/16 10:20:27
名前:
ふらじゃ

コメント:
 伝記読みました。英語のよーわからん私には、英訳は助かります。
しかし「ロンド」をコピーしてたってことは、やはりハモンドに飛び乗ったり、
ナイフ刺したりしてたんでしょうか?ナイフ刺しや背面弾きはELPになってからだったっけ?
 横浜unionにも「愛の神秘」ありました。でも今回は見送り、理由はkitさんと同じ・・・



99/03/16 02:25:25
名前:
J'rat

コメント:
 Biography のページに Triumvirat.Net の Russ Shaw の伝記の翻訳(一応本人にやっても良いと言われていますので、ご安心ください)をUPしました。なぜか「連載」になっています。思いのほか時間がかかってしまいまして....。(^_^;
 とりあえず「二重えくぼ」の頃までです。訳に一部自信がありませんが、お気づきの点がありましたらお教えください。m(_ _)m



99/03/15 14:36:46
名前:
J'rat

コメント:
>kitさん、
 ようこそお越しくださいました!(^_^)/ Par Lindr Project の情報ありがとうございました。いやー、さすがに幅広いですね。PLP はボーカルの女性もかわいいと、Yes のメーリングリストでもお伺いしたものですから、私は6月のビデオが大変楽しみです。PLP のホームページを見ると、メンバーの見た目は ABBA みたいですね。(例えが古いでしょうか?)
 CD発売続きで大変ですよね。Triumvirat は無理にはお勧めしませんので、落ち着いてからで結構です。でも、きっと気に入っていただけると思いますよ。いいですよー。あっ、無理強いしてます? (^_^;

>しぇふさん、
 では、お言葉に甘えてリンクさせていただきます。相互リンクにしていただけるとはありがたいです。よろしくお願いします。m(_ _)m
 フラワーキングスですか、カンサスも来ているのですよね。TOTO も来るし、ジェフ・ベックも来るんでしょうか? 嬉しい悲鳴ですね! さて、Triumvirat はいつか来日できるでしょうか。

>ふらじゃさん、
 怨念ですね。(^_^; 昔、「猫の怨念」というギャグ(関西弁で「うちにネコがおんねん」)がありましたが....。
 J'rat も鬼気迫るようだと恐いですね。肩に力を入れないようにやっていきますので、よろしくお願いします。(^_^)



99/03/15 10:24:09
名前:
ふらじゃ

コメント:
 J'ratさん
ネコとネズミの関係よ〜く判りました。怨念・・・いや執念を感じます。こうなったら‘トリアン教宣教師’
としての道を邁進してください。

 しぇふさん
フラワーキングスいいですねぇ〜、私も行きたかったんですが先立つものが・・・無念です。
ぜひレポートをupして下さい。

 kitさん
マグナカルタのELPトリビュート私も楽しみにしてます。特にこのアルバムはメンツがいいので
どんな音なのか興味深々です。

 



99/03/15 10:20:34
名前:
ふらじゃ

コメント:
 J'ratさん
ネコとネズミの関係よ〜く判りました。怨念・・・いや執念を感じます。こうなったら‘トリアン教宣教師’
としての道を邁進してください。

 しぇふさん
フラワーキングスいいですねぇ〜、私も行きたかったんですが先立つものが・・・無念です。
ぜひレポートをupして下さい。

 



99/03/15 00:29:15
名前:
しぇふ

コメント:
>J'ratさん
私のマンガの様なページでよければ、リンクして頂いて全く問題ありません。
逆に私の方もリンクして宜しいでしょうか?

ところで明日はいよいよフラワーキングス。非常〜に楽しみ。



99/03/14 22:23:01
名前:
kit

コメント:
遅くなりました。開設おめでとうございます。
実は、TRIUMVIRAT聴いたことありません。
お茶の水のUNIONに「愛の神秘」があるんですが、先立つものが…。
ジェネシス&クリムゾンの「紙」さえなければ…(^^;

一週間前に、Par Lindh Projectのことを書かれてますね。
Par Lindh Projectは「Mundus Incompertus」(スペル違うかも(^^;)が好きです。
ハードなギターの入ったELP、といった感じでしょうか?
とにかくPar本人はELP…というか、エマーソンの大ファンらしいですね。
そういえば、マグナ・カルタのELPトリビュートはどうなったのでしょう?



99/03/14 10:35:57
名前:
J'rat

コメント:
 2つ前の発言は、わたくし J'rat のものです。ハンドル間違えてしまいました。(^^ゞ ポリポリ
 西新宿ブート街、行きたいですね。あちら方面に仕事の用事をつくらねば....。でもひとたび足を踏み入れると、あっという間に2〜3時間かかっちゃいそうで怖いですね。(^_^;



99/03/14 03:48:51
名前:
ASTRA

コメント:
Nifty の「ELPの部屋」のオフ会というのを忘れてました。今年も新年会があったみたいですが、
巡回してなかったので後で知りました。残念でした。
プログレ部屋でJ'ratさんのここの宣伝見ましたよ。(^^)

「二重えくぼの幻影」情報、驚きました。明日は行く暇なさそうなので、ここを見ている方がGET
されるといいですね。私は西新宿ブート地帯には詳しくないんです。



99/03/14 03:17:03
名前:
Triumvirat

コメント:
 リンク集のページを作成しました。( Introduction のメニューから入れます)
http://www.triumvirat.sakuraweb.com/intro/links.html
 リンクを快諾してくださり、相互リンクまでしてくださった、ritornel さんと HORI さんに、心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

 Triumvirat やプログレ、その他音楽全般に関する素晴らしいページをご存知の方は、ご推薦ください! もちろん自薦・他薦を問いませんので...(^_^)

