J'rat Forum
 DiscographyBiographyIntroductionPersonnelForumOfficial SiteJ'rat Home
2001年12月のログ

現在のフォーラムへ | トップに戻る | 過去ログのインデックスへ


01/12/31 22:32:59
名前:
J'rat

コメント:
 今年もあと残りわずかになりました。はるか遠くに思っていた2001年、21世紀は来てしまえば20世紀のただの延長に過ぎませんでした。小学生のころ、21世紀ははるかな未来で、ロボットや宇宙旅行があたりまえになると思っていました。2001年の自分の年齢を考えると40歳で、それも想像を越えることでした。
 こんにち、コンピューターは一般家庭に入り、携帯電話という魔法のような通信手段は当たり前になりました。ロボットは犬や猫の形をしたものならすでに電器店で売っています。宇宙旅行はまだ少し先になりそうですが。
 叶ってしまえば夢はありふれた現実になってしまうようです。山ほどLPを買いたいという高校時代のささやかな夢は、CDが値下がりすることによってそう難しいことではなくなりました。一枚いち枚、丹念に聴くことと引き換えになりましたが。

 21世紀になっても、ありがたく聴いているのはトリアンヴィラートはじめ、70年代のプログレだというのは不思議なものです。四半世紀たってもなお色褪せず、かえってその輝きを増してきているようではありませんか?
 ドイツのかのバンドは未だその約束を果たしていませんが、新譜もリマスターも発売される予定は中止されたわけではないはずです。今年も残すところあと数時間となりましたが、2002年こそはと、願わずにはいられません。

 新譜を待つ間、トリアンヴィラートのバンドと音楽を考察する時間はたっぷりとありました。
 かつてユルゲン・フリッツの独裁と紹介されたこともありましたが、歴代の作品を聴きソロ作に触れると、かのバンド名そのもの、まさに「三頭政治」にふさわしく三人のメンバーの才能がそろって初めて稀代の名作が生み出されたことがわかりました。
 「スパルタカス」「ポンペイ」や他の作品の歌詞の試訳をへて、作品世界の背景により親しみを感じることができました。翻訳の進行は遅々たるものですが、いずれご覧いただけるようにしたいと思います。

 2001年は仕事も忙しく、私事でも仔ラットが入院したりクルマをぶつけたりとちょっとした災難が続きました。ネットでは4回もオフ会で集まることができましたし、新しいファンの方も来てくださいました。
 来年は厄年(本厄)ですので、明日さっそく厄払いに行ってきます。来年はサイトを充実させ、オフ会もマメに開催するなど、皆さんに楽しんでいただけるよう、がんばって参ります。どうぞお付き合いのほど、よろしくお願い申し上げます。

 新年こそ新譜とリマスターが発売されますように。そして皆さんにとって良い一年になりますように!



01/12/31 20:52:51
名前:
kit

コメント:
さて、本年もあと3時間ほどですね。
今年も色々ありましたが、お世話になりました。>J'ratさん&皆さん

>カスタムさん
>PlanetX
エディ・ジョブソンのキーボードがダメなら、絶対ダメだと思います。
内容もメタル寄りですし。
DREAM THEATER関連ならば、ジョーダン・ルーデスなどを聴いた方が
水が合うかもしれないですね。
>PLP
>ムンドゥス・インコルペルトス
これは良いアルバムですよね。私がPLPを初めて聴いたのも
このアルバムでした。
思わず、こちらの「on Video」のコーナーでも紹介されている
トリアンヴィラート・トリビュート・コンサートのビデオも
手に入れたりしてしまいました(その節はお手数おかけしました(^^)>J'ratさん)。

>リック
>クリミナルレコード
「ゴール!」や「ホワイトロック」も含めて早くCD化してほしいものですが、
権利関係とかの問題で、なかなか難しいんでしょうね。残念です。

それでは、また来年も楽しくお話できればと思います(年越し頑張って下さい(^^;>にいはおさん)。
宜しくお願いいたします(^-^)



01/12/31 18:27:07
名前:
にいはお

コメント:
年末だというのについさっきまで出勤していて(国が違うんだから
しょうがないか)、しかも今日はたった一人で大晦日!!
いったい私が何をした、っちゅうの。な〜んて。

既に四半世紀を経てなお現役の餅つき機によるお餅はふんだんにあるし、
コタツもだしてあるし、みかんもちゃんと準備した!どうだ、ふはははは。

・・・・おほん・・・・・。
一人寂しく2002年の夜明けを迎えます。今年もお世話になりました。
来年もまた遊びに来させてもらいますので店主様、よろしくお願い致します。
皆様も、どうぞよいお年を。


誰か、かまってくれええええっ!!



01/12/31 17:52:04
名前:
ホイトル
ホームページアドレス:
私のホームページへ

コメント:
思えば2001年はこの板のオフ会に始まったようなものでありました。
掲示版上のさまざまな話題が、
一度お会いしたことによってより生き生きとして見えてきて、
とても楽しかった1年でした。

J'ratさん、そして皆様良いお年を、来年もよろしくお願いします。



01/12/31 15:33:56
名前:
毛糸

コメント:
今年も1年、なんだかんだとお騒がせの四畳半でごじゃいました
J'ratさんの変わらぬ思いやりに感謝しつつ
今年最後のご挨拶に参りました
ただの文字の羅列に過ぎないものの中に
ちょっとした温度を感じられるような
そんなふれあいを求めて、思考錯誤でかっとばしますぅ
来年もよろしくです!
みなさま良いお年を



01/12/31 14:31:13
名前:
カスタム

コメント:
>Sphinxさん。
TriumviratのSpartacusの逆回転バージョンのSucatrapsの聴く方法を教えます。まず用意する物はSpartacusの音源とカセットのMTRとラジカセ等とつなぐケーブルがあればいいです。まずMTRの1と2トラックに普通にSpartacusを録音します。録音終わったらテープを逆さにに入れ直してMTRの3と4トラックを再生すれば逆回転が聴けます。僕はバンドやってるからMTRは当たり前のように持ってますが普通の人は持って無いかも。MTRは楽器屋に行けば買えますよ。J'ratさんはもうSpartacusの逆回転は聴いた事あるかな?もしまだならぜひ聴いてもらいたいです。あまりの出来の良さに感動しますよ。Triumviratの曲の逆回転に関してはまだ他にもいい曲があるけどね。
誰かイングランドのキーボードのRobertWebbに関するイングランド以外の音楽情報知ってたら教えて下さい。



01/12/31 14:21:29
名前:
ゆるげん

コメント:
>J’ratさん
今年も今日だけになりましたね。
20年間、弟カスタムとしかプログレ話が出来なかったので、
J’ratさんのHPに出会えてホントに良かったです。
来年も20年間の知識をひけらかしに行きます(笑)

>クリミナルレコード(犯罪白書)
私は70年代のリックのソロのほとんどのLPを持ってますが、やっぱりこれが一番好きです。
次は「アーサー〜」かな。

>CHIPMUNKさんのHP
何度も訪問させてもらってます。自分もかなり知ってますが、CHIPMUNKさんの量と質の良さには驚きました。
アルバムの解説にとどまらず、一曲一曲の詳しいコメントまで載せてあり、まさに百科事典ですね。
SternComboMeissenについても詳しく書いてありますよ。



01/12/31 13:41:42
名前:
sphinx

コメント:
今日はもう晦日ですね。故郷のある方がちとうらやましいですが。
休みは関東近辺をうろついておる予定です。これから西新宿あたりへ
ラストバーゲンでものぞきに行こうかと思ってます。
今年もこちらでたくさんの新しい音楽に触れることが出来、感謝
しております。残念ながらリマスターは今年もダメでしたが是非
来年こそはと期待しています。
 昨日、例のブー○が届きました。詳細は後日ということで
トリアンヴィラートはライブでその真骨頂を発揮するバンドだと
再認識した次第です。興味のある方は検索エンジンで"CDR title"
と入れてみて探してみてください。
>カスタムさんはじめまして
Sucatrapsとはどんなものでしょうか?詳しく教えていただけませんか。
興味があります。逆回転バージョンとは是如何に。

では皆様良いお年をお迎えくださいませ。



01/12/31 07:52:23
名前:
ふらじゃ

コメント:
今年のお仕舞いですねぇ世界では明るい話題の少ない一年だったですが、個人的にはいっぱい音楽聞いてライブにも行けてオフ会も出たりとけっこう充実できた年だったように思えます

実家のアナログ君たちは大きなソファーの裏に追いやられて、簡単に引き出せなくなってました(T.T)レコード聞くためには重労働をしなければならないようです

では、みなさま良いお年を。



01/12/31 00:26:17
名前:
J'rat

コメント:
 いやはや、書き込みが遅くなって失礼いたしました。和歌山に着いたのは、28日の24時ごろでした。埼玉を出て11時間。途中、事故渋滞があったので1時間半ほど余計にかかってしまいましたが、それ以外はスムーズでプジョーくんも好調でした。エンジンオイル添加剤を入れてから別人のようになっています。

 さて接続しようと思ったら、プロバイダのアクセスポイントの変更とかで、PHSがつながりませんでした。固定電話でダイヤルアップしてつなげて、やっとわかりました。

 さて、今日は大阪のUSJに行ってきました。すごく面白くて大満足でした。夢典命さんに教えていただいた通り、ウォーターワールドは大迫力でした。バックドラフトやジョーズも楽しかったです。仔ラットがおびえてしまってターミネーターは見られませんでしたが、またぜひ行きたいと思いました。
 会場でCDを買いました。スヌーピーのジャズ風の曲が詰まった「チャーリーブラウンの休日」というアルバムです。ずっと聴きたかった、昔のピーナッツのゲームのテーマ曲が入っているのです。さっそく帰りに聴きましたが、ほのぼのしていいアルバムでした。

>Transatrantic、
 帰省の車中で新譜をかけてきましたが、ノリノリでいいですね。BGMはネクターの新譜や、ピンクフロイドの「鬱」などでした。

>ParLindhProject、
 トリアンヴィラートのファンでもあるパルさんですが、ムンドゥスは本当にいいアルバムですね。私はPLPの中で一番のお気に入りです。最新作はしばらく聴いていないですが、改めて聴いてみたいです。

>クリミナルレコード、
 リックの中でも名作の誉れ高いこの作品ですが、早くCDになって欲しいですね。私は幼馴染みにLPを借りてやっと聴くことができました。

>にいはおさん、
 間もなく新年ですね。また爆竹の大音響で年が明けるのですね。良いお年を。来年こそ帰ってきてくださいねー。プログレが待っていますよー。

>ふらじゃさん、
 お疲れさまでした。お父上はインターネットもなさるんですよね。進歩的な方とお見受けしましたので、もしかしてプログレもお聴きになるのかも知れませんね!

>CHIPMUNKさん、
 わーい、いらっしゃいませ。わざわざ年末のご挨拶ありがとうございます。奥様のご実家ってどちらでしたっけ? またオフ会やりますので、今度はぜひどうぞ!
 ゆるげんさん、カスタムさん、CHIPMUNKさんは百科事典みたいなプログレのサイトのWebMasterなんですよ。ぜひご覧になってみてください。もちろん、トリアンヴィラートも取り上げていらっしゃいます。



01/12/30 12:03:56
名前:
CHIPMUNK
ホームページアドレス:
私のホームページへ
電子メールアドレス:
メールはこちらまで

コメント:
ちょっと早いですが年末のごあいさつです。(サイの実家へ強制隔離です(TT))
今年はですね....あまり落ちついて音楽を聴けなかったですがライヴへよく出かけることができて全体としてはヨかったかなと。9月にはみなさんとお話できて楽しかったですねー。またぜひお誘いくださいませ。>大家様

>ふらじゃさん
JADISですがふらさんが入手された2枚目まではメロー(叙情路線?)ですが3作目でいったんちょいプログレ・メタル化してライヴをはさんで再びややメローに戻ってます。ポンプながらもわたしにしては珍しく1枚目と2枚目が気に入っております。ヴォーカルがいかにも80'ポップしてません?

んでは、失礼いたしますゥ。



01/12/30 07:47:36
名前:
ふらじゃ

コメント:
いやぁ物凄い混雑でした、羽田空港。ずいぶん余裕を持って家を出たはずなのにちょうど良い時間になってました。警備員の数も多かったです

空港から帰る実家の車の中に昔カーステレオ用に編集したイエスのカセットがあったので帰郷一発目のプログレは危機でした。しかし10年近く車内にあったはずなのにヨレもなくちゃんとしてました。
まさか親父殿が聞いてたとは思えませんが、一番上にあったのでちょっと気になりますなぁ



01/12/29 14:01:16
名前:
カスタム

コメント:
>kitさん
PlanetXの感じ分かりました。UKタイプならあまり僕の好みのバンドじゃないかも。でも機会があれば聴いてみたいですね。僕はUK持ってるけどほとんど聴きませんね。エディージョブソンのキーボードはあまり好きになれないと個人的には思いました。
パルリンダープロジェクトはスウェーデンらしい今風なバンドでアングラガルドと並ぶシンフォニックバンドですね。特にセカンドの「ムンドゥスインコムペルトゥス」なんかは好きですね。
PLP関係つながりでNewGroveProjectはかなりいいですよ。パルリンダー(Key)、ロイネストルト(g)、ジョードレイ(drums)のメンバーで、知ってる人ならピンとくると思います。
ロイネストルトは元カイパ、現在フラワーキングスのギタリストです。ジョードレイは元イングランドのドラムスです。僕の個人的感想ではイングランドは2枚しかアルバム残してないけどジェネシスとイエスを混ぜた感じのバンドでジェネシスに似てるタイプだけどジェネシスを完璧にした最高なバンドですよ。
後ロイネストルトに関してトランスアトランティックと言うユニットにも参加してるけどこのバンドもいいですね。FlowerKings+SpocksBeard+Marillion+DreamTheaterの出身メンバーで構成されてます。最近のバンドだけどサウンドは70年代ブリティッシュプログレらしいすばらしいアルバムですよ。
もちろん今まで話した関係のバンドのアルバムはすべて持ってます。

イエス関係の話を少し、リックウェイクマンのソロアルバムの「犯罪白書」はキーボードトリオで構成された大変出来のいいアルバムです。リックウェイクマン(Key)、クリススクワイア(b)、アランホワイト(drums)のトリオでイエス版ELPみたいな感じです。曲はかなりいいから聴いた事無い方は聴いてみて下さい。



01/12/29 13:56:57
名前:
にいはお

コメント:
押し迫ってきましたが、「正規に出勤」してるのは
私だけだろうか?国情の差があるとは言え・・。
帰省ラッシュが始まったみたいですね。

出勤と言っても大してする事も無く、ぼんやりと今年を振り返ってみたら、
通年で買ったCDがなんと10枚以下でした。しかもプログレ一つもなし。
昨年帰国時の「2週間に43枚」がウソのよう。寂しい。

前回会社のスタッフにつぶされて途中で帰ったばかりなのに
今晩もスタッフと大騒ぎ予定です。ご飯の後、ボーリング大会なんだと。
中国の年末は、かくも「フツ−の一日」であります。



01/12/29 01:12:56
名前:
ゆるげん

コメント:
>YFFC
J’ratさん、kitさん、情報ありがとうございます。
タイミング悪く年末年始はお金に余裕がないので、来年改めて検討したいと思います。

>90125バンド
そんなに嫌いと言うわけではないんですが、同じ土俵に乗せる(ライブ、ベストなど)と「サードアルバム」〜「ドラマ」期に比べると、サウンド的に見劣りしますね。
嫌いなのは「90125」ではなく「OwnerOfALonelyHeart」です。
単調なリズムと曲展開が聴く気になれないし、クリスのベースが縦横無尽に動きまわっていない!
90125期にも好きな曲はあります。
「90125」では「OurSong」
「BigGenerator」では「I’mRunning」
「Talk」では「IAmWaiting」
まあこんなとです。
「TheCalling」は、松任谷由実のオールナイトニッポン(なつかし〜)で初めて聴きました。ユーミンは「いいね」と言ってましたが、私は首をかしげました。
松任谷由実さんはイエスとプロコルハルムのファンだそうです。

>ロジャー・ディーン
オフィシャルサイトはずっと前に見ました。すごいですね。
特に水辺がゆらゆら揺れるヤツは感動ものでした。

>「ドラマ」のイラスト以外は、どのイラストがお好きですか?
「ドラマ」の次ですか?・・・う〜ん
初めて見た時の衝撃からいったら「危機」ですね。
「名盤と言われる反面ジャケットは地味だな〜」と思いつつ買ってジャケットを開いたら・・・・・・・!!
すごいです。
あと、ポスターを持ってますが誰のジャケットか分からず、最近「ロック・ミーツ・アート」を見て分かったデイヴ・グリーンスレイドのソロ「CactusChoir」のジャケット。
新しいとこでは「ロック・ミーツ・アート」に載ってるSpaceNeedleです。

>永井ルイ
スカパーのある番組の1コーナーでの、ローリー寺西とのスタジオライブを観ましたが、かなりサイケな曲をやってました。ローリーさんの趣味でしょうね。

>キーボードバンド
>「Gerard」
初代の方がいいです。今のはプロデューサーNumeroUenoさんの影響でしょうか。かなりハードでイタリアンキーボードメタルって感じです。
日本の女性キーボードトリオ「ArsNova」も同様です。

>ふらじゃさん
>一度は車で帰ってみたいですね(片道1000km超)
私の趣味はレース観戦なんですが、今までの最長距離(自宅〜富士スピードウェイ)片道731kmを車で走りました。
休憩も含めると、行きは27時間、帰りは45時間!かかった事があります(休憩しすぎ!)



01/12/29 00:51:53
名前:
kit

コメント:
こんばんは、kitです。

>カスタムさん
>PLANET X
え〜っと、PLANET Xは今活動中のバンドで、元DREAM THEATERのキーボーディスト、
デレク・シュレニアンがリーダーのバンドです。
音楽性は、U.K.をハード(メタル)フュージョンにしたような感じです。
デレクの来日イベントで「U.K.の影響は?」と訊いたら、
「もちろんあるよ。聴けばわかるよね!(^^)」と言ってました。
ちなみに、U.K.はお好きですか?>カスタムさん

カスタムさんはTriumviratやTrace、Greenslade等、メロディアスな方が
お好きなようなので、Par Rindh Projectなどはどうでしょう?

>FromNiigataさん
>年賀状
私もまだ描いてません。出された方スイマセン(^^;



01/12/28 19:52:58
名前:
FromNiigata

コメント:
今日で私も今年の仕事は終わりです>
この年末年始は家でのんびりとプログレでも聴いていようと思います。
まだ、例年通り年賀状を書いてなかったりしますが(涙)

ふらじゃさんは九州出身なんですね。
来年の1月に福岡に遊びに行く予定です。(12年ぶり)
楽しみですね。

J'ratさんは今、帰省の真っ最中でしょうか?長距離ドライブ
気をつけて欲しいですね。(長距離ドライブはフラ車の真骨頂
ですね。羨ましいです)



01/12/28 14:44:12
名前:
カスタム

コメント:
>張力さん。
バンドのロカンダのコピー聴きました。忠実にオリジナルを再現しててすごく上手ですね。思わずロカンダ本人に間違えるぐらいの出来のいい演奏でした。楽器の音まですべて同じとは脱帽って感じです。

>Kitさん。
PlanetX僕は初耳です。興味あります。良ければどんな感じのバンドなのか教えて下さい。

>案山子さん。
ラナレーンの事が書いてあったからコメントします。
僕も「ガーデンオブザムーン」持ってます。サウンドはやっぱ今風なプログレハードなアルバムですよね。悪くは無いけどキーボードがエリクノーランダーだからかなりエリクのアレンジの比重が大きいですね。
僕はエリクノーランダーのアルバムを持ってるけどやはりラナレーンと同じ感じのサウンドですよ。興味あればエリクノーランダーも聴いてみたらいいかも。



01/12/28 12:35:55
名前:
J'rat

コメント:
 やっと準備ができました。CDチェンジャーも入れ替えたし。これからまず和歌山に向かいます。無事着いたらまた書き込みます。

>張力さん、
 お久しぶりです。さっそく聞かせていただきましたが、妖精、すごいですね!!

 ではまた後で。



01/12/28 10:08:11
名前:
ふらじゃ

コメント:
今日で今年の仕事は終わりです(^o^)
私も明日から実家に帰ります。さすがに九州は遠いので飛行機ですが、一度は車で帰ってみたいですね(片道1000km超)実家には置き去りにしたアナログがたくさんあるので会うのが楽しみです。

今朝は昨日買ったJADISを聴きながらの出勤でした。以前どなたか書かれてたかもしれませんが、伸びのあるギターと朴訥なボーカルがCAMELを思わせる良いアルバムでした。

>案山子さん
ラナ・レーンの 「ガーデン・オブ・ザ・ムーン」は私も好きなアルバムです。これよりプログレ色の強いのは「バラード・コレクション」でしょうか、タイトル通りバラード中心のアルバムですがハードな部分が弱まった変わりにシンフォな部分が強調されてます



01/12/28 08:29:53
名前:
張力
ホームページアドレス:
私のホームページへ

コメント:
J'ratさん、お久しぶりでございます。 元:表面張力です。
いつもROMっててなんかすみませんです。
ロカンダ・デッレ・ファーテの名前があったので、つい反応してしまいました。

カスタムさん、どうもはじめまして。
>イタリアでお薦めはロカンダデッレファーテの「妖精」はかなりシンフォニックで
>アンサンブルがかなりすばらしいですよ。

このアルバムの1曲目のインスト曲、すごくいいですよね。
シンフォニックで大好きです。
昔やってたバンドでもコピーしたくらい好きです。

シンフォニックロックファンの方でこの曲をまだ聴いた事のない方がいらっしゃったら
是非一度聴いていただきたいものですね。
ま、インターネットを使えば、簡単に聴いていただく手段は無くはないんですが(苦笑)、
やっぱりそれは問題がありますので、代わりに
私が昔やってたバンドがライヴでそれを演奏した時のを音声ファイルにしてアップしておきました。
http://www.geocities.co.jp/NatureLand/9841/ars_antiqua.htm

残念ながらフルートまではコピー出来ませんでした。
私はギターを弾いているんですが、ちょっと変えて弾いているし、
ヘタクソで恥ずかしいので一応期間限定ということで…(苦笑)

因みにこのバンドのキーボーディストは、
現在はポチャカイテ・マルコというバンドで活躍しているそうです。



01/12/28 05:18:11
名前:
kit

コメント:
こんばんは、kitです。寒いですね〜。

>J'ratさん
風邪ですか。帰省前だというのに、大変ですね。
今年の風邪はしつこいようなので(経験者)、
田舎でゆっくり休んで、じっくり治すようにして下さいね。

>ゆるげんさん・カスタムさん
初めまして、kitと申します。
>yes&YFFC
90125バンドがお嫌いなんですね。
私も最初「危機の続編」の言葉に騙されて「危機」の次に「TALK」を聴き、
「なんじゃこりゃあ!」とCD(レンタル品)を叩き割りそうになりました(^^;
ただ、今では「TALK」期…というか、90125期も良いバンドだと思っています。
個人的に思っているのは、クリムゾンの「宮殿」と「ディシプリン」の
違いのようなものかと…要は、メンバーが全然違うので、それぞれ別の
良質バンドと思ってるってことですね(^^;

YFFCは、私みたいにおちゃらけミーハーイラスト描きのファンから、
楽曲の構成を語ったり、海外までライヴを見に行ったりするコアな人まで、
様々な方がいらっしゃいます。
もし興味をお持ちでしたら、一度会報を取り寄せて読んでみて下さい(^^)
(会員じゃなくても購入できます。)
そういえば島根にも、ドイツまでyes見に行った会員の方がいらっしゃいましたね。

最新のYFFC会報48号は、J'ratさん達編集の方の頑張りで、
かなり読み応えのある内容になってます(全60ページ)。
…実は、まだ全部読んでません(^^;

>ロジャー・ディーン
オフィシャルサイトはご覧になりましたか?(ちょっと重いですけど)

http://www.rogerdean.com/

私も、先日Disc Unionでポスター4枚ほど買ってきました。
今は、額縁に1枚代表として入れています。
「YELLOW CITY」(「YesYears」のBOXイラスト)ですが、
BOXのトリミングされた状態よりも、やはり迫力がありますね。
ゆるげんさんは、「ドラマ」のイラスト以外は、どのイラストがお好きですか?

