J'rat Forum
 DiscographyBiographyIntroductionPersonnelForumOfficial SiteJ'rat Home
2002年4月のログ

現在のフォーラムへ | トップに戻る | 過去ログのインデックスへ


02/04/30 20:06:15
名前:
J'rat

コメント:
 今日は曇ったり降ったり、さえない天気でした。連休の谷間だと言うのに仕事に出てみれば散々だし...。明日は良い日になるでしょうか?

>にいはおさん、
 明日から7連休とはうらやましいです。土日は出勤されたとはお疲れさまですが、その分ゆっくりお休みください。私は明後日、ノートPCを宅急便で送ってから帰省する予定です。
 そうそう、最近SONYからちっちゃいVAIOノート(VAIO-U)が出たのですが、これがとても小さいのです。店頭で見ましたがかわいいの何のって...。思わず欲しくなったのですが、操作してみると動作が遅くていらいらしてしまいました。CPUはクルーソーの900MHzのようですが、WindowsXPが重いようです。やはり小さくするための犠牲は大きかったようです。

>リックの復帰、
 なんだかんだ言って、やはり戻ってくるあたりがすばらしいですね。次回作の制作にもちゃんと参加して、健在ぶりを示してほしいですね!

>スティーブ・ハウのコーラス、
 コーラスは味があっていいんですよね〜。でもソロとなると...。いえいえ、ファンの方にはたまらないのでしょう。Roundabout は確かに聞きものですね!



02/04/30 13:54:40
名前:
にいはお

コメント:
>チェン・カイコー
そうです。あの映画監督の。漢字で書くと「陳凱歌」。
最近、「キリング・ミー・ソフトリー」とかなんとかいう
映画でハリウッド進出を果たしたようですね。

中国での評価はなかなか高いです。今、おそらくは
「最紅(最も輝いている)」な人ではないでしょうか、当地のこの業界では。



02/04/30 04:26:23
名前:
yeszanmai

コメント:
>ハウのヴォーカル
好きなんですよね〜。
イエスではビリー在籍時、コーラスをとっていなくてもの足りませんでしたが、
『マグ』では目出たくあの危ういコーラスで復帰!
ソロライヴでは「ランダバ」のヴォーカルを自分のパートで歌っていましたね。
何の曲かわからん(笑)。



02/04/30 02:01:11
名前:
kit

コメント:
こんばんは、kitです。

>にいはおさん
>チェン・カイコー
これって、あの映画監督のチェン・カイコーですか?
「人生は琴の弦のように」とか好きな映画なんですが、
中国でのこの監督の評価はどんな感じなんでしょう?

>カイパ
いや、実は私も聴いたこと無いんです(^^;
フラキンと比べて、どんな感じなんでしょう?>皆さん

>案山子さん
>yesリック復帰
yesworld(http://yesworld.com/)に情報が載ってました。
実は、ちゃんと読んで無いんですが(^^;
>来日
前回98年の来日時に、ステージでジョンが「2年後に会いましょう」
と言ってから、早4年…その間に二枚アルバムリリースがあったことを
考えると、今度も来る可能性は無いんじゃないかと(T T)
まあでも、希望は捨ててませんが(^^;



02/04/29 13:25:03
名前:
にいはお

コメント:
落ち着いて考えたら、ことしのGWって、
みごとな飛び石状態だったんですね。
こっちじゃ一日から七日まで一気に七連休だから。
その代わり、昨日も一昨日も、正規の出勤日として
出勤させられましたが。

「漫画亭」(北京に実在の漫画喫茶)という場所に最近よく
入り浸っています。
行くと、殆どの場合「アイスコーヒー+しょうゆラーメン」の
オーダーをするのですが、昨日気分を変えて「コーラ+鍋焼きうどん」の
オーダーをしました。
女の子が厨房の奥に消えて行ったあと、ひそひそ話が聞える・・・
「・・・うそっ、しょうゆラーメンじゃないの?」
「今日はちょっと違うみたいよ」
「・・・だってあのお客さんいつも・・・」
「・・・だよね。私も絶っ〜〜対そうだ!と思ったんだけどね・・」
「メニュー見ても、結局しょうゆラーメンしか頼まないのに・・」
「でしょ?でも、今日は鍋焼きうどんなんだって・・」
「ふ〜ん・・・」

あの、そういう密談は、もう少し小さい声でやろうね、みんな。
ぼく、全部、聴き取れてるぞ。



02/04/29 08:46:38
名前:
案山子

コメント:
>ゴールデンウィークの予定
わたしもカレンダー通りなので、どこにも出掛けずに晴耕雨読ならぬ昼耕夜読で行く予定です。
ダイ・シージエの「バルザックと小さな中国のお針子」は文化大革命の時代に再教育のために山奥に
放り込まれる17歳の「僕」と友人「羅」のお話ですが1冊の本が要となって大きく動いていきます。
下方政策について考えていると「辛い」とわたしが思っただけで、お話自体はユーモラスで軽妙な筆致で楽しめます。

後は、音楽聴いて・・・・出来れば買いだし行きたいんですが・・・。

>kitさん
リックの復帰するんですね?!
わたしも、滅茶苦茶嬉しいです!
でも驚くより「やっぱり」と思ってしまうところがちょっと悲しいですね。
来日は期待できないんですか?出来るなら外国へでも行きたい気分ではあるのですが。



02/04/29 00:03:24
名前:
J'rat

コメント:
 今日はレコードを録音したりジャケットをスキャンしたりして過ごしました。トリアンヴィラートやバリーパーマーのシングル盤が何枚か手に入ったのです。中古のシングルとあって音質はよくないですね〜。でも私にとっては貴重品です。インターネットがなかったら手に入れることはできなかったでしょう。ありがたいことです。

>ゴールデンウィークの予定、
 中三日が平日なので、さすがに休むことができません。後半は和歌山のほうに帰る予定です。義弟に子供が生まれたのです。今回は短いので新幹線で移動します。仔ラットはたった3時間で着くと喜んでいますが、私は愛車に乗れなくて残念です。



02/04/28 22:28:51
名前:
案山子

コメント:
>スティーブ・ハウの「プリング・ストリングス」
随分、評判が高いんですね!!!
(しかしホイトルさん。「エグイでっせ。」って、関西にお住まいでしたか? )
これは、絶対に聞きたいぞぉーー!と「ビギニングス」と併せて探しましたが、やっぱりダメでしたね。
マグナカルタ3兄弟その他も探しましたが、今日は何も見つからず
「たまには手ぶらで帰ろう」と、思ったら意外な物が!+ジャケ買い。(かなり当たり!)
探してる時には無い物です。又、何時か見つかることでしょう。

>にいはおさん
>「私の紅衛兵時代」なんちゃらかんちゃら
そんな恐ろしげな題名じゃないです。まだ読んでる途中なのでご紹介するのは控えさせていただきます。
時々あるんですよね、途中は素晴らしくぐいぐい引きつけて夢中にさせておいて、
最後は「何よそれ???」っていうの。物語の最後は大切ですよ。
曲のフェイドアウトも好きじゃないです。



02/04/28 13:47:42
名前:
にいはお

コメント:
いよいよGWが始まりますね。もう始まっているのか。
皆さんご予定はおありですか?

インターネットをやっていて本当に便利だなと思うのは、
「いつかどっかで聞いたことのあるあの曲、なに?」という
殆ど手がかりないようなものまで探し出せる可能性があると言うこと。
歌詞のワンフレーズでも覚えていればそれをキーに探すことは
不可能ではありませぬ。
そのうち送信技術がさらに進歩し、パソに向って鼻歌をワンフレーズ唄えば
「あなたの歌われた曲の検索結果は***件です」なんて・・・夢の見過ぎか。

前田亜季の「元気のシャワー」の全歌詞とMIDIまで見つけて
喜んでいる北京駐在員でございました。
アニメのエンディングテーマは、馬鹿に出来ませぬ。



02/04/28 10:26:43
名前:
J'rat

コメント:
 今日はいい天気です。連休の前半は特に予定もなく過ごしています。海外通販から中古レコードが大量に届きましたので、ハードディスクに録音しようと思っています。

>プリング・ストリングス、
 ....思い出してしまいました。忘れようと思っていたのに〜。(^_^;)

>T.M.Stevens の「ぐわし」ポーズ、
 はて、私のは毎回映りますが...。ビデオの再生でのコマ落ちか何かでしょうか??

>カイパ、
 これ聴いたことないです。フラワーキングス風ですか? あ、kitさんいらっしゃいませ。Yesは日本に来そうにないんですか。なんとか来日して欲しいですね!



02/04/28 01:44:06
名前:
kit

コメント:
どうも、こんばんは。kitです。

>スティーブの歌声
え〜っと、あのニガミが一種のアクセントとして、
ジョンの歌声を引き立てていると思ってます(^^;

yesと言えば、リックの復帰が決定したようで、ここ数日大喜びしてます。
でも、ここ数年の状況を見ると、もう来日は期待できないと思われるので、
あっちまで見に行こうかどうか、真剣に迷ってます(^^;

>フラキン
先日、disc unionに行ったら、カイパの新作が置いてありました。
こちらも評判良いみたいですね。



02/04/27 23:28:57
名前:
にいはお

コメント:
日本では帰省ラッシュがぼちぼち始まったそうではないですか。
いやあ・・・。
ぼく、関係ないもん(いばるな)。

>スティーブの歌声
下に同じ。敢えてこれ以上はコメントいたしませぬ。

>文革時代の下方政策
あ・・・ひょっとして、
チェン・カイコーの「私の紅衛兵時代」なんちゃらかんちゃら、とかいう
タイトルの本ですか?

JAPANの「錻力の太鼓」に「カントニーズ・ボーイ」とかいう歌があって、
その中で「紅衛兵が呼んでいる・・・」なる節があったような・・。
久しぶりに聴きたくなっちゃった。



02/04/27 22:46:14
名前:
ホイトル

コメント:
こんばんは。
スティーブ・ハウの歌声でしたら、
彼のソロ・ライヴ・アルバム「プリング・ストリングス」がエグイでっせ。
なんたってハウの弾き語りの「世紀の曲がり角」にため息が出ますよ。
そしてきわめつけの「スーン」の弾き語りには卒倒まちがいなしです。

え〜「ロックの要」見ましたとも
グランドファンクいいなあ
テッド・ニュージェントはアホ丸出しで素晴らしい。



02/04/27 16:38:57
名前:
ゆるげん
ホームページアドレス:
私のホームページへ

コメント:
>案山子さん
>スティーヴ・ハウの歌声

スティーヴ・ハウの初ソロアルバム「ビギニングス」を聴いてもらえれば分かりますよ。
この頃は恥ずかしげも無く堂々とリードヴォーカルをとっています。
次の「スティーヴ・ハウ・アルバム」からは殆どインストになっているので、自分がヴォーカルに向いてない事を悟ったんじゃないでしょうか。

スティーヴ・ハウの声にソックリなのが、マジェランなのかロリエンなのか今現在私には確認できません。案山子さんの耳で判断して下さい。



02/04/27 16:22:58
名前:
案山子

コメント:
>プロモ・ビデオ
確かに「ジュンビO.K.?」って言ってますね!面白い。

>マジェラン
やっぱりメイン・ボーカルがスティーヴ・ハウそっくりなんですか!
じっくり考えてみれば、そんなにハウの声と歌ってはっきりとは思い浮かべられないんですよね。
で、しっかり聴いてみなくちゃ!と、House OF Yesを聴いていました。
これ良いなぁ〜〜〜〜!美しいなぁ〜〜〜〜!ライブ行きたい!!
と、ウットリ聞いているうちに2枚終わってしまいました。
私の耳はジョン・アンダーソンの声しか聞こえないようにセットされてるみたいですね。
・・・・・で、結局・・・・どんな声なんだろう??ハウ。
いい加減なことを書いて、すみませんでした。

>マグナ・カルタ3兄弟
っていうのも面白そうですね。カイロは名前だけは聞いたことがありますが、シャドウ・ギャラリーは、
知りませんでした。また、買いたいCDが増えてしまいました。

>楽器屋さんのHP
見ました!私も笙は日本の楽器だと思い込んでいましたが、HPにはお琴や琵琶のような楽器も
ありましたから、み〜〜〜〜んな、中国から来たものなのかも知れませんね。
今、文化大革命の下方政策のお話を読んでいるので、頭が中国です。辛い話ですが青春してます。



