J'rat Forum
 DiscographyBiographyIntroductionPersonnelForumOfficial SiteJ'rat Home
2002年3月のログ

現在のフォーラムへ | トップに戻る | 過去ログのインデックスへ


02/04/01 01:31:06
名前:
J'rat

コメント:
 ようやくニューズレター#5を訳しました。ご覧くださいませ。
----------------------------------------------------------
Triumvirat-Newsletter 02-03-27 (Ed. #5)
トリアンヴィラート・ニューズレター 2002年3月27日(第5号)
--
「全ての私たちの友人への手紙」
--
 ちょうど最初から一緒にいた人たちはおそらく、トリアンヴィラートについてたくさんの質問を持っているでしょう。
 私たちは、「ザ・ウェブサイト・ストーリー」の序曲からの抜粋「ジャスト・ア・フェイス」をフィーチャーした予告編を提供しました。そして次に、ユルゲンとグラントが自己紹介し、トリアンヴィラートの発売間近のアルバムはどのようなものなのかという大まかな概略を説明した短いフィルムをご覧いただきました。三番目は「セレブレイション」という歌の、歌詞のアニメーションでした。これは謎だったでしょう?

 今後数週間で、私たちは www.triumvirat.tv に楽しいものを追加してダウンロードできるようにします。もちろんそれは、いくつかの音楽、より多くのビデオクリップ、現在制作中の写真、このニューズレターのような情報、そして「ザ・ウェブサイト・ストーリー」自体の台本などです。
 生中継のウェブ・インタビューも目前に計画されています。もし私たちがこのアルバムの意図を十分明確に説明できていないようでしたら、すぐに質問を書き始めてください!

 私たちは「コンセプト・アルバム」として、レコーディングを進めてきました。現時点では、これが「流行り」でないという事実は良くわかっています。そうです、私たちは「流行り」ではありません。でも構わないのです。私たちは、自分たちの得意な方法で曲を作り演奏するタイプのミュージシャンです。つまり15分以上の長さを持つ音楽を作り、演奏するというわけです
 トリアンヴィラートは決してシングル・ヒットのバンドではありませんでした。私たちは「ザ・ウェブサイト・ストーリー」が、完成後何年たっても楽しむことができるような誰かのお気に入りのアルバムになることを望み、目指しています。
 これをお読みのみなさんのいくらかは長い間のトリアンヴィラート・ファンで、これが何を意味するかを全てお分かりのことでしょう。また「新しい人たち」は私たちに素晴らしいフィードバックを与えてくれることでしょう。
 私たちは同じ言語を話しているような気がします。私たちが日本にいても、メキシコや米国やオーストラリア、英国やドイツなど、どこにいてもです。

 トリアンヴィラートの公式サイトが今後数週間以内に公開されます。そのすぐその後で、私たちはアルバム「ザ・ブック・オブ・ライフ、デジタル三部作、ザ・ウェブサイト・ストーリー」をリリースするつもりです。それまでは、この予告サイトがあなたに私たちの活動の最新情報をお知らせします。
 ちょうど今、私たちはミキシング・ステージにいます。シンガーやプレーヤーたちはこのビルを去って、ユルゲンとグラントだけが残ってコンソールのつまみをいじっています。私たちの赤ん坊を巨大で邪悪な狂気のロックンロールの世界に送り出す前に、妖精の粉を振りかけているのです。
 私たちは、私たちが作ったものにとても興奮しています。このウキウキした気分を皆さんにもお伝えしたいと望んでします。

 今は皆さんのサポートに感謝を述べ、www.triumvirat.tv と接触を保ってくださいと言うばかりです。皆さんからの反応を楽しみにお待ちしています。

 皆さん全員に平和と愛と幸福がありますように。

ユルゲン・フリッツ & グラント・スティーブンス

--
このニューズレターの以前の号を受け取っていない場合は、トリアンヴィラート・ニューズレター・アーカイブでバックナンバーを読むことができます。http://www.triumvirat.tv/news
--
このニューズレターの受け取りを希望しない場合は、あなたのメールアドレスで空のeメールをいかにお送りください。unsubscribe@triumvirat.tv
--
http://www.triumvirat.tv
トリアンヴィラート公式ウェブサイト
ニュー・アルバム「ザ・ウェブサイト・ストーリー:デジタル三部作ザ・ブック・オブ・ライフ、パート1」に関する全てについて...
あなたの質問やご意見・ご提案を、ウェブマスターにお気軽にお寄せください。webmaster@triumvirat.tv
--
side by site ウェブサイト
http://www.sidebysite.de
--



02/04/01 00:46:47
名前:
紀州の駱駝

コメント:
>らくだ志さん。
いや〜、ほんとによかったです。シンクレアさん!
リハ不足はあったかもしれませんが、あの「声」を生で聴けるだけで大満足でしたよね!
ところで、東京では「O Caroline」をアンコールで歌ったとか…、羨ましい限りです。
それから、開場で販売してた『Live Tracks』これも抜群に良いです。彼の魅力がいっぱいで、聴けば聴くほど今回のライヴを思い出させてくれます。
「Winter Wine」、私にとってシンクレアさんのヴォーカルでは最も好きな曲のひとつです。やっぱり最高〜でした。(歌詞を2箇所間違ってましたけど…^^;)
また、いずれコンサートでご一緒したいものです(^o^)丿。

>J'ratさん。
シンクレアさんのことばっかり書いてしまって恐縮ですm(__)m。
ご存知かもしれませんが、「Yahoo!掲示板」の「プログレッシブ」の『シンフォ・クラシカルロック名盤教えて。』でTriumviratのリマスター&新譜の話題が出ています。J'ratさんのHPも紹介されていますよ!
http://messages.yahoo.co.jp/?action=topics&board=1835145&type=r&sid=1835145



02/03/31 23:32:09
名前:
5150

コメント:
そうそう、どうでもいいことですが、
野口五郎がわたくしの前の席にいました。
う〜〜〜〜〜〜ん、前にもこいつに会ったことがあるぞ。
たぶん代々木でみた「Balance」んときのヴァンヘイレンだと思う。



02/03/31 23:24:34
名前:
らくだ志

コメント:
明日から4月ですね〜。
気が付いたら社会人3年目に突入。
ま、気ままに頑張ります。


>紀州の駱駝さん

R・シンクレア、本当に最高でしたよね〜♪
私も一週間前に南青山で見ましたが、「ヴォイス・オブ・カンタベリー」
は衰えていませんでした。
あの不思議な優しい歌声はまだまだ健在で、あの場にいた観客全員が
彼の歌声に酔いしれてました。
大阪では私の大好きな「Summer Lightning」を歌ってくれたのですね!
う、羨ましすぎる・・・。
東京では、アカペラで「田園の日曜日」と「TELL ME」を歌ってくれました。
ワンコーラスだけでしたけど、かなり感動ものでした。
バンド編成での演奏は言うまでもなく素晴らしかったですね。
やっぱ生「WINTER WINE」はいいですね〜♪
この一曲が聴けただけでも幸せ!

カンタベリーブームもこのまま勢いに乗って欲しいですね〜。
キャメルの再発も楽しみです。



02/03/31 23:23:00
名前:
5150

コメント:
いやー・・・・行って来ました。
日程は全部終わってますから書いてもいいですね。

あのIn the fleshの「ぐぉ〜〜ん!ぴゃ〜〜!!ぐぉ〜〜ん!ぴゃ〜〜!!」
のイントロを聴いただけでもうもうもう感涙にむせび失神しそうになりました。
ロジャーが、ロジャーが・・・目の前にぃぃぃぃぃぃぃっ!
思えば「Wall」聴いたのって中学生のときだったっけ、当時はMTVもなかったんだよぉ、
動いてるロジャーが観られるなんて、俺は俺は俺は俺はもう・・・・。
あまりにクリアな音で演奏される曲が4曲目まで来ると、すでに涙出過ぎて脱水状態の半死半生状態となり、
「ドッグス」と「炎」(しかも全曲)で、息も絶え絶えになりながら、ふと両隣の人を観ると、
ものみなすべて同じように恍惚としておりました。
嗚呼素晴らしきかな70年代・・・いやな快感の共有ですなあ。
ここで休憩入ってよかったです。入ってなかったら、わたくしマジで死んでました。

今から十年以上前に観たフロイドもどきで「吹けよ風」のときに豚が出てきたとき、
「なめてんのかコラァ!」と思った若かりし憤りが嘘のようです、ハイ。

第二部は「狂気」だぁ!!もうダメだあ!
圧倒的にフロイドの曲中心らしいとは聞いてましたが、
文字通り聞きしに勝るとはこのことだなあ。
これで「原子心母」なんてやられたら、俺もうここで死んでもいいやあ、と思いましたが。
途中ソロからの曲が入ったので、多少冷静さを取り戻してステージを観ると
そこにはすっかり老けこんだスノーウィ・ホワイトが・・!!
お前ギルモアんとこにも首突っ込んでたな。コウモリか君は。
そういや昔Thin Lizzyで来日して学ラン着てステージに立っていたっけな。
若気の至りだね、君も。僕も。

いやー・・・もう泣けた・・・。
わたくしがこれだけ泣けたんだから、大阪で観た案山子さんなんて号泣ものだったでしょう。



02/03/31 17:07:27
名前:
jikyu
ホームページアドレス:
私のホームページへ

コメント:
こんにちは〜。トリアンヴィラートのCDをタワーレコードで探してみたら、ありませんでした。残念。アーティスト名のプレートもなかった・・・。
さて、リマスターと新作のリリースを、いまちょっと占ってみました。「雷火豊」という卦がでました。作物が実を結ぶことを示す、おめでたい卦なので、きっとリリースされますよ。
楽しみですね。あたるも八卦、あたらぬも八卦・・・。



02/03/31 02:07:03
名前:
J'rat

コメント:
 米国の公式サイトのRussにメールを書いていたら、こんな時間になってしまいました〜。ちょっとしたおしゃべり程度でも英作文は苦手です...。

 今日はとってもいいお天気でした。早めに起きて妻ラットと仔ラットを公民館の囲碁クラブに連れて行きました。先週の囲碁教室で入会を決めていたのです。初老のおじさんを相手に対局をさせてもらったそうです。9目ハンデをもらって勝ってしまったそうで、大喜びでした。
 妻ラットのほうが囲碁のセットを欲しがるので、デパートに買いに行きました。囲碁盤だけ買ってもつまらないので、わざわざ柏の店に行くことにしました。久しぶりにdisk unionに行きたかったからです。
 柏店はいつの間にか、独立していたaudio unionが一体になって、狭くなってしまっていました。プログレの中古LPが見当たりませんでした。でも、欲しかったドリームシアターの2枚組みをやっと手に入れることができました。ついでに中古でAnyone's Daughterの"Neue Sterne"とEloyの"Power and the Passion"を買いました。
 帰りに通りがかった新星堂で、Jade AndersonのCDシングルを2枚買いました。父親のJonとは似つかない音楽らしいですが、1枚500円だったものですから...。(^^ゞ
 夕方には昨日の嵐で汚れていたプジョー君も洗ってやれたので、良い一日でした。

>カスタムさん、
 テープ届きました! さっそく聴かせていただきました。逆回転というのは初めてですが、なるほど意外とちゃんとした音楽に聴こえるものですね。なんとなくプログレに聴こえるのも不思議ですね〜。他の音楽ではこうは行かないのでしょうか? だとするとさすがはトリアンヴィラートというわけですね。
 他に録音してくださったカラオケバージョンや、カスタムさんの演奏もとても楽しめました。どうもありがとうございました。

>ゆるげんさん、
 新しいホームページ、拝見しました! 「宇宙一」のスパルタカス評価、何度見ても素晴らしいですね。トリアンヴィラートの宣伝、よろしくお願いいたします。リンクは大歓迎です。私のほうもリンクさせていただきます。実は以前リンクページの更新に失敗してたいへん失礼しておりました。HTML苦手なんです...。(^_^;

>にいはおさん、
 「みょ〜ん」のシンセは、私の環境ではちゃんと再現されていると思います。MIDIの表現力は音源に大きく左右されるんですね。外部音源を入れた甲斐がありました。
 全然違う問題ですが、私のMU500は再生には良いのですが、デジピアノに接続して音を鳴らそうと思ったらとても不便なことに気が付きました。それは、ディスプレイやスイッチがないので単体で音色のセットができないためです(PCを繋げればXG-WORKSを使ってできるようですが)。仔ラットが「きらきら星」をデジピアノ内蔵のチャーチオルガンやハープシコードで弾いて喜んでいるので、本格的なシンセサイザーの音を出して驚かせようと思っているのですが、演奏用にもう一台買わないといけないんでしょうか? とほほ...。

>案山子さん、
 できれば一度ハードウェア音源でお聴きになれると良いのですが...。にいはおさんのがどのくらい凄いのかと言いますと、楽器の音はトリアンヴィラートとほとんど遜色ないほどなんです。大袈裟ではありません。ソフトシンセサイザーの時も素晴らしいと思っていたのですが、最近外部音源に変えて、オーディオ的な鑑賞にも十分堪えるクォリティになって本当にびっくりしています。ソフト音源とはただの音質だけでなく、エコーや微妙な演奏のニュアンスも違うんです!

>紀州の駱駝さん、
 シンクレアさんのコンサート、堪能されたようで良かったですね! ライブだけでなくご本人と密接なコンタクトができたとは羨ましいですね。それに奥様も楽しまれたとのことで、本当に申し分のないコンサートになりましたね。遠路はるばるの上に夜遅くまでの公演だったようでしたが、クルマで行かれたのでしょうか?

>Woogさん、
 メールありがとうございました! 新譜プロモの「セレブレーション」の私の誤訳のご指摘、とってもありがたいです。なるほど、こう訳すんですか!! 意味が良く通って、すごい納得してしまいました! さすがWoogさんです。訂正版は、現在作っている(すみませんまだ準備中なんです)j-rat.comで、できるだけ早く公開させていただきます。本当にありがとうございました!!



02/03/30 02:22:08
名前:
紀州の駱駝

コメント:
行ってきました、リチャード・シンクレア大阪公演。
最高です! 感激もんです!! さすが「ヴォイス・オブ・カンタベリー」(^○^)

妻駱駝と開場時間の1時間前に行って並んでたのですが、5時半頃にリハーサルが終わったリチャードさんがブランデー(?)を片手に宿泊の部屋を見に行くために出てきてのですが、他に並んでた人もいたのですがなぜか私と妻駱駝のところに歩いてきて、なんと!彼から声をかけてくれたんです。予想外の出来事にあせってしまい、ほんの一言声をかけるのがやっとでした。^^; 妻駱駝は私よりも英会話ができるので、そこそこしゃべってましたが…。
早くから並んでたので、私たちの座席はリチャードさんにかぶりつき!おかげで彼がオフ・マイクでしゃべってたことも聞き取れてラッキーでした。
ライヴは、開演の8時になる数分前に(照明もBGMもそのままの状態で)いきなりリチャードさんが出てきて、第1部のアコースティック・ライヴが始まり、途中約15分の休憩。2部はサポートメンバーであるトリオ・ロス・オパビノスが15分ほど演奏をしてから、予想通り11時まで全体で3時間ありました。
1部のアコースティックでは9曲やったのですが、そのうちの2曲は日本のSIX NORTHと言うグループ(詳細は知りません^^;)のヴォーカルの浦千鶴子さんが参加し、2人でスキャットをはもっておりました。これもなかなか良かったです。1部の最後にはCamelの『Breathless』から「Summer Lightning」をCDをバックに歌っていました。
彼のヴォーカルはそれだけで十分素晴らしいのですが、「舌レロ」「指レロ」「うがい」といろんなバリエーションを生で聴けて感激しました。
2部のバンドでの演奏は、サポート・メンバーのテクが光ってました。
途中、リチャードさんが譜面台を倒してしまい曲順がわからなくなってしまったので、曲が終わるごとに次の曲をキーボードの清水一登さんに確認してたのが微笑ましかったです。
最後の曲である「Halfway Between Heaven and Earth/It Didn't Matter Anyway」やるときには、リチャードさんが「まだ、時間は大丈夫?」と気にしてたのですが、清水さんが「やりましょう!」と言い切って無事に演奏が始まりました。なんだかリハーサルを見てるようで、とても和やかなライヴでした。
アンコールは1曲だけでしたが…(;_;)。リチャードさん曰く「もうアルコールの時間だから最後だよ。」
でも、アンコールの「What's Rattlin'」が終わった後に楽屋にも戻らず、その場で愛想良く皆にサインをしてました。勿論、私も一言二言しゃべってから彼のCDにサインしてもらいました(^^)。
妻駱駝も、クラシックの以外では久しぶりのコンサートだったのですが大変満足したようで、私も大いに楽しめました。
来年も、是非来て欲しいぞ〜! (長文失礼しました〜。)



02/03/29 22:05:15
名前:
カスタム
ホームページアドレス:
私のホームページへ

コメント:
>J'ratさん、他の皆さん。

兄ゆるげんが別のHPの紹介してましたが、実はそれ以上前に僕も別のHP作成してました、かなり内容もまとまってきたので、僕の別のHPの紹介もしときます。
もうひとつのHPは訳あって「カズ」名義で登録してます。
音楽やゲームをメインにしたHPなので良かったら遊びに来て下さい。

CDやゲームの評論とかも掲載してるので少しは気分転換になると思います。

>J'ratさん

そろそろテープ届くと思います。
聴いた感想楽しみにしてます。



02/03/29 20:10:07
名前:
ゆるげん
ホームページアドレス:
私のホームページへ

コメント:
えー、皆さん、ご無沙汰しております。
ここのところ忙しくて書き込みが出来ませんでした。
でも、掲示板はちゃんと毎日チェックしてますよ。

>jikyuさん
さっそくのご訪問ありがとうございます。ここのサイトは日本一トリアンヴィラートに詳しいサイトです。ってゆーか日本に一件しか無いけど(笑)。分からない事があったらドンドン質問してください、律儀な皆さんが答えてくれますよ。

>J'ratさん
以前メールで話した「例の件」、私ひとりでは出来なかったので(機材などが揃ってないので)弟カスタムにお願いし、送らせて貰いました。色々予定が変わって申し訳ありません。

最近、DreamCityで新しいHPを作りました、まだ未完成でコンテンツも揃ってないですが、良かったら遊びに来てください。実はjikyuさんは、その新しいHPのお客様でした。
JURGEN'S WEBSITE
http://dreamcity.gaiax.com/home/jurgen
それと、J'ratさんにお願いがあります、リンクをしてもよろしいですか?



02/03/29 20:09:12
名前:
案山子

コメント:
ふらじゃさん!すみません!酩酊状態で書き込んじゃダメですね。
・・・・いえ、飲んでた訳じゃないんですが。
またまたおかしな事書いてしまいました!一人で馬鹿受けしてちゃダメですね。ごめんなさい。

>にいはおさん
「みよ〜ん」のシンセの音?「みよ〜ん」のシンセの音?・・・・といいながら聴き始めるのですが、
音楽に聴き入って「良いなー!」と思っているうちに分からなくなって、
で又聴いて・・・・と、かなり集中して3回繰り返しましたがよく分からない!
で、オリジナルを2回聴きました。2番目のボーカルのテーマが終わってドラムが入って、
「みよ〜ん」のシンセの音が入りますよね。その後のシンセのソロでも随所に
「みよ〜ん」が入って最後に又派手な、「みよ〜ん」で格好良く終わりますよね。
「これだな!!」と又2回MIDIを聴き直しましたが、
わたしのパソコンで聴くとそこは揺れの無い音に聞こえます。
わたしは凄く満足しているのですが、どこまでにいはおさんの意図がパソコンに反映されているのかは、
少し不安になってきました。やはり、録音して貰った方が確実なのでしょうか?

>通勤レポート
カンサスのMASQUEでした。



02/03/29 13:19:12
名前:
にいはお

コメント:
くっそお、ふらじゃさんに負けずに私も朝の通勤の友レポートを・・・。
(・・・なぜ競う?)