>永井ルイ
ローリー寺西と親交があったとは知りませんでした。
よほどQUEENが好きなんでしょうね。
以前、ストレンジ・デイズでオランダのヴァレンシアと対談してましたが、
二人ともQUEEN好きを炸裂させてましたね。

>ふらじゃさん
>フレディソロ「ソロ」
「バルセロナ」のビデオクリップで、ブライアンとかが友情出演してたのを、
ちょっと思い出しました。
そういや、ブライアン&ロジャーと、ディーコンは仲直りしたんでしょうか?

>キーボードバンド
私が好きなのは「PLANET X」「GERARD」「U.K.」 です。
……どれも「T」が付きません。主流じゃないのかも!?(^^;

凄く長くなってしまいました。スイマセン。次から半分にします(^^;;;;;



01/12/28 04:58:03
名前:
yeszanmai

コメント:
>Triumvirat
トゥリウンフィラート、、、。
「トリアン」より「トライアン」の方が海外では通じるかも。



01/12/28 00:30:49
名前:
カスタム

コメント:
今風邪がはやってるから気を付けないといけませんね。
J'ratさんはイタリアンロックも聴くんですね。僕はイタリアもかなり音源持ってるから色々と教えれると思います。
イタリアン系に関して僕なりの感想言いますと
イビスは「SAME」と「サンシュプリーム」と2枚持ってるけど、わりとギターメインのサウンドで、あまりテクニカルでなくアレンジは大ざっぱですね。
でもオルガンの音はかなりブリティッシュ張りでいいですね。
ラッテミエーレは4枚持ってます。パピヨンはセカンドだけどかなり組曲がELPぽくてわりと曲はいいですね。
でもオルガンがイタリアらしいモコモコした感じですよね。ラッテミエーレに関してはぜひサードアルバムの「鷲とリス」を聴いたら感動しますよ。
イルバレットディブロンゾは実は僕も「Ys」の1枚しか持ってないから良く分からないけど曲と言うより派手なインプロのイメージですね。僕はイルバレットは長く聴くと頭痛くなる感じです。イタリアでお薦めはロカンダデッレファーテの「妖精」はかなりシンフォニックでアンサンブルがかなりすばらしいですよ。

話し変わります。
J'ratさんはトリアンかなり好きだけどSucatrapsは聴いた事ありますか?
実はこれSpartacusの逆回転バージョンです。まだ聴いた事無いならぜひ聴いてみて下さい。Spartacusは逆にしても名曲ですよ。僕は逆回転の方もかなり好きで良く聴いてます。特にTheFinaleのあたり感動しますよ。



01/12/28 00:13:06
名前:
ゆるげん

コメント:
>J’ratさん
風邪だそうで、大変ですね
早く治して元気で年を越しましょう
>Trilogy
トリアンに通じる明るくポップなインストバンドです
インストといってもテクニックをひけらかすインプロヴィゼーションバンドではなく
歌メロをキーボードで弾く系のバンドです
ある意味トリアンが歌メロインストをやったような曲調で
トリアンが好きな人なら間違いなく気に入るバンドです

>AmosKey
キーボードトリオですが、トリアンのようなマルチキーボードではなく、
ナイスから複雑さを取ったノリノリのオルガンロック
一曲を乗りで押し通す感じです

>SternComboMeissen
聴いたことあるのは「WeissesGold」で
ツインキーボード、ギターレスで一大交響曲をやってます
キーボードの洪水にのまれるように壮大で、ある時は激しく、ある時は緩やかに
聴く者をグイグイと引っ張っていく見事な曲展開
さすがです
この3バンドの中では一番お薦めです

自分は直感で聴くタイプなので、すごく説明しずらいです



01/12/27 19:16:37
名前:
J'rat

コメント:
 風邪をひいたようで、のどが痛いです。診療所で薬をもらって飲んでしますが、なかなか治りません。明日からお休みで、田舎に帰るので速く治さなくては...。きのうは子供を寝かしていて、私も眠ってしまいました。なかなか書き込めなくてすみません。

 昨日、久しぶりにお茶の水のdisk unionに行きました。年末特典のプログレ・カレンダーをやっとゲットしました。買ったのは、Anyone's Daughter の2枚組のライブと、ユニバーサル紙ジャケのイタリアもの4枚、中古LPの「二重えくぼの幻影」帯なし400円(!)。カレンダー特典はは輸入盤新品のみなのでまだ足りなくて、とにかく輸入盤をもう一枚。オーストラリアのセバスチャン・ハーディーの "Four Moments" というのを買いました。どこかで見たジャケットだと思ったら「哀愁の南十字星」でした。またやってしまいました。ま、いいか、カレンダーもらったし。(^_^;
 ついでに中古センターでYesの中古ブートを2枚買って帰りました。これは地元の友人へのおみやげです。年末最後の買出しです。

 さっそく聴いたのがイビスの「サン・シュプリーム」ですが、良いですね〜。ニュー・トロルスの元メンバーだと聞いて納得です。先日聴いたラッテ・エ・ミエーレの「パピヨン」も良かったですし、イタリアは宝庫なんですね。あと、「YS(イプシロン・エッセ)」やジャンボのCDを買いましたので、聴くのが楽しみです。

>カスタムさん、
 ようこそ、いらっしゃいませ。どうぞよろしくお願いします。ご兄弟でプログレを聴かれるとはうらやましいですね。バンドもやっていらしたとか。ぜひいつか聴かせて下さい。紀州にもご兄弟でプログレを聴いている方がいらっしゃいまして、兄弟でプログレ話ができるなんて本当にいいですね。
 トリロジー、シュテルンコンボマイセン、アモスキー...。私はまだ聴いたことがありません。(私はホームページを作ってはいますが何も知らないんです) カスタムさんのお薦めですので、ぜひ探して聴いてみようと思います。いろいろ教えてくださいませ〜。
 私はいわゆる実験音楽のような「ジャーマン・プログレ」が苦手です。トリアンヴィラートをドイツのバンドだと聴くと引いてしまう人が多いですね。一度聴いてみるとわかるのですが...。

>ゆるげんさん、
 YFFCは現在アクティブな会員は200人弱だと思います。40〜50ページ程度の会報を年4回発行しているのですが、これが濃いです。シンフォニックツアーの同行記や、新譜の発売前試聴会、メンバーのニュースなど、毎号これでもかというくらいの情報が詰まっています。レコード会社が後援しているわけではないのですが、発売前の音源を聞かせてくれたり、各種裏話を話してくれたりもあります。
 もちろん会員からの投稿や、kitさんはじめ「お絵描き隊」のみなさんによる美麗なイラストなどの肩の凝らないページも充実しています。東京では2ヶ月に1回「お茶会」がありますので、上京なさることがあったらぜひどうぞ。会費は1年間で2000円です。チケットが優先的に取れるなどの特典はありませんが、会報を送料込みで1冊500円で送ってくれるだけでも、値打ちがあるのではないかと思います。ぜひご検討ください。入会案内はこちらです。
http://www.nets.ne.jp/~yffc/registration.pdf

>FromNiigataさん、
 USJに行かれたんですね! 私は12月30日に行こうと思っています。夢典命さんに攻略方法を教わりましたし。混んでるでしょうかね〜。
 明日306で出発します。エンジンオイルの添加剤を入れたら、更に気持ちよく回るようになりました。ロングドライブ、楽しみです。

>にいはおさん、
 お腹が変ですって? 大丈夫ですか? もしかしたら風邪で腹痛ということはないでしょうか。とにかくお大事になさってください。
 CD買出しは私に言ってくだされば、広島に送って差し上げたのに〜。明日から帰省なので今回は無理ですが、どうせCD屋さんには行きますので、ご遠慮なくどうぞ〜。

>ふらじゃさん、
 Russian Roulette のライブにTOTOのメンバーが参加しているとは考えにくいですね。たしかアルバムは一部西海岸で録音されたものだと思います(うろ覚えなので確認しなくては)。TOTOがバックのコンサートとは豪華ですが...。

>案山子さん、
 チケット、気になりますね〜。結構直前に届くこともありますが、とにかく確認しないといけませんね。どこかの音楽系掲示板で来たとか来ないとかの情報がないかと探してみましたが、ヒットしませんでした。公演は3月でしたっけ?

>トリアンヴィラートの日本語読み、
 私がスパルタカス全曲をはじめて聴いたNHKでは「トリアンブイラート」と言っていましたが、これは台本には「トリアンヴィラート」とかいてあって「イ」の字が大きくて「トリアンヴイラート」と間違えたのかもしれませんね。
 ドイツ語読みはどうなのか、いつかユルゲン・フリッツ本人に聞いてみたいと思っています。そもそもどのメンバーの名前の発音も自信がないですから...。



01/12/27 16:52:41
名前:
ゆるげん

コメント:
過去のログを見させてもらいました
その中で
>Triumviratの発音について
私が体験した変なネタをひとつ
トリアン初体験の時(81〜83年?)のNHK−FMのDJさんは、
Triumviratを「トリエムビラート」と言ってました
FM雑誌のプログラムにも「トリエムビラート」と書いてありました
天下のNHKでさえもその程度ですから
よっぽど知名度が低かったんですね



01/12/27 15:58:19
名前:
案山子

コメント:
>ナオミの夢
えーーーっと。ダビデとヘドバでしたっけ?

それよりも気になるのは、ロジャー・ウォーターズのチケットがまだ来ないこと・・・。
11月17日に年休取って送金したんですよ。
ずーーーーと後で送ったオジー・オズボーンが、とっくに着いたのに・・・。
と、今日、電話してみたら(やることが遅い!!)、1月3日までお休みですって・・・・。
なんだか、嫌な予感・・・・。みなさんは、ひょっとして・・・・というか・・・当然というか・・・
多分、もう着いてますよね。

買い出しに行けないので、もっぱら我が家のCD棚を漁っています。
先日、ラナ・レーンの garden of the moon というのを発見しました。
この人の声が気に入って、よく聴いています。
プログレと言うより、メロディアス・ハードと、いう感じですが、
もう少し、プログレっぽいのも有るんでしょうか?
少し前に、ここで話題になってた様な気がするのですが、申し訳ないことにアルバム名が思い出せません。
このアルバムは「バーン」の「買うんじゃなかったコーナー(?)」というようなので
紹介されてたらしいのですが、そんなに悪いとは思いません。
他がもっと良いと言うことなのか、単にバーンの基準なのかも気になるし、
是非、他のも聞いてみたいです。



01/12/27 15:39:28
名前:
ゆるげん

コメント:
>ふらじゃさん、FromNiigataさん
こんにちは!
>トリアンのロシアン(笑)のライブのメンツ
CDに付いてるクレジットを見ると
JURGEN FRITZ Keyboards、Vocals
ARNO STEFFEN Lead Vocals
unknown Guitars
unknown Saxophone
unknown Bass
unknown Drums
となってます
1980年4月30日のライブです
購入元のサプライズミュージックさんも知らないのかも



01/12/27 14:54:05
名前:
FromNiigata

コメント:
ロシアンのライブはバックにTOTOのメンツも居るのでしょうか?>

なんかTOTOのメンツ、最近では飯島真理のアルバムのバックも演っている
みたいですね。幅広いですね。



01/12/27 14:09:45
名前:
ふらじゃ

コメント:
今年も残り少なくなりましたねぇ、指折りも片手で済む様になりました。
年賀状書きも大掃除も終わったので後は新年を迎えるだけです

今日も寒いですね、昼休みの散歩もだんだん厳しくなってきました。
disk union散策もことしは今日で終わりです(たぶん)
本日の拾い物
ムーディーズ「ON THE SHRESHOLD OF A DREAM」、69か70年のアルバムです。これは持ってなかったし安かったので・・・しかしリマスターが出てるのに旧規格を買う私はいったい(タメイキ)
JADIS「ACROSS THE WATER」、ここでもちょっと前に話題が出てたのでつい衝動買いです。これはアランパーソンズのカバーが入ってる物では無いですね、CHIPMUNKさんのHPによると2ndらしいです。IQのメンバーが参加してるのですね。
フレディーマーキュリー「SOLO」、アルバム「Mr BAD GUY」と「BARCELONA」にシングル数曲をセットにした物です。以前一枚に編集したものを聞いたのですが、結局全部聞きたくなってしました(^_^ゞ

>トリアンのブート
有る所にはあるのですね、ロシアンのライブはバックにTOTOのメンツも居るのでしょうか?ちょっと気になりますね。



01/12/27 14:00:00
名前:
ゆるげん

コメント:
うわ〜ん(T_T)
今日Yahoo!で「ゆるげん」を検索したら
他にもHNに「ゆるげん」を使ってる人がいた〜
20年弱使ってる名前だけに変な気分になってしまった。

でも、仕方ないですよね
ありふれた名前ですもん。

だからきちんと説明します
私はトリアンヴィラートのユルゲン・フリッツに影響を受けて
20年くらい前から「ゆるげん」を使ってます。
インターネットを始めたのは2001年11月中旬(まだ一ヶ月半しかたってない)ですので
インターネット内のそれ以前のHP、書き込みなどは私ではありません。

ちなみに
私が今までに書き込んだHPは、
ここTriumviratのJ’ratさんのHPと
レースクイーン汐瀬ナツミさんを応援している、あみっくさんのHP「ウニTV」の二つだけです(2001年12月27日現在)
レースクイーン大好きでナツミさんとは知り合いです。



01/12/27 13:39:28
名前:
にいはお

コメント:
気分がすごく悪い・・・・。
何か変なものでも食ったかなあ。
ここじゃ「ひょっとしてあれか?それともこれか?」って可能性、
山ほどあるからなあ。

昨日BSでいにしえのアイドル特集かなんかやっていて、面白かったです。
「ナオミの夢」が実はイスラエル出身の二人組の歌、なんてこと初めて知りました。
一体何がきっかけで極東くんだりまで来て、しかもその国の言葉で歌ってたんでしょうか?
リンリン・ランランとかも映ってたな。現実の中国にはこんな名前の人はそう滅多には
いませんがね。

帰国しているおかあちゃんにあれやこれや代理買い出しを頼んでおりますが、CDだけは
どうにもなりません。フツ−の人ですので、そんな人に「ハンガリーのキーボードバンドで
ナントカの何々」な〜んて、そりゃ言えませんね、いかに身内でも。
かろうじて「マグニフィケーション」だけ頼みました。この程度なら、まあ・・・。



01/12/27 00:39:28
名前:
カスタム

コメント:
トリアンは、兄貴のゆるげんが良く知ってるから、
僕はトリアン以外の好きなプログレの話をしますね。

僕のプログレ好きは兄貴ゆるげんの影響がかなりあります。
最初はハードロックやパンクなど聴いてましたけど、プログレではイエスやELPが最初だったと思います。
でもその頃はプログレなんて知らずにイエスやELPを聴いてました。
ところで
ドイツのプログレと言ったら普通は、カン、ポポルヴー、ファウスト、クラフトワーク、アモンデュール等のジャーマンロックのイメージなんでしょうね?
でもドイツには知名度は低いとは言えシンフォニックなバンドが多いですね。
中でもトリアンヴィラートを始めトリロジー、シュテルンコンボマイセン、アモスキー、トリトナス等キーボードバンドが多い事です
僕的にはこれこそジャーマンロックと呼ぶにふさわしいと思います。

ところでキーボードバンドってTから始まる名前が多いですね。
(僕の持ってる物の中では)Triumvirat、Tritonus、trilogy、イタリアのTrip、Triade、オランダのTraceとか。
でもトリアンぐらいマルチキーボードを駆使したバンドは他にはいないです。
ELPを聴けば音がスカスカですね
僕はELPよりトリアンの方が完成されたキーボードバンドだと思います!
他にはトレース、シュテルンコンボマイセン、グリーンスレイドなどが好きです。



01/12/26 16:22:29
名前:
ゆるげん

コメント:
年末休みで時間に余裕ができたので
ちょっとした、おもしろネタをいくつか。

”モーニング娘。”関係で
”タンポポ”の「乙女パスタに感動」はいいですよ
KAYAKっぽくて思わずニヤケ&感動です
ギターはJohanSlagerそっくり
ドラムもPimKoopmanっぽいし
ピアノのバッキングの感触もTonScherpenzeelを連想させます

それと
”スカイビューティーズ”の「未来をつくろう!!」
ピアノのバッキングとコード進行に「アラカルト」時代のトリアンを感じました
すごくいいです

”タンポポ”はつんくプロデュースですが、編曲と演奏すべてを永井ルイがやってます。
”スカイビューティーズ”は作詞作曲編曲演奏プロデュース、すべてを永井ルイがやってます。
この永井ルイという人、元”すかんち”のローリー寺西と交流のある人で
かなりの70年代ロック&グラムロックのマニアだそうです

”タンポポ”は今人気のアイドルなので手に入りやすいですが
”スカイビューティーズ”はすでに廃盤で私も手に入れるのに苦労しました
でもここで注意があります
この感想は個人的主観に左右されるものなので誰もが同じに感じるとは限りません
聴く人はそこを理解して下さい。



01/12/26 15:30:43
名前:
FromNiigata

コメント:
この24日、25日は空路「大阪・神戸」観光で、神戸のルミナリエ、大阪のユニバーサル・スタジオ
・ジャパンを楽しんできました。(ミ〜ハ〜)

二つとも結構楽しめて満足でした。関西では人目をまったく気にせず抱き合っているカップルがや
たら多かったのですが、やっぱりノリがラテンに近いものがあるのでしょうか?
しかし、新潟から飛行機で1時間、時間的に手続きの時間を入れても、東京より近いのは意外でし
た。(料金的にもほぼ同じ)
関西でオフ会があっても参加できそうですね。


いわゆるジャケ買い>
私もYESの場合、最初ジャケ買いだったような気がします。その為、「危機」より「海洋地形学」
の方が購入が早かったような…。
「プログレの館」完成の暁にはぜひロジャー・ディーンポスターをどど〜んとディスプレイした
いと考えています。



01/12/26 12:53:02
名前:
ゆるげん
電子メールアドレス:
メールはこちらまで

コメント:
>sphinxさん、ど〜もです。
トリアンのブートの件、大当たりです!サプライズです。
ここは他にも色々なアーティストがありますがパッケージがひどいんですよね。
ディスク1枚にタイトルクレジットの紙1枚いかにもブートですってゆー感じ。
でも値段が手ごろで、見た目を気にしなければ大変よいです。

>J’ratさん、メール送りました。
「マグ二フィケイション」はまだ買ってません、
ジャケットがいまいちで、なかなか手が出ません。
でも評判はよさそうですね。検討します。

実はYesのファンである前にロジャーディーンが大大大好きなんです。
ロジャーディーン関係の物も集めてます(Views、ポスター、雑誌、もちろんレコード、CDも)
Yesを聴くようになったのも、いわゆるジャケ買いがきっかけです。
初めて買ったのは「ドラマ」!!です(Yesファンとしては超珍しいでしょ)
今でもあのジャケットが1番好きです。
でもそのおかげでしょうか、ジョンアンダーソンがどーたらこーたら、とゆー
メンバーの有無で評価をせず、純粋に音楽として聴けるのかもしれません。
それにしても「危機」のジャケットには驚きました。

Yesで最近買ったものは「時間と言葉」の紙ジャケと「HouseOfYes」のDVDです。
ビリーシャーウッドの音楽としての居場所がなくて見ていてつらい。
けど、パフォーマンスは最高!!
「Awaken」最高!!「ロンリーハート」やだ〜!!