02/04/27 14:14:46
名前:
ゆるげん
ホームページアドレス:
私のホームページへ

コメント:
おお!ホントだ4万超えてる。
J'ratさん、おめでとうございます。

>トリアンスタジオムービー

ダウンロードに1時間6分かかった。しかも、1回目はダウンロード中にMyPCがフリーズしてしまったので、2回目のチャレンジでやっと落とせた。でも、忙しくてまだ観てない。
日本語を喋っている?
もしかしてユルゲン・フリッツは日本好きなのでは。海外ロックミュージシャンには結構日本好きが多いので(日本女性と結婚した人も)来日も期待出来るのでは。



02/04/27 11:58:53
名前:
sphinx

コメント:
おっといつのまにかカウンタが4万を超えていますね。おめでとうございます。
早速ダウンロードして見てみました。確かに「準備OK?」と言ってますね。
ひとつ不思議なのはT.M.Stevens が最後に「ぐわし」ポーズをする部分が
映ったり映らなかったりするのは何故なんでしょうか?
わたしの再生環境のせいなのでしょうか。
>ロックの要
本日、BS-iで久々のオンエアーです。GFR、SWEET、ケート・ブッシュなどが
流れる予定です。
おやロックの要のBBSにおなじみのお名前が・・



02/04/27 08:48:25
名前:
毛糸

コメント:
おはようございますー
J'ratさん、体調はいかがですか?
なかなかパソの前に座る時間がなくて、まだDLできてません
毎回謎解きっぽいコンセプト
やるな、トリアン

>フラキンの「おらたちゃ★くず」
いいですねぃ
しまりすくん、ありがとねぃ(←お世話になったらしい)



02/04/27 01:48:56
名前:
J'rat

コメント:
 今週はハードでした。明日は休めます。(^_^;)

 トリアンヴィラートのプロモ・ビデオ "Recording Session - The Website Story" はご覧になれたでしょうか? 待望のスタジオ風景でしたが、"Day one" ということでまだ第一弾のようですね。去年の夏からしっかりカメラを回していたようです。気合いが入っていたわけですね。

 まずはケルン駅前の大聖堂で Grant Stevens がもう一人のボーカリスト John Davis を迎えているシーンから始まります。続いて空港のロビーようなところでユルゲンフリッツが迎えている、ドラムの Curt Cress。さらにスタジオの前(?)でステーションワゴンから降りてくるベースの T.M.Stevens の姿。長身で派手ですね〜。
 スタジオに入ると John Parsons がギターを抱えて「これはモンキーズのギターだよ」と言っていますね。セミアコースティックのようです。未だ意味は良くわからないのですが、これがプロモーション2のモンキーズ・ギャグの元ネタなのでしょうか? John さんはかっこいいですね。

 最後はミキシングコンソールに陣取るユルゲン・フリッツです。ブースの中の誰かとインカムで話をしているのですが、ここでどうも日本語らしき言葉が聞き取れます。曰く「ジュンビO.K.?」。何度も繰り返して聴いたのですが、その前に "All set haedphone's gain?"(ヘッドホンの音量の準備はできたかい?)と言っていますし、「ジュンビグッドって知ってる?」に続いて「ジュンビO.K.」ですので...。でも、日本語だとしたらどこで習ったのでしょうか? 謎は深まります。
 締めくくりにT.M.が出てきて、「初日は慣れることさ」とまとめてくれました。わずか2分あまりのビデオなので、あっという間ですね。でも「続く」と言うことなので、続編が早く見たいです。なにしろ「ユルゲン・フリッツがミキシングコンソールのノブをいじるのをご覧ください」なんておふざけもいいところですよね。私は昨日「コンソールじゃなく、ピアノの上の指が見たい!」とメールを出してしまいました。

 とは言え、ユルゲンの周りに次々とミュージシャンが集まる映像は、見ていてワクワクしてしまいます。第二弾が楽しみですね。



02/04/26 16:34:18
名前:
ふらじゃ

コメント:
お日様出ないと寒いですね、朝はちょっと雨も降ってました。

今朝の通勤の友はELPのワイト島ライブでした。デビューライブとアナウンスされてましたが
それ以前にライブを演ったという書物もあった気がします
何にせよ勢いの有る演奏ですね、若いというか荒いというかとにかく強引に押し切らんばかりの
迫力です。なによりレイクの声が若い!

トリアンの新しいプロモーションが何故か落とせません、接続できないみたいです
時間帯を変えて挑戦してみようと思います



02/04/26 13:20:26
名前:
にいはお

コメント:
ぐわあああ。

作業の場所をピアノの前からPCに移したのですが、
XG(ヤマハ)でちゃんと鳴ってたシンバルの音が、GS(ローランド)だと
ただの間抜けなピアノの音になっているぅ!!
どうすべえ・・・?

この間、笙を見に行った楽器屋の店主と仲良くなりました。
彼は自分でもギターを弾くので、いろいろと教えてもらおうと思います。
生意気にも、自分のところのHP(www.liyunzhi.com.cn)まで持っている・・・。
中国語のフォント等が必要なので、全くお勧めはしませんが、
トップページのMIDIは、中国〜!!って感じでした。



02/04/25 23:55:25
名前:
J'rat

コメント:
 来ましたね、ニューズレターの第7号。そしてビデオクリップの第4弾! やっとダウンロードが終りました。20分以上かかってしまいました。12MBもありました...。(^_^;)
 さぁ見るぞ〜!え?モンキーズギターですって??

 あ、短いですがニューズレターの第7号を訳してみました。
---------------------------------------------------------
Triumvirat-Newsletter 02-04-25 (Ed. #7)
やぁ、こんにちは。
 ウェブインタビューのためにたくさん質問してくれた皆さんに感謝します。すぐに答えるつもりです。ウェブインタビューの日付と時間はこのニューズレターを通じてお知らせします。
 それまでは新しいビデオクリップを用意しました。www.triumvirat.tv でダウンロードできるようになりました。
よろしく。
グラント・スティーブンス & ユルゲン・フリッツ
----------------------------------------------------------
このニューズレターの以前の号を見のがした場合は、トリアンヴィラート・ニューズレター・アーカイブで全て読むことができます。
http://www.triumvirat.tv/news
----------------------------------------------------------
ユルゲン・フリッツやグラント・スティーブンスに質問がありますか?トリアンヴィラート・ウェブインタビューを調べてください。Triumvirat.tvの「#4」をクリックするか、直接ここにアクセスしてください。
http://www.triumvirat.tv/webinterviews
----------------------------------------------------------



02/04/25 23:37:17
名前:
ゆるげん
ホームページアドレス:
私のホームページへ

コメント:
みなごぶ(笑)

この数日私のHPの新コンテンツ作りで忙しかったですが、何とか出来ました。
私がサーキットで撮った大好きなレースクイーンの汐瀬ナツミさんの写真をUPしました。
気が向いたら見て下さい。

最近の「ヘロ」はPilotの1stです。
永井ルイが影響受けたと言うだけあって、サウンドがよく似てますワ。
そういえば、PilotのDavid PatonはKate Bushに関わっている人じゃないでしょうか?>毛糸さん
少し前の「ヘロ」は永井ルイの「オーパーツ」でした。
あ、ちなみに「ヘロ」とは、ヘヴィ・ローテーションの事です。

>Flower Kings
>Scanning The Greenhouse
持ってます、全部良いですなぁ。ベストだから当たり前か。
特に良いのは「Stardust We Are / Part 3」なんだけどオリジナルを探したのに何処にも売ってないんだよ。困ったね。と言って有ってもお金に余裕が無いからなかなか買えないんだけどね。

>Tommy Engelのサイト
見ました。ユルゲン・フリッツが写ってた、嬉しい。音楽聴いたんだけど、今ひとつって感じなんだよね。聴き込みが足りないのかな。トリアンじゃ無いから仕方ないか。



02/04/25 18:39:37
名前:
毛糸

コメント:
おひさしぶりですー
たった今メール着ましたぁ
モ、モンキーズギターってなんですかぁぁぁ?
うげ、仕事に行く時間ですー
また来ます



02/04/25 09:50:51
名前:
ふらじゃ

コメント:
関東地方は思ったほど天気の崩れは無いみたいですね、日中もあまり気温は上がらないみたいですから風邪など引かないようお気をつけ下さい

今朝の通勤の友はNOVALISの編集物でした。アルバム「凍てついた天使」ともう1枚(タイトル失念−黒猫のイラストジャケット)からの選曲が主な物で初期に比べるとメロディーが格段に美しくなってます。有る意味POPになったと言えるかもしれませんが…
相変わらずドイツ語で歌ってるので何を言ってるかはさっぱり判りません(英語なら判るという訳でもないです)



02/04/24 20:39:30
名前:
カスタム

コメント:
もうすぐG.Wですね。
特に予定は無いです。
最近恐ろしくCDを買ってます。
この1カ月内でもう30枚近く買ってます・・。
もうCD置き場が無いです・・。

マジェランの話題が出てたのでコメントします。
たしかにマジェランのメイン・ボーカル(リーダー)の歌い方や下手くそな歌がスティーヴ・ハウそっくりですね。
アメリカのバンドで「シャドウ・ギャラリー」「カイロ」と同じ頃にデビューした兄弟バンド+ゲストで正式には3人トリオのバンド&ゲストの編成です。
僕は1st、3rdの2枚しか持ってないです。
兄ゆるげんが指摘してた通りでイエスに影響されたバンドのハード・プログレですね。
ちなみに「ローリエン」の事も・・。
「ローリエン」のボーカルは声や歌い方がジョン・アンダーソンそっくりです。

僕は最近「バース・コントロール/プラスティック・ピープル」買いました。
特に1曲目のゼウスのオルガン、バリバリのサウンドが好きです。
ゼウスの音楽センスはジャーマンと言うよりブリティッシュ志向でいいですね。



02/04/24 13:27:40
名前:
にいはお

コメント:
GWが近づいてきましたが、我が家は結局
今年はどこへも行かないことに決めました。
去年は中国最南端の「海南島」ツアーでしたが。

ずっと北京にいるので、幾つかイベントを考えねばなりません。
現在、
 )無の有名料理店を巡り歩く(ああ、またお金が・・・)
 ⇔寨廠の楽器屋でだべる。場合によってはアコギを買う
 (弾けもせんのに・・・)
 作業中のファイルを仕上げる。
 ぐ焚爾藁

くらいですかね、建設的な休日の過ごし方は。たはっ。



02/04/24 10:41:27
名前:
ふらじゃ

コメント:
天気の良いのも今日までみたいですね、明日からまた雨だそうです。そう言われるとなんだか空気が湿っぽかったような気もします

今朝はFLOWER KINGSのベスト「SCANNING THE GREENHOUSE」を聴きながらの出勤でした。初期の曲は色んなプログレバンドの影響が見え隠れして面白いですね、最近の音とは明らかに違ってます。久しぶりに聴いたのでなんか新鮮でした

先日鯉のぼりを出そうとしたら矢車の矢が折れてたので応急処置して出してたらまた折れてしまいました。いち早く気づいた仔ふらは「しゅうり、しゅうり」と催促しますが根元からポッキリいってますので、さてどうしようかと悩んでます。なんか良い方法ありませんかねぇ…



02/04/24 00:12:42
名前:
らくだ四

コメント:
>ドリムシ

13日は運が悪かったと思うしかないですね・・・。
個人的には3rdの曲が好きなので、そこから聞きたかったです。
メタリカよりもラッシュのほうがいいな〜。
っていうかTAKE THE TIME・・・。
なぜやらないっ!
ジョーダン・ルディスは本当にキーボード1台でしたね。
KORGのKARMA(赤いシンセ)がお気に入りとインタビューでは言っていたので
絶対に持ってくるなとは思っていたのですが。

関係ないけど、ラブリエはライブでもしっかり歌えていましたね。
某HR/HMマガジンではヒドイ書かれ方をしていたけど。
あと、マイクのドラムは本当に圧巻でした。


>SHADOW GALLARY

これは懐かしい!高校の頃よく聞いてました。
1stよりも2ndのほうがまとまりがあっていいですよね。
ドラムも生だし。
久々に聞きたくなってきました。CDどこかにあったハズ・・・。



02/04/23 16:49:40
名前:
J'rat

コメント:
 私も体調不良です。昨日まためまいがして、今日は会社を休んで医者に行ってきました。原因は良くわからないのですが、過労ではないかと言われました。

>W32.klez.gen@mm
 klez ウィルスは私の勤務先にも良く来ます。先週から流行っているようですね。実行して感染すると大量メール配信とファイル削除などを行うようです。ウィルス対策ソフト各社とも対応済みだと思いますので、ウィルス定義ファイル(シグネチャー)を更新すれば大丈夫だと思います。ウィルスチェックソフトの導入は必須だと思います。最近のウィルスは足が速いので、毎日でもウィルス定義ファイルを更新したほうがいいと思います。
 昨今は、ウィルスチェックソフトを利用していない方には幸運をお祈りするしかない状況になっています。ウィルスに感染したメールが来なければなんでもないのですが...。ちなみにこのウィルスは Outlook Express のプレビュー機能を利用していますので、Windows Update して OE のセキュリティホールをふさいでおくと良いでしょう。
http://www.nai.com/japan/virusinfo/virE.asp?v=Exploit-MIME.gen
http://www.trendmicro.co.jp/klez/

>Tommy Engel
 やっと聴くことができました。音声ファイルのダウンロードに時間がかかっていただけのようですね。ドイツ語で歌っていますね。フリッツがピアノを弾いているようですが、いまいち良くわかりません。CDが到着するのを楽しみに待ちましょう。



02/04/23 11:50:41
名前:
にいはお

コメント:
おはようございます(もうお昼か・・?)