今朝はキーマガ2月号に付いていた付録CDでした(???)。
フェンダーローズの特集が組んであって、いろんな音色や
デモ曲がいっぱい入っていました。
他に新発売のシンセのデモ曲も入っていて・・・・欲しくなっちったじゃねえか。
こんなCD、聴くんじゃなかった。

>案山子さんへ
お聴き下さって(・・・だよね、たぶん)ありがとうございます。
オルガンソロは一発手弾きで録音しましたが、
シンセのソロはかなりエディット(あとでいじくること)しました。
「みよ〜ん」のシンセの音を出すようにいじくっているのですが
どうかちゃんと聞こえていますように・・・。



02/03/29 11:28:45
名前:
J'rat

コメント:
 今朝は雨です〜。今夜は激しく降るという予報です。ここのところ寒さが戻ってきてしまいましたが、ぱっと晴れて欲しいですね〜。で、今朝はYesの "Ladder" を聴いてきました。明るくて良いです! やっぱり大好きです〜。次作はこの路線に戻ってくれませんかね〜。

 昨夜は夜更かしをしてしまいました。ニューズレターの返事を書いていたのです。ユルゲンが聞きたがっていた感想をたっぷり書いておきました(もう褒めること、褒めること!)。あと、発売の概要やライブの予定など、いくつか質問も。英作文は苦手なので2時間もかかってしまいました。(^_^;
 エネルギー切れのため、ニューズレターの翻訳は後回しにさせていただきました。土日にやりますので、お許しくださいませ。

>案山子さん、
 「血気の軍団」、いっしょに歌いましょう! ♪あいるび〜や、が〜いど、そ、じょいんみ、あんふぁいっと! (止まらないので、以下省略させていただきます)
 でも実は歌詞がいまいちあやふやです。新譜のプロモビデオみたいにFlashで歌詞つきカラオケ作れるといいですね〜。(タイヘンそうですけど)

>jikyuさん、
 ようこそ、いらっしゃいませ〜! ゆるげんさん、ご紹介ありがとうございます。掲示板で浮かれて歌ってしまう私ですが、どうぞよろしくお願いいたします。
 ホームページ拝見しました。占いをされるんですね? 実は占っていただきたいことがあるんです。トリアンヴィラートのリマスターと新譜はちゃんと出るでしょうか?(おいおい>私。すみません、冗談ですのでお気になさらないでください) あきれないでまた遊びに来てくださいね〜。

>yeszanmaiさま、
 申し訳ございません!! そうです「ブラジル三部作」ですよね! 穴があったら入りたいです。ご指摘ありがとうございました。

>3/25→4/1→4/8、
 1週間ずつ微妙に延びているんですね。なんだか不思議な気がしますが、ずるずると延びるとしたら不吉ですね。日本のほうが早くなったりして...。私は日本盤にしようと思います。ありがとうございました。

>ふらじゃさん、
 次のオフ会はカラオケですか! 高円寺(でしたっけ?)の「プログレ」ってお店にも行ってみたいですね〜。ケルンでオフ会っていう手もありますが...。ユルゲンに、行くからライブの予定を早く教えてって言っちゃいました〜。 sphinxさん、Woogさん、いっしょに行きましょうね!

 明日はホイトルさんとデートですか。いいですね〜。私は残念ながら行けませんが、目いっぱい楽しんでください! 飲み過ぎて終電逃さないようにお気をつけて...。



02/03/29 10:12:22
名前:
ふらじゃ
電子メールアドレス:
メールはこちらまで

コメント:
今週は晴れが長続きしないですねぇ、おかげで昼の散歩もままなりません。暖かかったり寒かったりと体調を崩しそうです。

今朝の通勤の友は昨日に引き続きCARAVANの「CUNNING STUNTS」でしたアルバムの構成が昨日の「グレイと…」に似てるのに印象が全く違いますね、同じバンドと思えないくらい音が変わっているとは言い過ぎですが、こちらのほうがストレートな音といった印象です。

>アーガス
案山子さんyeszanmaiさんレスありがとうございます。
今回の30周年記念UK盤にはUFOの絵がきれいに消されてました。もともとUFOの無いバージョンのジャケット
があったかもしれないと思えるほど見事な消し方でした

>トリアンのカラオケ
きっと空中でドラム叩いたり、キーボード弾いたりするんでしょうねぇ…楽しそうです。こんな事を書いてると「次ぎのオフ会はカラオケ屋さんにしましょう」などと言い出しそうですね(^_^;

>ウォータース
今日から東京で3日間ですね、私は明日行きますが明日は開演が早いのでまっすぐ帰れば大丈夫なのですが、ライブ後ホイトルさんとミニオフを予定してますので結局終電かも…
当日都合のよろしい方はご一緒しませんか?ライブは8時頃終わると思いますので会場近辺で飲みたいと思います。もしよろしければメール下さい



02/03/29 03:42:07
名前:
yeszanmai

コメント:
>キャメルのボーナス付きりマスター盤
どんどん発売日が伸びていますね。
最近でも3/25→4/1→4/8
日本盤の紙ジャケも4/10に延期ですし。
紙ジャケは切りがないので、廉価のUK盤を購入することにしました。

>W・アッシュ
『アーガス』のUFOは紙ジャケではちゃんと確認できます。

>モラッツ
『i』、『アウト・イン・ザ・サン』、『パトリック・モラッツIII』はアフリカじゃなくて
「ブラジル三部作」ですよね。
ELPのレコーディングが終わらなかったために、次を予約していたイエスは『究極』が
録音できなくて、モラッツは抜けてしまった訳ですが、
モラッツ入りの「アウェイクン」を録音して欲しかった。残念。



02/03/29 03:34:22
名前:
jikyu
ホームページアドレス:
私のホームページへ
電子メールアドレス:
メールはこちらまで

コメント:
はじめまして。ついさっきTriumviratのことをjurgenさんのHPで初めて知り、とても興味を持ったので掲示板に書き込みしたところ、こちらを紹介していただきまして、さっそくやってまいりました。こ、こ、こ、こ、これは・・・7枚のドイツ盤の4/30再リリースが楽しみですね。ぜひ聴いてみたいと思います。タワーレコードとかで探して手に入るものなんでしょうか? もっといい探し場所があったら、アドバイスいただけたらうれしいです(よければ「あそこにあったぞ!」とかも)。いや、よく考えたら、またこのHPにくれば話が早いですね。そうだ、そうします。リンクしてあるところも今度たずねてみますね。ではまた。



02/03/28 22:31:49
名前:
案山子

コメント:
>"The School of Instant Pain"
の、MIDIがいつの間にか出来てる!!!。嬉しいですね。
好きですよ!この曲。このグループは、やっぱキーボードですね。この一言に尽きます。
確か、J'ratさんもこの曲「歌えます!」って仰ってませんでしたっけ?
オフ会にカラオケ大会をして、Triumviratの曲を、片っ端からみんなで歌ったら楽しいでしょうね。
問題点は、歌の部分が少ないことでしょうか?ドラムも持っていきますか?

>ふらじゃさん
>「アーガス」裏ジャケにUFOの絵があったと思うのですが、紙ジャケはどうですか?
黒い布の上に赤い宝石をはめ込んだボタンのようなものがある写真なんですよ。
それで、これを見た時凄く違和感を感じて・・・・・表とつながりの写真じゃなかったのかなぁーって、
でも、それはきっとウィッシュボーン・アッシュの「アーガス」と混同してるに違いないって・・・
悩んでたところなんです。UFOの絵は記憶にないから、いずれにしてもわたしの記憶違いかな?

>今回のウォータースはどうでしょうか?
どーーでしょーーーかぁ♪
一つだけ、確かなこと。長いです!休憩はさんで3時間。帰りの時間にくれぐれもお気を付け下さい。



02/03/28 14:18:32
名前:
J'rat
電子メールアドレス:
メールはこちらまで

コメント:
 昨夜は嵐でした。「春の嵐」という感じで、一晩中強風が吹き荒れていました。今日は一転してよいお天気です。久しぶりに disk union にでも行きたいのですが...。

 今朝がた、triumvirat.tv からニューズレター(No.5)が届きました(新譜のメールニュースにサインアップしていない方は http://triumvirat.tv にアクセスしてメールアドレスを登録してください)。
 今回のメッセージも直筆のものです。文章から推察するにグラントではなくユルゲンが書いたような気がします。新譜は現在ミックスダウン中で、数週間以内に新しい公式サイトが公開された直後にリリースされるとか。いよいよですね!
 ユルゲンはしきりに皆さんからのフィードバックを欲しがっています。文中では日本のことも言及していますね。ひと言でも結構ですのでぜひ返事を書いてあげてください。ニューズレターに返信するとユルゲンとグラントが見てくれます。英語が苦手なら日本語でもいいかもしれません。私に訳すように言ってくるかもしれませんから。あ〜、私宛てにメールをいただければ訳してお送りしますね。(^_^)
 ニューズレターの全文はできるだけ早く翻訳して、ご覧いただけるようにいたします。がんばろ〜。

>通勤レポート、
 「トントン。え、こんなに? 朝剃って来たばかりなんだけど」って大げさな髭剃りの宣伝じゃないですか? 音楽の話ですね。私は久しぶりにYesの「マグニフィケーション」を聴いてきました。YFFC のライブレポートや投稿記事で取り上げられていたからです。改めて聴くと...。ゴメンナサイ、やはり私は相性が悪いようです。(^_^;

>カスタムさん、
 ありがとうございます! 逆回転、楽しみにお待ちしております。もちろん感想を述べさせていただきますよ〜。

>Woogさん、
 シンクレアさんは上品なイギリス英語なんですね。さすがカンタベリー?
 そうそう、私の「セレブレーション」の訳に関するご意見をお聞きし忘れていました。翻訳のおかしな点、ぜひぜひ教えてくださいませ。

>ふらじゃさん、
 初期キャメルのリマスター、延期ですか? 「ミラージュ」買わなくっちゃと思ってます。...持ってないんです。おいおい>私 (^^ゞ

>にいはおさん、
 カンサスの写真は怖いですよね〜。なんでそんな怒ったような顔をしないといけないんでしょう? バイオリンはかっこいいです!



02/03/28 09:54:07
名前:
にいはお

コメント:
ふらじゃさんに負けずに、私も通勤の友レポートを。

カンサス「SOMEWHERE TO ELSEWHERE」で出勤しました。
中ジャケのメンバー顔写真は相変わらず寝起きの心臓には悪いですが、
曲はなかなかです。一曲目「イカルス供廚遼粗からロビー・スタインハートの
バイオリンが聴こえて来て「ああ、復活!!」と思わせてしまうところなんか
憎い演出、と言えましょう。



02/03/28 09:41:45
名前:
ふらじゃ

コメント:
昨日とは打って変わって良い天気になりました。朝方は寒かったですが昼間は暖かくなりそうですね、散りかけてた桜も一安心といったところでしょうか

今朝の通勤の友はCARAVANの「ピンクとグレイの地」でした。通勤電車の窓から見えるビルの谷間にみえる桜の風景がこのタイトルにマッチしてました。音のほうも春っぽいほのぼのした感じで良かったです。けっこう初期CAMELとイメージがだぶるのはリチャードの声のせいかなと思ってましたが、キーボードの音色のせいだと気がつきました。

その初期キャメルのボーナス付きリマスターは発売が伸び伸びになってますね、当初予定が2月だったので2ヶ月ほど遅れるみたいです
カタログに載ってても遅れるのですから、トリアンのリマスターはもっと遅れるかもしれないですね、気長に待ちます



02/03/28 00:26:40
名前:
Woog

コメント:
>J'ratさん、
>彼(=R. シンクレア)の英語は聞き取りやすかったですか?
はい、特に訛りもなく、上品なイギリス英語でした。
一対一でしゃべったときは、言ってることはよくわかりましたが、
でも、マイクでしゃべっているときは (^^;



02/03/27 23:19:38
名前:
カスタム

コメント:
>J'ratさん

今回J'ratさんがテープの申し込みされたので、ご希望の「Spartacus」の逆回転を録音したテープ今日送りました。
今回は趣向を凝らして色々なバージョンを録音しました。
「Spartacus」のカラオケバージョンとかも収録したので楽しみに待ってて下さい。
それにしても他の方はみんな興味無いみたいで申し出はJ'ratさんと、sphinxさんの2人だけでした。
聴いてみて良くても悪くてもぜひ感想聞かして下さい。
多分今週中には届くと思います。

それでは・・。



02/03/27 17:29:00
名前:
J'rat

コメント:
 あ〜眠いです。今朝はふらじゃさんの書き込みに触発されてピンクフロイドの「対」を聴いてきました。これがまた心地いいんですね〜。春ですね〜。

 桜の花も今日の雨で散り始めています。車が花柄なんて、ふらじゃさんは詩人ですね。結局ちゃんと花見をする間もなく終わってしまうのでしょうか?

 そうそう、triumvirat.net の接続障害は今朝には復旧していました。お騒がせしてすみませんでした。ウェブマスターの Jim からは、特に不具合はなかったテンポラリな何かじゃないかと返事が来ました。とりあえず安心しました。

 ついでにもう一人のウェブマスターのRussから別件でメールが来ました。リマスターの発売日は4月30日という情報がセントルイスの友達から入ったそうです。でも Jim も別のプログレサイトで同様の情報を見たそうですが、情報源がわからず、EMIからは正式な返事が返ってこないと疑っています。
 と言うことで、まだリマスターの発売日が最終的に確認できていません。私のほうでは、東芝EMIのご担当者を通じて確認をお願いしております。ケルンのEMIがちゃんとした返事をくれれば問題ないことなのですが、スミマセン。わかり次第お知らせいたします。

>空中の目に見えないドラム、
 確かに傍から見ていると異様な光景なんでしょうね。先週DOKKENさんに行った時、横に外国人のお兄ちゃん2人連れがいたのですが、ノリノリで叩きまくっていました。私もつられてコブシを振り上げてしまいました。いいお店ですね〜。



02/03/27 14:12:57
名前:
ふらじゃ

コメント:
まさに春の嵐状態ですね、こんな日に外出させられるとはついてないです。昼食時桜の木の下に駐車してたらちょっとの間に花柄の車になってしまいました。

今朝の通勤の友はヤンアッカーマンのソロでした、タイトルは忘れましたが(オイオイ)わりとギター弾きまくりの感じで小気味良いアルバムでした



02/03/27 13:29:45
名前:
にいはお

コメント:
昨日は「次のネタ探し」をやっておりました。
ターゲットが決まりましたので、さっそく今日から
作業に移ります。

耳コピーは店主様に差し上げると言う本来の目的以外に
自分の耳のトレーニング、という実益も兼ねております。
所詮は「慣れ」の問題で、やればやっただけ耳の感覚は
保てますし、逆にやらなかったり、間が開いたりすると
いざというとき「あれ、え〜っと・・・」てなぐあいに
なってしまうのです。
音楽を趣味にしている人はたぶん、みんな、そう。
だから店主様も、ピアノの練習にいそしみましょう(オチはそれか・・)

空中の見えないドラムを叩く・・・・私なんかしょっちゅうです。
ベースのパートの時は、そんな格好してるし。
だから作業中の私は、側から見ると「バカ丸だし」状態です。



02/03/27 01:26:16
名前:
J'rat

コメント:
 すみません、今日は仕事で飲んでおりました。と言っても、例によってビールを3センチほどですが...。

 今朝はスパルタカスを聴いて出勤しました。さすがににいはおさんは上手い、完璧だな〜と感心しつつ、ボーカルが入ってハタとトリアンヴィラートのCDだったと気が付きました。ちょっと大袈裟ですが、もうちょっと聴いただけでは区別がつかないくらい、にいはおさんの演奏は完璧ですね。苦労されたと言うドラムス、ホントに素晴らしいです! あのフィナーレではいつも空中の見えないドラムを手で叩いてしまうのですが、にいはおさんの演奏もハンス・バテルトに負けず劣らず気迫の伝わるものですね。脱帽です。
 いや、今日聴いたのは本家のものでした。先日のオフ会でWoogさんにヘルムート・ケレンの英語にドイツ訛りがあると伺ったので注意深く聴くと、やはり英語が母国語の人の発音とちょっと違うような気がしました。上手くいえませんが、ちょっとたどたどしいと言うか、そんな感じだけですが。おかげでまた発見がありました。

>紀州の駱駝さん、
 いや〜、奥様とコンサートなんて羨ましいですね。私は昔Yesのコンサートに引きずっていったことがありますが、評価は散々でした。ピアノも素晴らしい演奏家でいらっしゃるし、本当にいいですね〜。ぜひぜひ楽しんでいらしてください!

 TLG の一時閉鎖は寂しいです。リニューアルして再開するらしいですので、期待して待ちたいと思います。そのうちトリアンヴィラートを呼んでほしいですね!(フリッツはでかい会場じゃなきゃやだと言うかもしれませんが)

 そうそう、ただいま triumvirat.net に接続できない状態です。調べたら登録しているDNSサーバーが2台とも死んでいるようです。JimとRussに尋ねておきました。大事でなければよいのですが...。



02/03/27 00:26:57
名前:
紀州の駱駝

コメント:
1月のCaravanオフ会のときにも話題になったと思うのですが、TLGが「一旦終了」になるらしいです。以下がTLG−Infoです。

これまで多くのお客様にご愛顧いただいておりました「トリビュート・トゥ・ザ・ラブ・ジェネレーション」は、「メディアージュ」一部リニューアルに伴い、2002年4月7日をもちまして一旦終了とさせて頂きます。
約2年間という短い間ではございましたが、お客様の温かいご支援を賜りありがとうございました。
現在リニューアルオープンのため準備が進んでおります。
新たな会場で再びお逢い出来ますよう、スタッフ一同お待ち申し上げております。

いずれは再開するようですが、はっきりした時期が書かれていないのでちょこっと不安ですねぇ。プログレ、それもカンタベリー系アーティストのコンサートが多く催されていましたし、ゆったりとくつろぎながら(飲み、食い、吸いながら)大好きな音楽を堪能できたので、大変気に入った会場でした。本当に残念です。(;_;)
早期の再開を願っています。



02/03/26 22:50:42
名前:
にいはお

コメント:
ありゃっ、連続になっちゃった。
時間はこんなに開いているのに、ま、いいか。

>店主様、紀州の駱駝さん、ふらじゃさん
改めまして、お聴き下さってありがとうございます。

スパルタというアルバムはオイシイ曲の宝庫だということが
選曲の時にあらためて理解できました。
いろいろと目移りはしたのですが、けっきょくこれに落ち着きました。
恐らくこのアルバムの中で、「スパルタカス」の次に好きな曲を選べ、と
言われたら、大半の人がこれを選ぶのでは?などと考えながら
耳コピーしておりました。
エンディングのドラムがきつかったです。



02/03/26 13:52:29
名前:
にいはお

コメント:
えっとお、バターカップとぉ・・・
ブロッサムとぉ・・・・・
あと一人、えーと、えーと・・・・バブルス!!

やった、「パワー・パフ・ガールズ」全員言えたっ!

さあ、次は「ミニモニ」だっ!
えっとお、かごあいとぉ・・・・?

註:音楽にもロックにもプログレにも、はたまた本掲示板本来の主旨とも
  何ら関係無し。ただ書きたかっただけ。

お聴き下さった皆様ありがとうございます。お礼のカキコは、また晩に。

さあ出動っ!



02/03/26 10:19:16
名前:
ふらじゃ

コメント:
今週はちょっと肌寒いみたいですね、天気も良く無いです。朝方から降ってる雨で桜並木の下は花びらの絨毯ができてます。人に踏まれてない所はキレイですねぇ

今朝の通勤の友はロジャーウォータース来日記念で3人フロイドのライブ「PLUS」でした??
このアルバム最大の売りである‘狂気’全曲演奏はなかなか聴き応えあります。ただ大所帯なので個々のプレイが引き立たないのが難点です。やはりフロイドのライブは映像があったほうが魅力が倍増しますね。
さて、今回のウォータースはどうでしょうか?

>にいはおさん
さっそくDLしました、昼休みにでも聴かせていただきます。毎回力作なので楽しみです。

>案山子さん
「アーガス」実は私も最近になってこのアルバムはプログレ色が強いと感じてます。ある意味彼らのアルバムの中では異色ですよね。
ところでこのアルバム、アナログだと裏ジャケにUFOの絵があったと思うのですが、今回のリマスターでは無くなってました。紙ジャケはどうですか?



