J'rat Forum
 DiscographyBiographyIntroductionPersonnelForumOfficial SiteJ'rat Home
2003年6月のログ

現在のフォーラムへ | トップに戻る | 過去ログのインデックスへ


03/06/30 23:34:55
名前:
FromNiigata

コメント:
にいはおさん、ワールドワイドな人気ですね。凄い。
私もちゃんとしたMIDI環境で聴いてみたいですね。

ビール6本とワイン2本>
やっぱ、主に私かも…。
安ワインでスイマセンでしたホイトルさん。
でもボンゾのウオッカ40杯に比べたら子供みたい
なもんでしょう。



03/06/30 22:39:13
名前:
案山子

コメント:
長い文章を書いた時に限って、何故か消えてしまうってことないですか?
・・・・・・と、いうことで、ハイ。
皆さんのお話を楽しく読ませていただいてます。と、いうことです。
>Starlessさん
おたふく風邪は大人になってから罹ると大変なんですよね。
くれぐれも軽く見られませんよう、お大事になさって下さい。



03/06/30 19:09:52
名前:
Starless

コメント:
固形物をかれこれ3日間食しておりません。牛乳と野菜ジュースがお友達です。

はぁ・・・ゴハン食べたいなぁ・・・



03/06/30 11:50:22
名前:
J'rat

コメント:
 書き忘れちゃいました〜。

 にいはおさん宛に、外人さんから「トリアンヴィラートのMIDIすごいね、他に未発表のMIDIはないの?」というファンレターが来ていました。にいはおさんには転送し、ご本人にも一報を入れておきましたが、この人はなんと「.au」ドメインの人です。思わず調べたらオーストラリアでびっくりしました。初めてですね〜。
 なんだか嬉しいので、ここにも書いてしまうのです。



03/06/30 11:43:38
名前:
J'rat

コメント:
 筋肉痛です〜。P.A.用のアンプやミキサーは重いです。足に来てしまいました。

 きのうは楽しかったです。朝9時半から準備して、開演直前まで1系統分の音が出ないという不具合で目の前が真っ暗になり、なんとか急場はしのいだものの、お昼のお弁当が食べられないまま終演、後片付け、ファミレスで打ち上げと、目まぐるしい一日でした。
 40過ぎの身にはハードでしたが、「機材さえしっかりしていれば...」とあまり懲りていません。次回は11月にレストランでフルコース付きのライブと、12月のクリスマスです。それまでにノウハウを積まなくっちゃ。

 今朝も暑かったですが、聴いてきたのはエルトン・ジョンの「Honky Chateau」でした。先週スーパーの安売りでゲットしたものですが、その名の通りホンキートンク・ピアノ満載の素敵なアルバムでした。軽快でカッコいいですね。名曲「ロケットマン」も入っていました。この人は多作ですが、しっかり聴かなくてはいけないと思いました。

>FromCEBさん、
 国府さんのライブをご覧になったんですね。「タルカス」、生で聴いてみたいものです。この人のアルバム、是非ゲットしたいのです。

>yeszanmaiさん、
 スコーピオンズは「荒城の月」を演奏したんですね。以前お聞きしたのにすっかり忘れていました。ありがとうございました。お手数をおかけしました。m(__)m

>FromNiigataさん、
 土曜日はホイトルさんと大いに盛り上がったようですね。ビール6本とワイン2本を飲まれたそうですが、どなたが主に飲まれたのでしょう? (^^ゞ
 32型でいいからハイビジョン・プラズマが欲しいです〜。あとシンセと、24チャンネルミキサーと、デジタルMTRと、DLPプロジェクターと...(以下省略)

>ふらじゃさん、
 体力的にキツイですよね〜。子供も次第に重く大きくなりますので、今のうちに体力を養っておかなくてはいけません。ふらじゃさんも万歩計、付けませんか?

 今週は金曜日に勤務先の飲み会があります。つまらないので、終わったらひとりでPROGBARに寄ろうかと思っています。皆さんもいかがですか〜?



03/06/30 10:07:50
名前:
ふらじゃ

コメント:
梅雨の中休みでしょうか?暑い日が続いてますね、この週末は天気がよかったので仔ふらと全力で遊んでたら疲れがたまってしまいました。子供の体力は底無しです。

最近はアニメを見る機会が多くなっているのですが、BGMはけっこう面白いものが多いです。スタジオに一人でこもってつくってるのか打ち込みの音が多いですが、素材として聞くとなかなか興味深く聞けます。もともとBGMなので音が自己主張してはいけないのでしょうが、話しより音に聞き入ることもしばしばです。



03/06/30 00:46:59
名前:
FromNiigata

コメント:
土曜はホイトルさんと「ZEP DVD発売記念オフ会」でした。
銀座でのダメージが残っていましたが、なんだかんだで6時間、
ビール大瓶6本とワイン・ボトル2本を飲みながら、ワイワイ
やっていました。やはり大音量でツェッペリン聴くのは良いで
すね〜。
後半は秋のYES来日の予習として「ハウス・オブ・イエス」を
見て、セットリストについて「あ〜だ、こ〜だ」。やっぱり
楽しいものですね。ホイトルさん、ありがとうございました。

J'ratさん、ミキサーお疲れさまです。どんどん音楽ライフが
充実しているみたいで羨ましい限りです。
YFFC編集、ピアノ練習、シンセ購入、HP作成、ミキサー活動
etc、マルチのご活躍、ホント凄いです。お体には十分お気
をつけください。

>スコーピオンズ
やはりこのバンドのインパクトは宴会風手拍子が鳴り響く
「荒城の月」と衝撃ジャケット群ですね。



03/06/29 23:26:15
名前:
yeszanmai

コメント:
>スコーピオンズ
前にも書いたかも知れませんが、
はじめて行ったロック・コンサートが『東京テープス』の時のスコーピオンズ。
「荒城の月」を演りはじめた時は、一瞬シーンとして、それから
まるで宴会のような手揉み入り手拍子が会場を包みました(笑
彼等にとって初の海外ツアーということで入魂のパフォーマンスでした。
懐かしい。



03/06/29 21:54:18
名前:
From CEB

コメント:
続けて失礼します。
先ほどのカキコの出だしの漢字、無視してください。
実はのっけから記号で始めてしまったら、あんな字に変換されてました〜^/^

>スコーピオンズと滝廉太郎との関係
すみません、そのあたりは知らないもんで・・・(誰かご存知の方おられましたらヨロシクで〜す)
ひょっとして、滝さんを知らない方が「滝廉太郎ってどいつやー?」と発言したとかしないとかに関係あったりして・・・m(__)m

さて、本日はもうひとり偉大なミュージシャンが亡くなっています。
アメリカンミュージックを強烈にアピールし、その個性が故商業的には大成功したとは言えませんが、玄人受けは非常によかったと聞いています。
個人的にもかなり聴き漁ったバンドではありますが、末期あたりではフュージョンサウンドを取り入れたりして、ぎくしゃくし始めたころからちょっとまとまりがなくなりました。
しかし現在では再結成され頑張っているので、ちと嬉しいかぎりです。
もっぱら猗爿瓩いればなお素晴らしかったのでしょうが・・・

ローウェル・ジョージ(g,vo)
言わずと知れたあのリトル・フィートを一途に引っ張ってきた立役者だと言われておりますが、
彼のスライドギターに影響されたミュージシャンは多いと思います。
...ということで、今彼のソロアルバム「特別料理」に聴き入っております。
のっけからアラン・トゥーサンのカバーで幕を開けますが、同じく彼のカバーを多く歌ったボズ・スキャッグスと何か共通するものがありますね。
他にもジミー・ウェッブやリッキー・リー・ジョーンズの曲をうまくカバーして、なかなか聴き応え十分なアルバムであります。またバックのメンツも素晴らしく、今旬の^/^D.ペイチ&J.ポーカロのTOTO組に、大好きな3DNの3人(Dr,B,Key)がクレジットされていてそれだけでわくわくします。
享年34才、もうあれから24年も経つんですね。合掌。

>「天国のカレンダー」
店主さま、嬉しいお言葉ありがとうございます。なんとかこれから残された時間を(オイオイ)頑張って書き続けたいと思います。
本当はもっと多くの方々を紹介したいのですが、ここのジャンルにふさわしくなかったり(でも個人的な趣味で時々紹介したりしますが^^;)、世間的に有名であっても個人的に聴いたことがなかったり、たまたま命日にあたる日に書き込む環境下にいなかったりですべての方々を紹介できない点、何とぞご了承ください。年間で見てみると、4月、9月、そして12月あたりが多いみたいですよ。

>国府弘子
そうそう続けて思い出しましたが、彼女のピアノもいいですね、昔ライヴ見たことがあります。
MC上手いし、美人だし、今ではJAZZ界では木住野佳子と人気を二分しているといった感じでしょうか。
「ダイアリー」もジャケットを含めていいアルバムですね、実は彼女、天野清継(g)とのジョイントアルバムも2枚出しているんですが、これもなかなかオススメです。
なんと申しましょうか、アコギとアコピのコラボレーションがなんともいえず、波の音が聞こえてくるようなリゾートで聴くには最高だと思います。(職場にも昔置いてました(^^ゞ)
その中でも1枚というとやっぱ「HEAVEN」でしょうか、まさしく天国(両者の頭文字)に登りつめるかのような心地よさは格別でございます。H○Vのウェブあたりで試聴もできるようですね。



03/06/29 21:12:57
名前:
J'rat

コメント:
 文化会館でのコンサートは何とか終わりました。カスケード接続した3台のミキサーのうち1台が壊れていて、大汗をかいてしまいました。自前で良い機材を揃えないとダメですね〜。朝から夕方までかかって疲れました。
 また明日〜。(^_^)/

>FromCEBさん、
 スコーピオンズってドイツのバンドですよね。滝廉太郎とは関係があるんですか? (^_^ゞ



03/06/29 20:42:51
名前:
From CEB

コメント:
爾その高校生は確かに何かを気にしていた。
今から何か悪いことでもしでかすかのようにまわりの人を気にしながら、
おもむろに1枚のアルバムを取り出すや、一目散にレジに向かったのであった。
そこでの表情も確かに奇妙といえば奇妙な光景だった。
レジ担当の若い女性スタッフと目を合わせることをこばみ、なんとか会計を終えたその高校生は
一目散にその場所から立ち去ったのであった・・・」

こんばんは。
予定通りにやってまいりましたが皆さん、関東地方は梅雨の中休みの如くいい天気になりましたが、
皆さんはこの週末を如何お過ごしでしょうか?

今日は、あの日本が生んだ偉大な作曲家である滝廉太郎の命日です。
彼の名前を聞いてまず皆さんがピンとくる曲というとやっぱ‘荒城の月’あたりでしょうか・・・
...ということで、冒頭の高校生とは実は犹筬瓩里海箸任靴^^;1枚のアルバム瓩箸蓮Virgin Killer」(by Scorpions)でした。
この曲が入っている「TOKYO TAPES」はさすがに日本ではかなりのセールスを記録したと聞いていますが、クラウス・マイネの凄まじいヴォーカルはそれこそ伝説のごとく語り継がれているようですね。
残念ながらこのアルバムは手元にないもんで、彼等がベルリンフィルハーモニーとジョイントしたライヴに見入っております。
昔一度カキコしたことがあったと思いますが、彼等のサウンドとオケってなかなかフィットして素晴らしいですね、特に最近のバラードヒットもの、‘Wind of change’や‘Moment of Glory’なんか最高です!
http://www.aii.co.jp/contents/rstyle/EDI0150110.html
(これって、かつてWOWOWでも放送されたんですよね)



03/06/29 09:17:34
名前:
J'rat

コメント:
 そうそう、まさに「プライベート・サンプラー」ですね。でもこのイラストはすごいですね。音楽とはあっていないような気がしますが、ただならぬ雰囲気を感じます。(^^ゞ

 さてこれからP.A.の準備です。本番は午後ですが...。ExcelとAccessでチャンネルのアサイン表とラベルを作りました。楽しみです! 行ってきます〜。



03/06/29 01:17:42
名前:
毛糸

コメント:
確かブート、いや、個人の趣味で作ってるCD
とゆうレスをいただいたような気がしますぅ>インパクトジャケ



03/06/29 00:28:19
名前:

コメント:
sphinxさんの情報見ました。
トリアンヴィラートっぽくないジャケットですね。
その上に、”彼らはドイツのELPではない、むしろELPがイギリスのトリアンなのだ”
とあったが面白かったです。



03/06/28 23:47:15
名前:
sphinx

コメント:
ネットを巡回していたら、おもしろいものを見つけてしまいました。
TRIUMVIRATのPRIVATE SAMPLERなるCDです。所謂ブ○トなんでしょうか。
ジャケが非常にインパクトあります。J'ratさんはお持ちでしょうか?
http://mitglied.lycos.de/prucknermartin/sampler16.html
http://mitglied.lycos.de/prucknermartin/triumviratstory.html



03/06/28 12:52:19
名前:
J'rat

コメント:
 今日は小雨で、梅雨らしい天気です。明日は晴れらしいです。明日ピアノの先生のコンサートがあるので、天気が気になります。
 今朝、ピアノのレッスンとPAの打ち合わせに行ってきました。ミキサー4台、スピーカー5組10本と、だんだん大掛かりになってきました。午前中リハーサル、昼から本番で緊張します。目下の悩みは、ケーブルが足りなかったらどうしよう、ということです。(^_^;)

>FromNiigataさん、
 乗り越しちゃったんですね? 川越から朝霞は遠いですよね〜。銀座からタクシーで帰ったほうが安いくらいかもしれません。私は早く帰っちゃってすみませんでした。あれでも終電だったのです。次回はもっとゆっくりやりましょうね!

>FromCEBさん、
 命日シリーズ、ぜひ1年間やってください。わたしがまとめますので、カレンダー形式のページをおつくりしましょう! サイトの名前は「天国のカレンダー」とか? (^_^ゞ

>Starlessさん、
 おたふく風邪はしんどそうですね〜。大事になさってください。
 「新月」は一曲しか聴いたことがないですが、今でも印象に残っています。先週、PROGBARでプログレ好きのご夫妻にも薦められました。「科学の夜」って新発売なんですか?

 そういえば我が家にもきのうレコードが届きました。アルゼンチンの中古レコード店からで、ウルグアイ盤とアルゼンチン盤の「ポンペイ」とアルゼンチン盤の「地中海物語」です。
 南米の「ポンペイ」はブラジル盤を加えてこれで3枚になりました。ウルグアイ盤は以前お話したようにボール紙ではなくペラペラの薄い紙製です。裏ジャケットはオリジナルではなく、ポルトガル語(?)で曲名の書かれた白いジャケットに差し替えられています。表のタイトルは "New Triumvirat Presents POMPEII" の 'Presents' が 'Presenta' に差し替えられています。ブラジル盤も同様ですが、アルゼンチン盤だけは英語です。不思議ですね。



03/06/28 07:15:42
名前:
Starless

コメント:
おはようございます。

息子のおたふく風邪(流行性耳下腺炎)をこの歳になって頂いてしまいました。
・・・で、痛みで早起きしてしまったわけです。

先日パイパーレコードに注文したCDが昨日届いたので、早速 iTune に入れて iPod に転送。
どんな2枚かといいますと・・・

【セレナーデ〜新月/科学の夜】
新月の未発表曲です(一部ライブあり)。
原宿のラフォーレでのライブ観戦は今となっては貴重な体験となってしまいました。
日本を感じさせてくれるプログレで、大好きなバンドの1つです。

【EASTER ISLAND / Now and Then】
アメリカ発のシンフォ系です。
予備知識はなかったのですが、紹介欄の「メロトロン」に釣られました。
とはいっても念のため友人に確認したところ『シンフォだよ、悪くない。原盤は激レア!』との回答。。速攻で注文。
アメリカにはまだ未発掘作品がありそうですね。



03/06/27 23:52:49
名前:
From CEB

コメント:
夏の全国高校野球地方大会もいよいよ幕を開け、夏本番モードにいよいよ突入...といったところでしょうか・・・
さて、我らが爛▲献鉢瓩砲HPができていよいよ全国いえいえ全世界進出の足がかりができましたね、素晴らしいコンテンツ期待しています!>店主さま

>案山子さん
>「...命日シリーズはできる限り聞いてみたいと思っています」

ほんとうにこういう内容をいただくにつけ、続けていて良かったな〜と実感しています。
狃蠢命日、だから命日瓩覆鵑世隼廚辰董∈G2月から書き始めて早4ヶ月。
あと8ヶ月はひとつの犹般伸瓩世隼廚辰憧萃イ辰討い所存でござります。
何とぞご贔屓の程よろしくお願いいたします。(^^ゞ

さて今日は牴罅垢寮ぢ絖瓩任呂なり夢中になった方も多いであろうR&RバンドThe Whoのベーシスト、ジョン・エントウィッスルの命日です。
思い起こせば1年前、突然彼の訃報を耳にして本当に驚きました。
全米ツアーを間近に控えてラスベガスでのリハの最中だったと聞いてますが、いずれにしても彼の存在は地味ではありましたが、サウンドの要としてバンドの母体を支えていたといっても過言ではないでしょう。
そういえばあれ以来、彼らのニュースをほとんど耳にしてませんが、急遽助っ人でよばれたピノ・パラディーノはメンバーにおさまったんでしょうかねー?それとも助っ人で終わってしまったのでしょうか?
いずれにしても、オリジナルメンバーとしてのリズムセクション2人を失った今、残された面子は今後いったいどういう方向にいってしまうんでしょうかねー?ちと気になりますです。
...ということで今夜は彼らの「Who's Last」というライヴアルバムを聴いておりました。
のっけから代表曲のオンパレードでエネルギッシュで力強い演奏はさすがですね、彼等の場合時としてパンクっぽいサウンドが何故かしっくりきたりします。
享年57才でした。合掌。

次は明後日、こうご期待!^/^



03/06/27 19:28:39
名前:
FromNiigata

コメント:
昨日やっちゃいました。>

最終電車に乗ったは良いが、そこでダウン。朝霞で降りる予定が川越まで9駅とばし。
しかたがなくタクシーに乗って研修所まで。結局着いたのが2時。(タクシー代 7000円也)
門限11時半を2時間半オーバーで看守さんにメチャクチャ怒られました。

でも、メチャクチャ楽しかったです。マスターなんだかんだ言ってエマーソン好きなんだから…。
皆さんが帰られてから12時過ぎまでELP談義でした。

皆さんどうもありがとうございました。



03/06/27 11:33:19
名前:
J'rat

コメント:
 本当にいいお天気になりましたね。さわやかな感じです。

>にいはおさん、
 今朝はにいはおさんのトリアンヴィラートのMIDIをオーディオCDに焼いたものを聴いてきました。「ポンペイ」と「地中海物語」です。にいはおさんの演奏は素晴らしいですね〜。
 昨夜 Progbar でもかけてもらったのですが、「うまいね〜、本当に一人でやっているの?」と、マスターもしきりに感心していました。最初のうちはにいはおさんのことを中国人の方だと誤解していたようですが、なんとか理解してくれました。きのう持って行ったのは古いソフトシンセの音源のものだったので、ちょっと音が悪かったです。YAMAHAの外付けを使って録音したものは高音質ですので、改めて持っていこうと思います。

>ふらじゃさん、
 昨夜は楽しかったですね〜。Progbarは「まったり」とできるので、ついリピートしちゃいますね。きのう聴かせてもらったのはどれも面白かったですが、中ではジャズピアニストの国府弘子という人の「タルカス」が素晴らしかったです。「ダイアリー」というアルバムですが、ぜひゲットしなくては!