あるいはここ(中国)だけなのかもしれませんが、
昨晩あたりからウイルスメールがバンバン入ってきます。
「W32.klez.gen@mm」のウイルスが検出されています。
日本では、どうでしょうか?



02/04/23 09:36:43
名前:
ふらじゃ

コメント:
なんとか体調は戻りました。しかし昨日のだるさは何だったんだろう?
朝からフロイドはいかんのかなぁ(^_^;

昨日は久しぶりにCD屋で中古を買いました。ALL ABOUT EVEとWISHBONE ASHです。
で、今朝の通勤の友はそのEVEのほうでした。やっぱ朝は爽やかな曲が良いですねぇ、いつも乗ってる特急を見送って各停でゆっくり聴きながら出勤してしまいました(遅刻寸前)

>ドリシア
渋公は音響に難ありですからねぇ、チケットで壁際だとガッカリします。あと大音響のライブだと前列の左右も良くないですね。新しいホールだと音響は格段に良くなってます。
今回のライブは場所によってずいぶんSETが違ってたみたいですね、横浜ではメタリカのかわり?にRUSHを演奏してました。



02/04/22 23:54:36
名前:
sphinx

コメント:
>Tommy Engelのサイト
試聴サイトはアクセスすると同時に音楽の再生がはじまります。
裏ではMacromediaのFlashとかが動いてるのでしょうか。
IE 4.0、5.5では問題無く表示もしてくれます。中はドイツ語ですが。
J'ratさんは「オペラ」を使ってるんでしたっけ?
それにしても全曲、フルに聴かせてくれるなんて太っ腹ですねぇ。
12曲目の「Solo」が良いです。



02/04/22 22:51:50
名前:
らくだ史

コメント:
おひさしぶりです。なんだか今日は一日中眠かったなぁー。
aikoとチックコリアを仕事中に聞いてました。
むぅ、aikoは侮れないです。カラオケで歌うの難しそう。

ところで、13日に渋公までドリを見てきました。
正直言ってつまらなかったです。
なんていうか、音響悪すぎっ!
で、セットリスト最悪!(個人的だけど)
ベースがぜんぜん聞こえませんでした。
ギターがうるさいうるさい(苦笑)。
キーボードもパッド系の音になるとかき消されちゃって
ぜんぜん聞こえないし。
あと、時間長すぎ・・・。3時間20分はちょっとってカンジでした。
なんていうか、疲労と苦痛の3時間20分でしたね。
横浜では、6:00、LIE、TAKE THE TIMEをやったみたいですね。
なんで渋公ではやらないんだ〜(涙)。
どーでもいいけど、最新作の2部が終わったあとに
やりだしのがメタリカのカバーでした。勘弁してくれ。

5月は待ちに待ったPFMなので、ドリの分を取り戻してきます。



02/04/22 09:52:09
名前:
ふらじゃ

コメント:
先週末から調子が悪いです。風邪ではなさそうですが、頭がボーっとしてます。単に頭が春になっただけかも…(^_^;

週始めなのでシャキっとしなければならないのに選んだ通勤の友はFLOYDのベスト「ECHOS」2枚目でした。いきなりの‘狂ったダイアモンド’で頭がさらにボーっとなってしまいました。たぶん今日は仕事になりません
そういえば最近通販でCD買ってないなぁ〜、CAMELが延期に次ぐ延期で注文したままになってるので、これのカタが付かないと次にてが出せません



02/04/22 01:00:25
名前:
J'rat

コメント:
 昨日は休日出勤でした。朝から夜中までかかって挙句、失敗。とほほ、です。今日は昼まで寝てしまいました。

>sphinxさん、
 なんと、Tommy Engel はユルゲンと知り合いだったんですか! ホントですね、ピアノを弾くフリッツが写っていますね。でもなぜか私のPCでは音が聞こえません。おまけにサイトの中がさっぱりわかりません。ブラウザのせいでしょうか?
 しょうがないのでさっそく一枚注文してしまいました。(^^ゞ

 おや、いつの間にかショッピングカートの合計が16枚に...。なぜ?(^_^;)



02/04/20 12:50:45
名前:
sphinx

コメント:
続けて失礼。
http://www.tommyengel.de/ のトップページ左のスライドに映る
ピアニストはFritz本人じゃぁないですか。
ちなみに試聴は http://www.tommyengel.de/musik/index-m.htm
12曲中、5曲にFritzのクレジットが、4曲目"Kein Problem"は乗りのいい
HIP HOP系の曲ですが、詩にもクレジットされています。



02/04/20 12:32:00
名前:
sphinx

コメント:
>Tommy Engel
ちょっと調べてみましたが、どうやらFritzがかかわっているようですね。
本家のサイトによると彼のソロのプロデュースをしているみたいです。
http://www.triumvirat.net/fritz.htm
さらに調べてみると、楽曲にまでFritzのクレジットがあります。
Tommy Engelのサイトへ行くと視聴まで可能です。
お〜バックに流れるピアノは・・是非行ってください!
http://www.tommyengel.de/



02/04/20 02:29:00
名前:
J'rat

コメント:
 失礼しました〜、なかなか書き込めませんでした。明日もお仕事です〜。 今は眠いので、改めて来ます。m(__)m

>sphinxさん、
 どんまい! スイスの Marcel Fe/2 さんが間違っていますね。ファンのみんなには彼の言わんとしているところはわかっているようですが...。ユルゲンは間違がわかるかどうか、ちょっと不安です。(^^ゞ
 Tommy Engel という人は知らないのですが、黒人のドラマーのようですね。You Won't See Me はたまたまこの人もカヴァーしたのをFrank Reinhardtさんが聴いて(多分ヨカッタのでしょう)、ヘルムート・ケレンを思い出していっしょにやらないかとユルゲンに尋ねたのではないかと想像しています。
 ちなみにヘルムートのアルバムには、Tommy Engel のクレジットはないですね〜。



02/04/19 09:45:37
名前:
ふらじゃ

コメント:
今朝は涼しいですね、洋服を1枚多く着込みました。それでも桜前線は北海道に達したらしいですね、今年は北国の春も早そうです。

今朝の通勤はSHADOW GALLARYの「LEGACY」でした。これもマグナカルタ創設時からのバンドですがMAGELLANよりもメタル色が強いです。特にギター主体の曲になるほどこの傾向が高くなる感じですね。
ちなみに私の中ではCAIROを加えて“マグナカルタ3兄弟”と呼んでます(^_^;



02/04/19 00:18:31
名前:
sphinx

コメント:
>The History of Mysteryの謎のフェードアウト
おもいっきり勘違いしてましたねぇ。ゆるげんさんのおっしゃるとおり
Panorama Duskのフェードアウト部分のことです。
質問者も勘違いしていたのか、はたまたThe History of Mystery Part1の
フェードインのつもりだったのか、そんな訳ないですね。
>Tommy Engel
この人はどんなつながりなのでしょうか?トリアンとは。
"You Won't See Me"を演っているそうですが。



02/04/18 22:14:34
名前:
ゆるげん
ホームページアドレス:
私のホームページへ

コメント:
>案山子さん
>マジェラン
>ヴォーカルの人の声がスティーヴ・ハウに超ソックリなバンドじゃなかったですか?
>ゆるげんさん!!そ・そ・それはないんじゃないかなぁー。って、思いましたが・・・・
あれ?もしかしたら間違えてしまいましたか?
と、言うことは「スティーヴ・ハウに超ソックリ」はロリエンと言うバンドの方でしたか。
マジェランもロリエンもずっと前に聴いて以来現在は確認不可能なので、申し訳ない。
誰かフォロー出来る人いませんか?



02/04/18 21:49:20
名前:
案山子

コメント:
>Magellan
えええ〜〜〜〜っ!!ヴォーカルの人の声がスティーヴ・ハウに超ソックリですって?
ゆるげんさん!!そ・そ・それはないんじゃないかなぁー。って、思いましたが・・・・
ひょっとして、ひょっとするとバッキング・ボーカルのことでしょうか?そうですよねぇ。
思わず、又じっくりと聴き直してしまいましたよ。
コーラスがイエスに超そっくりなので、そうとも言えるのでしょうか?(謎)

それより先に、お礼を申し上げるべきでしたね。(ビックリして・・・)
ふらじゃさん、J’ratさん、ゆるげんさん。本当にありがとうございました!!
もっと早くにお尋するべきでした。決定的な間違いに気が付きましたよ。
「マジェラン」と読むんですね。これで検索してみると、意外なところに繋がってビックリです。

J’ratさんが「思惑通りはまってしまうようでちょっと悔しいのですが・・・」っておっしゃるの
凄く分かる気がします!「なんかプログレの既成のパターンとして、ありがちなんじゃないの?」
「ここなんか、あのグループそっくり!」「オリジナリティーが弱いんじゃない?」と、
ちょっと斜に構えて聴いてるんですが、聴く度にドンドンはまってしまう。これはめちゃ悔しいですよ!
4枚も出てるんですね。他のも是非聴きたいです。



02/04/18 17:46:26
名前:
ゆるげん
ホームページアドレス:
私のホームページへ

コメント:
>J'ratさん
私に代わっての質問登録ありがとうございました。
音楽に国境は無いと言いますが、異国の人との情報交換には言葉の壁を感じますねぇ。

>The History of Mysteryの謎のフェードアウト
質問にもでてましたが、私には今ひとつ解りません。何の事でしょうか?
パート1、パート2どっち?何処の部分?聴いても違和感が無いので解りません。気になります。
気になると言えば、A Day In A Life のPanorama Duskの最後の声です。まだ続きがありそうな展開で終わるので気になります。

>笙
和式の結婚式で流れる「ぷわ〜ん」とゆう音が笙の音じゃないですか?
あと、日本の宮廷音楽家の東儀秀樹さんが吹いている楽器も笙だった様な気がします。
宮廷音楽、以外ですがトリアンにも通じるポップなメロディラインがあって結構好きです。
情報が間違っていたらごめんなさい。

>マジェラン
弟が持っていたので聴いたことあります。ヴォーカルの人の声がスティーヴ・ハウに超ソックリなバンドじゃなかったですか?音程が不安定であまり上手く無い所もソックリでした。
久しく聴いて無いので間違ってたらごめんなさい。(←こればっかり^-^;)



02/04/18 09:32:47
名前:
ふらじゃ

コメント:
昨日までの風も治まって、気が付けばベランダのあちこちに鯉のぼりが出てました。もうすぐGWですねぇ。私の所はカレンダー通りなので今年はあまり美味しくないので近場で清ませようと思ってます。

今朝の通勤の友はデヴィッドカバディールの「Into the Light」でした2年ほど前のアルバムですがその前に聴いたのが「COVERDALE/PAGE」だったので聴きながらジミーペイジを探してしまいました。いい感じで枯れたヴォーカルになってましたね、未だ若いんでしたっけ?