02/03/26 02:29:21
名前:
紀州の駱駝

コメント:
>AUKENさん、Woog兄貴。
シンクレアさんのライヴ楽しまれたようで、良かったですね!
あちこちの掲示板を見ると、「多少(?)練習不足では…」という書き込みがありますが、やはりあの「『ボイス・オブ・カンタベリー』を生で聴けるだけで十分満足!!」という意見が多数のようです。28日の大阪公演が待ち遠しい今日この頃です。
今回は、久しぶりに1人でコンサートへ行くことになると思ってたのですが、うまい具合に都合がついたため、妻駱駝と「生シンクレアでデート」ということになりました。(のろけてるわけではありません…^^;)妻駱駝とは'97年のCamel以来の同伴です。
「生シンクレア」は23年ぶりです。3時間、めいっぱい楽しんできま〜す!

>にいはおさん。
早速聴かせてもらいました。本当に毎度ながら素敵な演奏ですね。「さすが!」の一言に尽きます。



02/03/26 00:59:13
名前:
J'rat

コメント:
 さて、北京からまたまた嬉しいプレゼントが届きました。天津甘栗ではありません。そうです、にいはおさんがまたMIDIを送ってきてくださったのです。しかも今回は "Spartacus" からです。

 曲目は "The School of Instant Pain" です。もう、のっけからフリッツのピアノが感動的です。イントロのピアノを聴きながら大変だろうなと思ったヘルムートのボーカルも、美しいシンセサイザーの音色で見事に表現してくださいました。このあたりのアンサンブルはもう手馴れたもので、貫禄を感じてしまいます。バテルトのドラムも聴きどころですね〜。バンドが盛り上がる感じが素晴らしいです。さすが某ピアノサイトで取り上げられるだけのことはありますね。トリアンヴィラートの原曲を知らなくても十二分に楽しむことができます。
 6分以上の大作です。どうぞみなさんお楽しみください!(この掲示板からは右上のリンクでお聴きいただけます)

 にいはおさん、いつもいつもたいへん質の高い演奏をお聞かせくださって本当にありがとうございます!!



02/03/26 00:23:12
名前:
J'rat

コメント:
 う〜ん、今日は仕事で失敗してしまいました。一日中、おおわらわでした。やれやれ。

 日曜日に仔ラットの通う教室のピアノの発表会がありました。公民館のホールを借りて、50組以上が発表するというものでした。初めての晴れ舞台なのでスーツを着せました。親も緊張です。本番ではなんとかミスタッチもなく「きらきら星」を演奏してくれました。
 家で練習していた中でも一番のできだと喜んだのもつかの間、今日、ビデオを再生して見るとなんか変。1オクターブ上で弾いていました。ホールで聴いていた時には親も気がつかなかったのも情けないです。でも、これでめげずに続けさせようと思います。

>Woogさん、
 オフ会、お疲れさまでした。翌日はTLGまで行かれたんですね。シンクレアのアコースティック・ライブ、演奏はともかく間近でお話ができたのは良かったですね〜。Woogさんは緊張されたのではないかと思いますが、彼の英語は聞き取りやすかったですか?

>カスタムさん、
 いつかオフ会でお会いしたいですね〜。このサイトはなんだかオフ会ばかりやっているような気もしますが、オフは一度参加したら病み付きになります。日頃話せないプログレの話題を思う存分できるのですから、もう時間がいくらあっても足りません。とても幸せな気分になること請け合いですので、上京される機会があればぜひお教えください。
 スパルタカスの逆回転は一度聴いてみたいです。以前の案では私のメールサーバーの容量は5MBぽっちなのであきらめていました。後ほどメールをお出ししますので、よろしくお願いいたします。

 そうそう、モラッツのソロは結構出ています。私がCDで持っているのは "i"、"Out In The Sun"、"Patrick Moraz(III)"、"Windows In Time"、そしてお薦めの "Rezonance" の5枚です。前3作は「アフリカ三部作」と呼ばれているもので、"i" の流れを汲んでいます。いずれもVirgin/Charismaから1991年にCD化されて発売されましたが、現在では絶版だと思います。
 LPでは "Future Memories II"、"Timecoda"、"Human Interface" が出ています。これらは結構ポップス志向で、プログレを期待して聴くとずっこけるかも知れませんが、能天気で私は好きです。いずれも中古の扱いのある通販などで探されるといいと思います。

>案山子さん、
 そうなんです、今回のオフ会は案山子さんにこそぴったりなオフ会でした。JAZZ喫茶「いーぐる」ではソニー・クラークの「クール・ストラッティン」をリクエストしてしまいました。ヘビメタがお好きかどうかは別にして、DOKKENで懐かしいハードロックのビデオクリップを見れましたし...。私のリクエストはM.S.G.の「ダンサー」でした。(これしか知らないので)

>5150さん、
 お久しぶりです。ようこそいらっしゃいました! サイトが休止してしまったので、どうされたか心配していました。ご無事で何よりです。ご自身のサイトもまた復活してくださいね!
 「120ギガ7200回転の二基がけHDD」とは豪勢ですね〜。私もそろそろパソコンを作りたいのですが、お金と暇がありません。まだ「SlotA」マザーでがんばっています。AthlonMPを目指していますが、騒音の少ないPCにしたいし、二律背反で悩んでしまいます。

>ふらじゃさん、
 そうそう、「愛の神秘」の美麗なLPありがとうございました。これは家宝にいたします。遠路はるばるお持ちくださって、本当にありがとうございました。

>AUKENさん、
 シンクレアのライブ楽しまれたようでよかったですね! 3時間以上のライブとは、またすごいですね。よくそんなにできるもんですね。体力がいりますね。



02/03/25 23:26:56
名前:
カスタム

コメント:
今日はいい天気で、昼間は温かくて過ごしやすかったです。
でも夜は急に寒くなりますね・・。
僕は元々寒さに弱いです・・。
今日は特に情報ないです。

久しぶりに音楽の話題しましょうか。
今日はBGMはプログレの「KAYAK」の「ROYAL BED BOUNCER」とTRIUMVIRAT「Spartacus」の逆回転でした。
何回聴いてもSpartacusの逆は名曲だ!!
僕個人的解釈だけど、もしTRIUMVIRATの曲「Spartacus」が世界一なら、逆回転の「Sucatraps」の曲が世界二かな・・。
それぐらい接近した名曲です。
誰か演奏する人いないのかな?
ちなみに「Spartacus」は早回ししてもいいけどね(^-^)
車の中では多い時には3時間ぐらいずっとリピートして聴いてるけど・・。
何回聴いても飽きない。

最近のお気に入りは「STERN−COMBO MEISSEN」の「Weisses Gold」やJETHRO TULLの「Thick As A Brick」や「GRYPHON」の「Treason」かな。
全部70年代で古いけど、最近のプログレも聴くけどあまりハマらないです。
プログレばかりじゃなく、たまには他の音楽も聴いてみようかな。

セミプロの人だけどNETで知り合った「Raphy」さんの「Ever Green」もお気に入りで良く聴いてます。
すごいプログレ音楽センスが良くてなかなかプロでもあそこまで最近ので完璧な演奏するバンドいないな〜!!ってぐらい洗練されてます。
イエス、カイロぽい音楽されてます。
Muzieのページで聴く事が出来ます。

最近たくさんプログレCD買ってるけどなかなか当たりに出合わないです・・。
もう今まで出尽くしたって感じです。



02/03/25 22:32:11
名前:
Woog

コメント:
>woogさんも行かれたのですか?
残念ながらコンサートには行かれませんでした。
アコースティックライヴの調子では
コンサートは一体どうなるのだろうか、と心配でしたが、
なかなかのものだったようで、人事ながらホッとしています(^^)



02/03/25 20:46:44
名前:
AUKEN

コメント:
リチャシンの日曜日ライブ行ってきました!woogさんも行かれたのですか?
えらい長いライブでした。開演8時、終演11時10分・・・
らくだ君が車出してなかったら帰れませんでした、えらい!
しかし鬼怒氏は相変わらずメチャクチャ上手い。

>スティンガー
あの展開で最後方からあそこまで押し上げるとは切れましたねー。長い間ご苦労様でした。



02/03/25 10:52:37
名前:
ふらじゃ

コメント:
今朝はちょっと涼しかったですね、と言ってももう冬の寒さでは無いですので辛くはないです。

通勤の友はドリシアの「CHANGE OF SEASONS」でした。もともとこのアルバムを買った動機は色んなバンドのコピーを演奏してるライブを聴くのが楽しみだったのですが、改めて聴きなおすと後の大作に結びつく色んなことが試されてるように感じました。全体のイメージはHMですが、コンセプトはプログレしてます

さて、先日の花見オフのレポートですが、他のみなさんが書かれてるようですのでちょっとこぼれ話程度に書き綴ってみます

・夕刻から降り出した雨に風まで吹いててとても花見のできる状態ではなかったのですが、目の前に公園があったので傘をさしながら桜並木を歩いて来ました。さすがに花見をしてるグループは無く場所取りのシートだけが雨にさらされてました。

・JAZZバー(いーぐる)
バーと書きましたが店内は喫茶です(単にアルコールしか頼まなかっただけで…)ちょっとしたつまみはありましたがさすがに腹に入れるという物は無かったです。もっともあってもあまり食べずに喋るほうが忙しいですが

・2次会への移動は贅沢にタクシーを使いましたが、車内から見る桜もなかなかおつなものでした。都内をタクシーで移動することはめったに無いのですが、四谷から渋谷が結構近いのを初めて知りました

・HMバー(DOKKEN)
店内は思ったより明るいのですが、壁の至る所にHMバンドのポスターが貼られてました。中にクイーンのポスターを発見、HMか??
プログレをリクエストするのはさすがに躊躇ってしまう雰囲気でしたが70年前半のHRのリクエストにも当時の映像を流してくれて懐かしいやら嬉しいやらで狂喜してしまいました。

今回はわりと短めのレポートでしたが、書き漏らしたこともいっぱいありそうです。まあ、思い出したらちょこちょこ書いていきます。



02/03/25 00:16:38
名前:
5150

コメント:
では一句
「ドッケンの歳をバラしたリンチかな」(季語なし)

店主様こんばんは5150です。

こないだ発作的にSocket478マザーボードを買ってしまいました。
すると今までのマザーで認識しないまま放ったらかしになっていたパーツが
もう認識すること認識すること・・・・・・・・・。
今まで使ってたマザーですか?驚くことなかれSlot1です。わはははは
120ギガ7200回転の二基がけHDDの凶悪な回転音に恍惚としながら、
MXでかき集めた競馬動画のバックアップに今日も余念のないわたくしでした。

我が最愛のムラ馬スティンガーのラストラン高松宮記念は三着でした。
1200mじゃ無理だと思いつつ買った単勝馬券は宝物です。



02/03/24 20:52:23
名前:
案山子

コメント:
JAZZバー+HM/ROCKバーのオフ会だったんですか?!なんだか楽しそうですね!
よりによって焦ってる時、夫に「DOKKEN って、どんな音だったっけ?」と、
聞いた私が馬鹿でした・・・・。(DOKKENをBGMにして、仕事しましたが・・・・)

>にいはおさん
どうぞ、お気になさらず!!
「文化果つる地・泉州」といえどもここは、経済大国、情報大国、日本ですから。
ちょっとぐらいスペルが違っていようと「けけけ。」と笑われようと(意味不明)
必ず手に入れますよ!ご心配なく。
なんと言っても、明日はロジャー・ウォータースのライヴですから大丈夫ですよ。(関連性無し)

そういえば、何となく「アーガスの紙ジャケってあったよなぁーーー」と思いだして、
聞かずに放っておいたらしいCD取り出したら・・・LPのラベルが入ってるんですね。
・・・・で、これどうするの?
当時「偉くポップだなぁー!」と思ったけど、あの頃の印象よりはプログレな感じがしました。



02/03/24 18:14:31
名前:
カスタム
電子メールアドレス:
メールはこちらまで

コメント:
>J'ratさん&皆さん

皆さんのオフ会の話聞いてると、楽しそうですね!!(^-^)!!
近ければ僕も参加したくなります。
同じ音楽の話題ってなかなか身近で対等に話せる人いないからね・・。
そう思うとNETって凄いですね。
全然知らない者同士でも「音楽」てだけで何でも話せるし、同じ音楽の話題が合うとこっちも他人に思えなくて共感します。

またまた「Spartacus」の逆回転バージョンの事で追加報告いたします。
色々考えた結果、パソコン上では難しい事だらけで自分でもやり方とか判断出来ないので、確実な方法で、原点に返って、テープに何曲か録音してプレゼントする事にします。
希望者に限って「Spartacus」の逆回転バージョンやその他LARKの曲とか、色々ミックスして個人宛てに送ります。
みなさん色々掲示板上でお騒がせしました・・・。
もちろんテープや切手代とかすべて無料でお届けします。
メールに住所、名前記入して送信して下さい、来たら早急に送ります。

>J'ratさん

大分、前の話に戻りますが、パトリック・モラーツのソロは「ストーリー・オブ・I」が好きです。
と言うかそれしか聴いた事ないです・・・。
他に何枚もソロのアルバム出てるんでしょうか?

では出来たらたくさんの方に聴いてもらいたいから、少しでも普段聴く事の無い別のTriumviratの音楽に触れましょう。
みなさんお待ちしてるので、気軽に申し出て下さい。



02/03/24 14:59:12
名前:
Woog

コメント:
R.シンクレアのアコースティックライブに行ってきました。
メディアージュの3Fに集合して一般の人は入れない場所に案内され、
小さなパーティー会場のようなところに行くと
既にリチャードは彼の前に並んだ人々にサインをしていました。

コンサートというよりはファンとの親睦会で音楽的には今一。
でも、生リチャードには感動しました。
彼は、ぼくが想像していたよりは細くて若い感じで
明るくて、ひょうきんで人なつっこくて、話しやすかった
全員にサインをして、一言二言しゃべっていました。

最初の曲は、日本に来られてうれしい、という内容のいわば挨拶ソング。
それから「グレイとピンクの地」。知らない曲が何曲かありました。
あと、「ゴルフガール」など、でも、全曲ちゃんと演奏したのはほとんどなくて
スキャットしてました。
「リクエストは?」というので「ウインターワイン」と言うと、
途中で止まってしまい、CDをかけて一緒に歌っていました。
キャメル時代の曲も一曲そうしていました。



02/03/23 22:52:14
名前:
J'rat

コメント:
 オフ会、天気は悪かったですが、とても楽しかったですね。「いーぐる」は宴会用には料理もお酒も少なすぎましたね。お花見で少し飲み食いしたあとの二次会向きでした。
 DOKKEN の店長さん、いい方ですね〜。ヘビメタのお店なので最初はおっかなびっくりだったのですが、お客さんがホームページを立ち上げるのもうなづけるような良いお店でした。ハードロックは苦手ですが、ビデオで見るといいです。かっこいいですね。
 実はトリアンヴィラートが大好きという店長さんに、THE WEBSITE STORY のプロモーションを録画したビデオテープを差し上げました。新譜が出ることはもちろんご存知ありませんでした。楽しんでいただけると良いのですが...。



02/03/23 18:15:53
名前:
毛糸

コメント:
うっわ〜い、また出遅れた
オフ会お疲れさまです〜〜
ジャズ喫茶ですかっ!お、大人やのぉ・・・・
かくゆうわたくしも、最近ちこっとジャズ音にハマっております
とはいえ、やはりオルガンが好きなもんで
今来日中のSOULIVE(オルガン、ギター、ドラムのトリオ)が気持ちいいっす
こんなんでヘロヘロ踊ってみたいっすにゃー(あ、これ誰かゆうとったね)
明日は横浜、明後日は東京でライブ
う〜〜〜地方はつらいっす、ねぇ?>にいはおさん(何かを我慢するときには浮かべてしまう)
うちの店も月に一度ジャズライブやってます
アマチュアバンドだけど、やっぱ生音はいいっすね♪
いい職場だぁ、ありがたやありがたや
ところでっ
ジオさんを借りて作っていたお店のサイトが
営利目的とゆうことで消されてしまいました
やっぱフリーのスペースじゃだめなんすかね?
営利目的とゆうよりも音楽や映画やレシピ、イタリア語などの
趣味的なサイトにしたかったんすけど・・・・・
またいちから出直しだなぁ
春の立ち上げ目指してがんばります〜〜〜〜



02/03/23 13:24:28
名前:
Woog

コメント:
J'ratさん、ふらじゃさん、sphinxさん、昨日はどうもでした。
しかし、J'ratさんの禁煙には参ったなぁ。
Web Masterといえば親も同然(^^)
ぼくもやめねば、と思いながらもうちにはタバコが20箱以上あったりする (^^;

四谷から渋谷まではタクシーで行きましたが、
sphinxさんのナビゲーションには感嘆しました。
初めてのDOKKENなのに、ちゃんと近くまでタクシーを連れてってくれました。

今日はR.シンクレア、アコースティックライブだぁ。



02/03/23 11:09:48
名前:
sphinx

コメント:
昨日のお花見オフ、参加の皆様おつかれさまでした。
あいにく仕事の都合で花をみることはできませんでしたが。
本格的なスピーカー聴でくジャズはよいものですね。次は昼間に私語厳禁で聴いてみたいです。
2次会のDOKKENもよかったですね〜。
リクエストした2曲とも見せていただき大変満足できました。
もしやJ'ratさんが最後にリクエストしていったのはFREEかZEPじゃなかったですか?
これもよかったです。



02/03/23 02:24:30
名前:
yeszanmai

コメント:
>にいはおさん Streamin'
わたしも間違っていました。でもコピぺしたわけではありません(いばるな)。

>デフランチェスコ
調べてみたら、「ジョンはジョーイの父親」と紹介されていました。
息子は17でデビューし、親父をはるかに上回る録音を残しています。
確かおやっさんはトランペットも吹いていたと思います。
わたしはジョーイの方は知りませんでしたが、
プレイヤーとしては親父より数倍有名のようです。



02/03/23 02:05:57
名前:
J'rat

コメント:
ふらじゃさん、お疲れさまでした〜。楽しかったですね! DOKKEN では早退してしまってすみませんでした。お腹が減ったので、家でラーメンライス食べちゃいました。禁煙が成功したら私も太りそうです。



02/03/23 01:03:49
名前:
ふらじゃ

コメント:
たっだいまぁ〜、オフ会から帰ってきました。
あいにくの雨で本来の目的である花見は出来ませんでしたが、楽しいひとときを過ごす事が出来ました。今回はちょっとプログレから離れて、1次回はJAZZバー、2次会はHM/ROCKバーの2本立てでした。
詳しいレポートは後日にしてとりあえず寝ます



02/03/23 00:32:32
名前:
にいはお

コメント:
お詫び:

すみません、皆様。
さんざん案山子さんを煽っておきながら、わたくし、アルバムタイトルを
めいっぱい間違えておりました。
「CALIFORNIA SCREAMIN'」が正解です。ストリーミン、ではありませんでした。

17日のカキコからえんえん5日に亙って皆様をだまし続けていたことをお詫びいたします。
見てみろ、みんなコピーペーストしちゃったじゃねえか。海より深く反省せい。

平身低頭。



02/03/22 22:12:14
名前:
CHIPMUNK

コメント:
今ごろまだ盛り上がってるんでしょうか、裏山椎ですねぃ。
なかなかお付き合いできず、すみません。
よく考えたらわたし、昼から何も食べてません。あ、いやいや、都コンブ一枚食べました。

今日は午前様にならなかったことに感謝して帰宅いたします。
明日は休みたいなー、♪おーへやはきーたむきくーもりのガラスぅ....(TT)



02/03/22 17:18:56
名前:
カスタム
電子メールアドレス:
メールはこちらまで

コメント:
前回の追加告知で名前記入間違えました。
「カズ」は違うHPのカスタムのサブ・ネームです。
書き込みを見て混乱された方、失礼しました。
「カズ」と「カスタム」は同一人物です。



02/03/22 17:15:09
名前:
カズ
電子メールアドレス:
メールはこちらまで

コメント:
>追加報告です。

>「思案した結果、現実的にHP等で逆回転とはいえ「Spartacus」の音を公開するのは、著作権侵害になるので今後もHPに限らず載せたりするのは不可能なので、希望者に限って「Spartacus」の逆回転バージョンのMP3版を、個人メールで配信したいと思います。
逆回転が聴きたい方は、僕個人にメール下さい、MP3を貼り付けて送り返します。」

と前回告知しましたが、データとか調べて分かった事ですが、音源データは重くてプロパティを調べたら、MP3が「7.03MB」圧縮しても「6.98MB」なので、もし送信を希望されるかたは、ご自分のメールアドレス容量を7MB以上確保してからメール送信して下さい。



02/03/22 16:28:51
名前:
J'rat

コメント:
 今日は曇りです。雨がちょっと降ってきたりしています。お花見にはあいにくの天気ですが、雨天決行でまいります。ふらじゃさん、遠いところすみません。遅れる場合はPHSまでご連絡くださいませ。

 禁煙ガムは効果的です。なにしろニコチン2mg入りですので、タバコと同じです。噛むとくらくらします。(^_^; にいはおさんがおっしゃるように、ガムがやめられなくなるかもしれませんが...。

 そうそう、ケルンのTriumvirat.tvでは、プロモーション以外のサイトも作っているそうです。どうやらこちらが本当の公式サイトになりそうですね。すでにドイツ語版はある程度できているそうで、英語に翻訳しているそうです。このサイト用にはユルゲンがBGMを作ったそうです。こちらも楽しみです!
 マイケル(ミヒャエル?)にメールを書いたついでに「モンキーズ」の意味と、セレブレーションのナレーターのことを聞いておきました。答えてくれるかな〜?



