J'rat Forum
 DiscographyBiographyIntroductionPersonnelForumOfficial SiteJ'rat Home
2002年6月のログ

現在のフォーラムへ | トップに戻る | 過去ログのインデックスへ


02/07/01 00:45:31
名前:
yeszanmai

コメント:
>トリアンのリマスター
いよいよですね。
ここまで待ったのだから、日本盤がでるまで我慢しようかな。

>WHO
イエスのメンバーはみんな影響というか刺激を受けたのは間違いないと思います。
同世代で片や、人気も実力も認められたバンド。
片やバーのウェイターで無名のシンガー(ジョン)と引きこもり中のベーシスト(クリス)ですから(笑)。
たしか『リレイヤー』のライナーで「好きな作曲家」にタウンゼントを挙げていましたね。
フラッシュ時代のピーター・バンクスのライヴ写真を見ると、まるでピート・タウンゼントですよ。

>アイン・ソフ
1982年頃、ギターの山本要三氏と兵庫県芦屋市の某スタジオでお会いしたことがあります。
とても物静かな方で、その時は女性シンガーのプロデュースとバックの演奏をされていました。
発表されたかどうかはわかりませんが、クリムズンの「風に語りて」のような感じでした。
あと(多分自主制作の)映画のサントラやCM音楽を録音中とのでした。



02/06/30 20:28:44
名前:
にいはお

コメント:
もう、これで何日晴れの日を見ていないことでしょう?
「日曜の午後」「雨天」「どんより」は、
精神衛生上実に宜しくないんだがなあ。

突如として「リゾット」に目覚めました。
北京で行きつけのイタリア料理店「ピーターパン」(実在)での
リゾットに惚れ込んで、それで。

おかゆよりは「主食」って主張があって、
雑炊よりもえー、なんか−、オシャレでー
チャーハンよりもバリエーション、豊富そうじゃないですか。

ベーシックなところから練習しはじめました。
煮る時にお米の芯を残した状態で水気をきれいに飛ばす、が
ミソ、と見た。ううむ・・・。

あんまり音楽っ気のなかった週末でした。ザ・フーはまだ恐ろしくて
聴けません。



02/06/30 16:55:12
名前:
紀州の駱駝

コメント:
>案山子さん。
「A Live Record」、是非買ってください。音質が明らかにクリアになっていますし、何よりも今までブートでしか聴けなかった曲がたくさん聴けますので!
個人的には、Camel Productionsとユニヴァーサルとの間でごたごたがあったので、喜んで買うには若干の抵抗もあったんですが、やっぱり聴いてみると、今まで聴けなかったライヴが聴けるということが素直に嬉しい、というところが正直なところです。

>Never Let Go
前回来日のときはやりませんでしたが、以前はライヴで定番の曲でしたし、「A Live Record」はもちろん、それ以外にも「On The Road 1981」「On The Road 1982」「Never Let Go」の計4組のライヴCDに収録されていますから、どこかで耳にしたんじゃないですか。



02/06/30 11:15:13
名前:
案山子
電子メールアドレス:
メールはこちらまで

コメント:
>ジョン・エントウィッスル
亡くなられたんですね・・・。WHO’NEXTとWHO ARE YOUを聞きました。

>キャメルの紙ジャケ
買いました!
LPでしか持ってなかった「スノー・グース」と「ムーンマッドネス」。
それから「何故か持ってなかった!」と気づいた「ファースト」。
(NEVER LET GOは知ってました。この曲好きです。どこで聞いたのかなぁ?ヒットしたんでしょうか?)
ライヴは、ものすごーーーーく迷ったあげくに買わなかったんですよ。
改めて書き込みをじっくり読み返しても、買うべきなのかどうか・・・・。どうなんでしょう?
わたしは、ブレスレスでは泣かないですが、LUNAR SEAはダメですね。必ずぐっと来ます。

クリムゾンのどこが好きかなぁーーーってずーーーーーっと考えてるんですが、
本当に「とにかく、ものすごく好き!」っていうものについて語るのは難しいですね。
一言も出てこないです。表現力のある方が羨ましいです。
初期クリムゾンのチケットのことで問い合わせても、返事が来なくて困ってます。
どうなんでしょうか?わたしは九分九厘行けないので、取れなくても、まぁいいかーーなんですが。
「一体、いつの話題やねん!」ですね。すみません。仕事やら宝塚記念やらで・・・。



02/06/30 01:26:56
名前:
紀州の駱駝

コメント:
>アインソフ。
私は日本のプログレ・バンドではアインソフ(Ain Soph)が一番気に入っています。私の知る限りではスタジオ盤が4枚とライヴ盤が3枚リリースされていまして、『帽子と野原』は1986年リリースの2枚目のスタジオ盤です。これも好きなんですが、もし見つかるようでしたら1stの『妖精の森 A Story Of Mysterious Forest』も是非聴いて下さい。このアルバムは、当時LPのB面すべてを使った約19分のアルバム・タイトル曲がシンフォニックな感じで抜群なんですよ。

それから蛇足になりますが、このバンドはキャメルやカンタベリーからの影響が大きいようで、曲名や曲そのものにもニヤリとさせされるものが多いです。
例えば『帽子と野原』に入ってる「組曲:帽子と野原(Hat & Field)」からHatfield & The Northを容易に連想できますし、「カンタベリー物語(Canterbury Tale for Pye Hasting & Richard Sinclair)」なんてタイトルの曲もあります。
『海の底の動物園』というアルバムには「駱駝に乗って(Ride On A Camel)」という曲があり、「メトロノーム7/8(Metronome 7/8)」にはCaravanの『Caravan And The New Symphonia』の「Introduction」がそのまま使われてます。(ちゃんとクレジットにHelp From Caravan's "Introduction"と載ってます。)



02/06/29 14:32:03
名前:
J'rat

コメント:
 連続ですいません。

 おや、HMV Japan も7/15から7/22に発売日を延期していますね。値段は1790円のままと表示されています。
http://www.hmv.co.jp/search/artist.asp?from=title&category=ARTISTS&artist=000000000000194



02/06/29 14:22:31
名前:
J'rat

コメント:
 今日は曇りですが、雨も風もなくて、穏やかな週末です。

 トリアンヴィラートのリマスターですが、米国のamazon.comでも、先行販売が始まったようです。発売予定日は7月22日で価格は$13.99となっています。
http://www.amazon.com/exec/obidos/search-handle-url/index=music&field-keywords=triumvirat&bq=1/103-2912379-9399824

 一方 amazon.de は発売日を7/12から7/26に2週間延期し、価格を EUR 8,61 から EUR 16,99 に値上げしているようです。どうしたんでしょう? アメリカより遅くて高いとは何事かと、問い合わせ中です。

>カスタムさん、
 いらっしゃ〜い。ジョン・エントウィッスルってクリスに影響を与えたんですか。知りませんでした〜。返す返すも残念ですね。



02/06/28 23:47:03
名前:
カスタム

コメント:
>J'ratさん、みなさんお久しぶりです。

フーのジョン・エントウィッスル氏が急死ですか・・?
すべてのロック・ファンにとって尊敬されてた存在だったのに残念です・・。
実は僕は以前J・エントウィッスルのLP持ってました。
かなり貴重盤でしたが今は売ってしまいました・・。
クリス・スクワイアが影響受けたベーシストとして有名でしたが、ジョンのアレンビック・ベースもプログレぽいゴリゴリした音がリッケン・ベースよりソフトな感じで好きでした。
最近は有名ミュージシャンが亡くなるのが多いですね・・。
これも時代の流れでしょうか・・。



02/06/28 15:28:53
名前:
J'rat

コメント:
 なんと、Whoのベース奏者の方が急に亡くなったんですか。まだ50代なんですよね。ご冥福をお祈りいたします。

 そうそう、きのうパル太さん(fromUSCさん)からメールをいただきました。お勤め先の環境が悪くて書き込めない状態が続いているようですが、ずっと見てくださっているそうです。先週の週末になんとお茶の水のdisk unionに来られたそうです。で、「CAMELのa live recordとアインソフの帽子と野原リマスターを購入しました」とのことでした。
 アインソフって私はまだ聴いたことがないのですが、日本のバンドですよね。パル太さんは是非にとお薦めくださいましたので、これは聴かなくっちゃ! 音質も最高だそうです。

>パル太さん、
 ご自宅にネット環境が整ったら、また書き込みに来てくださいね〜。あとオフ会もお待ちしていますよ〜。次回は7月12日です(週末に告知ページを作ります)。

>らくださん、
 今からライブが楽しみです。らくださんも演奏後はオフ会に参加可能ですよね? ライブハウスの近くの居酒屋さんでも予約しようかと思います。
 あと、ライブの入場料はおいくらでしょうか? お教えくださいませ。



02/06/28 13:45:36
名前:
にいはお

コメント:
動揺のあまり、
(B)の場所、間違えちゃったじゃねえか。

・・・全く何で!?どうして!?



02/06/28 13:41:37
名前:
にいはお

コメント:
ああああっ、もう、いやああっ!!

ザ・フーのJ.エントウィッスルが死去(B)、だって。
・・・何で!?どうして!?

何でこんな凄い人が早々と逝ってしまうのですか?



02/06/28 12:10:06
名前:
J'rat

コメント:
>ふらじゃさん、
 横浜のdisk unionはいいお店ですが、プログレが減っているんですか? もしかして最近ふらじゃさんがあまり行かないから、売上が落ちているんじゃないでしょうか。(^^ゞ

 昨夜は新しいソフトを試していました。ドイツのスタインバーグ社のClean3.0 というCDライティング・ソフトですが、目玉はノイズ除去機能です。宣伝には、以下のようにあります。
 〜レコードのキズ/静電気による「プチ、パチ」といったノイズ、レコードの溝をトレースする際のノイズ、カセット テープやオーディオ機器が持つ「シャーッ」といったノイズを取り除きます。自動設定ボタンを押すだけで、曲ごと の最適な除去レベルが自動的に設定されます。また、レコードプレイヤーから生じる「ブーン」といった低域ノイズも取り除けます。〜 http://www.japan.steinberg.net/products/clean/index.html

 最近トリアンヴィラートの昔のシングルや、関連のLPなどが中古で集まりつつあります。でもいかにマニアの方であろうとも、ノイズがひどくて聴くに堪えないようなものが多いのです。
 で、Clean3.0を近所のヤマダ電器(家電量販店です)で発見して即ゲットしたというわけです。さっそく試したところ、かなり効果がありました。スクラッチノイズが完全に無くなるわけではありませんが、聴感上は1/10くらいに減りました。同時に音溝のびびり音のような歪みも低減されてしまいました。グライコでいじるのと違って高域が落ちたりしないのもすばらしいです。
 各種の効果がリアルタイムで聴きながら調整できますし、自動調整も可能です(WAVファイルの時)。多機能なソフトで、位相やピッチ、ステレオ感なども変化させることができます。あとドルビー準拠のサラウンド効果も付加できるようです。これは確認のすべがありませんので試していませんが...。

 貴重なレコードのコレクションをCD-Rにしたいのだけど、アナログ・ノイズに困っている、という方にはお薦めの一品です。なんかスタパ斉藤さんの「物欲番長」みたいになってしまいました...。(^^ゞ



02/06/28 10:26:18
名前:
J'rat

コメント:
 今日は曇りです。すっきりしませんね〜。

>ゆるげんさん、
 「トッカータとフーガニ短調」は懐かしいですね〜。小学校の時はじめて好きになったクラシックでした。バッハは大フーガ、小フーガとか、面白い名前の曲もありましたね。でもロックでパイプオルガンというと、一番はYesの「パラレルは宝」ですね!
 で、今朝は昨日買ったキャメルはやめて、フラワーキングスの「スターダスト・ウイ・アー」を聴いてきました。このバンドもパイプオルガン使いですね。キーボード奏者の名前は、え〜っと、トーマス・ボーディン。ソロもいいらしいのですが、まだ聴いたことがありません。(^^ゞ

>毛糸さん、
 やっぱり毛糸さんだったんですね、「妙齢の美女」というのは!

>kitさん、
 kitさんは新宿に行かれたんですね。新宿レコードは7月の中旬にトリアンのリマスター入荷予定とホームページに掲示しています。店頭には張り紙などはなかったでしょうか? あのお店のことですからきっと日本最速で販売されるのではないかと期待しています。
 エディ・ジョブソンのブルガリアンコーラスって、面白そうですね。どんな感じでしたか?

>T-Maxさん、
 いらっしゃいませ〜。キャメルの「ライブ・ファンタジー」って "A Live Record" のことだったのね、ときのう買った後ずいぶん時間がたってから気が付いたのは私です。σ(^^;
 でもボーナストラックが「+7」というのは大盤振る舞いですね。ほとんど別のアルバムみたいです。きのうは1枚目だけしか聴けませんでしたので、白雁はまだ聴いていないんです。でも、発掘音源をめぐってこんないきさつがあったなんて、興味深いですね〜。

 トリアンヴィラートのリマスター、お待たせしております。とりあえず7月の中旬から下旬ということで情報は増えてきました。私にも米独の公式サイトにも正式なアナウンスはありません。今回の再発に関しては、プロデューサーもマネージャーもついていないのかも知れませんね〜。ドイツのEMIにも再度問い合わせてみます。 みなさんも何か情報がありましたらお知らせくださいませ。



02/06/28 09:48:53
名前:
ふらじゃ

コメント:
今朝目が覚めたら雨が上がってましたので、久しぶりに自転車で出勤しました。まだ空気が冷たくて気持ちよかったです

昨日はパシフィコ横浜に用があったので、そのままunionまで足を伸ばして来ました。キャメルの紙ジャケは入荷数が少なかったのかもうほとんど残ってませんでした。
結局中古を4枚ほど買ったに留まりましたが、この店はだんだんプログレの扱い量が少なくなってる気がしてなりません。そんな中でのみっけものはジェスロタルのライブでした。最近のライブを寄せ集めて作った物のようで、最近の曲が中心ですが‘アクアラング’等も演ってるみたいで聴くのが楽しみです



02/06/28 00:55:41
名前:
T-Max

コメント:
御無沙汰しております。
Triumviratのリマスターをずぅ〜っとクビを長くして舞っておるのですが(はい、舞ってます、最
近)…。

>A Live Recordの"Snow Goose"
確かにAndy Wardが後から入れ直しておりますが、これは発表当時、既に入れ直した物で出されてい
るようです。当時は結局、Albert Hall音源は"Snow Goose"のみ発表して、その他は処分されるはず
だったのに、Decca/PolyGramがUniversalに統合されたら、既に廃棄処分になっているはずの他の音
源が何故か出て来て発表された、という事らしいです("Luna Sea"収録の"Lady Fantasy")。これ
に関してもAndy Wardが後から入れてLatimerがリミックスをした音源をCPが持っているので使うよ
うにレコード会社に要請をしたのですが、それだとレコード会社はCPにお金を払わないといけない
ので、無視したようです。代わりにバンド及びCPが全く知らない方をエンジニアに立てて今回のリ
マスターをしたようです。

未発表曲に関しても興味深い発言がありまして、今回の未発表曲とされてるものは全て既発曲らし
いです。単にCD化されていないだけだ、とCP側は言っておりましたね。

CPからのリマスターに関する公式ステートメントはこちらで読めます。
http://www.camelproductions.com/news_updates.html



02/06/27 23:41:14
名前:
kit

コメント:
こんばんは、kitです。

>J'ratさん
>union
私は今日仕事で新宿に行く機会があったので、新宿unionに行ってきました。
パル・リンダー・プロジェクトのライヴアルバムやKENSOの2ndとかが出ていて、
食指が動きまくって大変でした(^^;
ただ、その直前にエディ・ジョブソンのブルガリアンコーラスのアルバム「VOICES of life」と(やっと手に入れました(^^))、
小川銀次という人のアルバムを新宿レコードで買ったばかりだったので、
何とか思いとどまりました。

>トリアンリマスター
制作者(ミュージシャン)が発売日を把握してないことも、
事情によってはあるかもしれないですね。
正確な発売日は、流通に通じている人(プロデューサーorマネージャー)が
把握してなきゃいけないはずなんですけど…。



02/06/27 17:38:02
名前:
毛糸

コメント:
ブレスレスで号泣
奇遇ですな
あたしも2月に、本来ならかなり場違いな場所で
これを頼みこんで流してもらい、イントロ部分だけで号泣している男性をみかけて
やさしく包みこむように微笑みかけてさしあげましたのでござそうろう
(ウソをつくと日本語が変です)
「泣くなボケぇぇぇ!」とか決して、断じて言ってはおらぬ(と思う)



02/06/27 16:22:15
名前:
ゆるげん

コメント:
J'ratさん、皆さん、ご無沙汰です。

6月に入ってからPCの調子が更に悪くなって回線断絶してましたが、修理から戻ってきたらなんとか安定するようになりましたので書き込み復活します。

最近は新しいホームページ制作で忙しいです。マトモな形になったらURL公開したいと思います。
それと、『ゆるげん&カスタムのPROGRESSIVE PAGE』の方はずっと更新してなかったら、閉鎖されてしまいました。リンクを張って頂いたのに申し訳ありません。