>笙
私もバグパイプに似た音と認識してます。バグパイプは羊?の皮の袋に息を貯めて音をだすしくみだったと思いますが、それを人の息で鳴らすならかなり力が入るでしょうね。あ、同じ構造と決まってる訳ではないですね(^_^ゞ

>wowow
一応録画予約をしてたので、ミスしてなければ録れてるはずです>タルとトランプ
昨日のフェイセスはみごとに失敗してました
WOWOWの契約は今月限りにしようと思ってたのですが、こういうプログラムがあるとまた悩んでしまいます。



02/04/17 23:22:13
名前:
sphinx

コメント:
11時からWOWOWでタルとスーパートランプですね。うちでは視聴できませんが(T_T)
.tv>本当はいろいろ質問したいのですが、あれで精一杯ですし、すでに他の方がおおかた
聞かれているようですし。
The History of Mysteryの謎のフェードアウトについての質問も出ていましたね。
ライブ中継はいつになるのでしょうか?



02/04/17 23:20:03
名前:
にいはお

コメント:
うわちゃ〜・・・・(連続ですまんこってすが)

「なんだそうです」とか人ごとみたいに書きましたが、
「スーホの白い馬」って・・・これ、読んだことあるかも・・。
実は「むっちゃ有名な」童話ではないでしょうか、これ!?
この表紙・・・なんか見覚えが・・・。
(ヤフーで検索をかけつつ・・)



02/04/17 22:32:38
名前:
にいはお

コメント:
北京の空はですねえ・・・落ち着いちゃいるんですがね。
やっぱ、砂っぽいな。
この間すごかった時の写真、デジカメで撮ったんですが、
や、真っ黄色ですわ。

笙のあの音はですねえ・・・なんちゅうか、なあ・・・
「ホ〜エ〜〜〜〜」こうしか言いよう、ないっす。
すんまっしぇん。

「スーホの白い馬」
胡弓を習っているおかあちゃんによれば、胡弓と言うよりは
馬頭琴の発祥の物語なんだそうです。ま、似たようなもんか。



02/04/17 19:33:45
名前:
J'rat

コメント:
 ほんとに風が強いですね〜。もう3日間吹いています。黄砂も飛んできているのでしょうか? この間ニュースでやっていましたが、砂だけでなく大気汚染物質も飛んできていて、一部はアメリカにまで届いているんだそうです。もちろん、北京はもっと大変だと言っていました。昼なのに夕焼けのような映像が放送されていました。今は落ち着きましたか?>にいはおさん

 私の今朝の通勤の友は Birth Control の "Plastic People" でした。トリアンヴィラートとまさに同時代の、しかもケルンのバンドです。トリアンよりずっとプログレしていますが、良いですね〜。私が持っているのは最近CD化されたものですが、音もとてもいいです。
 このバンドを薦めてくださったのは夢典命さんですが、Just A Face が出たころからいらっしゃらなくなってしまいましたね。また海外出張でしょうか? 早く帰ってきてくださ〜い。(^_^)/~

>案山子さん、
 ふらじゃさんはさすがにお詳しいですね。マジェランは私も一枚ですが持っています。宇宙を飛行する帆船のジャケットのですから、案山子さんと同じでしょうか?
 もちろん私も大好きです。いかにもプログレファンのツボを押さえた作りで、思惑通りはまってしまうようでちょっと悔しいのですが、いいですよね〜。久しぶりに聴いてみようと思います。

>ふらじゃさん、
 マジェランでしたか! Yesトリビュートの「クジラに愛を」はカッコ良かったですね。私は本家のオリジナルより好きです。(^_^;)

>にいはおさん、
 笙の笛って雅楽の楽器だと思っていましたが、中国が原産なんですか? 「あの音」ってなんでしょう。あまりちゃんと聴いたことがないのですが、バグパイプみたいな音色ですよね...。
 一方そのころ日本では胡弓がブームのようです。ご婦人方がこぞって教室に通って習っているそうです。「癒し系」なのだそうです。仔ラットの小学校2年生の国語の教科書には「スーホの白い馬」という読み物が載っていました。これは胡弓の発祥を伝える物語のようです。



02/04/17 13:46:13
名前:
にいはお

コメント:
北京の一角に瑠璃廠(りぅ・りぃ・ちゃん)という場所があります。
筆や硯、文物、書画等を商っている場所として、観光ガイドには
必ず載る場所なのですが、ここにはもう一つの顔があります。
北京市内で楽器屋が一番密集している場所なのです。

今日午前中、ちょっと仕事の絡みでここを訪れ、
生まれてはじめて「笙」を手に取りました。
「ホエ〜」とかいうあの音がするあの楽器(説明に、なってないっ!)、
吹いたことありますかみなさん?

結構力を入れて吹かないと鳴らないのですが、
指の組み合わせによっては、まさしく「あの音」がするのです!
ちょっと感動しました、えへへ。



02/04/17 10:00:30
名前:
ふらじゃ

コメント:
ほんとに風が強くて正に春の嵐です。通勤途上も花びらが風に舞ってましたね、枝が折れて道路に落ちてる街路樹もけっこうありました。雲の動きも早くて雨が急に降ったかと思うとピタッと止む変な空模様です

今朝の通勤の友はSCORPIONSのベスト「Deadly Sting」で、マーキュリー時代の物を集めたベストらしいです。音はストレートなハードロックで聴きやすかったですね。

>MAGELLAN
マグナカルタレーベル創設時期からのバンドの一つで今まで4枚のアルバムをリリースしてます。案山子さんの聴かれたのが1stでその続編と言うべき2nd「Impending Ascension」も同じ路線です3rdの「Test of Wills」はちょっと印象が薄いです。4thは聴いたことが無いですが、長い曲は無くなってるみたいですね
あとこのレーベルからでてるトリビュート物にも参加しててYES「DON'T KILL THE WHALE」FLOYD「MONEY」GENESIS「MAMA」を演ってますがどれも元曲に添ったアレンジでした



02/04/17 07:58:34
名前:
案山子
電子メールアドレス:
メールはこちらまで

コメント:
昨夜からの強い風で、せっかく咲きそろったばかりのチューリップやアネモネが台無し。
その上、風邪をひいてしまったのですが、どうしても仕事を休めず気分は最悪です。
こういう時は、やっぱり!と、朝からパープルの「嵐の使者」で気合いを入れてます。
ボーカルが贅沢だぁーーー!

最近、気に入ってよく聞いてるアルバムにMagellanのHour of restoration(1991年)
というのがあります。
これは、夫が買ってきてくれた物ですが、UK、ウイングス、ルネッサンスと、共に差し出されたCDを
見て、「何これ?」と、尋ねると「マゼランも知らんのか?!それでプログレ・ファンといえるか?」
と言われました。確かにジャケットは帆船が空を飛んでいるプログレっぽいもので、
14:45という1曲の長さを見ても間違いないと、確信しました。
で、聴いてみたら、「まさしく!」と、いう感じでストライクでした。
「私は元々正しいプログレ・ファンとは言い難いだろう」と、いう話はこの際横に置いておいて、
とにかく気に入ったので色々調べてみましたが、アメリカのグループらしいということ以外何も分かりません。
1曲目マグナ・カルタという曲が圧巻なのですが、レーベルもマグナ・カルタで、なんか関係有るのかなぁ?
もし、このグループやアルバムについてご存じの方が居られましたら、是非教えて下さい。



02/04/16 23:49:13
名前:
J'rat

コメント:
 なんだか蒸し暑いです。もう初夏の夜という感じがしますね。

 薄いPDAが欲しくて、CLIEを衝動的に買ってしまいました。PEG-T600C という機種です。薄いのは良いのですが、AV機能が乏しくて、Just A Face を入れようとしたのですがダメでした。はいはい、お仕事用なんですね...。

>案山子さん、
 質問のお手間も何も、ギャグにしてしまってすみませんでした。食べ物に釣られてでも、来日していただきたいですね。

>ふらじゃさん、
 寿司食い放題とか...。(ただし回るほう) 大食い選手権か? あの体型ですし...。いっそ、スモウ・レスラーと対決か? う〜〜ん。(^_^;)

>sphinxさん、
 おお、.tvに投稿してくださいましたね! ありがとうございます! ボーナストラック、どうなるんでしょうね? その後EMI関係からは連絡がありません...。きっとリマスターの発売を止めているのはユルゲンなので、詳しい情報が欲しいですね。
 私もボーナスはライブ演奏が聴きたいです。でも欲を言えばCDでライブ盤ができるといいですねっ! ボーナスでプラス一枚とは言いませんので。(^^ゞ



02/04/16 09:30:55
名前:
ふらじゃ

コメント:
今日も暖かです、湿度が高いみたいで空気がべとべとした感じがします。そろそろ通勤ラッシュが辛くなる時期ですね

その通勤の友はPROCOL HALUMの「PLOCOL'S NINETH」でした。初期はアートロックの流れでプログレ感たっぷりのアルバムでしたが、この頃になると良質のブリティッシュロックになってます。聴いてて気持ち良いのでこの季節にはぴったりかもしれないですね。

>トリアンのライブ
やはりどこの国のファンも考えることは同じですよね、フリッツの好物がすし・天ぷらだと呼びやすいのですが…(^_^ゞ



02/04/16 05:40:32
名前:
案山子

コメント:
>J’ratさん
質問の件お手間を取らせてしまって、すみませんでした。ありがとうございます。
本当に、来日して欲しいですね。

>フランク・ザッパ
うちの近所のタワーレコードでも30枚以上有ったかな?紙ジャケが沢山出てました。
泥沼かぁ〜〜〜〜。



02/04/15 20:28:24
名前:
J'rat

コメント:
 本当に暖かいですね。5月か6月ごろの陽気でしょうか?
 私は今朝は Birth Control を聴いてきました。同名アルバムですが、キーボード全開で気持ち良いです。実は週末、ドイツのラルフという人からメールが来まして、トリアンヴィラートのシングルのリストとジャケット写真の画像を送ってくれました。見覚えのない名前なので検索したら、Birth Control のファンクラブの人でした。このバンドはヘルムート・ケレンが亡くなった時に彼に捧げる歌を作ったそうです。私は未聴ですが...。どうやらトリアンとも因縁がありそうなので、ラルフさんにはあれこれ尋ねてみようと思います。

>ふらじゃさん、
 各国のファンが、自国でのコンサートの予定を聞いています。私も、案山子さんの質問に便乗して聞いておきました。本当に来てくれるといいのですが、それは「ウェブサイトストーリー」の成功次第なんでしょうね。

>にいはおさん、
 フランク・ザッパ、私はまだ聴いていませんでした〜。泥沼ですか? 早く聴かなくては!

>ゆるげんさん、
 ウェブインタビューの質問、ありがとうございました。さっそく登録しておきました。私の英語も怪しいので、ニュアンスまで伝わったかどうかどうかは自信がありませんが...。



02/04/15 14:55:25
名前:
ゆるげん
ホームページアドレス:
私のホームページへ

コメント:
皆様ご無沙汰しております。
自分のHP管理、レスなど、そして、大好きなモータースポーツのシーズン開幕により国内外のレースチェックで忙しくて大変です。

>トリアンヴィラートリマスター
やっぱり延期になりましたか。引っ張りますねぇ。
私としては、1枚ずつ小出しにしてくれた方が購入が楽で嬉しいんですが。

>ユルゲン・フリッツへの質問
私は英訳、和訳が苦手なので質問しようにも出来ません。
誰か代わりにしてくれるのでしたら、
ユルゲン・フリッツへ
過去のトリアンヴィラート作品の中でフリッツ氏の思い入れのある曲があればどんな思いがあるか、また面白いエピソードのあった曲があればどんなエピソードがあったか教えて下さい。
この質問をお願いします。
もし誰かの質問とかぶっていたら、しなくてもいいです。



02/04/15 13:38:24
名前:
にいはお

コメント:
あっ、「イン・ニューヨーク」、買ったなっ!
よおおし、これでもう、ザッパの泥沼から、抜けられないのじゃ。
わあははは。

今朝もしつこく「ジョーのガレージ」で通勤しました。
歌詞がとってもすけべえ。もう、どうしょうもないくらいにすけべえ。
すけべ歌の極北は「シーク・ヤーブティ」と思ってましたが、
とぉんでもない。



02/04/15 13:29:48
名前:
ふらじゃ

コメント:
今日は暖かいですねぇ、上着があると汗かいてしまいます。

今日の通勤の友はMASTERMINDの「Excelsior」でした。キーボードレスなのにELPタイプと言われる彼らですが、このアルバムはキーボードが加入してる物で逆にELPぽさが無くなってます。ギターとのバトルを楽しんでるような音もあってちょうど「ワイヤード」のジェフベックとヤンハマーのような感じです。