誰かYFFCについて教えてください(興味アリ)

んでもって
弟のカスタムをヨロシク

弟とは1984,5?年頃二人でユニット「ラークLARK」を組んで音楽活動(自主レコーディング)してました。
音源がたくさんあるけど全部未発表です。
できれば自主制作して世に出したい。



01/12/26 01:52:02
名前:
カスタム

コメント:
はじめまして。
いつもお世話になってるゆるげんの弟のカスタムです。
同じプログレファンとしてJ'ratさんのHPに書き込みさせてもらいました。
これからもゆるげん共々カスタムもよろしくお願いしますね。
僕はTriumviratも好きだけどプログレ全般が好きで特にシンフォニック系が好きです。
兄のゆるげん程詳しくは話せませんがよろしくお願いしますね。
これから色々と僕のプログレマニアぶりを教えます。



01/12/26 00:27:05
名前:
J'rat

コメント:
 寒いですね〜。今日は雪こそ降りませんでしたが、風が冷たいです。明朝には本当に雪になるかも知れませんね。

>ホイトルさん、
 おやおや、新潟はお天気だったんですね。本当に太平洋側と日本海側は正反対ですもんね。日本海側に住んでいると、つかの間の晴天は本当にありがたいですね。北陸では冬の間はずっと鉛色の雪雲で覆われていることが多かったです。
 私が中三のころのことです(トリアン暦で言いますと、スパルタカスを初めて聴いたころですね)。早春に雪の下から緑の植物が顔をのぞかせ、陽光にきらめくのを見て感動したことを思い出しました。当時は厳しい自然の中で、感受性は豊かになっていたような気がします。ふさぎがちな思春期を過ごしていたのかもしれませんが...。

>ゆるげんさん、
 メール、ありがとうございました!! 曲名まで教えてくださってありがとうございます。それにしてもよく見つけられたものですね。私もがんばらなければ。
 私はYFFCの会報の発行のお手伝いを、ほんの少しだけですがしているのです。リアルタイムが「ドラマ」からと言うのは珍しいかも知れませんね。私は「リレイヤー」ころでしたが、「究極」の内容はともかく尻ジャケでずっこけてしまったクチなんです。
 「マグニフィケイション」はお好きですか? 私は最近久しぶりに聴きなおしています。なかなかよい作品だと、再評価しているのですが...。YFFCは中身が濃い(特に会報)ですので、ぜひどうぞ。kitさんの美麗なイラストも見れます。今号は薔薇を背負ったクリス!

>sphinxさん、
 わはは、ありがとうございます。私もついさっき申し込んでしまいました。トリアン関係を見るとどうにも我慢できなくって...。サプライズの人はまさに「びっくり」しているでしょうね。なんでこのバンドばかり売れるんだ?って。

>にいはおさん、
 二日酔いですか〜。ご家族は帰省されてしまったんですね。お仕事とは言え大変ですね。
 そうそう、ガボールさんの新しいサイトでは、ちゃんとにいはおさんのMIDIのページにリンクを張ってくれるようになりましたね。なかなか律儀です。

>ふらじゃさん、
 スキャナー、使えるようになって良かったです〜。せっかく引き取ってくださったのに、使い物にならなかったらどうしようと思っていました。パラレル接続ですので、読み取り&伝送速度は速くないですが、がんがんスキャンしてください。でも、変なものスキャンしちゃダメですよ。(^_^)



01/12/25 22:13:27
名前:
sphinx

コメント:
>ゆるげんさん、はじめまして。
なんと奇遇なことにトリアンのブート、同じ内容のものを
先週わたしもオーダーしました。もしや”サプライズ”では?
偶然このサイトを見つけちょっと不安だったのですが即オーダー
してみました。詳細データを見ると"Academy of Music 1974"は
曲順、トラックタイムからすると以前J'ratさんに聞かせていただいた
"Illusion Tour"と同じと思われます。
確かに”ロシア式”期のライブはレアですね。
ということでJ'ratさん、オーダーは一寸まってみては。
私の現物が到着してからでも遅くないですよ
詳しくはメールします。



01/12/25 16:06:00
名前:
ふらじゃ

コメント:
午前中は晴れてて本当に雪降るのかいな?と思ってましたが
急に寒くなって空模様も怪しくなってきました。

そんな中ちょっと中古CD屋さんに行って来ました
特にプログレが充実してる訳ではないのであまり期待はしてなかったのですが
そんな中にスチュワート&ガスキンの「THE BIG IDEA」があったのでゲットしました
後はラナレーンを2枚、その中にクリムゾンの「宮殿」をカバーしてたので聞いてみましたが
途中でクラシックの曲が挿入されたりしてなかなか面白かったです。

帰りに中華街を通ったら、あちこちの店に“爆竹あります”の文字が…
ああ、新年が近いのを実感しました。
もっとも、ココは旧正月のほうが賑やかです。



01/12/25 15:04:27
名前:
ホイトル

コメント:
犬が西向きゃ尾は東...じゃないけど、
東京が雪なら新潟はかんかんに晴れてます。
いやぁ..本当に久々のいい天気です。今日は。



01/12/25 13:25:15
名前:
にいはお

コメント:
昨日のイブは、
会社のスタッフに誘われるまま、
薄汚い羊のしゃぶしゃぶ屋に連れ込まれ、
白酒(マオタイの系列の、きつい方の中国酒。58度)の
乾杯乾杯騒ぎでつぶされました。
三十余年にわたる人生の中で、昨日ほど
「らしくない」「程遠い」イブの過ごし方を送った日はありません。
イブに中華、だって。ははは。

生誕節快楽。



01/12/25 09:46:34
名前:
ふらじゃ

コメント:
今日は関東地方も夜には雪になるかもしれないそうで、今日降れば17年ぶりのホワイトクリスマスだそうです。どうりで寒いはずだ

この連休はクリスマスやら大掃除やらで大忙しで、自分の時間はほとんどありませんでした。そんな中スキャナーは無事起動できたので良かったです。これから使い方覚えねば(^_^;



01/12/25 03:13:43
名前:
ゆるげん

コメント:
J’ratさん
メール送りましたよ。

ちなみに
私はYFFCではありません。
Yesに出会ったのが「ドラマ」のあとで、
「ロンリーハート」の前に過去のアルバムを全部聴きましたので、
リアルタイムは幻滅の嵐でした。
とてもファンクラブへ入る気にはなれませんでした。
資料は自力で集めました(通販など)
では!



01/12/24 22:37:22
名前:
J'rat
電子メールアドレス:
メールはこちらまで

コメント:
 三連休(私には2.5連休)も終わりですね。一応宛名書きも終わったのでひと安心です。PCで書いたので、妻ラットのも毎年やらされています。

 今日は久しぶりにクルマを洗ってから近所の電器屋さんに行きました。ビデオテープを買いに行ったのですが、PC用のUSBスピーカーが安かったので買ってしまいました。YAMAHAのサブウーハー付きのYST-MS35Dという機種です。今までのは普通のアンプ内蔵のアナログスピーカーでしたので、それよりはマシになりました。でも、これは面妖な音がします。サブウーハーがくせもので、置き場所が難しいです。クロスオーバーが180Hzでカットオフが鈍く、音が聞こえるので足元に置くわけにも行かず、今はディスプレーの横に鎮座しています。
 教訓:下手なサブウーハー付きより、ただのステレオ(2ピース)のほうが吉

>ゆるげんさん、
 いらっしゃいませ?。Yes もお詳しいんですね。もしかしてYFFCの方だったりして? (^^ゞ
 トリアンヴィラートのブートを入手されたとのこと、おめでとうございます。私は "BBC '75" しか持っていませんが、これは素晴らしい演奏ですね。音も良いですし、フリッツが一人でピアノからシンセ、オルガンと弾きまくっているさまが素晴らしいですよね。なかなか出ないリマスターですが、ボーナストラックにはライブ録音が付く予定だそうです。
 残りの二枚は、私は持っていません。Illusions 期のものは以前聴かせていただく機会がありましたが、ブーツの中で録音したような音質の物でしたので、ゆるげんさんの入手されたものとは違うかもしれません。1980年のものは初耳です。そもそも "Russian Roulette" の時にライブがあったなんて...。このアルバムは "A La Carte" 以上に衝撃的でしたが、ライブだとどうでしょうか? どちらもぜひ聴いてみたいですね。
 どうやったら入手できるか(よろしければメールで)教えていただけませんか?



01/12/23 19:48:27
名前:
J'rat

コメント:
 3連休はいいお天気ですね。きのうは休日出勤でした。でもプジョーで行ったのでご機嫌。帰りに秋葉原に寄ってDVDプレーヤーを買いました。東芝の安物ですが、なんとDVD-AudioとHDCDまで再生できるのだそうです。
 でもさっそく買ったのは「ファントム・メナス」と「カリオストロの城」だったりします。あと、先週ジャスコで2枚で3,000円セールをやっていたので、「アイアン・ジャイアント」と「レッド・プラネット」も買っていたのでした。
 DVDプレーヤーの接続端子を見て驚きました。D1やらデジタル音声やら、コンポーネント映像など、昔はなかった端子がいっぱい。AVから遠ざかっていた間に浦島太郎になってしまいまったようです。

 さて、とりあえず年賀状の宛名書きをしなくては...。



01/12/23 01:22:07
名前:
5150

コメント:
JRの船橋法典駅には、ナッキーモールという長〜〜い動く歩道があります。
同じ動く歩道でも、渋谷の恵比寿ガーデンプレイスのそれと趣を異にするのは、
それを利用する層というのはおしなべてオヤジ(最近は若い女性もちらほら)であることです。
ベルトコンベアの上を流れるオヤジたちは、フライドチキンになる鶏のように、
整然と、コンベアの向こうに待つ大きな施設に向かって行きます。
その施設の名前は中山競馬場。明日はオペラオーの最後のレースです。

とここまで書いてたら・・・うぉぉぉ!福原アナだああああ!
うまなりクンにはやっぱりこの人だなあ



01/12/22 22:03:06
名前:
夢典命

コメント:
またまたすみません。
矢印が逆でした。↑じゃなくて↓でした。
これじゃあ、次にカキコしたい方が躊躇してしまいますもんね〜(^^ゞ



01/12/22 21:31:30
名前:
夢典命

コメント:
↑失礼しました。m(__)m

昨夜は心配した雪の予報もどこ吹く風...といった感じで杞憂でよかった、よかった・・・で無事事無きを得たかなあと思っていたら、とんだ所に落とし穴が待っていました。
東京駅からの終電に乗ったのですが、今年最後の忘年会等をエンジョイした人たちでしょうか、普段以上の混み具合でした。到着駅に着いていつものようにタクシー乗り場まで行ってみると、唖然、そこに見られた光景に言葉を失ってしまいました。
どこから集まったのかと思われるくらいのタクシーを待つ長蛇の列で、それから1時間近くもしっかり並んでいた事実がありました。(ほんとに長かった〜)

お〜っと、ビル・ラズウェルの話題で盛り上がっているようですね、マサカというバンドは初耳ですが、彼が80年代初頭に結成していた《マテリアル》には注目しておりました。
「なんだかよくわからないけど、過激で面白そうだ!」...というのが当時のもっぱらの評判だったようですが、ハービーの「フューチャー・ショック」を始めとしてアーティストの潜在的な可能性をうまく引出して伸ばしていくという、いわゆる爛縫紂璽ΕА璽凜潺紂璽献奪の仕掛人たち瓩噺世辰燭曚Δ当たっているかもしれません。
yeszanmaiさんも書かれていますように、ジャンルの枠にとらわれないミュージックこそこれからのあるべき姿であるというのを如実に明らかにしようとしていたのには感服してしまいました。

彼らは日本の音楽シーンにも多大な影響を及ぼし、沢井原兒(ベーコン・エッグ)や爛船戰織鶚瓩海閥疇E則らの作品ではインプロビゼイション溢れるサウンドを提供してくれましたし、渡辺香津美とのジョイントライヴにおいてもなかなか個性的な音を届けてくれました。
しかし、彼が当時注目していたプロデューサーとしてトレバー・ホーンの名前を真っ先にあげていたというのは面白いですね。

ハービーで思い出しましたが、彼のあの不気味なビデオクリップでヒットした‘ロック・イット’を始めとした一連のMTV作品を紹介する番組として、当時高視聴率をマークしていた『ベスト・ヒット・イン・USA』が、1時間のスペシャル番組として来年1月2日の深夜に放映されるようです。
あの小林克也氏によるナレーションが久々にTVに登場するのが今から楽しみですね。



01/12/22 21:00:38
名前:
夢典命

コメント:
昨夜は



01/12/22 17:58:37
名前:
ゆるげん

コメント:
みなさんお久しぶりです!
仕事が忙しかったので久々のカキコです
ここのチェックはしてましたけど

解散うんぬんについて
Queenの場合
フレディーマーキュリーのカリスマ性が異常に高かったため
新メンバーを入れて活動するのは不可能だと思います
欠員による永遠の活動停止状態ってとこでしょうか

Yesの場合
ジョンとリックが抜けた時なぜ解散にならなかったか
それは、バンドとしての実権はクリスが握っていたからです(リーダーですし)
音楽的コンセプトはジョンが持ってますが、
サウンドプロダクト(サウンドビルド)はクリス(とジョン)を中心に行われ
クリスが納得するまでアレンジの作業が続いていたようです
混沌とした80年代90年代そして21世紀をどうやって生き残ってきたか
ある意味ノーテンキジョンと完全主義なクリス、この二人の力によるところが大きい
これは、たとえるなら
ジョンの見切り発車的な行動(レールも敷いてない荒野を突っ走る)に
クリスの尻拭い的後追いつじつまあわせ(突っ走った跡にレールを敷く)とゆー感じ

しかしこのおかげで今も元気に活動し続けられるのかな

なんでこんなにYesに詳しいかとゆーと
トリアンヴィラートの次に好きなアーティストがYesで
島根に住んでるにしては資料が結構ある

ところで
トリアンのBootlegをGetしました
BBC75(これはすでにもっていた物と同じでした、全部で3枚になってしまった)
 アルバム「スパルタカス」からCapitolofPower、DeadlyDream〜、
 Marchto〜3曲のライブ
 トリアンはライブバンドだと痛感するほどの素晴らしいパフォーマンスです

AcademyofMusic1974+ABCinConcert1974
 アルバム「イリュージョン〜」からイリュージョン〜全曲と
 ミスターテンパーセントの前半4曲
 「スパルタカス」収録以前のTheBurningSwordofCapua
 ちょっと音質が悪くテープよれもあるライブ
 スタジオ盤が音色的に豪華だっただけにちょっとさびしい感じがする
 
FM.B’CastMainz,WestGermany1980
 アラカルトからForYou、Waterfallと
 ロシアンルーレットからTwice、We’reRichon〜、Cooler、Games
 イリュージョンからDawningのライブ
 ロシアンルーレットのスタジオ盤をまだ聴いたことがないので
 自分にとっては今回の目玉とも言える貴重な内容です。
 アラカルトまではトリアンとして聴けますが、
 ライブの感じではロシアン〜はトリアンとゆーより
 ArnoSteffenとのコラボレーションで
 ファンキーなアメリカンロックって感じです。
 Arnoのヴォーカルスタイルはスティーヴマリオットそっくりでねちっこくて
 トリアンのように流れるようなサウンドには合わないと思います

とりあえずここまで
ではまた!
 



01/12/22 02:34:07
名前:
kit

コメント:
結局関東も早々に雪が止んで、「リレイヤー」の似合う天気に
なってしまいました。>FromNiigataさん
う〜寒い、ブルブル。

今年も残すところあと10日ですが、
皆さんの今年一番良かったアルバムは何でしたか?
(パクリネタ、スイマセン(^^;>ホイトルさん)

>yeszanmaiさん
>オリジナルマサカ来日
なかなか凄いライヴみたいですね。実際見たら、インプロの緊張感で
死んでしまうかもしれませんね(^^;
そういえば先日、吉祥寺unionのレゲエコーナーを通りかかったら、
試聴プレイヤーにラズウェル参加のアルバムが入ってました。
聴いてみたんですが、なかなかゴリゴリした音で、
全然レゲエっぽくなかったです。
しかし、ラズウェルって守備範囲広いんですねえ。

あと、今気が付いたんですが、ウォータースのライヴタイトルは
「In The Flesh」だったんですね。「fresh」にしてました。
誤植スイマセン(^^;>ALL



01/12/22 00:26:01
名前:
yeszanmai

コメント:
>kitさん
マサカの『キリング・タイム』はリアルタイムです。
LPは日本盤(イースタン・ワークス/レコメンディッド・ジャパン)のみでした。
マサカ名義ではありませんでしたが、フリス-ラズウェル-アントン・フィアで来日しました。
もちろんマサカの曲も演りました。
その頃ラズウェルは丁度ハービー・ハンコックの『フューチャー・ショック』をプロデュースしたばかりで、
ジャズ、プログレ、ダンス系のファンがごちゃ混ぜでした。



01/12/21 13:13:39
名前:
FromNiigata

コメント:
こちらはまだ雪が降っていません。なんかどんよりした日本海側独特の曇り空は
「究極」と言うより「リレイヤー」がマッチしているという感じですね〜。
雪が降ったあと日差しが差してキラキラしている風景が「究極」にベストマッチ
ですね。
そんな訳で、空の色にあわせて今日の通勤のお供はブートのパトリックモラーツ
在籍時のYESでした。



01/12/21 12:26:59
名前:
kit

コメント:
寒いですね〜。外はみぞれ状の雪が降っています。
今晩は「究極」日よりかもしれません(^^)>from Niigataさん

>yeszanmaiさん
>オリジナルマサカ
私は新生マサカの「funny valentine」を先に聴いてから
オリジナルマサカの「Killing Time」を聴いたので、
最初その質感の違いに違和感があったのですが、
久しぶりに聴くと、やはり良いアルバムですね。
手元の「ヤング・パーソンズ・ガイド・トゥ・プログレ」(音楽之友社)を
見ると、81年のオリジナルのアルバムは、相当衝撃的な存在だったようですね。
yeszanmaiさんはリアルタイムだったんですか?

>新生マサカライヴ版「meltdown」
スタジオも凄いインプロの嵐でしたが、ライヴはさらにすさまじいですね。
難しいと思いますが、この編成で来日してくれればと願います。



01/12/21 04:18:55
名前:
yeszanmai

コメント:
>kitさん
Massacreのライヴですか!!
今日届いた通販リストによると、今年の6月のライヴみたいですね。
前作のスタジオ盤は、何処かのフェスティヴァルで出会った三人が、
スケジュールの空いたたった一日で録音したものですが、
わたしとしては何故この名義なのか?と思ってしまいます。
この三人(フリス、ラズウェル、ヘイワード)で悪かろうはずはないのですが。
オリジナル・マサカ(フリス、ラズウェル、フレッド・マ−)のアルバムを
当時「西洋合理主義の破綻云々、世紀末へ向かう音楽」などど
恥ずかしいことを言いながら聴いていました。



01/12/20 23:28:27
名前:
夢典命

コメント:
明日は都内で取引先の忘年会があるのですが、予報だと夜には雪が降るかもしれないとの事・・・
それでなくとも田舎に住んでいる者の身としては、はたして無事に何事もなく帰宅できるのだろうかと不安な前夜をおくっております。降るんだったらせっかくだから、もう3日後のクリスマス・イヴにしてもらえないかな〜(^^ゞ

>SKY

すっかりご無沙汰しておりました。私もベストアルバム持っていました。
クラシックの巨匠、ジョン・ウィリアムス率いるこのバンドですが、爛ラシックとロックの融合瓩うまい具合に彼らの音楽に取り入れられてはおりますが、シンフォニックなプログレよりもどちらかというとクラシックに重きをおいているような気がします。
やはり彼の奏でるアコースティック・ギターのパートのウェイトが高いからでしょうか、かの『スターウォーズ』までの艶やかさはありませんが、1曲1曲が非常に丁寧に作られています。

...ということで、今夜はTOTOでの活躍でも有名になった彼の息子ジョセフ・ウィリアムスの1stアルバムを聴いておりました。
このアルバムは彼がTOTOに参加するずっと前の作品ですが、粒ぞろいのハード&メロディアスな曲のオンパレードで、ここでの成果が認められる形で加入につながったといっても過言ではないと思います。
ここにも面白いエピソードがありまして、TOTOの3代目ヴォーカルのオーディションでは彼と、現MR.BIGのエリック・マーティンの二人が最終的に残ったそうです。
デヴィッド・ペイチはエリックを推していましたが、ジェフ・ポーカロはジョセフの方を推していたといいます。決め手は、昔からの顔なじみだったという点と、作曲やアレンジができるという点だったとか・・・
その後の活躍では立場が逆転したような感はありましたが、いずれ劣らず素晴らしいシンガーには違いないでしょう。
ジョセフのライヴは無理ですが、エリックの勇姿は来年早々のMR.BIGの解散コンサートで見ることができます。多分、すごく盛り上がるんだろうなー、きっと。



01/12/20 21:18:54
名前:
AUKEN

コメント:
こんばんはー。

アマゾンで国内盤のスチュワート&ガスキン全作とニュー・トロルス「コンチェルト・グロッソN2」を手に入れました。
「どうせ無理だろうなー」と思ってたので嬉しいです。残ってる所にはあるものですね。

>マクソフォーネ
これはなかなかに良いアルバムですよね。シンフォ好きの人はたまらないのではないでしょうか。
管楽器のメンバーがやたら多いんですよね、確か。

リチャード・シンクレア、発売30分前に行ったのに並んでて、結局70番台でした・・・



01/12/20 20:37:53
名前:
FromNiigata

コメント:
あの『フォーライフ・レコード』が解散>
なるほど、時代の流れってヤツでしょうかね。既存のレコード会社へのアンチテーゼ
と言う意味では日本の「ヴァージン・レーベル」みたいなものだったのでしょうか?

「マクソフォーネ」ジャズ、クラシック、オペラなどの要素がてんこ盛り…、なんだ
か面白そうなアルバムですね。是非聴いてみたいです。

ウォータース「In The Fresh」ライヴのDVD>
3月の来日公演は年度末でちょっと行けそうにないので、せめてライヴDVD欲しい
ですね。

こちらは12月の始めにスタッドレスタイヤを履いたのですが、寒いながら、なかな
か雪が積もらず、なんだか損した気分…。(まぁ、この方が楽で良いですが。積雪が
あると普段の3〜4倍通勤時間がかかるのなんてザラですからね)



01/12/20 14:18:18
名前:
ふらじゃ

コメント:
暖かいとはさすがに言えませんが、日の当たる所はそんなに寒くないですね

と、前置きしといて昼休みの散歩をしてきました(^_^;
明日で終了する年末ジャンボを買いに行ったついでにunionに寄ってきました。プログレの新譜は一段落したのか、四人囃子のBOX以外真新しいものは無かったです。ただ例のロジャーディーン・ジャケットのDVDにSKYがあったのでget、ジョンウイリアムス(g)脱退後のステージみたいです。
あと中古でPFMのライブ「PERFORMANCE」を、アナログでは2枚組でしたがCDは1枚になってました。この時期はプログレ色が薄れてますが陽気なイタリアンを想像させる楽しいライブです。

>J'ratさん
ありがとうございます。Microtekのトラブルシューティングを見るとまだ試してないことが幾つかあったのでやってみます。目指せ年内起動!