 え、FromNiigataさん、危なかったのですか? いいペースで飲んでましたもんね。朝霞まで電車はあったのでしょうか?



03/06/27 10:49:18
名前:
ふらじゃ

コメント:
久しぶりの太陽ですね、もっと暑いかと思ってたのですが湿度が低そうで風がさわやかでした。

昨日はPROGBARで盛り上がってしまいました。
今回のお出向かえのCDは「地中海物語でした」(途中で「このCD誰?」などと聞いたおバカは私です)
トリアンのCDはこの1枚だけでした。あ、正しくはもう1枚スペシャルがありましたね…あとはほとんどELPでしたが、聞いたすべてがコピーやトリビュート物ばかりでした。それぞれ聞きながらああだこうだと喋るのは毎度の事ですが、ホント楽しかったです。

From Niigataさんは無事に帰られたでしょうか?



03/06/26 22:30:38
名前:
にいはお

コメント:
今日も帰り道で、レアなDVDをゲットしました。
ATG(アート・シアター・ギルド)75年配給の「本陣殺人事件」。
原作は言わずと知れた横溝正史。
何がレアって、中尾彬が「金田一耕助」!!

その他、水原ゆう紀が新人扱いだったり、
東野英心が「東野孝彦」の芸名でクレジットされていたり
村松英子がすっげえ若かったり、
音楽担当が「大林宣彦」だったり、
いやあ75年。

これって確か、石坂浩二版・金田一が大ブレイクするより
まだ前なのだな。
金田一の二大双璧は「石坂・古谷」でしょうが、実は
渥美清(!)が演じてた「八つ墓村」とか、レアなパターンって
結構、好き。
(OO7もね、ジョージ・レーゼンビー版とか実は好きだったりする)
 



03/06/26 10:36:18
名前:
J'rat

コメント:
 降ったり止んだりの日が続きます。今日も午後から雨という予報ですね。

 梅雨と言えば、トリアンヴィラートの "Waterfall" ですね。相変わらずこれしか思い浮かばなかったので、今朝は「ア・ラ・カルト」を聴いてきました。リマスターで低音が強調されすぎているのは困りものですが、アナログ時代と比べると音質は格段に向上しています。
 1曲目の Waterfall から Late Again にかけての、フリッツのピアノがいい感じです。このアルバムでトリアンは音楽性の方向転換を図ったのですが、その真意は謎のままです。レコード会社の移行とばかりは思えないので、ユルゲン・フリッツが当時何を目指していたのかを尋ねてみたいものです。はぐらかさないで答えてくれるかな〜?
 あと、このアルバムのメイン・ボーカリストはデヴィッド・ハンセルマンですが、ファンの間では人気ないですね〜。上手いですよね?

>FromNiigataさん、
 PROGBAR、8時半でも開いていなかったんですか? せっかく行かれたのに残念でしたね。さっそく掲示板に書いてくださって、ありがとうございました。定時開店とインターネットデビューがマスターの宿題ですね!

>にいはおさん、
 ご家族と会われるのは2ヵ月ぶりくらいですか? 本当にご苦労さまでした。DVDは今後も増えそうですね。私もお薦めいただいた「Q.P.R.75」で感激しているのですが、まだ2枚目までたどり着いていません。なかなか見る時間がなくって...。
 最近、バイエルが難しくなってきて泣きそうです。まだ75番あたりなのですが、最初の壁のようです。毎晩練習しているのですが...。
 そうそう、にいはおさんのMIDIをオーディオCDに焼いたものを持ってきました。今夜PROGBARのマスターに聴かせちゃうのです!

>ふらじゃさん、
 バザー、お天気持つと良いですね。ヤキソバですかっ? PROGBARに持って来て下さいっ!! (^^ゞ



03/06/26 10:12:52
名前:
ふらじゃ

コメント:
天気予報はコロコロ変わるので困ってます。昨日までの予報だと今日は晴れて暑くなるはずなのに、通勤途中ちょっと雨に降られてしまいました。

そんな通勤の友はELPのワイト島フェスティバルでのライブでした。彼らのデビューパフォーマンス(本当はそれ以前に小さな所で演ってたらしい)ということで勢いが凄いです。かなりミスしてる所があるのですがそんなことはお構いなしに飛ばしてます。やはりライブはノリと勢いですね

今日はお昼から屋台のヤキソバ屋さんに変身です。
さて上手く出来るでしょうか?



03/06/25 21:05:31
名前:
にいはお

コメント:
昨日慌しく、WHOと外務省が渡航延期勧告と
危険地域指定の解除を発表してから、
いろんな人から「良かったね」と言って頂きました。
実はうちの会社でも家族の一時帰国命令が解除され、
私自身もほっとしているところです。
もう、これ以上一人でいたら、DVDの置き場がなくなってしまうわ(笑)。

などといっている割には、
今朝出勤前にしっかりイエスの「Q.P.R75」と「HOUSE OF BLUES」を
しっかり観賞しておりました(どちらも当然バッタもん)。
ライブの迫力と言う点では前者が後者に数百倍勝ります。
同じことをまた書きますが、「錯乱の扉」のジョン以下5名、もう忙しい忙しいの。
きれいにまとまるだけがライブじゃあないのだ。イゴールよ、淡々と弾かずに、1回くらいのけぞれ!!

>案山子さんへ。
実は落語、やってました(言っちゃった!)。
高校時代に何人かと「落研」組んで。
でも「寿限無」を覚えたのは小学校の時でした。
ただ意味なく全文諳んずる、ってむしろ、子供の時の方が感覚が優れていることがあるのですね。
そりゃまあ、教育勅語だの般若心経だの天皇の名前全部だの、もっとすごい子もいますけど・・・。



03/06/25 17:51:21
名前:
FromNiigata

コメント:
インターネット・カフェからの書き込みです。
アジトのHP綺麗な仕上がりですね。早速書き込みさせていただきました。
昨日、新宿union行ったあと、立ち寄ったのですが、残念ながらまだ開店していませんでした。
(8時30分頃)今日はちゃんとTELして再アタックしたいと思います。

ホイトルさん、それでは土曜日「ZEP DVD発売記念 オフ会」よろしくお願いします。
今度こそ100インチスクリーンの本領発揮!!と行きたいですね。



03/06/25 11:07:15
名前:
J'rat
ホームページアドレス:
私のホームページへ

コメント:
 今日は雨です。梅雨ですね〜。

 今朝はトリアンヴィラートの "...Double Dimple" を聴いてきました。このアルバムと1stの「地中海物語」はリマスター盤の音のバランスが良いです。ヘルムート・ケレンがいいですね〜。「ラッキー・ガール」シングルで出せば良かったのに!

>にいはおさん、
 お久しぶりです。どうされたのかと思っていたらお忙しかったんですね。おまけに風邪までとは。SARSが収束して北京もまた復活ですね。昨夜勤務先の人と話していたら、さっそく中国に出張すると言っていました。

>案山子さん、
 確かに漢字で書ける人は少ないですよね。落語家でもいらっしゃったとは、ほんまの「師匠」ですね!

 PROGBAR のホームページを直したりしています。まだスカスカですがとりあえず公開してしまいますね。画像を調整したり、アクセスカウンターとかもつけなくてはいけないのですが...。お店の雰囲気は伝わると思いますので、のぞいてみてくださいませ。
 明日、お店に行くのでお店でも告知されることになるでしょう。掲示板も貼り付けてみましたので、よろしければひと言どうぞ。
http://www.triumvirat.jp/progbar/



03/06/25 07:41:52
名前:
案山子

コメント:
>にいはおさん
「じゅげむ・・・」が漢字で出てくるとは!落語をされてましたね?
北京の感染指定が解除になったようで、良かったですね!!
このままSARSも完全に終息すればいいですね。



03/06/24 21:39:53
名前:
にいはお

コメント:
一週間ばかり激務が続いて、ずっとロムってばかりでした。
その間に扁桃腺を腫らして2日間寝込んだりもしたし。

依然続いている闇のDVD鑑賞では、たまたま仕入れた
「千年女優」なるアニメで、内容はまあともかく、
音楽があの平沢進でちょっとびっくりしました。
これがあの、昔ギターでジャンジャカ飛び跳ねてた人の
音楽か。以前の先入観だけで人と音楽は語ってはいけませんな。
みんな進歩してるのですね。

あっ、「じゅげむ」なら昔覚えてたんで、引用なしで今でも言えるぞ!
え〜っと、寿限無・寿限無・五劫の擦切れ・海砂利水魚の以下中略で長助!



03/06/24 10:30:38
名前:
J'rat

コメント:
 忘れてました。「ロシアン・ルーレット」のリマスター盤のライナーノートを翻訳したのでした。上の「☆リマスター CD 情報☆」をクリックしてご覧ください。ページの一番下に追加してあります。9ヵ月かかってやっと完了です。(^_^;)



03/06/24 10:27:43
名前:
J'rat

コメント:
 今日も曇りです。雨が降らないだけマシですね。昨夜はYFFCの版下を作っていました。締め切りは微妙に過ぎているような気がしますが、なんとか出来上がりました。あとは校正を残すだけです。Yeszanmaiが今回も力の入ったレビューを書いてくださいました。皆さまお楽しみに〜。(^_^)/

 今朝聴いてきたのはルネッサンスの「シェエラザード」でした。タイトルの組曲はもちろん良いのですが、私は1曲目のピアノソロで始まる "Trip To The Fair" で大感激してしまいました。久しぶりに聴いてよかったです。FromCEBさんのおかげですね!

>FromNiigataさん、
 研修出張お疲れさまです。今夜も行かれるんですね? 私はこの間7時半に電話して「8時に行きますから」と言ったら「...無理」と言われてしまいました。この時点でまだ家にいたようです。お店に入りたい時間の1時間前には電話したほうがいいようです。
 マスターのGeorgeに会ったら、「ホームページはできたので木曜日に印刷して持っていく」と伝えてください。お店で使えるよう、東芝のモバイルPCのリブレットを買いたいと言っていましたが、どうなることでしょうね?

>ホイトルさん、
 週末は新潟でオフですか? いいですね〜! 東京ご出張の折りはぜひお知らせくださいませ。

>毛糸さん、
 トリアンのブートのBBC'75 と Illusions on a Double Dimple のブートの合体盤が出ていました。その名も "Illusions on a Double BBC"。(^_^;) 単純にニコイチにしただけのものですが、まぁお買い得ですね。広島でも売っているんですか?

>案山子さん、
 リムスキー・コルサコフのほうを聴かれるとは!
 「ロード・オブ・ザ・リング」(第一作)のサントラは良かったです。エンヤも聴けるし、オーケストラ・アレンジは高品質で飽きさせません。とりあえずレンタルで聴いてみてはいかがでしょうか? 日本盤の背表紙で演奏者が「エンヤ他」と書いてあったのには笑ってしまいましたが...。

>ふらじゃさん、
 木曜日はお休みなのに来て下さるんですね。感謝です! 幼稚園のバザーですか、CDとか売っちゃダメですよ〜。(^^ゞ



03/06/24 10:09:11
名前:
ふらじゃ

コメント:
毎日毎日よく降りますねぇ、水瓶にもちゃんと降ってると良いですね

最近幼児の間で「じゅげむ」が流行ってるみたいで、昨晩仔ふらがきゅうに
じゅげむ、じゅげむ…と言い出したのにビックリしましたが
じゅげむ、じゅげむ、ごぼうの、うりきれ…オイオイ

初期クリムゾンのメンツで構成された「21世紀スキゾ・バンド」ですが
去年の来日時のライブがDVDでリリースされそうです
http://www.21stcenturyschizoidband.com/tourdates/newsupdate.html

でもってドラムがIAN WALLACEに変わった彼らが今年も来日するようです
http://www.ianrwallace.com/

今週木曜日は幼稚園のバザーで午後から休みを取ってます
行事は昼間なので夜はPROGBARに行けそうです



03/06/23 23:28:15
名前:
案山子

コメント:
リムスキー・コルサコフの『シェエラザード』を聞いてました。
こんなことでもないと聞かないから、命日シリーズは出来る限り聞いてみたいと思ってます。
しかし、在庫の問題が・・・次に何が出てくるのか心配。

>J’ratさん
>「ロード・オブ・ザ・リング(第一作)」のサントラ盤
娘達にせがまれてますが、まだ買ってないんですよねぇーーー。
私自身は昔から、サウンド・トラックというもの自体にはあまり興味が無くて、
子供達は退屈するだろうと思ってたんですよ。
ところが、娘達は良く覚えてて、「ここの場面で、こうした所」とかしきりに言っています。
こういう音楽の楽しみ方もあるんだなぁ!って思いました。
届いたDVDも私はまだ見てないです。子ども達が細かく報告してくれるのを聞いていると、
ホビットの習性や、ガラドリエルの贈り物など、重要なポイントを押さえてるみたいですね。
どうして劇場版で外したのか謎ですが、とにかく見てみないと。



03/06/23 21:36:25
名前:
毛糸

コメント:
便乗便乗〜J'ratさん、ごめんなさい
ビーちゃんに私信
メル届いてる?

トリアンのBBC、74年入りのやつ出たんすか?



03/06/23 21:29:42
名前:
ホイトル
電子メールアドレス:
メールはこちらまで

コメント:
FromNiigataさんへ私信:
土曜日は17:00でオーケイです。
      以上

オラも東京さ行きたいだ



03/06/23 19:31:11
名前:
FromNiigata

コメント:
研修で東京方面に来ております。
今日は移動で少々疲れたので、明日と木曜あたりにアジトに出没しようかと
考えております。皆様よろしくお願いします。



03/06/23 10:14:51
名前:
J'rat

コメント:
 今日は曇りです。週末はお天気がよかったのですが、また梅雨に逆戻りしそうです。きのうはピアノの先生の来週のコンサートの通しリハーサルでした。軽音楽系、コーラス、ジャズの3バンドを引き連れて行う2時間のライブです。リハーサルだけで疲れてしまいました。「音が出ない」とか「ハウリング」とかのトラブルなくできますように。

 土曜日に新浦安のスーパーに行ったついでに、安売りのCDを4枚買いました。半額だったのでカンサスの「フリークス・オブ・ネーチャー」を買ったら家にありました。またやってしまいました。
 で、今朝聴いてきたのは「フックト・オン・クラシック Vol.1」でした。ただの企画ものと馬鹿にしていたのですが、思わず聴き入ってしまいました。メドレーで出てくる曲の半分くらいしかわからないのでくやしいですが、アレンジが上手くて楽しめます。曲目当てクイズに使えそうですね。

>FromCEBさん、
 コルサコフの「シェエラザード」もいいですね。ルネッサンスのはしばらくぶりに聴いてみたくなりました。アニー・ハズラムは去年の夏あたりに良く聴きました。意外と夏の夕暮れに似合うような気がします。

>FromNiigataさん、
 Progbar 入りびたり、いいですね〜。私は予定通り木曜日に行くつもりです。開いてないといけないので、夕方早めに電話で予約を入れておいたほうがいいですよ。(電話:070-5463-0791)

 そうそう、週末にProgbarのホームページを作りました。まだβ版です。今週マスターに見せて公開する予定ですのでお楽しみに〜。掲示板も作ったのですが、問題はマスターがPCをまだ持っていないことです。(^_^;)



03/06/22 23:45:30
名前:
FromNiigata

コメント:
来週はアジトに入り浸っているような気がしますね。
掲示板見てますので、よろしくお願いします。

J'ratさん、確かに最近のMTRのコストパフォーマンスの高さには驚かされますね。
妻が弾くと言うことで、YAMAHAのクラビノーバを入れて、MIDIを楽しめるように
なったので、私も何か音源とMTRが欲しくなってきました。

今週もZep三昧の新潟でした。



03/06/21 23:48:20
名前:
From CEB

コメント:
>「CRAFTY HANDS」

猝世襪な冉鏤勠...とでもいうのでしょうか、個人的にはスペーシーなプログレッシブロックとして大好きなグループです。
彼らの音楽をうまくまとめてあげている功労者としてはKEN SCOTTの存在抜きには語れないでしょう。
プロデューサーとしての彼の業績で言えば、以前カキコしたこともある初期デヴィッド・ボウイやスーパートランプ等が有名ですが、そのサウンド作りをこのHAPPY THE MANというグループのなかでも非常に的確に表現していると思います。
そういう意味からは、彼らの1stも同レベル以上のクオリティを持った作品だと思います。

さて、本日はロシアが生んだ偉大な作曲家リムスキー・コルサコフの命日です。
彼の名前を聞くと、まず交響詩『シェエラザード』を思い出される方も多いのでしょうか、
というと本能的ににプレイヤーにはRENAISSANCEの「シェエラザード夜話」が載っておりました。(^^ゞ
後半の26分にも及ぶこの組曲は、このアルバムのなかでもハイライトになるかと思われますが、毎度のことですが彼らのコンビネーション、特にヴォーカル、アコピ、ベースの絡みは絶品ですねー、今回はこれにオケが絶妙に爛屮譽鵐畢瓩気譴董△修劉猝わい瓩燭襪筝斥佞鮗困辰討靴泙い修Δ任后(ちと大袈裟)
確かこのライヴも出ていたと思いますが、この頃のアニーの爛リスタルヴォイス瓩鯤垢につけ、彼女の世界へ吸い込まれてしまいそうでございます〜(ちと大袈裟×2)



03/06/21 12:33:33
名前:
J'rat

コメント:
>さやさん、
 かっこいいですね〜、VR-760。最新の製品なのに、すでにヴィンテージっぽい風格がありますね。で、値段を見て納得してしまいました。私はピアノも習いたての初心者なので、とりあえず入門機で十分なのでした。ありがとうございました。
 北京と幸手の両師匠、いかがですか〜? (^^ゞ



03/06/21 11:52:17
名前:
さや

コメント:
>J'ratさん
シンセの御購入を検討中ですかぁ?
ローランドの新製品のV-COMBOなんて、いかがでしょ?
http://www.roland.co.jp/top.html
オルガン(VKシリーズの音源)、ピアノ(同時発音数128音)、シンセ(同時発音数128音、フィル
ター、レゾナンス付き)、が一体になったもの。
音はまだ聴いた事ないけど、1台で色々楽しめそう。
欲しい!!←自分がかよ!