02/03/22 14:00:56
名前:
ふらじゃ

コメント:
東京は桜が満開だそうですね、ただ天気がいまいちです。夜には弱い雨も降るとか・・・
昨日は家族で花見でしたが、まだ全体で6分咲きといった感でした。強風で弁当を飛ばされない様にするのに必死で花を愛でるような雰囲気ではなかったです

今朝の通勤の友は先日買った「ARGUS」のリマスター盤でしたが、このCDリミックスも施されているらしくて所々印象の違う部分がありました。以前のミックスに慣れてるせいで違和感がありました。

>花見オフ
定時で飛び出せば集合時間には間に合うと思います。万が一の時は連絡しますので、よろしくお願いします



02/03/22 00:29:31
名前:
にいはお

コメント:
今日も北京は風が強かったです。
昨日ほどじゃないけど、何となく空が黄色く見えたな。

>店主様。禁煙ガム。うまくいくんでしょうか?
うまくいくかもしれませんが、禁煙ガムが逆に止められなくなるかも。

>案山子さん。モントルー・ジャズ・フェスティバルでのライヴでも、
 これが一番受けてましたね。
「THE BASH」ですな、これは。超絶高速ユニゾンの。
いちおう言っときますがね、「CALIFORNIA STREAMIN'」にも収録なんだな。けけけ。

ジョン・デフランチェスコ('PAPA' JOHN DeFRANCESCO)なるオルガニストの
アルバムを聴く。ハモンドB-3がいい音出してます。
本当は「ジョーイ・デフランチェスコ」なる人のアルバムを買う予定でした。
今年のキーマガ1月号でエマーソンがベタ褒めしていたオルガニストということで。
買ってしまってからよく見たらジョン・デフランチェスコ。親子か何かでしょうか?
でもいい音してるから、いいか。



02/03/21 17:36:15
名前:
J'rat

コメント:
 今日は風が強いです。朝からクルマを洗おうと思っていたのですが、あまりの砂埃のため断念。まるで台風のような強風と砂嵐です。
 しょうがないのでTriumviratのプロモーションをVHSに録画していました。こんな時TVも見れるビデオボード All In Wonder は便利です(結線の仕方を忘れていましたが)。画質は落ちましたが、なんとか見れるものが出来上がりました。ビデオ・ロック・バー DOKKEN さんへのお土産です。

 スーパーに行ったついでに、ニコレットを買いました。最近売り出し中の禁煙ガムです。うまくいくんでしょうか? お花見オフ会で吸ってしまいそうですが、DOKKEN さんは禁煙バーなので大丈夫かも? あ〜吸いたい。(^_^;

>ヴァイオリン、
 私も聴きたいです〜!



02/03/21 17:06:10
名前:
案山子

コメント:
>kitさん
>DEXIE DREGS
にいはおさんに先を越されてしまいました!全く同感です。わたしも同じ事を書こうと思っていました。
・・・・と、言っても11枚出ているらしいアルバムのうち4枚しか持ってないんですが。

「What If」('78)はプログレっぽい長い曲もあって、ヴァイオリンの旋律がひたすら美しいです。
「Night of the Living Dregs」('79)後半のモントルー・ジャズ・フェスティバルでのライヴは絶品です。
「Industry Standard」('82)「ボーカルを入れて売れるような物を作らないと契約を切る!」と
レコード会社に脅されて、ちょこっと入れてますが、その点は???。
でも、kitさんにはあえてこれをお薦めしてみましょう!
スティーヴ・ハウとスティーヴ・モーズのクラシカルなギター・アンサンブルが聴けるからです。
(もしお気に召さなくても、これ1曲で勘弁してもらおうという魂胆です。)
「Full Circle」 ('94)何も考えずにとにかく気持ちよく聞ける!一番よく聞いたアルバムかもしれません。

>ドレッグスのカントリーミュージック
これ、必ず1曲はあるんですよね。わたし最初は「カントリーは苦手!これだけはダメだわぁーー」って
思ってたんですが、聞いてるうちにとっても好きになってきて「やっぱりどんな音楽でも、非常に質の高いものは素晴らしいなぁ。食わず嫌いはダメだなぁ。」ってしみじみ思いましたよ。
モントルー・ジャズ・フェスティバルでのライヴでも、これが一番受けてましたね。観客も、メンバーもみんなが目一杯楽しんでる感じでした。

>「CALIFORNIA STREAMIN'」ヴァイオリン、ツインですよ。
聴きたい・・・・・・・・・。



02/03/21 00:40:20
名前:
yeszanmai

コメント:
>にいはおさん
横槍すみません。
ドレッグスの"California Streamin'"はツインvlnですか!!
リリース前からCDNOWのウィッシュリストに入れたまんまほったらかしでした。



02/03/20 23:10:05
名前:
にいはお

コメント:
日本では花見の話題が出ておるようですね。
くっそお、もう4年連続で見てないぞ、日本のサクラ。

>kitさんへ。ドレッグスのおすすめアルバム。
全部でしょう。終わり。

・・・・・・・・・では、話になるまい。
こちらに持ってきているものしか語れませんが、
「WHAT IF」「NIGHT OF THE LIVING DREGS」などなど。
見かけたら何も考えずに一枚買いましょう。決してはずれません。

ドレッグスのルーツの一つであるカントリーミュージックは、
それだけで理屈抜きに楽しい音楽ですが、これにプログレの香りと
鬼のようなバカテクが加わるので、これで美味しくないはずがありませぬ。

「CALIFORNIA STREAMIN'」についてもう一つ言っときますとね、
ヴァイオリン、ツインですよ。もう一人はジェリー・グッドマン。



02/03/20 21:38:32
名前:
AUKEN

コメント:
ご無沙汰しております!AUKENです。
そしてj'ratさん、お誕生日おめでとうございます!遅くなりまして申し訳ありません。

>THERION
昔はデスだった人ですねー。やっぱりひたすら大仰にゴリ押しですか?
JAシーザーとかの方が同傾向としては面白いかもしれないですね。



02/03/20 21:24:45
名前:
カスタム
電子メールアドレス:
メールはこちらまで

コメント:
>J'ratさん。

J'ratさんの仔ラット氏もピアノを演奏できるようになりましたか?
ぜひ、親子でプログレ・バンド目指して頑張って!!
将来が楽しみですね。
第二のトリアンになるように、頑張ってピアニストに育て上げて下さい、「TriumJ'rat」かな?(^-^)

>J'ratさん、又他のTriumviratファンの方にお知らせします。

思案した結果、現実的にHP等で逆回転とはいえ「Spartacus」の音を公開するのは、著作権侵害になるので今後もHPに限らず載せたりするのは不可能なので、希望者に限って「Spartacus」の逆回転バージョンのMP3版を、個人メールで配信したいと思います。
逆回転が聴きたい方は、僕個人にメール下さい、MP3を貼り付けて送り返します。



02/03/20 15:46:55
名前:
J'rat

コメント:
>ふらじゃさん、
 メールありがとうございました。待ち合わせ場所などのご案内は今夜送信しますので、よろしくお願いいたします。
 ふらじゃさんが一番遠いですね〜。申し訳ないです。四谷は東京駅から中央線快速で15分ほどです(お岩さんの場所はわかりませんが)。だいじょうぶですか?



02/03/20 14:38:17
名前:
ふらじゃ

コメント:
ぽかぽかとした陽気になってきました。桜の木もどんどん着飾ってますねぇ、今週末は見ごろになるでしょう。楽しみです

今朝の通勤の友はSPOCKS BEARDの1st「THE LIGHT」でした。最近はライブバージョンばかり聴いてたので久しぶりに聴くスタジオ判は新鮮でした。メンツに日本人が居るから来日しても良さそうな気がしますが実現しないですねぇ

仕事のついでにちょっと輸入CD屋さんに寄ったらELPの英castle盤CDが紙ジャケで出てました。去年リマスターされたのと同じ音だろうと思って買いませんでしたが、ジャケットは日本盤より色調が濃い感じでした。あと同じ英盤でWISHBONE ASHの「ARGUS」がリマスターでリリースされてました。今までこのCDは未発表ボーナスが1曲入ってましたが、今回はこのボーナスを排除して新たにライブが3曲追加されてました。30周年という売り文句につられてつい買ってしまいました。

>花見
四谷ってお岩さんの住んでるところでしたっけ?実は中央線沿線はよく知らないのです。でも桜の名所もあるみたいですし楽しみですねぇ…



02/03/20 13:39:12
名前:
J'rat

コメント:
 そう言えば、最近クルマのボディやガラスが真っ白です。細かい埃で、ワイパーを動かすとガリガリ言います。きっと黄砂なんでしょうね〜。北京はもっと大変なのでしょう。花は咲いていますか?

 仔ラットめがピアノを両手で弾けるようになってきました。今度発表会で演奏する「きらきらぼし」ですが、最近は余裕で横を見ながら弾いたりしています。お父さんもがんばらなくっちゃ!



02/03/20 13:00:40
名前:
にいはお

コメント:
今日の北京はものすごい黄砂だぞお!!

錆びた鉄が水に溶けた色、ってあるでしょう?
今日の空、あれとおんなじ色。



02/03/20 12:27:29
名前:
J'rat
電子メールアドレス:
メールはこちらまで

コメント:
 いいお天気ですね〜。今朝は Anyone's Daughter の2枚組みのライブを聴いてきました。歌はドイツ語ですが、1982年ごろに録音されたこのライブは音も演奏も良いです。名作「アドニス」は全曲収録されていますが、ライブ演奏でもすばらしいです。

>お花見オフ会、
 急なのに、ご賛同くださいましてありがとうございます。では、3/22(金)PM7:00集合で行いたいと思います。場所ですが、四谷でいかがでしょうか?(sphinxさん、お花見の情報ありがとうございました) 実は四谷に良いお店があります。普通の居酒屋さんはいっぱいでしょうが、ここなら大丈夫というところです
。そして二次会はロックバーに行きましょう!
 現在のところ、ふらじゃさん、Woogさん、sphinxさんが来ていただけそうですね。待ち合わせ場所などの詳細をお知らせしますので、ほかにも参加可能な方がいらっしゃいましたら、私までメールをくださいませ。よろしくお願いいたします。



02/03/20 08:59:08
名前:
kit

コメント:
おはようございます、kitです。

>ドリシア
12日の神奈川県民ホールです…。
どうしても19日の国際フォーラムは行けないから12日を取ったのに、
いきなり13日に渋公を入れるのは反則かと…。
まあ、アメリカ公式ページには前から載ってたそうなんですけど(^^;

>DIXIE DREGS
一度聴いてみようとは思ってるんですが、なかなか機会がなくて。
オススメアルバムってありますか?>にいはおさん・案山子さん

>コルトレーン「インターステラスペース」
>≒キングクリムゾン「アースバウンド」
いやあの、バカみたいに勢いがあるとことが似てるかなあ…と。
あくまで主観的な印象なので、どう似てるかはハッキリ言えないです。スイマセン(^^;

昨日は、やたらユーロ・ロック・プレスで評価が高かった
THERIONの「SECRET OF THE RUNES」を聴いてました。
北欧神話を題材にしたコンセプトアルバムなんですが…
…う〜ん、そんなに絶賛するほどかなあ(^^;
ちなみにボーナストラックにABBAの「SUMMERNIGHT CITY」のアレンジが
入っていたのですが、やたら荘厳な曲になってました(^^;



02/03/19 23:20:31
名前:
sphinx

コメント:
>オフ会
よいですねぇ。赤坂アークヒルズか四谷外濠公園、青山霊園あたりでしょうか。
http://www.pia.co.jp/gentei/



02/03/19 22:12:44
名前:
Woog

コメント:
お久しぶりです。
と言っても、毎日見てますが(^^)

>オフ会
22日、私はOKです。
桜は大好きなんで、楽しみです。



02/03/19 09:36:49
名前:
ふらじゃ

コメント:
きょうもポカポカの良い天気です、久しぶりに花粉の洗礼を受けてしまいました。今週になって通勤の道すがらのいコート姿も少なくなりました。もう春です

その通勤の友はトッドラングレンの「INITIATION」でした。アナログの時はA,B面で異なるコンセプトで作られてた感じでしたが、CDになって通しで聴いてもあまり違和感は無かったです。単なる思い込みだったのかもしれません。このアルバムの‘DETH OF ROCK'N ROLL’を聴くと初めてUTOPIAを見に行った時のことが思い出されます。飛び跳ねすぎたトッドがステージから客席にころがり落ちて、モニタースピーカーのコードに八つ当たりして引っぺがすといったパフォーマンス?を見せてくれました

>オフ会
沿道の桜も5分咲きと言った感じなので週末は見頃でしょうね、やりましょう(^o^)。どなたか良い花見スポットご存知でしょうか?

>ドリシア
今回は横浜会場もホールで仕事明けでも間に合うのでこちらに行きます。確か12日だったかな?



02/03/19 08:09:38
名前:
案山子

コメント:
>J’ratさん
お帰りなさい。そしてお誕生日だったんですね。それはそれは、おめでとうございます。(遅いか・・・)
湯治の効果の程はいかがなものでしょうか?
ゆるげんさんも春の旅も満喫されたようで、なによりですね。
で、サクラ???ですか?・・・まさか?確かに蕾のふくらみは早い気がしてたんですが・・・。
早すぎませんか?サクラ無しの入学式なんて考えられませんね。

>kitさん
>、「インター〜」は、印象がクリムゾンの「アースバウンド」に近いですね
えっ?え・え・ええーーー?
音が全然浮かんでこなくて・・・・・気になって、気になって仕方ないです。泥沼にはまりそうです。

>にいはおさん
>DIXIE DREGS99年のライブ「CALIFORNIA STREAMIN'」を聴く。
あああああーーーーーー!持ってないです!聞きたい!!!
スティーブ・モーズの新譜が出たという情報はキャッチしたのですが・・・・。
田舎暮らしは辛いです。
>バカテクはもうあちこちでこれまたバカみたいに語り尽くされているので
そうなんですか。まぁ、それはそうでしょうねー。
確かに上手いと思います。単に音が多いとかじゃなくて、音にたいする気の使い方がすごい。
でもそれ以上に、「この人達って、めちゃくちゃ音楽好きなんやろうなー!」
って、聞く度に、そういう楽しくて幸せな気分になれるところが大好きなんです!
確か前にも書きましたね。すみません。このグループのことになると・・・。



02/03/19 00:07:52
名前:
らくだ使

コメント:
みなさん、おひさしぶりのらくだです。
J`ratさん、誕生日おめでとうございます!
立派なプログレおじさん目指して頑張って下さい。
私もAUKENも後を追います(笑)。
先に目指すはプログレ紳士・・・。ダメ?


お花見オフ会いいですねー。
私とAUKENが住んでいるところは桜の名所でもあるんですよ。
毎年ひっそりとNHKで紹介されています。


ところでドリムシのライブ行く方いらっしゃいますか?
私は13(土)に行きます。
新譜は一枚目がかなり良い!AWAKE路線っぽくて好き。
ジョーダンルディスのプレイのセンスと服のセンスを
この目で確かめてきます。
彼は最近お気に入りのKORGのKARMAを使うのかなー。



02/03/18 22:02:08
名前:
ゆるげん

コメント:
やっと家に着きました。

土、日と山口県へ行ってきました。
土曜は下関の火の山公園へ遊びにいきました。火の山ロープウェイで展望台まで上がり、そこにある展望レストランで食事しました。なんと!そこのレストランは席が動いてるんです。ゆっくり1時間かけてレストランを一周します。つまり、外の風景が時間と共に変わるんです。その風景も素晴らしく関門海峡大橋や下関の町並みが一望に見渡せるんです。風景好きの私としては、もう感動しまくりでした。レストランの外の展望台からは下関の向こうの日本海やその島々まで見渡せて更に感動でした。今回は昼間でしたが夜はもっともっと素晴らしいらしいので、次回は夜景を堪能しに来ようかと思います。
日曜は美祢市にあるMINEサーキットで「スーパー耐久レース」を観戦しました。このレースは一般車両をベースにした、もっとも市販車に近いレースで、スカイライン、ランエボ、RX−7、シビック、インテグラ、アルテッツァなど馴染みのある車が各クラス混走で優勝を争います。TVで観ると順位などの情報が良く解りますが、レースの迫力は生でしか味わえません。

山口から帰る途中、広島の三次にあるレコード店「メインストリーム」に寄りました。ここの店長さんはハードロック、ヘヴィメタル、プログレに凄く詳しい人で、私もアーティストの情報元として役立たせて貰ってます。小さいけど凄く内容の濃いお店です。
ちなみに、店長さんは伊藤政則にそっくりです。と、私は思いますが。

J'ratさん、このHPの事を店長さんに話しました。見てくれると良いんですが。



02/03/18 21:58:43
名前:
ホイトル

コメント:
申し遅れましたが、お誕生日おめでとうございま..した。
蒸気機関車のお店に行ったのは5年以上も前のことだったと思うので、
記憶があやふやですが、なかなかのインパクトだったことは覚えています。
ワタシもまた行きたくなりました。

トリアンのリマスターが出るのももうすぐですね。



02/03/18 19:10:58
名前:
J'rat

コメント:
 温泉にたっぷりつかってまいりました〜。4回も風呂に入ったので、かえって疲れてしまいました。「元を取ろう」なんて、貧乏性ですね。(^_^;
 日曜日はレストラン「蒸気機関車」に寄ることができました。料理を運んできたのが、想像していたのよりずっと大きな機関車だったので驚きました。おかげさまで仔ラットも大満足でした。ありがとうごいざいました。

 また、お誕生日のお祝い、ありがとうございました! なんだか恥ずかしいですが、ありがたいです。きのうで41歳になりました。いいトシですよね〜。でもトシに負けない立派なプログレおじさんになろうと、開き直っています。新譜も出るし、がんばりましょう!

 さて、新譜のプロモーションですが、ドイツのTriumvirat.tvでは着々と準備を進めているようです。ビデオ撮影も順調で、フリッツのキーボード演奏風景を含めたレコーディング・シーンもしっかり入れてくれたそうです。現在編集中で「早ければ」来週末ぐらいに公開できるそうです。
 あと、その次のプロモーションとして「ライブ・インタビュー」なるものを企画中だそうです。ファンからユルゲンやグラントに向けた質問を募集して、ナマで答えるというもので、返事はリアルタイムのビデオ(Webcam)でインターネット生中継を行う計画とのことです。なんだかすごいこと考えているようです。チャットでも大変なはずですが...。ま、心配はさておき、プロモーションには期待したいですね。みなさんも質問したいことを考えておいてください。どのような形になるかまだ確定ではありませんが、ファンからの質問に答えるというのは、大丈夫だと思いますので。

>カスタムさん、
 パトリック・モラーツ、いいですよね! 私は実は大好きなんですが、どのアルバムがお好きですか? 私は以前yeszanmaiさんに教えていただいたアコースティック・ソロの「レゾナンス」というアルバムがお気に入りです。これはモラッツのサイトで通信販売で売っています。

>お花見オフ会、
 もう桜が咲き始めましたね! 早くやらなくっちゃ散ってしまいますね。と、いうことで、突然ですが今週の金曜日の夜あたりはいかがでしょうか? 場所は新宿か渋谷で19時集合...。今からだと急すぎますかね〜? ご意見をお聞かせくださいませ〜。



02/03/18 13:56:44
名前:
ふらじゃ

コメント:
一日遅れになりましたがJ'ratさん誕生日おめでとうございます。たしか仔ラットくんも誕生日が近かったのでは…那須はいかがだったでしょうか?