01/12/20 11:28:10
名前:
kit

コメント:
>J'ratさん
レスどうもです(^^)
>KAYAK新譜「Night Vision」
あ、これも昨日初めて聴きました。
前作と違い、結構出だしはハードですね。でも、親しみやすいメロディと、後ろで弾きまくるトンのピアノが、いかにもカヤックらしいですね。日本のライナーによると、トンのお気に入りは4曲目だそうです。自分で聴いてて泣いてしまったとか(^^;
ボーカルは、マックスから、ヴァンデンバーグ(ハードロック)のボーカルにチェンジしたそうですね。女性メンバーって、いましたっけ?(メンバーはよく知らないんです(^^;)

>マクソフォーネ
いつか聴こうと思いつつ、買ってないんですよね。J'ratさんの評を聞くと、聴きたくなってしまいますね(^^)



01/12/20 10:20:14
名前:
J'rat

コメント:
 あ、kitさんいらっしゃいませ。上から読んでも下から読んでもKAYAK。英語なので左右か...。"Night Vision" はきのう3回ほど聴きましたが、なかなかかっこいいですね。ストリングスとブラスを使っていて、なんだかマグニフィケイションなアルバムですね。流行っているのでしょうか?
 このアルバムは日本盤も出たんですね。知らなくて輸入盤を買ってしまいました。今回は女性のメンバーはいなくなっちゃったんですか?



01/12/20 10:14:32
名前:
J'rat

コメント:
 寒いですね〜。明日の夜には雪ですか? ぶるぶる。土曜日はまた休日出勤なのに...。

 今朝はマクソフォーネを聴いてきました。ジャズ、クラシック、オペラなどの要素がてんこ盛りの面白いアルバムです。サックスとかの管楽器が印象的ですしピアノもきれいですね。

>夢典命さん、
 ジョン・ウェットン付きのAfterCryingは私もぜひ聴いてみたいです。

>ふらじゃさん、
 お手数をおかけしております。Microtekのスキャナはパラレル接続ですが、SCSI機器として認識させます。そのあたりに問題があるのかもしれませんね。以下のFAQをご確認ください。
http://www.microtekjpn.co.jp/products/support/q_a/d_q1.html



01/12/20 10:08:58
名前:
kit

コメント:
おはようございます。kitです(^^)

昨日は新宿にunionがあったついでに、用事に行ってきました(用事とunionが逆です(^^;)。
店内では、ふらじゃさんが書かれたウォータース「In The Fresh」ライヴのDVDが流れてました。皆さんの手元に、ライヴのチケットもそろそろ届いているそうですね。

で、買ったCDはMASSACREのライヴとyesの「ドラマ」紙ジャケ(中古)とルネッサンスの「碧の幻想」紙ジャケ(中古)でした。
MASSACREはフレッド・フリス(g)、ビル・ラズウェル(b)、チャールズ・ヘイワード(dr)というアヴァンギャルド系の巨匠が集まったバンドで、強力なインプロ合戦を繰り広げています。AUKEN君、らくだ君系でしょうか?
紙ジャケは、昨日のunionは中古がやたら充実していました。yesの紙ジャケの中古が多いのは、皆売ったということなんでしょうか?(T T)



01/12/20 09:38:27
名前:
ふらじゃ

コメント:
今日も横浜は良い天気です。全国の週間天気を見ると雨より雪のマークが多くなってますね、冬本番といったところでしょうか。

この寒いのに早起きしてJ'ratさんにいただいたスキャナーと格闘してました。デバイスの認識はするのですが、ソフトを入れて立ち上げなおすと認識が解かれてしまいます。BIOSのシリアルポート設定をいじったりしても上手くいきません。結局時間切れで未だに起動してません・・・トホッ

今朝の通勤の友はドイツのバンドELOYの「OCEAN」でした。このバンド名を書くと毛糸さんの“ELOYってエロイ?”を思い出していけません(^_^ゞ音のほうは同じドイツのNOVALISの様なメロディアスな曲をFLOYD的味付けをした感じでした。
トリアンもそうですが、ドイツのバンドのメロディアスな部分は本当に綺麗ですね。これをどう味付けするかでバンドのカラーが決まってくる気がします。



01/12/19 22:53:10
名前:
夢典命

コメント:
井上陽水で思い出しましたが、70年代から現在までフォーク界のみならずポピュラー・ミュージック界を引っ張ってきたあの『フォーライフ・レコード』が解散したみたいですね。
最期の大物今井美樹が移籍したあとは、彼ひとりで孤軍奮闘してきたようですが、採算ベースにのらなかったというのが正直なところでしょうか。
そういえば先日にもかつての所属ミュージシャン達のベスト盤が一気に発売になってましたが、あれがいわゆる犧埜紊糧媚銑...だったということでしょうか。

さて、あいも変わらず年賀状には手をつけてないのですが、やはり手っ取り早いCDにいってしまうのは仕方がないのでしょうか。
まあ、今週末は少しばかし時間がとれそうなので、その時にもうひとがんばりするとしてっと...

今夜は最近ここのBBSで書き込まれることが多くて、ちょっと嬉しい^/^AFTER CRYINGのライヴ「Struggle For Life」を聴いています。
99年&97年のライヴにジョン・ウェットンをフューチャーしたあの‘スターレス’、その他もろもろで約140分に近い演奏を2枚組にまとめた大作だといえるでしょう。
確かに爛魯鵐リーのELP瓩箸い辰甚箸ぴったりくるナンバーも多いのですが、それだけの器に留まるだけではなく、いわゆる管楽器を使ったビッグバンドでの分厚い演奏も聴かれ、ある意味プログレの枠にとらわれない万人受けする音楽だと思いました。
東欧のプログレというと、今まではそれだけでどうしても狄わず嫌い瓩覆箸海蹐ありましたが、彼らと出会ってからはその考え方を根底から変えなければならないと思いました。
『音楽は世界の共通語』...な〜んて言われていますが、彼らの音楽を聴いているだけでハンガリーという国が身近に感じられるのがほんとに不思議です。

>Progradio

私もちょいと覗いてみましたが、ここはほんとに凄いプログレミュージックの宝庫ですね。
それもトリアンの「SPARTACUS」をはじめとして定期的にまるごとかけるなんてちょっと考えられませんねー。
これなら店主さまも当分はここで温泉気分を味わうかのごとくどっぷり...でしょうねぇ、きっと。(^^ゞ



01/12/19 21:32:13
名前:
ホイトル

コメント:
>井上陽水
まいに〜ち、ふぶきふぶき氷のせかい〜よ〜

確かに寒いですね。刺すようだわぃ
暖房をつけてひっそりと音楽を聴く冬になってきたな。
不思議と今年は寒いわりには雪が積もりませんねFrom Niigataさん。



01/12/19 19:54:24
名前:
FromNiigata

コメント:
クルマの外気温計は0?2度程度です。>
外気温度計あるの格好良いですね。私のはグレードが低いので付いてません。
グッと寒くなってきました。車の中の音楽に夢中になって事故らないように気をつけます。



01/12/19 16:08:26
名前:
J'rat

コメント:
 本当に、朝晩は寒いですね。クルマの外気温計は0?2度程度です。

 今朝はKAYAKの新譜 "Night Vision" を聴いてきました。きのう新宿に行ったので、disk unionに寄ったのです。あまり時間がありませんでしたので、あとはマクソフォーネとバンコの壷のジャケットのとLATTE E MIELE「パピヨン」を買いました。今年こそユニオン特製プログレカレンダーをゲットしなくては。
 さっそくカヤックを聴いたのですが、"Close to the Fire" とはだいぶ違いますね。新作はちょっとおとなしくなっているようです。

>ふらじゃさん、
 せっかく近くまで来てくださったのに、お会いできなくてすみませんでした。m(__)m
 新宿のunionにも井上陽水が置いてあって、私もびっくりしました。しかも平積みで...。

>にいはおさん、
 Opera はJAVA付だと大きいですね。本体だけだとたった3MBなので、ファイルサイズもIEやNetscapeの10分の1以下です。本体だけでもだいたいOKだと思います。
 ブラウザは、画像を表示したり、HTMLを解釈して組み立てなおしをするのが結構重いです。ですので、PCを買い換えたらインターネットが速くなったということもあります。Operaはエンジンがいいようなので、同じPCでもずっと快適に動くはずです。最新のPCじゃない人や、ブロードバンドじゃない方にも最適なブラウザだと思います。まだ正式版ではないので、不具合はあると思いますが...。



01/12/19 11:35:58
名前:
にいはお

コメント:
年末も押し迫ってきました。
今年の中国は、正月1,2,3日を休みにするようです。つまり結果的に
日本と一緒。
その代わり、12月の29(土)30(日)に出勤しなさい、だって。
要は土日の休みを2,3日に持ってくる、とこういうことですね。
こんなこと国が決めるな、っつうの。
年末はおかあちゃんが日本に帰ってしまうので(私は居残り)、こっそり
どっか行ってやろうか、とか考えていたのに。

話題の高速ウェブブラウザ、オペラをダウンロードしています。10MBもあるので
時間がかかってしょうがない。
愚問ですが高速、とはつまり通信状況だけに起因するのではない、ってことなんでしょうか?
ソフトウェアにも起因するのか。



01/12/19 09:52:25
名前:
ふらじゃ

コメント:
いやぁ〜今日も寒いですねぇ、外気が冷たいから痛いに変わってきました。

昨日は梅で有名な湯島天神のすぐ近くに出張してました。わりと早く仕事が終わったので天神さまでもお参りしようかと思ってましたが、なぜかそのままお茶の水unionに行ってしまいました。
以前ハットフィールズのDVDが出てると書きましたが同じシリーズで今度はゴングとストローブスも出てました。ジャケットはどちらもロジャーディーンです。あとロジャーウォータースのDVD「IN THE FLESH」もありました。
そこは確かにプログレのフロアだったのですが、店内には井上揚水の「氷の世界」が流れてました。うーん不思議だ・・・



01/12/19 01:33:35
名前:
J'rat

コメント:
 興奮してしまいました。m(__)m

>紀州の駱駝さん、
 あ、ご兄弟でご来店ありがとうございます。
 スパルタカスが全曲かかるんですって! それは凄いですね。素晴らしい! どうもありがとうございます。さっそく公式サイトに知らせなくては。何かDJはしゃべりますかね? 今は曲がかかっているだけのようですが。紹介があるのだったら、ぜひ聴いてみたいです。

>夢典命さん、
 "Dog of the Bay" は懐かしいですね。オーティス・レディングって私はこれしか知りませんが、26歳で亡くなったんですか。若いですね〜。
 二重えくぼとスパルタカスのヘルムート・ケレンが亡くなったのは27歳ですね。よいボーカルは神さまが天国で歌わせたがるのでしょうか?



01/12/19 01:01:19
名前:
J'rat

コメント:
 さて、私は今日は忘年会でした。明日もです。会社の忘年会はつまんないです。仕事なのでしょうがないですかね。

 超・遅レスですみません。

>案山子さん、
 クリスマスのデコレーションを盗まれたとはひどい話ですね。週末は私の家と、お隣さんに話して憤慨していました。まったく許せないですね!!

♪ProgRadio.com、今度はOuter Limits の "Marionette's Lament"(1987) という曲です。初めて聴きましたが、雰囲気がありますね。ドラムは打ち込みかな?

>kitさん、
 そろそろ年末の修羅場も終わりそうですか? クイーンの「Jazz」、週末に図書館で借りてきました(買いなさいってば)。「バイシクル・レース」のアルバムなんですね。あと、ポリスの「シンクロニシティー」も。お、これには "Every Breath You Take" が入っていますね。懐かしい。

♪今度はエマーソンっぽいオルガンだと思ったら、Social Tension というバンドの "Out of March"(1990) という曲です。いいですね、このProgRadio。

>にいはおさん、
 クリスマス会の演奏、お疲れさまでした。大受けだったんですね! お父さんがスターで、お子さんも鼻が高かったでしょう。最高のクリスマスプレゼントですね。オルガン倒したり、回したりしたらもっと凄いと思われたかも....そんなことはないですね。(^^ゞ

♪次の曲はDawn Dialogueの "Share(Part1)"(1989) です。これはちょっとナンですね。何語で歌っているのか、スペイン語かな〜。知らないバンドが続きます。

>yeszanmaiさん、
 Nektarの "Magic is a Child" は当時はあまり気に入らなかったのですが、しばらくしてから好きになりました。アメリカっぽくてかっこいいんですよね。タイトル曲はハープシコードがとても印象的です。

♪今度はSolarisです。"A Viking Visszater"(1990)、フルートとシンセ、ギターもかっこいいですね! 続いてはJethro Tullの"Minstral in the Gallery"(1975) ですっ。フルートだし。

>解散、
 「ではトリアンヴィラートは解散しているか?」私としてはやはりこう自問しないわけにはまいりません。我田引水ですみません。
 Triumviratは1980年に "Russian Roulette" を出したのが最後ですが、このあとフリッツが解散したと言われています(参照:伝記と歴史)。解散宣言をどのようにしたのかはわかりませんが、ニュースにもならなかったのではないでしょうか?
 最後のアルバムは Arno Steffen(lead vocals) との共同作品のようなアルバムでした。バックはTOTOですから、アルバムの良し悪しはともかくとしても、これはトリアンヴィラートというバンドとは言えません。バンドらしくないのは "Pompeii" も "A La Carte" もそうですね。
 そして21世紀に復活するはずなのですが、なかなか出ませんね。

♪ProgRadio、次はCarmenの"VivaMiSevilla"(1973) という曲です。スペイン系? でも次第にかっこよくなってきました。おっと、今度はRobertFrippの "Breathless"(1979) です。次はUKの"Presto Vivanceand Reprise"(1978)です〜。すごい、すごい。

 なに? 次の曲はTriumviratの "The Capital of Power"(1975)ですって!! 何てことでしょう! ばんざい! 万歳!



01/12/19 01:00:05
名前:
紀州の駱駝

コメント:
>ProgRadio、
最近はネット接続してる時によく聴いてます。
Triumviratもよくかかってます。(今現在は"Spartacus"から「The Capital of Power」です!)
それから、現地時間の12月20日9:35am(日本時間では21日2:35amかな?)にはTriumviratの"Spartacus"をアルバム全曲です。(^o^)丿



01/12/19 00:28:06
名前:
夢典命

コメント:
昨日(10日という説もある)は60年代に天才シンガーとよばれたオーティス・レディングの命日でした。
彼も67年に飛行機事故で亡くなったひとりでした。
これからという時の突然の出来事にファンはもちろんのこと、音楽関係者の多くが失望の声をあげたといいます。
後にあのスリー・ドッグ・ナイトがカバーしてヒットさせた‘トライ・ア・リトル・テンダーネス’等で、そのヴォーカルスタイルを確立させていきました。
そのパワーが、翌年の‘ドック・オブ・ザ・ベイ’のNo.1ヒットにつながったものと思われます。
享年なんと26才という若さでした。合掌。



01/12/19 00:10:26
名前:
J'rat

コメント:
>ProgRadio、
 さっそく聴いています。音が良いですね。ADSLのメリットを初めて実感しました。さっきはEL&Pの「悪の教典」でしたし、今度はYesの「南の空」をかけています。最高!
 カリフォルニアのサンディエゴが本拠みたいですね。Woogさん、ありがとうございます!!



01/12/18 22:27:32
名前:
Woog

コメント:
今年もだいぶ押し迫ってきていますね。

ご存じの方も多いかと思いますが、
ProgRadioというサイトのことを耳にしました
リアル・プレイヤーでプログレ聞き放題だそうです。
ただ、ぼくはマシンの都合で、あまりよく聞けないのですが (^^;

さっき、のぞいてみたら、VDGG、After Crying
Camel、ピーガブなどをやっているようです。
聞いている人の話では、毎日同じようなのをやっていて、
それが、少しずつ変わっていくということでした。
興味のある方はどうぞ。
http://www.progradio.com/



01/12/18 00:11:31
名前:
夢典命

コメント:
本当に寒くなってきまして、私もベランダ(外)に置いてある灯油を入れるのがいやでなりません。
なもんで、給油するのがいやな時は、給油ランプが点灯してても知らないふりをして他の部屋に移動することがしばしばです。でも最近では、この犢堝悪瓩鬚靴辰り見破られているようで、いつのまにか灯油購入運搬係のほうに職務を移動させられてしまいました。
しぇー、こっちのほうがよっぽど辛れーやっ(>_<)

そういえば、デヴィッド・ボウイが所属のVirginとの折り合いが悪くなってとうとうそこから離脱して自己のレーベルを立ち上げたらしいですね。
来春発売予定の新作もVirginとの発売契約だったようですが、しかしすごいことになっていますねー。
そういえば、この新作にジョーダン・ルーデス(key)がかなり深く関わっているようで非常に楽しみなんですけどね。
彼のクレジット作品としては、マッギル、マンリング、スティーヴンスの「アディッション・バイ・サブ・トラクション」が最近ではお気にです。
全体的にヘヴィーなジャズ・ロックになるのでしょうが、その中での彼はスコット・マッギル奏でる高速ギターと対等以上にわたりあった極上のテクを披露してくれております。

しかし考えてみれば私もまだ年賀状に手をつけておりませんでした。
余裕でCDばっかり聴いている場合でもないかな、こりゃあ。



01/12/17 16:17:15
名前:
J'rat

コメント:
 週末は年賀状を作っていました。土曜日に版下を作り始めたら明け方の6時になってしまいました。別に大層なものではないのに、要領が悪いんですね。日曜日に直して、印刷開始。今朝までに140枚刷り上りました。

 で、あまり音楽は聴けませんでしたが、近くのスーパーでペートーベンのピアノソナタ集を買いました。ケンプの「悲愴」「月光」「熱情」で、1965年版のようです。例によって980円で、音は良くないのですが懐かしいですね。

>ふらじゃさん、
 私信ですみません。メール拝見しましたが、お返事が遅れてすみません。今夜返信します。m(__)m



01/12/17 13:56:36
名前:
にいはお

コメント:
やーめた、だけでは成立しない解散と言うのは、何だか「お金が
無くなっちゃった」だけでは成立しない破産、と似てますね。
多少、不吉な喩えでなんですが。ジェネシスはどうなんだろう?

こうしてみるとイエスの足跡と言うのは、結果的には'80〜現代の
混沌とした音楽ビジネス界を生き抜くことの出来る一つの形、だったの
かも知れません。新しい血を入れ替え、空中分解しかかりながらも、
経営の統合、再編成を経て今に至っていると言うのは、何だかまさに
今の社会の縮図、という感じがして、あああ、これも喩えが悪い。

シアー・ハート・アタック・・・・バスドラ、ちゅうかタイコのリズムが
「どんたっ・どどたど・っどたん・どどたっ」なる天下無敵のHRパターンで
宜しゅうございますね。ここだけ聴いてそれで満足してしまった若き日も
ありました。不届きもの。



01/12/17 13:28:26
名前:
ホイトル

コメント:
>クイーンは解散してるのか?

これは「バンドの解散とはなんぞや」という実に哲学的な問題であります。
世間で相手にされていない(商業ベースにのってない)バンドなら。
「解散すっぺ」 「そうすっぺ」
とメンバーが決めればそれで終わりですが、
メジャーなバンドならレコード会社やマネージメント側を無視しては決まりません。
事実、ビートルズは法律的に解散するまで何年もかかりました。
ポール・マッカートニーが脱退宣言をしたのが
「ビートルズの解散」とされていますが、
確かはっきりした「解散宣言」はされてなかったと思います。
ことほどさように「解散」とはわけの分からないものです。

ずいぶん前にビートルズが「アンソロジー」プロジェクトで新曲を2曲発表しました。
当時のメンバー3人は「これは再結成ではない」と口をそろえていましたが、
「ビートルズ」の名義を使って新録音を発売しておいて、
「再結成ではない」というのは詭弁というものでしょう。
少なくともCD発売に際しては契約上「新録音をしたビートルズ」が存在したはずです。
ことほどさように再結成というのもわけが分かりません。

ザ・フーなんかはずいぶん前に派手な解散コンサートをしましたが、
その後定期的に(?)再結成(?)ツアーをしており、
この人たちも何なのかよくわかりません。

で、クイーンがどうなのかというと....
やっぱり分かりませんな...

ちなみにワタシが一番好きなのは
「シアー・ハート・アタック」です。



01/12/17 10:22:21
名前:
ふらじゃ

コメント:
やはり12月は寒いですね、灯油の消費が多くなって来てます。我が家は外に保管してるので補給がつらいです。

今朝の通勤の友はムーディーズの昨年のライブでした。新譜を出したあとのライブですが曲目はベスト版の様な選曲になってます。ただ今回もキーボードが無くオーケストラを使ったライブになってました。前回のライブ版もこの形式でしたので聞くほうも慣れてしまいましたが、やはりキーボード(特にメロトロン)の音は聴きたいです。

素朴な疑問
クイーンって解散してるのでしょうか?
なにを今更と言われそうですが、ZEPのときもそうでしたがメンバーの死という形で自然消滅してしまった感じがするので何故か解散したというイメージが無いのです。しかもどちらのバンドもその後新譜をリリースしてますから・・・



01/12/16 22:50:45
名前:
案山子

コメント:
>ルベッツのシュガー・ベイビー・ラヴ
覚えやすいのに、それなりの特徴を出してるところが心に残るのでしょうか。
急に聞きたくなるけど、「買うほどのことはないかなぁ〜。」と、思ってしまうようなグループです。
そういうのってけこうあるんですよね。CD屋さんで見かける度に誘惑に駆られる・・・。
デュラン・デュラン、ウルトラボックス、マイケル・ジャクソン、オリビア・ニュートン・ジョン、
ロバータ・ブラック、ビージーズ、ベンチャーズ、プレスリー・・・・どれも一枚も持ってないんですよ。
なんか、急に欲しくなってきました。

>「QUEEN2」
昨日ずっと聞いてました。単にクイーンのCDはこれしか無いからなんですが・・・・。あとは全部LP。
これって、プログレファン向きなんですか?
確かに私も大好きですけどね。特にThe March of the Black Queen あたり。
話題のヴィデオ・クリップ見てみたい!!