# たまさん、しぇふさん、リンク張らせてもらってもいいですか?(念の為お許しいただいてからと思って、まだリンクしていません)



99/03/14 00:15:21
名前:
J'rat

コメント:
<特報>あの「二重えくぼの幻影」が西新宿に!
 さきほどある方からメールをいただきました。なんと3月8日に西新宿のプログレ専門店GARDEN SHEDで"Illusions On A Double Dimple"のCDを見つけたとのことです。こりゃあ、早いもん勝ちですね。(^_^) でもどうして今どき売っているのでしょうか? たまたま在庫があったのか、それとも中古でしょうか。未確認ですがブラジルにはあるという情報もありますが...。手に入れられた方はぜひ詳細を教えてください。
 メールでしたのでお名前は出しませんが、情報を下さった方にお礼を申し上げます。よろしければフォーラムにも遊びにいらしてください。(^_^)/

>ASTRAさん
 Nifty の会議室の"P"はプレイヤー、"S"はセッションだったのですか! 演奏なさるんでしたね(尊敬)。私は楽器はからきしダメなのでうらやましいです。たまたま ritornel さんから別件でお教えいただいたのですが、Nifty の「ELPの部屋」のオフ会でキーボードソロで、"Mediterranean Tales"と"Spartacus"から数曲を演奏された方がいらっしゃるそうです。それも1997年と、ごく最近のことのようです。もしかして日本でもアマチュアによるトリビュート・セッションが出来るかもしれませんね! その節はぜひ私にも拝見させてください。
 ASTRAさん、パートは何をおやりなのでしたっけ?



99/03/13 01:32:49
名前:
ASTRA

コメント:
J'ratさんも魚座でしたか。なんと息子さんまでも。(^^) 奇遇ですねぇ。

FROCKPはプレイヤーズ・フォーラムでして、楽器をやる人の部屋があります。ギター、ベース、
キーボード、ボーカル、ドラム、その他って感じだったと思います。FROCKSはセッション・フォーラム
でして、名前のとおり、色々なジャンルのセッションが多数開催されています。隔離系では、つい
この前、RUSHのみのセッションがありました。隔離の総合セッションは【隔離伍】として、今年の
秋頃に開催されるのではないかと思います。総合は年に1回のようです。ほとんど東京ですが、
大阪や仙台や博多などでも年に1回は開催されているようです。
というわけで、ASIAとは何の関係もありません。関係ある可能性があるのは隔離の総合セッション
です。
ASIA+Triumvirat+EL&Pとかの名目で開催しても良いんですが、最低限の各パートが揃わないと
いけませんから、それさえクリア出来る見通しがあれば、誰が主催しても良いんです。
ただし東京じゃないとメンツが集まらないと思いますけど。今までにTriumviratの曲が演奏された
ことは一度もないです。実現のためなら私も強力しますよ。



99/03/13 00:50:55
名前:
J'rat

コメント:
>みいすけさん、
 いらっしゃいませ! Triumvirat をお聴きになったことがないとは、うらやましいです。これから目くるめく感動の世界がみいすけさんを待っているのですから。(^_^)/~~オイデオイデ。
 えーっと、まず手始めに聴くといいのは....。入門には彼らのNo.1ヒットの"Spartacus"がいいかと思いますが今は入手しにくいので、やはり"Old Loves Die Hard"でしょうか? これは私のオールタイム・ベストのアルバムです(私の中ではYesの「海洋地形学」を越えています)。
 さて、先輩諸氏のご意見はいかがでしょうか?



99/03/12 21:46:10
名前:
みいすけ
電子メールアドレス:
メールはこちらまで

コメント:
Triumviratさん、じゃなかった。J'ratさん。
申し遅れました。HP御開設おめでとうございます。
しぇふさんに続き、たまさんのページからまたまた新設HPができましたね。
私はTriumviratのことは全く存じ上げておりませんので、超おおぼけを
かますかもしれませんが、よろしくお願い申し上げます。
私も、このページを参考にTriumviratの音楽に親しめればと思っております。

ここにはたくさんたまさんのYESのページの常連さんがいらっしゃるようなので、
非常に親しみがわいてまいります。

ところで、ショパンのポロネーズ集が話題になっていたようですが、
私のオススメはポリーニのものです。YUKIさんはいかがでしょうか?

J'ratさん。がんばってください。応援しています。



99/03/12 17:25:53
名前:
J'rat
電子メールアドレス:
メールはこちらまで
コメント:
>巨さん、
 いらっしゃいませ! ご無沙汰しています。巨さんも Triumvirat がお好きだったとは。いや〜、ホームページ作って本当に良かったです。(T_T)じーん。
 "Spartacus"いいですよねー。あんなに高揚感があって明るくって、ぐんぐん盛り上がっていく作品ってないですよね。 いつ聴いても生きる勇気が湧いてきます。挿入されるちょっと感傷的なメロディがまた絶妙のコントラストで....。
 "Mediterranean Tales..."は出だしのモーツァルトでびっくりしますが(^_^;、黄金期の Triumvirat のエッセンスが詰まっていてとても楽しめると思います(このアルバムの素晴らしい解説は ritornel さんのページでご覧になっていますよね)。"A La Carte"など後期のアルバム("Russian Rourette"は未聴ですけど)より何倍もいいと思います。残念ながらこのアルバムは絶版ですね。よろしければメールください。(^_^) 



99/03/12 16:41:26
名前:
コメント:
某yesのところで最近ずっとRead Onlyだった巨です。お久しぶりです。それから開局おめでとうございます。とてもいいホームページですね。
J'ratさんはロシアンルーレットをお持ちでないとか...。実は私アナログで持っています。アラカルト路線を進めてしまい、以前の姿の影も形もなくなってしまったというのが聞いた当時の印象でした。今日帰ってもう一度聞いてみますが....。私は1stを持っていません。手に取ったことはあるんですがそのときはGETしませんでした。
小学生のときにELPを聞いて(展覧会と頭脳改革)キーボードトリオにはまり、その後中学/高校とトレース、レ・オルメ、等々まで手を出したんですが、Triumviratが一番気に入りました。いまでもスパルタカスの同じメロディを転調させていって盛り上げる部分を聞くと盛り上がります。 