今日も暖かで桜も一気に咲き始めましたね、「春分の日」にはしっかり花見の予定を入れてあります。ただし車なのでアルコール抜きですが(T.T)

先日古本屋の大手ブックオフに行ったらレーザーディスクが叩き売られてました。やはり需要がないのでしょうか、DVD化されてないソフトは何らかのバックアップを取っておきたいです。



02/03/18 00:27:15
名前:
カスタム

コメント:
>J'ratさん&訪問してる他のみなさん

最近他のNETに参入して、そちらの作業が忙しくて、なかなか来れなかったです。
そう言えば、LARKのHPの曲は現在18曲公開してますよ。
LARK以外でも僕のソロとゆるげんのソロと色々なサウンドが聴けると思いますからまだ未聴なら良かったら聴いてみてね。

最近、毎日のようにジェスロ・タルの「チック・アズ・ア・ブリック」を聴いてます。
あまりに良くて、やめられない状態です。
アルバム全1曲で43分の曲なんてプログレ史上でも他に無いと思います、ジェスロ・タル史上、最高傑作のアルバムですね。

そう言えば、このHP上でグリフォンの事書いてましたが、あれから僕は久しぶりにグリフォンのCD聴いてみました。
聴いたのは「トリーズン」だけど、前聴いた時よりもすごい印象で感激しました。
こんなにYESの演奏に影響されたバンドは無いくらいYESぽい音楽を演奏してます、4thと5thは同じぐらい好きって書いたけど、「トリーズン」の方が圧倒的にいいです。

今日、久しぶりにパトリック・モラーツのソロ・アルバム聴いてみました、パトリックはバンドで演奏するよりソロの方がアレンジがいいですね。
相変わらずムーグの多重録音がすごいけど、生ピアノの演奏聴くと本当クラシックのピアニストって感じですばらしい!!
改めて70年代のProgre聴いて分かったけど、最近の新進気鋭のProgreバンドじゃこうはいかない・・。
昔のサウンドが全体的に洗練されてるんですね!!!!
やっぱり今の音楽市場があまりに流行物で形だけって感じですかね・・・?
それとも過去の栄光は今時古臭いのか・・・。

以前Progre通の知り合いから聞いた話だけど、その人は今で言う流行のロイアル・ハントやドリーム・シアターやシャドウ・ギャラリーを好んで聴いてて、いわゆるデジタル・シンセ派のProgreこそ現代の最高のProgreバンドとか語ってました。
たしかにそれが今風のProgreかも知れないけど、たしかその時に、70年代のProgreを聴かしてあげたらその人に笑われてしまいました・・!!
ハモンド・オルガンやメロトロンやムーグのような音を聴いて「古臭くてダサくて素人丸出しの音楽だ!」でした。
最近Progre聴き始めた人には、オルガンやメロトロンのような音は、たしかに古臭い印象が強いようです。
たしかあの時はELP、TRACE、GREENSLADEとかキーボード・バンドを聴かしてあげてたと思います。
その人とは音楽の趣味の不一致てところです。
僕は若い人とも交流があるから、音楽の話題でこんな話は良くある事です。
みなさんは昔の音楽聴いてて人にバカにされたって経験ありませんか?



02/03/17 21:13:34
名前:
にいはお

コメント:
連続で、なんですが・・・・・。

DIXIE DREGS99年のライブ「CALIFORNIA STREAMIN'」を聴く。
バカテクはもうあちこちでこれまたバカみたいに語り尽くされているので
置いておくとして、
収録曲中にF.ザッパの超有名曲「ピーチズ・エン・レガリア」が入っています。
しかもザッパの息子、ドゥイージル・ザッパをゲストに呼んで。
ザッパとドレッグスに直接の関係は多分無かったはずだから、
きっとドレッグスの面々が大ファンだったんでしょう。
その気持ち、よく分かる。

ザッパに関する面白いサイトを二つ紹介します。ご存知だったら、ごめん。

「SPLAT'S ZAPPA PAGE」
http://darkwing.uoregon.edu/~splat/zappapage.html(トップページ)
http://darkwing.uoregon.edu/~splat/whatever.html(参加ミュージシャン関連ページ)
特に二つ目のURLではザッパのアルバムに参加した膨大なミュージシャンの、これまた膨大な
過去参加アルバム資料館状態となっており、その足跡を芋づる式に探る上でも貴重な情報源です。
一部ミュージシャンは雑誌インタビューの抜粋まで掲載されており、これもまた楽しい。
個人的にはV.カリウタの米「モダン・ドラマー」誌掲載のインタビューが興味深いものでした。
ただ、なかなか繋がりづらいサイトです。ここ(中国)からだけかな?

「FRANK ZAPPA MIDIS」
http://freeweb.pdq.net/cheepnis/zlistmid.html
あるんだな、こういうサイト(笑)。
出来の善し悪しはともかく、よくまあこんだけ集めたものだと。また、作った人が
いるもんだと。脱帽!!



02/03/17 20:10:57
名前:
にいはお

コメント:
店主様、お誕生日おめでとうございます。
中国よりお祝い申し上げます。
今年はおめでたい事が重なりますね。



02/03/17 19:30:38
名前:
ゆるげん

コメント:
わ!毛糸さんに先を越された。

J'ratさん、誕生日おめでとうございます。
誕生日がユルゲン・フリッツの近くで羨ましいです。
これだけ近いと「もう少し早く生まれてれば」なんて考えた事、一度は有るでしょ。
私は5月10日で、離れすぎてるので、考えた事全然無いです。

Salt Field(^^;)じゃなくて、那須塩原はいかがでした?楽しめましたか?

私ゆるげんが、Mountain Mouth Prefecture(^^;)からお送り致しました(TVレポーターみたい)。



02/03/17 17:23:52
名前:
毛糸

コメント:
しめしめ
フリッツの一番乗りはゆるげんさんに持ってかれちゃったけど
こっちはいただきぃ♪

J'ratさん誕生日おめでとうございます〜〜



02/03/17 07:24:16
名前:
kit

コメント:
おはようございます、kitです。

>ジャズ
昨日、この前買ったアル・ディ・メオラの「エレガント・ジプシー」と、
CHICK COREA ELEKTRIC BANDの「INSIDE OUT」を聴きました。
「エレガント・ジブシー」は、すさまじいですねえ。
「INSIDE OUT」は、印象が「return to forever」とも「浪漫の騎士」とも
また違うものだったので、少しとまどってしまいました(^^;
>コルトレーン
コルトレーンは「至上の愛」と「インターステラスペース」しか
持ってないですが、「インター〜」は、印象がクリムゾンの
「アースバウンド」に近いですね(←語彙が貧困(^^;)。

>ドリシア新譜
私はさっき聴いてました。やはり1枚目は今時なゴツいハードロックですね。
でも、慣れるとすんなり聴けます。目覚ましにもちょうど良いです(^^;



02/03/16 22:44:08
名前:
案山子

コメント:
>J’ratさん
>ハイヒールを履いて女性の足元がジャケットをご覧になると、思い出されると思います。
思い出しました!!!・・・と言ってもジャケットだけ・・・で、今聴いてます。
飾られたジャケット(CDでは雰囲気出ない)、コーヒーとウイスキーの香り(めにゅーが少ない)、
いつもの席(なんで同じとこに座るんでしょう?)、積み上げられたスイングジャーナル
(たまに載るロックのレコード紹介が密かな楽しみだった)、BOSEのおっきなスピーカー
(めっちゃ音がよい!!!!)・・・完全に忘れていたような細部まで思い出させる音楽って不思議です。
アート・ファーマーのさりげないトランペット大好きです。
そういえば、最初はトランペットとサックスの区別もつかなかったのです。

>CHIPMUNKさん
>マイルスといえば最近出たフィルモア・イーストのライヴがすさまじくてびっくりしました。
ひょっとしたら1970年6月のAT FILLMORE か、その時期のものでしょうか?
信じられないことに、これは残ってるんですよ!(LPですが)
どうしてマイルスをことごとく売って、これだけ残したんだろうかって・・・・。謎。
そう思いながら、聞いてたんですよ。キーボードがチック・コリアとキース・ジャレットっていうのが、
凄まじいものがあります。しかも、この2人が「これでもか!」と前衛的。
その辺りでちょっと散漫というか、要するに自分の耳がついて行ってない感じがするんですが、
・・・・マイルスがおもむろに出てきて、テーマが出てくる頃にはぐううううううーーーーーっと
収れんされていく感じで、おおおぉぉーーーってゾクゾクします。

>ジョン・コルトレーン
暗いですか?わたし好きでしたが・・・でも一番好きだったのは彼の親友のエリック・ドルフィーでした。
その絡みで聞いてたのです。



02/03/16 21:11:20
名前:
にいはお

コメント:
今日は娘1号の卒園式でした。4月から
当地の日本人学校の一年生です。
本人は行きたくないらしいです。理由は
「おべんきょうをやりたくない」んだそうです。
ま、その気持ちは分かる。
日本人学校はちょっと離れたところにあり、
家庭によっては通学時間が、「お父さんの通勤時間」より
かかる場合もあるのです。実は、うちもそう。

卒園記念アルバムには「大きくなったらなりたいもの:リボンちゃん」と
ありました。「サトシ」という子もいたな。
ま、頑張ってくれい。「だれでもさいしょはいちねんせい」じゃ。

末期ウエザー・リポート(末期ったって悪い意味ではなく)の
「ドミノ・セオリー」を聴く。
「ジャコパスとアースキンがいなくなった」とか言って
ぶつぶつ文句たれとったのは誰じゃ、まったく。
「D♭ワルツ」のカッコ良さに酔いしれるべし。



02/03/16 12:08:41
名前:
J'rat

コメント:
 おはようございます。って、もう昼ですか。(^^ゞ

>CHIPMUNKさん、
 お体、もう大丈夫ですか? コルトレーンと言えば、「マイ・フェバリット・シングス」でしたっけ? 管楽器はいいですよね。ジャズ喫茶でJBLやアルテックA-7と言った名機で聴くと、生演奏のような迫力がありました。家に帰って自分のステレオとの差に愕然としたものです。

>ゆるげんさん、
 私の間違った誕生日の情報でご迷惑をおかけして、本当にすみませんでした。フリッツは49歳になったわけですね。デビューが19歳で早かったので、まだまだ若いですね。
 米国のTriumvirat.Net公式サイトの掲示板に、新曲は現代風でありきたり、昔ながらのトリアンヴィラートのようなオルガンやアナログシンセを使った「いかにもプログレ」をやってほしかった、という投稿が載っています。投稿者はお若い方のようです。
 気持ちは良くわかりますし、私も本音のところでは賛成なのですが、やはり今の音も聴いてみたいですね〜。一曲ぐらいスパルタカス風のをやってくれると楽しいのですが...。複雑な気持ちです。

 さて、仔ラットが学校から帰ってきたら(今日は半ドンなのです)温泉に出発です。クルマ用のCDを入れ替えなくては。



02/03/16 10:20:56
名前:
CHIPMUNK

コメント:
おはようございまぁす。すっかりあったかくなりましたね。もう桜のウワサもちらほらですね。

>大家さん
わたしも会社に入った頃でしょうか、プログレから離れていた時期にジャズを少しづつ聴くようになりましたねー。わたしはジョン・コルトレーンにしばらくハマってました。く、暗い。(^^;;;

マイルスといえば最近出たフィルモア・イーストのライヴがすさまじくてびっくりしました。ビッチェズ・ブリュー、パンゲア・アガルタ(もうずいぶん聴いてないんですが)あたりが好きな方はいいかもしれません。荒っぽいですがド迫力です。(C2K 85191)



02/03/15 19:28:40
名前:
ゆるげん

コメント:
>J'ratさん
>ユルゲン・フリッツの誕生日
URL見ました。これだけ堂々と書かれていれば、そう思ってしまいますよね。
ところで、3月14日の有名人で誰か居ないかなとリスト見たら、1941年生まれに「Uボート」のWolfgang Petersen監督が。

>週末の予定
J'ratさんは那須塩原へ行らっしゃるそうですね。ぜひ、楽しんで、体を癒してください。
え〜と、私は今年一発目として自動車レース「スーパー耐久レース」を見にMountainMouthPrefecture(^^;)へ行ってきます。



02/03/15 19:28:00
名前:
J'rat

コメント:
 雨はすぐ止んでしまって今日は暑かったくらいです。もう初夏という感じでした。会社の近くのサクラの花がもう咲き始めています。

>ソニー・クラーク、
 「クールストラッティン」は1958年の作品です。ハイヒールを履いて女性の足元がジャケットをご覧になると、思い出されると思います。探していたら素敵なサイトが見つかりました。ご参考まで。
http://www.hamaguri5.com/nice/nice_b2.html

>ドリームシアター、
 新譜、早く買わなくっちゃ!



02/03/15 09:48:29
名前:
ふらじゃ

コメント:
久しぶりの雨ですね、でももう冬のような寒さは感じられません。もう春なのですねぇ

今朝の通勤の友はドリシアの新譜の1枚目でした。まったくとんでもないことをサラッと演奏してる連中です。かといって難解な音と言う訳ではないですが・・・

>ウイルス
私のとこにも来てたみたいですが、時間が経ってたせいかサーバー側で駆除してくれたみたいです。ご丁寧に添付ファイルはウイルスなので削除しましたというメールがきてました。



02/03/15 08:19:46
名前:
案山子

コメント:
>J'ratさん
>ビル・エバンス
と、言えば「枯葉」しか思いつかないわたし・・・あの曲をあんな風に持ってくるのはカッコ良かった!
ソニー・クラーク・・・名前聞いた気がするのに・・・・誰だったっけ???・・・状態・・・です。
結構、聴いてるはずなのに、ちっとも思い出せないのが情けないですね。
あの頃聴いてたレコードはことごとく処分したのはどうしてかなぁ。
ピアノであるのは本田竹曠ぐらい。後、最近買ったキース・ジャレットですね。

>グリフォン
3rdしか持ってないですが、結構気に入ってます。
確かにイエスの雰囲気に似てます!ルネッサンス〜バロックのイメージがして面白いですね。

>U2
>今年のグラミー賞U2はと聞いて、「絶対買わなくちゃ!!!」って思ってたのを思い出したのです。
ふらじゃさん。いつも色々なことを思い出させてくれて、・・・・感謝してます。
大好きなグループですが、リフとボーカルの感じがワンパターンになり勝ちなので、
あまり買ってないんです。でも、凄く良いものがあるから、もっと良くなるはず!っていう気持ちでした。



02/03/15 02:19:26
名前:
yeszanmai

コメント:
プログレって言っても、ジャズロック中心に聴いていたので、
「プログレを止めた」っていうより「よりプログレに近付かなくなった」と言う方が正確かな。

>グリフォン
イエスの前座をしていますね。
リチャード・ハーヴェイとリックは学生時代の友人だったとか。



02/03/15 01:25:49
名前:
J'rat

コメント:
 確認が取れました。ユルゲン・フリッツの誕生日は3月12日で間違いありませんでした。公式サイトの Russ が即答してくれました。私の間違った情報源は http://www.annalen.net/chronical/03/xxxx_03_14_b.html でした。
 ゆるげんさん、すみませんでした。m(__)m

>案山子さん、
 私が大学時代に聴いていたJAZZは、もっぱらビル・エバンスでした。どうしても鍵盤にあこがれてしまうのです。初めて聴いたのはソニー・クラークの「クール・ストラッティン」でしたが。
 ということで久しぶりにビル・エバンスの「インタープレイ」を引っ張りでして聴いています。いいな〜。

>ふらじゃさん、
 SLレストランの情報、ありがとうございました。鉄っチャンが趣味ではじめたお店のようですね。おお、ホイトルさんもお薦めですね。有名なお店なんですね〜。
 ここなら仔ラットも大喜びでしょう。ぜひ行きます!! 妻ラットに話したら、なんだか回転寿司のようなものを想像したようです。がっくり。男子の趣味の世界な訳です、女性の鉄道マニアって聞かないですから。

>にいはおさん、
 ローラースケート中華飯店とは! 千葉の外資系スーパーでもローラースケートというお店があるそうですが、中華料理の場合はラーメンとかこぼしまくりで、熱湯をかぶってヤケドするお客さんが続出しそうですね。

>カスタムさん、
 トリアンヴィラートのビデオは、残念ながら見たことがありません。何種類か存在するらしいことは噂では聞いていますが、めぐり合えないんです。もしどこかで売っているという情報がありましたら、お教えくださいませ。

>ウィルス(、
 やっぱり来ましたか、ウィルス。私の勤務先や関連の会社でも多数やってきました。今回のは子供が作ったお手軽な変種のようです。伝染ってもメールを飛ばすだけですし、感染力の高いものではありませんでしたが、みんな結構引っかかっていたようですね。私のところにはシステム関係の会社の人から来ました。何しろファイル名が「パッチ」ですから、何かのプログラムの修正ファイルだと思っちゃいますよね。冷静に考えればわかるはずなのですが、多分引っかかったのはIT関係者ばかりなのでしょうね。添付ファイル名は巧妙だったわけです。

 今年に入って、足の速いウィルスが多いですね。ウィルスシグネチャができる前に流行が始まるというパターンです。今回はトレンドマイクロが一番でしたが(あんたらやろ、作ったんは?>冗談です)、ネットワークアソシエイツは3時過ぎでしたし、シマンテックは6時過ぎでした。なにしろウィルス名称が統一されないなど、各社ともバタバタでした。この間はどんなにまめにウィルス定義を更新していても防げないですので、より注意が必要です。
 対策としては「ちょっとでも怪しいファイルは実行しない」というのが鉄則です。新種のウィルスにはウィルスチェックソフトは役に立ちません。差出人に電話で確認してから実行するなどですかね〜、できることは。でも、プレビューしただけで感染するタイプのウィルスなら多分防げないでしょうね。腕の立つウィルス作者が本気で作れば感染は免れないでしょうし、HDDの中身を消したり、重要なファイルを転送するとか、被害は甚大になることでしょう。IEのセキュリティホールが、もう出てこないことを祈るばかりです。
 ワールドカップのころがサイバーテロに遭う可能性が高いので、これからしばらくは気が抜けませんね。

>sphinxさん、
 お〜、ホントですね。にいはおさんのMIDIと私のページを紹介してくださっていますね。すご〜い! でもいきなりプログレの代表としてトリアンを紹介しているあたりが只者ではないですね。いったいどのような方たちなのでしょうか?
 専門用語が多くて私にはよくわかりませんが、GXSCC というソフトシンセで聴くと、にいはおさんの原作とは全く違う風に聴こえますが、なんだか不思議に雰囲気のある音になりますね。もちろんXGのほうが圧倒的にHiFiですけど...。



02/03/15 00:11:10
名前:
sphinx

コメント:
ネットをさまよっていたら、こんなとこみつけました。
こちらのサイトとにいはおさんのMIDI集を紹介しています。
http://www2.odn.ne.jp/~cao35550/bunbun.htm
ちょっと珍しい紹介のしかた、ご存知でしたか?