>トリアンへの質問
一番訊きたいのは「日本でライブをやる予定はあるか?」と言うことですが、もうどなたか書き込んでますよね(^_^;

>ドリシア
私の見てた所は3階席の後ろの方だったのでステージ全体を見下ろす感じでメンバーの動きが良く判って面白かったです。上から見るとステージ上ってあまり物が無いですね。



02/04/14 02:02:38
名前:
J'rat

コメント:
なるほど、「好きな食べ物」ですねっ!
わかりました〜。(^o^)丿



02/04/13 22:27:27
名前:
案山子

コメント:
>質問
考えてるんですけどねぇ〜〜〜〜。
J’ratさんはじめ、皆さん思いっきりマニアックな質問されているのに・・・・。
「好きな食べ物は?」・・・・っていうわけにもいかないしなぁ。
>ドリーム・シアターのライヴ
やっぱり新譜からの曲がほとんどだったんでしょうか?
このアルバムはスゴイ!って思うんですが印象的なメロディーが無い気がして
それほど・・・なんですよね。でも、行きたかった!とにかくどんな風に弾いてるのか見たい!
>ふらじゃさん
>IQはみごとにダブってしまいました。
有るところにはあるし・・・・

「イン・ニューヨーク」を買いました。ロック界きっての奇人変人と言われたフランク・ザッパ!
かなり身構えて心して聴きましたが、音の方はとっても気に入りました。
音が素晴らしく多彩で何度聞いても「飽きない!」と、いう感じです。
あのテリー・ボジオがなんとエンジェルのパンキー・メドウズに捧げる(?)歌を歌ってますね。
歌詞はともかくとして・・・・、あの写真は「音楽専科」に載ってたものだと思うんです。
で、まさか・・・・と、思ったら我が家に有るんですよ!エンジェルのセカンド「華麗なる貴公子」。
あの頃は、ビジョアル系のアイドル・グループ扱いだったんで、敬遠してたんですが、夫の留守に
こっそり聴いてみました。
そうしたら驚く無かれ!これが結構良い!・・・何でも偏見で見ちゃダメですね。



02/04/13 16:47:51
名前:
kit

コメント:
>J'ratさん
>Triumviratリマスター延期
あらま、残念ですね。でも、これまで待った期間を考えると、
あとほんのちょっとの辛抱ですよね。

>ドリシア
私も昨日行ってきました。間に中休みが入るのは、初めての経験でした。
「SIX DEGREES OF INNNER TURBULENCE」(2枚目の曲)は、冒頭をどのように
再現するか期待していたのですが…テープでした(^^;
でも、最後の盛り上がりには、やはりグッと来ました。
残念だったのは、ジョーダン・ルーデスのソロコーナーが無かったところでしょうか。
でも、ジョーダンのキーボードは支柱を中心に横に回転するようにしてあって、
自分のパートでは、運指が見えるようこちらに鍵盤を向けていました。
もの凄い勢いで指が動いているのが見えました。
楽器少年少女には、たまらないサービスなんでしょうね。

さっき、テレビでJADE ANDERSONの新作ビデオクリップが流れてました。
いや〜、ホント売れてるんですねえ。あちこちのCD屋でも大きなポップを
見かけますし、現在のyesの数十倍は売れてるんじゃないでしょうか(^^;
音楽的にはそんなにひっかからないですけど、頑張ってほしいですね。



02/04/13 01:45:15
名前:
にいはお

コメント:
今日から娘一号は「いちねんせい」になりました。
あれほど嫌がっていたのに、帰ってきたらみょうに
うきうきしている。

まず一つはいろんな教材をもらったこと。特に
図画工作のセットとか、さんすう用のカードとか
おはじきとか・・・これらをみんな「雑誌のふろく」と
同次元で見ているらしいのですね、どうも。単純なやつ。

二つ目は・・・どうも好きな子がいるらしく、しかも
その子と同じクラスになれたんだそうです。
だめだなあ、好きな人ができたら、ちゃんとお父さんに
紹介しなきゃ駄目じゃないか。
お父さんがちゃあんと・・・・・・・・猟銃で追っ払ってくれるわ(!)

日本のプログレ草分けの「コスモス・ファクトリー」のCDを聴く。
ジャケットも、ライナーも、曲もみーんな、暗いですぅ・・・。
昔、プログレって、なんか誤解されてたんだろうか!?



02/04/13 00:35:33
名前:
yeszanmai

コメント:
>J'ratさん
英語は時間と心の余裕がないとなかなか読もうと思わないので、
J'ratさんのニュースレター翻訳重宝しています。

>Greenslade
確かにキーボード炸裂ですが、デイヴ・ローソンのヴォーカルがキーポイントですね。
あの英国丸出しのダミ声が好き嫌いをわけると思います。
ファミリーのロジャー・チャップマンみたいな感じかな?
昔は馴染めませんでしたが、再編Gleensladeにはドラムのマカロクとともに不参加なので
残念です。
ローソン氏はキーボード・ショップを経営していてイエスの『90125』の機材貸し出しと
プログラミングをしていますね。
クリスとアランのシングルでもキーボードを弾いています。



02/04/12 23:36:00
名前:
ふらじゃ

コメント:
あら、J'ratさんニアミス♪



02/04/12 23:33:11
名前:
ふらじゃ

コメント:
あれ、12日付けの書き込みが無いですね
じゃあちょっとだけ…

ドリシア行ってきました。本日初日ということですので
詳しい事はまだ書きませんが
このライブも長いですので遠方から来られる方は足の確保をお忘れ無く



02/04/12 23:33:26
名前:
J'rat

コメント:
 トリアンヴィラートのリマスター発売延期の理由ですが、"The Website Story" の完成が予定より遅れていて、それに合わせるためではないか、というのが Jim の推測です。以前も同時発売を目指して延期されたようですので、おそらくそういうことなのでしょう。Jim たちは EMI の計画だと言っていますが、私はユルゲンの決定のような気がします。さて、どうでしょうか?

 延期は残念ですが、とにかくちゃんと5月には出て欲しいですね。お待たせして本当にすみません。

 triumvirat.tv の質問コーナー、一番乗りした私の質問が下のほうで消えてしまいましたので、別のを投稿しておきました。
 キーボードの質問は複数出ていますね。やっぱり気になりますよね〜。Just A Face のピアノはスタインウェイでしょうか? MPEG なのでよく聴き取れないのですが、なんとなくそんな気がします。



02/04/11 23:59:07
名前:
にいはお

コメント:
皆さんいろんな質問を投げかけてらっしゃるなあ。
・・・お、「新譜ではどんなキーボードを使っていますか?」だって。
そうそう、僕も興味、あるなあ。
楽器少年少女、てのはこういう記事を読んでるだけでワクワクして
くるのだなあ。
そしてノートの隅っこに「架空の自分だけのセッティング」とか描いて
ニヤニヤするんだなあ。前にも書いたが。ちょっと暗いな。

「漫画亭」(北京に実在の漫画喫茶)で「沈黙の艦隊」全32巻を
一気に読破する。舞台が海の底と国連を行ったり来たりで大変でしたが
久しぶりに興奮しました。他にやることないのかよ、駐在5年目?



02/04/11 14:33:29
名前:
J'rat

コメント:
 米国の公式サイトのJimから、たった今連絡が入りました。リマスターの発売は4月30日から5月末に延期になった模様です。ケルンのEMIの消費者担当部門からの公式な回答です。すでに triumvirat.net の掲示板 Spartacus Forum でも発表されています。

 Jimの感想はひと言 "Here we go again !"(またかよ〜、やってらんね〜)。私もそれ以外の言葉が思いつきません。

 リマスターの発売を心待ちにしている皆様には、さらにお待たせすることになってしまいました。誠に申し訳ございません。ユルゲンにも確認中です。詳しいことがわかり次第、ご報告させていただきます。m(_ _)m



02/04/11 11:19:30
名前:
J'rat

コメント:
 今日は寒いです。ジャンパーを着てくれば良かった...。4月になったとたん天気が悪いですね。

 ウェブインタビューの打ち合わせで、米国とケルンの3人とメールで話していて、Russが教えてくれたのですが、ユルゲン・フリッツのニックネームは Porky って言うそうです。最初意味がわからなくって、チンプンカンプンなことを言って恥をかいてしまいました。実は結構有名で、30年来みんなそう呼んでいるそうです。確かに似てはいますが、キーボードの神さまのことを「ブタちゃん」なんて...。(^_^;

 現在投稿されているウェブインタビューの質問は多岐にわたっています。まじめな質問が多いのですが、「この話はネズミと関係はないんでしょうか?」なんて質問もありました。ナイス質問ですね、カナダのロバートさん。

 最近へたばり気味だったので、おいしい話題について行けてなくって残念です〜。

>にいはおさん、
 アンヌ隊員見ました。年を取っても素敵ですね〜。私は吉本(ウルトラマンの娘)さんのファンです。みんな一緒の写真なんかもあって、ウルトラ・ファミリーしていますね。

>案山子さん、
 なんと「ある日どこかで」の小説が出ているんですか? 買わなくっちゃ!! お風呂に入っていつも鼻歌が出るのはトリアンではなくて、ジョン・バリーのスコアによるこの映画音楽です。ピアノで弾けるようになりたいですね〜。

>カスタムさん、
 カート・クレス、たくさん仕事していますね〜。「ウェブサイト・ストーリー」のボーカルのグラント・スティーブンスのソロアルバムにも参加しています。職人ですね! クレス向きのウェブ・インタビューの質問、何かありませんか〜?

>ふらじゃさん、
 GREENSLAID はキーボード炸裂なんですか、聴いてみたいですね〜。最近御茶ノ水のユニオンに行っていません...。



02/04/11 00:25:00
名前:
J'rat
電子メールアドレス:
メールはこちらまで

コメント:
 お手元に Triumvirat.tv からのニューズレターは届きましたか?
本文と、投稿の説明文を翻訳しました。

 すでにたくさんの質問が書き込まれています。ユルゲンや他のミュージシャンが直接答えてくれるそうですので、この機会にぜひ書き込んでください。

 そうそう、ミヒャエルが言っていました、質問は一回にひとつずつ書いて欲しいそうです。そのほうが答えやすいんですって(私は一発目に10個も書いてしまいましたが...)。ちなみに複数投稿は構わないようです。

 「英語なんて面倒だ」なんていうあなた! お気持ちは良くわかります。中学校英語で十分だと思いますが、それでもという場合は私が代わりに投稿いたします。メールでも、この掲示板でも結構ですので、質問をお寄せください。えっと、その際はできるだけ英語に翻訳しやすいように書いていただけると助かります。(^_^ゞ

---------------------------------------------------------------
トリアンヴィラート・ニューズレター 02-04-09 (第6号)
---------------------------------------------------------------
やぁ、こんにちは!

 そこで、私たちは残った髪をとかして、清潔な下着を着て、最高のロックンロールの態度を身に付けて来ました。なぜ、ですって?

 私たちの最初の生中継のウェブ・インタビューが triumvirat.tv で間もなく始まります。あなたが送る質問にお答えするのにベストを尽くそうとしています(できればあまり難問でありませんように)。楽しみです。

 www.triumvirat.tv にログインして "#4" をクリックしてください。あらゆる質問を書き込むことができます。今後このメーリングリストでお知らせする日時に、生中継でお答えします。

 また会いましょう。本当にすぐに。とりあえず、さようなら。

グラント・スティーブンス & ユルゲン・フリッツ
---------------------------------------------------------------
Triumvirat.tv ウェブ・インタビューのルール(Triumvirat.tv より)
---------------------------------------------------------------
今後数週間以内に、トリアンヴィラートの新譜「ザ・ブック・オブ・ライフ ザ・ウェブサイト・ストーリー ディジタル三部作 パート1」に参加した様々なミュージシャンとの実況インタビューが数回行われます。

このサイトで、ミュージシャンは個別にか最高でも2人でインタビューされます。

インタビューされるミュージシャンのうち誰かに聞きたいことがあったら、このサイトに書き込んでください。そうすると最新の質問リストに反映されます。適切なミュージシャンが質問に「生」でお答えします。生中継の日時はトリアンヴィラート・ニューズレターのメーリングリストで独占的に発表します。

めいめいのインタビューはウェブカメラによって生中継で配信されます。

質疑応答はすべてウェブインタビュー・アーカイブに格納して、いつでも読み直すことができるようにします。

質問を書き込む上で5つの簡単なルールがあります。

1. 質問は全て英語で書き込んでください
2. 質問とあなたの名前のほかにお住まいの国と市をお書きください
3. 質問は書き込み順に答えられるわけではありません
4. 答えのない質問は次回の適切なインタビューに送られます
5. Triumvirat.tv は書き込まれた質問を短くしたり削除する権利を保有します

さぁ、トリアンヴィラート・ウェブインタビューをお楽しみください!