01/12/16 18:37:38
名前:
ホイトル

コメント:
>シュガー・ベイビー・ラヴ
この曲大好きです。リアルタイムです。
ラジオで大ヒットしてましたよね。
その次の「トゥナイト」って曲も好きだった。
もう四半世紀も聞いてないんじゃないかな?
CD欲しいな。

>スコーピオンズ
ウリ・ロート時代のスコーピオンズが好きで。
「イン・トランス」や「テイクン・バイ・フォ−ス」は
今でも思い出したように時々聞きます。
♪He〜s a woman She〜s a man〜ぉぉぉぉ



01/12/16 15:16:08
名前:
FromNiigata

コメント:
QUEEN>
私は「オペラ座」と「QUEEN2」ですかね。やはり一番プログレっぽい「QUEEN2」は好きなアルバムです。
でも、このアルバム、聴くとどっと疲れるんですよね。圧倒的な疾走感は凄いです。

クリスマス・ソング>
やはりレイクの「夢見るクリスマス」(シングルバージョン)がフェイバリットでしょうか。あと、エマ
ーソンの「クリスマス・アルバム」
最近、ELPは聴いていませんが、ひっぱりだして聴いてみたいです。



01/12/16 11:10:13
名前:
夢典命

コメント:
この冬晴れに似合うサウンドといえば、今流行りのENYAということになるのでしょうが、クリスマスを間近に控えるとどうしてもこの時期にしか聴けないアルバムに心は行ってしまいます。
ということで、今朝も早よからクリスマスアルバムを聴いておりました。
で取り出したのがカーペンターズの「クリスマス・ポートレイト」でした。
数々のクリスマスソングを、兄リチャードが程よくアレンジして極上のソングに仕上げており、聴いているだけで心暖まるアルバムでした。

>Peter Hauke

残念ながら、この方知りません。
彼らの他のアルバムを聴いたことがないのでなんとも言えませんが、この「RECYCLED」にみられるサウンドのメインが彼の手に委ねられていたとするならば、要チェックですね。

>yeszanmaiさん

GROOVIN'とはこれ懐かしい、といいますか帰省の折りにはたいていお邪魔しております。(^^ゞ
ここには、今では忘れ去られようとしている貴重なLDや豚足盤(CDのみならずVIDEOも)もいろいろあって結構掘り出し物も多いです。
先日も、バド缶の「ライヴ・イン・ジャパン」を見つけて狂喜乱舞(ちと大袈裟)したもんです。

>スコーピオンズ

ジャケットへのこだわりは、マニアにとってはたまらない憧れですよね。
特に彼らのジャケットは、欧米では物議をかもしただけにそれが楽に手に入る日本は、彼らから見ると羨ましい国なのでしょうか。
しかし、70年代の彼らのアルバムタイトルにはきまって『蠍団』というコピーが入っていましたが、それだけ彼らを印象づけるのには必要だったということでしょうねぇ。
そういえば彼らも「ザ・ウォール・ライヴ」に出演してましたよねー。
最近のオケ入り(ベルリンフィル)の作品も個人的にはお気にでした。



01/12/16 05:24:56
名前:
yeszanmai

コメント:
>ネクターの『リサイクルド』
こちらで度々話題に上るので、確かあったはずだとしばし探索。
記憶によれば、ザラ紙でシングルジャケの独ベラフォン盤があったはずなのに、
出てきたのはゲイトフォールドの米パスポート盤(しかもカットアウト)。謎だ。
『マジック・イズ・ア・チャイルド』は処分した記憶あり。
滝をバックに宙を浮かぶ金髪美少女。
う〜ん、ジャケのためだけでも残しておくべきだった。
CD再発されたので、買おうかな。

>スコーピオンズ
JR難波駅前のワゴンセール(広島GROOVIN'の在庫)で『蠍団爆発!!』のLPを保護。
思えば初めて自分でチケットを買ったのが、この時期の大阪公演でした。
彼等もまだ若かった!海外での初ツアーだったそうです。
LPは一度処分して、CDを買い直し、「荒城の月」がカットされていたため即処分、
先月再発されたCDを手にするも、どうしてもジャケット中央の
「エンボス銀サソリ」が忘れられなかったため、
「手放したお前達を絶対買い戻すゾ」病にかかってしまっていました。
青春が帰ってきたようだ。
というわけで皆様と同じく(?)今月大台に乗りました。



01/12/15 23:54:32
名前:
にいはお

コメント:
クリスマス会の歌伴は、何とか無事に終わりました。
児童と父兄と園長先生の前だったので、イェイ!とか
そういう訳にはいきませんでしたが。
機材を幾つか持ち込みましたが、子供を通じて知っている父兄の方に
不思議がられました。そりゃそうだろうな。みんな音源とか
シーケンサーとか、普通の人はまず、知らんよな。しかもこんなもん
「北京」に持って来てるんだから。何、この人?とか思われて
フツーだよな、そりゃ。でも園児には大受けのステージだったので、
まあいいか。

この期間中、ちょっとお休みしていた作業は、明日から再開しよっと。
またプログレ三昧の日々に戻ります。

>「シュガー・ベイブ・ラブ」
ウィンクでしか知らんぞ、これ。



01/12/15 11:33:05
名前:
夢典命

コメント:
それでなくとも次から次へと増え続けてていくCD群を見るにつけ、次第にその存在すら忘れ去られようとしているCD群もあることに、ふと寂しさを感じたりします。
「あっ、そうか、このCD持ってたんだったよなー」と、ふとそのCDの存在に当時の様子がオーバーラップすることもしばしば・・・

そういうことで、最近の狡牟个里伴瓠6連CDチェンジャー)で楽しむCDのセレクションは、1号瓩砲願いしてます。
所有のCD群が奇麗に整理整頓されているわけではないので自分で選べばいいのでしょうが、そうはいってもどのあたりにどういったアーティストのCDが置いてある程度のことはわかってしまうので、そういった潜在意識のまったくない彼女にいわゆる無作為抽出(というわけにはいきませんが)をお願いしているというわけであります。
でもやはりジャケットの好みはあるようで、特に紙ジャケや絵画っぽいものを選択する傾向があるようで面白いですね。^/^
で、今週聴いていてまったくわからなかったのがフライド・エッグの「ドクター・シーゲルのフライド・エッグ・マシーン」というアルバムでした。
今から30年も前のアルバムですが、現在の日本のプログレ・シーンの始祖的なアルバムといわれているようです。
成毛滋(g、key)角田ヒロ(dr、vo)そして高中正義(b)の3人が繰り広げるインプロヴィゼイション溢れるサウンドは、今聴いてもかなりプログレ度は高いですね。
特に当時、いろんな雑誌のギター商品の広告塔としてひっぱりだこだった成毛のギタープレイにはさすがとうならせるものがありますが、ここではそれ以上にキース・エマーソン張りのオルガンプレイが鮮やかです。
あのカラオケ(バラード)の定番‘メリー・ジェーン’の印象があまりにも強い角田のリード・ヴォーカルもなかなかキマッテはいますが、それ以上に驚くのがあの高中がここではベースをプレイしている点でしょうか。
当時はまだ高校を出たばかりの青年が、このグループに参加してその後サディスティック・ミカ・バンド云々を経て日本を代表するギタリストに成長していくわけですから、人生わかんないもんです。
つい最近では、デビュー30周年記念アルバムをかつての仲間達と作り上げておりましたが、特に初期のソロアルバムからのナンバー(レディ・トゥ・フライ、ブルー・ラグーン等)を聴いていると、まさに狎捗侫廛譽ぅ丱奪瓩箸い辰寝かしさを覚えてしまうから不思議です。
というわけで、3年前に紙ジャケで発売になったこのフライド・エッグのアルバムも、あまり聴き込んでいなかったというわけでした。(^_^;)

>ルベッツ

久しぶりに懐かしい名前を見つけました。(^^ゞ
私も当時、よく聴いていましたよ、あの白いベレー帽のアルバム。
‘シュガー・ベイビー・ラヴ’や‘トゥナイト’といったナンバーは60th'sっぽいポップスでなかなか覚えやすいメロディがよかったです。
あと似たようなバンドでファースト・クラスの‘ビーチ・ベイビー’なんてのもありましたね。
いや〜、ほんとに懐かしくてまた聴いてみたくなりました。



01/12/15 05:46:12
名前:
kit

コメント:
おはようございます(^^)

>クィーン女装クリップ「BREAK FREE」
まず間違いなくフレディが提案したと思われるのですが、
印象的なのは、何気にノリノリなロジャー・テイラーですね(^^;

先日、渋谷のパルコでフレディの写真展をやっていたのですが、
忙しさにかまけているうちに、終了してしまいました。残念。

今日は書き込みに啓発されて、QUEENの「JAZZ」を聴いてました。
発表当時は毛色が違うため評価が分かれたこのアルバムですが、
今聴き返すとなかなか面白いですね(^^)

私はQUEENだと、やはり「オペラ座」が一番好きなのですが、
プログレ好きだと「QUEEN2」が一番好きな人も多いですよね。



01/12/15 00:01:13
名前:
夢典命

コメント:
連日のように報道されるアフガンでの負傷者の姿にはやるせないものがあるだけに、先日のNHK『プロジェクトX』で放映されたロシア(サハリン)で大やけどを負ったコンスタンチン君の国境を越えた救出劇には、思わず拍手、拍手でおまけに涙までサービスしてしまいました。(^^ゞ
一日も早くかつてのような平和な世の中に戻ってもらいたいものです。

忙しかった今週の疲れを癒すかのように、今夜もまたクリス・レインボウでした。
先日購入して以来、もう何回聴いたことでしょうか。
そうでなくても連日のように聴きまくるテクニカル・ジャズ・ロックやヘヴィー・シンフォニック・ロックのサウンドで、頭の中の思考回路がハイテンションになっている中で、こういう爽やかなAORっぽいサウンドは(-。-)y-゜゜゜の清涼剤といっていいかもしれません。
彼のハイトーンヴォイスに絡むコーラスやギターのユニゾンは、癖になりそうなくらいにいい味だしていますねー。
なるほど、アラン・パーソンズ・プロジェクトにおいても、‘Time’や‘Eye In The Sky’、‘Don't Answer Me’といったシングル・ヒットした作品に参加しているので、彼のセンスの良さがこういった大ヒット曲に多いに貢献しているんでしょうねぇ。



01/12/14 23:29:41
名前:
5150

コメント:
IEの6が出るまで、設定がIEと共有でインターネットオプションから簡単にできる
moon brouserなるものを使っていたのですが、6になるやいなやGoogleが使えなくなり
かと言ってネスケチックな使い勝手に慣れてしまいIEに戻るのもイヤだなあ、と思ってたら
いいブラウザを教えていただきました。ありがとうございます。

でもちょっとこれ設定が難しいですね



01/12/14 22:43:47
名前:
案山子

コメント:
木枯らしが吹き荒ぶ、寒い一日でありました。
クリスマス・ツリーと庭のイルミネーションをごっそり盗まれて、すごいショックです。

昨日、同僚が突然「あぁーーー!冬の散歩道が聞きたいよぉーーー!我慢できないよぉーーーー!」
とわめき出すので、「明日持ってくるから、我慢して・・・・」となだめました。
不思議とわたしまで聞きたくなってきて、昨夜はサイモン&ガーファンクルに浸っていました。
これって、結構この時期の条件反射かもしれないですね。
そういえば、先日従兄弟がヴィデオを送ってくれた「モンタレー・ポップス」にも出てましたよ。
他には、ジャニス、ジミヘン、パパス&ママス、フーも格好良かったけど、
極めつけはなんと言っても、ラビ・シャンカールのシタールです。なんかスゴイ物があります!!
ウェットンを聴こうと思ったら、プレーヤーにルベッツが入ってたので、
懐かしくて思わず聴いてしまいました。
「どうして、こんなCD持ってるの??」と尋ねると「好きだから」
・・・・・わたしは夫がますます解らなくなってきた・・・・・



01/12/14 21:40:17
名前:
J'rat

コメント:
 重いO/Sに重いブラウザ、しかもセキュリティホール続発で困っていましたが、良いニュースが飛び込んできました。

 “地球上で最速のWebブラウザ”ことOperaの日本語化パッチが出たのです。今度は結構ちゃんと動くようです。MicrosoftでもNetscapeでもない、第3のブラウザです。さっそくインストールしてみたら、速いのなんのって。Pentium4のマルチプロセッサーでもこうは行かないでしょう。まだ正常に表示できないページがあります。Microsoft Japanのページがボロボロなのはわざとかもしれませんが。(しめしめ) 5150さん、試してみませんか?
ZDNet「Opera 6.0正式版対応日本語化ツール登場 初期設定も自動化」
http://www.zdnet.co.jp/news/bursts/0112/13/16.html



01/12/14 14:03:59
名前:
5150

コメント:
マイクロソフトの新製品は、あるていどファームウェアが上がるまで
バグだらけの不具合だらけのものであるという黄金律を知っていながら
XPに飛びつく人はだいたい以下のように分類されると思われます。

・何はともあれ新しいものが好きな人
・秋葉原で深夜イベント形式で何か発売されると条件反射で行ってしまう人
・MSの提唱するインターネットの未来を本気で信じている人
・WinNTに惚れ込み、2000に耽溺し、さらなる悦楽を求めているマゾの人
・2000に辟易しているんだけどLynuxはちょっと暗そうな気がするので躊躇してる人
・デュアルpen4、メモリー1G、HDD100G二基掛けの凶悪無敵自作PCの挑戦相手を求めている陰気な人

ですがそんな無謀な人たちのために
我らがゲイツ様はXPに素晴らしい機能をお与えになりました。
98やMeになかった画期的な機能は、「プログラムの追加と削除」の項目に
「WinXPのアンインストール」があることです。
ちゃんと敗者に退路を用意してくださっておられるのですね、ゲイツ様
「買ってさえくれれば、あとはあんたがそれをどうしようが勝手さ。」という意味なのでしょう
さすがゲイツ様

ちなみに私の持っていた各種ソフトとドライバ類は普通に入りました。(よかった・・)



01/12/14 11:22:48
名前:
J'rat

コメント:
 今朝も寒いですね。関東は雨が上がって晴れてきました。今朝はBarcley James Harvestの "RIVER OF DREAMS" を聴いてきました。97年のアルバムですが、美しくてゆったりしたいいアルバムです。BJHは近年のアルバムも良いですね。新作はまだでしょうか?

>スキャナー、
 ふらじゃさんに引き取っていただいたのはあやうく粗大ゴミになるところだったものなので、私のほうがお礼を言わなければなりません。私のWindows2000の環境ではどうも不具合が多くなったのです。もちぃろんWin98の時はちゃんと動いていました。パラレル接続なのでデータの転送に時間がかかりますが...。

>WindowsXP、
 5150さんは無事アップグレードできたようですね。私はCPUが遅いのでまだやっていません。重いという噂は聞いていましたが相当なものなのですね。NT系のO/Sはメモリを乗せるほど快適になります。サーバーなどは1GBが普通になってきました。5150さんも512MB程度に増設されると良いかもしれません。メモリの価格は下がっていたのですが、最近は反発しているようですね。あと、HDDを速いもの(=大容量のもの)に代えると速くなりますね。
 Windows2000からはあまりXPにするメリットは感じません。何よりも周辺機器がちゃんと動くか、フリーウェアを含めてアプリが動作するかどうかが不安です。5150さんのところでは大丈夫ですか?

>リビング・シアター、
 またも妻ラットの猛烈な反対にあっています。この際80インチにサイズダウンして、好きにいじれる書斎に設置しようかと思案中です。道は険しいですが、居間にこだわらなければ方法はいくらでもありそうです。一度初心に返って新しい環境で最適な設置方法を考えてみます。

>Nektarの"RECYCLED"、
 夢典命さんに聴いていただけて良かったです。このアルバムはNektarの他の作品と似ていない、異色なものです。なんで突然こんな壮大な作品が作れたのか、今だにわかりません。プロデューサーのせいという人もいますが、Peter Hauke ってご存知ですか?

 今日のお昼はマーボー豆腐定食に決定!



01/12/14 09:50:04
名前:
ふらじゃ

コメント:
今朝は早起きをしてパソ回りを片付けスキャナーを置くスペースを確保しました。なんとか置き場を作って配線しようとしてハタと電源が無いのに気づき二股ソケットを探し出しみごとなタコ足が出来あがり、けっこうな大仕事でした。とりあえずデバイス認識させたところで時間が無くなってしまいました。
J'ratさんありがとうございました。

>ロジャー・ウォータースの「ザ・ウォール」
ベルリンで壁崩壊後に行なったライブですね、壁を積み上げて壊すというステージがその土地の歴史と重なって、大規模なイベントになってました。出演もスコーピオンズやトーマス・ドルビーと多彩なゲストで固められてましたっけ

>クイーンの女装クリップ
I Want to Break Freeではなかったでしょうか?これに限らず彼らのビデオクリップはどれもすばらしい物でした。フレディーがソロ曲I Was Born to Love Youででこれらのクリップの良いとこを一つにしたような贅沢な物を作ってましたね。



01/12/14 01:02:29
名前:
夢典命

コメント:
今夜は久々に午前様でした〜。
...と、外からは静寂な夜のはずが、爆音をまきちらす暴走族が・・・
う〜ん、夏ならまだしも、なんでこんな真冬の雨あがりの中で頑張るかなー(って、感心してどうする(^_^;)

>フレディ・マーキュリー

一度でいいから、「私はあなたを愛する為に生まれてきたの・・・」と言われてみたかった。(しかし、まだまだ諦めてはいない...??)
でも、4人が女装をして演技してたビデオクリップ(曲名失念)は好きでした。特に彼のボディコン姿には何故かひかれるものがありました。(@_@)

>THE BAND「MUSIC FROM BIG PINK」

彼らのデビューアルバムにして、最高傑作だと信じてやみません。
ディランの手によるジャケットもさることながら、楽曲の印象度もかなり深いものがありました。
一言で表現するなら、爐曚里椶里箸垢襯潺紂璽献奪...とでも言うのでしょうか。
あっ、そういえば再結成後にロジャー・ウォータースの「ザ・ウォール」のライヴにも出演してましたね。



01/12/13 22:28:37
名前:
FromNiigata

コメント:
unionにハットフィールド&ザノースのDVD>
しかし、良い時代になりましたね〜。さすがに年代的に画像は期待できないでしょうが、やはり
貴重ですからね。

最近、カンタベリー系は話題豊富で良いですね。



01/12/13 13:22:59
名前:
にいはお

コメント:
昨日、久々で四川料理のレストランに行きました。

日本ではマーボー豆腐(麻婆豆腐)と呼ばれておりますあの料理、
中国ではマーラー豆腐(麻辣豆腐)と呼ばれることの方が普通です。
「麻」も「辣」も、辛さを表わします。マーボー豆腐ね、と注文すると、
まず決まって「マーラー豆腐ですね」と聞き返されます。
また、これもそろそろ日本語になりつつあるタンタンメン(担々麺と書く)も
注文しましたが、本来のタンタンメンは、日本でいえばご飯茶碗よりももっと
小さなお椀で出されることが普通で、昨日もそうでした。つまりこちらでは
「今日のお昼はタンタンメンにでもしようか」などという量ではないのです。

一緒に連れて行った日本からのお客様が「へええ、そうなんですか、面白いですね」と
感心しておられました。味は激辛で、みんなヒイヒイ言いながらの楽しいひと時でした。

それだけ、えへへ。美味しかったあ。



01/12/13 10:03:14
名前:
ふらじゃ

コメント:
今日は雨ですねぇ、ここのところ乾燥してたので喉が痛かったのですがさすがに今日は楽です

今朝の通勤の友は昨日買ったフレディーマーキュリーでした。このアルバムの曲はその大半が彼の1stソロ「MR BAD GUY」からの選曲だったので、ずーっと買わずにいたのですが、今日聞いてビックリその全部がmix違いでした。それもかなり大胆にいじってあってボーカル聞くまでそれと判らない曲もありました。ちょっと違和感があります。

昨日書き漏らしましたがunionにハットフィールド&ザノースのDVDが入荷してました。ライブの様ですが何年の物かは判りません、なぜかジャケットがロジャーディーンでしたね。

>XP
いまだに95で動かしてる私には夢のような話です。導入するなら全部買い換えた方が絶対安く上がりますね。重いというのは聞いてましたが、推奨メモリーの倍とはスゴイですね、ところでMEより動作が安定してるという話も聞きますがいかがでしょう?