02/03/14 23:18:13
名前:
sphinx

コメント:
>ウィルス
私の会社でも午前中に大流行していました。「Important」というタイトル
だったのですが、アドレスが〜.jpの人には日本語のタイトル「う○こ」とか
で配信されたようです。Symantec=ノートンでは未対応だったようで、くぐり
抜けてしまったようですが、Trendmicro=ウィルスバスターでは既知だったため防げた
ようです。
花粉症もだいぶ楽になってきました。
夜桜、居酒屋、ロックバー、いいですねぇ。あそこいきますか?渋谷の。



02/03/14 20:51:41
名前:
にいはお

コメント:
来ましたよ、来ました!ウイルスメール!!
会社のPCで受信しました!!
「仕事中にこっそりここを覗いていたので」
おかげで落ち着いて対処できました。
このサイトに5重丸あげたいね、わたしは。

会社のPCはノートンアンチウイルス2002ですが、見事に
くぐり抜けてきました。
上記対処の直後にウイルス定義ソフトの更新を試みたのですが
「あなたのは最新版です」のテロップが帰ってきました。

「間隙をぬって」・・・こういうことあるのだなあ、やっぱり。



02/03/14 19:42:38
名前:
カスタム

コメント:
>J'ratさん、お久しです。

ウィルス大丈夫ですか〜!!
僕のパソは最新のウィルス・バスターを搭載してます(^-^)!!
しかし家の地形のせいで電波の状態が悪くてウィルスみたいに、かなり辛いです。
J'ratさんもパソ使う時は気を付けて、ウィルス対策頑張って下さい。

>ホイトルさんのグリフォンの話題が出たので思わず共感して書き込みしました。
僕も4thアルバムは特に好きです。
かなりYESを意識したアルバムですね!!(^-^)!!
Guitarはスティーヴ・ハウぽい演奏の感じが強調されてるし、Drumsもツタタタッ!!
て軽い感じのスネアがビル・ブラッフォードぽいし。
特に4thは名盤ですね。

でも5thもかなりいいアルバムですよ!!
国内盤は4thまでしか発売されなくて、5thを聴くのは困難かも知れません。
僕は奇跡的にも丁度輸入盤を手にいれる事が出来たけど、グリフォンをほとんど聴いた人でも5th「トリーズン」は知られて無いらしいです。

ホイトルさんは「トリーズン」は聴かれましたか?
僕的には4thと5thは同じぐらい好きです。

そうそう!!J'ratさんに聞きたい事があります。
Triumvirat関連ならもしかしてご存知かと思って・・・。
以前通販の中古CD&中古VIDEOショップでTriumviratのVIDEOがあったようですけどBOOTで出てたのはLIVEかSTUDIO LIVEか不明のまま気になってました。
惜しくも手に入れる事は出来ませんでしたけど、Triumviratの映像見てみたかったです。
他のProgre専門店にはプログ・フェストのVIDEOで1曲Triumviratが参加してるのがありました。
店の人に言わせると、もう多分二度と手に入らないって言い切られました。
やっぱり、かなり貴重な映像ですね・・。
J'ratさんはTriumviratの映像やVIDEOとか見られましたか?
その幻で見れなかったVIDEOは詳細とかって分かりませんですね・・?



02/03/14 18:14:37
名前:
J'rat

コメント:
新種のウィルスが今日の午後から流行っています。

いかにもウィルスという感じのものですが、引っかかる人が多いようです。(^_^;
「patch.exe」という添付ファイルを実行しないようにご注意ください。
<詳細はこちらをご覧ください>
http://www.nai.com/japan/virusinfo/fbound.asp
http://biztech.nikkeibp.co.jp/wcs/show/leaf?CID=onair/biztech/gen/174720

取り急ぎお知らせまで。



02/03/14 13:22:59
名前:
にいはお

コメント:
当地には、
機関車が料理を運んでくるお店はありませんが、
ローラースケートに乗った女の子が料理を運んでくるお店は
あります。


・・・・・・・・・・・・・・・・チンジャオロースですが・・。



02/03/14 12:55:10
名前:
ホイトル

コメント:
那須塩原の機関車の模型が料理を運んでくるお店ってのは、
ずいぶん前に行ったことがあります。
なかなか楽しいですよね。

マイルスのビッチズ・ブリューはワタシも未聴。
「ラウンド・ミッドナイト」は好きです。

最近、件のレンタルCD屋にグリフォンの3rd、4thがあるのを発見。
今まで聞いたことがなかったのですが、
これがなかなかいいんですなあ



02/03/14 11:35:12
名前:
ゆるげん

コメント:
>ユルゲン・フリッツの誕生日
>12日だと思うのですが、ある情報によると1953/3/14というのを発見しました。
う〜〜む・・・どっちだろ。
私はRimmerさんとこのBirthday Linksを参考にコメントしました。
私自身はユルゲン・フリッツの誕生日を知らなかったのです。
じゃあ、ちょうど今日は3月14日だし、もう一回。
Happy Birthday Dear Mr. Greatest Genius Of Music Jurgen Fritz !

そうそう、
ELPの勘違いで思いだしましたが、イエスの「ドラマ」を買った頃の、今思えば恥ずかしく成るほどの大ボケです。
「ドラマ」の帯に"ジョンとリックの脱退"とありましたが、私は「ジョンとリック」の単純な名前から勝手に判断して、「別にそんな下っ端のメンバーが辞めてもどうでもいいや」と思いつつ買いました。ああ、なんて恐ろしい事を・・・
今の自分から当時の自分へ「あほっ!」と言いたいです。
でも、ジョンとリックなんて、ありきたりすぎる名前だもん。



02/03/14 09:52:43
名前:
ふらじゃ

コメント:
今日も良い天気です(最近こればっか)ここのところ花粉の症状も軽いので思いきってなにも対策をせず通勤してみましたが、くしゃみ,鼻水がちょっとあっただけで問題なかったです。このまま落ちついてくれるといいのですが…

今朝の通勤の友はドリシアの新譜「Six Degrees of Inner Turbulence」のタイトル曲でした。まるで映画のサントラを聴くような感じで始まり気が付けば彼らの世界に引きずり込まれてるといった構成はみごととしか言えません。来月のライブが楽しみです

>J'ratさん
那須のお店の名前はすっかり忘れてましたので、調べてみたらHPがありましたのでこちらを参考になさって下さい
http://www.nasu-jouki.co.jp/top.htm

夜桜オフ会、風流で良いですねぇ。今年は開花が早そうです。

>案山子さん
U2は詳しくないのですが、プロデュースはイーノ一人ではなかったです。ただかれの影響は大きそうで曲によってはデヴィッドボウイを思わせるものもあったりしました。



02/03/14 08:13:32
名前:
案山子

コメント:
季候が良くなってきましたね。
あーーーーー!温泉行きたい!・・・・と思う今日この頃。

>yeszanmaiさん
>『アガルタ』はいいですぞ。
>わたしはこれを聴いてプログレ止めました(ウソ)。
わたしは結構真実だったりする・・・・。マイルス電気関係では一番好きです。
その後、どんどん遡ってスタンダードジャズ(特にボーカル)まで行ってから、
何故か突然YMOファミリーから初めて邦楽に入り、聖飢魔供爆風スランプ、ユニコーン、
バービー・ボーイズ・・・とはまっていったのが、我ながら不可解というか・・・良くワカラン性格です。
でも、結局はプログレに戻ったんですが。

>J’ratさん
>私もプログレ暗黒の80年代はJAZZ喫茶に潜って過ごしたクチですが、マイルスはなぜかちゃんと聴いてい>なかったのです。
そうなんですかぁ〜〜〜〜。それは珍しいかもしれませんね。どの辺りを中心に聴かれてたのでしょうか?
なんとなく、BITCHES BREWよりはアガルタ・・・・でもそれよりも、J’ratさんには
Round About MidnightかKind of Blue ,My Funny Valentine・・・辺りの方が
お似合いのような気がします。(図書館にもあると思いますよ)

>ふらじゃさん
>U2の「ACHTUNG BABY」
気になりますね。
The Unforgetable Fire で初めてイーノがプロデュースしたと思うのですが、
その後なんでしょうね。



02/03/14 00:38:42
名前:
J'rat

コメント:
 今日は良いお天気でした。もう春なんですね。そろそろ春のオフ会を考えなくては...。最近休日が続きましたので、次回は平日の夜にしてみませんか? 夜桜〜居酒屋〜ロックバー、なんて流れはいかがでしょう?

 今日帰ったらドイツのCDショップから荷物が届いていました。ここのところ良く届きます。今週はヘルムート・ケレンの遺作 "You Won't See Me" も来ました。念願のLPです。ジャケットが少し破れていましたが、持っていなかったので嬉しいです。

 今日は Grant Stevens の "God's Market Share" というシングルCD でした。1999年の作品ですが、プロモーション用の非売品でした。彼の作品は 1989年のCD "Grant Stevens" 1998年のシングルCD "Everlasting Friends"、1999年のシングルCD "I Was Bad"、1989年のジャンボシングル(45回転LP)"A Touching Memory"、同じく1989年のEP "The Seven Seas" と次第に増えてきました。
 グラントの曲は明るいU2という感じがして、とても聴きやすいです。ギターが中心で、なんとなくアメリカっぽく聴こえるのが不思議です。出身はオーストラリアだそうですが...。

 あと、Satin Whale のEP "Don't Stop The Show" もゲットしました。1981年の曲ですが、Barry Palmer&Thomas Bruck とクレジットされています。ユルゲン・フリッツも参加したはずなのですが、まだ聴いていません。楽しみです。でもLPもあるはずなので、そちらも探したいです。

>案山子さん、
 3枚も買われたんですね。BITCHES BREW、私も聴きたくなってきました! 私もプログレ暗黒の80年代はJAZZ喫茶に潜って過ごしたクチですが、マイルスはなぜかちゃんと聴いていなかったのです。

>ふらじゃさん、
 機関車の模型のお店、そう言えば以前言ってらっしゃいましたね。ぜひ探してみます。お店の名前なんて覚えていらっしゃいませんよね〜?

>にいはおさん、
 「尊敬する人物:曹操」日本で言えば聖徳太子を挙げるようなものでしょうか(ちょっと違いますか)。スチュワーデスさんが言うあたりが強烈ですね。でも「毛沢東」じゃなくてほっとしました。
 「妖精」を買われたんですね。良いですよね〜! やっぱりイタリアですよね。私は相変わらずイタリア語のバンド名が覚えられないのですが。(^^ゞ



02/03/13 23:50:14
名前:
yeszanmai

コメント:
>案山子さん
『アガルタ』はいいですぞ。
わたしはこれを聴いてプログレ止めました(ウソ)。



02/03/13 21:27:39
名前:
にいはお

コメント:
出張先は面白くも何ともない街でした。市民の方には申し訳ないですが。
(って、こらこら別に遊びが目的で行ってた訳じゃないだろう)

帰りの飛行機の中で機内雑誌を眺めていたら、
スチュワーデスさんのインタビュー記事があって、
プロフィールの欄に「尊敬する人物:曹操」とありました。
20代前半で、好きな食べ物はフルーツらしいです。中国やのぉ。

過去ログで大変評判になっていたロカンダ・デッレ・ファーテをお供に
出張しておりました。イタリアも、食わず嫌いはいけませんな、うむ。
旅先でもプログレは欠かせませんのだ。



02/03/13 10:10:50
名前:
ふらじゃ

コメント:
毎日良い天気が続いてますねぇ、今の事務所に移ってから不思議なことに花粉症の症状が軽くなってます。何か精神的な事が関係してるのでしょうか?環境が良くなったとは思えませんが・・・

今朝の通勤の友はU2の「ACHTUNG BABY」でした。これもプログレではないですが、プロデュースにENOが関わってるのでそう外れてはないといった感じですかね、今年のグラミー賞もU2でしたが、このアルバムも何か賞を取ってた気がします。

>那須塩原
一昨年行った時に、機関車の模型が料理を運んでくるお店に行って仔ふらは大喜びでした。仔ラットくんが鉄道に興味があるのならお勧めです。お店の中には鉄道関係の物や模型がたくさんあって食事そっちのけで遊んでましたが・・・



02/03/13 08:13:44
名前:
案山子

コメント:
>スティーブ・ハウのフレーズはシンセサイザーで出していると思っていました。
わたしの場合「この人のエレキ・ギターはなんて綺麗な音なんだろう!」と、思って見ると
「アコースティック・ギター」と書いてあったんですよね。
「このアコースティック・ギターっていうのは、一体どんなものだろう??!!」
と、あれこれ想像して、ずーーーーっと憧れ続けました。
「アコースティックボディーのエレキ・ギター」を見つけると、
「これだったのか!!!」と、思い込んで欲しくて仕方なかったんです。
随分後で映像見て「なぁーーーーーーーーーんだ!普通のガット・ギターじゃない!!」って・・・・。
今から思うと馬鹿みたいですが、そんなんばっかりでしたよ。

>マイルス・デイヴィスの「BITCHES BREW」
買ってきました!ついでに「アガルタ」と「パンゲア」も。全部2枚組・・・・た・高い・・・。
いいんです。いいんです。PFMのライヴに行ったと思えば・・・・。
是非に見に行きたかったんですが、どうしても許可がおりなかったんです。
結局、エアロスミスは忙しくて行けなかったし、ドリームシアターも諦めたしって
必死で説得したんですが情勢は厳しいですね。
ロジャーを楽しみにしつつ、CD買って憂さを晴らすのです!



02/03/12 23:51:39
名前:
J'rat

コメント:
 きのう本屋によって英会話のCD付きの本を買いました。2枚組みで、本が付いて1800円はお買い得です。でも音楽が入っていないので、すでに飽き気味です。せめて3日は続けようっと...。

>ユルゲン・フリッツの誕生日
 12日だと思うのですが、ある情報によると1953/3/14というのを発見しました。なんだか私は自信をなくしています。う〜ん。(-_-;) やっぱり聞いてみようっと。

>プロモーション#3のアニメ、
 これは実写に特殊効果をかけてアニメーション風にしたんでしょうね。この声といい、口といい、いったい誰なんでしょうか。俳優さんでしょうかね〜。ユルゲンの自作自演だったら、ちょっと怖いですね。

>プログレ事始め、
 私なんか自慢じゃないですが、エレキギターというものがわからなくって、スティーブ・ハウのフレーズはシンセサイザーで出していると思っていました。ロックを演奏している映像って、見たこと無かったんです。(^^ゞ

>JurgenとJuergen、
 本来は u の上に発音記号ウムラウトを付けて書くのがドイツ語流なのですが、表記しにくいので ue と書くようですね。発音はウとエの中間なのでそう綴るようです。ドイツ語のキーボードがないと打ちにくいんですよね〜。Windowsでも出せるのですが、忘れちゃいました。Webでは文字コードセットをそこだけ変えれば表記できるはずですが、日本語と混在させると面倒なので、私はごまかしてしまっています。スミマセン。

>めまい、
 いいことを思いつきました。湯治です。週末に温泉に行くことにしました。那須塩原です。これで直ること請け合いです。ボウリング場のある観光ホテルです。楽しみ!

>ふらじゃさん、
 新しい職場はいかがですか? お昼の散歩は続いているんですね。新たなCD屋さんが見つかると良いですね!

>ゆるげんさん、
 パスポートは聴いてみたいですね〜。Infinity Machine ではクレスは叩きまくっていますか? 彼のソロアルバムを以前買ったのですが、ジャズ&フュージョン&アフリカ風でした。
 Stern Meissen は初耳ですが、これも聴いてみたいですね。東ドイツのなんて、聴いたことないです。



02/03/12 20:19:36
名前:
ゆるげん

コメント:
最近、やたらとクシャミがでます。花粉症と関係あるのかな?
他の症状は無いんだけど。

聴いたアルバム

ラムゼイ・ルイス(Ramsey Lewis)のラムゼイ・タッチ(Three Piece Suite)
珍しくフュージョンです。曲想は「菊池ひみこ」によく似てます。あ!菊池ひみこを知らないと解らないですね。菊池ひみこはラムゼイ・ルイスに似てますね。(←アホか)
ラムゼイ・ルイスはキーボード奏者です。バックにはストリングスやブラスを交え、豪華でポップなフュージョンになっており、凄く聴きやすいです。
Can't Wait Till SummerはラジオかCMで掛かってました。
Expansionsは「ひらけポンキッキ」(ふ、古いっ!)の中でガチャピンとムックが何か作業をしているバックで掛かってました。

PassportのInfinity Machine
PompeiiのドラムのCurt Cressが参加してると言う事で手に入れたレコードです。
リーダーはKlaus Doldingerです。映画「Uボート」の音楽を担当してた事の方が有名ですかね。
ジャンルはジャズ・ロックなんでしょうか?
お気に入りの曲はタイトル曲「Infinity Machine」です。何となく「Pompeii」の「Viva Pompeii」を思わせる様な感じで、遠からず近からずってとこでしょうか?でも全然違うかも。
このアルバムは1976年制作でCurt Cressはこの後トリアンに参加します。

Stern MeissenのStundenschlag
先日手に入れました。シンフォニック・ロックの名作「Weisses Gold」で有名なStern-Combo Meissenが改名した東ドイツのバンドです。82年と言うこともあって、かなりニュー・ウェーブっぽい曲が多いんですが、「Das Paar」とタイトル曲「Stundenschlag」がやたら良い、もう素晴らしすぎる。
「Das Paar」はクラシカルなピアノとバイオリンのフレーズが絡み合いながら歌へ導くシンフォニックの秀作です。
「Stundenschlag」はXTCあたりのニュー・ウェーブな曲です。Sagaにも似てるかなって感じのライトポップロック、ベースはチョッパーやハーモニクスなどを多様し、かなりファンキーなノリで、プログレ度は全然ですが、なんか良いんですよね。
ドイツ人は、いわゆる「ジャーマン・プログレ」で無く、まともなロックをやればイギリスを圧倒出来る程の傑作を作れる才能が有ると言う事でしょうか。
このアルバムは隠れた名作かも。でもバリバリのプログレマニアの人には絶対嫌われるんでしょうね。



02/03/12 13:47:04
名前:
ふらじゃ

コメント:
今日も暖かですね、花粉もすごそうですが思ったほど症状がひどくないです。ヨーグルトと有酸素運動の効果でしょうか?

今朝の通勤の友は嗜好を変えてアリスクーパーの「DRAGON TOWN」でした。この人の声も衰えませんねぇ〜まあもともとダミ声の類なのですが声に艶があります。音は最近のハードロックなのでしょうか?ちょっと硬質で機械的な感じがします

>ライナーノーツだけを頼りに、イメージを膨らませて…
イエスの「こわれもの」を買ったときに付いてたメンバー写真が誰だかサッパリ判りませんでした。今から考えると信じられないくらい情報量が少なかったですね。
そんな中で不定期ながらライブ映像の見られるNHKのヤングミュージックショーは貴重でした



02/03/12 08:25:04
名前:
案山子

コメント:
>J'ratさん
目眩→三半規管→内耳→鼻→花粉症・・・と繋がるんでしょうか?
「自律神経失調症」というのは、以前なったことがありますが、
わたしの場合は、単に「原因不明の体の不調」って言う意味に使われてた気も・・・。
いずれにしても、健康第一ですよね。

>にいはおさん
>マイルス・デイヴィスの「BITCHES BREW」!!
これは、高校時代馬鹿みたいに聴き続けましたよ!本当に凄いメンツですよね。
マイルスを聴かなければ、ジャズ喫茶に入り浸る日々も無かったのかと思うと
最も劇的な出会いと言えるのかもしれません。
今、急に聞きたくなってきて・・・・でも無い!・・・・で、パニック状態です!

>けいとさん
ライヴで着物っていうのは最高ですよね!日本の女性は着物が一番美しいと思いますよ。
自分が着ないので、余計にウットリと見てしまいます。

>ゆるげんさん
>プログレ暗黒の80年代でした。
には、笑ってしまいますが・・・本当にそうでしたよね。
わたし自身あの頃は、完全にプログレ離れしてましたから、
その時期に聴き始められるのは、かなりのご苦労があったこととお察しいたします。

>エマーソン・レイクと言う人が率いるパーマーと言うグループ
昔は情報量が極端に少なくて、ジャケットの写真や間違いだらけのライナーノーツだけを頼りに、
イメージを膨らませてましたが、・・・なんかもの凄い勘違いっていっぱいあったような気がします。
でも、それも楽しかったなぁー。
ラジオでも「マクドナルド&ギルス」とか言ってましたよ。



02/03/12 06:49:42
名前:
ゆるげん

コメント:
今日3月12日は我が大師匠ユルゲン・フリッツの誕生日らしいですね。
Happy Birthday Dear Mr. Greatest Genius Of Music Jurgen Fritz !

JurgenとJuergenどっちがいいんだろ。思い入れは20年近く見てきたJurgenだけど、
フリッツ本人はすでに英語圏で通用するJuergenを使っているし。



02/03/11 21:40:27
名前:
にいはお

コメント:
明日は出張です。その前に、

>店主様。着物を着て運転していたら、もっとすごいですが。
・・・もの凄いことを「しれっ」と書き込みますね。

>毛糸さん。にいはおさんで思いだしましたがぁ以下・・・。
・・・何で、僕なの?何でえ!?