99/03/12 13:25:21
名前:
J'rat
コメント:
>ASTRA さん、
 Nifty の FROCKP と FROCKS というのは、どんなところですか? やはりお名前から察するに"ASIA"関連なのでしょうか。Nifty の会議室は良く分からないもので....。(^_^;
 魚座といえば私もそうです! しかも、もうじき5歳になる息子も魚座なんです。Fritz にあわせた見事な計画出産....なわけないか?(すみません、私もみ〜は〜ネタ大好なんです)

>CHU さん、
いらっしゃいませ! わざわざ Nifty からようこそお越しくださいました。感激です!
 なんと、ファーストと言えば"Mediterranean Tales:(across the waters)"から Triumvirat に入られたのですね。昨年の Triumvitat.Net の人気投票を見てもこのアルバムは少なかったので、きっと世界的にも自慢できますね!(^_^) ぜひ思いのほどを語ってください。
 ところで、"Mediterranean"こと「地中海物語」といえば、あの早口言葉のような"2. Eleven Kids"のボーカルは Fritz だと思うのですがいかがでしょうか?
 「たまに...」なんておっしゃらずに、ちょくちょく遊びに来てください。(^_^)/

>ritornel さん、
 Nifty でのフォローありがとうございました! Fritz ってまだ47歳なんですね。ということは、まだまだイケますねっ! 



99/03/12 11:14:09
名前:
CHU
電子メールアドレス:
メールはこちらまで
コメント:
初めまして。CHUと申します。

ニフの方見て早速見に来ました。
凄いっす!何かしんないけど嬉しい気分ですね。(^^)
トリアンのファンて結構居るんですね。私の出会いは
20数年前にファーストなんですが、その後が続きま
せんでした。m(・・)mここ数年で復活してるんですが、
やっぱり思い入れはファーストなんです。

たまに遊びに来ますので、よろしくです。 



99/03/12 03:26:21
名前:
ASTRA
コメント:
J'ratさんもritornelさんもNIFTYのIDをお持ちでしたか。私も持ってますが、FROCKPとFROCKS
ばかりアクセスしてて、ついついELP部屋やプログレ部屋の巡回は忘れてしまいます。(^^;)
1ヶ月に一度は巡回してますけど。NIFTYでも同じハンドル名ですのでよろしくお願いします。

3/12がフリッツの誕生日なんですか。ということは私と同じ魚座だぁ!!
すみません。ミーハーしてしまいました。(^^;) 



99/03/12 02:07:33
名前:
J'rat
コメント:
 Nifty に行って、宣伝してきちゃいました! 久しぶりにアクセスしたら、パスワード忘れてまして、でも何とか入れました。最後のアクセスがおととしの11月だったと表示されました。(*_*)
 なんとボードオペ(もうシスオペとは言わないんですね)の方がトリアン・ファンだとは! やっぱり Nifty はあなどれませんね。ritornel さんの掲示板にも行って来ました。ところがトホホな投稿になっちゃいました。ごめんなさいです。

 Triumvirat の記事を書いたのはいったいどなたでしょう? 認知度、高めたいですね。私はこの間から東芝EMI にメール攻撃(いや攻撃じゃなくって「CD化と新譜発売の"嘆願"」です)をしているのですが、お返事はないですね。東芝EMIのサイトには「フィードバック&問い合わせ」のページもありますので、皆さんもご一緒にいかがですか?
 次は雑誌社かなぁ...?

 すっかり宣伝マン・モードのJ'ratでした。(^_^; 



99/03/12 00:35:14
名前:
ritornel
コメント:
こんばんは。
ウチのページはそんな大層なもんじゃないです。書きかけのとこ多いですし……(^^;
あんまり期待なさらないで下さいね。

ところで年末に出た「ストレンジデイズ」という60〜70年代ロック中心の雑誌の創刊号に
トリアンヴィラートの"Illusions"と"Spartacus"が紹介されてますね。
それはめでたいんですけど、それぞれにデビューアルバムと2ndアルバムというコメントが……。
私は心の中で拳骨を握り締め、「電話するぞ!(ーー;)」とつぶやきました(^^;
こちらのサイトで盛り上がって、もっと認知度を高めて行きたいですね。

>J'ratさん
NIFTYの会員でいらっしゃいましたか。でしたら、どうぞあちらでも宣伝なさってください。
私もフォローさせていただきますので。FMCLB2「ELPの部屋」のボードリーダーと
FROCKL「プログレッシブロック会議室」のボードオペ(同じ人です^^;)は、トリアンの
大ファンですので、歓迎されると思います。 



99/03/11 18:59:20
名前:
J'rat
コメント:
 ritornelさんの現在のNIFTYの拠点は「ELPの部屋」 GO FMCLB2 <MUSIC FAN CLUB Forum 2> だそうです。大変失礼しました。最近できたフォーラムなのでしょうか?
 NIFTYを久しぶりに覗いたのですが、FROCKL <RockLineリスナーズフォーラム>とかも、かなり模様替えをしていたのでびっくりしました。あちらにもTriumviratファンの方がいらっしゃるようで、さぁ勧誘に行かねば....。(^_^; 月々200円のNIFTY、やめなくて良かったです。皆さんはNIFTYもやってらっしゃいますか? 