>キャメル『ブレスレス』
キャメルの中で一番好きなアルバムです。タイトル曲は初めて聴いた時最初に好きになった曲です。
全曲素晴らしいですが、特に、「エコーズ」、「サマー・ライトニング」、「夢想曲(The Sleeper)」が好きです。

>フォルムラ・トレ『夢のまた夢』
う〜む、私には馴染めなかったです。
まだ、レ・オルメの『包帯の男』の方がキーボードトリオしていて良かったです。

>パイプオルガン
私の知ってる限りではトリアンでは使って無い気がします。本物の音はもっと重たい響きがあります。
クラシックだとバッハ「トッカータとフーガ」、ロックではイエス『究極』、リック・ウェイクマン『犯罪白書』、パル・リンダー・プロジェクト『ゴシック・インプレッション』、『ムンドゥス・インコムペルトゥス』等に使われてます、聴けばその違いが判ると思います。

ちなみに、ハモンドオルガンに似た音のドアーズなどが使っていた、ヴォックス・コンチネンタル・オルガンと言うのもあります。
ヴォックス→ハモンド→パイプと段々音が重くなっていきます。

>トリアンリマスター
ホントに出るんですかね。こっちでは店頭に並ぶなんて事はまず有り得ないので、買う事になれば通販か広島まで遠出するしかないですね。



02/06/27 14:28:10
名前:
J'rat

コメント:
 行って来ました、雨の中 disk union お茶の水ロック館へ。なんと、またまた disk union はビルの配置が変わっていました。プログレは駅前店の4階だったのですが、駅の並びのビルの3階に変更になっていました。あと、中古センターも変わったかも...。詳しい場所はこちら。http://www.diskunion.co.jp/top.html

 新プログレフロアは前よりずっと広くなってきれいになってしまいました。明るく垢抜けてしまったんです。...残念がっているわけじゃないですが、いやちょっと残念かも。う〜ん、なんと言いますか、明るくて健康的なお店になったわけです。なんだかちょっと居心地悪いです。暗がりでゴソゴソとCDを漁るのに慣れてしまったからでしょうか。照明とかまぶしいんです。

 さて、お目当てのキャメルは、ちゃーんと平積みになっていました。「本日入荷」だそうで、5枚ありました。私は結局どれがいつ発売になったのかわからないのですが、1stとミラージュとライヴファンタジアの3枚だけ買いました。ムーンマッドネスと白雁ももちろんあったのですが...。すみません、今回買った3枚は持っていなかったものですから...。おいおい>私(^_^;)
 おまけとしてdisk union特製ミニチュア帯をもらいました。3枚買うともらえると書いてあったのですが、3枚しか買っていないのに5枚分くれました。うれしいのですが、これは残りの2枚も買えということなのでしょうか。

>にいはおさん、
 「ブレスレス」はそんなに号泣ものなんですか! 私も泣きたい。...って、あ〜これも持っていないです。だめじゃん。>私 買います。でも、このあたりは紙ジャケで出るのでしょうか?



02/06/27 13:32:48
名前:
にいはお

コメント:
今日も雨です。どうなっとんじゃ、北京。

昨日の夜は、お客さんと一緒に北京の「長城飯店」
(シェラトン資本のホテル)なる場所で、
ビール飲みながら、サッカー見てました。
ロベルトだか何だかがゴールを決めた時には
周りにいた外国人客が大騒ぎしていました。
でも、ブラジルの人、みたいなのはいなかったな。
ここまで来たら、もう何でもよかったんだろう、きっと。

今朝はキャメルのブレスレスで出勤しました。
アルバムタイトル曲いきなりの12弦ギター(だと思うんだが)の響きは
なんと優しいことでしょう。
2月にちょっと帰国した時に、本来ならかなり場違いな場所で
これを頼みこんで流してもらい、イントロ部分だけで号泣してしまい、
一緒にいた妙齢の女性に笑われてしまいましたがなあに構うものか。
(でも、他にお客さんがいたらやっぱりやばかったかも)



02/06/27 12:38:42
名前:
J'rat

コメント:
 本当に、よく降りますね〜。梅雨なので雨はしょうがないのですが、この寒さは異常ですね。風邪引きそうです。

 今朝はイタリアのキーボードトリオ、フォルムラ・トレの「夢のまた夢」を聴いてきました。アルバムは4部構成なのですすが、それぞれのキャラクターが大きく違いますね。重いのからポップなものまで幅があります。帰りにもうちょっと良く聴き込もうと思います。

>にいはおさん、
 「カプアの燃える剣」のオルガンのご説明、ありがとうございました! 噛んで含むような丁寧な解説で、私にもよくわかりました。なんとハモンドオルガンで、あんな教会の礼拝堂のような豊かな響きが出るんですね。かっこいいな〜。ありがとうございました。おかげで以前から気になっていた疑問が解けました。
 ということは、ユルゲン・フリッツはこれまでパイプオルガンを作品に使ったことがないということになると思うのですが、いかがでしょうか? それとも何かの曲で使っていたりするのでしょうか...。

>ふらじゃさん、
 カイパ、家に帰って確認してみます。き、記憶が定かでないものですから...。(^_^;)

 キャメルの紙ジャケって今日発売でしたっけ?



02/06/27 09:28:23
名前:
ふらじゃ

コメント:
今日も雨ですね、今年の梅雨は晴れ間が少ないと思うのは私だけでしょうか?
これだけ降れば夏の水不足も大丈夫な気もしますが、こんな時に限って山間部では
降ってなかったりするのですよね

今朝の通勤の友はKAIPAの「NOTES FROM THE PAST」でした。以前J'ratさんも
書かれてた気がしますがわりとpopでいい感じです



02/06/27 01:44:38
名前:
にいはお

コメント:
ブラジル、ばんざい。
シュラスコの店は、安くしなきゃだめだよ。

「カプアの燃える剣」のオルガンの音は、恐らく全部ハモンドと思います。
ちょっと細かい話になりますが「ドローバー」ってお分かりですか?
あれは全部で9本あるのですが、そのうちの左3本(16'、5-1/3'、8)を
全部引き出し、それに右端の2本(1'、1-1/3')を若干足すと、あんな感じの
音になります。リバーブ(残響音の感じを出すエフェクト)を多めにかけて、
オルガン音につきものの「パーカッション音」はわざと外します。
レスリー効果はスローで。

ハモンドの誕生はそもそも教会のオルガンの代用品としての意味もありましたので、
非常に似通った音になるように出来ているのも、ある意味当然の話です。
ちょっとしたオルガンの音でも、例えばリバーブを多めにかけるだけでも
あっ教会!という雰囲気は出せます。
ここの部分が壮大なチャーチオルガン音に聞こえるのは、ハモンド以外にシンセや
ストリングスが効果的にダビングされていて、それでゴージャスに聴こえるんだと思います。

余談ですが私が以前作ったMIDIにはGM20番の「チャーチオルガン」の音を混ぜました。
高音域に混ぜて使うとそれらしくなるかな、とか思って。



02/06/27 01:10:13
名前:
J'rat

コメント:
 ワールドカップ決勝はドイツ対ブラジルになりましたね。こうなったらドイツに優勝して欲しいですね〜。
 Triumvirat.tv のミカエルも喜んでいました。返事が返ってきたのですが、ミカエルはやはりリマスターの発売日はわからないそうです。米国の Triumvirat.net の Jim からもちょうどメールが来ました。ユルゲン・フリッツからは返事がないそうです。Jim は「もうじき誰が正しいのかわかるさ」と言っていましたが、そもそもミュージシャン本人も発売日がわからないなってことがありうるのでしょうか? ユルゲンが正しければ、発売日は「秋」ということになるのですが...。

>ふらじゃさん、
 ねんだかお久しぶりです。「決勝戦見に来ないかメール」作戦はいいですね。フリッツはお金持ちですから、突然来たりして? でもサッカーだけ見て帰られても切ないですから、ぜひともツアーで来て欲しいですね。

>CHIPMUNKさん、
 BJHも出ましたか? ボーナスが出たら散財じゃないですか! 会社が不景気で、今年のボーナスは悲惨らしいというのに...。いやいや、CDどころかドイツへの遠征費用を貯金しなくてはいけないのでした。(^_^;)

>にいはおさん、
 北京のドイツ人たちもワールドカップで盛り上がっているでしょうか? 好きな人は決勝を見に来るんでしょうね。日本は近いですし。

>巨さん、
 Rain Dances前後のドラムの音、すごいですね。聴き込んでいらっしゃいますね〜。私もユルゲン・フリッツのピアノの音色はきちんと聞き分けられるようになりたいです。

 ところで、「スパルタカス」の旧B面の1曲目、「カプアの燃える剣」のオルガンはパイプオルガンでしょうか? ハモンドだと思っていたのですが、出だしの重厚で伸びやかな低音がチャーチオルガンのように聴こえます。今さらでお恥ずかしいですが、どなたかお教えくださいませ。

 そうそう、今朝はポポル・ヴーの "Hosianna Mantra" というアルバムを聴きました。ドイツのバンドですが、前衛音楽か環境音楽でメロディははっきりしないのですが、不思議な魅力があります。Triumvirat の周辺の時代と地方を訪ねるつもりで借りたCDですが、ジャーマン・プログレは奥が深そうです。

 忘れていました。きのう神保町の大きな書店でケルンの地図を買ってきました。24,500分の1の一枚ものの市街地図です。今度、ユルゲン・フリッツの家やドイツEMIなどを探してみます。広げると1.5畳くらいあって、でかいです。



02/06/26 13:58:29
名前:

コメント:
す、すいません、途中で送信してしまいました。
>A Live Record/The snow gooseのドラム
あー、やっぱりそういう事情があったんですねぇ。
なーんかリイシュー盤のドラムの音は、Rain Dances以前の、既発のはRain Dances以後のアンディ・ワードの音がしますよねぇ?



02/06/26 13:50:12
名前:

コメント:
A Live Record/The snow gooseのドラム



02/06/26 13:14:08
名前:
にいはお

コメント:
昨日も雨で、おかげで
「ドイツビールとソーセージの店」には
行きませんでした。ちぇっ。
行ってればなんかあったかも知れんかったのに。

北京には「ブラジル・シュラスコの店」はありますが
「トルコ料理のお店」はありません。
というわけで、
次はブラジルに頑張ってもらいましょうか(・・・くっだらない理由・・)。



02/06/26 12:36:58
名前:
CHIPMUNK

コメント:
こんにちはー。CAMELのボーナストラックとBJHのリマスター&ライヴと全部欲しいのですがこーゆーときにかぎってオコズカイがないのであります。

>A Live Record
ふらじゃさん、わたしもそのドラム差し替えの話は見ましたよ。Camel ProductionのNew Updateのところだったと思います。ドラムのマイクがオケの音を拾ってしまったのでウォードさんが差し替え用を録音したのにそのままリリースしちゃったと書いてあったと思います。今回はその差し替え分を発掘したということなのかな??

RAIN DANCESもFirst Lightのライヴトラックとかのオマケつきで出ないかなあ。



02/06/26 10:00:26
名前:
ふらじゃ

コメント:
久しぶりに書き込めました。ちょと忙しくてバタバタしてましたが、やっと落ち着きました

サッカーの結果は今朝知りました
いっそフリッツに「決勝戦見に来ないか」とメールしますか(^_^ゞ
で、のこのこやってきた彼の目の前でチケットちらつかせながら
ライブ演ってくれたらあげる…って、チケット無いやん

う〜ん、朝からくだらんこと書いてしまった

今朝の通勤の友はDAVID BOWIEの新譜「HEATHAN」でした。
「HEROS」「SCARY MONSTARS」の頃を思わせる感じでした
声もその頃まで若返った感じがしたのは気のせいでしょうが…
ドリシアのジョーダンルーデスが参加してるらしいのですが
これだ!というプレイは無かった気がするなぁ

>A LIVE RECORD
アンディーのドラムは差し替えてあると最近読んだ気がするのですが
何で読んだのか思い出せません
CAMELのオフィシャルサイトだったかなぁ・・・
確認してみます



02/06/26 01:02:33
名前:
J'rat

コメント:
 ワールドカップ、ドイツ勝ちましたね! バラックのシュート見事でした。ドイツを応援していた日本人は少ないでしょうが、私は思わずガッツポーズでした。
 さっそくドイツのサッカー好きのオヤジたちにおめでとうメールを送っておきました。一応、HMVなどでのリマスターの予約開始のことを伝えて、本当かと尋ねておきましたが ....それどころじゃないんでしょうね〜? サッカーフィーバーで。(^_^;)

 今日ドイツが勝ったのは、私が「スパルタカス」を通勤途中に聴いていたおかげかもしれません。3回も聴いてしまいました。何しろこのアルバムを聴くと元気が出ます。ツキが回ってきていいことが起きるんです。おかげで今日は煮詰まっていた仕事の不具合も解消しましたし、効果抜群です。2006年のワールドカップ・ドイツ大会では、ぜひユルゲンに公式応援歌を作曲してもらいたいですね。スパルタカスを元にして。

 ところで現行盤の「スパルタカス」CDは結構いい音なのですが、よく聴くと低音がダブつき気味です。リマスターによってより高音質になるんでしょうね。期待は高まります。



02/06/25 21:01:25
名前:
にいはお

コメント:
おおお、なんとまあ詳細な・・・

巨さんへ。ありがとうございます。
でも、でも・・・ここじゃあ聴き比べとか
出来ないんだよなああっ!!
・・・聞いた私が馬鹿だったあっ!

中ジャケに写っているラティマーの左手を見て、
こんなコード、本当に押さえられるのか!?と
びっくりしました。あ、あと、A.ワードの髪が長い。



02/06/25 17:46:04
名前:

コメント:
わたしの初リアルキャメルがA Live Recordでした。
スノーグースは耳たこになるほどよく聞いていたので覚えてしまっていました。
だからミスの部分は余計に覚えてしまっています。
で、その後にスタジオ盤を聞いて、”スタジオ盤の方がのびのびしているな”と思いました。
きっとこのライブの時はキャメルのメンバーは緊張していたんでしょうね。
特にピーターバーデンスの音が緊張しているように聞こえます。



02/06/25 17:19:36
名前:
ホイトル

コメント:
ワタシも実は先週末にキャメルのA Live Record買いました。
そしてボーナストラック以外は違いを感じることができなかったクチです。
巨さんの書き込みを参考に研究してみようかな。

ところで何故2枚のレコードでも`A Live Record`なのでしょうか?



02/06/25 17:09:31
名前:

コメント:
再びお久しぶりです。
わたしのA Live Recordのスノーグースのチェックポイントは、以下のとおりでした。
・ラヤダーのオルガンソロのバックのドラムが、既発よりアグレッシブである。
・ラヤダー街へ行くの最初のオルガンのアルペジオに既発はミス(音抜け)があるが、リイシューにはない。
・ラヤダー街へ行くの数曲先のファゴットがアルペジオでオーボエを中心とする木管がメロディを吹くところで、既発はファゴットのミス(音抜け)があるがリイシューにはない。
以上はテイク違いではないかと指摘した根拠です。
ミックス違いは両者を聞き比べると、既発はバンドが前面に出ているのですが、リイシューは、全体的におくに引っ込んでいて、部分によってはオーケストラの音がよく聞こえるといった感じでしょうか?
あとはドラムの音がだいぶ違うように聞こえます。
参考になりますか??



02/06/25 13:45:46
名前:
にいはお

コメント:
今日も大雨です。ほんとに珍しい・・・。

過去ログに触発されて、今日の出勤は
キャメルの「A LIVE RECORD」(ライブ・ファンタジア)でした。
新しいリマスター盤は、どこがどう違うんでしょうか?