03/06/21 10:51:59
名前:
J'rat

コメント:
 今日もいいお天気です。夏のような日差しですが、まだ梅雨は明けていないのですね。

 さっきピアノのレッスンに行ったら、先生がデジタルMTRのカタログをくれました。近所の楽器店で安く売るように言ってくれたそうです。先にシンセが欲しいのでTritonのカタログを預けてきました。
 MTRは安くてよいのですが、アナログ入力が少ないので、ライブレコーディングには不向きです。自宅で多重録音というものが多いのです。こちらはおいおいそろえていきたいと思います。
 それより早くピアノを練習しなくてはいけません。バイエルも74番あたりにきましたが、最近は1週間に1曲しか進めなくなってきました。練習曲の "Somewhere In Time" も難しくてなかなか進みません。きれいな曲なのですが...。

>FromNiigataさん、
 「アジト集結」は私は木曜日でOKです。研修会場はお近くですか? 確かに来週はいつ行ってもFromNiigataさんがいらっしゃったりするかもしれませんね。(^^ゞ

>Starlessさん、
 定時退社(なんと甘美な響きでしょう!)できれば、新橋まで開店前に来れるのではないでしょうか? 開店が遅いですし...。終電も新橋だから結構遅くないですか? ぜひ一度お越しください〜。



03/06/20 22:05:33
名前:
FromNiigata

コメント:
来週のアジト集結は金曜日以外なら何時でも良いのですが…。
一人で入り浸っているかもしれません。



03/06/20 14:56:30
名前:
Starless

コメント:
暑いですね・・・

今朝は、「Crafty Hands」と「YS」で出勤しました。

厚木勤務5日目です。
8時30分に出社して17時30分に退社するという、世間一般のサラリーマンの生活を
1?年ぶりに体験してます。

>「progbar」
行ってみたいですけど、厚木からでは遠いですね。。
東京勤務の頃は、毎日残業で深夜帰宅の毎日でしたし、なかなかうまくいかないものです。



03/06/20 12:44:48
名前:
FromNiigata

コメント:
来週アジト集結は木曜日希望ですがどうでしょうか?
最近はZEPばかり聴いてる新潟でした。しかし、ここ数日暑いですね〜。



03/06/20 12:03:31
名前:
J'rat

コメント:
 台風の通過の影響でしょうか、風が強いですね。予報では31℃くらいまで気温が上がるとか言っていました。夏ですね〜。

 今朝は蔦屋で借りてきた「ロード・オブ・ザ・リング(第一作)」のサントラ盤を聴いてきました。昨夜家でちょっとかけたら「あっホビット村の音楽だ」と仔ラットも気が付きました。メインテーマは勇壮ですし、エンドタイトルのエンヤもいいですね。マタイ受難曲(?)みたいなコーラスはスターウォーズepIでもありましたが、流行のようですね〜。

>ビーちゃんさん、
 「キャットフード」のピアノ、いいですね〜。「リザード」はこの間聴いて、「ちょっと退屈かも...」と思ってしまったのですが、改めて聴いてみます! ジョンちゃんがボーカルだったのはすっかり忘れていました。(^_^;)

>FromNiigataさん、
 来週は木曜か金曜あたりでいかがでしょうか? 金曜日はお帰りですかね〜。みなさんのご都合はいかがですか?

>案山子さん、
 Progbarのページは鋭意制作中です。デジカメの写真は加工して材料化しましたので、もう少しです。お楽しみに〜。

>FromCEBさん、
 先日はお疲れさまでした〜。Progbarに入ってこられた時はびっくりしましたよ! お久しぶりでした〜。お店では古いハンドルでお呼びしてすみませんでした。でもお元気なお姿を拝見できてよかったです。あれから遅くまで飲んでいらっしゃったんですか?

>ふらじゃさん、
 やばいっ、「レディース・アンド・ジェントルマン」持っていませんでした〜! 昔、高くて買えなかったんですが、そのままになっていました。お恥ずかしいです。



03/06/20 09:53:50
名前:
ふらじゃ

コメント:
良い天気ですが風が強いですね、台風の影響でしょうか?今日も暑くなりそうです。すでに夏の出勤スタイルになってしまいました。(本番はどうするんでしょ)

今朝の通勤の友はELPの「LADIES AND GENTLEMAN」でした。ライブ録音してるのであまり無茶なことをしてないのがかえってライブ感を損なってる気もしますが、それでも迫力は十分です。この時期のバンドは勢いが違いますね。



03/06/19 23:20:49
名前:
From CEB

コメント:
雨上がりの銀座の路地を、
その男は何か待ち合わせのお店でも探しているかのように
両脇にそびえ立つビル群を見上げながら
一歩、そしてまた一歩と恐る恐る歩き続けておりました。
(どっかでこんな文章見たことあるなぁ...)

おもむろに何かを見つけたかのごとく立ち止まって覗きこむその先には、
シンプルな黒板に白いチョークで書かれた『Progbar』の文字がぁぁ...
男はひとりうなずくと、眼前に高く伸びる長〜い階段を一歩一歩噛み締めるがごとく
ゆっくりと上っていったのです。

たどりついた安堵感からか、それとも運動不足がたたったのか^^;
男はそのお店のドアの前にしばしたたずみ、外に漏れ出すサウンドの余韻を楽しんでいるかの様だった。

決断するまでどれくらいの時間が経過したのだろうか、
男は恐る恐るドアを開いて中の様子を伺った、その時だった・・・
ジャーン!!
「いらっしゃいませ〜」
一見するだけであきらかにミュージシャンミュージシャンしてそうな長髪をなびかせながら、
そのお店のオーナーらしきお方はその男を歓迎するかのような高らかな声で出迎えたのでした。
一方その対面には、デジカメを手に取りながら、CDジャケットを眺めているどこか懐かしさを覚える
お客とおぼしきお方が、その視線を私に移しながら突然何かを思い出したかのように一言、
「おぉ、これは○○てんさんではありませんかっ、まあ中へどうぞどうぞ・・・」
その男は「・・・そうか、まだ変えて半年もたたない新しいHNはやはり定着してなかったか・・・」
...ということを悟ったようではあったが、この牋貅鐺汎辰諒薫狼い寮こΝ瓩琉谿になるにはそんなに時間がかからなかったのは言うまでもない(...この続きはまた次回、こうご期待!)

...って、こんな感じでよかったでしょうかー?>店主様



03/06/19 13:55:10
名前:
J'rat

コメント:
 なんだか良いお天気です。私は日曜出勤の代休です。さっき起きました。(^_^;)

 昨夜はprogbarで盛り上がりました。私も会議で少し遅くなったのですが、マスターはもっと遅くて開店したのは8時半でした。7時半ごろ電話したのですが、遅かったようです。
 時間つぶしに銀座の山野楽器に行きました。ついに「フューズワン」のCDを発見できました。でもこのことが運命の出会いにつながるとは思いもしませんでした。

 今回の来店目的はprogbarのホームページの素材です。お店のビルや入り口のサインなどの写真を撮りながらお店に入ると、「地中海物語」の調べがお迎えしてくれました。
 マスターは「開店が遅れたからお連れさんが帰っちゃったのでは?」と心配していましたが、私は「きっとそうだ」と脅かしておきました。冗談はさておき、ビールで乾杯。下戸の私でもハイネケンなら一本飲めることを確認しました。

 そうこうしているうちに、お客さん登場。馴染みの画廊のご主人だそうです。例によってマスターからトリアンヴィラートをすすめられていました。sphinxさんとふらじゃさんが来れなかったのは残念ですが、ここは「隠れ家」です。居心地も良いのでマスターとおしゃべりしたり写真を撮ったりして居心地のいい時間をすごしました。そして...。
 sphinxさんとふらじゃさんの代わりにどなたが見えたと思いますか? この掲示板を見て来てくださったそうです。感激しました! さてどなたでしょう? 私がお答えを言うよりも、きっとご本人が今夜書き込みに来てくださるでしょう。ねっ? (^^ゞ

>FromNiigataさん、
 来週上京されるんですね! 嬉しいです〜。ぜひ飲みましょう。何曜日がいいですか? 今度こそマスターに早く店を開けるように頼んでおきます。

>sphinxさん、
 風邪ですね? 私の勤務先でも流行っています。大事になさってください! 来週こそお会いしましょう!

>ふらじゃさん、
 22時までお仕事とは大変でしたね〜。お仕事優先でお願いいたします。来週こそ盛り上がりましょう!

 さて、暇なので散髪にでも行ってきます。



03/06/19 10:28:07
名前:
sphinx

コメント:
昨日は、急な頭痛と喉痛で会社を半日で切り上げ、寝込んでしまいました。
気がついたら23時、J'ratさん連絡頂いたようで申し訳ありませんでした。
ということで今日は休暇です。たまったCDでも消化します。
来週、FromNiigataさんいらっしゃるんですか、それまでには体調を整えておきます。



03/06/19 06:00:56
名前:
ふらじゃ

コメント:
夕べは会社を逃げられたのが22時近かったのでけっきょくprogbarには行けませんでした残念です。おっ!From Niigataさん、来週上京ですか?楽しみです(すでに飲む気らしい)

今朝も雲間から青空が見えますが、この天気いつまで持つでしょうか?最近天気予報がころころ変わってる気がするのですが、気象衛星の寿命と関係あるのかもしれませんね。



03/06/18 22:30:15
名前:
案山子

コメント:
>J’ratさん
>Progbarのホームページ
楽しみにしています。
「わたしも飲みに行きたいなぁーっ!!」ってパッと行ける場所なら良いんですが・・・。

>「ポセイドンのめざめ」
言いたいことは、すでに言い尽くされているようで・・・・
とっても美しいんですが「宮殿」の後ではややつまらなく思えてしまうかなぁ?
っていう所を鮮やかに救ってくれているのがキース・ティペットのあのピアノですよね。
「キャット・フード」は名曲です!



03/06/18 21:32:13
名前:
FromNiigata

コメント:
また、東京出張…>
出張ではありませんが、来週は東京方面に1週間研修です。
J'ratさん、曜日を決めてまた1杯どうですか?今度は10時頃までOKです。
(あんまり飲まないようにしますし…、ムリだって)

ポセイドン>
一般的には「宮殿」の続編と言われていますが、キース・ティペットのピアノ
がなんと言っても秀逸ですね。このアルバムとリザードについてはメンバー
全部言えません。また、じっくり聴いてみます。
(最近はZEPばっかりですが…。)



03/06/18 19:30:42
名前:
ビーちゃん

コメント:
 >クリムゾン
 「ポセイドン〜」は、実は、キース・ティペットがいたからこその良作だった
のかなって思うんですねぇ。ムチャクチャ弾いているようで、しかし存在感あ
りまくりのあのピアノはあのアルバムのよさを際立たせているのかもしれませ
んね。
 次の「リザード」でも彼のピアノが聴けますが、なんといっても、5曲目の
最初の組曲で、ジョン・アンダーソンが歌ってるのがポイントですね。



03/06/18 10:38:20
名前:
J'rat

コメント:
 蒸しますね〜。ひと駅前の駅から会社まで約20分間かけて歩いているのですが、汗をかいてしまいました。

 昨夜あらためて試したらCD-Rは無事焼くことが出来ました。なんだか焼き始めが遅く時間がかかっているので、まだ不具合が残っているのかもしれません。CD-Rのメディアが悪かったのかもしれません(でも太陽誘電のだったのですが)。
 で、焼いてきたのがユルゲン・フリッツがプロデュースしたSHEというユニットの "Midnight Magic" というアルバムです。「ア・ラ・カルト」をさらに軽快にしたようなポップで聴きやすいアルバムです。男性ボーカルが優しげで、女声コーラスもついているのでかなり「甘〜い」感じのアルバムです。フリッツはシンセやピアノも弾いていますが、アレンジ的にはギターが目立っています。フリッツのミッシング・リンクを埋める貴重な作品ではあります。

>FromNiigataさん、
 また東京に出張して来てくださいね! この間行った時もマスターがFromNiigataさんのことを「あの人は飲んだね〜」と言って感心していましたよ。私たちは思わず「ご実家が酒屋さんですから」とフォローしてしまいました。

>sphinxさん、
 CDお送りするのが遅くなってすみませんでした。ALASKAはスターキャッスルに迎えられたのですから、ぜひじっくりお聴きください。さて、スターキャッスルに合うでしょうか?
 本日はノー残業デーでしたね。ちょうどいいです。今日はデジカメも持ってきました。寝坊のマスターには夕方、電話を入れておきます。8時集合なら大丈夫だと思います。私は山野楽器に寄って行こうと思います。

>ふらじゃさん、
 「ポセイドン」がすんなりと聴けたのは「宮殿」の続編だったからなんですね。今頃気が付きました。(^_^;) 「キャットフード」はいい曲ですね。ピアノかっこいいです!
 Progbar お待ちしておりますよ〜。夕方も蒸しますから、ビールがおいしいと思います!



03/06/18 10:03:49
名前:
ふらじゃ

コメント:
久しぶりに太陽が拝めましたが、湿度が高くて蒸し暑いです。午後からはまた雨になるのでしょうか?