99/03/11 13:38:08
名前:
J'rat
コメント:
 ところで、明日(3/12)はユルゲン・フリッツの誕生日です! おめでたいです!! バースデーカードは間に合いませんが、Triumvirat.Net の掲示板に書き込むと見てくれるか、伝えてもらえるかもしれません。 http://www.triumvirat.net/bbs/index.sht (私はこの手で、バリー・パーマーからメール:ただし代筆ですが、をもらいました)
 さあ、みんなでお祝いを書き込みましょう! (^_^)/ 



99/03/11 13:31:03
名前:
J'rat
コメント:
>ritornelさん、
 ようこそいらっしゃいませ!!!! (^_^) J'rat (ジェイ・ラット)の名称はご賢察の通りです。日本のサイトなのを強調するために Japan の"J"にしてみました。
 皆さん、ritornel のホームページはすごいんですよぉ! 「クラシカル・ロック」というタイトルで、"After the Fire", "Emerson Lake & Palmer", "The Enid", "Mandalaband", "Refugee", "Renaissance", "Trace" などなど数多くのバンドの詳しい評論が読めるんです。キーボードを中心に、正確な資料と高度な音楽知識を元に、独自の鋭い視点から書かれているので、とても勉強になります! キーボード好きの方には特におすすめです。(^_^)
 Triumvirat に関しては、"MEDITERRANEAN TALES (ACROSS THE WATERS)"の素晴らしいレビューを読むことができます。続編をお待ちしています!!
 なんでこんなにお詳しいのかと思ったら、Nifty (「プログレ隔離室」でしたっけ?)のご出身なんです。私とは年季が違いますね。(^_^;

 お尋ねの"A Day in a Life" a)Uranus' Dawn では、私のCDも音飛びがあります。小さな針飛びですが、あそこでやられるとFritzさんが間違ったみたいですごく気になりますね。ほかの方はいかがでしょうか?

 ともあれ、どうぞ、今後ともよろしくお願いします。 



99/03/11 00:37:41
名前:
ritornel
ホームページアドレス:
私のホームページへ
電子メールアドレス:
メールはこちらまで
コメント:
はじめまして、リタネルと申します。

>J'ratさん
メールありがとうございました。さっそくHPの隅から隅まで拝見しました。
Triumvi"rat"を追いかけるネコのロゴ、すごく気が利いていますね! 
「J'rat」はオフィシャルサイトでのトリアンヴィラートの略称「T'rat」に
ちなんだものでしょうか。どこをとっても、トリアンに対する思い入れが
ヒシヒシと伝わってきます。

しかし、まさかトリアンヴィラートの専門サイトが国内にできていたとは
びっくりしました。NIFTYではときおり一部で盛り上がるんですが、インタ
ーネットではオフィシャル・サイト以外ほとんど見かけませんね。これだけ
立派なサイトができれば今後は安心です(^^)。再結成話も出てますし、ネタ
は十分。ご発展をお祈りします。

CDは2〜3年前なら"Pompeii"までの5枚全部入手できたんですけど、中古でも
最近は「地中海物語」「二重靨の幻影」「スパルタカス」はあまり見かけなく
なりました。ただこの3枚はアナログ盤に載っていたクレジットのほとんどが
省略されてしまっていて、なんか愛の足りないCD化でしたね。CD持ってる
だけでは誰がキーボード弾いてるのかも分かりませんし(^^;)。でも今となっては
それですら貴重なものになってしまったようですね。

あと、「愛の神秘」の"A Day in a Life" a)Uranus' Dawnで、2'29"〜2'30"に
かけて一瞬音飛びがするのが、私とNIFTYのもう一人の方が所有する盤で
確認されています(;_;)。アナログでこの曲に馴染んでない方だとおそらく
気づかないくらいほんの一瞬ですが、皆さんのお持ちのCDはどうでしょうか?

トリアンについては私もたいへん思い入れがありましてウチのHPでも書きかけて
いるんですが、これを機に更新していきたいと思いますので、よろしければ
皆さんおいでください。では、以後よろしくお願いします。 



99/03/10 18:59:13
名前:
J'rat
コメント:
 ねずみの秘密(^_^)ですが...。アルバムジャケットにねずみが登場するのは2枚目の"ILLUSIONS ON A DOUBLE DIMPLE"から4枚目の"Old Loves Die Hard"までの3枚です。推測ですが、これはTriumviratの"Rat"(ラット:はつかねずみ)がもとだと思います。米国で発売されたのも2枚目からですので、単語としてもバンドとしてもなじみの薄い Triumvirat を覚えてもらうための象徴として利用したのではないでしょうか?
 ところで Triumvirat の発音ですが、英語では「トライアンバート」となるようです。こうなるとねずみの陰も形も無くなってしまいますね。ドイツ語では「トリアンヴィラート」に近い発音なのでしょうか?
 さて、J'rat のページが猫をシンボルに使っているのは「ねずみを捕まえたい」という思いからです。長らく Triumvirat を追っかけてきたものですから...。(^_^; 



99/03/10 11:08:26
名前:
ふらじゃ
コメント:
 Triumviratとネズミってなんか関係あるんでしょうか?ジャケットにけっこうネズミ使ってますし、
ここにはネコのシルエットがいっぱいだし・・・ちょっと気になったもんで。 



99/03/09 23:34:48
名前:
J'rat
コメント:
すっ、すみません。「トレース」の件は違うかもしれません。CDを見たら、トレースのキーボード奏者は"Rick van der Linden"でした。再度確認いたしますです。m(_ _)m 



99/03/09 19:57:38
名前:
J'rat
電子メールアドレス:
メールはこちらまで
コメント:
 Yesのメーリングリストで教えてもらいました。トリビュートコンサートに出る Par Lindh Project の Par さんは「トレース」の人だそうです。家に1枚あるので、帰って聴いてみます。Yさん、ありがとうございました!