ネットであれこれ検索していたら「栗田ひろみ」なるキーワードが
見つかってしまいました。もういけません。



02/06/24 23:45:40
名前:
FromNiigata

コメント:
いよいよリマスター発売ですか。私も7枚全部Getしたいと思います。
(一番聞いてみたいのが「ロシアン・ルーレット」だったりして…)
まぁ、無事発売されると良いですね。

明日はドイツVS韓国。どちらも最後まで諦めないしぶといチーム。
凄い試合になりそうですね。(個人的にはカーンのスーパーセーブ
に期待大)ドイツビール飲んで、ドイツを応援したいと思います。

最近はエマーソンプレイズエマーソンを聞くことが多いです。
噂では、このアルバムの売り上げ如何でピアノコンチェルトNo2が
リリースされるとかされないとか。是非、リリースして欲しいのですが…。



02/06/24 20:04:22
名前:
にいはお

コメント:
最近、よく雨が降ります。人工雨じゃなくて。
南の方は洪水災害が発生しているらしいです。

ベランダに「カミキリムシ」が止まっていました。
何年ぶりだろうか、この手で捕まえるのは。夏、到来だねえ。
娘2号が怖がっていましたが、「じゃあ逃がしてあげよう」と
外に出したら、とたんに大泣きしました。
やっぱり、欲しかったんだそうです。複雑やのお、女心は。

戸川京子(純の妹)の「涙」なるCDで出勤・退勤しました。
たぶん誰も持ってないんじゃないかな、こんなCD。
でも、中身はなかなか良いのです。ちょっと乾いた、
アンニュイな感じのポップスで。



02/06/24 19:09:25
名前:
J'rat

コメント:
 今朝はイギリスのサラマンダーというバンドの「モーゼの十戒」というアルバムを聴いてきました。ジャニスでレンタルしたものです。1971年の作品で、オルガンにブラスセクションがからむ、ちょっとポップなプログレでした。なんとなくチープな曲もあるのですが、不思議と癖になる良さを感じます。

 リマスターに関する質問の返事はまだ帰ってきません。7月の中旬という情報が増えてきましたので、期待は膨らみますね。相次ぐ延期で、私は誰も信じられない状態になっていますので、通販から到着したり、店頭に並ぶまで発売日を確定できないかもしれません。多数決と言うわけにもいかないでしょうし...。(^_^;)

 そのほかのお店などで発売予定の情報がありましたら、ぜひお教えください。よろしくお願いいたします。



02/06/24 01:32:28
名前:
J'rat

コメント:
 リマスター、HMVでも予約開始ですか! HMV.co.jp はやっていますが、.com や co.uk には出ていませんね。amazon も amazon.de だけで、co.jp や .com 、co.uk は掲載されていないようです。そうそう、soft mail にも載っていましたね。あと、新宿レコードのホームページには「7月中旬入荷予定」となっています。

 いよいよでしょうか? それとも「オオカミが来た」でしょうか? 実際に発売されなければ信じられませんよね。JimとRussに確認しています。

 日本盤の発売については、お願いしています。ドイツ盤の発売から時間はかかりますが、前向きに検討していただいています。こちらも確認中です。紙ジャケ、ぜひ出てほしいですね!



02/06/24 00:25:59
名前:
yeszanmai

コメント:
>リマスター
いよいよですね。兵庫の輸入盤ショップからも「予約しませんか?」とメールがきました。
ほんとう、日本盤が出ればいいですよね。できれば紙ジャケで。



02/06/23 18:24:30
名前:
紀州の駱駝

コメント:
いよいよ、トリアンヴィラートのリマスターの発売が間近になったようですね。(^o^)丿
NMVのHPによりますと、ドイツ盤で7枚すべて7月22日が発売日、1枚1790円(税抜価格)となっています。待ってた甲斐がありましたね〜。ちなみにamazon.deでは7月19日が発売日となっています。
ところで、日本盤の可能性はやっぱり無いのでしょうか…?



02/06/23 03:46:03
名前:
kit

コメント:
こんばんは、kitです。

らくだ君、ライヴやるんですね。なんで仕事がピークの時にやるかなあ(^^;
TOTOやるんだ。JOURNEYはやらないの?
オフ会も含めて、なんとか前向きに参加を検討したいと思います。

今テレビつけたら、四人囃子のライヴをやってたので、ちと驚きました。
対バンのスモーキーメディスンってバンドはよく知らないのですが、
一曲目に四人囃子の「空と雲」を演奏してました。
金子マリという人は初めて見ました。

最近は、「ヴァレンシアvs.ヴァレンタイン」というアルバムを繰り返し聴いています。
やっぱクィーンは良いですねえ(←少し違う(^^;)。



02/06/22 22:59:05
名前:
J'rat

コメント:
 ドイツ買った? ...失礼いたしました〜。(^_^;)

 今日は久しぶりに昼まで寝てしまいました。夕方「二重靨の幻影」をステレオで聴きました。米国の公式サイトの掲示板でDouble Dimple談義に花が咲いているのです。発端はトリアンヴィラート入門者の方の「何から聴いたらいいですか?」という質問でした。みんなで二重靨を薦めています。
 個人的にはスパルタカスのほうが受けがいいような気がしますが、どうなんだろうと思って聴き返したのですが、二重靨はやはり名作ですね。スパルタカスほど完成されていませんが、その分元気があって「センスオブワンダー」みたいなものがストレートに伝わりますね。

>毛糸さん、
 突っ込み感謝です。東京に来られるはずだったんですか! 残念ですね。ぜひドラムで参加していただきたかったです。

>にいはおさん、
 韓国勝ったんですね〜。すごいすごい。次の対戦相手はドイツとは、どちらを応援するか迷いますね。私はケルンの凸凹コンビが喜ぶ顔を見たいので、ドイツを応援します。(^^ゞ



02/06/22 22:42:07
名前:
にいはお

コメント:
韓国はベスト4まで駒を進めて、次はなんと
ドイツと対戦、と言うではないですか。

北京には韓国焼き肉の店もありますが、実は
ドイツビールとソーセージの店もあるのです。

今日、何も気にせずに韓国焼き肉屋に行ったら
いきなり「韓国が勝ったから今日はビール二本タダ」って
言われました。

次の対戦時には、ドイツビール屋と焼き肉屋の中間で待機して
勝った方の国の店に飛び込もうと思います。日和見ですが。

音楽話は、とくにありません。ごめんなさい。終わり。



02/06/22 09:36:12
名前:
毛糸

コメント:
なに買ったんすか?ドイツ(す、すんません、突っ込みも愛情の証)

実は7月にらくだのライブがあると聞いて
密かに東京行きを企てておっただよ、いやマジで
その日はちと無理だなぁ、残念
同時にオフ開催、これまた残念
必ず観に行くからバンド続けろよーー>らくだ
おにおんぶろっくのヴォーカルはとーっても艶かしいヴィジュアル系ですよん>J'ratさん
ただし♂・・・・・

つことでみなさん楽しんできてくださいにゃ



02/06/22 02:16:58
名前:
J'rat

コメント:
 やっと帰ってまいりました〜。ドイツ買ったみたいですね! おめでたいです。
 今日はジャニスで借りたラナ・レーンのベストを聴いていました。初めてなのですが、ボーカルも演奏もいいですね。

>yeszanmaiさん、
 ソフトマシーンのおすすめありがとうございます。まずカンタベリーらしいものを聴いてみたいですので、1stと2ndを聴いてみたいと思います。

>オフ会、
 会場のホームページを見ました。食べ物はなさそうですね。演奏が最初とのことですので、7時過ぎに近くの居酒屋さんを予約しておこうかと思います。
 らくださん、チケットは不要ですか?

>FromNiigataさん、
 シトロエンの不具合、重症だったんですね。部品代も工賃も高いんでしょうね。でもぜひ大事に乗ってあげてください。新型の C5 とは異次元のかっこいい車なんですから!
 マイク・オールドフィールドの新作「Tres Lunas」、私も探してみます。



02/06/21 00:18:57
名前:
らくだ詩

コメント:
こんばんは!らくだです。
なんと、私ごときのライブをオフ会にしてくれるんですかぁ?
なんという幸せ〜♪
すごい感激です!
J`ratさん、企画ありがとうございます。

7/13(土)に行うライブは、全部で5バンド出演するみたいです。
で、なんとかいきなりオープニングでやれる権利を得ました。
ということで、18:00スタートは確実です。
ただし、出演バンドも多いし時間も限られているので
6曲しかお聴かせできないのが残念です。
おそらく18:40分頃には終わると思います。
ちなみに、他のバンドは主にお笑い系やパンク系等です。
キーボードがいるバンドは私の所だけです。
っていうかうちらのバンドが異色かも(笑)。

結成して2年にも満たないバンドですが、頑張りますね!
微笑ましい演奏になるとは思いますが、来てくれると嬉しいです。


>毛糸司令官

スルドイですね〜。けど、一番好きなアレは時間の都合で出来ないことに(涙)。
TOTOは一曲になりました。
でも1stの曲よん♪

>J`ratさん

本当にありがとうございます。
私もライブ終わったらオフに参加したいです。
他の出演バンドには挨拶だけして、
すぐに合流するつもりです。
「スパルタカス」はさすがに難しくて無理ですよ〜(笑)。
でもいつかはやってみたいなぁ。


>FromNiigataさん

いつかはライブ見て下さいね〜。
今回はやりませんけど、マジでハットフィールドのShare Itを
やろうと思ってました。
ところで、私的にはアイルランドとポルトガルが負けたのが
残念でした。
ポルトガルなんて対韓国戦はカワイソウでしたね。

>AUKEN

はやく体調治しなさいよー。さっきの電話、咳が酷かったし。
そしてしっかり社会復帰しなさいよ。



02/06/20 22:51:05
名前:
FromNiigata

コメント:
W杯も日本敗退でちょっと気が抜けた感じでここ2日過ごしています。(しかし、韓国VSイタリアはホント凄かったですね。確かに鳥肌モノでした。個人的にはイタリア代表を優勝候補としていたんですが、まぁ、韓国の気合い勝ちというところでしょうか。)

愛車のXantiaの故障が直って帰ってきましたが、なんやかや重傷で修理代が10万円超。
(う〜っ、痛い!!)まぁ、今までノン・トラブルだったので、しょうがないって感じです。(あと3年ほどがんばってもらう予定ですんで…)
で、マイク・オールドフィールドの新作「Tres Lunas」をBGMに通勤しているのですが、「月」をテーマにしているアルバムなんで、朝の通勤にはちょっと合わない感じです。
「大傑作!」と言う感じではなく、ちょっとインパクト弱いですが、親しみやすいメロディーが多くマイクファン以外でもすんなり入っていける作品だと思います。
朝の通勤にはRUSHの新譜、帰りにはMikeの新譜が良いみたいです。
"Test For Echo"に関してはJ‘ratさんと同じ感想ですね。

デビフォス>
デビット・フォスターについては「シンフォニー・セッション」と「クリスマス・アルバム」がやはり好きですね。俗っぽくてスイマセン。昔、カーグラフィックTVに「ウインター・ゲームス」が使われていたと思いますが、結構ハマっていたと思います。スキーに行くとき「ウインター・ゲームス」を気合い入れにいつもかけていました。デビフォスは音を本当に綺麗に処理しますよね〜。

らくだ君のライヴ&オフ会、行ける人羨ましいです。



02/06/20 18:27:54
名前:
AUKEN

コメント:
IPアドレスの情報ありがとうございました。なるほどフリーの値を入れればよかったのですね。
将来的にはルーター買おうかなとも思ってますが、いつもつい勿体無がってしまいます。

>ソフツ
素敵ですねえ〜。3rdの2曲目である「スライトリー・オール・ザ・タイム」中間部は、後に
キャラバンが「狩りへいこう」の中でカヴァーしている「バックワーズ」です。
キャラバンの方はかなりシンフォニックな味付けがなされており、対するマシーン原版はずっと
ワイアットのせわしないドラムが入ってるので感じはかなり違いますが比較すると面白いです。
私は曲単位ではこの「スライトリー・オール・ザ・タイム」が一番好きですが、アルバム毎では
4thが一番好きです。「バンドルス」以降の作品は個人的にちょっと辛いのですが、テクニカ
ルなフュージョンが好きな方にはかなりお薦めかもしれません。



02/06/20 09:50:35
名前:
ふらじゃ

コメント:
昨日は本当に良い天気でした。梅雨らしくない乾いた空気でしたので日陰は過ごしやすかったです

>ウイルス
今のところ大きな被害を被ってないので安心してますが、ウイルスチェックだけはこまめにやってます。
特に家ではFREEのプロバイダを使ってるので自衛しなければ、文句も言えません

>オフ会
空きっ腹にアルコールはちょっと厳しいので
ライブ前にちょっとお腹に入れる時間があると嬉しいです
食べながら飲める所だと良いのですが



02/06/20 01:42:09
名前:
yeszanmai

コメント:
ほぼ毎日訪問していますが、書き込みは久し振りです。

>J'ratさん
とうとう(?)ソフト・マシーンのサードをお聴きになられましたか!
たまーに通しで聴いて悶絶しております。
サードはヴォーカル曲が『ムーン・イン・ジューン』だけなので取っ付きにくいかも知れませんが、
聴けば聴く程に味わいが出てくると思います。
もしBBCライヴの同曲を聴く機会があれば、そちらもお勧めします。
歌詞が全然違っていて「キャラバンの連中もこの番組に出ているし、、、」などピンク・フロイドや
いろいろなミュージシャンの名前が織り込まれているのです。
4th、5thはフリー・ジャズの範疇にもっと近付きますが、ワイアットのヴォーカルが楽しめる
1stや2ndはカンタベリーの原点のような作品なので是非挑戦為さって下さい(1stにはケヴィン・エアーズも)。
6th、7thはフリー色のないジャズロックで次の『バンドルス』はアラン・ホールズワース入りの
ニュークリアス的(7thは4人中3人が元ニュークリアスのメンバー)ジャズロック。
次の『ソフツ』はジョン・エスリッジ(ウルフ)弾きまくリのフュージョンの名作。
80年代にひっそりと出た『ランド・オヴ・コケイン』はソフト・マシーン名義でなければ楽しめる
オケ入りイージーリスニング。カール・ジェンキンスのソロ的な位置付けで近年のアディエマスの
萌芽と言えなくもないですね。イエスの『トーク』みたいなもの?

長文失礼いたしました。



02/06/19 18:36:17
名前:
J'rat

コメント:
>AUKENさん、
 いらっしゃいませ〜。扁桃腺、大変ですね。手術して何とか治るのなら、思い切ってやったほうがいいんでしょうかね〜。個人的にはきれいで優しい看護婦さんがいる病院なら、10日か2週間ほど入院したいというのが、昔からの夢です。冗談にしちゃいけないですね、失礼しました。m(__)m

 オフ会はライブの前後ともやりましょう。ライブ前に新宿でCD屋さん、終演後に Black And Blue って感じでしょうか? そうそう、会場がライブハウスなら演奏中もオフ会になりますね。まだみなさんのご都合を確認したわけではありませんが、ライブに合わせられると良いですね。その時はぜひらくださんのソロに「スパルタカス」をまぜて演奏してくださいね〜!

 RASPPPoE と言うのは面白いですね。こんな良いものがあったんですか〜。個人的にはルーターのほうがセキュリティも高くて常時接続だし家庭内LANにも対応できるので便利な気がしますが、家で接続するのがお一人なら不要かもしれませんね。
 RASPPPoEの設定方法は以下のではどうでしょうか? http://www.tohwa-u.ac.jp/~ichirou/document/adsl/raspppoe.html



02/06/19 18:17:38
名前:
J'rat

コメント:
 本当に今日は夏のような一日でしたね。昨日の雨で大気が洗われたせいか、朝、富士山が見えました。冠雪が少ない黒い富士でした。

 今朝はソフト・マシーンの "3rd" を聴いてきました。きのうレンタルのジャニスで借りたのです。これはジャズロックですね。元々はLP2枚組みの大作のようです。ジャズとして聴くとなかなかの迫力なのですが、フリージャズ風なので私にとってはマッチング・モウルのほうが聴きやすかったです。ソフトマシーンも他のアルバムはまた違うのかもしれませんが...。

>ふらじゃさん、
 サッカーは返す返すも残念でしたね。仕事で日本戦は見られませんでしたが、家に帰って韓国戦を見ました。こちらはすごい逆転劇でしたね。鳥肌が立ちました。これからはドイツと韓国を応援することにします。
 ラッシュは、今更ですが "Test For Echo" を聴きなおしてみたくなりました。新譜はシンプルでいいのですが、"Test for..." も今となってはかえって味があるような気がしてきました。ちょっと確かめてみたくって...。

>にいはおさん、
 中島みゆきはアジアでも流行っているのですね。この間ニューズで「プロジェクトX」の主題歌の「地上の星/ヘッドライト・テールライト」が、100週連続でトップ100にチャートインしたと言っていました。中年の応援歌なんですって。一枚買わなくっちゃ。(^^ゞ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020618-00000001-spn-ent
 Klezウィルスの Return Path ですが、From同様こちらも偽装されるようです。なにしろ最近のウィルスはメールサーバーを経由しないでウィルスの中にメール送信機能があって直接送信して行きますので、足跡をたどるのが困難なようです。配送経路はメールの中には残らないでしょうから、後はプロバイダや会社のメールサーバーかファイアーウォールのログを見るしかないかもしれません。でも電子メールの定められた手順どおり送信してくれるとは限りませんので、やっぱり追跡は難しいのかもしれませんね...。

>毛糸さん、
 行友李風という人は知りませんでしたが、芸者姿で「祇園小唄」を舞うというのは素晴らしいですね。さすが踊りの血筋でいらっしゃいます。が、個人的にはピカチュウのほうも見てみたいです。
 らくださんはTOTOの1stから2曲なんですか? "Girl Goodbye" と "Rockmaker" なんてどうでしょう? この2曲は私も大昔にベースの練習をしたことがあります。でも "Hold The Line" も好きだし、ピアノなら "Angela" 行って欲しいですね! え〜い、アルバム一枚まとめてやってしまってください。(^^ゞ



02/06/19 17:24:20
名前:
AUKEN

コメント:
また扁桃腺が腫れて熱を出し月曜から仕事を休んでしまいました。
明日まで休む予定ですが、金曜日非常に顔を出しづらいです。真剣に手術を検討中。

さて休んでる間ひまなので、不安定なフレッツ接続ツールを思いきってアンインストール。
RASPPPoEというのを導入してみました。よくわからないで設定しましたが何とか成功。
どうやら以前のように勝手に切断されたりもなくなったようです。
なんかIPアドレスとやらも指定してやるといいようですが、どんな数字を入れるのか???
とりあえずそこまでしなくていいかと放置して終りました。

しかしらくだ氏ライブがOFF会になるんですか。大出世ですな、らくだ氏。
私もライブに行きます。OFF会はライブ前後どちらになるんでしょうか?