今朝の通勤の友はROGER GLOVERの「BUTTERFLY BALL」でした。お祭りの朝から夜家路につくまでの1日をミュージカル仕立てにしたアルバムで、色んなミュージシャンが参加してるので、豪華絢爛な音作りになってます。元ネタが絵本か子供向けの本だったので、とても判りやすく丁寧に作られてます。お気楽に聞くには良いアルバムです。しかし、ボーカリストがいっぱい居るせいか、インストの少ないアルバムだなぁ…

>「ポセイドンのめざめ」
最初に聞いたときの印象は、「宮殿」の焼き直しだなぁ…でした。タイトル曲は「宮殿」と「エピタフ」を上手く融合させた物のように聞こえましたし、「ケイデンス」も「風に語りて」とよく似た構成に感じてました。(こんなこと書くとファンから怒られるだろうなぁ…)そんな中で異彩を放ってたのはキース・ティペットのピアノでした「キャット・フード」のピアノがインプロで無いと後で知ってビックリしました。

>PROGBAR
お誘いありがとうございます。都合が付けば顔を出したいと思います。いまのところ五分五分かな



03/06/17 23:58:58
名前:
sphinx

コメント:
J'ratさん、ぶつ届きました。ありがとうございます。念願のアラスカです。
ゆっくりと聞かせていただきます。
>PROGBAR
明日ですか、水曜日ですね。一斉定時退社の日ではないですかぁ。
8時頃でしょうかね、開店時間は。



03/06/17 20:39:59
名前:
FromNiigta

コメント:
J'ratさん、Progbarを完璧にアジトにしていますね。
私も東京出張の帰りに立ち寄る前線基地にしたいと思っています。
(アクセスも良いですしね)
でも、人気出過ぎると入れないかも…。



03/06/17 10:20:46
名前:
J'rat

コメント:
 今日も雨です〜。

>FromNiigataさん、
 はいはい、今朝は予定通りクリムゾンの「ポセイドンのめざめ」を聴いてきました! これも今回はすっと聴けました。最近の修行の成果でしょうか? (^_^;)
 「ケイデンスとカスケイド」とかしみじみしますね〜。メロトロンが前面に出ていて、「宮殿」のサウンドに近いですね。グレッグ・レイクも歌っているようですが、1stとはメンバーが変わっているんですね。

 ところで最近すっかり馴染みになったアルゼンチンの中古レコード屋さんからブラジルやウルグアイのLPを買わないかとまたオファーが来ました。ブラジル盤の「地中海物語」しかもプロモとか、そんなのばっかりです。しょうがないのでまた4枚注文してしまいました。ブラジルやアルゼンチンはよいのですが、ウルグアイ盤はジャケットがペラペラです。厚紙でないので笑ってしまいます。

>ふらじゃさん、
 先週は残念でした。明日またProgbarに行こうと思っています。デジカメ持ってホームページ用に撮影です。8時過ぎに行こうと思っています。他にもご都合の付く方がいらっしゃればご一緒しませんか? 初めての方はご案内しますのでおっしゃってください。(^_^)/



03/06/17 09:59:14
名前:
ふらじゃ

コメント:
よく降りますねぇ〜、梅雨だから仕方ないといえばそれまでですが…まぁここで降っておかないと夏になって水不足で困るので山間部ではしっかり降って欲しいですね、そう思えば雨もうっとうしくない…訳はないかぁ

夕べはLDを5.1chアンプに通して見てみました。まずちゃんとLDの機械が動いてくれたのでとりあえずホッとしました。これでまだまだソフトが無駄にならなくてすみそうです。肝心の音のほうは2chを擬似5.1chに変換してる割にはけっこうサラウンド効果があったのでビックリしました。ただ低音はかなり不足してます。



03/06/16 23:45:22
名前:
FromNiigata

コメント:
R.ガーランド>
結構好きで、リーダーアルバムを3〜4枚持っています。
元ボクサーって経歴が面白いですね。

J'ratさん、だんだんクリムゾンにはまってきてるようですね。
次は「ポセイドン」ですか。賢明な選択だと思います。いきなり
「アースバウンド」は飛躍しすぎだと思うので…。
個人的には前期クリムゾンは「宮殿」「アイランド」「ポセイドン」
「リザード」「アースバウンド」の順でキャッチーだと思います。
よく分からないですけど…。



03/06/16 19:13:22
名前:
J'rat

コメント:
 なんだか今日は眠いです。やはり日曜日は休まなくてはいけません。

 昨夜またCD-Rを焼こうとしたらドライブを認識しなくなってしまいました。最近焼きすぎていたからでしょうか? 困った困った...。
 で、今朝聴いて来たのはキング・クリムゾンの「アイランド」。以前、紙ジャケで買って一度聴いてそのままだったのです。改めて聴いたら、意外と良かったです。なんだかしみじみしちゃいました。この勢いで「ポセイドン」も行ってみたいと思います。

 また来ます〜。



03/06/16 13:43:12
名前:
にいはお

コメント:
先週末もまた、怠惰なDVD観賞で終わってしまいました。
結局買ってしまったキューブリックの「時計じかけのオレンジ」(ううう、中国語字幕)と
元宝塚の天海ナントカ主演の「ひかる源氏物語」と、あとアニメと音楽と。
とにかく毎週何かしら入荷しているので、気が抜けません。

天海ナントカの方は映像は綺麗でしたが、劇中のラブシーンってのは・・・・
よぉく考えて見たら全部〇ズ〇アン状態で撮影してたってことか。まいった。
光源氏ってのはマザコンでロリコンで(出てこなかったのはシスコンくらいか?)
宮中を社内・帝を上司に見立てればオフィスラブありの、
「紫の上を誘拐監禁育成状態」などは現代の社会を反映しているの、
「これが殿方なのですよ、彰子さま・・」と吉永小百合に言われても、なあ。
まあ否定はしませんが。(ところで松田聖子、お前何やってたの、劇中で?)

時計じかけ、の方はやはり映像よりも音楽に耳が行ってしまいました。
それはもちろんウェンディ・カルロスのシンセが、と言いたいところですが、
劇中にロッシーニの「どろぼうかささぎ序曲」が入っていたのです(これはオーケストラ版)。
ベートーベンや「雨に唄えば」だけじゃなかったんだ。

今朝は、同時にゲットしたM.デイビスの「ROUND ABOUT MIDNIGHT」で出勤でした。
R.ガーランド、渋い。



03/06/16 10:18:58
名前:
ふらじゃ

コメント:
昨日から左手人差し指の付け根が腫れ上がって痛くて動きません。どこかで痛めたのかもしれませんが、記憶がないのです。家人は病院に行けと言いますが、とりあえず様子を見ることにしました。
しかし、指一本動かないだけで不便な物ですねぇ…何をするにも倍の時間が掛かってしまいます。

トトの話しは正直なところジョークでホッとしてます。なんと人騒がせな…

今朝の通勤の友はMOUNTAINのベスト盤「ON THE TOP」でした。初期の頃はブルース調の曲が主でしたが、フェリックスのベースラインがただのブルースロックではないところを物語ってます。

アナログのCD化、時間が掛かりそうですが楽しそうですね。慣れてくるとアナログ盤の傷に起因するプチッという雑音も取れるらしいですね。



03/06/16 08:19:21
名前:
ホイトル

コメント:
デヴィット・ペイチの件はやってくれましたね。
‘男が女になりたい時’は見事に世界中をだましましたね。
こういう「質の悪い冗談」は大好きです。



03/06/16 08:15:22
名前:
ホイトル

コメント:
ウェス・モンゴメリーの「A DAY IN THE LIFE」はワタシも大好きです。
‘男が女を愛する時’は見事にギターを歌わせていますね。
こういう「質の高い甘口」にはコロッときます。



03/06/15 22:58:07
名前:
さや

コメント:
>ジョーク
チッ!やられたー!
真面目に反応して馬鹿みたい>わたし。



03/06/15 21:43:36
名前:
From CEB

コメント:
今年最初で最後の13日の金曜日瓩紡海週末を、皆様いかがお過ごしでしょうか?
やはり爛献Дぅ愁鶚瓮棔璽淵爐魏辰┐織瓮鵐弌爾任虜瞳訐を熱望しつつ、発売になったばかりのCDやらDVDを大音量で楽しまれている方も多いのでしょうねぇ>ZEP

しかし、やられましたネ〜>デヴィッド・ペイチ
オフィシャルサイトでの発表だっただけに、また穴埋めメンバーの名前まで載っていたもんですっかり信じてしまいました〜。
やっぱここのBBSのみならず、世界中で大騒ぎになってしまって「このままではまずい」と思ったのでしょうかねぇ〜?
話題作りにしてはちと人騒がせかなとも思いますが・・・
これじゃあ、秋に発売になるとされている彼らのDVDもちと疑ってしまいますね。(^^ゞ

さて今日は爛ぁ璽検次Ε螢好縫鵐亜Ε献礇梱瓩箸いΕ献礇鵐襪魍領させたウェス・モンゴメリー(g)の命日です。
彼の名前からは、どうしてもあの爛クターブ奏法瓩連想させられますが、オケをバックに豪放なプレイを繰り広げる姿はなかなか存在感満点でありました。
中でも、CTIに移籍しての最初のアルバム「A DAY IN THE LIFE」は、彼自身の、はたまたジャズギター関連のアルバムの中でも傑作と評価されております。
タイトルにもなっているビートルズナンバーをはじめとして、‘男が女を愛する時’等は今でもBGMとしていろんなところで聞く機会がありますね。
現在のフュージョンミュージックへの橋渡し役にもなった重要な作品だと思います。合掌。



03/06/15 15:02:52
名前:
J'rat

コメント:
>ジョーク、
 なんとっ!? (^_^;)



03/06/15 13:48:41
名前:
kit

コメント:
>ペイチ性転換
ジョークだったようで(^^;



03/06/15 12:44:22
名前:
J'rat

コメント:
 今週もお仕事です〜。今朝もKCの「パワー・トゥー・ビリーヴ」をかけて飛ばしてきました。この曲をかけるとエンジンも快調に回るようです。(^_^;)

 昨夜CD-R化したのは、ユルゲン・フリッツがプロデュースしたSHEというグループの "Midnight Magic" というアルバムです。男女混合のボーカルグループで、ユルゲンはピアノも弾いています。ポップなアルバムで、「ア・ラ・カルト」っぽいです。ドイツからの輸入中古レコードで、音が悪いのが残念です。でもアレンジのセンスのよさは一流でした。
 あと、パトリック・モラーツがパン・パイプの人と競演したアルバムと、"Future Memories Live On TV" を録音しました。いずれもCD化されていないものです。LPからの録音は、レコードプレーヤーからPCに録音し、ファイルからノイズを取り除いたりグライコで補正して、曲ごとにファイルを分割し、CD-Rに焼く、という工程なので、とても面倒です。おまけにジャケットを作ったりしていると一日仕事になります。いったんCD化するといつでもどこでも聴けるので大変便利ですが、盤起こしは手間ですし音が悪いので、レコード会社がCDで出してくれれば一番いいですね。

>FromCEBさん、
 TOTOの 'Africa' はいいですね〜。最初聴いた時は感心しなかったのですが、やがてあのまったりとしたしたリズムとメロディのとりこになってしまいました。



03/06/14 22:41:24
名前:
From CEB

コメント:
60年代といえば多くのミュージシャンがこぞってブルースに傾倒していった時代ですが、
彼もその中のひとりだったに違いありません。
後に爛櫂好函Εリーム瓩噺討个譴織肇螢編成のバンド『テイスト』を結成して、68年のクリームの解散コンサートではそのオープニングアクトを勤め、彼自身も嫌が負うでもクラプトンと比較されるようになりました。
それが嫌だったのかどうかはわかりませんが、すぐさまバンドを解散させた彼は単身ロンドンにのり込んでソロ活動に力をいれるようになりました。
その圧倒的なライヴステージは、ロンドンっこを興奮の坩堝に陥れ、72年のメロディメイカー誌(だったかな?)の人気ギタリスト部門では文句無しにポールリーダーに選ばれていたと思います。
74年の初来日後に地元アイルランドで行なったコンサートは、ライブレコーディングされてかなりの評価を得ましたが、同時にその模様もドキュメンタリー映画として好評を得たと聞いています、確かDVDにもなっていたと思います。

ロリー・ギャラガー
彼のトレードマークにもなった塗装のはげたストラトを弾きまくる姿からは、本当に音楽がすきなんだなあという印象がまざまざと伝わってきますね。
現在77年ハマースミスでのライブ映像を見ておりますが、ブルース、特にカントリーブルースに影響を受けた音楽に魂を注ぎ込むが如く弾きまくる様子は、見ていて本当に感動してしまいます。
今日は彼の8回忌です。享年46才でした。合掌。

>デビッド・ペイチ

その姿からは想像ができないほどの繊細さを持っていたという彼、実際にライヴにおける彼のパフォーマンスを見るにつけても時には華麗で、時には渋いソロを披露してくれてましたね。
個人的には彼がリードヴォーカルをとる‘Africa’が好きなんですが、次回のライヴステージでは声質まで変わってしまっているということはないでしょうねぇ〜?



03/06/14 20:38:46
名前:
J'rat

コメント:
 梅雨空な一日でした。ピアノのレッスンに言って、コーヒーをご馳走になりながら先生と米国製のPAのカタログを眺めました。YAMAHAと比べると数分の一で一通り揃いそうです。ミキサーとか桁が違います。買ってもしょうがないのですが、見ているだけで楽しいです。バリライトやスモーク、降雪装置やシャボン玉製造機まで舞台装置も安かったです。

 今日はまたLPをCD化したり、CD-Rのジャケットを印刷して遊びました。私もインクを買いました。カラーとブラックを合わせて3000円は安くないですね〜。あとプリンタ用紙も買い込みました。普通紙でなく専用紙はさすがにきれいです。吉川市にやっとラオックスができたのでありがたいです。

>デヴィッド・ペイチ、
 TOTO初の女性メンバー誕生ですか? 思い切った決断ですが、それまで性同一障害に悩んでいたとしたら気の毒ですね。早く新譜を出して欲しいです。



03/06/14 11:07:20
名前:
さや

コメント:
>ペイチ
わたしとしては、がんばって!だにゃー、やはり。
長期間に渡るリハビリその他で、かなり身体に負担がかかるらしいから、
ツアーを休むのはしょうがないわねい。

ウエンディー・カルロスは今なにしてるんだろう?



03/06/14 11:03:32
名前:
にいはお

コメント:
おっはよーごさいまーす。

この、話題沸騰の人って、ところで今何歳なんでしょうか?
この年になってこういう思い切った事をすると言うのは・・・。
何でもっと若いうちにやらんのかな、どうせやるんだったら。

これからプリンターのインク、買いに行ってきます。
私の、じゃなくて天津の駐在員に頼まれて。
「(その型番は)ここじゃ売っていない。北京に行かんと。」てことが良くあるんですね。



03/06/14 10:04:00
名前:
案山子

コメント:
>デヴィッド・ペイチ
昨年の冬、TOTOのライヴを見に行った時、一番のお目当てはルカサーだったのですが、
ペイチの素晴らしい演奏、特にソロに魅了されて、すっかりファンになってしまいました。
前から大好きだった「アフリカ」も実はペイチらしい曲なんだっていう気がしました。
心身共に女性に生まれ変わったら、演奏のプログレ的繊細さ、美しさにも磨きがかかることでしょう。
ルカサーが喜んで紹介してるのが良いですね。日本だとこうはいかないかも知れません。

>AUKENさん
「ウーパークイーンの宮殿」面白いですね。爆笑しました。
「アブセント・ラヴァース」を聞いてから、苦手だった「スリー・オブ・ア・パーフェクト・ペアー」
に対する抵抗も無くなり、本当に心から「いいなぁ!」って思えました。(結構聞いてたりする)
まるで閉じていた目が開かれて様で、とても感謝しています。
クリムゾンというバンドは変化があり、色々と好みもあると思いますが、いつもいつも
音楽の質としてはとても緻密で高度なものを演奏し続けているということは言えるんじゃないでしょうか。

>太陽と戦慄
『エマニエル夫人』とブルース・リ−の『ドラゴン危機一髪』に使われてたんですって?!
それは知らなかったです。超メジャーな曲とは言えるんでしょうね。



03/06/13 22:27:12
名前:
パル太

コメント:
すげ...Davida...

...今日は、「日比谷線銀座一丁目から築地のあたり」に出張でした。朝5時起きでした。
ものすごく蒸し暑かったです。帰りにちょっとだけ秋葉原に寄ったのですが、駅前の雑踏で
聴きなれたイントロの後、
「あんざら〜む らいだう〜ん おん ぶろーうぇい!」 と店のBGM(選曲した人エライ!
それともラジオ?いずれにしてもエライ)が流れてきて思わず口ずさんでしまいました。



03/06/13 21:44:48
名前:
5150

コメント:
絶句



03/06/13 21:42:30
名前:
ホイトル

コメント:
うひゃ〜!

「とと」やめて「かか」になるってかぁぁぁぁぁ!



03/06/13 20:20:54
名前:
にいはお

コメント:
ほほー、こいつぁ、すごいね!!
でも、何が彼をそうさせたんかなあ?



03/06/13 19:59:54
名前:
From CEB

コメント:
==衝撃NEWS!!==

今すぐ↓のHOT NEWS瓩鬟リック〜

http://www.toto99.com/index1024.html

う〜ん、言葉を失ってしまうなぁ、ほんとに。



03/06/13 11:25:01
名前:
J'rat

コメント:
 梅雨ですね〜。今朝はきのう作ったパトリック・モラーツの "TIMECODE" のLP盤起こしCD-Rを聴いてきました。LPの音は歪んでいてひどかったのですが、秘密兵器のノイズ除去ソフトでだいぶきれいになりました。効果抜群です。(実は秘密ではなくてソフトウェアシンセサイザーで有名なスタインバーグ社の「Clean!」という市販のソフトです)
 で、久しぶりに聴いたのですが、"TIMECODE" はモラッツの作品の中でも抜群の出来ですね。私はB面が特に好きです。これがCD化されていないのは困ったものですが、例のスーパーカー「ランボルギーニ」レコードが版権を握ったままなのでしょうか?

>ふらじゃさん、
 蒸し暑いですよね〜。きのうは小学校だったのですが、湿度が高くて子供たちは汗をかいていました。学校にクーラーを、なんて言ったら怒られるでしょうか? 保育園にはあったのに...。



03/06/13 09:32:37
名前:
ふらじゃ

コメント:
梅雨だから仕方ないとは言え、ハッキリしない天気ですね。とりあえず雨は降ってなかったので自転車で出ようとしたら霧雨になり、思いっきり飛ばして来たら汗だくになってしまいました。雨より汗で濡れてしまいました。

今朝の通勤の友はDEEP PURPLEのベスト盤でした。30周年記念の物ですが、いったいこのバンドはベスト盤を何種類作る気なんでしょうねぇ
今回のは1期から順に聞けるので音の変化が良く判って面白いです。で、いまさらながら気がついたのはジョン・ロードのオルガンスタイルはずーっと変わらないですね、逆にイアン・ペイスのドラミングはどんどん変わって行ってます。パープルにずーっと在籍してるのはこのペイス1人になってしまいましたね。



03/06/12 18:05:12
名前:
J'rat

コメント:
 今日は代休でした(今週も日曜出勤だし)。仔ラットの授業参観に行ってきました。学園祭みたいなことをやっていたのです。ビージーズの「小さな恋のメロディ」が思い出されました。
 帰ってからProgbarで思い出した、Patrick Moraz の Timecode をLPから録音しました。音がびびって悪くなっているのでショックでした。CDで再発して欲しいものです。

>プロ子さんグレ夫さん、
 早速お越しくださってありがとうございます! 昨晩はありがとうございました。私は酔っ払っていたので失礼なことを言っていたらすみません。
 ご夫婦でプログレ・バーに来られるとは本当にうらやましいですね。またぜひお会いしましょう! そうそう皆さん、ご主人はキーボード奏者でいらっしゃるのです。YAMAHAのシンセMotifを物色中だとか。奥様はちょうどカルメン、いや仮免合格だったそうで、みんなでお祝いの乾杯をしたのでした。
 この掲示板にもまたいらしてくださいませ。

>にいはおさん、FromNiigataさん、
 そういえば、幻魔大戦の映画は見たことがなかったのでした。サントラ盤は誰かにあげてしまったし...。ビデオでも借りてこようかな。映画のほうは面白かったですか? AKIRAっぽいんでしょうか?