>ASTRAさん
 「二重えくぼの幻影」はCDも絶版になっています。Triumvirat.Net によると、版元(多分、独EMI)でも再発売の予定がないそうです。世界のファンが、これと「スパルタカス」を欲しがっているのですが...。6月のトリビュートコンサートでPLPとかが演ってくれるとか、これを期に再発に動いてくれるといいですね。両者とも人気で素晴らしいアルバムですし。(^_^)

>ふらじゃさん
 海外なら、amazon.com や CDworld でも扱っているようでがどちらも日本語版がないので、「ミュージックブールバード」のほうがとっつきやすそうですね。disk UNION は、オンラインショップのほうに Triumvirat も扱っていただけるようにお願いを出しておきました。プログレファンの強い味方の UNION に期待しましょう。
 ちなみに新装開店の柏3号店は私も近くです。今月は超貧乏なので、近寄るまいと胸に誓っているのですが...。(^_^;

>YUKIさん
 おお、クラシックもお得意でしたね! フォローありがとうございました。私信ですが、例の「Tマスク」見つけたのですがなんと「第2集・全4巻もの」でした。お手数ですが、お探しの詳しいタイトルをメールしてください。m(_ _)m 



99/03/09 16:57:38
名前:
YUKI
コメント:
サンソン・フランソワは、洒脱なフランス物などを得意としたピアニストです。
ショパン・ドビュッシー等で高い評価を得ています。
「レコード芸術」でポロネーズの名盤特集をやる時にはいつもBEST4には入っています。
はずれじゃないと思いますよ。
私はポリーニのやつを持ってます。 



99/03/09 13:27:46
名前:
ふらじゃ
コメント:
 「愛の神秘」「ポンペイ」はCDNowでも手に入るようです。ただしこちらは1枚$18.49と少々高めで、
英語です。でも海外で廃盤でないので、輸入盤を扱ってる店で手に入る可能性が無くもない・・・
ただメジャーでないとその辺やっぱ難しいのかも。
 UNIONのオンライン・ショップ覗いてみました。UNIONが近くにあれば大体手に入るようです。
(あたりまえか・・・)ただ遠方のコアなファンの方には嬉しいサービスですね。
  



99/03/09 10:35:06
名前:
J'rat
コメント:
 "BBC'75"ブートは、文字どおりBBCでオンエアされたライブが音源です。スパルタカスから3曲を演奏しています(合計約20分)。ライブでも破綻なく、むしろ迫力満点・元気いっぱいの演奏でした。音質はエアチェックものだと思うのですが、良好です。私は大満足でした! 



99/03/09 05:26:26
名前:
ASTRA
コメント:
J'ratさん
ショパンの「ポロネーズ集」のGet素早いですね。感心しました。(^^;) そのピアニストは初耳で知らない
です。ここ10年くらいはクラッシックの曲はほとんど聴いてませんし、もともと詳しいわけでもないん
ですが。(^^;)
DISK UNIONお茶の水3号店に2枚+ブートがあるんですか。「ポンペイ」は聞いたことないので、あった
ら買わなくては。ブートは音質しだいですね。「二重えくぼの幻影」のCDがあればいいんですけどね。
私の記憶が正しければ、これが一番カッコ良かったと思うんですが。 



99/03/09 01:13:19
名前:
J'rat
コメント:
 disk UNIONお茶の水3号店の山崎さんが教えてくれたんですが、リットーミュージックのサイトの中に disk UNION が プログレ専門の Online CD Shop を持っているそうです。今、見てきたのですが、Magma や Faust や PFM、あと聞いた事のないバンドがいっぱいでした。残念ながら Triumvirat はありませんでしたが、一度ご覧ください!
http://www.rittor-music.co.jp/digimart/mall/diskunion/diskunion.htm

<紹介文を引用します>
 disk union Online CD Shopにようこそ! このコーナーは,ディスク・ユニオン新宿店とデジマートが協力して運営するプログレッシブ・ロック専門のCDショップです。インターネット上のCDショップは数多く存在しますが,プログレ専門,それもかなりマニアックなモノだけを取り扱っているところは他にはありません。プログレが大好きな人は,ぜひともチェックしてみてください。今まで欲しかったけど手に入れることができなかったあの作品が見つかるかもしれません。 



99/03/09 00:46:48
名前:
J'rat
コメント:
 Triumvirat の CD を disk UNION 「お茶の水3号店」が通販で売ってくれることになりました。通常はやっていないらしいのですが、4階プログレフロアの「山崎さん」に電話すれば地方にも送ってくれるそうです(電話番号:03-3295-1461)。送料や送金方法は電話でお尋ねください。山崎さんは細身のハンサムな方で、とても親切に対応して下さいました。感謝申し上げます。m(_ _)m
 今日は(昨日の事になっちゃいましたが)店頭には、"Old Loves Die Hard"と"Pompeii"がそれぞれ2,180円の値札で並んでいました。おまけに Bootleg の"BBC'75"(CD-R)までありました!

>ASTRAさん
 ショパンの「ポロネーズ集」Getしました! disk Union のお茶の水クラシック館にはサンソン・フランソワという人のしかなかったのでこの2枚組みCDを買いました。「軍隊ポロネーズ」と「英雄ポロネーズ」は私でも聴き覚えがありました。まだ良くは聴いていませんが「英雄ポロネーズ」と「ポロネーズ第5番」と「幻想ポロネーズ」が余り舞曲っぽくなくて自由でいい感じでした。
 でも、クラシックのピアノの迫力は凄いですね。最近はとんと聴いていなかったので感動しました。

>ENYAこ〜ら!さん
 福井からようこそいらっしゃいませ! ENYAこ〜ら!さんは"Old Loves Die Hard"のタイトル曲、好きですよね。この曲の最後の、"Old loves die hard...♪ Don't hide your heart, New love will start!"の部分に、昔からすごく肩入れしていましたもんね。当時はお互いに高校生でしたから、きっと甘酸っぱい思いがあったわけですね。私もそういう思い入れは山ほどありますが...。(^_^;
 バラしてすみませんでした。でもまた語ってくださいねっ! 