02/06/19 09:25:26
名前:
ふらじゃ

コメント:
久しぶりに眩しくて目が覚めました、これでもかというくらい太陽が照りつけてます。今日は暑くなりそうですね、つかもう暑い

今朝はRUSHの新譜を聴きながらの出勤でした。前作「TEST FOR ECHO」に比べるとスッキリした印象がありますね、前作は色んな音を詰め込んでた感じがあったのですが・・・今回はライブでの演奏を前程にしたのでしょうかあまり音を被せて無いような気がします

日本代表は残念でした。会社でコッソリ応援してたのですが(オイオイ)
次回はドイツでしたっけ?楽しみが増えた気がします



02/06/19 03:30:14
名前:
毛糸

コメント:
一度は観ときたいらくだのライブ
二曲とも1stからだよね?ね?ね?>TOTO

踊りといえば今年の演劇、尾道ゆかりの作家「行友李風」を題材にやりますぅ
あまり名前は知られてませんが
「国定忠治」や「月形半平太」の原作者であります
これら新国劇の看板役者、沢田正二郎(享年36歳)の女房役でごじゃいます
忙しくてなかなか稽古に参加できないんすが
ラストの回想シーン、芸者姿で「祇園小唄」を舞うとゆう
とってつけたような個人プレーの役どころ
いつの日かオフ参加の際には、ピカチューの着ぐるみかこちらで伺いたいと、はいぃ

>君がいた夏
音楽はいいけど映画はしょぼいよっ



02/06/19 00:17:56
名前:
にいはお

コメント:
KLEZは少し前に中国でも流行っていました。
これの真の感染元、というのは、OUTLOOK EXPRESSで言うなら
受信メールのプロパティ→「詳細」の一行目にある
「Return Path」に記されているメルアドの保持者、という
理解で良いんでしょうか?

アジアンポップスをBGMにしています。でも、元ネタは日本の歌ばっかり。
・・・あ、これ中島みゆきじゃないか!?



02/06/18 15:59:31
名前:
J'rat

コメント:
>5150さん、
 おやおや、濡れ衣を着せられてしまったんですね。大変でしたね。klezは嫌らしいですね。ウィルスはどんどん陰湿になっていきますね。

 送信者詐称については以下のページに詳しく載っています。 http://www.nai.com/japan/virusinfo/klezezukai.asp
 あと試用版のウィルスチェックソフトが必要な場合は...。
http://www.nai.com/japan/eval/evalgate.asp?prod=fMcAfeefVsc
http://www.symantec.com/region/jp/trial/nav.html



02/06/18 14:09:51
名前:
5150

コメント:
えーわたくしのところにKLEZが参りました。
本体はすぐに検疫して駆除したからいいのですが。

このKLEZは感染者のアドレス帳に登録されているアドレスから、
ランダムに選んだアドレスを送信者にしてバラまくものでして、
送信者:わたくし、あて先:誰々 という具合に、わたくしに濡れ衣を着せるという
作成者の性格の良さを饒舌に物語りますね。

いや、そんなことはどうでもいいのですが、
サブジェクトに非常に個人的なものが書いてあったので、
なんだか隣のお姉さんの、着替えが見えてしまったような、
そんな気恥ずかしさを禁じ得ません。

前置きが長くなりましたが、何が言いたいのかっていうと、
わたくしのアドレスが、アドレス帳に登録されている方は
ウィルススキャンをお勧めしますってことです。



02/06/18 14:06:35
名前:
J'rat

コメント:
 そわそわしちゃいますね。私などは俄かサッカーファンですが...。

 サッカーと言えば90年のワールドカップのテーマ "Go Get The Cup" という歌を David Hanselmann が歌っていました。先日中古でCDをゲットしました。ハンセルマンはトリアンヴィラートの6枚目のアルバム "A La Carte" のボーカルですね。ワールドカップの歌はわくわくするような軽快な歌でしたが、この曲はハンセルマンだけが歌ったのではないようです。CDの記載がドイツ語なのでよくわからなかったのですが、どなたかご存知ではありませんか?

>にいはおさん、
 MIDIのURLありがとうございました。帰ったらぜひ聴かせてもらいます。google だとたくさん引っかかりすぎてわからなくなっちゃったんで、助かります。
 帽子ですか? 帰って見てみなくては!

>紀州の駱駝さん、
 今、漢字変換で「奇襲の駱駝」と出てびっくりしました。アラビアのロレンス(?)みたいですね。WindowsXPのIMEは学習機能が弱いようです。(^_^;)
 マッチング・モウルの「そっくりモグラ」は日本盤でした。実はレンタルで、プログレCDの宝庫ジャニスで借りたものです。今日返しに行くのですが、今度はソフトマシーンを聴いてみるつもりです。



02/06/18 13:42:37
名前:
にいはお

コメント:
今日も、仕事が手につかない人、多いんだろうな、きっと。

イエスの「ドラマ」を聴きながら出勤しました。
中ジャケの写真で、スティーブ・ハウは、
ありゃ帽子か何かかぶってんでしょうか?

店主様。D.フォスターのMIDIはですね、
http://www.stampede.org/~purwanto/lesehanmidi/
ここにあります。
おそらく、ここにしかないんじゃないかな。綺麗な曲だから
MIDIもいっぱいあるんじゃ、とか思ってたらここしか見つかりませんでした。



02/06/18 10:36:21
名前:
J'rat

コメント:
 今日は雨ですね〜。サッカー場のほうは大丈夫でしょうか? え、ふらじゃさん昨日が代休だったんですか、もったいない! 私は昨夜からいろんな言い訳を考えていましたがだめで、結局会社に来てしまいました。やれやれ。

 昨夜は我が家の熱暴走PCに新しいCPUクーラーを装着しました。User's Side というお店で薦められた銅製ヒートシンク&8cmファン付きの Cooler Master その名も「銅静」です。音も静かなままCPUの温度は10度以上下がりました。まだ70度程度あるのですが、まあよいでしょう。同時に静かなATX電源TORIKAの「Super静」を付けたのですが、今朝がたPCが起動できませんでした。容量不足のようです。これは取り替えなければ...。まだまだ自作の楽しみは続きますです。(^_^;)

>にいはおさん、
 デビット・フォスターの曲、昨日の夜検索しましたがMIDIが見つかりませんでした。「君がいた夏」という映画のサントラなんですね。なんだかロマンチック...。(^^ゞ

>毛糸さん、
 なんと、TOTOをやるんですね。何でしょうね? う〜ん、ピアノで暴れられそうな "Holly Anna" とか? 渋いところで "99" などもいいですね〜。ともあれ楽しみです。毛糸さん、踊りに来ないですか?

>ふらじゃさん、
 らくださんのはライブだから飲みながら聴けそうですし、最高ですね。高円寺は中央線で快速一駅、6分です。Black And Blue さんにも行けそうですね?



02/06/18 09:47:40
名前:
ふらじゃ

コメント:
昨日は代休でした。なんで今日にしなかったんでろう?

今朝の通勤の友はCAMELの「A LIVE RECORDS」の2枚目でした。巨さんの書かれてる様に音の違ってる個所がずいぶんあるように感じましたが、私の場合はスタジオ盤と混同してる所もありそうです。それにしてもミュージシャンサイドは良い気持ちはしないでしょうね、クリムゾンだとこの辺も商売にしてしまいそうですが(^_^ゞ

>オフ会
らくださんのライブが18:00からだとそのあと飲みでちょうど良いかもしれませんね
ところで高円寺って何所??



02/06/18 02:42:12
名前:
毛糸

コメント:
こんばんわー
ちびっとだけ知ってるぅ>らくだライブ
TOTOから二曲、だね?だね?だね?
あたしのいっちゃん好きなやつなんす、観たいっ!



02/06/17 23:50:47
名前:
にいはお

コメント:
わはははは、やった、やった。

ず〜っと前から探していたD.フォスターのある曲が
ついに見つかりました。
なんかのサントラの曲らしいのですが、とにかく綺麗な
バラードで、こういうのピアノソロで弾いてみたいな、なんて。
でも曲は分かるのに曲名が分からない、という例のパターンです。

たまたま共作でクレジットされていたもう一人のコンポーザー
(LINDA THOMPSONと言う人らしい)と一緒に絞込検索をやったら
「WHEN SHE DANCED」という曲名が・・・おまけにMIDIファイルまで
見つかって、確認してみたらお〜っ!!これ、これ、これだああっ!

何度も書きますが、ほんとこういう時にはネットってありがたいなあって
思いますね。



02/06/17 19:14:14
名前:
J'rat

コメント:
 今日は蒸し暑いですね。私の新しい自作マシンはなんだか焦げ臭いです。CPUの温度を見ると80度でした。(^_^;) 音がうるさいのでファンを変えたのがまずかったです。お昼に秋葉に行って静かで冷えるCPUクーラーを買ってきました。燃える前に交換しなくては...。

>FromNiigataさん、
 サッカー熱いですね。私も明日は休めそうにありません。なんで日中にやるんでしょうね〜。シトロエンの入院は心配ですね。電装系なので仕方がないのでしょうか? そうそう、今日荷室にビールのケースを積んだエグザンティア・ブレークを見かけました。お尻が沈んでいなかったので、すごいと思いました。

>らくだ四さん、
 なんと、ライブですか! オフ会、この日にしちゃいましょうか? 詳しいこと、教えてくださいませ〜。

>巨さん、
 お久しぶりです。ようこそいらっしゃいました〜。テイク違いで再発売とは面白いですね。貴重というか、ファン泣かせというか...。

>にいはおさん、
 ネットカフェの火事、怖いですね。新宿歌舞伎町の惨事を連想してしまいました。中国のサーバーは変わっていますね。あるメーカーのダウンロードサイトで、「このサーバーは中国のドメインからしかダウンロードできません」と書いてあるところがありました。厳しいですね。



02/06/17 13:36:33
名前:
にいはお

コメント:
おおっ、らくだ四君、ライブ第二弾!!
いいなあ、うらやましいなあ。
30%のプログレって、なに、なに?

一瞬だけニュースになったようですが、
北京の某非合法インターネットカフェが火災に逢い
24人もの人が焼死したようです。
経営者が非合法を隠蔽するため、深夜表から鍵をかけて
しまっていたため、中の人が逃げられなかった模様。
表さえ開いていれば、死者なしのただの火事で済んだかもしれません。

おかげで昨日即刻で、市内のインターネットカフェは、合法も非合法も
一律営業停止になったんだそうです。
私はそんなところへは行く必要もありませんが、そのうち発想の飛躍が昂じて、
インターネットが悪い、などと言い出す輩が登場するかもしれません。
ああ、いやだいやだ。



02/06/17 11:05:19
名前:

コメント:
お久しぶりです。
CAMEL/A Live Recordのリイシュー版聞きました。曲数が増えていることももちろんですが、
スノーグースが....違うテイクのようです。
解説には、デビッド・ヒッチコックのオリジナル・ミックスが発見されたのでそちらを今回納めることにしたとありますが、ミックスだけではなくテイクが違うようです。
もしかしたら既発は、何日かのテイクをつないで作ったものかもしれません(ところどころ同じテイクのように聞こえました)。
これで、A Live Recordは既発とリイシューと両方持っていなければならなくなりました....。



02/06/17 01:23:51
名前:
らくだ四

コメント:
みなさん、こんばんは〜。
今日はライブの告知ですよん。

私が参加している「おにおんぶろっく」ですが
7/13(土)の18:00より東京高円寺はRITZで
2回目のライブをやっちゃいますー。
詳細はあとでお知らせしますね♪
80年代を中心とした洋楽(プログレ度は30%?)を
やります。
もしご都合がつきましたら、見に来て下さいね〜。



02/06/16 16:31:30
名前:
紀州の駱駝

コメント:
>J'ratさん。
>マッチング・モウルの「そっくりモグラ」
私は、特にカンタベリーを意識したわけではなくて、Dave Sinclairつながり(CaravanではなくCamelでの来日メンバーとして)で買いました。1曲目の「O Caroline」は名曲と言われていますが、当にそのとおりですよね。通常はあまり気にしていない歌詞も気に入っています。「デヴィッドがピアノを弾けば、僕はドラム…(以下省略)」
私の持ってるのは91年発売の日本盤なんですが、02年にフランス盤でリマスターが出ています。J'ratさんが持っているのはそれでしょうか? もしそうならボーナス・トラックは入っていますでしょうか?
ご存知の方もいると思いますが、2ndの「Little Red Record」はあのRobert Frippがプロデュースしているんですよね。それから、01年には未発表音源集「まっすぐモグラ(Smoke Signals)」がリリースされています。
>次はソフト・マシーンを聴かなくては。
実は、私にとってもなぜかソフト・マシーンって未知の領域だったりします。^^;



02/06/16 15:05:11
名前:
にいはお

コメント:
BSハイビジョンでエリザベス女王戴冠50周年コンサートをやっていました。
バッキンガム宮殿の裏庭でコンサートやるってんだから、大した国です。

この手のコンサートは終盤になればなるほど
「ブリティッシュロック界の大御所・長老・生き字引・化石」がどんどん
出て来て、面白かったです。
舞台に登場したチャールズ皇太子の真後ろに、トニー・アイオミが
ぼーっと立っていたとか。

その中でほぼ全編に亙ってタイコ叩いていたのは、元プログレ出身の
大御調子者・P.コリンズでありました。もう一人の何にでも首を突っ込む
御調子者、R.ウエイクマンもいるんじゃないのか?と一瞬疑ったものです。
いませんでしたが。

午前中が幼稚園の運動会だったので、午後はゆっくりとお昼寝でも
しようかと思っていた矢先にこれでしたので、一気に眠気が吹っ飛びました。



02/06/16 14:14:16
名前:
FromNiigata

コメント:
金曜日、休んでサッカーの中継.当然..私もです。m(__)m △○○は私の(希望的)予想どおり。
ちょっとエッヘンですが、正直できすぎですね。
でも、火曜日のトルコ戦は休めないかな〜。昨日は新潟でイングランド戦。私はチケットをgetでき
ませんでしたが、街にはイングランドサポーターが多く見られ、発泡酒飲みながら歌っておりました。
(負けて大暴れされなくて良かったって感じでしょうか?)
しかし、ドイツ快進撃ですね〜。マジでリマスターに影響を与えるかも…。まぁ、気長に待つしかな
いでしょう。(J'ratさん、あまり落ち込まずに…)

落ち込むと言えば、ついに6年半にして我がXantiaがABSブレーキ故障でドッグ入りになってしま
いました。(いくらかかるかな〜)

マイク・オールドフィールドの新作はゲームミュージックです。いつものように極めて高水準の出来
ですが、なんか印象に残らない感じ。まぁ、マイクの場合、聞き込んでその良さが分かってくるタイ
プなんで、これから聞き込んでみます。

オフ会>
毎週末、「プログレの館」建設の打ち合わせで、ちょっと参加できそうにありませんが、皆さん楽し
んでください。

これから、ビールかっくらって、プログレ&サッカー観戦としゃれこみます。(最近こればっか)



02/06/16 01:38:36
名前:
J'rat
電子メールアドレス:
メールはこちらまで

コメント:
 やっと繋がりました〜。金曜日に部品をしこたま買い込んで、PCがやっと完成しました。なぜかルーターの設定が変わっていて、インターネットに繋ぐのに半日かかってしまいました。

>雪豹さん、
 はじめまして、ようこそいらっしゃいました! お探しのアルバムは「スパルタカス」ですね。「権力の首都」はオープニングの曲 "The Capitol Of Power" です。スパルタカスの曲名の訳は名訳ですね。「血気の軍団」「カピュアの燃える剣」などなど...。
 このCDは現在、廃盤中です。時期はまだまだ流動的ですが、リマスター盤が近々発売されるはずです。しばらくお待ちくださいませ。
 ところで雪豹さんというお名前は涼しげですね。私は米国のトリリオンのジャケットを思い浮かべてしまいましたが、あれはホワイトタイガーでした。(^_^; また遊びにいらしてください。

>CHIPMUNKさん、
 お久しぶりです〜。キャメル、楽しみですね。そうそう、私は先日ようやく初めてマッチング・モウルの「そっくりモグラ」を聴きました。カンタベリー良いですね〜。次はソフト・マシーンを聴かなくては。...順番が逆ですね。
 オフ会、ぜひやりましょう! 暑気払いという感じですね。CHIPMUNKさんも土曜日あたりがよろしいですか?