>Starlessさん、
 ヘルダーリンの件、ありがとうございました。あとガーデンシェッドの原盤を持っている人とお知り合いなのですか? すごいですね!

>ふらじゃさん、
 ディンプルを入れるように再度お願いしましたが、マスターは場所がないなどと相変わらず弱気でした。トリアン好きの集うバーとして、いかがなものでしょうか! 次回は持ち込んじゃいますか? (^^ゞ



03/06/12 14:49:38
名前:
FromNiigata

コメント:
J'ratさん、良いアジト(秘密基地)見つけましたね。

幻魔大戦>
後半のエマーソン節はやはり盛り上がりますよね、それなりに。
インフェルノなんかより好きですね、個人的には。



03/06/12 14:16:10
名前:
プロ子グレ夫

コメント:
J'ratさん、たぶんsphinxさん、昨夜はprogbarでお世話になりましたm(_ _)mコメントにも登場していたヘンな夫婦の片割れです。早速HP覗いてみました。懐かしの名盤を思い出させて頂き、ボケ防止にはかなりの効果アリかも。あれからソフトマシーン等を聴き、「狂気」(ピアノと女性ヴォーカルの雄叫びの曲)で締めを、いやいややっぱりUKでしょう、とクダを巻いているうちに終電に遅れしまいました。「飲み代よりはるかに高いタクシー代」字余り・・・(-_-;) BARのHP立ち上げ楽しみにしています。次回お会いする時は
めでたく免許取得してるかも!?



03/06/12 13:17:32
名前:
にいはお

コメント:
今朝は結構早くに目が醒めたので、
昨日見きれなかった「幻魔大戦」を引き続き終わらせ、
イエスのライブをちょこっとだけ見て出勤しました。

幻魔〜は中盤から後半にかけてエマーソン節がちらほら出てきていました。
別に青木ナントカとか言う人が音楽を担当していて、この人のところは
何となく大野雄二みたいな音ですが、舞台がアメリカや、最後の決戦の所に
なったとたんに例のあのエマーソン色の和音が聞こえてきて、思わずニヤリと
してしまいましたね。

イエスのライブは「AWAKEN」一曲だけしか見る時間がありませんでしたが、
あのなあ、カメラ・・・・・何度も言うが、キーボードがソロを取ってる時は、
キーボードを映すものなの、分かる?イゴールが一番肝心のパイプオルガンソロを
弾いているというのに、その前でふ〜らふら踊っているジョンばっか映すんじゃねえ。
ギターファンの人には申し訳ないが、スティーブも、要らん。



03/06/12 10:26:36
名前:
Starless

コメント:
>J'ratさん
ヘルダーリンの件ですが、女性Voを配したのは「Hoelderlin's Traum」のみです。お間違えのないよう。。
ちなみに、このアルバムはプログレ・フォークといった方がいいかもしれません。
少し鼻にかかったVoにヴァイオリンとメロトロンが絡む感じです。
2nd(というかHoelderlin改名後)は、しいて言うならジェネシス系でしょうか?

「ガーデンシェッド」は確かに再発されてますね、GardenShedのHPで確認したところ、「マスターテープ使用」となっていましたので、リマスタリングしてなければ音質は同じでしょうね?
以前、LPの原盤所有者と話をした時も、「あの音質は原盤も同じだよ」って言ってましたから。。



03/06/12 09:48:39
名前:
ふらじゃ

コメント:
昨日はちょっと飲みすぎて気持悪いです。久しぶりの二日酔いで頭がイタイ…

出勤時は霧雨でした。傘をさしてるのに濡れるのでキライです。
今日のお供はZEPPELINのライブでした。熱い演奏が元気にしてくれますが、二日酔いの頭にはちょっと効き過ぎかも…しかし、このCDは大音量で聞きたいです。ZEPのライブ=ブートというイメージが強いのであまりに音が良いとちょっと戸惑ってしまいます。



03/06/12 01:05:27
名前:
J'rat

コメント:
 帰りました〜。Progbarでは嬉しいことにsphinxさんと合流できました。"Just A Face" から始まってまたもトリアン三昧でした。マスターの昔のバンド仲間のドラマー氏や、後で来られたプログレ好きの素敵なご夫婦(いいな〜!)と盛り上がってしまいました。このお店では出会いがありますね。

 お店のホームページを作る約束をしてしまいました。デジカメ持ってまた行かなくっちゃ。トリアンとキーボードロック好きの「アジト」にしましょう。



03/06/11 23:57:48
名前:
sphinx

コメント:
J'ratさん、本日は突然の銀座合流失礼いたしました。
また信者が増えそうですね。
本日のオススメはっと、スペースサーカスでしたね。
では、おやすみなさい。



03/06/11 15:59:56
名前:
J'rat

コメント:
 本当に降りそうで降りませんね。夜までもってくれるとありがたいのですが...。

>ホイトルさん、
 「ポセイドンの目覚め」は持っていたような気がします。確認してみます!

>にいはおさん、
 「ルギア爆誕」は見ていないですね〜。最近のポケモンシリーズは劇場で見ていますが、上手くCGを使っていたように思います。去年の「水の都の護り神」の音楽はアコーディオンのCOBAで、とっても良かったです。ぜひ見てみてください。ポケモンの原作者ですか? う〜ん、任天堂! (^^ゞ

>yeszanmaiさん、
 なんと、「エマニュエル夫人」に「太陽と戦慄」が使われているんですか? これはチェックしなくては、ぜひチェックしなければいけませんねっ! いや、映画に関心はないのですが、なんとしてもチェックしなくては。 ...スミマセン。(^_^;)

>Starlessさん、
 ヘルダーリン(?)はノヴァリス系ですか? 女声ボーカルというのもいいですね。探してみます! あと、イングランドの「ガーデンシェッド」って最近再発売していませんでしたっけ? 勘違いだったらスミマセン。

>ふらじゃさん、
 今夜も飲み会ですか? 残念ですが、わたしひとりで行ってきます。昨夜はCD-Rのカバーを作って夜なべしていたら2時半になってしまいました。



03/06/11 15:27:28
名前:
ふらじゃ

コメント:
昼過ぎにポツリと来たのですが、たいして降らずに雨はやんでしまいました。入梅したのでもっと降ると思ってたのですが…これからでしょうか

今日も外に出てました。待望の一人外出でしたので、行き帰りの車でずっとカセットかけてました。ついでにCD屋さんに寄ってみたのですが、コレ!というものにめぐり合わず珍しく手ぶらで出てきました。こういう日もあるのです。(単に金欠という噂もあり)

>J'ratさん
きょうもあのアジトに行かれるのですね、羨ましい。きょうは送別会があって抜け出せません。マスターに早くディンプル(酒の方)仕入れるように催促しておいて下さい。



03/06/11 13:56:29
名前:
Starless

コメント:
町田は雨です@正午〜

来週から、厚木でお仕事です。ドアtoドアで2時間(涙)、iPodフル稼働です。
この一年、飯田橋⇒町田⇒大手町⇒町田⇒江戸川橋⇒護国寺⇒町田と目まぐるしく職場が変わりましたがようやく地元神奈川県と思ったら「厚木」とは。。。東京より時間かかるじゃん(悲)

これもSEの宿命?!



03/06/11 09:59:15
名前:
J'rat

コメント:
 曇りです〜。いよいよ雨が降ってきそうな天気ですね。

 今朝はヘルムート・ケレンのソロ "You Won't See Me" を聴いてきました。元が中古のLPなのでノイズが盛大です。ヘルムートの遺作で、甘く切なく歌い上げています。死後、このアルバムをリリースしたユルゲンはいったいどんな気持ちでミックスダウンなどの作業をしたのでしょうか? いつかCDで出ると良いのですが...。

 今夜、銀座の Progbar に行ってきます。マスターにこのアルバムや "Just A Face" などを聴いてもらうつもりです。



03/06/11 09:40:37
名前:
Starless

コメント:
今朝はEnglandの「Garden Shed」とISLANDの「PICTURES(途中まで)」で出勤しました。
共にここ数年の愛聴盤です。Endlandはあれで音質が良ければ言うことなし!(リマスタされないかな)
ISLANDは私的にはスイスNo1です。(20分を超えるボーナストラックも秀逸!)
スイス=P・モラーツのイメージが強いかもしれませんが、他にも結構良いものがありますよ、J'ratさんもいかがでしょうか?



03/06/11 00:21:47
名前:
Starless

コメント:
> Hoelderlin
ドイツのシンフォ系プログレです。
女性ボーカルを配した「Hoelderlin's Traum」名義のアルバムを発表後(ちなみにこのときは、oe の部分はオーウムラウトです)、バンド名を「Hoelderlin」に改名し、私が知る限りではライブを含め4枚のアルバムを残しています。
同じドイツの詩人の名を取ったノヴァリス程メジャーにはなりませんでしたが。。。
ジャケットはどれも、なかなか綺麗です。



03/06/10 23:25:08
名前:
yeszanmai

コメント:
>太陽と戦慄
映画『エマニエル夫人』に無断使用されていて、
裁判になりましたね。
ブルース・リ−の『ドラゴン危機一髪』(だったかな)にも「太陽と戦慄」
フロイドの『狂気』が被せられていました。
ただ謎なのはこれらの曲が映画の制作年度よりあとの音源、というところ。
香港から外に出た時にBGMを差し換えたんでしょうか?
あと、ダリオ・アルジェント監督の『ゾンビ』ではイエスの「儀式」の「ズチャ、ズチャ」って
ところが使われていましたね。



03/06/10 22:01:26
名前:
にいはお

コメント:
相も変わらずのDVD鑑賞で、ポケモンのルギアなんとかを
チェックしていたのですが、何だかちょっと白けてしまいました。
ストーリーはともかく、ここかしこに投入されているCGだの、
デジタル・アニメーションの技術が何だか興醒めに思えて。
(あと、エンディングテーマがあまりに「ただのコムロでただのアムロ」
 つうのも興醒めだった)

確かに画面は綺麗なのですが、極論するとCGってのは何でも可能に
してしまう技術なので、それがなんつうか、ちょっとね。
これがミレニアムのアニメーション、と言ってしまえばそれまでですが、
わたしゃどっちかというと目を凝らせばあっピアノ線発見!みたいな
人間臭い手作りアニメでそれでいてこれが人間ワザか!?と思えるような
アニメの方が好きだなあ。
そんなのあるか?なんて思ったあなた。「元祖・ファンタジア」と「不思議の国の
アリス」を見返すべし。CGも無い時代にこの作品、ですぞ。
ついでに手塚版「展覧会の絵」でも良いですが。

ところで、ハム太郎の原作者が河井リツ子なら、ポケモンの「原作者」って一体だあれ?

さて、引き続き「幻魔大戦」に突入します。
わははは、音楽はえまあそん、じゃあっ!



03/06/10 20:01:58
名前:
ホイトル

コメント:
「ザ・パワー・トゥー・ビリーヴ」はいいですよね。
確かに近年のクリムゾンの中では抜群の出来のような気がします。

皆さんがさまざまなクリムゾンオススメアルバムを挙げておられますが、
J'ratさん、ここは意表をついて
「ポセイドンの目ざめ」なんていかがでしょうか?

このアルバムのを聞くと
「パワー・トゥ・ビリーヴ」のオープニングの原点(パクリ?)が
見えてきますよ!?



03/06/10 19:16:46
名前:
J'rat

コメント:
 なんだかバタバタしてなかなか書き込めませんでした。
 相変わらずクルマでクリムゾンを聴いています。「ザ・パワー・トゥー・ビリーヴ」は良いですね。「レッド」と交代で聴いていますが、クルマでクリムゾンを聴けるとは思いませんでした。思わず右足に力が入ります。
 今朝ときのうの朝はトリアンの「スパルタカス」を聴いてきました。"The Deadly Dream of Freedom" や "The Sweetest Sound of Liberty" のピアノの美しいことと言ったらありません。いつの日にか弾き語りができるといいな〜、とため息をついてはリピートして聴いています。「聞き惚れる」というのはこのことです。

>案山子さん、
 クリムゾンの新譜は、私でもわかるほどの名作と言うことです! わたしってすごいベンチマークかも知れません。私も名誉です。(^^ゞ

>ふらじゃさん、
 入梅と書いて「つゆいり」と読むんですね。PCの漢字変換で出てびっくりしました。ところで日曜日の「ファイアー・ストーム」の放映をビデオで見ました。おっしゃるようにCGとセルアニメの落差がすごかったです。脚本もなんだかな〜。サンダーバード2号のような乗り物はさすがでしたね。

>ビーちゃんさん、
 北海道は外タレさんも行っていたんですね。私のふるさとの福井はポールモーリアが来たくらいです。しくしく。(T_T)

>毛糸さん、
 キコキコ商店って喫茶店なんですか? フレンドリーですね〜! トリアンヴィラートもこういうノリで来て欲しいですね。

>にいはおさん、
 なんだかすごい勢いでDVDを見ていらっしゃいますね! 私の近所にレンタルビデオのチェーン店TUTAYAが出店してきます。今までなかったんです〜。吉川市も都会になったものです。

>FromNiigataさん、
 PAは楽しいですね〜。今回は3バンドが出演しますのでマイクのやりくりとかが大変そうです。全部ピアノの先生の教え子です。FromNiigataさんもカムバックされませんか? 最近は機材も進化しているので面白そうですね。

>AUKENさん、
 むしまるQのカバー曲ですか? 面白そうですね! NHK教育って変ですね〜、グッチさんとか。内輪受けでしょうか?

>Starlessさん、
 Hoelderlin って私は聴いたことがないんです。笑われちゃうかもしれませんが...。どんな感じの音楽なんですか?



03/06/10 13:20:15
名前:
ふらじゃ

コメント:
朝方は今にも雨が降りそうでしたが、薄日がさして来てなんとか日中は天気が持ちそうですね。入梅はもう少し後になるのでしょうか?

今朝はRICK WAKEMANの「LIVE AT HAMMERSMITH」でした。85年のライブですが、選曲は初期3枚という代物です。「地底探検」「アーサー王」のオケ無し版はちょっと迫力に欠けますが、手癖満載のキーボードが聞けるのでそれなりに楽しいアルバムです。

>ウーパークイーンの宮殿
NHK教育番組「むしまるQゴールド」の中のコーナー曲ですね、まさかCDになってるとは思いませんでした。このCDの曲のほかにも"ピーター・プランクトン""哀愁のヨーロッパ・バイソン”などというすぐ元ネタの判りそうな曲もありました。ほかにビートルズっぽい曲調のものもあったなぁ。オープニングを細川俊之氏が歌うところからして、とても幼児向けとは思えない怪しい番組でした。



03/06/10 09:54:13
名前:
Starless

コメント:
今朝は、Hoelderlinのライブ「Traumstadt」で出勤しました。
非ライブ盤も聴きたいのですが、手に入りにくいようです。
「Hoeldelin」「CLOWNS&CLOUDS」「RareBirds」あたり。。。

>クリムゾン
お気に入りは「Red」「太陽と戦慄」の順です。
「アースバウンド」の「21世紀。。。」も捨てがたし。。



03/06/10 00:46:33
名前:
AUKEN

コメント:
パクリというよりシャレというか。こんなのあるそうです、楽器と声のギャップが凄い!
6曲目の「ウーパークイーンの宮殿」ってやつです。
http://www.hmv.co.jp/Product/Detail.asp?sku=924263

>案山子さん
自分の場合はほぼ同時にクリムゾン各期を聴いたのですんなり入れたんですが、きっとリアルタイムで順に
聴いていたら80年代は抵抗あったと思います。
アブセント・ラヴァースはいいですよね!通勤の車とかでいい感じです。



03/06/10 00:16:51
名前:
FromNiigata

コメント:
J'ratさん、今度は市民ホールのコンサートのPAですか>
う〜っ、どんどんグレードアップして行きますね。羨まし〜。
また卓をいじりたいです〜。

北海道でのコンサートと言えばやはりレインボーなんでしょうね〜、しみじみ。

ちなみにクリムゾンの「太陽と戦慄パート供廚呂匹辰のバンドが盗作したとの
ことで裁判になったと記憶しています。また、リザードの「ルパート王のめざめ」
は日本のアニメソングとしてパクられた記憶があります。
クリムゾン偉大なり!!J'ratさん、「アイランド」も良いですが、同じメンバー
でのライヴアルバム「アースバウンド」も良いですよ。(あぁ、悪の道に…)



03/06/09 22:47:11
名前:
案山子

コメント:
「アブセント・ラヴァーズ」が届きました。早いですねぇー。これ、本当に良いです!

夫がスレイドのベストを聞いていて、「このグループは過小評価されすぎてる」と言ってたので
私も「その通りだ!」「髪型が悪かったんじゃないか?」と珍しく共感してました。
カバーされた「クレイジー・ママ」「カモン・フィール・ザ・ノイズ」他にも良い曲は沢山あるのに、
再発もあまりされてませんしね。
「でも、やっぱり私はムーヴ・オーヴァー!」と言うと
夫は「知らない」って言うです。もちろんジャニスのカヴァーなんですが、
「あんなにラジオでかかってたのに・・・・」って意地になって調べたのですが、
特にヒットしたというような情報は無かったです。
私は最初に聞いたのがこれだと思うのですが、単に好きだったので覚えてるんでしょうか?
記憶されてる方居られないでしょうか?