99/03/08 22:40:28
名前:
ENYAこ〜ら!
電子メールアドレス:
メールはこちらまで
コメント:
開局、おめでとう!
ついにやりましたね。
20年来、いや、30年近いのかな、そんな思いが積み重なって、ついにできちゃった
そんな感じですね。
昨年のYES来日以来、私もせっせとプログレ聞いています。
先日、ついに「YESYEAR」を買ってしまいました。

トリアンビラート、私は「愛の神秘」CD,LPと「二重靨の幻想」CD、「ポンペイ」LPを持っています。
「スパルタカス」はテープで昔持っていたはずです。
「愛の神秘」はタイトル曲が好きですね。

福井のCD屋にはもう1枚もおいてないです。
J'ratさん、是非ともHP頑張って下さいね。
田舎から応援してま〜す。 



99/03/08 19:01:22
名前:
J'rat
コメント:
 やっと、見つけました! 「ミュージック・ブールバード」でTriumviratの"Old Loves Die Hard"と"Pompeii"を売っていました。(日本語ページです)
http://www.musicb.com/
 1枚15.29ドル(1ドル=120円として1,835円)でした。送料は8.99ドル(2枚目以降は1.75ドル加算)ですので、1枚買うとおよそ2,914円ですね。なお、代表的なクレジットカードが使えるそうで、SSL暗号化対応でセキュリティにも配慮しているようです。
 私は両方とも持っているので買いませんでしたが、よろしければお試しください。 



99/03/08 12:46:49
名前:
J'rat
コメント:
>YUKIさん
 ようこそ! YUKIさんの「キーボーディストがオーケストラのスコアを書くようにフレーズを積み上げていき...」の修辞とか、すごく素敵ですね。英国人のバリー・パーマーはこのアルバムからの参加ですが、おかげでロック的なボーカルになりました。英語もうまいし。(^_^;
 英語といえば、"Old Loves Die Hard"を私の翻訳ソフトは「老人はダイス(さいころ)愛します...云々」と訳してくれます。
 また遊びに来てくださいね。

>しぇふさん
 こんにちは、なかなか見当たらなくてすみません。私も国内通販を探していますが...。見付け次第この掲示板でご報告します。
 Triumviratは古代ローマの「三頭政治」の意で、転じて(特にクラシックの世界では)「トリオ」を指すようです。とーっても、いい名前なんですね。(^_^)
<ご参考> 
* triumvirate
 1〔ローマ史〕三頭政治.
 2《形式》三人連合政治[政府];三人委員会.
 3《形式》3人組,三つ組,三幅対.
    (c)プログレッシブ英和中辞典 第3版 小学館 1980,1987,1998
* 三頭政治
 古代ローマ共和政末期、三人の有力政治家による政治。
 紀元前六〇年のカエサル(シーザー)、クラッスス、ポンペイウス、紀元前四三年のオクタビアヌス、アントニウス、レピドゥスの政治体制をいう。
    (c)国語大辞典(新装版)小学館 1988

>ASTRAさん
 "A La Carte"の輸入盤LPの表ジャケットにはフリッツが写っていますが、小さいです。私も大きな写真があったような気がするのですが、はっきりしません。
 「ポロネーズ集」ぜひ聴いてみます。力強そうなアルゲリッチも良さそうですね。ありがとうございました。

>ふらじゃさん
 わざわざ探してくださったのにすみません。私も探してみますので...。
 この際Triumviratの「音のカタログ」でも作って、皆さんに聴いていただくべきかもしれないですね。Triumvirat.Netには内緒で。(^_^; 



99/03/08 10:26:53
名前:
ふらじゃ
コメント:
Triumvirat横浜UNIONにも無いです。前に中古で「愛の神秘」があったんですけど、
そんときゃ懐が寒くて入手出来なかったぁ・・・無理して買っときゃよかった。 



99/03/08 07:52:06
名前:
ASTRA
コメント:
>J'ratさん
>ところで、"A La Carte"「アラカルト」は国内盤がありましたでしょうか?
うーん、言われて見ると自信ありません。(^^;) こちらのHPで紹介されているジャケット写真には
黒塗りの車から降りてくるフリッツは写ってますか? 私には見えないので、違うバージョンだと
思ったのです。それが国内盤と思った理由なんです。

ショパンのお勧めの曲は、「ポロネーズ集」です。今は手元に音源を持っていないので正確な曲名は
解りませんが、軍隊ポロネーズ、華麗なるグランドポロネーズなどが有名です。
クラッシックの曲は、ピアニストによって出来が(演奏)かなり変わりますので、自分の好きな
ピアニストを探す必要がありますけどね。マルタ・アルゲリッチ、マウリツィオ・ポリーニなどは
超人気の人なのではずすことはないと思います。また、ピアニストの得意な曲(好きな曲)というのが
ありますので、この曲はこの人、というパターンが沢山存在します。ショパンの「スケルツオ第3番」
は、イーゴ・ポゴレリッチに限ります。 



99/03/07 23:45:34
名前:
しぇふ
コメント:
先日出張ついでに新宿UNIONに行ったのですが、CD見つかりませんでした。そもそもドイツの
アーティストものが殆どなくって・・・
また時間を見つけてGARDENSHEDあたりを探してみますね。

ところで超初歩的質問、Triumviratとはどういう意味ですか?ネズミ? 



99/03/07 23:43:25
名前:
しぇふ
コメント:
先日出張ついでに新宿UNIONに行ったのですが、CD見つかりませんでした。そもそもドイツの
アーティストものが殆どなくって・・・
また時間を見つけてGARDENSHEDあたりを探してみますね。

ところで超初歩的質問、Triumviratとはどういう意味ですか?ネズミ? 



99/03/07 23:22:03
名前:
YUKI
コメント:
HP開設おめでとうございます。
素晴らしいですね。 やはりネット時代にはそれぞれのバンドにこのようなHPが
あることで世界が広がりますね。
Old loves die hard(老人は「ダイハード」が好き?失礼!)は、キーボーディストが
オーケストラのスコアを書くようにフレーズを積み上げていき、Spaceyな世界が展開されて
いて良いですね。
シンセの音色等も、フレーズとの組み合わせをいろいろ考えてたんだろうなぁとある意味手作りの
味を感じさせます。 やはりあえてギターをおかないことが、ポイントなんですかね。
ドラムも若かりし頃のカール・パーマー君の変拍子叩きまくりを思い出させるものがあって好きです。
でも、後期の作品ではジェフ・ポーカロをドラムに迎えているとのことですが、これはジェフがこのスタイルに
合わせているということなんですかね。
The History of Mystery(partII)のイントロはこのまま「太陽に吠えろ!」に流れていってしまうのかと思わせて、
踏みとどまっていますね。
などと取りとめもないことを書いてしまいましたが、また来ます。
時に、VocalのBarry Palmer君はMSGのゲイリー・バーデンがソフトに歌った感じとか
言うと怒られますかね? 