>ゆるげんさん。私はエマーソン・レイクと言う人が率いるパーマーと言うグループ
・・・私の場合は、展覧会の絵に入っていたライナーに載っている写真を見て、
   レイクのことを「エマーソン」と、
   パーマーのことを「レイク」と、
   そして御大エマーソンのことを「パーマー」と勘違いしていました。
  「キーボードトリオ」という認識すら無かったかも。

・・・もうひとつ。これも長い間、キャメルの「ラティマー」と「バーデンス」を
   全く逆に理解していました。

いじゃう。ではっ。



02/03/11 20:58:03
名前:
ゆるげん

コメント:
>J'ratさん
お体は大丈夫ですか、無理しないで。

>プロモーション#3
なんかヨー解らんアニメですね。
アニメが画面に出た瞬間、私はヨーロッパの地図かと思い、そして地図が動きだして地震アニメかと思い、地図が喋りだし、ああ、人の口元だと解りました。
こんな風に思ったの私だけですか?
AARON SAYS・・・アーロンって誰?

>案山子さん
洋楽は77〜8年頃からラジオで聴いてました。初めて買ったレコードはビー・ジーズの「哀愁のトラジディ」ですから、79年ですね。そして、初めて買ったプログレはELPの「ベスト・オブ・ELP」だと思います。あのリチヤド・エバンズの日本画みたいなジャケットのヤツ。レコードを見ると、1980となってますから、解散した後ですね。当時はプログレとは知らずに聴いてました。
ELPに関する当時の小ネタで、「エマーソン、レイク&パーマー」と言うグループ名を、私はエマーソン・レイクと言う人が率いるパーマーと言うグループだと思ってました。(例:ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース、トム・ペティ&ハートブレイカーズなどなど)
イエスにしても初めて買ったのは「ドラマ」で、すでにイエスは空中分解でしたし。
80年頃からプログレを聴き始め、83年の「ロンリー・ハート」の頃には、ELPとイエスに関しては全部聴いてたと思います。
この頃はヘヴィ・メタルが流行ってて、アクセプト、ヴァージン・スティール、ラットなども聴いてましたが、ギターがうるさくて、ギター嫌いになりました。
よくKINNIEでヘヴィ・メタルやイエスのブートライブを通販してましたし、マイナーなプログレはトルバドールで通販してましたね。もちろんプログレ以外は地元でも買ってました。
とにかく、プログレを聴いてたのが80年頃からと言う事で凄く苦労しました。プログレ暗黒の80年代でした。



02/03/11 15:45:03
名前:
J'rat

コメント:
 あ、ふらじゃさん。行き違いでしたね。来られてよかったです!



02/03/11 15:38:51
名前:
J'rat

コメント:
 今日もいい天気です。花粉は非常に多いようです。私は最近めまいの薬を飲んでいるのですが、花粉症はおさまっています。副作用でしょうか?

 Triumvirat.TV のマイケルからメールが来ました。プロモーションへの要望の返事です(ちょっと遅いですね〜。実はここ数日以内に子供が生まれるそうで、Jimのアリッサちゃん以来おめでたが続いていますね)。
 こちらからお願いしたスタジオでの演奏風景については、プロモーション#4 のインタビューに入れてくれるそうです。楽しみですね〜! あと、いろいろ質問したのですが、最初のニューズレターにあった文面はユルゲン・フリッツ本人が書いたそうです。ユルゲンは今回のアルバムにたいそう力を入れているそうです。もしかしてマイケルの代筆かと疑っていたのですが、そうじゃなかったんですね。

 あと、新譜の発売日やカタログ番号はまだ知らないそうです。マイケルはWebでのプロモーションが専門のようです。フリッツ本人に聞いてみることにします。そうそう、ニューズレターに返信すると、ユルゲンやグラントが読んでくれるそうです。ちゃんとマイケルが送ってくれているようですので、皆さんもぜひお書きください。私は先日、レーベルや日本盤の扱いレコード会社はどこになるのかを尋ねておきました。

>案山子さん、
 おかげさまでめまいは落ち着いてきました。脳の検査は問題ありませんでしたので、大事ではなさそうです。中耳が問題でも同様の症状が起こるそうですので、耳鼻科に行くべきかもしれません。ご心配ありがとうございました。

>にいはおさん、
 マイルス学校はビル・エバンスも卒業生ではなかったでしたっけ? プログレではないですね。カンタベリーは学校という感じではないのでしょうし...。
 "BITCHES BREW" でELPの "Bitch's Crystal" を思い出しました。ちょっとジャズっぽいですが、関係はあるのでしょうか?

>毛糸さん、
 藤あやこさんて顔が思い浮かばないのですが、演歌の方なんですね。中国でも人気があるんでしょうか。それにしても「エアロをフルボリュームでかけながらプジョーガブリオレをぶっ飛ばす」とはいいですね! 着物を着て運転していたら、もっとすごいですが。
 着物って日本の正装ですよね。海外のパーティなんかに着て行ったら目立つでしょうね。ドイツでトリアンのコンサートがあったら羽織袴を着て行きたいなどと、妄想してしまいました。(^^ゞ

 ふらじゃさん、勤務先がお引越しということでしたが、今週だったしょうか? disk union が遠くなるということでしたが、インターネットは大丈夫でしょうか...。



02/03/11 15:26:35
名前:
ふらじゃ

コメント:
今日も暖かですねぇ、沿道の桜の木もずいぶん芽吹いてます。春ですねぇ

J'ratさん、体調を崩されてる様子ですが、無理せず養生して下さい。と言っても年度末で忙しいのでしょうか?
この忙しい中事務所の移転が終わりました。まだ書類等整理の付かないものがダンボールに山積みですが、とりあえずnetは繋がる様にしました。

相変わらず昼の散歩は続けてますが、近くに閉店のレンタル屋がありCDをあさってしまいました。この癖は治りそうにないです(^_^;



02/03/10 23:21:55
名前:
毛糸

コメント:
藤あやこを侮るでないぞ
バリバリ(←死語?)のロックファンであらせられますぅ
趣味はエアロをフルボリュームでかけながらプジョーガブリオレを
ぶっ飛ばすこととか
次回のエアロ来日の際、ライブ会場で和服の美女を見かけたら
藤あやこか毛糸であると言っても過言ではなかろう(うそ)

にいはおさんで思いだしましたがぁ
昔はこましゃくれた子供が出るCMが多かったですにゃ
「お母さん何着てくるかなぁ、着物だといいなぁ、だって着物を着たお母さん素敵なんだもの」
い、いちいち参観日に着物着ていけるかぁぁぁ!
しかし、たんすの肥やしになっとりませんかぁ?>着物
もうすぐ息子の卒業式です
ええ、ええ、着物で参りますわよん
日本人ですものっ!とーぜんっ!(←服を買う余裕がないことは秘密なのだ)



02/03/10 22:03:33
名前:
にいはお

コメント:
近所の床屋に行ったら、BGM用のCDの棚に
藤あや子のCDが混じって置いてありました。
何で!?

マイルス・デイヴィスの「BITCHES BREW」を聴く。
これも帰国時の捕獲品で、今まできちんと所有していませんでした。
ショーター、コリア、ザヴィヌル、ディジョネット、そしてマクラフリン・・・。
このメンツだけでも、もう開いた口がふさがらないのに、
69年でこの作品!!うっそお・・・。

ロック界のF.ザッパ、ホワイトブルースのJ.メイオール、そしてジャズのM.デイヴィス。
ミュージシャン養成学校、てのはあるもんなんですねえ。



02/03/10 13:40:39
名前:
案山子

コメント:
>J’ratさん
お体の方は大丈夫ですか?季節の変わり目は体調も変化するようなので、お気をつけ下さい。

健康以外あまり取り柄の無い夫も初めて花粉症というものになり、うちはパニック状態です。
こちらの情報を基に、甜茶を飲ませたり、ヨーグルトを食べさせたりしているのですが、
一向に良くなりません。本当に突然なるんですね!

>プロモーション#3
見ました。
・・・・・が、英語が全く全然、少しも聞き取れず愕然としました!
訳を書いていただいて助かりました!
なるほど、こんな風にお話が続いていくんですね。楽しみです。

>ゆるげんさん
昨日、フォリナーの「ヘッドゲームス」を聞きながらふと思ったんですが、
「プログレに出会う前によく聴いてました。」と、いうことはプログレ全盛期以降なんですね。
これは結構珍しいかも。
わたしは「あのイアン・マクドナルドが居てる!」っていう期待で聞いてましたから。
その時は「えらいポップだなぁ」って思いましたが、改めて聞いてみると
イアン・マクドナルドのキーボードが俗っぽくなりそうなところを上手く止めてて、
結構、存在として大きかったのかなぁって思います。



02/03/10 08:21:15
名前:
J'rat

コメント:
おはようございます。まためまいがして、きのうは一日中寝てしまいました。
自律神経に問題があるのかも知れません。医者に行かなくては...。

プロモーション#3の不気味なモノローグ「セレブレーション」を訳してみました。
狂的な独白のようで、意味が取りにくいのですが、いかがでしょうか?

もっとよい訳があればお教えくださいませ。
「セレブレーション」は、祝賀、賞賛、祝賀会[式典]の意ですが、ここではカタカナのままにしました。
**********************************************************

プロモーション#3 「セレブレーション」

鏡の中の顔を見て自分のありさまを見つめ
私のような男になされた運命の指図を考える
歴史の進行を変える決心をした
秘密の役割でもどんな役でも望むまま

テクノロジーを通じてその方法がわかった
入り口を潰したり原因を破壊したり
無邪気な人をその顎から解放するその方法が
目をそうつの頭から掻き出して彼の嘘を
乾いた川床を流れる血のように赤く流すのだ

無として生まれたがそれ以上のものになれる
生命のこの段階で確信している
争いから逃れる方法はあるのだ

我々の首の下で呼吸しているこの邪悪な帝国から
隠れようとしているところの
全ての男と女と子供を一人残らず
苦痛から開放するための
計画と知恵と方法を私は心得ている

おまえは尋ねる、次は何かと
セレブレーションを破壊する効果的な計画を

私は夢の力を信じる
混乱は思っている以上に大きい
偽善者、ライバル、戦いの化粧をした聖人でもよかろう

だが待て、
おまえと同様、私はただの罪びとなのだ
敗者のゲームの勝者に名声はいらない
私は声高に叫ぶ廃物置場の救世主ではないのだ

この悪意を私はどこで得たのか?
染色体か? 遺伝子の中か?
これまでに見た何か、どこか別の人生の中か、
それとももうひとつの輝かしい夢か?

セレブレーションこそが、
ただ信じるべきもうひとつの理由
純粋で不滅なる夢のパワーを私は信じる

カオスから生み出される混乱は予想以上だ
うむ、私はずっと変化を切望してきた
決意を持って虹を追いかけながら

私はただのおまえの鏡
全ての悪魔に命令する
重荷を取リ去ることができ、
世界を手にすることができる10ドルの救世主

この電気の国家に私は大いなる希望を抱いている
私が信じていることが現実になる
私の神聖なる創作
「セレブレーション」

**********************************************************



02/03/09 01:14:07
名前:
J'rat

コメント:
「セレブレーション」
下訳は終ったのですが、いまいちです。
もうちょっと推敲します...。
う〜〜ん



02/03/08 18:39:44
名前:
毛糸

コメント:
これから出勤のあわただしいひととき、お邪魔しますぅ
>Promotion#3
字幕とゆうよりも、文字自体がすんごいコンセプト持ってますにゃ
間のとり方とか、フォントだとか
ミステリアス大好きぃ
あたしも悩んでいいでしょかっ

せれぶれいしょん・・・・こわっ♪



02/03/08 01:59:43
名前:
J'rat

コメント:
 プロモーション3は難しいですね〜。英語が難しいだけでなく、文脈がわからないです。とりあえずTextを起こしてみましたが、翻訳にはてこずりそうです。
 どこで文章を切っていいのかもあやふやですが、まず原文を掲載いたします。しばらく悩ませてください。m(__)m

Promotion#3 ***********************************************************************************
In the mirror I see a face
and contemplate my state.
And what fate dictates to a man like me,
determined to change the march of history,
part mystery part anything I'd like to be.
I see the way through technology
to break down doors destroy the cause,
free the simple man from its jaws,
claw the eyes from its head
and let his lies run red like
"blood"
in an empty river bed.

Born into nothing
there's gotta be more.
I'm sure that down here on the floor of life,
there's a way out of the strife,
and I've got the brains and the means,
the ways and the schemes
to ease the suffering of every last
"man, woman & child",
who try to hide from this evil empire,
that's breathing down our necks.

You ask me what's next??
A master plan with great effect to wreck
"celebration".

I believe in the power of dreams,
the confusion is more than it seems.
A pretender, a contender if you like a saint
covered in war paint.
"But wait..."
I'm just a sinner like "you",
a winner in a losers game,
no claim to fame, no junkyard messiah
with a rage to blame.
Where do I get this spleen?
Is it chromosomes?
Is it in my genes?
Something that I've seen,
somewhere I've been in another life,
another shining dream?
Just another reason to believe,
It's a celebration.
I believe in the pure incorruptible power of
"dreams".

The confusion this chaos creates is more
than it seems.
Well I've been aching for changes,
chasing rainbows with determination, but see
I'm just an mirror of you
with all my devils to ordain.
I can take the strain.
A 10 dollar saviour with the world to gain.
I've got high expectations of this
"electric nation".
A manifestation of what I believe,
my divine creation.
"Celebration"



02/03/07 18:47:21
名前:
J'rat

コメント:
 出ましたね、新しいプロモーション。今朝、さっそく見てみました。アニメーションはなんとなく不気味な感じです。モノローグもスキゾな感じでゾクゾクしますね〜。でもなんて言っているんでしょう? (^_^;

 Micahelは約束どおりちゃんと字幕を付けてくれましたが、それでも喋りが早すぎて追いつけません。がんばってテキストを起こして翻訳しま〜す!



02/03/07 13:14:33
名前:
kit

コメント:
おはようございます、kitです。

三周年おめでとうございます(^^)>J'ratさん
yesライヴオフ会で「トリアンヴィラットって何ですか?」と訊いていた私も、
このページのおかげで多少わかるようになった…ハズです(^^;

>花粉症
>ヨーグルト
友人から聞いた話では、ヨーグルトと有酸素運動が良いそうですね。
ふらじゃさんの「散歩」も、これでちゃんと意味づけされたようです。
健康のためにも、じゃんじゃん「散歩」して下さい(^^;

先日、unionに行ったらユーロ・ロック・プレスの最新号があったので
買ってきました。KAYAKやLANA LANEインタビュー、
IN CAHOOTSやCARAVANのライヴレポートが載ってますね。
あと、イエス紙ジャケ再発群のレビューも載ってました。



02/03/06 23:55:02
名前:
ゆるげん

コメント:
ん?3周年?このHPが?
それはそれは
J'ratさん、おめでとうございます。
3年にも及ぶトリアンの布教活動ご苦労様です。
このHPをキッカケに多くの人々にトリアンの素晴らしい音楽を知って貰えてれば嬉しいです。
これからも頑張ってください。

>ゆるげんさんは予知能力があるんですね。
あはは(笑)偶然ですよ。
それとも、同じゆるげん=ユルゲンと言うことで「神のお告げ」ならぬ「ユルゲン・フリッツのお告げ」でしょうか?



02/03/06 09:52:34
名前:
ふらじゃ

コメント:
今日は雨のおかげで花粉は流れたようでとっても楽です。先日から我が家の食卓にもヨーグルトが出る様になりましたが、花粉症対策だったのですね

今朝の通勤の友は昨日捕獲したLANA LANEの1st「LOVE IS ILLUSION」でした。このアルバムは2種類あるらしいのですが、私が買ったのは古い録音のようです。基本的にハードロックですがキーボードの音が70年代のプログレなので聴いてて気持ちいいです
今回のトリアンの新譜にもこういう音が少しでも良いから入っててくれると嬉しいなぁ



02/03/06 00:29:57
名前:
J'rat

コメント:
 おぉ、今日は3周年でしたね! 先週までは覚えていたのですが、直前に忘れてしまいました。(^_^;

 3周年に新譜とリマスターが間に合えばと願っていましたが、発売こそされていませんがなんとか発表は間に合ったようで、良かったです。本当に、長らくお待たせしてしまいました。
 でも、それもこれもユルゲン・フリッツが20年ぶりに出す新譜には良い作品をと考えてのことだと思います。新譜の全容は今だ明らかではありませんが、三部作になるという壮大な構想のようです。待った甲斐があったと納得できるものを期待したいですね。アルバム3枚にわたる三部作なんて、聴いたことがありませんもの。ユルゲンの半生全てを使ったライフワークとなることでしょう。

>岩の上にも三年、
 うまいっ、ホイトルさんに座布団3万枚!

>Hey hey with Monkeys、
 みなさんありがとうございます。やっぱりかなり難しいんですね。私はモンキーズを知らないのですが、皆さんがピンとくると言うことは、それに違いないですね。映画の「12モンキーズ」というのとは関係ないですね、きっと。

>ジョン・アンダーソンのアニメーション、
 ゆるげんさんは予知能力があるんですね。次回の新譜のプロモはアニメーションとか。(^^ゞ
 ジョンちゃんのアニメーションはCDになっていないんですよね。春向きのいいアルバムですね。私は "In the City of Angels" も好きです。

>sphinxさん、
 ひどい花粉症ですね。私は甜茶のおかげか、今年は軽いです。ヨーグルトが良いらしく、きのうはTVで知識を仕入れた妻ラットにヨーグルトを食べさせられました。

>ドッケンさん、
 さっそく拝見しました。素晴らしいですね。HR/HM のお店だと思ったらトリアンヴィラートのファンだなんて! 春のオフ会は渋谷に決定しましょう!! なんかビデオを持っていかねば。う〜〜む。

>てまさん、
 とっても参考になります! 「所詮音楽だよ、ロックだよ」とおっしゃるのは納得です〜。トリアンの音楽は難しくないですもんね。複雑なプログレからは距離を置いて、親しみやすいメロディーを中心にわくわくする美しい作品を作ってきた彼らです。「プログレ」には今はこだわりはないでしょう。もしかして昔からかも知れませんが。ですから映画「スター・ウォーズ・トリロジー」みたいにストーリーを作って、超大作を自分たちでも楽しんでいるという感じなんですね、きっと。

>ふらじゃさん、
 いよいよ会社の引越しですか。ユニオンが遠くなるのはつらいですね。今までが恵まれすぎていたのでしょうが...。きっと反動で休日に買いに行ったり、インターネット通販に溺れたりするのでしょう。(^^ゞ

>毛糸さん、
 「でしゃばりもせず、押しつけがましくなく」と言っていただけるのはとても嬉しいです。トリアンヴィラートなんてプログレファンの中でも忘れかけているバンドの音楽をお薦めする(しかもCDは廃盤)のですから、難しいですよね。これからもよろしくお願いいたします。

>紀州の駱駝さん、
 みなさんがトリアンの作品を聴いて気に入ってくださったからこそ、この3年間があったんですね。いくらお薦めしても、聴いてがっかりではいけませんものね。やはり彼らの音楽の持つ力のおかげですね!



02/03/06 00:02:37
名前:
紀州の駱駝

コメント:
J'ratさん、開設3周年おめでとうございます。
もともとは、Triumviratをまったく知らない状態でここへお邪魔させてもらってたのですが^^;、3年も経つとすっかり洗脳されてまして、新譜&リマスターが待ち遠しい今日この頃です。
これからも頑張ってくださいね。



02/03/05 19:14:24
名前:
ホイトル

コメント:
3周年なのですね、
石の上にも3年と言いますか..
岩の上にも3年といいますか...
ロックの上にも3年と言いますか..
プログレッシヴロックの上にも3年と言いますか...
(あほ)

3年待ってついに新作やリマスターが出る年がやってきたのですね。
すばらしいじゃないですか!