>ふらじゃさん、
 オフィシャルサイトの名称の件は、米国のJimと話しました。Yesworld.com はいろんなサイトが集まっているような気がします。NTFEやYeshooなど。本家だ元祖だと争うのではなく、ふらじゃさんがおっしゃるように世界的な広がりになるといいんですよね。トリアンみたいなメジャーじゃないバンドのサイトが分裂したら笑われちゃいますね。

>にいはおさん、
 金曜日は会社を休んでサッカーの中継を見た人も多かったのではないでしょうか。...私もです。m(__)m



02/06/15 08:20:24
名前:
CHIPMUNK
電子メールアドレス:
メールはこちらまで

コメント:
おはようございます。おひさしぶりですー。朝の連ドラのさくらにハマっているCHIPMUNKでございます。
昨日は、駅のあっちこっちで歓声があがってるわ、帰宅するとアパートの前でサッカーしてる奴はいるは、大騒ぎでしたね。

CAMELのお話しが出ていましたが、わたしもライヴ・ファンタジアの新しいのが聴きたくてたまりません。曲が増えているとイメージ変わるでしょうねぇ。

リマスターはここまで待たされればあと1年やそこらはヘイチャラです。(^^;;
そうそう、それからオフへはまたぜひ参加させてください。 



02/06/15 02:09:21
名前:
雪豹
電子メールアドレス:
メールはこちらまで

コメント:
J'ratさん はじめまして

日本ではけしてメジャーではないので、サイトがあることに驚きました。
実は、かなり以前からTriumviratのある曲の収録されたCDを探していて、最近、
2枚ほど入手したのですが、そのどちらにも入っていませんでした。
邦題は「権力の首都」というものだったと思いますが、私がこの曲をラジオで聞いた
ときにはすでに東芝EMIから出されていたLPは廃盤となっていて、それ以上、
情報も得られず、現在に至っております。
もし、原題、収録されているアルバムタイトルをご存知でしたら、教えて下さい。

それにしても、リマスターの件、残念です。



02/06/14 13:58:10
名前:
にいはお

コメント:
>今日は午後から仕事にならない人も多いのではないでしょうか?

そうだろうなあ・・・本当に。
あ、中国もそうかもしれない。
日本みたいに「期待に胸が打ち震えて」ではなく「呆けて」。

「北京日報」(当地のローカル紙)には、なんちゃらかんちゃらと
慰めとも何ともつかない文章が載っておりました。



02/06/14 10:04:40
名前:
ふらじゃ

コメント:
今日は午後から仕事にならない人も多いのではないでしょうか?>サッカー

>J'ratさん
リマスターの件はあまりお気になさらないほうがよろしいと思います。
フリッツではないですが「出る時は出る」と言う気持ちでいた方が楽ですよ
それよりTriumvirat.netの方が気になりますねぇ
大げさでなく私財を投げ打っての感があるだけにオフィシャルを名乗らせて
あげたいですね、
この世界のことはよく知りませんがオフィシャルが何ヶ所かあっても良いのではないでしょうか
オフィシャル・ジャパンとかオフィシャル・アメリカとか…



02/06/14 00:14:35
名前:
J'rat

コメント:
 amazon.de から返事が来ました。彼らはリマスターが7月12日に発売されることに自信を持っているようです。米国の公式サイトのJimはまた延期になるだろうと推測しています。ドイツのEMIのカスタマーケアの発表がこれまで二転三転しているからです。
 私は...、何を信じて何を皆さんにお伝えすればよいのか、悩んでいます。本当に発売されてからでないと、何も言えないような気がしてきました。「出る時には出る」とウェブインタビューでユルゲンが言っていました。やれやれ。

 米国の公式サイトのJimは疲れてしまっている様子です。実はドイツの triumvirat.tv が「公式サイト」を名乗っていて、JimやRussは心中穏やかではありません。加えて、新譜のプロモーションでは蚊帳の外...。Jimはいっそtriumvirat.netの更新を全てやめて「トリアンヴィラート・ミュージアム」にしようかと、愚痴をこぼしています。
 トリアンヴィラートの再結成、全てのアルバムのリマスターの発売、新譜の発売、期待されるツアー....、夢が、長年の夢がようやくかなおうとしていると言うのに、そんなことになっては気の毒です。

 ちょっと慰めに行ってきます?。(^_^;



02/06/13 10:16:47
名前:
ふらじゃ

コメント:
昨日は陸運支局まで行って来ましたが、車検証の住所変えるだけでなんでそんなに書類がいるの?という感じでした。手続き自体は簡単でしたが同じ事何度も書いてた気がします。

今朝の通勤の友はCAMELの「A LIVE RECORDS」でした。一足先の輸入盤リマスターですが、これはもう今までのとは別物として聴いた方が良いです。特に1枚目はいきなりボーナスから始まるので違和感ありました。意図して作られたかは判りませんが故バーデンスのプレイが堪能できるアルバムになってます。

CAMELといえばオフィシャルサイトに新作のジャケットがUPされてますね、ちょっと小さいので判りづらいですが、今までのイメージとはずいぶん違ってみえます



02/06/12 23:57:33
名前:
sphinx

コメント:
続けて失礼。
STARCASTLEがProgDay2002に出演することが決まったようです。
http://www.starcastlemusic.com/updates.htm
http://www.progday.com/bands.htm
8/31〜9/1ノースカロライナです。ふ〜



02/06/12 23:31:09
名前:
sphinx

コメント:
>WC
開催国日本にも大いに興味を持ってもらい、プライベートでも
プロモーションでもよいから来日してくれないですかねぇ。フリッツ。
「ジュンビOK!」ですよ。



02/06/12 22:10:15
名前:
TWANG

コメント:
案山子さんもクリムゾンファンだったんですね。
私も『ディシプリン』聴いた時は戸惑いました。
けど何度も聴いてるうちに好きになりました。
「別のバンド」と思って気に入ったのは、このアルバムだけです。
「シュリタリング・スカイ」が延々と続くのが心地よくて一番好き。
この曲はクリムゾンというよりピーター・ガブリエルの世界に通じるような気がします。

> 一番好きなのは「レッド」それから「太陽と戦慄」「暗黒の世界」要するに、あの時期です。

あの時期ですね。私も、もちろん大好きです。
『戦慄』や『戦慄』は勿論だけど『暗黒の世界』のラストの曲「突破口」は、緊張感のかたまりで音楽のもつパワーを感じます。
こんな曲作ってしまって、レッドゾーン振り切っちゃったから一休みしたんでしょう。
『戦慄』がリアルタイムで聴いてた人が羨ましいです。
『ディシプリン』と違ってぶっ飛んだでしょうね。

『アイランド』のタイトル曲は、ボズの歌声が好きです。
ボズは品が無いっぽいけど(^^;)あんなに優しく歌えるんですね。
「かもめ」も良いですね。このアルバムは優しいアルバムなのかも。

イエスの話も出てますね。
『イエスショウズ』は、本当は「儀式」でなく「追憶」を入れる予定だったとか。
「追憶」はイエスの中で一番好きな曲です。モラーツヴァージョンの「追憶」も聴いてみたかったな。
その前にブラッフォードで聴いてみたかった。なんてのは、このBBSではOKですか?



02/06/12 13:17:28
名前:
にいはお

コメント:
この頃イエスをよく聴きます。
別になにごとの理由はありませんが。

今朝は「イエスショウズ」を聴きながらやってきました。
P.モラーツ参加の「錯乱の扉」と「儀式」が飛びぬけて
素晴らしいですね、これは。
オフィシャルではこのアルバムでしかモラーツのプレイは聴けないので
よけいにそう感じてしまうのかも。

ああ、それでもやっぱり「マグニフィケイション」は・・・・。
気に入りたいのに。
食わず嫌いじゃなくて、努力して聴いているのに。

中国チームが早々と望みを絶たれて後の北京は、
静まりかえったようです。
とは言ってもみんなテレビ見てるんだが。



02/06/12 09:44:23
名前:
ふらじゃ

コメント:
とうとう梅雨入りですね、このところのジメジメはやはり前触れだったみたいです

ドイツの好調に反してフランスは予選落ちしてしまいましたね、前回の優勝チームだったのに
やはり開催国というのは何かしらの力を得られるのかなぁと思ってます
と言う事は今回日本もいいとこまで行くのかなぁ・・・(行って欲しいなぁ)

今朝早起きしてアナログ音源をWAVEファイルにして遊んでました
あと、曲間を分割するソフトを色々試してましたが色んなフリーソフトが有るんですねぇ

今日は午後から会社を休んで車検証の書き替えに行ってきます
横浜国際競技場からわりと近いので交通規制を確認しておかないと・・・



02/06/12 01:42:29
名前:
Woog

コメント:
トリアンのニュースレターが送信されました。
皆さんの想像通り、彼らはW杯に夢中のようですね。
ドイツが1位で予選リーグを通過したから、
今ごろは祝杯を上げてるかも。
「ドイツは予選リーグ敗退」と予想した雑誌もあったんですが、
たいしたものです。

>オフ会
ぼくは金、土どちらでもいいですが、
どちらかというと土曜かな、という感じです。



02/06/12 01:38:44
名前:
J'rat

コメント:
 Triumvirat.tvのニューズレターが来ましたね。まだ申し込んでいない方は http://www.triumvirat.tv でサインアップしてください。

 内容は、「サッカーばかり見ているので次のウェブインタビューの準備ができませ〜ん。でも来週には日程を発表するので、待っていてね。追伸:ところでどこが優勝すると思う? アルゼンチンとイタリアかな。でもドイツもいい線いくと思うんだけど。」...ですって。
 なんだかただのサッカー好きのオヤジと化していますね。これではFromNiigataさんが以前言ってた通り、新譜の発売にも影響しかねません。しょうがないな〜。とりあえず「決勝リーグ進出おめでとう。でもウェブインタビューの続きはちゃんとやってね。」とメールを出しておきました。

 気が早いですが、次のワールドカップはドイツで開催なんですね。2006年ですが、そのころは無茶苦茶盛り上がるんでしょうね、あのオヤジたちは。(^_^;)
 さて、triumvirat.tv では、追加の質問を受け付けています。どしどしお寄せください。英語が面倒な方は私に言っていただければ翻訳して投稿いたします(怪しい翻訳ですが)。前回のインタビューの模様もアーカイブで見られますので、ぜひご覧ください。アーカイブの翻訳は...まだ3分の1ほどしか終っていません。ごめんなさい、がんばります。



02/06/11 23:34:34
名前:
案山子

コメント:
台風が来る前に、鉢植えの百合を全員玄関に避難させました。
そうしたらもう、家中強烈な香りで窒息しそうです。かなり辛い・・・。
>TWANGさん
「ディシプリン」が出た時は、期待が異様に高すぎたのでものすごくショックでした。
それ以降のものは、わたしもなかなか好きになれなかったのですが、「別のバンド」と思えば、
かなり格好いいと最近思えるようになってきました。
一番好きなのは「レッド」それから「太陽と戦慄」「暗黒の世界」要するに、あの時期です。
「クリムゾン・キングの宮殿」も最初に聞いた衝撃が凄かったのでトップに挙げるべきかと迷います。
「リザード」も良いですねぇ!ジョン・アンダーソンのボーカルが思いっきり贅沢です。
「アイランド」の評価は難しいですね。もちろん大好きだし、昔は随分聞いたんですが・・・・
久しぶりに聞いてみて、本当に美しくて、しみじみとしたものがあるのですが、
何故か悲しくなってくるんですよ。タイトル曲は質が高いですね。
わたしは「かもめのうた」が好きです。聞く度にチエホフを思い出します。

>にいはおさん
>「マグニフィケイション」に、どうしても感情移入出来ません。
それは、わたしも分かる気がします。

>オフ会
言うばっかりじゃなくって、いつかは是非参加させたいただきたいです。
7月上旬は難しいですが・・・。



02/06/11 15:36:16
名前:
ふらじゃ

コメント:
台風の影響でしょか?雲の動きが早いです。

仕事で横浜のみなとみらい周辺に行ってきましたが、ワールドカップ1色でした
いつもに増して外国の方も多いし、どう見てもサポーターと思われる格好の人が
一杯でした。巨大サッカーボールのオブジェも有ったりして賑やかでした
あ、私は仕事ですよ・・・ホントに

>オフ会
来月なら夏休み前がいいですよね、集まりやすいのは土曜日だと思いますが
仕事帰りなら金曜日ですね
私はどちらでもOKです



02/06/11 11:36:12
名前:
J'rat

コメント:
 本当にお天気が崩れてきましたね。そろそろ梅雨ということでしょうか?

 リマスターの発売は秋ごろになると、ユルゲン・フリッツはウェブインタビューで言っていましたが、www.amazon.de では7月12日発売と掲示されています。amazonのフライングだと思うのですが、現在米国の公式サイトのJimがユルゲンに確認中です。私も問い合わせるためにまずとりあえずオーダーしておきました。でもamazon.deのサイトがドイツ語なのでとても不便でした。そもそも、問い合わせフォームの在り処がわかりません。やれやれ(^_^;)
 それにしても来月というのは怪しい気がします。何かわかり次第お知らせします。

>紀州の駱駝さん、
 キャメルのリマスターの情報ありがとうございました。26日が楽しみです。あと、ボーナストラックがすごいですね。たくさん音源があるんですね。おっしゃるように一枚のライブ盤にまとめてくれたほうがいいですね。

>FromNiigataさん、
 マイク・オールドフィールドの新譜はいかがでしたか? よろしければ感想などお聞かせくださいませ。

>Woogさん、
 オフ会、ちょっと早めの暑気払いで7月の上旬あたりでいかがでしょうか? 何曜日がいいでしょうね〜?>みなさん

>にいはおさん、
 「マグニフィケーション」がピンとこないのは、もしかしてキーボードが入っていないからではありませんか? オーケストラだとコピーできないですし。(^_^)
 アルバムはともかく、シンフォニック・ツアーのライブは良かったようですね。オーケストラつきのYes、観たかったですね〜。



02/06/11 09:36:39
名前:
ふらじゃ

コメント:
目覚めたら雨が降ってました。蒸し暑いです。久しぶりに天気図をみたら台風が発生してるんですね、進路にあたる方々はご注意下さい

昨日、今日と通勤の友はココの書き込みに影響されてZEPでした。「REMASTERS」という2枚組のベスト物でペイジ本人が編集したと言う事ですが、片寄り無くと言うか好みが合ってて嬉しいです。
私にとってのZEPのブランドイメージはやはりHRなんですね、初めて聴いたのが“移民の歌”ではじめて買ったのが“ブラックドッグ”ですもん。
今では愛聴盤の「聖なる館」もリリース当時はピンとこなかったです。ただ歌詞が全曲載ってたのには驚きでしたが・・・



02/06/10 22:30:53
名前:
にいはお

コメント:
ヤフーのトップページを見ていたら、
何でも「桃の天然水」を360万本、回収するらしいですね。

・・・・・・回収するんなら、僕にくれえ。
多少何かが混ざっとる、程度ならぼく目をつぶるぞ。

「マグニフィケイション」に、どうしても感情移入出来ません。
さっきからず〜っと鳴っているのに。気に入りたいのに。



02/06/10 14:37:35
名前:
TWANG

コメント:
◎J'ratさん
> いきなりトリアンヴィラートやELP、Yesなどに出会ってしまったので今ごろ初体験なのです。

私も今ごろ初体験、多いですよ。先日はムーディー・ブルースを初めて聴いたとこです。
ELPはいくつか音源は持ってるものの、未だジックリ聴いたのは「展覧会の絵」ぐらいです。
トリアンの新曲は完全新作アルバムでるまで待ちます。(貧乏なので)
張力さんとゆるげんさんと私はダルダルトリオといい毎日身体がだるい仲間です。(^^;)

◎FromNiigataさん、初めまして。
> 昔、田宮模型の「パチ作品集」の常連に「ピンク・ツェッペリン」と言う方々がいました。

大昔にとあるレコード店でクリムゾンを探しており、どこにも見あたらないので私が「キング・クリムゾンはありますか?」と訊ねたら、店員に「キング・クリーム?」と訊き返されました。
店は逃げるように出ましたが、強力そうでちょっとカワイイ魅力的な名前だけずっと耳に残りました。
「ピンク・ツェッペリン」や「キング・クリーム」なんてバンドがあれば聴いてみたい気がします。
「ボンゾーズ・モントレー」私も大好きです。ZEPの本質ここにあり!(かも?)

◎案山子さん、初めまして。
> わたしは「好きなものは何でもプログレ」といういい加減な人間なんで、ずっと「ZEP=プログレ説」 を主張してましたが

私は最近ブルースが好きで「好きなものは何でもブルース」状態です。
よそのBBSで「クリムゾンは極上のブルース」と言って顰蹙かってます。
「何でもプログレ」はどのジャンルに当てはめてもOKですが「何でもブルース」は我ながらムチャクチャでした。(^^;)

クリムゾン、私の中では「ディシプリン」までです。
最近のはメタルすぎて、ちょっと付いていけません。
熱く語れと言われても今さらかも知れませんね(^^;)
最近の好みはメロディアス系で「リザード」「アイランド」です。
どちらもタイトル曲が良いですね。
案山子さんもクリムゾン好きなんですか?ぜひ熱く語って下さい!