01/12/13 01:38:11
名前:
5150

コメント:
はぁい「WindowsXP入れようかな・・。」と思っている人は正直に手を上げて。
先生は怒ったりしませんよ、たとえあのMSのCMのお姉さん観て買ったとしてもね。
何?いない?そうかぁ先生だけかぁ。

いいですかぁ?XPはアクティベーションがしつこい上に画面がどことなくマックに似てるし
パソコンの推奨スペックは、場末のホステスの年齢くらい思いっきりサバ読みまくっているから
それを真に受けて安易にインストールすると重いですよぉ泣きみますよぉ。
先生の経験で言うと少なくともメモリーは最低512Mは必要ですからねぇ。
512ですよぉ512ぃ、二年前だったら超高速CPUみたいですねぇ、
しかしこれはメモリーの話なんですよ。今どきマザーにSlot1なんか使ってる人が、
滂沱の涙で呆然と夕日を見つめる光景が目に浮かびますねぇ
先生じゃないですよぉ本当ですよぉ。

あ、店主様おかげさまでBIOSのアップグレードは無事できました。
ありがとうございました。



01/12/12 22:43:36
名前:
案山子

コメント:
>J’ratさん
BadTrans、そんなに流行ってるんですか?「ひどいなぁー!」と思う反面・・・変な安心感。ダメですね。
お風邪も気を付けて下さい。私も咳で眠れなくて大変でした。(「お気の毒に!」と思う反面・・・・。)

今日は長女が欲しがってた浜崎あゆみのDearestを買いにタワー・レコードに行きました。
どうして、あんなに高いんだろう?!
ものはついでなので、ピンク・フロイドのECHOESとバンドのMUSIC FROM BIG PINKを買いました。
ECHOESは曲が変わるたびに「えっ?どうして?」って思ってしまいますが、それも楽しかったです。
ベスト盤が難しいバンドだと思います。でも聞き出したら止まらないし、長いから大変です。

>小泉八雲
記念館を訪れたとき、
「この人はもの凄いコンプレックスの持ち主だったんだなぁ」と強く感じました。
>ゆるげんさん
はじめまして。



01/12/12 22:43:10
名前:
夢典命

コメント:
先日のオフ会みたいに、共通の趣味を持つもの同志の忘年会とは違って、得意先や社内のそれとなるとどうしても仕事の延長のような気がして心から楽しめないのは仕方がないものなのでしょうか?
あまり飲めない身の自分にとっては、今月に入ってから次から次へと訪れるこの宴会への出席はもう、犹臆辰垢襪海箸飽婬舛ある疆なものになってしまっています。(^^ゞ

さて今宵は先日購入したアルバムの中から、ドイツものに聴きいっておりました。
まず、AMENOPHISの同名タイトルですが、以前にsphinxさんもカキコされておりましたがなかなかシンフォニックしているナイスな音を聞かせてくれました。
当初は大曲を含む全4曲だったようですが、この再発物には5曲のボーナストラックがついておりました。
ただこのボーナストラックですが、ドラム無しのアコースティックなショートトラックばかりで、本来の4曲と比べてあまりにも曲間が違っているのには驚きました。
また2nd「You&I」では聴かれたらしい女性ヴォーカルも無く、尺八やパイプオルガンらしき音も確認できませんでした。ひょっとしたら、メンバーチェンジでもしたのかもしれませんね。
あと感じたのは、楽曲は素晴らしいのですが、ヴォーカルとドラムがちと弱いことでしょうか。(^_^;)

もう一枚は、店主さまお気にのNEKTARの名盤「RECYCLED」です。
こちらの方はのっけからがんがん飛ばしており、数種のキーボードを駆使して非常に凝った音作りをしているアルバムだなーと思いました。
特に前半は非常に聴き応えのある作品群がめじろおしで、非常に満足でした。^/^

しかし、このアルバムといい、トリアンの「SPARTACUS」といい、トリトナスの1stといい、バース・コントロールの「Plastic People」といい、My Favoriteなドイツのバンドのアルバムは、75年の作品が多いんですよねー、あらためてこの年はほんとうに輝いていたんだなあと思いました。



01/12/12 17:43:02
名前:
FromNiigata

コメント:
J'ratさま>
ホーム・シアター(プログレシアターか?)のアスペクト比は6:4を予定しています。
リベンジ・ザ・リビングシアター計画がんばってください。眠れる3管式の復活を祈っております。

こちらは、まだ雪は降っていませんが、山沿いはかなり降っているみたいですね。
あと北海道は大雪とか…。
年末に札幌か神戸どちらか旅行に行こうと迷っていて、結局、神戸を選んだんですが、正解だった
みたいです。



01/12/12 16:10:43
名前:
ふらじゃ

コメント:
今日は朝から外に出てましたが、空気は冷たかったですが日向はけっこう暖かでした。

事務所に戻る途中unionに立ち寄りで今日の獲物はアングラガルドの「BURIED ALIVE」と
故フレディーマーキュリーの「THE FREDDIE MERCURY ALBUM」を中古で入手しました
前者はメロトロン満載の2ndアルバムしか聴いたこと無いのですがけっこう気に入ってるバンド
です。後者はご存知クイーンのボーカルですが、ソロでリリースしたシングル群はより一層
多彩な曲だったので楽しみです

>J'ratさん
スキャナーありがとうございます。買おうと決めた時にはもうWinMEか2000が主流だったので
シリアル接続の物が見つからなくて困ってました。大事に使わせていただきます



01/12/12 14:10:50
名前:
J'rat

コメント:
 風邪をひいてしまいました。昨夜は会社の忘年会で、帰ってきてから咳き込んで眠れませんでした。今日はお休み♪

 オフ会でsphinxさんがくださった Erick Bordon のテープを聴いています。"Survivor" というアルバムですが、ユルゲン・フリッツがキーボードで参加しているそうです。その曲かは書いてないとのことなので、当てなくては。でも、なんとなくわかりそうです。フリッツっぽいピアノの演奏がありますもの。後日、レポートいたします。sphinxさん、貴重なものをありがとうございました。

>FromNiigataさん、
 ニュースによると新潟は大雪とか。今年は早いですね。大丈夫でしょうか?
 100インチ導入計画、着々と進んでいますね。アスペクト比は6:4ですか? これからだとやはり横長なのでしょうか? 私もうらやましくて、リベンジ・ザ・リビングシアター計画を練っています。久しぶりにHiVi誌を買ってしまいました。
 まず、スクリーンは吊り下げ式をあきらめ、自立式(パンタグラフのように立ち上がるやつ)を物色中です。スピーカーはBOSEのリンゴ2段式×5本+ベースボックスでさりげなく。ONKYOの安いAVアンプと東芝のこれもお買い得なDVDプレイヤーという構成ではどうかと思っています。とにかくスクリーンもプロジェクターも天吊りにしないで、クオリティを犠牲にしてでもスペースを稼ぐという作戦です。1年半眠れる3管式ですが、いよいよ復活なりますか?(...壊れてたりして)

>ふらじゃさん、
 パラレルポート接続式のスキャナー、本日発送します。セットアップ用のマニュアルとかは一式入っていますのでよく読んでくださいね〜。

>ゆるげんさん、
 そう言えば境港というところに行って遊覧船に乗ったのを思い出しました。あと、萩焼きはきれいですね。焼き物のことは何もわかりませんが、あの上品なピンク色がなんとも言えず好きです。
 私は高校と浪人時代まで福井の親元にいましたが、レコード屋さんが少なくて苦労しました。福井市は小さな町なので輸入盤屋さんや中古屋さんが少ないのです。中古屋さんでトリアンヴィラートはないかと尋ねたら、それでもバンド名は知っているようでした。「でもマニアは手放さんからね〜」と言われたのを今でも覚えています。
 ゆるげんさんは、苦労していらっしゃいませんか?

>夢典命さん、
 おお、今度は地誌的な人名事典みたいですね。すごいすごい。小泉八雲も島根県じゃなかったでしたっけ? 松江城の下に旧家があったような...。

>毛糸さん、
 出雲阿国! そうそう、オフ会ではTOTOのライブに和服で行かれた武勇伝なども出ていましたよ〜。中国オフ会、ぜひやりましょう。ゆるげんさん、毛糸さんもWebマスターなんですよ。ぜひどうぞ。(「毛糸の穴」はこちら)
http://www.geocities.co.jp/Bookend/3071/

>にいはおさん、
 いよいよ完成ですか。凝ってますね。1年分の12番まであるわけですね。やっぱりMIDIで作っていらっしゃるんですね。あとピアノを乗せて、ぜひとも聴かせてください。ハモンド版も聴きたいです〜。



01/12/12 13:41:18
名前:
にいはお

コメント:
15日の歌伴のアレンジがとりあえず完了しました。
結局、ハモンドオルガンの音は使いませんでした。
いかんな、こんな弱気な事では。

1月の「もういくつ寝ると和尚がTWO」から始まって、各月の曲をずんずん
つなげて、最後が「赤鼻のトナカイ」で終わる構成になりました。
こちらに載せてもらっているMIDIと同じで、まずベースとドラムを作成し、
それに上物を乗っけるという方法で仕上げました。ビブラフォンと、オカリナの
音を多用して「みんなのうた」的ムードを盛り上げる反面、ここ一発でドラの音が
響くという仕掛けも用意しました。当日はこれらを音源で鳴らし、それに合わせて
ピアノでも弾こう、という趣向です。

今回は別に「絵描き師」もいて、こちらは各月らしさを演出する背景画を担当しております。
私とおんなじ普段はただの駐在員、でも実はこんな事が出来るという人で、各種絵の具に
蛍光塗料まで用意してくると言う綿密さ。この間二人で、
「たかだか5分くらいのステージでよくやるよね俺達」
「幼稚園児相手にね」
「根が好きだってことだね」
「ヒマってことかもね」
「他にすること、ないからね」
等々、しゃべっておりました。本番は頑張ります。



01/12/11 21:43:15
名前:
毛糸

コメント:
をを!中国五県♪(テリトリー拡張)
>ゆるげんさん
はじめまして、広島在住の毛糸とゆいますぅ
昨年はにいはおさん帰国の際に
広島でオフやりましたよん
出雲って「神の国」とゆうような神秘的なイメージがありますにゃ
生まれたときから日舞の家だったもんでぇ
歌舞伎の創始者、出雲の阿国は神様のような存在でごじゃいます

西日本オフやりまひょ
にいはおさん、はよ帰り



01/12/11 20:39:03
名前:
夢典命

コメント:
明日の朝のこちらの最低気温が1度ということで、今夜は暖房がんがんにして、明日の朝に備えることにやっきになっております。

でも、中国地方の方がいらっしゃるとココロウキウキしてくるのは何故なんでしょう?
まっ、店主さまのサイトがにぎやかになるということはいいことだっ!

ちょっとばかしローカルな話で・・・
出雲というと、確か現沢田研二夫妻そして山下達郎&竹内まりあ夫妻が挙式をあげた(?)ということで一躍有名になった「出雲大社」がありましたね。(違ってたらゴメンナサイ)
と思えば、津和野出身の文豪、森鴎外といい、今や大リーグのどこに入るかで注目の的になっている谷繁捕手も、高校は江の川高校出身でしたか。また、その昔甲子園を湧かし、中日でも活躍した三沢淳投手も江津工業出身でしたよね。
こうしてみると、島根県も結構有名人が多いですね。
ちなみに子供の頃、よくおやじに連れられて三瓶山にスキーに行ってました。
今となっては懐かしい思い出ですね。

関係ないカキコ、大変申し訳ないです。m(__)m



01/12/11 19:41:48
名前:
ゆるげん

コメント:
おっ!
見慣れた地名が

自分の周りに、プログレはおろか洋楽さえも聴いてない人ばかりだったので(一部の人を除く)
てっきりロック不毛の地かとおもいましたが、
なんと!、お隣のWideLandPrefecture(また・・・)がトリアンファンの名産地だったとは
西日本でオフ会、ぜひやりたいですね

福井関係では、敦賀の、みなと博へ行きましたよ
コンパニオンさんが綺麗でした(何を見てんだ!)

ちなみに
EastOutCloudTownに住んでます
(高校生の時、地名や人名を英語化して遊んでましたので)



01/12/11 10:27:32
名前:
ふらじゃ

コメント:
今朝も寒かったですね、自然とネコ背になってしまいます。

今日の通勤の友はラナ・レーンの「LIVE IN JAPAN」でした。全体にはハードロックなのですが、ノーランダーのkeyがプログレな味付けをしてて面白いです。
このバンド日本では人気がありますが欧州ではもう一つのプロジェクトのロケット・サイエンティストの方が人気だそうですね。



01/12/11 08:48:48
名前:
FromNiigata

コメント:
オフ会楽しかったみたいで良かったですね。
次回は是非参加させていただきたいと思っています。

こちらの方はいよいよ本格的な雪の季節。昨日はスタッドレス
タイヤ(ミシュラン)を履くとともにバッテリーを交換して、
冬対策を完了しました。J’ratさんもバッテリー突然死には十分
注意してください。

プログレの館の方はなんとかリビングに100インチスクリーン
の確保に成功し、現在、ツメの作業と機器の選定の為、オーディオ
誌をながめる毎日です。完成は来年夏頃の予定ですが、家建てるの
って結構大変ですね〜。



01/12/11 01:44:54
名前:
J'rat

コメント:
 本当に冬がやってきましたね〜。今夜はハンガリーの After Crying の "6" を聴いております。東欧なんてちっとも知りませんでしたが、これはいいですね〜。
 と、言うのは久しぶりにハンガリーのガボールさんからメールが来たのです。トリアンヴィラートの "Schooldays" のMIDIを作った人ですが、またWebサイトを引越ししたそうです。MIDIページのリンクを書きかえておきました。

 メールと言えば、BLACK & BLUE のマスターからお礼のメールをいただきました。なんて礼儀正しいロック野郎なんでしょう! 2通来て、もう一通は企画のお知らせでした。転載します。

> さて、B&B年末恒例のベスト10企画のお知らせです。
> 新年を迎えるにあたって甚だ不謹慎ではありますが、
> 今回のテーマは『棺桶に入れて欲しい!究極のロックなアルバム10枚』です。
> あの世でもこれだけは聴き続けたいという極め付けのベスト10をお選びください。
> 皆様ならではの名作の数々をお待ちしております。
> 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
> ◆『棺桶に入れて欲しい!究極のロックなアルバム10枚』投稿要項◆
> ジャンル:年代を問わず洋楽全般、
>      ロックの概念は皆様の感じるままで。
> 楽曲対象:困難を極めるとは思いますが、
>      同一バンド・同一アーティストからの複数選択はなし。
>      究極の1枚をお選びください。
> 楽曲順位:これまた困難を極めるとは思いますが、さらにそれを
>      第1位から第10位まで順位付けしてください。
> 投稿場所:弊HPのBBS
>      http://www64.tcup.com/6401/sinjyuku.html?
> 締  切:本日から来年1月10日(木)まで
> 総合順位:皆様のベスト10を当方でポイント化しランク付けします。
>      振り分けポイントは第1位10ポイント、第2位7ポイント、
>      第3位5ポイント、以下一律、各1ポイントづつ。
>      最高ポイント獲得作が栄えある
>      “棺桶に入れて欲しいナンバー1ロックアルバム”です。
> 結果発表:1月下旬弊HPのBBSにて。
> 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 応募特典もあるそうです。みなさんもぜひどうぞ!

>夢典命さん、
 オフ会は楽しかったですね〜。また新年会やりましょうね!

>AUKENさん、
 イン・カフーツのライブと重なってしまったんですね。ごめんなさい。今度はちゃんとご相談してから決めますので。...今回は平均年齢が高かったです。(^^ゞ

>Woogさん、
 風邪治りましたか。私はまた声が変になってしまいました。たくさんしゃべりましたからね〜。

>yeszanmaiさん、
 いつかぜひオフ会にいらしてくださいね〜! フランクザッパの21枚一気買いは、オフ会でも感嘆の的でしたよ。

>kitさん、
 スポックス良いですよね。私も最近は現役のバンドに注目しているんです。来られるかと期待していたのですが、残念でした。来年もやりますので、その時はぜひ!

>ふらじゃさん、
 オフ会のレポートありがとうございました。江古田は遠かったですが、FTはいいお店ですね。近所にあったら毎日行ってしまいそうです。B&Bでは、曲単位でリクエストしてもさっとかかるのがすごいですね。人間ジュークボックスみたいです。

>にいはおさん、
 エステサロン「ニイハオ」は新宿 disk union の角にあったんです。こんな形で参加してくださるとは! 次回はぜひ生身でいらしてください。
 プログレなクリスマスソング、演奏されたらぜひ私たちにも聴かせてください。子供だけに聴かせるのはあまりにももったいないです!!

>毛糸さん、
 復活おめでとうございます! 実に毛糸さんらしい復活ですね。...モンティパイソンというやつですか? 無知なもので...。(^_^;;

>ゆるげんさん、
 なんと日本海側でいらっしゃいましたか! 萩や松江には出張や新婚旅行で行ったことがあります。松江のお城の周りや、宍道湖のあたりはとても風情がありますね。私は福井県出身なので、同じ日本海側ですね。反対側の広島県はトリアンヴィラート・ファンの名産地(にいはおさんの他にもお二人)ですので、中国地方には何かあるのかも知れませんね。ぜひ西日本でもオフ会をやりましょう! トリアンを知っている人と語り合えるのはなかなか楽しいですよ。

>CHIPMUNKさん、
 おお、JADIS は IQ の関係なんですか! ありがとうございます、これはますます聴かなくては。IQ かっこいいですし!

>sphinxさん、
 そうですね、ぜひ温泉一泊オフ会やりたいですね。家族サービスと偽って家族を遊ばせておける温泉が良いですね。で、宴会場でPA借りてにいはおさんを中心に大演奏会ですから。浴衣着てプログレ!

>案山子さん、
 BadTrans、流行っていますね。私の勤務先には一日で30〜50通くらい来ているようです。案山子さんから私には来ていませんのでご安心ください。ウィルスチェックは個人の家でも大事なんて、嫌な時代になりましたね〜。皆さんもお気をつけください。

 長くなってすみませんでした。最近日中は書き込めないどころか、ロクに見ることもできなくって...。*タメイキ*



01/12/11 00:03:34
名前:
案山子
電子メールアドレス:
メールはこちらまで

コメント:
オフ会楽しかったようですね。

わたしは、パソコンのウィルスと風邪にやられて散々でした。
みなさんにご迷惑をお掛けしていなければいいのですが・・・・。
masaの名前でBadtranceが来たら、それは多分・・・・わたしです。
本当にごめんなさい!



01/12/10 23:37:26
名前:
夢典命

コメント:
今宵も、昼からの強風...というか寒風が吹き荒れております。
札幌でも記録的な雪が降ったみたいですし、ほんとに爐靴咾譴襦銑瓩箸い辰心兇犬任垢諭
そんな中で、さきほど「ニュース・ステーション」にてジョン・レノンの秘蔵ビデオが、名曲‘スターティング・オーバー’にのせて放映されておりました。
あれから20年も経つと、やっぱり寂しいという思いとは裏腹に、暖かさを覚えるようになるのは何故か不思議ですね〜。

あっ、そうそう今夜はあのザ・バンドのフロントマンのひとりだったリック・ダンコの命日です。
あれからまだ2年しか経っていないのですが、ものすごく前のような気がします。
その前日に56才の誕生日を迎えたばかりの矢先の出来事でした。

というわけで、今宵は再結成された後に行われた83年の来日コンサート(新宿厚生年金)のビデオを久しぶりに見ておりました。
残念ながらロビー・ロバートソンの姿はありませんが、その他の4人のメンバーが昔を懐かしむかのように和気あいあいに演奏する姿はなんとも言えません。
特に名作「STAGE FLIGHT」におけるタイトルナンバーでのリックの熱唱を聴いていると、かつての名演がよみがえってくるようです。
今頃は、既に亡くなったリチャード・マニュエル(key)とともに新しいバンドを結成して、楽しくジャムっているのでしょうかねぇ?
そういう意味では、伝説のバンドになったザ・バンド、いつまでも私の心の中で輝き続けてくれることでしょう。合掌。



01/12/10 22:53:32
名前:
sphinx

コメント:
オフ会お疲れさまでした(^.^)一次会からだと通算で8時間でした
相変わらず皆さんのお話しを拝聴しているというスタンスだったですが
楽しかったですねぇ。温泉一泊旅行の話しでは、にいはおさんに
帰国してもらって生演奏!なんて話しも出てましたよ〜
次の旧正あたりどうですかぁ?

結局翌日はオフ会で話題に上がったPALLASを入手しました。
豪華ブックレット仕様で900円これから聴いてみます。
そいえばフロイドのエコーズももう出回ってましたが
こっちは今回は見送りました、2700円くらいだったかな



01/12/10 22:34:40
名前:
にいはお

コメント:
・・・・なんだ、毛糸さん、全開じゃんか、ははは・・・。
ありがてえこっちゃ。
今考えたら調味料の量なんか、けっこう大雑把だったな、あれ。

・・・おんやあ、中国地方の人がいるぞお。
ちょっとだけ、地元ネタ、な。ちょっとだけ・・・。
 〕乎匏汗酲楪三原(親父の田舎)
 温泉津、福光(海水浴場)

では。



01/12/10 22:04:06
名前:
CHIPMUNK

コメント:
こんばんはー、私も土曜日にフィル・ミラーのバンドを見ておりました。
>カー
わたし、ワインをだばだば鍋に入れるのを見て子供心に外人はメシの代わりにサケ飲むのか!と感動してました。(ちょとつくり)
>JADIS
ポンプなギター・バンドですが音が爽やかなのでけっこう聴けます。KeyとBassがIQとかけもちです。
Old&WiseはMedium Rareという編集盤に入ってます。>J'ratさん



01/12/10 22:01:26
名前:
ゆるげん

コメント:
オフ会楽しかったようですね
残念ながら、仮に早くからわかってても参加するのは困難だったと思います
なぜなら、私の家はLandRootPrefecture(訳すと場所がわかる)だからです
でもこちらも一日中トリアンで盛り上がってました(あ! いつもの事か)



01/12/10 19:45:19
名前:
毛糸

コメント:
バニーちゃん、バニーちゃん、僕のかわいいバニーどこぉ
あ〜〜いたいた、だいじょうぶ、美味しく料理したげるよぉ♪
ん〜〜このふくよかなお肉のたるみがたまらない
バニーじゃなくてババーか・・・・・(笑い声)
(小声で)おい、スティーブ、話しが違うじゃないか
あ、あ、あ、なんでもないよぉバニーちゃん
淑女はやさしく扱うのが紳士のたしなみぃ(兎の肉をブンブン振りまわす)
あらららバニーちゃんもうおねむなのぉ?
いいよ、いいよ、そのままおやすみぃ
(小声で)永久にね(笑い声)
スティーブ!ちぇんじちぇんじ!ローストチキン!
コッコちゃん、ぼくのコッコちゃんどこぉ?

てなやつね
タワケモノのグラハム・カーに乾杯
ネタフリ上手のにいはおさんにカンペー



01/12/10 13:19:17
名前:
にいはお

コメント:
オフ会、盛り上がったみたいですね。
エステサロンの店員でもなんでもいいから、帰国したい。

週末は15日本番の歌伴の作業ばっかりでした。
「幼稚園児向け」という基本コンセプトとは裏腹に
使う音色がどんどん大掛かりになっていきます。
エレピの音と、ハープシコードの音がパートに加わりました。
ハモンドの音は、実はまだ登場していないのですが・・・ぐふ、ぐふふふふ。
(頭の中で、神と悪魔が激しく戦っております。悪魔が勝ってしまうのか!?)