02/03/05 17:06:50
名前:
毛糸

コメント:
し、しまったぁ・・・

J'ratさん、3周年おめでとうございます!
地道に、しかし確実に躍進するサイト、羨ましいです
これぞプログレっ!
でしゃばりもせず、押しつけがましくなく
かといってドライでもなく
ただいい音楽をたくさんの人に伝えようとする気持ちって
伝わるもんだなぁ、と、つくずく思う今日この頃でごじゃいます

メール来ました
次回(7日)公開予定のクリップはアニメーション♪
わっわ〜〜い、楽しみだぁ



02/03/05 14:55:04
名前:
ふらじゃ

コメント:
3周年おめでとうございます。と言うことは新譜、リマスターも3年待ったのですね。なんかずいぶん待たされた気もしますが、3年だとプログレじゃあよくあることかも(^_^;
なにはともあれ、これからも盛り上がっていきましょう。

久しぶりに昼休みの散歩でunionに行ったら先週プログレの中古セールをやってたらしく残り物が一杯ありました。週末は事務所の移転なのでちょっと散歩がてらに…ってのが出来なくなると思うとちょっと残念です。しばらく来ることが無いと思ったせいか今回は中古ばかり6枚もレジに持って行ってしまいました。



02/03/05 10:42:20
名前:
にいはお

コメント:
祝!!3周年!!
やたっ、一番乗り!!



02/03/05 01:59:29
名前:
毛糸

コメント:
モ、モンキーズをバカにしたらいかんぞっ!(誰が?いつ?)
スーパーチャンネルで四月からモンキーズショウが放送されるそうっすね
観たいぃぃぃ!激しく観たいぃぃ!
STEVENSさんも観たいんだっ!
で、ついつい口にしてしまったのだっ!
(解釈の自由)



02/03/05 01:30:11
名前:
てま

コメント:
難しいですよね…ギャグって言うか、コメディーっぽいコメントというのは。
要はそこで「くすっ」と笑えるかどうか…かな?
言葉の意味そのものも大切ですが、やっぱり、つっこみの間、みたいなものとか
そういうタイミング的な要素も大切のような気もしたりして…。
意味は…私も深く考えませんでした。「モンキーズと一緒にヘイヘイってロックしてるんだよぉ」
程度にしか取りませんでした(安易ですが)。

小難しいコト沢山言ってるけど、所詮音楽だよ、ロックだよ、ってな感じで私は聞いていて、そう
いうスタンス好きだなぁって思いました。



02/03/05 00:09:12
名前:
ゆるげん

コメント:
>sphinxさん
URL見ました。もう大感激で涙うるうるです。
もちろん私も同感です!
店長さんとお友達になりたいですね。
J'ratさんもご覧になれば?感動間違い無しですよ。



02/03/04 23:42:00
名前:
sphinx

コメント:
ほんとうにつらい日々が続きますね、花粉。もう白旗です。
そんなときにこんなお店を見つけました。
名前からしてH/M系のお店なんでしょうが、店長もそれなりですし、
しかしこの店長が墓に一枚CD持って行くならと選んだのが、なんと・・
http://page.freett.com/rudolph1/page7.htm
ちょっと興味持ってしまいました。場所は渋谷です。



02/03/04 20:43:02
名前:
ゆるげん

コメント:
今朝は霜が降りてMy車が凍ってた。今日は寒そうだなぁと思ったら、昼頃から暖かくなりました。
やっぱり3月ですね。
あ!今日は3月4日じゃないですか。我が師匠、クリス・スクワイアの誕生日ですね。
Happy Birthday Dear Mr.Greatest Bass Man Chris Squire !

昨日イエスイヤーズのDVDを買いました。LDも持ってるんだけど、LDプレーヤー(マルチプレーヤー)が壊れてて観れないので。しかも日本のプログレッシヴ・ポップ・バンド「マライア(Mariah)」(キャリーじゃ無いよ)のCDが入ったまま壊れたので、取り出せない。
だから「マライア」の同じCDが2枚有ります。

聴いたアルバム

フォリナー ヘッドゲームス
昔プログレに出会う前によく聴いてましたね。このアルバムの中で1番好きな曲は「灰色の別れ(Do What You Like)」で、作曲がイアン・マクドナルドです。
そのせいで、1番好きなメンバーもイアン・マクドナルドでした。しかしこのアルバムを最後に脱退(クビ?)したのでフォリナー自体に興味が無くなり次作「4」まで聴き、その後のアルバムは全く聴いてません。
この頃はイアン・マクドナルドがキング・クリムゾンの元メンバーであることを知りませんでした。その後プログレに出会い、知ったわけですが、フォリナーの中でメインソングライターであるミック・ジョーンズよりもイアン・マクドナルドに惹かれたという事が、自分は根っからのプログレ好きなのだという証拠でしょう。

ジョン・アンダーソン アニメーション
ジョンの3枚目のソロです。前作「七つの詩」より少しハードになりましたが、相変わらずのポップな曲とハイトーンなヴォーカルが爽快です。イエスの複雑で難解に思える曲が聴きやすいのは、ジョンのポップなセンスの作曲能力によるところが大きいと思います。素晴らしいです。



02/03/04 17:39:15
名前:
毛糸

コメント:
♪ひゃうぃか〜む〜うぉ〜くだんざすり〜〜
♪ふんにゃかふにゃふにゃふにゃ〜(忘れてしまった)
>Hey Hey We Are The Monkeys
ううむ、どうにもこうにもトリアンの崇高な音楽と
モンキーズのおバカなサウンド(←いちおファンね)を結びつけるのは至難の業ですにゃ
もしかして毎週欠かさず観ていたのかもしれない>モンキーズショウ
そうだったらうれしいなっと♪

はっ!
そのあとフリッツが鼻で笑ってる・・・・
バカいってんじゃないよ〜〜ってことかも



02/03/04 15:45:20
名前:
ふらじゃ

コメント:
今日は花粉が飛びまくってますね、息苦しいです

今朝の通勤の友はスコーピオンズの…あれ?何聞いて来たんだっけ??花粉でボーッとしてたからなぁ・・・えーっと犬と女性が男性を見上げてるジャケット(^_^ゞ正統派ハードロックという感じでしたが、中に一曲女性コーラスの入ってる面白い曲がありましたがこれもボーッとしてた幻聴かなぁ…

>Hey hey with Monkeys
たぶんモンキーズのテーマの一節を‘Hey Hey We Are The Monkeys’と唄ってる?と思いますがなぜモンキーズなのかはわかんないですね



02/03/04 13:05:43
名前:
にいはお

コメント:
仕事のため、中国語のMICROSOFT ACCESSと格闘しています。

テーブルは「表」
フォームは「窓口」
クエリは「査詢」
レポートは「報表」
リレーションシップは「関係」(わははは)
ETC,ETC・・・・・。

笑いごっちゃないんですよ、ホント。



02/03/03 22:19:11
名前:
案山子

コメント:
ん?
SFの話題なんですね。・・・・読んでないですねぇ・・・・・。
ブラッドベリーと、フィリップ・K・ディックは一時ハマったのですが・・・記憶が・・・。

まぁ、兎にも角にもTriumviratの新譜が出るなんて、本当に嬉しいです。
ずーーーーーーっと待ち続けて、ちょっと裏切られたような気がしたり、
少し諦めかけたりもした願いが叶うなのは、より一層、劇的で感動的ですね。
他の、諦めかけた夢も「何とかならへんもんかなぁ〜〜〜〜。」と考える今日この頃。
諦めかけている夢
その1:ポール・マッカトニーが麻薬を持たずに来日する。
その2:何でも良いから、とりあえずイエスが来日する。
その3:ジョン・ウェットンがクリムゾンで来日する。orほんの少しスリムになって来日する。
    (両方は望まないからね・・・)
ウェットンといえば、ラナ・レーンの新譜Project Shangri-Laで1曲提供してますね。
ライナーノーツの「プログレッシヴ・ロック界のカリスマ、ジョン・ウェットン」
という表現には、わたしでさえ「それはないんじゃないのぉーーー!」と、叫んでしまいました!
この人は相変わらず、聴いてて恥ずかしくなるような、甘ったるい曲を書いてます。
なんだかんだ言いながら、集中的に聴いてしまうのは、惚れた弱みというヤツでしょうか?
情けない・・・。



02/03/03 18:43:17
名前:
毛糸

コメント:
あ、あ、あたし
本といえば古本屋しか思いつかない・・・・

はっ!
仕事行かねばっ
トリアン新譜のためっ(←恩着せがましい?)



02/03/03 17:21:10
名前:
にいはお

コメント:
ハリーポッター騒ぎがまだおさまらないうちに
早くも「指輪物語」騒ぎが始まっているようですね、日本。
いずれこっちにも来るんだろう。
倒版(たぉ・ぱん〜ブート〜)の世界では既に始動、か?
もう少し間隔が開いてもいいんじゃないでしょうか?
こんなにサイクルが短いんじゃあ、どんな大作が出来たって、
全部一過性の娯楽で終わってしまいそう。

トリアンの新作は、そんなことでは終わらせないぞ、こちとら。
出たらじっくり、楽しんでやるんだ。
他のCD、一年くらい買わなくてもいいかな?(また出来もしないことを)



02/03/03 10:31:08
名前:
J'rat

コメント:
 今日はお仕事。やれやれ。

>神様はつらい、
 毛糸さん、ありがとうございました! さっそく注文してしまいました。古本屋さんとは思いつかなかったです。

>SF、
 J.P.ホーガンは私も大好きでした。「星を継ぐもの」「ガニメデの優しい巨人」「巨人たちの星」の三部作とか...。2巻目の原題は "The Gentle Giants of Ganymede" ですって! ホーガン氏はカンタベリー好き?
 ホーガンの作品は結構読んでいますが、大作が多いですね。A.C.クラーク並みの本格SF作家です。最近のものは読んでいませんが、時間SFものが多いようですね。トリアンの "The Website Story" のシナリオも、何となく「時間」に関係している気がします。

>端折り、
 "Hey hey with Monkeys" って言ってますよね。ギャグなんですか〜、さっぱりわかりません。どういう意味なんでしょう?



02/03/03 09:54:47
名前:
てま

コメント:
>端折り
そうですねぇ。確かにあるようではあります。気が付いたのは"Hey hey with Monkeys"という部分
が抜けている事でしょうか?ま、ギャグですから本筋とは関係もないので…。
あと、「6ヶ月」の所、「9ヶ月」(nine months)って聞こえません?(いや、これは単に私の耳
がバカになっているだけかもしれませんが…)

>ブラッドベリ

私もこの人の本は全く読んだ事はありませんが…家の本棚を眺めていたら「よろこびの機械」なる
本がありました(誰のだろう?)。読んでみましょう。
SFは以前J.P.ホーガンという人にハマった事がありました。



02/03/02 23:44:14
名前:
毛糸

コメント:
>ネット通販
おお、それならば、えいっ!
http://www.easyseek.net/i_detail.php3?i_no=2944831&c_no=478
「神様はつらい」も古本でありやしたぜ、だんな
ううむ、こっちより安い・・・・・

http://www.bunyuh.com/303.html



02/03/02 23:06:48
名前:
J'rat

コメント:
 わ〜い、ビデオも申し込んでしまいました。ゆるげんさん、ありがとうございました!

>SF、
 思わずハヤカワ文庫のSF事典を読み返してしまいました。そうそう、「ミュール」はファウンデーションに対抗する悪の首領でしたね。懐かしいな〜。私のSFの蔵書は妻の実家の物置で預かってもらっていたのですが、つい先月すべて売り払われてしまいました。残念。

>何かが道をやってくる、
 ブラッドベリと言えば、「火星年代記」が有名ですが、この作品はもっとずっとファンタシィっぽいですね。町にやってきた不思議なカーニバルのメリーゴーランドに逆回転で乗ると1回転につき1歳若返るというものでした。
 SFに名を借りてはいますが、「スタンド・バイ・ミー」のような少年時代への郷愁が主題の小説だと思います。若い時に読むより、私たちのように40代で読むほうが味わい深い作品かもしれませんね〜。ぜひもう一度お読みください。



02/03/02 20:35:30
名前:
ゆるげん

コメント:
暖かくなってきて、春が近づいたなぁと感じる事が多くなりましたね。

聴いたアルバム

Rare Bird/Epic Forest
Graham Fieldが抜けてキーボード主体だったサウンドから一転してギター主体に変わり曲もサザンロック調になり、ツインキーボードのイメージを期待してるとズッコケます。
まるでTony Kayeの結成したBadgerの「One Live Badger」と「White Lady」ぐらい違います。
と言うことで

Badger/White Lady
ウーム・・・何のヘンテツも無いタダのロック・・・
「One Live Badger」の幻想的では無いがロジャー・ディーンによるジャッケットに対し「White Lady」はダサい!下着姿の女の絵のジャケットで下品すぎる。まあ、やってる音楽には合ってるかも知れないが・・・
それにしてもゲストにJeff Beckが参加している事が驚きだ。何故・・・

Alan O'Day/Appetizers
やっぱりいいっすねぇ。極上のAOR風ポップスって感じですか。特に「Undercover Angel」なんか歴史に残る名曲です。聴いてて心地いいし、それに聴いてるとつい歌いたくなるようなメロディ、いつも一緒に歌ってしまいます。
「Undercover Angel」をMP3で聴けるサイトを見つけたので興味ある方は↓
http://www.evilpuppethead.com/mp4/
本物のシングルバージョンが聴けます。

>SF

私が手にするSF物と言えば映画、アニメ、漫画(コミック)、ゲームなどのヴィジュアル的な物だけで小説などはほとんど読んだことないです。ブラッドベリも名前は聞いたことあるが読んでません。

>「惑星アルカナル 宇宙からの使者」

情報をくれた皆さんありがとう。
実は私もユルゲン・フリッツの参加した映画「Hard To Be A God」を探してましたが全然見つかりませんでした。邦題があると知って「惑星アルカナル 宇宙からの使者」で探したらすぐ見つかりました。毛糸さん、確かに松竹から出てました。
早速インターネット通販で注文しました。
J'ratさん、私の利用してるインターネット通販にビデオの在庫がありましたよ↓
http://www.easyseek.net/
商品検索を「映像」「惑星アルカナル 」で検索してください。急げば間に合うかも。



02/03/02 09:44:40
名前:
CHIPMUNK

コメント:
おはようございまぁす。新譜に続きリマスターもですか! かさねておめでとうございます。(^^)
メーリングリストも活発なようで再始動が楽しみですね。ともあれヒルメシ貯金しとかないと...
>SF
わたしも大好きでしたねー。ちょっと前に「銀河帝国」を読み直しましたがやっぱり面白かったです。The Mule(!)とか今でも興奮します。
「なにかが道をやってくる」はすんごい昔に読んだ気がするのですが内容はほとんどおぼえてないですにゃー。



02/03/02 02:40:53
名前:
J'rat

コメント:
 SFと言えば、私は大仕掛けが好きなんです。リングワールドだとか、銀河帝国、スカイフック・エレベーター、月面で発見される人工物...。人工重力や冷凍睡眠、ガス状生物、銀河中心への旅に、はるか昔の銀河系超古代文明の史跡。文明種蒔きロボット宇宙船に光子ロケットとくればイルカと人間の混成部隊...。止まりません。(^_^)
 あと、ハードSFと呼ばれるものも好きでした。フィクションなんだけど、科学的っぽい説明を延々と構築するやつ。非常に重力が強くて、何もかもがぺしゃんこで2次元の世界の住人の物語とか。でも最近ちっとも読んでいないです。

 グラント・スティーブンスのCDを聴いてみましたが、なかなか良かったです。ポップな曲が多いようですが、なんとなくU2っぽい感じがしました。グラントはギターを弾くみたいですね。



02/03/01 13:43:23
名前:
にいはお

コメント:
>SF
"SF(X)"が使われているのが全部"SF"だ、とか。
う〜ん、我ながら暴論だな、こりゃ。
暴論にすら、なってないか。

私にとっては、「レンズマンシリーズ」「スタートレックシリーズ」「ペリーローダンシリーズ」
等の大スペースオペラ活劇群より、
眉村卓の一連の作品群の方が、何だかSFらしく感じられるのです。
「ねらわれた学園」とか。
身近なSF?



02/03/01 09:59:20
名前:
ふらじゃ

コメント:
雨はやみましたが曇ってますねぇ、でも今日から3月春はもうすぐです。

今朝の通勤の友はSPOCKS BEARDのメンバーNICKとNEELのライブ「Nick'n Neel LIVE IN EUROPA」でした小さなクラブでアコースティックなライブなのでおあそびな部分も多いですがちゃんと聞かせる所は聴かせてくれます。前にも書きましたが小さな所のライブは演奏者も楽しそうで良いですね

>SF
最近自分の中でどこまでをSF映画にカテゴライズしていいのかわから無くなってます。
意味通り‘空想科学’物だと最近の映画ってほとんどSFに思えてしまうのです。



02/03/01 02:34:02
名前:
kit

コメント:
こんばんは、kitです。
今朝は関東地方は雨が降ったおかげで、花粉が全然飛ばず助かりました(^^)

>タルコフスキー&ストロガツキー兄弟「ストーカー」
原作も映画も見たんですが、まったく違うものでした。
あれだけ変えられたら、原作者としては否定したくなるのもわかりますね。
ちなみに、映画の「ストーカー」は色々な意味で長〜い映画なので、
一度見たら、5年ぐらいは見なくていいか、という気分になります(^^;

今日は、会社の近くで潰れるCD屋があって、50%オフで
セールをやっていたので、いくつか買ってきました。
yesの「ベスト・オブ・イエス」は前々から買おうと思っていたものですが、
アル・ディ・メオラの「エレガント・ジプシー」と
ステレオフォニックスの「Just Enough Education to Perform」は、
まったく予備知識無く買いました。
どんな音か楽しみです(^^)



02/03/01 00:36:34
名前:
J'rat

コメント:
 いつも長くてすみません。m(_ _)m

>ホイトルさん、
 ザブトン3枚! ...取っとくれ。(^_^) ...でもそんな映画があったら怖いですね〜。

>にいはおさん、
 銀幕のヒロインを見たら、たいがい惚れちゃいますよね。たしかにみんな結婚していて、映画で見るよりは10歳以上年を取っていたりします。ちなみに私のヒロインは「ある日どこかで」のジェーン・シーモアとか...。あ、今サウンドトラックをかけてしまいました。じ〜〜〜ん(遠い目)

>てまさん、
 訳はひやひやものです。私は英語なんて聞き取れないし、テキストがあっても話し言葉の和訳は難しいですね。お気づきの点があったら、ぜひお教えください。
 ビデオでは最後にユルゲンが「これで終わりだよね?」と言って終わっているのですが、マイケル(ミヒャエルって呼ぶんでしょうか)のテキストにはありませんでしたね。もしかして端折っているのでしょうか?

>T.M.スティーブンス、
 新生トリアンヴィラートには二人のスティーブンス姓がいるわけですね。私も見てみましたが、髪の毛がすごいですね。今朝聴いたボーカルのスティーブンス(グラント)のソロ・アルバムには、クルト・クレスがドラムで参加していました。いずれも凄腕のミュージシャンですね。ケルンの人脈でしょうか。

 さて、凝りもせずまた和訳です。後が先になりましたが、今回はプロモ#1の "Just A Face" です。Face ってなんだろう? わからないままに訳しています。変なところがあったり、もっとぴったりの訳がおわかりの方は、ぜひお教えくださいませ。

プロモーション#1:ジャスト・ア・フェイス------------------------------------------------
これはデジタル三部作の始まり/決して忘れることのできない...
トリアンヴィラート/「ザ・ウェブサイト・ストーリー」/近日発売/間近に迫る/破滅の日に...
人生の書を/開きなさい...
* * * * * * * * * *
私はただの顔/でも脳という重荷を負っている/体はとうに無くなった/狂っているように聴こえるだろうね
残酷さを抱きしめ/人間味を拒絶して/ちょっと痛みを与えていただけ
全てを失った/子供たちも/妻も失った/人生の書に書かれた/公式への挑戦に敗れて
私はただの顔/運命を自分で支配しようとした/間違いだと悟ったが/時すでに遅かった
(ジャスト・ア・フェイス)
私は時の捕らわれ人/運命のなすがまま/傲慢さが私の罪名
(ジャスト・ア・フェイス)
残した結果は/わが身に降りかかり/私はただの疲れた影/かつてと同じこと
(ジャスト・ア・フェイス)
私の誤った判断に/貪欲へのレクイエムを書かせよう/得る愛は愛する量に等しいということは/無視して
* * * * * * * * * *
トリアンヴィラート/「ザ・ウェブサイト・ストーリー」/近日発売/間近に迫る/破滅の日に
----------------------------------------------------------------------------------------



現在のフォーラムへ | トップに戻る | 過去ログのインデックスへ


 DiscographyBiographyIntroductionPersonnelForumOfficial SiteJ'rat Home