02/06/10 13:53:05
名前:
にいはお

コメント:
お昼休みです。

当地にも「日本人会」というのはあり、会報を出したり
イベントやったり・・・・・。
昨日その附属の図書館にビデオを借りに行ったら、
なんと1975年のNHK少年ドラマシリーズがあり、
あっ!と思った次の瞬間にはもうカウンターで
貸出し手続きに入っておりました。
この辺の短絡的動物本能的行動は、CDを購入する時と
何ら違いはありませぬ。ほんと単純なやつ。

少年ものSFの大家、眉村卓の原作ものでした。
全3巻、4時間弱を昨晩一気に見倒しました。
「なぞの転校生」などという、一時期の大仰な曲の邦題にも
負けないような恥ずかしいタイトルが付けられていました。
音楽ではエレピが大活躍だったです。あと、ストリングスの
音もかなり頑張っていましたが、これはきっと「ヤマハの
エレクトーンのストリング音」だったでしょう。

いやあ、青春してしまいました。
日曜の午後に青春して黄昏る、のはあんまり好きじゃないなあ。



02/06/10 09:38:07
名前:
ふらじゃ

コメント:
夕べの横浜は大騒ぎでした。競技場近くに住んでる職場の人によると深夜までヘリが飛んでてうるさかったと言ってました。

私は一昨日横浜球場でベイVSヤクルトを見てきました。のんびりビールを飲みながらの観戦でしたがデーゲームだったのでけっこう日焼けしてしまい今も腕がヒリヒリします。
その球場での事ですが、選手がバッターボックスに入る時お気に入りの曲を流すというのが通例になってますが、その中でベイの多村という選手の使ってた曲がアランパーソンズの“シリウス”でした。意外な所で使われてたのでちょっとビックリでした



02/06/09 23:09:28
名前:
案山子

コメント:
>TWANGさん
はじめまして。出遅れてしまいましたが、わたしもZEPは大好きです。読んでて嬉しくなりました。
「4」はダントツに一番好きで後「フィジカル・グラフィティ」「聖なる館」「プレゼンス」
「ファースト」とか聞く度に順位は変わります。(その時、聞いたものが上に来る)
本当に独自の魅力を沢山持った、枠にはまりきらない特異なグループだと思います。
わたしは「好きなものは何でもプログレ」といういい加減な人間なんで、ずっと「ZEP=プログレ説」
を主張してましたが(「ビートルズ=プログレ説」というのもある)、逆にHMの大好きな方が、
「ZEP=HM」と思われるのは、とっても面白いことだし、十分納得できる気もします。
HPを拝見させていただくと、キング・クリムゾンもお好きなんですね。
是非、そちらの方も熱く語って下さい。

>ベン・フォールズ・ファイブ
お店で1時間迷ってからWhatever and Ever Amen を買いました。
「金返せ」は聞いたことあります!思い出しましたよ。
SONG FOR THE DUNMPED がシングルで出た頃ラジオでよくかかってて、
(ヘヴィー・ローテーションだったかな?)「格好いい曲だなー!」って思ってたんですよ。
そうしたら、ある日、日本語バージョンがかかって、「えーーーー!こんな歌詞だったの?!!」って
通勤途中の車の中で大声出しそうになりました。と、いうことは、あの頃はラジオを聞いてたんですね。



02/06/09 22:55:39
名前:
Woog

コメント:
やった〜(^o^)
日本勝利!!

>またオフ会やりませんか!?

是非やりましょう。
日本も、もっと勝ってくれるでしょうし。



02/06/09 19:14:11
名前:
FromNiigata

コメント:
連日、天気の良い日が続きますね。
最近の朝の通勤BGMはこんな天気に合わせてクリムゾンの「レッド」じゃなくて、ボストンのベストです。

今日は久々にヴァージンに行って、マイク・オールドフィールフドの新作とロジャー・ウォータースのベストをゲットしてきました。じっくり聞き込んでいきたいと思っております。

すいません、ZEPネタ>
「聖なる館」はZEPの中では一番プログレっぽいアルバムでしょうね。(ジャケットもヒプノシスですし。)今聞き返すとエフェクト処理が古くさいですが、ハードロックなどと言う枠にとらわれず新しい領域にチャレンジしていくバンドの意欲を強く感じさせるアルバムですね。(個人的にはZEPの中では「カシミール」と「アキレス・ラストスタンド」「ボンゾーズ・モントレー」が好きです。)
ZEPにジャンル分けは不要でしょう。ZEPはZEPです。

書いていて、思い出したのですが、昔、田宮模型の「パチ作品集」の常連に「ピンク・ツェッペリン」と言う方々がいました。両バンドのファンだったと記憶しております。懐かしいな〜。(皆さん何のことか分からないでしょうけど…)

J’ratさん、家具情報、参考にさせていただいております。ありがとうございました。

では、これからロシア戦。ビール飲みながらサポーターします。(希望的観測で2−1で○)



02/06/09 14:26:14
名前:
紀州の駱駝

コメント:
>J'ratさん。
キャメルの紙ジャケの発売日は、26日の間違いでした。m(__)m

ついでにCamel関連でもうひとつ。
UK盤リマスターの「Snow Goose」にはAmazon.co.ukなどで確認する限り、ボーナス・トラックは含まれていないのですが、先日HMVに載りましたユーロ盤には
Flight Of The Snow Goose(single edit)
Rhayader(single edit)
Flight Of The Snow Goose(alterate single edit,unreleased)
Rhayader Goes To Town(live)
Snow Goose〜The Freefall(live)
の5曲が入っています。う〜ん…、これも紙ジャケ持ってるけどやっぱり買おっと。(ユニバーサル インターナショナルの馬鹿ったれ〜!(-_-メ))



02/06/09 00:44:16
名前:
J'rat

コメント:
 今日は夏のような天気でした。お隣さんがビニールプールを出したので、仔ラットはお呼ばれで水遊びをしていました。私もプジョーに水浴びをさせることができました。

>TWANGさん、
 ツェッペリン、万歳! って感じですね。気を遣ってくださってありがとうございます。でも時には寄り道もいいものですよね。私はロックをちゃんと聴かないで、いきなりトリアンヴィラートやELP、Yesなどに出会ってしまったので今ごろ初体験なのです。今更と笑われるかもしれませんが...。とにかくどんどん聴いていきたいと思います。

 トリアンのリマスターは22年ぶりの新譜 "The Website Story" に合わせて今年の秋に発売される予定と言われています。何度も延期になっていますので、また延びないか冷や冷やしています。新譜はオリジナルのメンバーでリーダーだったユルゲン・フリッツが、新しいボーカルのグラント・スティーブンスと一緒に作っています。
 まだ "Just A Face" 一曲しか発表されていませんが、アルバム自体は3年越しで完成に近づいているようです。洗練されて力強いピアノの素晴らしさは昔のままです。とかく再結成アルバムは黄金期を越えられないものですが、現代に蘇えるトリアンの新譜はどうでしょうか? 「スパルタカス」などの過去の名作を越えるものとなって欲しいものです。

>5150さん、
 いらっしゃいませ〜。BF5 どうしたんですか?
 ところで、私は現在PCの自作を計画中です。目玉はAthronXP1800+のデュアルと高画質キャプチャーボードMTV2000です。しかも静音化をめざしております。5年ぶりにケースやディスプレイを含めたフルチェンジなので、ワクワクしています。

>AUKENさん、
 Jadisに通っていらっしゃったんですね。三省堂のはす向かいのビルの9階です。ビデオも充実していますね。もう宝の山といった感じです。sphinxさんと話していたのですが、プログレの在庫が2000枚だそうで、聴くだけで営業日ベースで10年かかってしまいます。返却は宅急便でもいけるそうですので、遠方の方は上京の折りにも利用できるかもしれませんね。

>Woogさん、
 お久しぶりです、ようこそ。...お仕事場に、クーラーないんですか? 溶けちゃいますね〜。
 またオフ会やりませんか!?

>張力さん、
 TWANGさんとはお知り合いでいらっしゃいましたか。お薦めは「プレゼンス」と「IV」ですね。ぜひ行かせていただきます!

>紀州の駱駝さん、
 キャメルの紙ジャケ、disk unionでは6/26発売となっています。フライング? しかも「国内初回発売時再現ミニチュア帯」付きだそうです!

>ツェッペリンふたたび、
 ホイトルさんも、毛糸さんも、にいはおさんも、み〜んなお好きだったんですね! 私もがんばって聴かなくっちゃ。(^^ゞ

 さてさて、この間のウェブインタビューの翻訳をしなくては...。



02/06/08 21:28:43
名前:
TWANG

コメント:
 ↓ 下の書き込みは私(TWANG)です。すいません。



02/06/08 21:27:36

コメント:
> おんや、ZEPフォーラムと化しつつあるぞ。

ちょ、ちょっと辞めて下さいよ〜
ZEPサイトやないねんから〜
(張力さんOKですか?)

毛糸さん、にいはおさん、初めまして!
まだトリアンをたった3曲しか知らない者です。
皆さんにひんしゅくかいそうなんで、トリアンネタを。

今日の昼間にトリアンのMIDIを聴いてました。
「 Last Dance 」を聴いてました。ポップで聴きやすかったです。
私の知っている曲「Triangle」と同じですね。
あのページにあるMIDI作ったのは、全部にいはおさんですか。
「Spartacus」も見事に再現されており聴き入ってました。
トリアンってピアノがキレイですね。

トリアンTVに流れてる音楽もトリアンの音楽ですか?
何かを予感させるような音楽ワクワクさせます。
新譜と旧作のリマスターっていつ頃発売されるんでしょうね。

これで少しはトリアンのサイトに戻ったかな?

> あの感性の前にひれ伏して、わたしは喜んで犬になろう、がるる

犬になるんなら、黒犬が良いかと。
あのリフもジョーンジが作ったとジミーが言ってました。

「ケラウズランブラ」のベースもはじけていて好きなんですが、ZEPの話はもういいですよね。(^^;)
ではまた。



02/06/08 18:54:14
名前:
にいはお

コメント:
おんや、ZEPフォーラムと化しつつあるぞ。
では私も・・・・。

「ユー・シュック・ミー」(機砲離ルガン。
「ミスティ・マウンテン・ホップ」(検砲離ぅ鵐肇蹐離┘譽圈
  (たぶんローズじゃなくてウーリッツアー)
「ザ・クランジ」(后砲離函璽ングボーカルと変拍子。
「ブギ−・ウィス・ステュ」(フィジカル)のピアノ。
  (KEYはJ.Pではなく、あのイアン・スチュワート)
「モントルーのボンゾ」(CODA)の魂のドラム。

ミレニアムのメタルのドラマーは、み〜んなボンゾを聴いて
丁稚からやり直しなさい。
曲の最初っから最後までツーバス叩いてりゃ良いってもんじゃないっすよ。



02/06/08 16:04:38
名前:
毛糸

コメント:
やっぱZEPはジョンジィよね〜〜♪

フィジカルグラフィティときたら、やっぱ「カシミール」だなぁ
リズム隊が最高っすね
ボンゾなくしてあの曲は成り立たないけど
あのリズムを編み出したのはジョンジィっすよん
あの感性の前にひれ伏して、わたしは喜んで犬になろう、がるる

ところでこの「カシミール」
ゴーストサウンドが入ってるんすよー
寝苦しい夏の夜長にぴったりっすにゃ、ぶるっ



02/06/08 13:28:56
名前:
TWANG

コメント:
そろそろZEPネタは控えようと思ってましたが、なんと張力さんまでも!
しかもHR/HM嫌いの張力さんが「アキレス最後の戦い」を認めてるとは!!
『聖なる館』は全体に明るいトーンで、ジャケットのイメージそのまんまです。
最近のお気に入りは、5曲目「ダンシング・デイズ」、6曲目「D'Yer Mak'er」
8曲目「オーシャン」も最後のGソロはドゥーワップ調?で楽しいです。
ZEPのリズム隊はファンクしてて最高です。
今の私のマイブームは、ベースのジョン・ポール・ジョーンズ。
最近はハードロックっぽいのが苦手で「ZEP2」はあんまり聴く気になれませんが、ベースは良いです。


ホイトルさん、初めまして!

> プログレとしてのツェッペリンなら、
> フィジカル・グラフィティーのC面!

A、Bと聴いてくると、ここでホッとさせてもらえますね。
生ギターのインストも、あんな単純なアルペジオなのに、とても心地よいです。
B面ラストの「カシミール」はプログレと呼ぶには物足りないでしょうが、延々と続くドラムがたまりません!

どうも完全に逆布教してるなぁ(^^;)
皆さんにもトリアンの魅力を語って欲しいです。



02/06/08 08:30:12
名前:
ホイトル

コメント:
プログレとしてのツェッペリンなら、
フィジカル・グラフィティーのC面!
(おっと、CDなら2枚目の前半というわけですが..)

素晴らしいッスよ



02/06/08 02:29:19
名前:
紀州の駱駝

コメント:
>J'ratさん。
日本盤のリマスターの発売日は、HMV等のHPでは6月28日となっております。今回リリースされるCDには、Camel Productionsからクレームのあった(らしい^^;)ボーナス・トラックがてんこ盛りですので、待ち遠しい限りです。(^^)

>ふらじゃさん。
私も買いましたよ〜、「MOONMADNESS」のUKリマスター盤を。日本盤の紙ジャケは持っていますが、これもボーナス・トラックにつられて迷わず買ってしまいました。
1番気に入ってしまったのが「Sprit of the Water」のデモ・ヴァージョンです。Peteさんの弾くピアノが物悲しくて言葉になりませんです。
未発表ライヴは3曲とも良いですね〜。でも、ボーナス・トラックで小出しにせず、新たなライヴCDとしてリリースしてくれれば良いのにと常々思ってます。オリジナル・メンバーの貴重なライヴを聴くことができて、嬉しいのはやまやまですがね…。



02/06/08 02:21:08
名前:
張力

コメント:
お、TWANGさんではございませんか。
マイブームの神輿(Mikoshi)ネタはこちらではやめておきましょう(苦笑)

J'ratさん、お久しぶりでございます。
ツェッペリンの『聖なる館』、気に入られましたか。
HR/HM嫌いの私も、ZEPだけは好きなんですよ。

>ただのハードロックバンドじゃありませんね。

私も全くそう思います。
特にこのアルバムでのジミー・ペイジのギターの音ってあまりハードロックっぽくないですもんね。
おまけにメロトロンまで入っていますし。
個人的には、このアルバムの中では1曲目の「永遠の詩」が明るく元気で最も好きですね。
あと、3曲目の「丘のむこうに」も目茶苦茶好きです。

>いいですね、これ! プログレじゃないですか!

ZEPの中で最もプログレしているのは、『プレゼンス』というアルバムの1曲目に入っている
「アキレス最後の戦い」という曲だと思います。
10分以上有りますし、キメの部分のリズムなんかモロにプログレです。
曲調も死ぬほどカッコイイです。

あとは、あまりにも有名な「天国への階段」というZEPの代表曲(『IV』に収録)も
プログレファン向けの曲で大オススメですよ。



02/06/08 00:11:12
名前:
Woog

コメント:
おひさしぶりです。
昨日、今日と暑いですね〜
ぼくの職場にはクーラーがない!
なんでやね〜ん。

ところで、サッカー日本戦にこうも興奮したり
ドキドキしたりするんでしょうか。


>J'ratさん、
>「頷きと目配せ」って意味深なタイトルですね! お兄さん、この訳は正しいでしょうか?(^^ゞ

もちろんです(^^)

>にいはおさん、
>靴を脱がされたのは、・・・ 2002年6月5日の瀋陽空港が初めてです。

ご無沙汰です。
韓国では、豚から感染する何かの病気があって、
観光客は帰国時に靴の消毒をされるようですが、
それとは関係ないかな?(ないようですね)



02/06/07 18:58:15
名前:
AUKEN

コメント:
毎日暑くて溶けそうです。

>Janis
あそこは凄いですよね。移転前はよく行ったのですが、移転先知らないままで行ってませんでした。
また行こうっと。王道からアヴァン系までなんでもありますな。

神保町といえば、旧Janisの近くにあるエチオピアというカレー屋さんが、なんだか店内にフロイドだのイエスだのクラフトワークだののLPを飾ってありました。
でも最近行ったら全部上からメニューとか張られちゃってました、残念。



02/06/07 14:06:10
名前:
TWANG

コメント:
J'ratさん「聖なる館」さっそく聴いて下さったんですか!
しかも気に入られたようで嬉しいです。逆にZEPを布教したみたいで恐縮です。

> とにかく全編ギターがいいですね〜

> なのを今更と笑われるかもしれませんが

とんでもない。私だってトリアン今ごろ知ったのだから。
しかもアルバムはまだ持ってない。

> ただのハードロックバンドじゃありませんね。

そういってもらえるのが一番嬉しいです。好き嫌いよりも最大の誉め言葉ですよ!
もっとも今の私にはハードロックやプログレとも思いません。
たまにCDショップでHMのコーナーに入れられてるのをみると、ここの店員、聴いたことがないのかって思ってしまう。
ZEPトリビュートでヘビメタ風にばかり演奏してるのには呆れてしまいます。

J'ratさんのように初めて聴いた方や聴いたことない方、もしくはZEPを聴いて好きになれなかった方なら、どう思っても自由でいいんですが、ZEPのファンが未だにヘビーメタルの元祖とか言ってるのは理解できません。
ZEPのファンサイトを見ても、私のZEPへの想いとどっか違うって感じます。