03/06/09 20:46:29
名前:
にいはお

コメント:
今日はわりと早々と引けたので、
ゲットしてあった「13日の金曜日」の検証を行いました。
本当を言うとホラーは得意じゃないので「怖い、出来るなら
見たくないでも目が離せない、途中でボツにでもなってくれたら
あきらめがつくから、そうならんかな?」とか思ってたんですが、
ちゃあんと最後まで映ってくれました。あああ、おかげで今も身震いがする。
このあと「美しき諍い女」に移ります。
これは・・・・途中でボツにならないで欲しいなあ、えへへ・・・じゃなくて。

今日の行き帰りはザッパの「溺れる魔女」でした。「○△□」とも言います(←伏字じゃないぞ)。



03/06/09 20:27:06
名前:
ビーちゃん

コメント:
 毛糸おねーさま
 おひさで〜す!貴重な情報、ありがとうです!
 札幌を含め、北海道は洋楽アーティスト不毛の地ですからねぇ。昔は、
フロイドやシカゴが来てたらしいですねぇ。あと、大物といえば、ビリー・
ジョエルやスティング、ロン・ウッド、ミック・テイラーなんていう面子が来
ていました。ひところは、北海道の洋楽チャートで上位に入れば全国ヒット
するという法則もあったらしいですが、今はどうなのやら。
 



03/06/09 20:00:31
名前:
毛糸

コメント:
こんばんやー
ビーちゃん、札幌だったよね?
興味なかったらごめんちゃい
ホルメルさんが北海道だけでライブです
http://www1.odn.ne.jp/fks/
なんか、いいなぁ、こゆとこで観れるのって



03/06/09 09:53:50
名前:
ふらじゃ

コメント:
今日も良い天気ですね、例年なら入梅してるらしいのですが…おかげで衣替えもスムーズに出来ました。今日から上着無しの半袖ですが、それでもけっこう暑かったですね。

今朝の通勤の友はMOUNTAINのライブ「TWIN PEEKS」でした。レスリー・ウエストのギターもさることながら、フェリックス・パパラルディーの唸るように響きわたるベースの音がカッコ良いです。30分近くある"ナンタケットスレイライド"が聞き物でしたがその前に会社に着いてしまいました。
本当はCREAMを聞きたかったのですが、どこにも見当たりません。よくよく考えてみるとCDは持って無かったです。BOXでも買おうかしら…お金は?

最近アニメづいてるのですが、先日「スレイヤーズ」なるものを見てたら、BGMに"太陽と戦慄pt1"のフレーズの1部を使ってるところがあってビックリしました。話しの内容はあまり覚えてませんがそこのシーンだけがやけに印象深くなってしまいました。

>ばったもんDVD
以前横浜のdisk unionに台湾(香港だったかな?)製のDVDが売られてたのですが、リージョン・フリーになってるはずなのに再生できずに返品したことがあります。もしかしたらコピーものだったのかも知れません。けっこうTVから落としたブート物DVDもあるみたいで、話しの途中にニュース速報などが入ったものもあるらしいですね



03/06/08 22:05:52
名前:
案山子

コメント:
クリムゾン!!なんと人気があるんですねぇーーーー。
嬉しくって今日はDisciplineのTシャツを着てました。
「暗黒の世界」がお好きな方が多いんですね。
インパクト度としては「太陽と戦慄」「RED」の次になってしまうかもしれませんが、
充実度としては高くて私も大好きです。

AUKENさんのご意見は、とっても面白いですねぇ。
レコメン系とかはよく分からないのですが・・・・。
「ビートが格好いい」というお話しは、珍しく思えて聞き返してみました。
当時は「もう、こんなもの出しちゃって・・・」とか思いながらも、
毎日ずいぶん聞き込んでたんだと思います。その時の聞いてる自分がふっと浮かんできました。
「ハートビート」とかかなり好きだし、やっぱり格好いいんだ!って初めて思いました。
「アブセント・ラヴァーズ」はどこでも際立って評判良くて「絶対買おう!」と思いながら
全然見つけられなかった事を思い出し、早速ネットで注文しました。

今好きなのはやっぱり「パワー・トゥー・ビリーヴ」で、この新譜は飛び抜けて出来が良いと思います。
これをJ’ratさん気に入ってもらえたのは、ものすごく嬉しい!
「昔は好きだったけど・・・」って言う方にも是非聞いていただきたいです。



03/06/08 15:28:57
名前:
J'rat

コメント:
 朝の7時前にクルマを飛ばして来ました。「パワー・トゥー・ビリーヴ」はクルマで聴いても気持ち良かったです。まだ仕事が終わりませ〜ん。

 東京ボンバーズとキングクリムゾンの話題だと一気に盛り上がりますね! (^^ゞ

>Starlessさん、
 ローラーゲームの選手名まではすっかり忘れていました。ネットで検索したら時代を感じて懐かしかったです。

>巨さん、
 お久しぶりです〜。小泉さんという人は記憶にありませんでしたが、探したらインタビュー記事が見つかりました。光genjiやSMAPにスケートを教えたりしていたみたいですね。
http://www.movin-you.com/sports-i/back/01_0427/01_0427.htm

>CHIPMUNKさん、
 「太陽と戦慄」はじっくり取り組むことにします。ありがとうございました。
 あと、ステレオ直ってよかったですね。最近のAV製品は修理がきかないで交換になってしまうことが多いのですが、ちゃんと職人さんが直してくれたんですね。1チップ化でなかなか故障しなくなったりして、壊れる前にフォーマットが古くなったり、ライフスタイルが合わなくなって機械を捨てることが多くなったような気がします。

>FromNiigataさん、
 YesのQ.P.R.のライブ録音は大変そうでしたね。マルチトラック録音という時代ではなかったのかもしれませんね。私は6月に市民ホールのコンサートのPAをやることになってしまいました。緊張です。

>ふらじゃさん、
 「U.S.A.」はこの間CD発売されたやつですね。なるほど!

>案山子さん、
 わたくしごときものがクリムゾンを一気に理解しようとしたのが間違いの元でした。いえいえ、最初から全部わかると思っていたわけではありません。回り道をしながら、私に合った順番を探しながら進んでいきたいと思います。ご主人も納得という「U.S.A」は期待できそうです。

>パル太さん、
 「アイランド」は「世界で最も美しい音楽」なんですか? これは聴かなくては!

>にいはおさん、
 私もキーボードが中心でないバンドはなかなか聴けないという感じでした。今でもそうです。ギターにコンプレックスか何かがあるのかもしれません。
 ちょうどきのうピアノのレッスンで、ギターの話が出ました。先生はギターも好きで、ピアノと違ってチョーキングとかで音が変えられるから面白いんだと言っていました。それだけではないのでしょうが、なるほどと思いました。「ギターもやってみる?」と言われましたが、今回は丁重にお断りしておきました。何しろピアノもままならないのですから...。

>AUKENさん、
 「ビート」ですか! どんどん出てきますね。これは全部良い、ということになりそうですね。

>Woogさん、
 ジェイミー・ミューアというんですね、パーカッションの人。ステージで怪我して、修道院だかお寺だかに行ってしまったとライナーノートに書いてありました。う〜〜ん。

>FromCEBさん、
>ざっつざうぇい
 そら、KCでもサンシャインバンドでんがな〜。(^^ゞ KC高峰という人もいましたね?

>ビーちゃんさん、
 いらっしゃいませ〜。宮殿はグレッグ・レイクがいますから好きなんです。「リザード」はこの間久しぶりに聴いて、私にはまだ難しいと思いましたので、「アイランド」に行ってみようかと思います。



03/06/08 12:32:28
名前:
ビーちゃん

コメント:
 こちらでは、ご無沙汰しています。
亀レスですが、クリムゾンのことが出てたので、ちょっとだけ。
私的には、「太陽と戦慄」、「クリムゾンキングの宮殿」に尽きるのですが、
意外なところでは、「アイランズ」「リザード」がいいですよぉ〜。
「スターレス 廚蓮といま版のほうをよく聞いてしまいます
「フラクチャー」「ドクター・ダイアモンド」をジェイミー・ミューアが入ったウ゛ァージョンで聞いて
みたいなと時折考えたりします。



03/06/08 10:41:26
名前:
にいはお

コメント:
このところ毎週DVD漁りが続いていますが、
アホみたいな値段で買える反面、リスキーな部分というのも
当然あるのです。

まず当然ながら「持って帰ってみたら映らなかった。」
そもそもがニセモノなので、箱の下の方に書いてある「リージョンうんぬん」からして
すでに全然あてになりません。それが証拠に現在うちにあるDVDには、箱上の表記が
リージョン1、2、3、6のがあり、しかもどれも何故かちゃあんと映っているからです。
つまり本来なら映らないはずのものまで映っているので、逆にいえばリージョンフリーの
表記があったところで、映る保証はありません。
これが引っかかってボツったDVDは6枚ほど。ま、それでも60元くらいですが。

次が「途中でディスクが読み取れなくなる。」
これもそれなりの頻度で登場します。粗悪品だから、ですね。当然ながら。
不思議なのは買ったお店に粗悪品だったよ、と持ち込むと新しいのに取り替えてくれること。
日本なら、海賊版の音が悪いだの何だのと、お店に文句をつける人はまずいませんね。
ところがこちらでは、バッタもんでも粗悪品は取り替える、というシステムがすでに出来上がって
いるのです。
実はさっきまで見ていた「マルコヴィッチの穴」がそうでした。エンドクレジットのとこまで来て
突然強制終了状態になりました。ま、本編には影響なしだったので、別にいいですが。

最後は「字幕が出ない。」
昨日仕入れた「オースティンパワーズ・ゴールドメンバー」がそうでした。字幕設定画面は
ちゃんとあるのに出てこない。ま、これも映画自体がドタバタなので、英語の音声だけでも
何とかエンドまでたどり着きましたが。

そんな訳で買い込んだディスクは自宅で検証するまで全く気が抜けません。
昨日は他に「十三日の金曜日」「美しき諍い女」「王妃マルゴ」「名探偵コナン」とか
音楽DVDとか仕入れてますが、再生するときは、はたして映るかどうか、でいつも緊張して
います。まあ、外れがあっても何十元のレベルではありますけどね。



03/06/07 18:06:33
名前:
J'rat

コメント:
 クリムゾンのおすすめ、ありがとうございます〜。未熟者の私が恥ずかしいです。今は「パワー・トゥー・ビリーヴ」と「レッド」を繰り返して聴いています。明日はクルマで休日出勤なので、ボリューム全開で飛ばします!

 ちなみに同時にピンク・フロイドの「アニマルズ」を買って聴いたのですが、ラークスの後だからか、すごく普通に聴こえました。(^_^;)



03/06/07 08:59:00
名前:
From CEB

コメント:
梅雨入り直前の週末、皆さんはどうお過ごしでしょうか?

いや〜KCネタ、本当に盛り上がってますね〜。
私も乗り遅れないうちに、歌っちゃおーっと、

♪ざっつざうぇい、うぉうぉうぉうぉ、あいらいきゅー、うぉうぉうぉうぉ・・・

....あれ〜・・・ひょっとして〜・・・わたし〜・・・朝っぱらから〜・・・はずしちゃいました〜?
いえ、あの、あまりにも皆さんの犖譴雖瓩熱かったもんで、このあたりで狄綟り瓩な〜...とも思ったもんで〜・・・でへへ
ははは、逆に水を差しちゃいましたかね〜?

...また来ます。m(__)m



03/06/07 02:42:38
名前:
FromNiigata

コメント:
クリムゾンネタ盛り上がりますね。
確かにふらじゃさんの言われるとおり「USA」良いかもしれませんね。ラークス兇離疋藕イです。

フラクチャーの後半>
フィリップのギターが鳴り響き、怒濤の全員全力疾走、「ク〜ッ、たまらん」の世界でしょうか。
A面も良いですが、このアルバムはやはりフラクチャーの後半のためにあるのかもしれません。
ゆっくり焦らず聴いてみればよいのではないのでしょうか。



03/06/07 01:46:22
名前:
毛糸

コメント:
どこででしたっけねー?
誰でしたっけねー?
ドラムを習いはじめた頃、「やっぱジェイミー・ミューア?」とよっく言われたもんですー
誉め言葉だよね?ね?ね?

>クリムゾン
ごめんなさいごめんなさい
「宮殿」と「ラークス」があれば浮上します

こんなあたしが愛してやまない「時計仕掛けのオレンジ」は
予想どうり気持ち悪いです



03/06/07 00:13:40
名前:
Woog

コメント:
>ラークス
ぼくが初めて買ったクリムゾンのLPは「暗黒の世界」でしたが
高校生に全てがわかるはずがなく、でも、これはなんかすごい 、と思っていました。
(それ以前にもちろん「宮殿」は聞いていました)
ラークスは「暗黒の世界」よりも、もっと別世界に行ってるような気がしていました。
パーカッションのジェイミー・ミューアという人が、
皆さんもご存じのように、行っちゃってる人で、
ステージで鎖を振り回すようなパフォーマンスまでやっていたようです。
あるステージで鎖が顔かどこかに当たり、怪我をしたら、
あっと言う間に現世を捨てて、仏教を究めるための修行に入ったそうです。
ラークスのインストの曲には彼から出てくるのかもしれない、
深い原始的な何かをぼくは感じていました。
「地獄の黙示録」のカーツ大佐の国のような雰囲気です。
さすがに、今は、高校のときよりも余裕を持って聞けますが、
いつまでも、飽きさせない、ちょっとやばそうな世界を感じます。



03/06/06 23:13:19
名前:
AUKEN

コメント:
おひさしぶりでございます。

クリムゾンの話が盛り上がってますね。
暗黒の世界はかっこいいですよー、私のフェイバリットなのです。
1曲目の偉大なる詐欺師などは疾走感に溢れてて、レコメン系を先取りしたみたいで素晴らしいです。
夜を支配する人みたいな叙情的な曲もありますし。

USAも選曲がツボで良いですよね。入門ベストにもなるアルバムですよね。
あとは実はビートがかなりかっこよかったりします。ニューロティカとか近未来感があります。
演奏が素晴らしいアブセント・ラヴァーズもライブアルバムとして高品質です。

なんかかなり闇雲にオススメしてしまいました(^^;、適当に聞き流してくださいです。



03/06/06 22:37:31
名前:
にいはお

コメント:
黙々とDVD鑑賞が続いているのですが、
らんま1/2は、はぁ、全然終わらない・・・。
何だか、見た分だけいつのまにかこっそり増えてるんじゃなかろうか?

>ラークス
私の場合、このアルバムは最初は「?」でした。
たぶん、ただ単にキーボードがEL&Pみたいに活躍していなかったからでしょう。
最初に聴いたのは高校時代でしたが、当時の私ってEL&P命みたいな
ところがあったので、そんなバンドばっかり追いかけていたんでしょうね、きっと。
しかも、EL&Pって実はプログレバンドの中では最も「ポップな」曲調を誇っていたので
汎宇宙的イエスや超絶哲学的クリムゾンの曲って、とっつくのに時間がかかったのは
事実です。
中心人物(フリップ)がギターというのも面白くなかったのかなあ。筋違いも甚だしい。

しかし、アルバムを身近に置くようになってから、いつのまにか抜けられなくなって
しまっていました。一体いつからスーッとのめり込んだのか覚えてもいません。
一番最初は「あれ、はずした?」とか思ったはずなのに、はずなのに、
ラークスパート2が口コピで全曲追っかけられるようになるまで、そんなに大した
時間はかからなかったかも。ポップな曲、きれいなメロディとかすごく好きなのに
その反面「怪しい変拍子の曲」を見ると、意地になって追っかけたがる、
ああああ、ひょっとして、どこかですっごく屈折していたのかなあ、若い頃って。

店主様、あせらず急がず、間隔を置いて聴きましょう。
大丈夫、絶対抜けられなくなりますから。ええ。



03/06/06 22:02:12
名前:
パル太

コメント:
クリムゾンねたが続きますね。

高校1年生の真夏、長岡のツモリレコードなるお店で「アイランド」のジャケットを眺めた日を思い出しました。紙ジャケで再現されてたかもしれませんが「世界で最も美しい音楽」なる文字が帯に書いてあり、かなり逡巡した記憶です。
「美しい」のは終曲のアイランドだと思うのですが、これはあの「アースバウンドの面子」をフリップ<<シンフィールドが完全に押さえ込んだ力技で「すごい」と思います。

「暗黒の世界」はフラクチャーの後半、これに尽きます!。この書きこみを読まれて、フリップのギターが脳内で鳴り響いた方ならお解りいただけるかと。

東京ボンバーズ、激しく懐かしいです!。新潟では確か金曜の夕方放送していたような。



03/06/06 20:59:11
名前:
案山子

コメント:
>J’ratさん
キング・クリムゾンの「太陽と戦慄」バツでしたか。
それはそれは本当に残念というか、申し訳ないというか、やっぱりというか・・・。
CHIPMUNKさん、FromNiigataさん、ふらじゃさんの書き込みを読みながら、
「なるほど」って思いましたよ。30年前には、もの凄く衝撃的で斬新に思えたものが、
時を経て、全く同じ輝きを保ってるとは限らないですものね。
私自身、このアルバムを「良い!」って思う大部分は「あの時の感情の記憶」でしかなく、
「今のそれ」ではないのかも知れないという気もしてきました。
もちろん時を経ても、あるいは時が経つほど「これは、どうしてこんなに新鮮なんだろう?!」って
思える音楽もあるし、「今となってはつまらないなぁ」ってはっきり分かる音楽もあるんですよ。
ただ、クリムゾンに関しては、記憶の部分も含めて、全く客観的になれない気がします。

ふらじゃさんの仰る通りUSA 一番にお薦めするのが、良かったんじゃないかなぁー。と思ったりします。
これは、前にも書きましたが、プログレ(特にクリムゾン)が大嫌いという夫が
「たるい曲がなくて良い!」と絶賛(?)していましたので、取っつきやすいのではないでしょうか。
でも、それ以前に「合わないな」って思われたら、そこで止めるのが正解かも知れませんね。