99/03/07 22:03:29
名前:
J'rat
コメント:
>ASTRAさん、
 "Old Loves Die Hard"「愛の神秘」のご感想ありがとうございました!
 美しいですね、ユルゲン・フリッツのピアノ。ショパンはほとんど聴いたことがないのですが、Triumviratファンに何かお薦めいただけませんか? 音楽の逆引きですね、これは。(^_^;
 "Panic In 5th Avenue"「五番街のパニック」は、Top40入りを強く求めたレコード会社の意向を反映しているような気がしますが、本当にパワフルな曲ですね。フリッツのエマーソン張りのシンセサイザーやハモンドオルガンもいいのですし、このアルバムのみ参加のディック・フランゲルベルグのベースも「ブリブリ」鳴っていて気持ちいいです。

 ところで、"A La Carte"「アラカルト」は国内盤がありましたでしょうか? フリッツのジャケット写真の件で覚えがあるような気もするのですが、私は輸入盤のみと思い込んでいました。(不確かですみません)
 このアルバムで「良い曲」というのはあまり思い浮かばないのですが((゜O゜)\(--; オイオイ)、インストゥルメンタルなら"Original Soundtrack from the Movie [O.C.S.I.D]"でしょうか? 私はどーしようもないポップソングの"Jo Ann Walker"が好きですが、このアルバムはプログレ的ではないですよね。 



99/03/07 07:38:28
名前:
ASTRA
コメント:
曲の感想ですが、"Old Loves Die Hard"「愛の神秘」は、私もJ'ratさんと
ほぼ同じで、2.A Day In A Life b)Pisces At Noon がとても好きです。
こういうグランドピアノの曲が大好きです。3.The History Of Mystery の
テーマのグランドピアノも大好きで、このテーマのところだけ繰り返し聞いたり
します。(^^;) ショパンのピアノ曲が好きな人には、キーボードのユルゲン・
フリッツは気に入ると思います。
あとは、6.Panic In 5th Avenue がEL&Pみたいで、このアルバムでは一番
プログレしててカッコイイですね。EL&P風のハイウェイ・スターって感じで
しょうか。(^^) 後半にクリムゾン・キングの宮殿のコーラスのメロディが
出てくるのには笑いましたね。(^^)
現在、ディスクユニオンなどで入手出来るCDは、このアルバムだけなんで
しょうね。私が買ったのは1年位前のことです。見つけたときには驚きました。

あと、"A La Carte"「アラカルト」は昔レコードを買ったんですが、日本版
のジャケットは少し違っていて、背景の建物は同じだったと思いますが、黒塗り
の車からフリッツが降りてドアを閉めようとしているところでした。
このアルバムは1曲ずば抜けて良い曲があったのを覚えています。 



99/03/07 04:43:00
名前:
J'rat
コメント:
訳してて思ったんですが、Par Lindh Project とか Alaska って、ELP や Yesより凄そうに書いてあるのですが本当でしょうか? どなたか聴いた事があったらお教えください。 



99/03/07 04:35:49
名前:
J'rat
コメント:
6月のコンサートのビデオの紹介と、出演する3組のアーティストの紹介を訳しました。"Official"ページからのリンクで、"on Video!"と"Who is?"のページに入れます。 



99/03/06 02:39:46
名前:
J'rat
コメント:
 6月のセントルイスでの追加公演の告知の日本語訳と、ビデオやチケットの購入方法のページを追加しました。
 "Official"ページから"in Concert!"と"Money Order"のリンクでジャンプできます。(ページの上下にあるクリッカブルマップで"Official"へ飛べます) 



99/03/05 14:00:55
名前:
J'rat
コメント:
こんにちは、J'ratです。(^_^)

>ASTRAさん
 ついにいらっしゃいましたね、トリアンヴィラートを聴いたことがある方が!
 私が持っているのは"Mediterranean Tales"「地中海物語」から"A La Carte"「アラカルト」までの6枚です("Russian Roulette"「ロシアンルーレット」は聴いたことがないんです)。LPは6枚目まで、CDは発売されいる5枚目まで持っています。CD化されたのは比較的最近だと思います。
 ASTRAさんは"Old Loves Die Hard"「愛の神秘」をお持ちなんですね。よろしければ感想などをお書き込みください。
 私のレビューはごく簡単なものですが、"Discography"メニューから各アルバムタイトルをクリックすると見ることができます。

>ふらじゃさん
 お立ち寄りいただいて感激です! ぜひ一度聴いてみてください。お昼抜きはつらいでしょうから、無理にはお願いできませんけど。
 とかく難解だと言われるジャーマンプログレの中で、トリアンヴィラートは例外的に聴きやすくて美しい、メロディ主体のバンドだと思います。前衛的なのを期待されるとがっかりしてしまうかもしれませんし、もしかすると「プログレ」ではないと判断される方もいるかもしれないので、私は内心びくびくしています。(^_^;

>From Niigataさん
 国内で入手できればと思い、タワーレコードのオンラインショップに行ったのですが、サーバーがビジーなのか入れませんでした。そもそも登録しないと検索もできないので不便です。他を当たってみますね。 



99/03/05 10:03:43
名前:
ふらじゃ
コメント:
開設おめでとうございます。
Triumviratは未だ聞いたことないのですが、ジャーマン・プログレは好きなので、
聞いてみようと思ってました。問題は入手できるかですね。
しかし、TriumviratにGentle Giantと宿題が多いなぁ〜。また2〜3日昼飯ぬきかぁ 



99/03/05 05:29:55
名前:
ASTRA
コメント:
HP開設おめでとうございます。
昔からTriumviratのアルバムは手に入りにくいんですが、J'ratさんは、
CD何枚お持ちですか? 私は以前持っていたスパルタカスを布教のために
あげてしまったので、レコードではネズミのジャケットだった old loves
die hard しか持ってません。 



99/03/05 03:21:13
名前:
J'rat
コメント:
わーい、ご来場ありがとうございます。(^_^) 無茶苦茶うれしいです!