その作業の合間に見る衛生放送系の番組は、遠い昔の再放送が多くて、これはこれで
また楽しいです。土曜日にチャンネルをひねったらいきなり、

「・・・おい、スティーブ。オーブンの準備しとけって言ったろ・・・(客の笑い声)」

これ、お分かりですか?(註:プログレに非ず)



01/12/10 11:23:00
名前:
ふらじゃ

コメント:
今朝は寒かったです、会社に着いても寒い寒いを連発してました。

先日の忘年オフ会楽しゅうございました。こう言う時の時間ってなんで早く過ぎて行くんでしょうか?不思議です。
で恒例?のレポートです

まずは江古田のフライング・ティーポット
午前中、用事があったので途中参加になるのは前もって判ってたのですがやはり遠いですねココは。池袋からの乗り換えに結構時間が掛かりました。40分ほど遅れて入店すると既sphinxさんとJ'ratさんが談笑中でしたが、聞けばJ'ratさんも到着されたばかりだとかしかも仕事が押して昼食もまだとのことでカレーを召し上がられてました。やはりトリアンにはカレーですよね(意味不明?)お店のマスターが気を聞かせて?キーボードトリオのCDを掛けて下さいましたがバンド名は不明でした。なかなかカッコ良かったです。

せっかく新宿に行くならCDショップに寄って行こうということになりちょっと余裕を見て店を出たのですが、思ったより時間が掛かり断念、やはり江古田は遠かった(^_^;けっきょくCDショップの看板を見ながら2次会場へ…

居酒屋漁亭
店の人に案内されて予約席に行くと既にwoogさんが到着されてました。なんとネクタイ姿で・・・聞けばこちらもお仕事だったとか、おつかれさまです。しかしちゃんとCDショップには寄られたようです。と、そこえ夢典命さんも到着、こちらもショップに寄られた様子。これで全員集まって恒例の戦利品披露とお土産の交換も終わり乾杯!あとはいつものように日ごろ話せないプログレ話に花を咲かせてました。やがてアルコールが回ってくると話しは大きくなり、温泉1泊オフをやろうという話まで飛び出しました。(これは是非実現したいですネ)

会計を済ませて(今回も安い!)3次会場のBLACK&BLUEへ・・・前回は急に行こうと言うことになって店を探し回ってましたが、今回は予約もして場所も確認してるので迷うことなく向かえました。

ロックバーBLACK&BLUE
当日は故ジョン・レノンの命日ということで、皆で手を繋いでイマジンを合唱しながら入店しようか?などという冗談をいいながら店のドアを開けると店内では既にイマジンがかかってました。考えることは同じか?開店してすぐにいったので客は我々だけで、マスターは気を効かせてプログレをいっぱい掛けてくださいました。ただ不思議とこちらからリクエストするのはプログレでないものばかりで、マスターもちょっと戸惑ってたのではないでしょうか?個人的にはジョージハリソンのギブミーラブを聞けて嬉しかったです。

瞬く間に時間は過ぎ、今回も終電でした。駅を出て家までの道程、明かりが少なく星がキレイでした。

こぼれ話
前を歩いているとJ'ratさんに呼びとめられ指差す方を見るとエステの看板が、??と思って見ると屋号には「ニイハオ」と書かれてました。ひらがなで無いのがちょっと残念。

B&Bで先日行なわれたビートルズトリビュートの音を聞かせていただきました。聞けば翌日には西新宿に置いてあったとか、おそるべし。

また、長々と書いてしまいました。スミマセン



01/12/10 04:59:55
名前:
kit

コメント:
どうも、kitです。
オフ会盛況だったようで、社畜の身としてはうらやましい限りです。

>ふらじゃさん
>Spock's Beared「Beware of Darkness」
彼らのアルバムはどれも素晴らしいものですが、これもその一つですね!
先日unionに行った時は、「彼らの最高傑作」と紹介されてました。
原曲は知らないですが、大変楽しめるアルバムです(^-^)

おや、毛糸さんとこ復活ですね。おめでとうございます(^-^)



01/12/10 01:37:39
名前:
yeszanmai

コメント:
オフ会楽しそうでしたね。うらやましい。

>AUKENさん
イン・カフーツのライヴ、よかったようですね。
私も2、3枚持っていますが、後になるほどロック色が薄れていくので、
正直あまり聴いていません。
しかし来日メンバーにピート・リマ−が居たとは。
60年代末のかっこいいジャズアルバムをリマ−・クインテットとして発表している人なので、
フィル・ミラーより一世代上の人だと思うのですが、
オーストラリア出身のデイヴ・マックレ(マッチング・モール)といい
ブリティッシュ・ジャズ界の重鎮が少なからずカンタベリー人脈のロックサイドに関与していますね。
若造を温かい目でサポートする彼等の存在を忘れてはなりません。



01/12/09 22:24:44
名前:
Woog

コメント:
昨日のOFF会、皆様どうもありがとうございました。
ぼくは軽い風邪を引いていましたが、
楽しく過ごせました。
今日はゆっくり寝たので、少しは回復したようです。

J'ratさん、おみやげをどうもです。早速聞きました。
レコードのノイズが懐かしかった、

新宿通りのイルミネーションと新宿駅の混雑には驚きました。



01/12/09 17:08:20
名前:
AUKEN

コメント:
オフ会充実してたようですね!私も昨日のイン・カフーツのライブは楽しかったです。
音のほうは言わずもがなでしたね。イン・カフーツのCDは2枚しか持ってないんですが、ライブのほうが全然良いタイプの音楽でした。そしてどうにもこうにもカンタベリーで素晴らしかったですね。
最後の方でギターがトラブってしまっていてかなり狼狽していたのが見ていて気の毒でした。
ワールド・ディスクが出張販売に来てたのですが、CD購入者にフィル・ミラー氏がサインというイベントをやってたので思わず3枚も購入してしまいました。
やはり結構な人数になってしまったのですが、ミラー氏は1人1人名前を聞いてお礼を述べてました。良い人だ。キーボードのピート・リマー氏がサイン会に途中から自主参加して、WD店長さんがお礼言ってました。
ピップ・パイル氏はビールサーバーから勝手にビールついでガバガバあおってました。
エルトン・ディーン氏はやはりかっこよかった。物静かな人のようです。対してベースのフレッド・ベイカー氏は話し好きのようでした。
トランペットのジム・ドゥヴォラック氏はやはり控えめな感じでしたね。
サインをお願いしたら快くしてもらえ、おかげでミラー、リマー、パイル、ディーン4氏のサインがいただけました。なんか久しぶりにミーハーな気分ではしゃいでしまいました。



01/12/09 16:09:37
名前:
夢典命

コメント:
昨日のオフ会、本当に楽しかったです。
特に3時間ものロングステイにもかかわらず、その滞在時間を忘れてしまうほどの充実じたひとときをおくれた二次会は、日頃の疲れを吹き飛ばしてくれるには十分でした。
マスターの粋な計らいによって、最初の貸切り状態においてのプログレタイム、特に店主さまの気合いの入ったトリアンの普及活動の甲斐あってか、低音の効いたトリアンの「OLD LOVES DIE HARD」は、普段聴いているものとは別物のように感じるほどの迫力がありました。
その後もプログレからかけ離れたジャンルの曲に何故かリクエストが集まり、マスターもご機嫌でしたね。
でも、そういったリクエストに必ず応えてくれるマスターにはもう脱帽ですね。
まるでかつてのTV番組「クイズダービー」の黒鉄ヒロシか、はたまたはらたいらみたいでした。^/^

次は年明けの新年会ですかね〜>店主さま



01/12/09 01:51:22
名前:
J'rat

コメント:
 ただいま帰ってまいりました〜。オフ会のみなさま、お疲れさまでした。フライング・ティーポットでトリアンを紹介し、二次会はペンギンを見て、BLACK & BLUE さんでは大リクエスト大会と、充実したオフ会でした。CDが買えなかったのが残念でしたが、今回もみなさんとたっぷりお話できたのが一番うれしかったです。またやりましょう!

>5150さん、
 BIOSアップデートは何度かやりましたが、そんなに心配なさらなくても大丈夫だと思います。アップデート用のパッチはマザーボードメーカーから、型番を間違えずにダウンロードして、あとは指定の手順どおりにフロッピーに焼けば良いのではないでしょうか? Pen4ですか、いいですね〜。わたしもアップグレードしたいですが、Athlonなのでもう作り直しになりそうです。次は静音化が第一の課題です。
 もしかしてWindowsXPになさるんですか? O/Sだけでむちゃくちゃ重たいらしいですね。

 お風呂に入って寝なくっちゃ。でもオフ会の余韻が残っていて、子供みたいに嬉しくて眠れないかもです。(^^ゞ



01/12/08 23:43:55
名前:
5150

コメント:
思えば今使っているパソコンは、メジロドーベルとフサイチエアデールが
一昨年のエリザベス女王杯で買ってくれたものなのですが、光陰矢のごとし、いわんやPCをや。
「最新」という付加価値を維持するためには文字通り天文学的なお金が必要となり、
性能を向上させ続けるには、より一層骨太な知識を要求されます。
また拡張性最優先で、自作と言う道もいばらの道とは言え有効とは思えますが、
バイオ使いという人種は性能以前に、筐体のデザインに妙にうるさいため、
まず好みの筐体にめぐり遭えなかったらアウトという、
悲しいまでに外見にこだわる、極めて80年代的なメンタリティの持ち主であります。
このためわたくしは、心中的な愛情でもって旧式の愛器に終わりなきドーピングを続けるのです。

と、要するに何が言いたいのかと言うと
ペン4乗っけるためにBIOSのアップグレードしなきゃいけないみたいなんだけど
この(わたくしにとっては)爆発物処理のような作業をやったことのある方いらっしゃいませんか?
ってことなのです。

明日、中山でアグネスソニックが来てくれさえすればすべて杞憂に終わるのですが
(こういうこと考えてるからいつまでたっても新品が買えないんだな)



01/12/08 01:43:48
名前:
J'rat

コメント:
 やっと書き込めました〜。明日は休日出勤ですが、業者の方には「絶対2時までに終わりますよね、終わらせましょうね」と、すがり付いてお願いしてきました。

 いよいよ明日、忘年オフ会です。直前までばたばたしていてなかなか書き込めませんでしたが、もちろん決行します。ご参加のみなさま、どうぞよろしくお願いいたします。

>富墓林、
 すごい当て字ですね。鳥案美羅亜戸? ...80年代の暴走族みたいですね。やめときましょう。(^_^;

>ホイトルさん、
 ビートルズのラバーソウル、やっとゲットしました。輸入盤を探していたのです。ヘルムート・ケレンが遺作でカバーした「You won't see me」の原曲をようやく聴くことができました。ケレンのはスローテンポでしっとり歌っていたのが、ビートルズのはアップテンポなんですね。でも、さすがビートルズ、これはいいアルバムですね。

>オインゴボインゴ、
 これは初耳です。「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」は良かったですが、音楽はどんなでしたっけ? そう言えば、もうすぐクリスマスですね。らくだ師走さん、クリスマスの準備は万全ですか?

>Woogさん、
 新宿で合流ですね。了解しました。お仕事が早く終わったら江古田にいらっしゃってくださいませ。

>sphinxさん、
 わたしの勤務先も神田司町なんです! お昼休みにデートしましょ?

>yeszanmaiさん、
 フランク・ザッパの紙ジャケを21枚一気買いされたんですって? 「大人買い」ですね〜。今度Yesの残りが紙ジャケで出るそうですが、わたしはそれさえ迷っています。

>CHIPMUNKさん、
 "Old and Wise" は確かにアランパーソンズプロジェクトの "Eye in the Sky" の終曲ですが、JADIS というのは知りません。わたしはこの孤独を歌った曲が大好きなのですが、はたしてどのようなカバーなのでしょうか。聴いてみたいですね〜。しっとりと歌ってますか?

>kitさん、
 会社に3日間も泊まったんですか? 毎年のこととは言え、ご苦労さまです。風邪をひかないように気をつけてください。
 Yes Family Fan Club の会報は、ようやく今日届きました。吉川は田舎なんですね〜。明日、オフ会に持っていって勧誘活動をしてきます! そうだ、フライング・ティーポットと BLACK & BLUE のマスターにも見せびらかしてきましょう。

>ふらじゃさん、
 スポックス・ビアードがジョージ・ハリスンをカバーしているんですか? "Beware of Darkness" というアルバムなんですね。明日新宿で買わなくっちゃ。

>From Niigataさん、
 新潟は雪ですか? オフ会来られなくて残念ですが、またやりますからぜひいらしてくださいね。わたしのプロジェクターですが、やはり居間には置かせてもらえそうにないので、書斎に入らないか検討中です。80インチにサイズダウンしないと無理かな〜。とほほ。
 ホームシアター、がんばってくださいね。機器のラインアップが決まったら教えてください。

>夢典命さん、
 明日、大丈夫なんですね。よかったです。二次会はペンギンのいるお店ですので、よろしくお願いします。でもペンギンなんか飼ってもいいのでしょうか? ワシントン条約に抵触するかも...。

>ゆるげんさん、
 初めまして、WebmasterのJ'ratと申します。ようこそいらっしゃいました! お名前のインパクトはばっちりですね。ぜひそのまま変えないでください。「宇宙一」とおっしゃるその心意気に、拍手喝采です。はっきり言ってトリアンヴィラートは宇宙一だと、わたしも思います。これはわたしだけの感想だと思っていたので、今まではあまり言いませんでしたが、これで勇気が出ました。やっぱり宇宙一ですよね〜。
 ...失礼いたしました。ちょっと取り乱してしまいました。あんまりうれしかったものですから。(^^ゞ
 ところで20年くらい前にFMで初めて聴かれたんですね。80年ごろのことでしょうか? 当時はプログレブーム(?)は終わりかけていたと思いますが、そんな番組があったのですね。かかった曲目までよく覚えていらっしゃいますね。終曲の "Spartacus" は本当に盛り上がりますね。これは昔、アメリカのファンが言っていたのですが、聴きながら「空中の(想像の)ドラムを叩く」のです。何度聴いても感動し、カタルシスを覚えますね。
 時々書き込むなんておっしゃらずに、ぜひ毎日いらしてください。(^_^) ここはトリアン好きの方がいっぱいいらっしゃいますので! オフ会、間に合えば良かったのですが、明日なので無理ですかね〜。また新年会などやりますので、こちらもどうぞ。



01/12/07 22:59:36
名前:
夢典命

コメント:
そういえば、昔住んでいた場所の近くに「敬愛学園」という私立の高校がありました。
来年あたり入学志願者の急激な増加により、お受験での競争率がアップして、一代センセイショナルなブームを起こすことになるのでしょうか?(^_^;)
...センセイショナルといえば70年代前半に英国ミュージックシーンで話題になったアレックス・ハーベイ率いるセンセイショナル・アレックス・ハーベイ・バンドを思い出しました。
あっ、すいません、また脱線しそうになりました、路線修正します。

>ボジオ

「live in concert」での彼も凄かったですが、チャド・ワッカーマンと一緒にセッションしてるらしい(?)ビデオも迫力あるそうです。(最近、輸入ビデオとして手にはいるらしいです、未視聴)
にいはおさんのカキコではありませんが、彼はいろんなところに犂薛畚个靴討泙垢茲諭
あの‘マイ・シャローナ’の一曲の大ヒット(はっきりいって、この曲だけでした)で有名になったナックの4枚目にも参加していました。ジャケットに堂々と写る彼の姿は、はっきりいって他のメンバーと不釣り合いでしたね。

>デニ・チェン

ナイアシンでの速射砲のようなドラミングは、他のバンドでは多少影をひそめてしまいますが、そうはいってもそこは天性の明るさでいろんなジャンルの音楽に適応するスタイルには、はなはな脱帽でしょうか。
マイク・スターンをはじめとして、ジョン・スコフィールド、ジョン・マクラフリン(ハート・オブ・シングス)、フロント・ページ等々ジャズ寄りのサウンドで聴かれる彼の猝技瓩蓮△気垢〜と唸らせるツボを持っていますね。

明日のオフ会は、なんとか参加の目処がたちそうです。^/^
今のうちからB&Bでリクエストする曲をリストアップしておこうかなっ...と。



01/12/07 22:45:09
名前:
ゆるげん

コメント:
皆さん初めまして
トリアンの音楽を世界一、宇宙一尊敬し愛している”ゆるげん”といいます。
(トリアンのHPでこの名前を使うと皆さんから袋叩きにあいそうですが、20年くらい前に出会って以来ずっとプライベートネームとして使っていますのでいまさら変えられません。皆さん&フリッツ氏本人様ごめんなさい)

昔?NHK−FMでプログレ特集みたいなのがあって、そこで初めて聴いて衝撃と感動と共感を受けて以来ず〜っと毎日のように聴いています。
その時オンエアされた曲は
Triangle(Illusions〜)
The March to the Eternal City(Spartacus)
Spartacus(Spartacus)
の3曲でした。
ちなみに
”衝撃と感動と共感”の”衝撃と感動”はわかるとして、なぜ共感なのか?というと。
以前にELPを聴いてキーボードトリオの魅力に目覚めて、いつかは自分もやりたい!と思っていたサウンドコンセプトがあったのですがトリアンを聴いてビックリ!、自分のやりたかった音楽を何年も前に実現していたのです。
結局自分では実現できなかったのです(クラシックの教養がないので)

トリアンの曲で好きなのは
圧倒的にダントツでSpartacusです。
個人的には、この曲に肩を並べる音楽は、人類誕生以来そしてこれから先の未来においても無いと言い切れるぐらい好きです。
先ほど述べた自分のやりたかった音楽そしてそれ以上のものが凝縮されて詰まってます。
それだけに、あのレーベルブックの「EL&Pを超えることはできなかった」は頭にきました。
トリアンの何を聴いてたんだ!!

と書きましたが、トリアンを別にすれば、どんなジャンルの音楽も好きで聴いてます。
でも基本的にはブリティッシュ志向のバンドを好みます

長々すいません
皆さん以外にも熱烈なトリアンファンがいるとゆーことで(自分は異常すぎるかな?)
ちなみにこの書き込みをタイプしている間、かれこれ3,4時間たちましたけど
ずーーーっとスパルタカスをリピートしてます

また時々カキコします



01/12/07 18:38:23
名前:
FromNiigata

コメント:
マイク・スターン>
ハードロックかぶれのストラト弾きとして、マイルスバンド時代は色眼鏡
で見られていたような彼ですが、今はビッグになったんですね。
マイルスの「マン・ウイズ・ホーン」あたりの「ジャ〜〜ン」って言うの
結構好きですが…。

明日はオフ会ですね。残念ながら参加できませんが、皆さん思いっきり楽し
んできてください。レポート楽しみにしております。



01/12/07 10:40:07
名前:
ふらじゃ

コメント:
今朝は北風が強くて寒かったです。天気は良いですが気温は上がりそうにないですね

風邪が流行っている様ですね、お気を付け下さい。
先日始めて風邪から来る筋肉痛というものを体験しました。通常の筋肉痛とは比べ物に
ならないほどの痛さでした。一日で収まったのでホッとしてます。

>ジョージ・ハリソン
訃報を聞いてもう1週間が経ちました。仏教会では初七日となるのですが、TVで5分程
彼の特集をやってました。人の良さを前面に出した内容は別として、クラプトンと来日した
映像などがちょっと見られて懐かしかったです。

今朝の通勤の友は彼の曲をカバーしたSpocks Beardの「Beware of Darkness」でした
歌メロ以外はほとんど原型を残さない実にプログレバンドらしいアレンジで気に入ってます。
ちょうどS&GのAmericaをカバーしたイエスみたいな感じですね。

明日の忘年オフ会楽しみにしてます。



01/12/07 00:25:19
名前:
kit

コメント:
こんばんは、kitです。お久しぶりです(^-^)

三日会社に泊まって帰ってきたら、イエスファンクラブの会報が届いてました。
今回は表1〜4を除いても、56ページもあるんですね。
編集のかた、作業お疲れさまでした。
フライング・ティーポットの「MAGNIFICATION」試聴会レポートや、
曲解析など、盛りだくさんですね。これからじっくり読もうと思います(^^)

「飛ぶ紅茶きゅうす」と言えば、今週末はオフ会ですね。
仕事がピークで出られないのが残念ですが、皆さん
楽しんできて下さい。レポート待ってます(^^)

>ボジオ
私はザッパとU.K.程度しか知りませんが、以前夢典命さんも
紹介されていた「live in Concert」というビデオに見られる
ドラムとシンバルの数は、ちょっと常人の領域を超えてましたね(^^;

ところで、やっとナイアシンの「タイム・クランチ」を聴くことが出来ました。
非常に熱い演奏ですね。
「クリムゾンのRED、ジェフ・ベックのBLUE WINDなどを違和感無く聴ける」
というキャッチは、ちょっと違うと思いますが(「BLUE WIND」は、
さわやかな原曲に比べて「歪んだ熱い風」という感じですね)、
良いアルバムだと思いました。

ナイアシンと言えば、ドラムのデニス・チェンバースが1月末に来日しますね。
マイク・スターンバンドのバックだそうです……って、マイク・スターンは
全然聴いたことないですけど(^^;
From Niigataさんか夢典命さんが詳しいかな?