このサイトに書き込まれた質問に生中継でお答えします!
中継の日時はトリアンヴィラート・ニューズレターだけでお知らせします!
---------------------------------------------------------------



02/04/10 13:16:10
名前:
にいはお

コメント:
ヤフージャパンのトップページを見てたら・・・・
外務省がまた何かやらかしたみたいですな。
瑣末な話ではあるが、みっともない。
こんなことがある度に、私ら在外日本人の肩身は
狭くなるいっぽうです。

自宅のパソが突然動かなくなりました。
起動に必要なDLLがなくなってしまっていたらしい。
確かにその直前に、不要になったアプリを幾つかアンインストールは
しましたが、途中で出てくる「このファイルはどのアプリでも使われていません」の
テロップはちゃんと確認したはずなのに。
会社の後輩まで巻き込んで修復はなんとか完了しましたが、
ああ、もう何も信じられない・・・。

ザッパの「ジョーのガレージ」を聴く。
「KEEP IT GREASY」(敢えて日本語に訳さず)のカリウタのドラムは
何かにとりつかれているとしか思えません。



02/04/10 10:25:12
名前:
ふらじゃ

コメント:
雨が降ったかと思えば、晴れ間があったり、いきなり横殴りの雨になったりと昨日は変な天気でした。1日外に出てましたが運良く濡れませんでした。

昨日は前の事務所が有った所に用事があったので、時間を見つけて久々にunionに行ってみました。当然手ぶらで帰れるはずも無く、手にしたのはGREENSLAIDの「Bedside Manners Are Extra」、IQの「Tales From the Lush Attic」、THREE DOG NIGHTの「Captured Live at the Forum」の3枚でした。がIQはみごとにダブってしまいました(ジャケットの色が違うしロゴも違ってたもんで…つい)

で、今朝の通勤の友GREENSLAIDでした。キーボード炸裂で良いですねぇ、ギターレスなので物足りないと言えなくも無いですがそれを補って余りある曲ばかりですバッテリー切れで最後まで聞けませんでしたが・・・(オイオイ)

>J'ratさん
仔ラット君は大丈夫でしたか?実はうちの仔ふらも日曜の夜に熱を出してグッタリしてましたが翌朝にはけろっとしてたので病院には連れて行かなかったのですが、結局原因がわかりませんでした。



02/04/09 23:28:53
名前:
にいはお

コメント:
先日ちょこっとだけとりあげた「ユタとふしぎな仲間たち」の
原作を久しぶりで読む。
近年になって、劇団四季が取り上げたりしておりますが、
本当は、大変に悲しいお話なのです。

音楽の方はしかし、しんみりとしてなぞはおれませぬ。
今日はフランシス・ロコプレスティア(B)のソロと
ラリー・グラハム(B)の「いかしたファンキーラジオ」を持って
うろうろしてました。
前者は知る人ぞ知る「タワー・オブ・パワー」のベーシストで、
やたら手数の多い、しかもミュートの利いた(ために耳コピーを
行う人にとっては超難関)音が何とも心地よいです。
バックもガリバルディ(DS)+トンプソン(ORG)+コンテ(GT)&
歴代T.O.P関連者で埋め尽くされています。
後者はチョッパー・ベースの始祖とも言える人で、一曲目「POW」から
最初で最高で最後(完成形という意味)の大チョッパーベースが
展開されます。
カツ!を入れるにはリズムセクション関連の人のソロやアルバムが
非常に有効ですよ。たまにはフロントマンから一歩下がってみませんか?



02/04/09 23:19:16
名前:
J'rat

コメント:
 triumvirat.tv でウェブインタビューの質問の受付が始まりましたね。フォームで質問を登録すると、後日のインタビューでユルゲン・フリッツや他のメンバーが答えてくれるそうです。
 ふるって質問を登録しましょう!

http:triumvirat.tv
[#04] をクリックしてください。
----------------------------------------------------------------------------------------
Within the next few weeks there will be several live interviews with various artists from the new Triumvirat album

The Book of Life
The Website Story
A digital trilogy
Part one

on this site. The artists will be interviewed separately or, in some cases, a maximum of 2.

If you have questions addressed to any of the artists being interviewed, post them on this site and they will be raised in the current list of questions. The relevant artists will answer these questions live on a specific date that will be announced exclusively through the Triumvirat newsletter mailing list.

Each interview will be transmitted live via webcam.

All questions and answers will be stored in the Webinterview-Archive, so you can reread the past interviews at any time.

There are 5 easy rules for posting your questions:

1. Please post all questions in English!

2. Besides your question and name, please specify the city as well as the state you live in.

3. The Questions will not be answered in chronological order.

4. Unanswered questions will be forwarded to the next relevant interview.

5. Triumvirat.tv reserves the right to shorten or remove posted questions.

Now have fun and enjoy the Tiumvirat Webinterviews!

Your questions posted on this site will be answered LIVE!
Date will only be announced through the Triumvirat Newsletter!



02/04/09 21:39:17
名前:
カスタム

コメント:
こんばんはです。
最近プログレCD発掘にお金と時間を費やしてます。
トリアンがらみじゃないけど報告しときます。
今日注文してたプログレCD買いました。
長いバンド名だ、「Twenty Sixty Six And Then」と言うハード・プログレ・バンドです。
プログレと呼ぶにはジャーマン・ハード・ロックと呼ぶのがふさわしいかも・・。
ツイン・キーボード・バンドだけどギターの音がメインでドラムスがかなりテクニカル!!
へヴィーなハード・ロックにリズムやロールの連打が恐ろしく激しくアグレッシヴです。
なんとドラムを叩いてるのはカート・クレス氏ではないか!!(全曲じゃないけど)
どうりでジャズぽい激しいドラムスだ。
しかし「トリアンヴィラート」「パスポート」と今回のこれと、カート・クレスはどこでも色々なジャンルで活躍してますな〜!
ちなみに「Twenty〜」はドイツのハード・ロック・バンドです。94年のアルバムです。



02/04/08 23:29:40
名前:
Sirius

コメント:
キャメルのボーナス付きリマスターですが、Amazon.co.uk によると4月29日発売となっています。
また、国内盤はユニバーサル・ミュージック・ジャパンのHPによるとベスト盤を除き延期未定となっています。



02/04/08 23:04:25
名前:
J'rat

コメント:
 ひ〜、きのう仕事から戻ってみると仔ラットが熱を出していました。夜中じゅう、うんうんうなっていました。今日病院に連れて行ったらインフルエンザとの診断でした。なんだかずいぶん季節外れですが、おかげで新学期の初日からしばらくはお休みです。クラス替えもあったはずなのですが...。
 昨夜よく寝られなかったので、眠いです。またあとで...。



02/04/08 16:04:48
名前:
にいはお

コメント:
あっ!

下のカキコ、私です。



02/04/08 15:39:49

コメント:
今日は4月8日。俗に「お釈迦様の誕生日」とされている日です。

鍛冶屋が鉄を打つ際に、あまり火が強すぎると鉄がだめに
なることがあります。
「火が強かった」これを江戸っ子の鍛冶屋が言うと
「シガツヨカッタ」となります。生粋の江戸っ子は
ヒとシの区別がつきません。

ここから、物事がだめになることを「オシャカになる」という
言いまわしが生まれたんだそうです。

プログレネタでなくってすみません。どっとはらい。



02/04/08 09:58:30
名前:
ふらじゃ

コメント:
今朝は暖かかったです、普通に歩いても薄っすら汗をかいてしまいました。沿道の桜はすっかり緑になってしまいましたね、今年は入学式に葉桜という所も多かったのではないでしょうか

今朝の通勤の友はドリシアの「LIVE FROM NY」の3枚目でした。このアルバムしばらく行方不明になってたものですがひょんな所から出てきました。やはり整理をしないとダメですねぇ、まだ行方不明が2,3枚あります(T.T)

キャメルのボーナス付きリマスターはまた延期になってますねぇ、こんどは4/20だそうです。アナウンス通りにリリースされると国内盤の方が早くなりますね



02/04/07 23:02:40
名前:
案山子

コメント:
>ウルトラセブン最終回
今、見終わりました。2件めのお店で有ったそうです。
にいはおさんにご紹介いただいたサイトも見せていただき、夫がいたく感激しておりました。
ありがとうございました。



02/04/07 20:45:38
名前:
案山子

コメント:
あーー!もう年度末じゃなくって、年度初めでした!
年度末までにするべきお仕事を片付けてたんで頭が未だに・・・。仕事は早め、早めにしましょうね。

今日は少しのんびり出来たので、家の用事をしながら1日中怒濤のようにロジャーとピンク・フロイド
を聞き続けてました。はぁーーーー。なんだか日が経てば経つほど
「凄いものを見てしまった!」「あれは夢だったんじゃないか?」って、そんな不思議な気がします。

>J’ratさん
リチャード・マシスンの「ある日どこかで」の原作が初めて翻訳されたそうです!
えっ?!じゃあ、私が前に読んだジャック・フィニィの「ふりだしに戻る」は何だったの??
って思ったら、原作の基になった話ということ。こっちならイメージ壊れないかもしれませんね。
創元推理文庫・980円だそうです。ご存じかもしれませんが・・・。

>アンヌ隊員
現在、我が家ではなぜかウルトラ・セブン・ブームで、夫が最終回2回分の話を延々としてくれて、
もう大変なんですが、それだけでは気が済まないらしくて「あれは見なくちゃ!」といって、
たった今ビデオ屋さんに行ったところです。あるかなぁ〜?



02/04/07 19:28:10
名前:
にいはお

コメント:
*朝テレビで見た「江戸の牙」(故・天知茂主演!)に出ていた綺麗な女優さんに
 見とれ、エンディングテロップで「三浦リカ」という名前を探し当てる。
 これがことの起こり。
*これをキーワードに検索を始めたら、ポロポロと関係サイトが・・・。その中に
 「NHK少年ドラマシリーズ」なるサイトが。ここから転落が始まる。
*この関係サイトをしばらく眺める。古手川祐子や斎藤友子の記憶はあったが、
 まさか紺野美沙子まで関係していたとは。なお私は男だから本来どうでもよいのだが
 出演した男優までいろいろチェックしてしまう。
「ユタとふしぎな仲間たち」と「つぶやき岩の秘密」はぜひもう一度見たいなあ。
 慌てて原作まで買ったくらいだしなあ、昔。
 このサイトからあの、「元祖・時をかける少女」の主演が「浅野真弓」なる人物であると判明。
*「浅野真弓」で検索をかけると、これがまた関連サイトがポロポロと。
 幾つか手繰っていくうちに、今度は「浜かおる」なるキーワードが見つかってしまう。
 これが何者であるか分かってしまったあなたは、とってもすけべえな人に違いありません。
*「浜かおる」関連サイトからとつぜん、アンヌ隊員こと「菱見ゆり子」のキーワードが
 見つかる。しかもなんと、公式サイトまである。行ってみたら・・・愕然とした。
 参考までにURL。http://www2.tky.3web.ne.jp/~boshichi/index.htm
 でも無理に、とは言いません。
*菱見ゆり子の公式ページからなんと「プレイガール」の公式ページのURLが見つかってしまい、
 そこから先は・・・・・!!!。

以上、サイバーストーカーの戯言でございました。 



02/04/07 02:28:59
名前:
J'rat

コメント:
 う〜ん、なかなか時間がかかっています。日本版プロモーション翻訳サイト。今夜はこの辺で寝よう...。

 あ、にいはおさん、メールいただきました! わざわざありがとうございました。なになに、もう、次の作品に取り組んでいらっしゃるんですね。楽しみです〜。次は何を聴かせて下さるんでしょうか?