>MAKOAKIさん
一番乗りありがとうございました。とても嬉しかったです。
名前を聞いた事もないようなTriumviratに関心を持っていただいて感激です。
ぜひ一度聴いてみてくださいね。

>From Niigataさん
ようこそお越し下さいました! 博識でいつも鋭い From Niigata さんにも
ぜひ聴いていただいて、論評していただきたいです。通販で手に入るか探し
てみますので。(海外の"CD NOW"じゃぁ大変ですよね)

>しぇふさん
お褒めいただいたら舞い上がっちゃいますよぉ〜。
そうなんです、まさかスティーブ・ルカサーがTriumviratのアルバムに参加
していたなんて、私も最近まで知らなかったんです! TOTOって凄いですね。
(本人たちは忘れているんでしょうが)
DiskUnion御茶ノ水店にはなぜかTriumviratのCDがよく入るんです。先日は
Bootまであってびっくりしました。Unionばんざい! 



99/03/05 01:32:46
名前:
しぇふ
ホームページアドレス:
私のホームページへ
電子メールアドレス:
メールはこちらまで
コメント:
開設おめでとうございます!
私のHPの書込み1号がJrat(Triumvirat)さんでしたから狙っていたので
すが、残念。MAKOAKIさんに先を越されてしまいました。
しかしどうしてハイセンスなHPに仕上がりましたね〜。素晴らしい!

Triumviratは実は聴いた事がありませんが、週末にUNIONでも行って
探してみますね。EL&P好きだから気に入るでしょう。
TOTOが参加したアルバムもあるのそうで話題を呼びそうです。

ではHARRY CHICAGO共々、今後ともよろしくお願い致します。 



99/03/05 01:28:14
名前:
From Niigata
コメント:
Web開設おめでとうございます。しかし、この日本でTriumviratのページが…。執
念を感じますね。これを機に私もTriumvirat入門を果たしたいと思います。が、新潟あたりでCDの入手が出来るのか心配ですが…。とにかく、おめでとうございます。 



99/03/04 21:26:25
名前:
MAKOAKI
コメント:
開店おめでとうございます。早速書き込みさせていただきます。私にとってTRIUMVIRATというバンドは未知の存在ですが、これを縁として早速購入してみたいと思います。 



99/03/04 19:05:53
名前:
J'rat
ホームページアドレス:
私のホームページへ
電子メールアドレス:
メールはこちらまで
コメント:
J'rat フォーラムへようこそ! (^_^)/

 はじめまして、J'rat と申します。
 いったい Triumvirat を知っている人が日本にどのくらいいるのでしょうか? こんなページを作っても誰も見向きもしてくれないかも知れません。
 でも私はTriumviratが好きというだけでこのページを作ってしまいました。

 アメリカでは Jurgen Fritz たちの公認の triumvirat.net があって、3年ほど前から活動しています。そしてとうとう Triumvirat と Barry Palmer を動かしてそれぞれの新しいアルバム作りが始まり、6月にはセントルイス( triumvirat.net の地元です!)でトリビュート・コンサートまで開催しようとしています。古いファンがインターネットの力を使ってそこまでできたことに、私は深く感動しました。そして自分でも何かをやってみたくなりました。

 J'rat のページは「本家」と比べるといかにも貧弱ですが、triumvirat.net の創設者の Russ が快諾してくれたため、アメリカのサイトに連動して日本語で皆さんに情報をお伝えすることができることになりました。私はただ Triumvirat の音楽が好きなだけで、実は何も知りません。LPやCD以外の情報も不足していますし、英語力もありません。
 J'rat のページの開設にあたって、まずこのフォーラムを始めたのは、皆さんのお力をお借りせずには何もできないと思ったからです。Triumvirat やプログレの好きな皆さんの交流の場としてお使いいただきたいのはもちろんのことですが、この場を通じて J'rat の内容の充実に役立てさせていただこうと思っています。

 今回は緊張のため比較的まじめに書いていますが、私は実はただの「み〜は〜」です。既にご存知の方も多いでしょうが....。(^_^; ですので、皆さんもどうぞお気軽にご発言ください。どうぞよろしくお願いいたします。

 最後になりましたが、私にホームページ作成のきっかけを与えて下さったお二人の方にお礼を申し上げます。
 "Olias Squire's YES Page"( http://www.geocities.co.jp/HeartLand/7490/ )の「たま」さん。「み〜は〜プログレ会議室」(現在は「お気楽ぷろぐれサロン」)では素晴らしい Yes ファンの交流と盛り上がりを見せていただきました。この最高の掲示板の存在がなければ、私は決して自分でホームページを作ることはなかったと思います。
 "HARRY CHICAGO"( http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Theater/1124/ )の「しぇふ」さん。同じ掲示板から日本初の Chicago のホームページを立ち上げられた先輩です。なまけものの私も、それを見て J'rat の開設を早めることができました。

 一人ひとりお名前をあげることはできませんが、たまさんの掲示板を通じて知り合った全ての方にもお礼を申し上げます。ありがとうございました。
 そして、これからもどうぞよろしくお願いいたします。m(_ _)m 



現在のフォーラムへ | トップに戻る | 過去ログのインデックスへ


 DiscographyBiographyIntroductionPersonnelForumOfficial SiteJ'rat Home