それではまた(^^)



01/12/06 23:35:55
名前:
CHIPMUNK

コメント:
こんばんはー、カキコミはひさしぶりです。あっという間の年末到来ですね。(^^)

>リチャード・シンクレア
せっかくだからCARAVANといっしょに...と思ったのですがダメみたいですね。うーむ、わざわざ別々にくるなんて...
9フィートが聴けるといいなあという思いと聴いたらなんかモッタイないような思いがこんがらがってます。

そうそう、昨日久しぶりに入手したJADISのレア・トラックス集のようなCDにOld & Wiseが入ってました。これってEye In The Skyですよね?>大家様
同時に入手したマーティン・オーフォードのソロもJADIS、IQの仲間が勢ぞろいのなごやかな内容でした。
ジョン・ウェットンの歌ってる曲はグレード・アップしたASIAみたいですけど。(笑)



01/12/06 02:13:49
名前:
yeszanmai

コメント:
>ボーリン、ザッパ
ふたりの命日は私の誕生日なんです。大台に乗りました(笑)。
パープルは聴いてなかったけど、ビリ−・コブハムの『スペクトラム』での
プレイにノックアウトされたあとだっただけにショックでした。。
カヴァーディルがこのLPを聴いてメンバーに推薦したんですってね。

リチャード・シンクレア大阪公演は迷っています。
なんで本人だけなんだろう。また家具職人をやっている?
シンクレア&ザ・サウスのようにブラッフォードと演るんだったら
絶対に行くのに。

ザッパは紙ジャケ一気買い(21タイトル)しましたがまだ開封すらしていません。
続編も期待したいところ(『シーク・ヤブーティ』とか)。
今年は紙ジャケが多く出たせいか、例年の1.5倍の出費です(1日当たり1アイテム)。



01/12/05 22:27:37
名前:
夢典命

コメント:
先週末に決ったワールドカップの組み合わせにおいて、日本で予選リーグを戦う国のキャンプ地が次々に決ってきてますね。
隣の千葉市も、イタリアを最優先に誘致活動に力を入れておりましたが、残念ながら仙台にその地を譲る結果になってしまいました。
先日のイタリア対日本の国際Aマッチにおいて、イタリアは千葉で合宿を行いましてそのグラウンドやホテルの状況等特に問題はないようでしたが、試合当日の埼玉スタジアムまでのバスでの移動で、かなりの渋滞にまき込まれてしまったことが最大のネックになったと想像されます。
うーん、残念。

>フィル・コリンズ

80年代の後半は、まさに彼の一番脂ののっていた時期ではなかったでしょうか。
クラプトンの、「August」を挟むようにして発売になった「Behind The Sun」「Journeyman」でのフィル・コリンズは、なかなか気合いが入っていましたね。
一方では、「カリブの熱い夜」「マイアミ・バイス2」を代表とするサントラにもいろいろと顔をのぞかせてましたか。
最近は体調を崩しているようですが、‘Take Me Home’のビデオクリップに映る新宿東口○○○屋の前でのパフォーマンスが思い出されてきました。

>『ロック大全集』

ここに記述している内容についての多くの情報は、アルバムのライナーノーツやかなり前に市場に出回っていたロック関連のムック本から犹兎れた瓩發里任后(^^ゞ
だもんで、あいまいな情報に関しては、こういったツールを参考にして再確認しています。



01/12/05 22:17:19
名前:
sphinx

コメント:
>神田
わたしの会社は神田司町というところです。
J'ratさんはどちらでしょうか?
いろいろと教えてくださ〜い。(^o^)/



01/12/05 22:10:31
名前:
Woog

コメント:
J'ratさん、風邪ですか。
たいしたことないんですが、
ぼくは10日以上、ずっと引いています。
今年のはしつこい!!

そうですね、8日はジョンの命日でした。
たぶん、ぼくは新宿で合流することになる
と思いますので、よろしくお願いします。



01/12/05 21:49:47
名前:
らくだ師走

コメント:
おひさしぶりです〜。12月になり忘年会シーズン到来ですね。
8(土)はフィル・ミラーのライブなので残念ながら行くことは出来ませんが、
存分に楽しんできて下さい。

ところで、ここのHPでも好きな方がいらっしゃると思いますが
来年の2月に、元IT BITESのフランシス・ダナリーが来日する噂が浮上してます。
もし来るなら行きたいです行きたいです。

3月にはR・シンクレアも来日するみたいで。
最近カンタベリーが熱いですね!YESはどうなったんだろー。
とにかく、カンタベリー祭りで暴れまくりの予定です。
来られるみなさん、楽しみましょうね〜♪


最近、オインゴボインゴというバンドにはまってます。
初期の可愛いホラー系の音楽がたまらん。
知っていらっしゃる方いますか?
解散後中心メンバーはハリウッド関係で有名になっちゃったみたいで。
バッドマンシリーズの音楽を手がけたり、
「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」
のサントラ及び主人公の声までやっちゃったりとか。



01/12/05 21:43:19
名前:
ホイトル

コメント:
トミー・ボーリンはワタシも好きです。
そもそもパープルの「カム・テイスト・ザ・バンド」がいいもんね。
「富墓林」もいい。

ワタシの記憶が正しければ、トミーのいたパープルの来日公演は、
評論家筋はともかく、一般的にはとても人気が高く盛り上がったんじゃなかったかな・
(ワタシはまだ幼くて?行けませんでしたが..)

で、最近その来日公演の完全版2枚組CDが出ましたなぁ
ワタシは速攻で買いましたよ!
グーですよ!



01/12/05 10:57:57
名前:
ふらじゃ

コメント:
今朝は良い天気ですが、これも長続きしないみたいです

今日の通勤の友はクラプトンの「オーガスト」でした。フィルコリンズがプロデュースしたこのアルバムはちょっと戸惑いもあったものの今聞けばなかなか楽しいアルバムです。フィル色満載で彼のドラムも満喫できました。

>トミーボーリン
パープルで残した唯一のアルバム「COME TASTE THE BAND」も良いアルバムなのですがいかんせんファンの評価が低すぎました。それに気を悪くしたのか彼もライブでリッチーの曲はあからさまに手抜きしてます。プライドが高かったのでしょうね

>にいはおさん
ストリングスにパイプオルガンの「赤鼻のトナカイ」いいじゃないですか、メドレーのラストはドーンと盛り上げて下さい



01/12/05 09:27:38
名前:
にいはお

コメント:
おはようさんです。
雪が降りました、北京。このまま一気に
厳冬に突入、かあ?

>フィルモアのマザース
フロントマンがマーク・ヴォルマンとハワード・ケイランの旧タートルズ時代の
ものですね、これは。「HAPPY TOGETHER」まで大盤振る舞いして。
シンセがリードを取る曲もありますが、まだこの時は実験段階と言うか、色物的ですね。

>ボジオ
昨晩は偶然、これも他界したギタリスト、HIDEのソロ「HIDE YOUR FACE」を聴いて
おりました。全曲ではないですが、ボジオが参加しています。機関銃のような
ドラミングが、ガンガンに頭に響いてきます。

15日の歌伴の準備で、「赤鼻のトナカイさん」なんぞをアレンジしています。
幼稚園児用ですので、最初「いやらしいまでのみんなのうたのあゆみおねえさん」的
アレンジでやってやろうと考えたのですが、気がついたら大ストリングスとパイプ
オルガンの音でプレイしてました。プログレに非ず、プログレに非ず・・・・。



01/12/05 02:04:40
名前:
J'rat
電子メールアドレス:
メールはこちらまで

コメント:
...とか言って、寝てませんでした〜。

忘年オフ会のご案内を参加者の皆さんにお送りしました。ご確認くださいませ。
やっぱり来れる! という方がまだいらっしゃれば遠慮なくメールをください。

ではお休みなさい。(^_^)



01/12/05 00:51:26
名前:
J'rat

コメント:
 寒いですね〜。風邪をひきかけています。仔ラットが2日間学校を休んでいるのですが、うつってしまったのかもしれません。風邪なんかひいている場合ではありません! 気合で弾き飛ばすぞ〜!

>ふらじゃさん、
 もう「プログレ祭り」の季節なんですね。disk unionの前には今年もやぐらが組まれて、牛や狂人の絵の描かれたうちわを持った善男善女が変拍子に乗って踊りまわるのです。(大嘘)
 去年はカレンダーをもらえなかった、プログレ者の風上にも置けない私ですが、今年こそは頂戴したいものです。去年もCDは買ったのですが、なぜか他店が多かったんです。お店に行かねば!

>sphinxさん、
 オフ会、参加ありがとうございます! お待ちしていたんです。メールありがとうございました。一次会から来てくださるんですね〜。
 しかも4月から神田勤務ですか? 私の勤め先と同じじゃありませんか! お昼休みにいっしょにunionへ行きましょう。こりゃ会社に行くのが楽しみになりますね。(おいおい) あ、リストラでしたか、大変なのですね。すみません。m(_ _)m

 オフ会と言えば、BLACK & BLUEさんに予約をしておきました。夢典命さんおすすめいただきありがとうございました。やはり混むようで、できるだけ早く来てくださいですって。8日はジョン・レノンの命日とのことで、プログレをかけてもらうためにも早めに行くのが吉かもしれませんね。「今日はビートルズ以外はお断り」なんてことは言われないでしょうけど。(^^ゞ

>夢典命さん、
 今日はフランク・ザッパの命日だったんですか。12月ごろは亡くなったミュージシャンが多いんですね。それにしてもトミー・ボーリンと言い、夢典命さんの知識の豊かさには脱帽です。ネタが切れるということがありませんね。夢典命さんのコメントを集めると「ロック大全集」か「人名事典」ができそうですね。乏しい私のコンテンツの代わりに編纂しようか知らん。(^_^;

 夜更かししていちゃいけません〜、バファリン飲んで早く寝ます。



01/12/04 23:57:25
名前:
夢典命

コメント:
今日は本当に寒かったですね。
加えて雨模様だったもんで、電車での移動では余計な荷物(コート、傘等)が多かったです。

さて、今夜は二人の偉大なギタリストを紹介しないわけにはまいりません。

.肇漾次Ε棔璽螢鵝1976年12月4日没)
知る人ぞ知るあの第4期ディープ・パープルのギタリストでしたが、前任者があまりにも個性的(?)だったもんで、そのテクニック云々はさておいて、狠鰐な人瓩箸い世間からの評判で終わってしまったのは、非常に気の毒でした。
亡くなる2週間前に日本でも発売になった「富墓林」は、発売当初こそそのあて字が日本的と評判になりましたが、『墓』という文字を使ったがために亡くなったのではないかといったデマまで飛び交う騒ぎも一部で起こったことを今でも覚えています。
元ヴァニラ・ファッジのカーマイン・アピス(dr)やマーク・スタイン(key)をバックに、彼の独壇場ともとれるギターサウンドは、いっぱいいっぱいでした。
同様なケースではレイナード・スキナードの「STREET SURVIVORS」が有名で、メインのメンバーが亡くなるわずか3日前に発売になったばかりでした。亡くなったメンバー(特にギタリスト)の頭から炎が上がっているジャケットの写真は、その後物議をかもしまして、ジャケット差し替えにもなりました。

▲侫薀鵐・ザッパ(1993年12月4日没)
今の時代が彼の残した財産をまだ必要としているかどうかは別にしても、間違いなく記憶に残り続けるであろうミュージシャンの一人には違いないでしょうか。
先日も多くのアルバムが紙ジャケで発売になり、限定枚数だったせいもありマニアの間ではかなり話題になったようですね。
彼はくしくも76年に唯一来日公演を行っていますが、その時のバックには当時は新進気鋭のドラマーとしてのテリー・ボジオの姿がありました。
コンサートに足を運んだ人は、ザッパのギターワークのみならずテリーのツイン・バスの妙技やらナポレオン(vo,sax)の派手なアクション等に圧倒されたようですね。
今、「フィルモアのマザーズ 1971年6月」というライヴアルバムに耳を傾けておりますが、彼のアルバムの中ではわりとポップな方になるでしょうか。
特に旧B面はトッド・ラングレンが書きそうなメロディアスな曲もあったりして、なかなか聴き応えありますね。
ある意味では彼の音楽は一番プログレッシヴであったと言えるかもしれません。
常に業界の最先端を突っ走っていたがために、彼の音楽に対する評価には賛否両論あったということでしょうか...。



01/12/04 23:48:25
名前:
sphinx

コメント:
出向先の会社が来年3月末をもって解散と決まりました。
いわゆるリストラというやつですね。運良く自分は行き先が決まった
のですが同僚の多くは進路がまだ決まっていません。
しかしようやく通いなれた横浜ともお別れで来年から東京は神田勤務となりそうです。
通勤は大変そうですが、御茶ノ水近辺のCDショップでも開拓してみようかと思ってます。
そんなとこで、8日の忘年会参加させていただきたくお願いします。後ほどメールします。



01/12/04 10:34:36
名前:
ふらじゃ

コメント:
今朝は久しぶりの雨ですね、乾燥続きでしたので喉には嬉しいです。

>バッドフィンガー
彼らの曲はDay After Dayしか知らないのですが、それより印象に残っているのが
バングラディシュの難民救済コンサートに参加してたことですね
今では大物と呼ばれるミュージシャンが同じステージに立つことも珍しくはありませんが
当時としては画期的な試みだったこのライブでジョージは彼らのことをApple Bandと
紹介してたのをゆめてんさんのカキコで思い出しました。

さて、プログレネタは・・・
disk unionのプログレ祭りが始まったみたいですね、年末は恒例のカレンダーみたいですが
ことし(来年)のはレーベルごとにまとめてあるみたいです。なんか年々マニアックになっていく
気がするのですが・・・



01/12/04 00:52:37
名前:
J'rat
電子メールアドレス:
メールはこちらまで

コメント:
 明日から寒波がやってくるそうですね。カンパを強要されるのは困りますが、寒波が押し寄せてくるのも寒くていやですね。(意味不明)

 さて、週末はLPからの録音を曲ごとに分割したり、CDレーベルに印刷したりしてすごしていました。それもクリスマスの電飾を作って(点灯したら何かわからなくて大失敗!)、仔ラットとドラクエVIIをやって(やっと冒険に出発!)、いったん眠り込んでから復活して後のことです。だって、もうすぐ楽しい忘年オフ会なんですもの。

 さて、これまでに参加のメールをくださったのは、Woogさん、ふらじゃさん、夢典命さんのお三人です。年末のお忙しい中、ありがとうございま〜す!

 迷っている方がいらっしゃったら、まだまだ間に合いますので、ご連絡くださいませ。二次会や三次会からでも結構ですので、大歓迎いたします。お土産もまだありますので。(^^ゞ

>ジョージ・ハリスン追悼、
 Triumvirat.net の掲示板でも逝去を惜しんでいます。ドイツのおなじみManfredさんがこんな記事を紹介してくれました。ちょっと心が暖かくなりました。

I have read a good comment in the newspaper today:
'What a great band now in heaven:
George Harrison, John Lennon, Janis Joplin, Jimi Hendrix, Jim Morrison and other great musicians. Guess they will have a lot of fun making music up there.'



01/12/03 22:33:45
名前:
夢典命

コメント:
まだまだジョージ・ハリスンを偲ぶかのように、FMでは彼の特集が組まれているようですね。
やはりそれだけ偉大なミュージシャンだったということの裏付けなのでしょう。
紀州の駱駝さんが書かれていたニュース、私も読みました。
すでに火葬にされて、生前の遺言により位牌は聖なる河、ガンジス川にまかれるみたいですね。
インド哲学に傾倒していた彼らしい犧粘瓩箸發い┐襪任靴腓Δ。

ということで、今夜も彼の関連作品を聴こうと思い、取り出したのがBad Fingerの「Straight Up」です。
彼らは、ビートルズサウンドの後継者といってもおかしくないようなサウンドで一躍有名になりました。
同じアップルレコード所属ということもあってか、この72年の作品も聴くからにビートルズサウンド満載といったところでしょうか。
このアルバムのプロデュースは一般的にはトッド・ラングレンだと言われていますが、中の数曲でジョージもプロデュースしています。
その中で特に印象深い一曲が‘Day After Day’です。
小学生の頃、いとこの家で初めて聴いた洋楽のEP(ドーナツ盤)が、実はこの曲でした。
こんなキャッチーなメロディアスな曲を、ジョージはプロデュースしていたんですよね。
う〜ん、今頃天国ではジョン・レノンやピート・ハムらとジャムっているころでしょうか・・・



01/12/03 15:24:35
名前:
紀州の駱駝

コメント:
ジョージ・ハリスン

既にご存知の方も多いかとは思いますが、今日の朝日の朝刊に彼の「死の直前にアルバム?」という記事が載ってました。闘病中に25曲を収めた『ポートレート・オブ・ア・レジェンド』を製作し、死の4日前に病院で家族と友人に披露したそうです。オリビア夫人らによって、近く発売されるようですよ。

彼の死はとっても悲しいことですが、新譜が聴けるかもしれないということは、やっぱり嬉しいことですよね。



01/12/03 14:01:30
名前:
案山子

コメント:
>Give Me Love
ついさっき聴いてたところです! Living In The Material World。
それから、All Things Must Pass。 このアルバムは一番思い出深いです。
ジョージ・ハリスンの死を悼みつつ、彼の音楽に浸っていました。

昨夜はアンソロジーが出た頃のお正月に朝日テレビで、延々とやってた特集番組のビデオを見てました。
何年前になるんでしょう?ハリスンはとても若々しく元気そうに見えるのですが・・・・。
ビートルズがライヴ活動を止めた頃のお話。
ハリスンは「一番の被害者はファンの人達だったかもしれない。ビートルズは成功と名声に溺れて、
その成功がファンに支えられていたことを忘れていた。」という発言をしていました。
彼の語り口はいつも誠実で、そして当事者でありながら同時に客観的に見つめる視線に驚かされました。



01/12/03 10:44:38
名前:
ふらじゃ

コメント:
早いものでもう12月ですね、庭先やベランダにクリスマスの飾り付けが目立ってきました

今朝の通勤の友は故ジョージ・ハリソンを偲んでいろいろ考えた挙句にビートルズの編集
CDを選んでしまいました。本当はGive Me Loveを聴きたかったのですが、どこにも見当たり
ませんでした。
ジョン・レノンとは再会できたのでしょうか?・・・



01/12/03 00:26:31
名前:
にいはお

コメント:
あっ、やばっ、へんなところで送信しちゃった。

今度、人前で演奏する機会を得ました。
ソロじゃありません。むろんプログレでもなし。
幼稚園のクリスマス会の出し物で、アレンジと歌伴を任されました。
四季の童謡をメドレー風につなげて、最後がクリスマスソング、という
構成でお願いします、だって。
15日が本番なので、現在考案中です。

・・・・・・・・・・・・・・こっそり混ぜてやろうかいな、ぷろぐれ、けけけ。



01/12/03 00:15:17
名前:
niihao

コメント:



01/12/02 22:02:59
名前:
夢典命

コメント:
やっとここまでたどりつきました〜。^_^;
週末は福岡〜広島と、超ハードスケジュールに追われておりました。
でも嬉しいこともありました。
もちろん昨日の雅子さんの件もそうですが・・・

>ジョージ・ハリスン

皆さんと同様、本当にに残念でなりません。
個人的にもビートルズから受けた影響は、計り知れないものがありましたから。
今の自分の気持ちに一番正直に応えてくれる曲があるとすれば、やはり‘Something’でしょうか。
また、現在折りしも昔からの友人(?)であるクラプトンが日本公演の真最中ですが、彼への追悼曲としてひょっとしてあの曲を演ったりして・・・^_^;

‘While My Guitar Gently Weeps’

スピーカーから流れてくるこのハリスンの名曲の中での、あの噎び泣くようなクラプトンのギターソロを聴いていると、ますます熱いものがこみあげてきますね、ほんとに。...合掌。

>クリス・レインボウ「ベスト 1972-1980」

あれから都内の大型店で在庫を探していましたが、どこも取り寄せになるとのこと、またいつ頃になるのか不確定とのことでしたので、今回の出張をチャンスと思って探してたらやっと置いてありました。
さっそく聴きましたが、『イギリスのビーチボーイズ』という表現がぴったりくるようなサウンドで、もう気分は狷色...といった感じですね。(^^ゞ
当分の間、我が家でのヘヴィー・ローテーションは間違いないですね。
貴重な情報をくださいました紀州の駱駝さん、yeszanmaiさんに心より感謝いたします。



01/12/02 17:41:12
名前:
紀州の駱駝

コメント:
ジョージ・ハリスン

なんか、言葉にならないほど残念です。
「While My Guitar Gently Weeps」「Something」「Here Comes The Sun」etc…、素晴らしい曲を本当にありがとう!

>AUKENさん。
イン・カフーツ、ほんとはとっても行きたいんですが、来年1月のキャラヴァンへ行くことが既に決定済みですんで、涙を呑みつつあきらめました。(;_;)

>J'ratさん。
>日本のミュージシャンと一緒に演奏するのでしょうか?
そのようですね。私も詳しくは知らないのですが、宣伝チラシには以下のように紹介しています。(一部抜粋)

そして今回、ハットフィールズ、キャラヴァン、ソロ各時代の名曲に加え新曲を携えて、初の日本単独公演に挑む。
しかも、ハットフィールズの難曲でさえも軽々とプレイする実力を誇る日本屈指のカンタベリアン清水一登率いるトリオ・ロス・オパビノスがRichard をしっかりと支える。
確実な演奏をバックに、Richard の奇跡の声がライブハウスの空気をイギリスの風景に変えるだろう。

私は大阪公演を予約してしまいました。^^;
「パタパタ デ ラ サルサ」へ電話して名前を言うだけOK、支払いは当日でよいという、ちょー簡単なシステムでした。特に整理場暗号も無くて、当日は早いもん勝のようです。午後6時開場なんで、5時頃までに行けばなんとかなるんかぁ、などど思ってます。
こちらの掲示板を見てる方で、大阪公演へ行く方いませんか〜?



01/12/02 00:27:40
名前:
J'rat

コメント:
 ジョージ・ハリスン、また偉大なミュージシャンがひとり星になってしまいました。ビートルズはあまりよく聴いてきませんでしたが、プログレをはじめ多くの音楽が彼らの遺産を受け継いでいることを改めて思い浮かべました。天国に召されてもなお、蒔いた種は多くの実りを地上にもたらしつづけているのです。合掌。

 今日は家でクリスマス会でした。妻の知人が大人4人、子供3人でやって来てにぎやかでした。アイルランド人の女の人がいたので、IONA を聴かせたのですが知らなかったようです。感想は「ENYA みたいですね〜」ですって。意外と流行っていないのかな? あとお名前にちなんで、ギルバート・オサリバンの「クレア」をかけたら、こちらは良く聴いていたそうです。ギルバート氏もアイルランド人なのだそうです。知りませんでした。

 リチャード・シンクレア来日。カンタベリー勢は来日ラッシュですね。日本のミュージシャンと一緒に演奏するのでしょうか?



01/12/01 19:33:42
名前:
AUKEN

コメント:
おひさしぶりです。

なんか最近事件起こりまくりで疲れてしまいました。年末は嫌ですね。
ハリスン氏はまだ若かったのですね。享年を見て驚きました。私の先輩が無茶苦茶落ち込んでしまいました。

とりあえずRシンクレアの来日が数少ない良いことです。
チケット買いに外に出るくらいはしなきゃ駄目ですねー。

そういえばイン・カフーツ見に行く方は全然いらっしゃらないのかな?



現在のフォーラムへ | トップに戻る | 過去ログのインデックスへ


 DiscographyBiographyIntroductionPersonnelForumOfficial SiteJ'rat Home