 最近買ったCD、Elton John の "Reg Strikes Back"。これはポップで良かったです。
 あとは仔ラット用の「ルパン三世2」、「ドラクエV交響曲」、「ゲームボーイポケモンCD」。ブックオフで安いもんですから...。(^^ゞ



02/04/07 00:38:15
名前:
にいはお

コメント:
げげっ、公明の字が違う!
「孔明」が正解。
一発変換、頼むぜ、IME。



02/04/06 21:59:13
名前:
にいはお

コメント:
>店主様。ヨウ化銀とかを撒くやつでしょうか。
そう、それそれ。その通りですよ。
そうでもしなきゃ、去年の年末から今年にかけて、一回も降ってないもん、雨。
ほんとに、ヤバいんですよ、一国の首都なのに。

今日は風がものすごいです。
昔、諸葛公明は長江のほとりに祭壇を築いて大風を呼び、
あの有名な「赤壁の戦い」に勝利した、というが、
今日の風は・・・こりゃ誰かが雨乞いのつもりで風でも呼んでしまったか?
そんなばかな。



02/04/06 14:22:27
名前:
案山子

コメント:
>J’ratさん
どうされたんでしょうか・・・・。と書こうとした時に出現されましたね!予知能力なんでしょうか?!
年度末は、どこともバタバタするようですね。くれぐれも無理はされませんように。

>にいはおさん
エディの映っているアルバム、演奏には参加して無いんですか!!!
それって、「看板に偽りアリ」というか、「羊頭狗肉」というか・・・・・そんなんアリですか?
知らずに買ってたら、がっくりきたでしょうね。
「イン・ニューヨーク」っていうのは名前だけ聞いたことありますよ。
それとヴァイのあたりを探してみます。ありがとうございます。(その笑いは不気味だから止めてね)

機会を狙い澄まし、出来るだけさり気なく「ねぇ〜。アングラ来るのしてるぅ〜?」と、夫に言うと
「だめっ!!!!」っと、いきなり言われてしまいました。
「まだ、なんにもゆってへんやんかぁー!」(トホホ)
今回は、”一本勝負=気合い負け”ということで潔く諦めましょう。
クラシックの香りのする格好いいメタルという感じで好きなバンドなんですが・・・。
特にAngeis Cryに入っている「嵐が丘」は圧巻ですよ。
ケイト・ブッシュ・ファンの毛糸さんにも聴かせたい一曲です。興味のある方は是非、見に行って、
様子を教えて下さいませ。ただし、ウルサイの嫌いな方は×でしょうね。



02/04/06 12:20:22
名前:
J'rat

コメント:
>にいはおさん、
 人口雨ってなんですか? ヨウ化銀とかを撒くやつでしょうか。雨乞いじゃないですよね? (^^ゞ



02/04/06 12:19:36
名前:
J'rat

コメント:
 今日は土曜日、いいお天気です。さっき起きました。(^_^;

 なんだか立てこんでいてなかなか書き込めませんでした。明日はお仕事です。やれやれ。

 たっぷり寝たので、今夜はプロモーションの翻訳サイトの作業を再開するつもりです。がんばろ〜。



02/04/05 21:34:34
名前:
にいはお

コメント:
久し振りに人工雨が降りました、北京。

おかあちゃんから、面白い話を聞きました。
娘1号をアパート附設の病院(お医者さんは日本人)に
連れて行った時のこと。
娘が怖がってしょうがないので、お医者さん(若いです)が
「ほーら、これでも聴いて元気出して、出して!」とかけてくれたCDが、
以前何度か書いた李博士(イ・パクサ)のポンチャックのCD。
病院中にあのふざけた音楽が鳴り響いたとのこと。
おまけに先生は、それに合わせて娘の前で踊ってくれたらしく、
私は涙無くしては聞けませんでした、この話。
うちのバカ娘のために、そこまでやって下さったとは・・・。

まさかこの北京に、私以外にこんなCD持ってる人がいようとは。
これはひょっとしたら、プログレファンもいるのかも知れんなあ・・。

スターダスト・レビュー、「SOLA」を聴く。
「木蘭の涙」は悲しくも美しい歌です。
沢田知可子の「会いたい」や、松たか子の「桜の雨、いつか」といっしょで
「あなたが逝ってしまった」の歌なのですが、歌詞とはうらはらに
曲はどれも綺麗だなあ。



02/04/05 09:48:00
名前:
ふらじゃ

コメント:
ありゃ、連続書き込みになりましたね

今日も風が強いですね、北風なのでちょっと寒かったです。昨日は高速を走ってたのですが風にハンドル持っていかれて怖かったです。ってスピード落とせば良いのですが(^_^;

今朝の通勤のともはSPOCKS BEARDのオフィシャルブートでした昨年の「V」ツアーを録ったものです。
あまり大きな会場ではないみたいで客の反応がストレートで面白いです。ちょっと音のバランスが悪い所があるのが気になりますがブートとうたってあるので仕方ないですね



02/04/04 15:43:03
名前:
ふらじゃ

コメント:
あまりの天気のよさに頭がボーッとしてます。かなり思考力がおちてるみたい…春ですなぁ(気候のせいにするか)

シャキッとしようと通勤の友にしたのはドリシアの「Six Degrees of Inner Turbulence」の1枚目でしたまったくなにをしでかすか判らないので気を抜けません…とはオーバーですが、いったいどうやって演奏してるんやろう?と思わせる所が随所にあって聴くたびに驚いてます。



02/04/04 13:11:10
名前:
にいはお

コメント:
あ、大事な事を忘れておった。
ザッパ買い出すと・・・・・・・・・止まらなくなりますよ。
ふふふ。



02/04/04 13:09:10
名前:
にいはお

コメント:
J.ルーデスのサイト(www.jordanrudess.com)を覗いておりました。
この人って・・・・ライブでキーボード1台しか使わないんですね!?
誰かがすでに書いとったかも知れんが・・・まったく何やこの人は。

案山子さんへ。
エディの映っているアルバムは「ズート・アリュワーズ」です。
でも、エディを期待してこのアルバムを購入してはいけませんよ。
映っているだけで、演奏には参加していませんので。
エディがプレイしているのは「イン・ニューヨーク」と「スタジオ・タン」。
前者は全編、後者は一曲のみ。



02/04/04 10:04:49
名前:
案山子

コメント:
>ゆるげんさん
>ハンドル・ネームの由来をここで書いたのは初めてです。
ギルモア派のピンク・フロイド・ファンって、ついつい無口になる気がします。
HNをユルゲン・フリッツから取られたことは、もちろん気付いておりました。最初見た時
「おおおーーーーすごい人が来た!」と、声をかけるのも畏れ多い感じでした。
ユルゲンの音の大好きなところは芯がしっかり通っていて、柔軟性もあることです。
「何でも出来るぞ!」って感じで、パンクありレゲエありの「ロシアン・ルーレット」も
結構好きだったりします。(これ言うとヒンシュクものなんですが・・・)

>ロジャーのソロ
IN THE FLESHしか持って無くて、ライヴ前にずいぶん探し回ったんだけど、全然ダメでした。
「会場で買えばいいか!」って決めてたんですが、買ったのは「ヒッチハイクの賛否両論」だけ。
帰りの電車で、「全部買うべきだった!!!」と激しく後悔しましたが後の祭りです。
自分の貧乏性がこれほど情けなく思ったことはないです。

>フランク・ザッパ
買おう!買おう!と、ずーーーーっと思い続けて未だに1枚も買ってないという人です。
にいはおさんのスティ−ヴ・ヴァイのお話には爆笑!!!この辺りから手を付ける気になりました。
高校時代、エディー・ジョブソンを含むメンバーが並んでるジャケットのを人から借りたことがあります。
その時のことは、とてもよく覚えているのに、音が全く思い出せなくて、良かったのかどうか・・・・。
でも、もう一度聴いてみたいですね。

>DOKKENのページ
見せていただきました!なんと・・・・でも、これ以上話が長くなると大変なので我慢しておきます。



02/04/03 23:36:55
名前:
sphinx

コメント:
先日お花見オフで行ったDOKKENさんのページ、DOKKEN便りで我々のことに
ふれられております。http://page.freett.com/rudolph1/dokkenletter032325.htm
お礼の言葉と共にまた遊びにきてくださいとのこと。
また行きたいですね〜。



02/04/03 15:11:44
名前:
ふらじゃ

コメント:
>ザッパ
邦題は「ハエ、ハエ、カ、カ、カ、ザッパッパ」でしたね、単にジャケットのイラストで蝿叩きを振りかざすザッパと当時のCMを語呂合せしただけのもので中身とは関係無いものでした
じつは唯一所有してるザッパのアナログ盤なのですが、あまり聴き込んでないので全く印象に無いのです。今度実家に帰ったら聞いてみよっと



02/04/03 13:42:05
名前:
にいはお

コメント:
昨日に引き続き、今日もザッパの「THE MAN FROM UTOPIA」で
出勤しました。かつて邦題が「ハエ・ハエ・カ・カ・カ」などと
付けられていたアルバムです。

私の拙い英語力をもってしても、そうとうヤバイこと書いてあるな、と
いうのが分かるくらいのヘンタイ・フェチな歌詞にウルトラCの演奏力が
加わって、相も変わらずのザッパワールドが展開されています。
特に収録曲「THE JAZZ DISCHARGE PARTY HATS」が秀逸で、
フリースタイルのジャズビートに乗ってのザッパの語るような
猥雑なボーカルと、そのフレーズを完璧になぞるヴァイのギターが
たまりません。
昔、ヴァイとは知らずに初めてこの曲を聴いて、一体どこの誰が
こんなおバカ・超絶なことをやっているのか、とあきれ返ったものです。
後日、ヴァイであることを知り、あ、そうなの、とあっさり納得して
しまった次第。

なお私のような耳コピ・フェチには「TINK WALKS AMOK」「MOGGIO」の
2曲が用意されている、と申し上げておきましょう。



02/04/03 10:19:37
名前:
ふらじゃ

コメント:
今朝も良い天気になりましたが、ちょっと霞んでますねぇ、黄砂が飛んできてるのでしょうか?

今朝の通勤の友はFREEの「LIVE」でした。最近リマスターにボーナスを付けて出た物の1枚ですが、懐かしかったです。いかにもロックといった感じの音ですね、複雑な構成やフレーズなど皆無なのですがそのぶんストレートに感じます。まだ今回のボーナス部分は聞いてないのですが結構曲がだぶってました

>J'ratさん
ニュースレターの訳お疲れ様です。15分以上の曲が有るということでますます期待は高鳴るばかりです



02/04/02 20:26:52
名前:
にいはお

コメント:
春の北京名物、柳絮(りゅうじょ)の時期となりました。
わたが、ふわふわと、街中に飛んでいます〜。

あああ、火ィつけたい・・・・。



02/04/02 18:59:31
名前:
カスタム

コメント:
>J'ratさん

書き込み遅くなりました。
逆回転の件です。
「Spartacus」の逆は聴かれてどう感じましたか?
昔から色々なRockとか音楽を逆回転で聴いてましたが、「Spartacus」ほど逆にしても完璧な音楽は無かったです。
ユルゲン・フリッツ氏の緻密で天才的な才能としか言いようがないです。
もしかしたらユルゲン・フリッツ氏も僕と同じで、今まで色々な音楽逆回転で聴いてたかも知れないですね。
例えばクラシックとか譜面逆から弾いたりとか・・。
もしそうだとしたら「Spartacus」も譜面を両方から弾いて作った曲だったらして・・。

もしJ'ratさんが気に入ってもらえたならテープ消さずにずっと持ってて下さい。
たまに気分転換に逆も聴いてみてもいいと思いますよ。
僕なんかハマリっぱなしです。

オムニバスの件、良かったらしますので考えておいて下さい。



02/04/02 13:23:45
名前:
にいはお

コメント:
うぬ、またしてもふらじゃさんに先を越されたか。
(・・・それくらいに、しとけって)

今朝はF.ザッパの「YOU CAN'T DO THAT〜」シリーズ第5弾でした。
ホントにホントの「初期ザッパ」と、80年代ザッパのステージを収録したものです。
初期ザッパのKEYはイアン・アンダーウッドで、モーツァルトのピアノソナタなんかが
出てきて、なかなかに面白いです。69年だって。信じられない。

ザッパの元にはご存知のように有能なミュージシャンばっかりが集まっているのですが、
時代時代で特にザッパの片腕となったミュージシャン、というのがいて、
 イアン・アンダーウッド(KEY・初期ザッパ)
 フロ&エディ+エインズレイ・ダンバー(VO、DS・フィルモアマザース)
 ジョージ・デューク+ラス・アンダーウッド(KEY、PER・黒人マザース)
 テリー・ボジオ(DS、70年代中後期)
 ヴィニ−・カリウタ(DS、溺れる魔女期)
 スティ−ヴ・ヴァイ(G、70後期〜80年代初期)
 アイク・ウィリス(Vo、80年代通年)
などなど。これをまた芋づる式に探したりするから、プログレ系のファンの人って
いつも金欠状態になってしまうのだなあ。

あ、フロイド、いいな・・・・。
何でもいいからコンサート、行きたい・・・・。



02/04/02 09:54:34
名前:
ふらじゃ

コメント:
4月になったとたんに暖かくなってきましたね、今年は花粉が早かったけど症状が無くなるのも早かったような気がします。

さて、今朝の通勤の友はロジャーウォータースのソロ「死滅遊戯」でした。正直言ってかれのソロアルバムはあまり聴いてなかったのですが、先日のライブを見てから印象がガラッと変わってしましました。特にこのアルバムからは選曲も多かったので今聴くと格別な感じです。
それにしてもこの邦題はなんとかならなかったのでしょうか、わたしは故ブルースリーの映画「死亡遊戯」を思い出していけません。

そのウォータースのライブ凄く良かったです。1曲目‘In The Flesh’のイントロ聞こえた瞬間に身震いしたのを今でも鮮明に思い出します。ホールが新しいので音響も良いですし、席もゆったりしてステージも良く見える作りになってました。
案山子さんも書かれてましたが、良い感じに歳を取ってましてカッコよかったですね、フロイド時代よりもカリスマ性がアップしたかもせれません。けっこうステージの端から端へ動き回って客席とコミュニケートしてました。



02/04/02 00:38:21
名前:
ゆるげん
ホームページアドレス:
私のホームページへ

コメント:
皆様、こんち!