03/06/06 09:51:51
名前:
ふらじゃ

コメント:
今日も良く晴れてますね、入梅前なので貴重な天気ですが・・・暑い・・・

今朝の通勤の友はBTOのベスト盤でした。このベストは割と後期の音まで収録されてるので、音の変化が聞けて面白いです。たまにはこういうストレートなロックも良いですねぇ〜

>クリムゾン
確かにこの時期の彼らはインプロ命のライブバンドでしたね、「暗黒の世界」も半分はライブ音源だったのではないでしょうか。「グレート・ディシーバー」はボリュームがありすぎるのでまずは「USA」で免疫を付けると良いかも…って最初からこれ勧めればよかった



03/06/06 00:13:43
名前:
FromNiigata

コメント:
今日、ZEPの3枚組ライヴCDをゲットしてきました。
まだ1枚目ですが、BBCライヴ程ではないですが、凄い音圧ですね。
最新リマスター技術でメチャクチャ音良いです。
ボンゾのドラム、いっています。DVDの方も楽しみですね。

YesのQ.P.R.>
音のバランスが前半メチャクチャなのは、多分野外フェスティバルで音チェック
がまともにできなかったのに加え、ラインからいきなり2chに録音しなければ
ならなかった状況にあったからでしょう。そのため、後半はかなり盛り返して、
「儀式」ころにはまぁ、まともになっています。
(録音する予定なんだから、最初からちゃんとしろよと言うのはもっともですが)
でも、映像だけでも貴重ですよね。

「太陽と戦慄」>
私も個人的にはピンとこないアルバムです。エグザイル(日本のバンドはここから
採ったのでしょうか?ジャケット「ポンペイ」ぽいですけど…余談でした)もなん
かエコー少なくて「う〜ん」って感じなんですが。凄いアルバムであることにはも
ちろん異存はないんですが、後期クリムゾンはやはりライヴと言うのが持論なんで…。

J’ratさん、次は「グレート・デシィーバー」どうですか?と言って悪の道へ
引きずり込んだりして…。



03/06/05 21:48:29
名前:
CHIPMUNK

コメント:
こんばんはー。すっかり暑くなっちゃいましたね。汗ダラダラおやじと化しております。
>太陽と戦慄
大家さん、一気に行き過ぎで消化不良かもしれませんね。
わたしはこのアルバムは初めて聴いた瞬間からトリコになったものの一つです。今でも初めて聴いたときのことを憶えてるくらいです。
しかし拙い経験からいうと、こういう曲っていったん波長が合うとすさまじい勢いで入ってくるのですが飽きるのも早いような気がします。ある意味.....品格が落ちそうなので止めときます。(^^;;

閑話休題。週末に修理に出したステレオが帰ってきて前よりもスムースに音が出るようになりました。「2年にしては使い込んでますね」っていわれたときはちょと恥ずかしかったですが。でもうれしいっす。



03/06/05 19:56:26
名前:

コメント:
あまりにも、お久しぶりですが....。

>東京ボンバーズ

小泉ひろし...って名前の人、いませんでしたっけ?



03/06/05 15:47:25
名前:
Starless

コメント:
>東京ボンバーズ
ケーコ派。。。でした@当時小学生



03/06/05 14:34:31
名前:
J'rat

コメント:
 よいお天気になりました。まるで初夏です。もう6月ですもんね〜。

 今朝聴いてきたのはキング・クリムゾンの「太陽と戦慄」でした。昨日買ったのです。原題が「毒蛇の中のヒバリの舌」だそうですが、すごい訳ですね。最近「パワー・トゥー・ビリーヴ」はクルマでもかけています。また「Red」も気に入って、いよいよプログレ者の仲間入りかと期待された(されてない?)私ですが、今回はクリムゾンの壁の高さを知りました。どうもこのアルバムは難しくて...、スミマセンでした。もう少し修行してから改めて聴きます。
 次は「暗黒の世界」か「アイランド」あたりに挑戦してみようと思っています。

 そうそう、きのう有楽町に行くついでにお茶の水のdisk unionに寄ったのでした。ずいぶん遠回りでしたが...。で、YesのQ.P.R.のDVDもゲットしました。早速1枚目を見ましたが、本当に映像はきれいです。でも、音はひどいですね。P.A.がリハーサルじゃないかと言うくらい間違っています。バランスがおかしいと言うレベルじゃなくて、スライダーが下がっているのか、プラグが抜けているのかというひどさです。どう考えてもこれは失敗版です。よく正規盤でリリースしていますね〜。買った人は怒りますよね。
 でも、私は非常に満足して眺めてしまいました。あこがれのパトリック・モラーツがグリグリ弾いていますし、たくさんのキーボード群も映っています。「リレイヤー」は元々好きなアルバムですし、「i」のフレーズも出ていますね! 思い切って買ってよかったです。
 我が家ではテレビは妻と子供のものですので、ビデオ作品は買ってもなかなか見られないのです。昨夜は夜中の12時過ぎに見ました(眠くなって途中であきらめてしまいましたが)。でもやはり動いて演奏する姿を見れるのはいいものですね。

>にいはおさん、
 「時計仕掛けのオレンジ」は音楽がモーグ・シンセサイザーのワルター(ウェンディ)・カーロスですよね。私も買おうとして見送ったことがあります。映画音楽は聴きたいのですが、バイオレンス・アクションものなんですよね。ちょっと気持ち悪そうだし...。

>FromCEBさん、
 「星に願いを」はロマンチックな名曲ですね。夜のディズニーランドにぴったりです。新婚時代を思い出します〜。(おいおい) この曲はビル・エヴァンスも演奏していませんでしたっけ?
 トリアンヴィラートの来日コンサートの実現はみんなで祈りましょう! とりあえず私は、当たったら呼べるようにジャンボ宝くじを毎回買っているのですが...。(^_^;)

>yeszanmaiさん、
 やはり自動車のランボルギーニだったんですね。もしかしてパトリック・モラーツも乗っていたりして?

>案山子さん、
 「コレクターズ・DVD/ギフトセット」とは恐れ入りました。まいりました。石像が付いてくるとは...。

>FromNiigataさん、
 最近ウチのプロジェクターのレジストレーションがよくズレるんです。調整しても映画一本見終わる前に色がずれたりします。そろそろ寿命かもしれません。プラズマかDLPが欲しいです。

>東京ボンバーズ、
 調べたらつい最近まで東京ドームにリンクがあったようですね。当時のメンバーとかは私もよく覚えていないのですが...。

>ふらじゃさん、
 そうそう、「ファイアー・ストーム」でした。今週と来週は出勤なので、ビデオに録らなくっちゃ。



03/06/05 13:08:04
名前:
ふらじゃ

コメント:
昨日は天気予報に裏切られましたね、置き傘があったので濡れずに済みましたが、自転車通勤用の軽装だったので寒かったです。

夕べはリック・ウェイクマンのライブDVDを見てました。75年のオーケストラと一緒の物ですが、物凄い数のキーボードを並べてますね、目の高さに鍵盤があったりして、ちゃんと弾けるのか気になって仕方なかったですが、ものの10分もしないところで仔ふらに電源切られてしまいました。あーあ

今朝の通勤の友はSIMON PHILLIPSのソロ「ANOTHER LIFETIME」でした。全曲同じメンツで作られてるので実にまとまりのあるアルバムです。ジャンル分けするとフュージョンに属する音ですが、かなりロック寄りに聞こえるのはかれのドラマーとしてのキャリアなのかもしれません。聞き応えのあるアルバムです。

しかし今日は朝から暑いですねぇ、午前中車で外出してましたがエアコンが効かないくらいの暑さでした。
車が古くてAMラジオしか入らないし、連れが居たのでCD屋さんも無しでした。あーあ

>日曜朝9時のアニメ
「ファイヤー・ストーム」ですね、製作にサンダーバード等で有名なゲリー・アンダーソンが参加してます。CGとセルアニメの落差に違和感がありますが、CGの出来はすごいです。内容もサンダーバードっぽいところがあります。
これってどこかで前に書いたような気がします

>東京ボンバーズ
知らないって言っても信用されないでしょうが、流行ってた割には名前くらいしか聞いた事ないです。やっぱTV放映が無いというのは致命的かも



03/06/05 12:40:45
名前:
ホイトル

コメント:
背番号747でしょう!



03/06/05 09:37:49
名前:
毛糸

コメント:
イノキ!ボンバイエ!
イノキ!ボンバイエ!
あ、失礼

東京ボンバース!
あなたはヨーコ派?それともケーコ派?



03/06/05 00:57:53
名前:
にいはお

コメント:
たった今、「少林サッカー」見終わりました。
まったく、どこのバカが・・・いや、もとい、どこの誰がこんな
バッカバカしい映画作っちまうんでしょうか!!
笑い通り越して脱力してしまいました。漢字文化圏のギャグはもう
こんなんばっかし。ああ、何でこんなアジアンB級から抜けられないんだろう、わたし。

>モルドール
「魔都」という漢字を充てているケースもあるのです。発音はこれが全く同じ「もぉ・とぉ」。
こちらの方がより感じが出ていますかね?

>東京ボンバース
ええ、みんな、本当に、知ってるのぉ?(笑)
「そんな人、いないだろうなあ」とか思いながらちょこっと書いてみた
だけだったのに。うっそぉ。



03/06/05 00:45:05
名前:
FromNiigata

コメント:
先週のオフ会の余韻が残っておりまして、最近は「ポンペイ」と「クイーンズパーク 75」の
モラーツのプレイばっかり聴いております。ヒラヒラ衣装に身を包み、のけぞりながらムーグ
「ミャ〜ミャ〜」させてるモラーツ良いですね〜。

東京ボンバース>
懐かしいですね〜、みんな知ってるじゃないんですか?



03/06/04 23:46:16
名前:
案山子

コメント:
>THE LORD OF THE RINGの中国語講座
莫都(もぉ・とぉ)=モルドール っていうのが、何となく雰囲気が出てますよね。
こういうのって、音だけでなく意味も含めて訳すんでしょうか?ものすごく高度な気がする。
>リヴ・タイラーのアルウェン
確かに最高に美しかったですねぇ〜〜。あの唇はお父さん似なのに、何故あんなに魅力的なんでしょう?
「映画にはラヴ・ストーリー」。ヒットするためには必須条件なんでしょうね。
第3部では「ええーーーーーっ?!」「なにそれーーーーーっ?!」「それだけぇーーーーー?!」
って親子で絶叫するぐらい、一言しか書いてなかったのですが、
映画では絶対に1000倍ぐらいに引き延ばしてるハズ!それが今から楽しみです。
>「スペシャル・エクステンデッド・エディション」
「これ絶対買わなきゃ!」って思っていると、ここの書き込みを見たのか
ポニーキャニオンから「コレクターズ・DVD/ギフトセット」なるものの案内が届きました。
DVDとアルゴナスの石像フィギュア、ポストカード、その他、ファン以外にとっては
全くどうでも良いような代物が付いて12800円!
「高すぎるよ。こんなもの誰が買うのよ?」と言いながら即注文しました。
「子供が喜ぶから」という伝家の宝刀があるもん。

スミマセン。次回は音楽ネタも書きます。



03/06/04 23:38:04
名前:
yeszanmai

コメント:
>ランボルギーニ
何故か自動車メーカーがレコード業界に参入して、モラッツのソロを出したんですよ。
でもすぐ撤退したみたいで、数枚しか出さなかったんじゃないでしょうか。



03/06/04 23:31:59
名前:
From CEB

コメント:
最近やたらとFM放送から流れてくる曲があります。
‘When you wish upon a star’(星に願いを)
ご存知、ディズニー映画『ピノキオ』のテーマ曲ですが、どうやら今年はピノキオ生誕120周年とのことで、その関連作品がいろいろと発売になるようです。
このメロディを聴くたびに、何か心の底から爐曚鱈瓩箸垢襪茲Δ亡兇犬蕕譴襪里六笋世韻任靴腓Δねぇ?
「夢や希望を願い続ければいつかはそれが現実となることもあるんだよ・・・」
まさしく店主さまのトリアンヴィラートに対する想いと重なる所がありますよね。
さあ、皆さん、トリアンヴィラートの来日コンサートをずっと祈り続けましょう!
あっ、その前にニュー・アルバムのほうが先でしたね...(^^ゞ

さて今夜ご紹介するミュージシャンの業績は、音楽界のみならず医療業界にも及ぶほどその評価は高かったようです。
ロニー・レイン(b、vo)
その昔、といっても30年くらい前にあの有名なFACESというバンドで、ロッド・スチュアートやロン・ウッド(現ストーンズ)と一緒に演ってましたが、多発性脳脊髄硬化症という難病に罹り、その後は車椅子で音楽活動を続けていた非常にガンバリやのミュージシャンでした。
確か今から15年くらい前でしたでしょうか、自己のバンドで来日コンサートも行ないました、もちろんその時はヴォーカルに専念していたと思いましたが、その時に歌った‘ウー・ララ’は涙無しには聴けなかったという記事を読んだ事があります。
ということで今夜は、彼と同じ難病に苦しむ人々の研究機関設立のために彼が企画したチャリティーコンサートに見入っておりました。
「アームズ・コンサート」と呼ばれているこのライヴ、今からちょうど20年前にロンドンのロイヤルアルバートホールで行われたようですが、集まったミュージシャンの名前だけでももう言葉になりません。
プログレ的(?)にはやはりジェフ・ベックでしょうか、ちょうど彼の「There And Back」が発売になった後だっただけに、サイモン・フィリップス、トニー・ハイマスを従えてこのアルバムから数曲演奏しています。
数年前にラリー・カールトン&スティーヴ・ルカサー名義で発売になった大阪ブルーノートでのライヴアルバムでも演っていた‘the pump’、これもカッコイイと思いましたがあらためて元祖ジェフのここでの演奏を聴いてみるとやはりこれに勝るものはないといった感じでしょうか。とにかく、サイモン・フィリップスがカッコイイのなんのって、当時技術的にも視覚的にもこの猯湘畛箸き^^;のテクは勉強になるところが多くありましたね。
あのボブ・ゲルドフもこのコンサートに影響を受けるような形で、後にあのBAND AIDでこういったチャリティコンサートの存在意義を更に世界的に広めていったのでした。
そういう意味からはロニー・レインのこのチャリティーコンサートは非常に意義あるライヴになりました。
享年51才でした。合掌。



03/06/04 22:36:39
名前:
にいはお

コメント:
帰宅の途中でついと寄り道をしたら、
DVD屋に「機械仕掛けのオレンジ」が置いてありました。
キューブリックのマスト・アイテムなので買おうかどうしようか
ちょっと迷いました(結局買わなかったけど)。字幕が中国語じゃ、なあ。

これからいよいよ、「少林サッカー」に取り組みます(取り組むったって、ああた・・・)。



03/06/04 14:31:30
名前:
J'rat

コメント:
 雨が降ってきてしまいました。洗濯物を干してきたのですが...。

 今朝はスターウォーズ「帝国の影」のCDを聴いてきました。外伝的な小説を題材にしたイメージアルバムのようなCDなのですが、あたかもサントラのような良い出来でした。
 私は最近スターウォーズづいているのですが、これは「スターウォーズ・トリロジー」という3枚組みのCDを買ったためです。定価5,500円のセットを980円で叩き売っていたのです。この間 Progbar でかけてもらったJazz版もこの一枚です(残りの一枚はエピソード4〜6のベスト盤)。お買い得でした。(^^ゞ

>yeszanmaiさん、
 そうそう、"TimeCode" こそCD化して欲しいですよ。ショルダーキーボードでしょうか、ノリノリで歌モノ満載で大好きなアルバムです。プログレっぽくはないですけど...。レーベルは確かにランボルギーニでした。マークが同じでしたが、これはやはりスーパーカー・メーカーなのでしょうか?

>FromCEBさん、
 「2001年宇宙の旅」の「美しく青きドナウ」は印象的でしたね。宇宙往還機の機内とハブ型の宇宙ステーションとのドッキングシーンでしたっけ。滑らかな映像とぴったりマッチしていました。最近DVDで見たのですが、途中に「休憩」が入っていたので驚きました。劇場に見に行った人たちは、休憩時間にロビーで映画の謎を語り合ったりしたのでしょうね。

>にいはおさん、
 「ローラーボール」は見たことがあるような気がします。東京ボンバーズも知っています。チームでカタパルトみたいにして選手を射出して攻撃していましたね。

>ふらじゃさん、
 子供が小さいとアニメばっかりになりますよね。そういえば日曜日の朝9時に東京12チャンネルでSFモノの国際的なアニメをやっているようです。今朝おはスタでCMを見かけたのですが、3DのCGもあってなかなかカッコよさそうでした。「見なくっちゃ!」と叫んだら、仔ラットにあきれられてしまいました。(^_^;)



03/06/04 09:52:38
名前:
ふらじゃ

コメント:
雨は降りそうにないですが曇り空ですね、遠くの景色が霞んでみえます。
出勤間際に眼鏡を拭いてたらフレームが折れてしまいました。予備を持っていたので大丈夫でしたが、右目の視覚に違和感があり、なれるまで時間がかかりそうです。

最近は仔ふらにつきあってキッズステーション(アニメ専門チャンネル)ばかり見てます。1人の声優さんが色んなキャラクターの声をあててるのはなかなか興味深いです。しかし、この世界も狭いのでしょうか?似たようなキャラクターは同じ人という図式がけっこうあるみたいですね、



03/06/04 01:18:47
名前:
にいはお

コメント:
毎晩する事が無いのでDVD鑑賞ばかりです。

今日は随分前に見たことのある香港B級映画と、洋画でした。
香港B級の方は「殺妻二人組」という、すっごいタイトルとはうらはらに
内容殆どなしの馬鹿馬鹿しいコメディでした。香港B級は多いんだ、こういうのが。
チョウ・ユンファ、アニ・タムイ等の、知ってる人はのけぞり返る香港ビッグスターに
加えて、当時はまだ日本では殆ど無名だったあの美人女優、ジョイ・ウォンも出演して
いるのです。

洋画の方は「ローラー・ボール」と言い、1975頃の作品のリメークものでした。
ローラーゲーム(東京ボンバースって言ってはたして何人分かるか?)と球技を
合体させたような近未来のスポーツがテーマのスピード感溢れる映画で、75年のほうは
ジェームス・カーンが主役でした。今度のは新人が目立ちますが、悪の親玉的役で
ジャン・レノが登場していました。面白かったけど、中国語の字幕はやっぱ、なあ・・・。

さて、「いろはにこんぺいとう」でも聴いて寝るとするか。
でも何でこんなもの北京にあったんだろう?