すいません。ちょっと長くなってしまいました。嬉しかったもんで。
逆におまえが今さらZEP、ZEPっうるさいって言われそうですね(^^;)
でも私にとってはZEPの心地よさと「スパルタカス」で感じた良さは同じです。
「4」と「フィジカル〜」は「聖なる館」よりもハードロックっぽいギターが多いので、そのつもりで聴いて下さいね。



02/06/07 09:24:18
名前:
ふらじゃ

コメント:
今日も暑くなりそうですねぇ、と言うか既に暑いです。このところずっと自転車通勤なのです。走ってる時は風が当たって気持ち良いのですが、止まったとたんに汗が噴出してきます。少しは健康になれるかも…

夕べは古いパソとファイルを共有しようとLANボードを取りつけました。2台だけなのでクロスケーブルで直接つないだけど上手く認識してくれません。やっぱりHUBを介さないとダメなのでしょうか?理論的には同じはずなんですけどねぇ

今朝の通勤の友はCAMELの「MOONMADNESS」のUKリマスター盤でした。CDウォークマンで聞いてたのですが、高域がハッキリしてる感じでした。お楽しみのボーナストラックは先に会社に着いてしまったので未超です。



02/06/07 02:18:48
名前:
5150

コメント:
送信しちゃった。

かぁねかえせ〜〜♪おれのくろいしゃつもだぞぉ〜♪



02/06/07 02:17:24
名前:
5150

コメント:
ベン・フォールズ・ファイブ

またの名を「ド根性熱血体育会系ピアノバカ」



02/06/07 01:20:41
名前:
sphinx

コメント:
J'ratさんお昼は正面玄関まで送迎付き、そのうえお土産までいただきありがとうございました。
ほんとにあの2,000枚の在庫を目の前にするとフリーズしてしまいますね。
残念ながら今週末は忙しくて借りている(焼いている)ヒマはなさそうです。
グリーンスレイドは最高傑作といわれている「Bedside manners are extra」もオススメです。
トリリオンは後にTOTOのボーカルを務めるデニス・フレデリクセンが在籍していた、
まさにアメリカン・プログレ・ハードの王道をいくようなサウンドでしたね。
>"Fountains"
最後の晩餐のようなジャケですね。持ってました〜



02/06/07 00:42:37
名前:
J'rat

コメント:
 暑い一日でしたね。お昼にsphinxさんとお会いして、神保町のレンタルレコード屋さん Janis に連れて行っていただきました。聞きしに勝る広い店内と、充実したプログレに驚いてしまいました。品揃えはCD屋さんより充実していますが、しかもそのほとんどが国内盤です。貴重な廃盤もたくさんありました。
http://www.janis-cd.com/
 さっそく会員になりました。夕方にお店に行って、借りたのは5枚です。
 イタリアのELPことトリアーデの「1998:サバツィオの物語」、アメリカのプログレ・ハードのトリリオンの「トリリオン」、英国のツイン・キーボードバンドのグリーンスレイドの「グリーンスレイド」、フランスのプログレッシヴ・トラッドのアスガールの2nd「伝統と革新」です。目移りしまくりでした。そして5枚目は、レッド・ツェッペリンの「聖なる館」でした。

 まず聴いたのは「聖なる館」ですが...。いいですね、これ! プログレじゃないですか! 2度ほど通して聴きましたが、1,2,5,7曲目が気に入りました。とにかく全編ギターがいいですね〜。なのを今更と笑われるかもしれませんが、ただのハードロックバンドじゃありませんね。あと2曲目の "The Rain Song" のメロトロンも感動ものでした。次はぜひ「4」と「フィジカルグラフィティ」に行きたいと思います。TWANGさん、ありがとうございました。

>sphinxさん、
 お世話になりました。ゆっくりお話できなくて残念でした。そうそう、以前買ったスターキャッスルのブートはその名も "Fountains" でした。1977年の New Heaven のライブのようです。お持ちですか?

>紀州の駱駝さん、
 いらっしゃいませ〜! キャメル情報、ありがとうございます。日本盤のリマスターは6月18日でいいんでしょうか? 新譜はいよいよ予約開始なんですね。「頷きと目配せ」って意味深なタイトルですね! お兄さん、この訳は正しいでしょうか? (^^ゞ
 アコースティック・ライブは "Never Let Go" が人気なんですね。好きな人、多いんですね。私も賛成です! またライブでお会いしたいですね〜。

>にいはおさん、
 出張お疲れさまでした。"Keys To Assention" がお供だったんですね。長いから丁度いいのでしょうか? 私は長らく聴いていません。久々に聴いてみたくなりました。スタジオ録音だけ集めた編集盤も出ているようですが、改めて聴かれて何か新しい発見はありましたか? リックが帰ってくるんですよね〜。
 靴を脱いで飛行機に上がる、お座敷列車みたいですね!?



02/06/06 18:22:01
名前:
紀州の駱駝

コメント:
>ふらじゃさん。
>「レインダンス」
はっ、恥ずかしながら書き込みした時にはまったく気付いていませんでした。^^;
早速ニュース・レターを確認したのですが、やっぱり載ってませんねぇ…。単なる記載漏れであることを祈っています。

そらから、前回書き忘れたことがありまして。
アコースティック・バージョンのリクエストは、好評につき6月30日まで投票期限を延長することになってます。興味のある方は是非オフィシャル・ページを覗いてみてくださいね。



02/06/06 14:00:59
名前:
案山子

コメント:
>SHADOW GALLERY
LEGACYは4枚目みたいですね。6曲目のFIRST LIGHTは長いといえば結構長い35分。
でも、こんなんアリかな?何回聞いても途中でドキッとしますよ。
とても気に入ってます。



02/06/06 13:06:29
名前:
TWANG

コメント:
>パリの一夜なんて、かなり緻密な曲構成で何度聴いても飽きない。
>それにクイーンはすぐに飽きるんですよね。

これ同感!
といいつつもクイーンのファンなんですが、メロディはいいけど深みに欠けるからか飽きてしまうのも事実。
聴きたくない曲も沢山あるし。
「クイーン2」が一番好きなんですが、ラストの曲「輝ける七つの海」も、いい曲だと思うわりに飽きる。
A面(古い)なんかは、文句無しに大好きなんだけどなぁ。
なんででしょうね? ドラムの音がショボイのも好きになれない。
好きだけどいまいちハマりこめない不思議バンド。



02/06/06 09:44:02
名前:
ふらじゃ

コメント:
今朝は涼しかったですね、半袖だとちょっと寒いくらいでした。こちらでは明け方から激しい雷雨でしたが今は良い天気になってます。

今朝の通勤の友は昨日仕入れたノヴァリスの1stでした。このバンドに限った事ではないですが1stアルバムというのは、その後のバンドの音とは違って聞こえることが多いですね、これはトリアンも例外ではないですがやはりオリジナリティーよりそれまでの音楽的バックボーンの方が幅を利かせてますね、それがクラシックであったりするとプログレ感が強くなるのかもしれないです。ノヴァリスの場合はアートロックの影響が強かったです。後のメロディアスな路線は感じられませんでした。なにより英語で唄ってたのが驚きでしたね。

>紀州の駱駝さん
お久しぶりです、さすがにキャメルの情報は早いですねぇ
後期のアルバムもリマスターされるのは楽しみですね、ちょっと気になるのは「レインダンス」の名前が無いところですが、単なる記載漏れでしょうか

>にいはおさん
出張お疲れ様でした、靴を脱がされるとは凄いですねぇ、これもお国柄でしょうか
そうそう以前(20年前)わたしはそのピーピーなるゲートの横で荷物を検査する機械を作っておりました。簡単に言えば移動式レントゲン装置なのですが当時は好感度フィルム(医療用)などを通すと1発でオシャカになってました。今はそんな事無いでしょうが・・・



02/06/06 00:07:06
名前:
にいはお

コメント:
瀋陽ではほとんど仕事ばっかりで、
結局何処にも行けませんでした。
かろうじて最終日の昨日、焼き肉と冷麺を
食べに行っただけ。
あとはず〜っと事務所にこもり、
夜はホテルで報告書とか書いてました。
出張のお供はベン・フォールズ・ファイブと
イエスの「キーズ・トゥ・アセンション1&2」。
ベン・フォールズに「BAD IDEA」というハードな曲があって、
その辺のHRバンドが腰を抜かして逃げていくぐらいの
ブッちぎれ具合に改めてびっくりしました。
これがピアノトリオのすることか。

上記のような出張だったので大して面白いことはありません
でしたが、最後の最後にこんなことがありました。
帰りの飛行機に乗る時のセーフティ・チェックで、
あの門のような、くぐるとピー!と鳴ってしまう所がありますね。
あそこで係員が「靴を脱げ」というのです。
前の人はみんな本当にそうしている。
で、私もそうしたら今度は「脱いだ靴は手荷物同様、X線に通します」
などと言うのです。
私は靴下状態で門をくぐり、靴はカバンと一緒にX線を通しました。
何度も飛行機に乗っていますが、靴を脱がされたのは、
2002年6月5日の瀋陽空港が初めてです。

・・・・あ、作り話とか思ってんでしょ!?
ほんとにほんと、なのよ。実話なんだから!!



02/06/05 23:22:13
名前:
らくだ使

コメント:
>10cc

びっくり電話はゴドレイ&クレームコンビの曲が光ってますよね。
なんていうか、ひねくれたカンジの曲調がたまりません。
オリジナル・サウンドトラックも素晴らしいです。
パリの一夜なんて、かなり緻密な曲構成で何度聴いても飽きない。
クイーンのボヘミアンっぽいけど、実はこの曲の方が一年古いし。
それにクイーンはすぐに飽きるんですよね。


>キャメルリマスター

もうそろそろなんですね!紀州の駱駝さん、素晴らしい情報をありがとう
ございます。
しかし、後期の作品もリマスター化ですか。
これは全部買えってことですね(笑)。
The Single FactorとStationary Travellerなんて今では
手に入りにくい作品だから、リマスター化は本当に嬉しい限りですよね。
個人的にはBreathlessが良い音で聴けるのが感激です。
30周年ツアーで来日が実現したら、またお会いしましょうね。



02/06/05 21:31:28
名前:
にいはお

コメント:
帰ってまいりました、北京に。
また自宅から書き込みます。

とりあえず、ご飯食べてきますわ。
続きは、のちほど。



02/06/05 18:03:13
名前:
紀州の駱駝

コメント:
久しぶりの書き込みです。
Camel関連で、いくつかお知らせをさせてください。

新譜の「A Nod and a Wink」は7月の中旬にリリースの予定だそうですが、既にCamelのオフィシャル・ページでは先行予約を受け付けています。さらに、ビデオで出ていた「Coming of Age」が6〜7月にDVDでリリースされる予定で、これも先行予約受付中です。「it will be viewable on all DVD
players」と書かれていますから、リージョン・フリーなんだと思いますよ。
以前こちらの掲示板にもありましたアコースティック・バージョンのリクエストについてですが、既に5,486の投票があったようです。(どうやら、1人1回10曲までOKのようですね。)
現在のトップ・スリーは「Never Let Go」「Lady Fantasy」「 Song Within a Song」だそうです。これも大変楽しみで〜す。
遅れていたリマスターは6月中にリリースされますが、やはりCamel Productionsとユニヴァーサルとのあいだで、いろいろとごたごたがあったようですね。Camel Productionsからのニュース・レターに詳しく書かれているのですが、兄貴と違って私は英語力に乏しいため詳細についてはよく分りませんです…。^^;
ただ、年末には「Breathless」「I Can See Your House From Here」「Nude」「The Single
Factor」「Stationary Traveller」がリマスターで出るようなことも書かれています。

30周年記念ツアーについては、いまだに未定のようです。でも来日を信じていますし、恐らく実現するでしょうから、そのあかつきには今回も上京して、皆さんと一緒にライヴを楽しみたいです!!



02/06/05 14:50:24
名前:
TWANG

コメント:
J'ratさん、レスありがとうございます。
「スパルタカス」最後の歌のとこは気持ち良すぎ!
まるでサウナと水風呂を交互に入り入浴後のビールを飲んでるような感じです。
まだ3曲だけなんで正式なファンとはいえませんが、宜しくです。

J'ratさんの音楽の好みは知らないですが、ZEPは「聖なる館」の方がお薦めかと思います。
他のZEPのアルバムは、さすがブルースを母体にしているだけあって泥臭さが残ってるけど、「聖なる館」ではブルースっぽさが影を潜め(というか見当たらない)カラッとしており、曲によってはイエスの爽やかさも感じられます。
言い様によってはカワイイ作品集ともいえます。
もちろん私も大好きなアルバムです。ややヴォーカルがキンキン声にエフェクトされてるのが難です。

ゆるげんさん、いつもお世話になります。
アマゾンで売ってたんですね。リマスターが出るならそれまで待ってみます。
プレゼントは女性にですか? おっと入らぬお世話でしたね。
ではまた!



02/06/05 14:44:03
名前:
にいはおIN瀋陽

コメント:
これが最後の実況です。
あとはまた、北京に戻ってから。

午前中に雷が少し(・・・ええ加減にせんかい)。

焼肉、美味しかったです。
冷麺も、グッドでした。

では(あんな事件が無くても肩身の狭い日本人より)。



02/06/05 14:22:41
名前:
ふらじゃ

コメント:
暑いですねぇ、梅雨を飛び越して真夏のようです。

今日は仕事で前の事務所に行ったので、ついで?に近くのunionに行ってきました
ちょうど輸入盤、中古が\100引きセールをやってたのでいろいろと買ってしまいました
(昨日のサッカーで日本が負けると\50引きだったらしいです)
プログレ物としてはカイパの新譜、ノヴァリスの中古を入手しましたが
店頭には伸びに伸びてたキャメルのリマスターやピーガブの紙ジャケ(輸入盤)
ムーディーズの初期紙ジャケ等いろいろと出てました

持ち合わせが無かったのが幸いしたかも



02/06/05 12:44:47
名前:
J'rat

コメント:
 いいお天気ですね〜。今朝は Tanned Leather と言うバンドの "Saddle Soap" というアルバムを聴いてきました。1977年の英国のカントリー(?)バンドのアルバムですが、ユルゲン・フリッツがピアノでゲスト参加しています。5曲だけですが、しっかりしたタッチはユルゲン一流のもので、一聴すればわかりました。翌年の1978年には Hollywood という Arno Steffen と Matthias Holtmann のバンドにもゲスト参加しています。「ポンペイ」や「アラカルト」のころですね。音は悪いですが、フリッツのピアノは有難いです。

>にいはおさん、
 瀋陽からの特派員報告、ありがとうございます。あの事件以来、日本人は肩身が狭いなんてことはないでしょうか? 官房長官の失言とかもありましたし...。

>FromNiigataさん、
 ワールドカップ、よかったですね。日本代表も1ポイント取れたようですし(家に帰ったら終わっていましたが)。今日はドイツ対アイルランドですね。トリアンヴィラート対アイオナ&エンヤ連合軍と言う感じですが、やはりドイツを応援しましょうか?

>TWANGさん、
 ようこそいらっしゃいませ。スパルタカスをお聴きくださったんですね。ありがとうございます。スパルタカスはクライマックスに向けた盛り上がり方がとっても良いですよね〜。リマスターは発売が延期になってしまいました。時期は未定ですので、すみませんがしばらくお待ちください。
 ホームページ拝見しました。「海洋地形学」がベスト5に入っていますね。私も好きです。レッドツェッペリンは私は聴かないのですが、お薦めの「4」と「フィジカルグラフィティ」は聴きたいと思います。また遊びにいらしてください。

>ゆるげんさん、
 ご紹介いただき、ありがとうございました。これからも普及活動、よろしくお願いいたします。早くリマスターが出て、多くの人たちに聴いてもらいやすくなるといいのですが...。



02/06/04 23:44:38
名前:
にいはお

コメント:
瀋陽からLIVEです。

>クリス・スクワイア
な〜んだ、違うのか。
ゆるげんさん、情報ありがとうございます。

以上、終わりっ。
(・・・・違うこと書けよ、いい加減に)



02/06/04 21:58:05
名前:
ゆるげん

コメント:
TWANGさん、いらっしゃいませ。やっと来てくれましたね。
J'ratさん、以前話した新しくトリアンファンになった人とは、TWANGさんの事です。

今日、ある人へのプレゼントの為にトリアンのCD『Old Loves Die Hard』、『Pompeii』をアマゾンで注文しました。

>クリス・スクワイアin『モダンレコーディングの冒険』
にいはおさん、クレジットには書かれてますが実はクリスは参加してないんですよ。以前のクリスへのインタビューで「俺は知らないよ、勝手に何かをサンプリングしたんじゃないの?あはは(笑)」みたいな事を言ってました。

>シャドウ・ギャラリー
私個人の意見では『LEGACY』(←たしか3rdだったと思う)は1stよりましだったですがシャドウ・ギャラリー自体あまり好みではありませんでした。

>SPOCK'S BEARD
1st『The Light』、2nd『Beware Of Darkness』を聴きましたけど、このバンドは良かった。正統派プログレッシヴ・ロックって感じで聴き易かったです。面白いのは2nd『Beware Of Darkness』で彼らが影響受けたであろうバンドそっくりなアレンジなどバラエティに富んでます。気付いたとこでは、ジェントル・ジャイアントやジェスロ・タルなど。

>TRIADE
初めて聴いた時は何てつまらないと思ったのですが、後々改めて聴くと結構味わい深いですね。ショボイELPって感じかな。

>長い曲
他にもマイク・オールドフィールドなどがありますが、ちゃんとしたロックサウンドではフラワー・キングスの「ガーデン・オブ・ドリームズ」が59分57秒あります。しかし組曲形式で18パートもあってサウンドが散漫すぎます。



02/06/04 17:22:27
名前:
FromNiigata

コメント:
日本VSベルギー あともう少しですね。
ビール飲みながら観戦します。(最近、こればっか)
0−0であれば上出来だと思いますが…。
今日も出勤はRUSHでした。大音量で聞くと気持ちよいですね。
癖になっています。



02/06/04 15:17:11
名前:
TWANG
ホームページアドレス:
私のホームページへ
電子メールアドレス:
メールはこちらまで

コメント:
初めてお邪魔します。
ゆるげんさんの普及活動で増えたネズミです。(笑)
普及活動は冗談ですが「Spartacus」から3曲だけ聴く機会があり、どの曲も良かったです。
中でもタイトル曲がメチャクチャ気持ちイイ・・・
どのヘンが良かったかは、ゆるげんさんのHP/ JURGEN'S WEBSITEのBBSに書き込みましたので、そちらを見て下さい。
そんなわけでトリアンに興味を持ってるんですが、リマスターの発売が延期になったんですね。
じっくり待つとします。

10CCのびっくり電話、私も大好きです。
10CCはキッス、ELOと共に、ロックを聴き始めた頃(中学生)からずっと聴いてます。
今はさすがにキッスとELOはあまり聴かなくなりましたが。

では今後とも宜しくお願いします。



02/06/04 13:55:23
名前:
にいはお

コメント:
うぬ、失礼なっ!