>案山子さん
意外ですね。ハンドル・ネームをピンク・フロイド関係から取るなんて。
ちなみに、私はユルゲン・フリッツからですが(モロ分かりすぎ^ー^;)

>J'ratさん
リンクしましたよ。でも、トリアン関係のお客さんは全然来ません。jikyuさんだけです。
超遅レスですが。
>PassportのInfinity Machine
>クレスは叩きまくっていますか?
「Pompeii」ほどでは無いです。全体的には、お行儀良いスタジオ・ミュージシャンをやってます。
でもタイトル曲「Infinity Machine」は結構鬼気迫るドラムが聴けます。
トリアンの「Viva Pompeii」の作曲クレジットにCurt Cressの名前があるので、もしかしたら「Viva Pompeii」は「Infinity Machine」の経験から、何らかのサジェスチョンをして作られたのではないか、と思うくらい雰囲気が似てます。
でも、これは私の主観的な意見なので、他の人がどう感じるか分かりません。



02/04/01 23:02:51
名前:
案山子

コメント:
うわぁ〜〜〜〜。やってしまいました。
ただでさえ、長文なのにごめんなさい!
ついでにもう一つだけ。「太陽賛歌」の時、わたしが出てきましたね。
「黒と緑の案山子」からハンドルネームを取ったのですが、これが又、見た目も似てるので、
「オーーー!わたしが居るぞ!」と、嬉しかったです。



02/04/01 22:52:28
名前:
案山子

コメント:
>にいはおさん
「みょ〜ん」のシンセ、ばっちり聴けましたよ!
これを聴くために、都会までシンセサイザーを買いに行って、もう大変で・・・・・と、いうのは嘘で、
Real Playerだったら大丈夫でした。でも、J'ratさんのお話を読んでたら気になりますよ。

>ロジャー・ウォータース
本当に素晴らしかったですね!今まで見た、最高のライヴかも知れない!
クリムゾンにも、これぐらいのサービス精神は欲しいなぁ〜〜〜〜。
演奏の良さも「ここまでやるとは、思わんかったぁーーー!!」と、いう感じでした。
これで、ギルモアのブルージーなギターとちょっと儚げな声があれば、完全に号泣してましたが・・・。
その、一歩手前ぐらいかな???

The Wallからの最初の曲、それから最後の方のComfortably Numbの3人のギターソロが
凄く気に入ったのが自分でも意外でした。
わたしは「狂気」から入ったせいか、この辺りが一番好きで聞き込んでるのです。
The Wallが出た時はすでにプログレが下火になってる時で、「なんだかドーーーンとヒットしたなぁー」
と、いう感じでそれほど、思い入れって無かったんですよ。(ちなみに私は大学生でした・・・)
でも、ライヴではここにかなり力が入ってた気もするし、とっても印象的でしたね。
もちろん「狂気」「炎」辺りで思いっきり陶酔しましたが・・・・。
それからソロの曲も、いつまでもメロディーが耳に残って、これも意外でした。
「やっぱりこれは最高に良かった!」部分+「意外に良かったやん!」の発見もあって、
ギターもギルモア・ファンのわたしでも許せる!と、いう内容。
トータルとしては「文句ない!」という感じです。
ロジャーも、昔よりも格好良くなった気がしません?(後光のせいかな?)
変なミラーボールのオバケみたいなの・・・・あれはメチャ気に入りました。おうちに一つ欲しいです!



02/04/01 22:52:39
名前:
案山子

コメント:
>にいはおさん
「みょ〜ん」のシンセ、ばっちり聴けましたよ!
これを聴くために、都会までシンセサイザーを買いに行って、もう大変で・・・・・と、いうのは嘘で、
Real Playerだったら大丈夫でした。でも、J'ratさんのお話を読んでたら気になりますよ。

>ロジャー・ウォータース
本当に素晴らしかったですね!今まで見た、最高のライヴかも知れない!
クリムゾンにも、これぐらいのサービス精神は欲しいなぁ〜〜〜〜。
演奏の良さも「ここまでやるとは、思わんかったぁーーー!!」と、いう感じでした。
これで、ギルモアのブルージーなギターとちょっと儚げな声があれば、完全に号泣してましたが・・・。
その、一歩手前ぐらいかな???

The Wallからの最初の曲、それから最後の方のComfortably Numbの3人のギターソロが
凄く気に入ったのが自分でも意外でした。
わたしは「狂気」から入ったせいか、この辺りが一番好きで聞き込んでるのです。
The Wallが出た時はすでにプログレが下火になってる時で、「なんだかドーーーンとヒットしたなぁー」
と、いう感じでそれほど、思い入れって無かったんですよ。(ちなみに私は大学生でした・・・)
でも、ライヴではここにかなり力が入ってた気もするし、とっても印象的でしたね。
もちろん「狂気」「炎」辺りで思いっきり陶酔しましたが・・・・。
それからソロの曲も、いつまでもメロディーが耳に残って、これも意外でした。
「やっぱりこれは最高に良かった!」部分+「意外に良かったやん!」の発見もあって、
ギターもギルモア・ファンのわたしでも許せる!と、いう内容。
トータルとしては「文句ない!」という感じです。
ロジャーも、昔よりも格好良くなった気がしません?(後光のせいかな?)
変なミラーボールのオバケみたいなの・・・・あれはメチャ気に入りました。おうちに一つ欲しいです!



02/04/01 21:43:38
名前:
ホイトル

コメント:
ロジャー・ウォータース、
ワタシは3/30(土)に観ましたが、
これまた本当に素晴らしかったです。
ふらじゃさんと飲んだライヴ後のビールもおいしかったです。
ふらじゃさんありがとうございました。
そういえばふらじゃさんの姿が掲示板にその後見えませんね??
ライヴ後昇天してしまったのでしょうか??

ライヴ盤「イン・ザ・フレッシュ」で予習してしまったワタシには、
選曲の意外性は全くなかったのですが、
その緻密なサウンドにはただひたすらに脱帽で、
見事な工芸品のような演奏を貫禄たっぷりにくりひろげる
ロジャーの勇姿は後光がさしているようでした。
(一部の最後には変なミラーボールのオバケみたいなのが出てきて
本当に後光がさしましたが...)



02/04/01 18:38:33
名前:
J'rat

コメント:
 昨夜は雷雨でしたが、今日は良いお天気でした。せっかく洗車したのにプジョー君はまた薄汚れてしまいましたが...。

>jikyuさん、
 いらっしゃいませ〜。そうなんです、トリアンヴィラートのCDが入手しにくくって申し訳ありません。例えばamazon.comで"Triumvirat"として検索していただくと2枚は出てきたりしまして、同様に他の通販業者や中古CD店では扱いもあるにはあるのですが、4月末にはリマスター盤が発売される予定ですので、しばらくお待ちいただいたほうがいいかも知れません。占いの結果をお聞きして一安心しております。ありがとうございました。

>5150さん、
 ロジャー・ウォーターズのライブ、すごく良かったんですね! そうですか、感動の嵐ですね。こんなに絶賛されるの、初めて拝見しました。案山子さんはいらっしゃいませんね...、、やはり卒倒してしまわれたのかもしれませんね? (^_^)

>らくだ志さん、
 らくださんは、シンクレアで大満足のご様子。本当に良かったですね! うらやましいですね〜、私もライブに行きたいです。最近行っていないので...。

>紀州の駱駝さん、
 YAHOO掲示板の情報、ありがとうございました! 私はYAHOO IDを忘れてしまって、長らく見ていませんでした。多くの方が知っていただけるとありがたいですね〜。私も何とか書き込めるようになるといいのですが...。

>kitさん、
 ジェイド・アンダーソンのCDシングルは車の中で聴きました。まさに最近の流行のポップスという感じですね。ヒットするのもうなづけます。もう若い方の間ではお父さんより有名でしょうから、そのうちYesのアルバムに「ジェイドのお父さんが歌を歌っているバンドです」なんて注釈が掲載されるようになるかも知れませんね。(^^ゞ

>にいはおさん、
 通勤レポート、ありがとうございました。私は今朝は珍しく音楽なしで出社しました。眠くって...。

 でも週末にドリームシアターの最新作を聴いていました。2枚組みの1枚目は1曲目でびびってしまいました。その後の曲は良かったです。2枚目はふらじゃさんがおっしゃっていたように、映画音楽のようでした。なんだかスタジオジブリを連想してしまいました。途中、オルガンやシンセなどがしっかり「なつかしいプログレ」していましたね〜。なんだか1枚目と2枚目で作風が大きく違うので、別々のアルバムとして1枚ずつリリースしても良かったのではないかと思いました。



02/04/01 13:19:29
名前:
にいはお

コメント:
・・・・ん〜っと、今日は、ふらじゃさん、居ないな・・。
・・・・やった、勝った!

今朝の通勤の友はJ.ルーデスの「ソロ、フィーディング・ザ・ホイール」でした。
バカ3乗の超絶テクについては、何も言うことはありません。なんやこの人はいったい。
「スティーブ・モーズ」がガンガンに弾きまくっている、とだけ申しておきましょう。
むっふっふ。

駐在員の友、NHK朝ドラが新たになりました。
野口五郎、太田裕美、浅田美代子、新井康弘(?)、小林亜星(??)等の
元ミュージシャン・歌手・音楽家が脇を固めているようですね。



02/04/01 10:27:47
名前:
kit

コメント:
おはようございます。kitです。

>J'ratさん
いつも訳文お疲れさまです。トリアンの新譜、本当にあともうちょっとで完成なんですね!
>JADE ANDERSON
昨日、新宿のタワーレコードに行ったんですが、無料配布の雑誌の巻頭にインタビューが載ってました。
他にも、色々な音楽雑誌に紹介が載ってるみたいですね。
どの紹介も、枕詞が「ロックバンド・イエスのボーカリスト、ジョン・アンダーソンの娘で…」と始まるので、現在知名度・売り上げ共に減少気味のイエスの知名度が少しでも上がってくれれば、と思ったりしてしまいます(^^;

>シンクレア&ウォータースライヴ
どちらも、見に行かれた方は皆満足な内容だったようですね(^^)
フロイドは、先日特集番組を見てフロイドのライヴ映像(ギルモアの方ですが)を見たくなり、探してみたんですが、今って「光」も「パルス」も出回ってないんですね。昔は近所のレンタルビデオ屋にも置いてあったんですが…。
シンクレアさんの方は、先日日本のミュージシャンとセッションも行われたみたいですが、新譜に繋がる内容だと良いですね。

今日は、Return To Foreverの「第七銀河の讃歌」を聴いてました。演奏が熱くて素晴らしいですね。



現在のフォーラムへ | トップに戻る | 過去ログのインデックスへ


 DiscographyBiographyIntroductionPersonnelForumOfficial SiteJ'rat Home