03/06/03 23:56:30
名前:
From CEB

コメント:
>デヴィッド・サンシャス(DS)

さすがyeszanmaiさん、よくご存知ですね、YES関連にも参加していたとは知りませんでした。
「Just As I Thought」久しぶりに聴いてました。このアルバムも本当に聴き所満載ですね。
お書きの通りこの中でも特にジェフ・バーリン客演の2曲は突出しているように感じます。
なんと表現したらいいのでしょうか、爛汽好撻鵐垢辰櫃ぅ汽Ε鵐畢...とでも言ったら言い過ぎかもしれませんが、途中に聴かれるジャン・リュック・ポンティっぽいサウンドもあいまってか、とにかくゾクゾクしてきます、特に‘And Then She Said’は。
これら以外にもリターン・トゥ・フォーエヴァーからインスパイアーされたという曲、ここで聴かれるDSのアコギは半端じゃありませんね、まさしくディ・メオラ、はたまたマクラフリンをも彷彿させるほどの輝きを放っています。またトリアン関連ではあのT.M.スティーブンス(b)も渋いプレイを聞かせてくれています。本当に良いアルバムですね。

さて本日はヨハン・シュトラウス2世の命日です。
...と聞くとすぐにあの有名なワルツ‘美しき青きドナウ’を連想するくらい有名ですが、またこの曲からは映画「2001年宇宙の旅」を連想される方も多いかもしれませんね。
ここから無理矢理こじつけるとすると、この映画からヒントを得て作られた作品としてはどうしてもあのカンサスの「モノリス」を忘れるわけにはいきません。
実際映画の中にも出てくるこの『モノリス』、宇宙人文化ではないかと言われたこの石碑にインスパイアーされるかのように彼らのサウンドはたんたんとプレイされていきます。
記憶に残るようなメロディックな曲は前作(「暗黒への曳航」)や前々作(「永遠の序曲」)に比べると少ないかもしれませんが、全体的なドラマチック性でみるとこちらに軍配があがるような気がします。
いずれにしてもこのころまでの彼らのサウンドは、今聴いても比較的スムーズに入っていけますね。



03/06/03 23:41:13
名前:
yeszanmai

コメント:
>Out in the Sun
いいですねえ。私も大好きです。のんびりしたい時には最適です。
Time CodeもCD化して欲しいですね。
確かランボルギ−ニから発売されてましたよね?



03/06/03 12:38:43
名前:
J'rat

コメント:
 今日もいい天気かと思いきや、サイタマは朝方曇りでした。東京は晴れていますが、なんだかまた台風が接近しているとか。変な天気ですね。

 今朝はトリアンの "The Website Story" のデモを聴いてきました。去年 Triumvirat.tv で発表されたものです。ちゃんとした曲は "Just A Face" と "When The Chips Lay Down To Die" の2曲だけですが、そのほかのプロモもWAVにしてCD-Rに焼いて持ち出しました。
 いずれも、グラント・スティーヴンスのボーカルもユルゲンのキーボードも惚れ惚れするほどカッコいいです。最後にアップロードされたのが去年のクリスマスですので、もう半年も音沙汰がないのわけですが、なんとかリリースして欲しいものです。

>にいはおさん、
 「指環王」」の登場人物の中国語読みは頭がくらくらしますね。リヴ・タイラーはあの映画の中の癒し系キャラ(ただしおじさん限定?)です。「映画はラブストーリーをからめなきゃ」というノリで登場しているのかもしれませんね。スターウォーズのエピソード2もラブストーリーでしたね。

>案山子さん、
 そうそう、「スペシャル・エクステンデッド・エディション」は劇場公開されなかった30分が追加されています。なんと4枚組(本編×2、特典×2)です。本編だけですがレンタルもしているようです。

>ホイトルさん、
>もちろん「ウインドウズ2000」とか「ウインドウズXP」とかいう題名にして......
 言うと思っていましたよ! (^_^)/

>ふらじゃさん、
 "Out In The Sun" はいいですね〜。確かに夏向きですよね。私も聴きたくなってきました。3rdアルバムは先週Progbarで聴きましたね。

 Progbarはまた来週の水曜日あたりにCD-Rを持って行こうかと思っています。お暇な方はよろしければいかがですか?



03/06/03 11:32:06
名前:
ふらじゃ

コメント:
今日も良い天気ですね、暑くなりそうですが、風は涼やかです。

今朝の通勤の友はモラーツの「OUT IN THE SUN」でした。ラテンのノリが良くて暑い日にも聞ける数少ないプログレですね、「STORY OF I」よりもすっきりして私は好きです。

日曜日に庭を見たら結構雑草にも小さな花が咲いていてキレイだったので、そのままにしてしまいました。確か芝だったはずなのですが…(^_^;

>ホイトルさん
ありましたねー「ウインドウズ」買ったときの動機はハードロックのメンツが豪華だったからだと思いますが、当時プログレにもどっぷりでしたから何の違和感も無く聞いてました。
「ウインドウズXP」上手い、座布団3枚!
そう言えば同じく豪華なメンツでつくった「バタフライ・ボール」というミュージカル仕立てのアルバムもありましたね、これはロジャー・グローバー名義でしたが、当時のパープルの人脈って凄かったですねぇ



03/06/02 22:30:00
名前:
ホイトル

コメント:
>「GEMINI SUITE」
ディープ・パープルのこのライヴ盤は数年前(?)にひっそりと発掘音源として出ました。
まったくもってちょっとまとまりに欠けて録音もあまり良くないですね。

ジョン・ロードのこの手の仕事でいっとういいのは
「ウインドウズ」というジョン・ロード名義のヤツです(と断言)
すでにパープルは3期になっていて、
「ウインドウズ」にはカヴァーデイルとヒューズが参加し、歌っています。

パープルとロイヤルフィルの共演のヤツは確か1999年に再演し、
ライヴアルバムも出してるので、
今度は「ウインドウズ」の再演もして欲しいのです。

もちろん「ウインドウズ2000」とか「ウインドウズXP」とかいう題名にして......



03/06/02 13:53:14
名前:
にいはお

コメント:
「指環王(THE LORD OF THE RING)」の中国語講座

弗拉多(ふぉ・ら・とぉ)=フロド
莫都(もぉ・とぉ)=モルドール
羅汗(るぉ・はん)=ローハン
莱格拉斯(れい・ご・ら・す)=レゴラス
薩如曼(さ・るぅ・まん)=サルマン

あとは・・・つかれた、また今度。


>もっと関係ないのはリヴ・タイラーのアルウェン!
>原作にも出てなかったようだし、やっぱり必要ないと思う。

・・・・いんや、そんなことはありませぬぞ。
綺麗な女性は本筋に関係あろうがなかろうが、許す。
実際ぼく、見てて心洗われたし(笑)。だって不毛だもの、北京。



03/06/02 12:35:09
名前:
J'rat

コメント:
 いいお天気です〜。湿度も低くてさわやかですね。きのうは夕立が降りましたが、その後晴れ間が出て半円形に大きな虹がくっきりと出ました。思わず家族を呼んで眺めてしまいました。虹なんて久しぶりです。

>FromCEBさん、
 銀座の Progbar は JAZZとRockのお店なのでプログレ以外も大丈夫だと思います。水曜日に行った時は別のお客さんが持ち込みのCDをかけてもらっていました。ぜひどうぞ。また、オフ会でご一緒しましょう。「ハードなELP」という David Sancious も聴いてみたいですね。マスターはキーボード奏者なので、お店にあるかも知れませんし。
 ドイツ国家は聴いたことがないのですが、ハイドンなんですね。フランスは「ラ・マルセイエーズ」でしたっけ?(大序曲1812年ネタ) 国歌は面白そうですね。なかなか聴く機会がないのですが、まとまったCDを手に入れたいです。ユルゲン・フリッツが演奏してくれるかどうかはわかりませんが、サッカー好きのようですので次回のワールドカップに優勝すればやってくれるかもしれませんね?

>ふらじゃさん、
 週末は私もへばっていました。まさか金曜日も飲みに行かれたのでしょうか? 私はきのうの昼に意を決して庭木を刈り込みました。延び放題のジャングル状態だったのです。2時間で、ゴミ袋7杯も出ました。

>にいはおさん、
 最近のDVDの獲物を拝見していると、中国がうらやましくなってきますね。安くても中国語字幕が読めないから無理ですが...。
 「二つの塔」は私も同じ質問を妻ラットにしました。案山子さんがお答えになっている通りのようですが、映画には1つしか出てきませんよね。本の3部作の第2部自体がそういうタイトルなのですが、紛らわしいことこの上ないですよね。

>案山子さん、
 子ども会の役員とかは大変ですよね。ウチはとてもできないとあきらめています。
 「太陽と戦慄」はご心配いただいてすみません。私は好みが軟派なものですからびくびくしていますが、きっと挑戦します。「感動的なエンディング」目指して!
 東京出張の折はぜひ Progbar にどうぞ。東京駅にも近いので、FromNiigataさんのように新幹線の終電まで飲むというのもいいですね。

>yeszanmaiさん、
 David Sancious はジョンのソロに参加していたのですか? さすが yeszanmai さん! Yes 関連を網羅していらっしゃいますね。Yes と言えば、いよいよ今週ツアー再開ですね。ジョンちゃんは元気でしょうか?



03/06/01 23:20:23
名前:
yeszanmai

コメント:
>デヴィット・サンシャス
彼の70年代の作品はなかなかCD化されませんでしたね。
まだ未CD化のものがあります。
初期のトリオでの演奏はまさに「黒いELP」。
ギターの腕前もなかなかのもので、ホールズワース的プレイです。
ジェフ・バーリンの参加したUKを彷佛とさせる"Just as I Thought"がお薦め。
80年代はジョン・アンダースンのソロやジャズ、ロックを問わずセッションを沢山こなしています。



03/06/01 23:14:06
名前:
案山子

コメント:
週末の夜はPTA、子供会と連日の会議でした。
子供会の会長というのは思った以上に色々ありまして、結構大変な一年になりそうです。

>連続オフ会第二弾
パトリックモラーツ特集と、トリアンの話題ですって?!
それは、にいはおさんじゃないですが「あんまり」ですよ!
「いやぁー。昨夜は中東プログレの話で盛り上がっちゃって・・・・」
って言うのなら、まだ諦めもつくんですが。
レフュジーも、探してるのにまだ聞けてないんです!!口惜しいです。
曲を聴きながら話せるのは良いですよね。私みたいに知識も記憶力もないものには理想の形ですよ。

>J’ratさん
「太陽と戦慄」・・・これ、お気に召すかなぁ?どうかなぁ?と心配で緊張しながら聴き直していました。もしも最初の曲で、めげても最後まで我慢して聴いてくださいませ。徐々に美しく高揚して行き、
衝撃的な展開から、たたみかけるように感動的なエンディングに向かう・・・ハズだと思うのですが。

>「ロード・オブ・ザ・リング」の特別版のDVDは長い
そうなんですか?!これは、どうしても観念して買うしかなさそうですね。
>にいはおさん
>映画の中にあんまりタイトルの「二つの塔」って出てこなかったけど、何か本編と関係あったの?
アイゼンガルドにあるオルサンク(悪者になった魔法使いサルマンが居てたとこ)は結構出てきてたけど、
モルドールのバラド=ドゥア(悪の元締めみたいな冥王サウロンが支配してたとこ)は
指輪をはめた時にちらっと出てきただけかも知れませんね。
元はといえばこの2つの塔が悪い!ってことが言いたいのでしょうか?
それよりも、もっと関係ないのはリヴ・タイラーのアルウェン!
原作にも出てなかったようだし、やっぱり必要ないと思う。他の所山ほど削ってるのにどうしてでしょう。



03/06/01 21:02:18
名前:
From CEB

コメント:
いよいよ今日から6月ですね、蒸し暑さもこれから本格化してくるにつれて爽やかなサウンドを聴く機会が増えてくるのでしょうね。

ドン・グロルニック(key)
彼の名前を聞いてピンとくる方はかなりのツウだと思われます、リーダー・アルバムこそ出してはおりますがほとんどはスタジオミュージシャン的、いわゆる裏方的にプロのミュージシャンには堅実なプレイで非常に信頼が厚かったようですね。例えばジャズシーンにおいてはヒューバート・ローズ(fl)、デヴィッド・サンボーン(sax)、ブレッカー・ブラザースといった何故か管楽器プレーヤーに始まり、ポピュラーシーンにおいてはカーリー・サイモン、ジェームス・テイラー、リンダ・ロンシュタットといったSSWまでの多岐にわたって本当に地味ながらなかなか渋いサウンドを我々に届けてくれました。
本日は彼の7回忌です。本来であれば彼が亡くなった97年に、彼へのトリビュートアルバムとして発売になったジェイムス・テイラーの「HOUR GLASS」を聴こうと思ったのですが、手元にありませんでしたのでスティーリー・ダン(SD)の「幻想の摩天楼」を聴いています。
SDというと、1曲1曲へのサウンドのこだわり様が共演ミュージシャンからも爐箸辰弔難い瓩噺世錣靴瓩唇未亡萎主義者だったようですが、それが功を奏する形でプロをも評価するアルバムを次々に発売していきました。特に「AJA」という作品はその頂点を極めたアルバムとしていまだに評価が高い様ですが、そのプレリュードとしてこの「幻想の摩天楼」は非常に重要な位置付けにある作品だと思います。
このアルバムではあのラリー・カールトンが全曲にわたってサウンド作りに貢献してますが、特に1曲目の‘滅びゆく英雄’では彼の一世一代のソロを聴くことができます。もちろん気持ちがいいことに違いはないのですが、それに華を添えるかのようなドン・グロルニックのクラビネットがグルービーさを加えてくれていてなかなかキマッっています。
そういえばもうすぐ彼らのニューアルバムが3年ぶりに発売になるようですが、これも非常に楽しみですね。



03/06/01 20:29:21
名前:
にいはお

コメント:
何だか最近、週末になるとあちこちにバッタもんを求めて
うろつきまわる習慣がついてしまいました。
今週末も、

DVD イエス「LIVE FROM HOUSE OF BLUES」 8元
DVD 邦画「楢山節考」(!!) 10元
DVD ポケモン「ルギア爆誕」 10元
DVD オースティン・パワーズ 10元
DVD 「幻魔大戦」(音楽監督:わはははK.エマーソン) 8元
DVD 「シャイニング」(J.ニコルソン) 10元

等々。二番目の「楢山〜」の背表紙には「なぬセまめしこう」と言うタイトルが
ふられていました。何のことかは・・・ま、いっか。
実はさりげなく上記のような「往年のプログレバンドのニューテイストなライブ音源」が
ふらりと店頭に入っていたりするので、なかなかチェックの手をゆるめる事ができません。

また、先般のハリーポッターで「中国語の字幕さえ入っているならまあなんとか許容範囲」
ということが分かったため、今後は各種映画にも手が伸びそうです。とはいえ、あまりシリアスな
内容だとやっぱり頭がこんがらがるので、しばらくは「スクリーム」等のホラーとか、
あまり聴き取れなくてもなんとか逃げれるものばっかり漁るのでしょう。
今日の日曜の午後は「二つの塔」に専念しておりましたが、やっぱりちょっと疲れました。
「甘道夫→かん・たぉ・ふぅ→ガンドルフ」みたいに名前まで漢字で普通の文章と一緒に
出てくるので、ぼーっとしているとどれが固有名詞でどれがセリフか、もうむちゃくちゃ。

ところで・・・映画の中にあんまりタイトルの「二つの塔」って出てこなかったけど、
何か本編と関係あったの?まあ
 .螢堯Ε織ぅ蕁爾慮元が時々思い出したようにお父様(スティーヴン)にそっくりになる。
 △修離螢屬良秧凸鬚離┘襯佞凌佑、スティーブ・ハウそっくり!
なので、とりあえずは、許す!。



03/06/01 07:12:57
名前:
ふら

コメント:
本来なら台風一過でカラリと晴れて暑い日になるはずなのですが、今回は途中で低気圧になってしまってどうも不安定な空模様です

昨日はずっと家にいました。なにをするでもなくボーっと過ごしてしまいましたが、いい休養になったかもしれません。

そんな中「GEMINI SUITE」というライブアルバムを聞いてました。オーケストラとロックバンドという布陣のアルバムでオリジナルはジョン・ロードのソロ名義でリリースされた物ですが、このライブはディープ・パープル名義になってました。
内容はオーケストラの演奏にバンドのパートをソリストとして配した作りになってて、なかなか実験的で面白いのですが、ちょっとまとまりに欠ける感じでしょうか?録音もあまり良くないです。
1期パープルの「3」やロンドン・フィルと競演のライブが好きな人にはオススメです

しかしいつのまにこんなアルバムが出てたんだろう?



現在のフォーラムへ | トップに戻る | 過去ログのインデックスへ


 DiscographyBiographyIntroductionPersonnelForumOfficial SiteJ'rat Home