元気だし、
取り押さえられてもいないよん。
それにちゃあんと瀋陽から書き込んでるんだよん。

今日は晴れ、時々曇り。
以上、終わりっ。
(・・・・また、そんだけかいっ!?)



02/06/04 10:36:16
名前:
J'rat

コメント:
 季節外れですが、花粉症のような気がします。目が痒くて、鼻が詰まって、眠たいです。症状は花粉症なのですが、はて何の花粉でしょう?
 久しぶりに「二重えくぼ」のブートを聴きました。再結成トリアンヴィラートでもぜひ演奏して欲しいですね。当面コンサートの予定はなくて、発売時にイベントを予定しているくらいだそうですが...。この間のウェブインタビューでそう言っていましたが、残念です。世界ツアーとまでは言いませんが、ぜひコンサートを実現して欲しいです!

>ツキ、
 ツキってありますよね。電化製品や耐久消費財は、壊れる時には重なりますし...。
 先週電気炊飯器を買い換えたら、食器乾燥機が壊れました。衣類乾燥機はもう数年来使っていなかったのですが、梅雨時でも仔ラットの体操服などどうしても乾かさないといけないものがありますので、先週、乾燥機能付き洗濯機を注文しました。ふたつ合わせて某スーパーの10万円セットです(こういうのに弱いんです)。
 我が家の家電製品は10年目の物が多いので、次は何が壊れるのか、どきどきしています。テレビはもう少し持って欲しい...。

>瀋陽、
 どこから書き込まれたのでしょう? にいはおさんはその後お元気でしょうか。デジカメ持ったにいはおさんが、領事館の門の前で武装警察官に取り押さえられている姿が目に浮かんで困ります...。(^_^;)

>ソファ、
 注文したのはロゼの「ブリガンタン」というソファです。10年以上前に家具屋さんでたまたま座って、とりこになってしまいました。ハイバックの背もたれとふんわりした座面で体を包み込んでくれる感覚は他に比べるものがありません。いつかはこれに座って大画面ホームシアターを観たいと思っていたのでした(早く復旧しなくては)。ちょっと大きめの家具店なら置いてあると思います。http://www.ligneroset.co.jp/

>プジョー306ブレイク、
 リアのサスペンションが荷室に張り出していないのがいいですね。307はサスペンション形状が変わったので、ちょっと狭くなったそうです。実用的だし、走って結構楽しいので満足しています。

>SPOCK'S BEARD、
 いいですよね〜。「V」からもう2年ですか? 新譜を期待したいですね!



02/06/04 09:27:30
名前:
ふらじゃ

コメント:
今日も良い天気ですねぇ、復活した自転車での通勤ですが会社に着く頃には汗だくです。もう6月、衣替えなんですね、暑いわけだ。

今朝の通勤の友は「リックウエイクマンの犯罪記録」(すごいタイトルですねぇ)でした。やはり彼のアルバムはキーボード弾きまくりが良いですねぇ、またこういうアルバム作ってくれないかなぁ〜

>SPOCK'S BEARD
良いですよねぇ、プログレのツボをしっかり押さえてる感じが気持ちいいです。「V」をリリースしてからそろそろ新作がもう2年ほど経ちますがそろそろ新作を聴きたいです



02/06/04 05:10:09
名前:
案山子

コメント:
>ソファー
村上春樹が小説の中でソファー選びについて延々と書いてたのを思い出しました。
経験と哲学が必要(?)とかだったっけ?その時「わたしはダメだなぁー」って思いましたけど。
これは結構重大な問題かもしれませんね。よく解りませんが日本製は小さいのが多いかも。

>SPOCK'S BEARD
sphinxさんの書き込みを見て「そう言えば、買った気がするなぁ〜」と
BEWARE OF DARKNESS というのをごそごそと出してきました。(まだ開けてもいないやん!)
こんな聴き方でええんやろうか?わたし。
・・・・と思いつつ昨日はこれを聞いてました。
良いですねー!タイトル曲はジョージのカバー。これは気に入りました!!



02/06/03 23:50:56
名前:
FromNiigata

コメント:
日曜日は妻が仕事だったので、家で昼間っからビールかっくらってプログレ&
サッカー三昧していました。こう言う一日って良いですね〜。
で、RUSHの「グレース・アンダー・プレッシャーツアー」と「ショウ・オブ・
ハンズ」のビデオを引っ張り出して、大音量で見ていました。
「ク〜〜〜ッ、格好良過ぎるぞ、ゲディ!」(川平慈英風)

椅子と車はメイド・イン・フランス>
J’ratさん、情報ありがとうございました。現在、家具の方もいろいろ見ておりまして、
参考にさせていただきます。
ちなみに今、メインのスピーカーをどうしようか悩んでおります。
しかし、ブレークの搭載量凄いですね。さすが、実用本位のフランス車!



02/06/03 14:10:25
名前:
にいはお

コメント:
今、一部の政治家の間では
サッカーと同じ位にホットな瀋陽から
LIVEでお届けします!

午前中、ちょっと雨が降りました。
以上。終わり。
(・・・・・・・そんだけかいっ!?)



02/06/03 09:41:14
名前:
ふらじゃ

コメント:
先週末は散々でした、ケチの付き始めは通勤に使ってた自転車のチェーンが切れた事から始まりました(普通き切れないでしょう)で、その接続工具を買って繋ごうとしたら工具の軸を回す棒が折れてしまいました。それでもなんとか修理してチェーンを繋ぎ終えたので、車で買い物に行こうとしたらエンジンがかかりません、で調べたらバッテリーがスッカラカン、室内灯のスイッチは入りっぱなしになってました。とりあえずJAFを呼んで事無きを得ましたが、そろそろ変え時のバッテリーを近くのカーショップに買いに行ったら品切れというオマケまで付いてきました。月が変わったのでツキもかわるでしょうか??



02/06/03 01:09:59
名前:
J'rat

コメント:
 やっと版下を上げました。

>sphinxさん、
 なんと、近所じゃありませんか。ぜひ会員になりたいです。教えてください〜。



02/06/03 00:38:31
名前:
sphinx

コメント:
>CDレンタルショップ
場所は神保町と小川町のあいだくらい、わたしのofficeから10分位なので
J'ratさんのとこからでしたら7〜8分でしょう。
お友達紹介キャンペーンやってますので、会員登録します?
昼休みにでも覗きにいきましょか。ローカルですみません。



02/06/02 23:54:35
名前:
J'rat

コメント:
 きのうからYFFCの編集作業をやっております。もう締め切りは過ぎていますが...。作業中はProgradio.comを聴いています。Banco の "Nel Cilo E Nelle altre Cose Mute (1978)" などがかかっています。クラシックそのものっぽいですが、いいな〜。あ、真面目に校正しなくちゃ。(^^ゞ

 居間のソファを買い換えました。今年買ったばかりですが、なんだか目がちかちかして、一家そろって体調が悪いのです。合成皮革か何かが悪いのでしょうか? 暑くなってきたこともあって、次第にひどくなってきました。とうとう我慢ができなくなったのです。
 新しいソファは、布張りにしました。これなら大丈夫でしょう。届くのは2週間先です。10年も昔から欲しかったロゼのソファです。日本製ですが、フランス・デザインだそうで、とても座りごこちが良いです。プジョーもそうですが、椅子はフランスがよいようです。AV視聴にも最適です(From Niigataさんにもお薦めします)。早くプロジェクターを設置しなくては。
 電器屋さんでまたプラズマを眺めました。50型は高いですね〜。100万円もします。40型だとその半額で安く感じてしまいます。半額と言ってもとても高価で、ため息しか出ませんが...。

 シックハウスかホルムアルデヒトのソファを、リサイクル屋さんに運びました。4点セットですが、なんとプジョーに入ってしまいました。しかも助手席は使わないで済みました。ワゴンとは言えこれは立派です。
 リサイクル屋さんでは軽微な汚れを大袈裟に指摘された挙句、1000円で引き取ってくれました。たとえただでも、家具屋さんにお金を払って回収してもらうよりマシだと思っていたのですが、ケチを付けられるのは嫌ですね。

>ワールドカップ8対0、
 すごいですね、ドイツ。こんなに大量に得点するなんて、野球じゃないんですから...。きっとフリッツたちも大喜びだったことでしょう(仕事はしてないですね絶対)。私はサッカーは解しませんが、この大会はつい見てしまいます。ぜひドイツを応援しようと思います。勝ち上がって日本と対戦するなんてこと、あるんでしょうか?

>kitさん、
 クラウス・シュルツは75分で1曲ですか。上には上がいるもんですね。トリアンヴィラートもがんばって80分ぐらい詰め込めば世界一になれるでしょうか? ギネスに載ったら有名になれますね。でもそんな長い曲、売れないでしょうね...。

>にいはおさん、
 瀋陽出張、ご苦労さまです。きっと門扉は閉じられているんでしょうね。やれやれ。

>案山子さん、
 蛍の季節ですか! テレビのニュースでもやっていました、場所は違うかもしれませんが。
 私の近所には蛍は出ませんが、庭に小さなソーラーライトを3つ設置しました。太陽電池で充電して、青白いLEDが光るものです。あまり明るくはないのですが、ほの明るさがなかなか風流です。
 シャドウギャラリーの1stアルバムは見事にヘビーローテーション獲得です。他のアルバムも揃えたいと思っています。最新作はいかがでしたか?

>sphinxさん、
 ユーロ・プログレコーナーが2,000枚のレンタル屋さんとはすごいですね! 潰れないうちに借りまくりましょう。潰れたら大放出ですね。いや、ついやっかんでしまいました。羨ましいです!!

 早く校正しなくては...。(^^ゞ



02/06/02 23:00:22
名前:
sphinx

コメント:
以前キャラヴァンを置いてあるレンタルCD屋さんの話題が出たことがありましたが
私の会社の近くにそれに勝るとも劣らないCDレンタルショップがあるんです。
全体の在庫は60,000枚と謳っており、うちユーロ・プログレコーナーには約2,000枚が。
既に廃盤となったあの名盤やら、リリースしたばかりの新譜やら、それはもうスゴイ
の一語につきます。それらがわずか300円強で借りホーダイとくればいかない手はありません。
食わず嫌いだったものにも気軽に手が出せるというものです。
そんなことで今回借りてきたのは、SPOCK'S BEARD/The Light、Refugee、ATOLL/TERTIO、
SALEM HILL、TRIADE、DAVID PACK(プログレではないです)の6枚です。
SPOCK'S BEARDはもっと早くに聴いていればよかったな〜という感じですね。良いです。
TRIADEはイタリアのEL&Pと言われていた、これもTRで始まるトリオです。
派手さは無くクラシカルで端整な感じです。ちょっと借りすぎで全部聴けてません。(^_^;)

特筆すべきはCD以外にもミュージックヴィデオの品揃えがまたすごいのです。
ずっと探していたPROG FEST'94なんかが置いてあったり。なんとTMスティーブンスまでありました。



02/06/02 22:47:52
名前:
案山子

コメント:
今夜は螢が沢山飛び交っていました。人も沢山・・・・・。

>RUSHのVAPOR TRAILS
>大ベテランサウンドとは思えないうるささと言うか元気さですね。
確かに。
こればっかり聞いていて、夫に「うるさいなぁ〜」と言われました。(あなたにそれは言われたくない!)
でも、やっぱりRUSHらしい綺麗な曲がありますね。トルクのあるドラムも格好いいし、
ギターのリフが表情豊かです。その上にメロディアスなベースが来るともう、何もいらない!状態です。
更にあの歌ですから・・・。
生で見たら本当に凄いらしいですよ「3人でやってるんだ!」っていうのが。
来日公演に行かなかったことは、いつまでも後悔しそうです。

>シャドウ・ギャラリー
LEGACYという最近のを買ってきました。それしかなかったので・・・。このパターン多いですね。



02/06/02 07:11:18
名前:
FromNiiata

コメント:
>RushのVAPOR TRAILS
全体を通しては「グランジやん!」の一言…、確かに。しかし、とても20数作目の
大ベテランサウンドとは思えないうるささと言うか元気さですね。
1回だけの来日公演、RUSHとマイク・オールドフィールド行きたかったな〜。
私もアンケート書いてみようっと。

ハンドルネーム検索遊び>
私も結構やってたりします。

昨日のワールドカップ、ドイツが8−0の圧勝でしたが、フリッツもビール飲んで
熱狂していたんでしょうか?ドイツは優勝候補にあがっていませんが、快進撃なん
かしちゃうと、仕事が手につかず、ニューアルバムのリリースが送れちゃうなんて
こと…ないか。



02/06/01 22:43:44
名前:
案山子

コメント:
螢を見に行きました。今夜は風が強いのせいか数が少なかったですが、ほのかに光るのも綺麗でした。
娘達は昨夜の光の乱舞をわたしに見せたかったようで残念がってました。また明日行ってみましょう。
でも、もうそんな季節になったんですね。

>RushのVAPOR TRAILS
確かに一曲目はツェッペリンのイメージですね。全体を通しては「グランジやん!」の一言につきます。
で、にわかにグランジ・ファンとなったわたくし。もう、こればっかりです。
皆さんアンケートは書かれましたか?わたしは思いっきり力入れて書きました。
「もっと宣伝して下さい」って。来日・・・無理なんでしょうか?

>90年代 ジェスロ・タル
なんと!我が家のCD棚で ROCK ISLAND っていうのを見つけたんです!!
「どうして、こんなの買ったの?」って夫に聞いたら、HR/HM部門で賞を取ったからとのこと。
どうせそんなことだと思いましたよ。で、覚悟して聞きましたがそんなにうるさくはなかったです。



02/06/01 01:16:36
名前:
にいはお

コメント:
週末から、いま噂の「瀋陽」に出張することになりました。
領事館の前で記念写真なぞ撮ってこようと思います。
危ないよ、などと言われると余計にやりたくなってしまいます。
誰かが飛び出してくるかもしれませんが、ま、そん時は
「副領事がいいって言った」と言えば大抵のことは
許されるでしょう。

実はこの地は二回目の出張です。
最初は今を去ること10年近く前のこと。
「ダ・カーポ」ってご存知ですよね、皆さん?
仕事のからみでこのフォークデュオと一緒に行動して
いたのです。本名は「榊原さん」とおっしゃるのですが、
気さくなご夫婦でした。
仕事の合間に舞台監督さんと、バックバンドのメンバーで
パーカッションの人と飲み歩いたっけ、あの時。
焼き肉と冷麺は美味しかったけど、あとな〜んもなかったなあ。


皆様のハンドルネームをヤフーの検索に入れて遊んでいたら、
「FromNiigata」でなんと「医薬品あれこれ」などという
HPが見つかりました。
「にいはお」は結構ヒットがありました。当然ながら
中国がらみのHPばっかりで、ここで別のにいはおさんも
いらっしゃるようです。ま、あまりにベタだから。これって。



02/06/01 01:09:03
名前:
kit

コメント:
こんばんは、kitです。

>長い曲
ドイツのクラウス・シュルツが、一曲75分(CDフルサイズ)の曲を作ってますね。
シュルツをプログレに分類するかテクノに分類するか、微妙なところですが(^^;



現在のフォーラムへ | トップに戻る | 過去ログのインデックスへ


 DiscographyBiographyIntroductionPersonnelForumOfficial SiteJ'rat Home