J'rat Forum
 DiscographyBiographyIntroductionPersonnelForumOfficial SiteJ'rat Home
2001年7月のログ

現在のフォーラムへ | トップに戻る | 過去ログのインデックスへ


01/07/31 23:13:02
名前:
にいはお

コメント:
こんばんわ。

ウェイクマン・ウィズ・ウェイクマンのCDを聴いておったのですが、
ソロの音色が耳にキンキン響いて、目まで痛くなってきました(?)。
ファンの人には「大っ変」申し訳ありませんが、この音色、何とかならんかなあ。
「みょ〜ん」のシンセの方が、まだいいなあ。デジタル、向いてないのかしらん、この人

愛読していた「封神演義」(安能務編訳・講談社文庫)がどっか行ってしまいました。
漫画やアニメになったので、今や小学生でも知っているこのマイナーな中国小説は、
中国古代の殷から周への変革を骨子として、そこに仙人界の大戦争をミックスさせた
大奇想天外活劇小説です。さてはお手伝いさんが持っていったか!?

四人囃子の公式サイトがあるなんて知らんかった(www.4nin.com)。おかげで全アルバム
一から順に聴いてしまいました。

おかあちゃんがいないので(娘の夏休みを機に一時帰国)好き放題やっています。
とりとめのない話ばかりで、失礼しました。



01/07/31 22:58:52
名前:
案山子

コメント:
>J’ratさん
>「千と千尋の神隠し」
ご覧になったんですね!車のシーンもそうですが、笑えるところがいっぱいあって楽しかったですね。

>盛岡冷麺
そんなに美味しいものがあるとは知らなかった!食べなかったのが悔しいです。
小岩井農場でソフトクリームは食べたことあります。これは美味しかった!
小岩井農場は宮沢賢治の詩にも出てきますね。
その宮沢賢治の記念館が見たい一心で、花巻まで行ったのは3年前の夏です。

>フォリナーの「ダブルヴィジョン」
わたしもすぐに曲が思い浮かびませんでした。ちょっと印象薄いアルバムですね。
ウイングス???と、思いながら聴き直し、あーーーーーこれかな?と、納得しました。
HOT BLOODED (?) がシングルカットされて、結構流行ってたような気がします。

>スティーブ・ルカサー
「ルーク」=AOR風と、いうのは言えてますね。
肩の力が抜けてる感じで、質が高く、ヴォーカルが多いので聴きやすいです。
わたしは元気一杯の「ルカサー」も好きですが、薦めずにおきましょう。
メッチャ、下世話な話ですが「これを弾きながら、これだけ歌えるのかなぁーーー!」
と、いう理由だけでも一度は是非ソロを見てみたいです。



01/07/31 16:06:55
名前:
紀州の駱駝

コメント:
またまたCamelねたです。
元CamelのPete Bardensが新譜『Art Of Levitaition』を8月14日リリースするようですね。彼のオフィシャル・サイトに載っております。
http://www.petebardens.com/peteb/default.asp
参加ミュージシャンはMick Fleetwood(!)と娘のTallulah Bardensと書いております。オフィシャル・サイトでオーダーできるようなのですが、詳細については確認できておりません。
で、Camelのオフィシャル・サイトにも載ってましたが、彼はつい最近まで脳腫瘍、続いて肺癌を患ってたのですが、現在は無事退院したようです。
George Harrisonも癌だったらしいですし、やっぱし定期的に健康診断は受けておかねばいかん、などど痛感しております。

>きゃらっくさん。
ご愁傷様です。m(__)m
現在は、とり急いで連絡するようなことは ありませんのでご安心くださいませ。(^^ゞ



01/07/31 15:02:23
名前:
きゃらっく

コメント:
えー、みなさん、おひさしぶりです。
みなさん、お元気そうでなによりです。

実は、少し前に隣家の庭の木に雷が落ちまして、
その影響か、私の家のパソコンがイカレてしまいました(トホホ)。
対策を全然講じていなかった報いです。
修理を頼んだところ、約7万円の見積もり・・・。
だったらいっそのこと新しいのにしよう、ということで、今検討中です。

みなさんも雷には十分ご注意くださいませ。

最近は職場でのパソコンに私的利用が非常にキビシイのですが、
今、その網をかいくぐって書いております。


(私信)
だもんですから、紀州の駱駝さん、連絡できなくてすみません。



01/07/31 10:35:02
名前:
ふらじゃ

コメント:
今週夏休みの企業が多いのでしょうか、通勤電車が少し空いている様ですし
乗客もカジュアルな服装の人が多くなった気がします。

今朝の通勤の友はフォリナーの「ダブルヴィジョン」でした。
買ったことすら忘れてたくらいなので音を覚えてるはずもないのですが、聞いてて
気持ちの良いpopなロックですねぇ、比喩が悪いかもしれませんがP・マッカートニーの
ウイングスを思わせる音作りです。サックスの使い方なんて良いですねェ
ん、サックスってイアン・マクドナルドでしたっけ?

>kitさん
TOTOは1stから4thまでをよく聞きます。プログレ好きには「ハイドラ」が良いとよく
言われますし、私もそう思いますが実際よく聞くのは「ターン・バック」ですね
TOTOの中ではPOP色の強いアルバムですが、何故か肌に合います
でも1番好きな曲は1stに収録されてる‘子供達の凱歌’で、このギターソロはカッコイイ
ですよ。



01/07/31 03:08:55
名前:
kit

コメント:
今日は、ドリームシアターの「IMAGE&WARDS」を聴いてました。
う〜ん、「メトロポリス パート2」を聴きすぎて、
「パート1」を聴くと少し違和感があります(^^;

>yeszanmaiさん
>RTF「浪漫の騎士」
以前、「リターン・トゥ・フォーエバー」というアルバムは
聴いたことがあったのですが、その時はピンと来なかったんです。
でも、このアルバムは、私のストライクに来ました(^-^)
チック・コリアって、やはり時期によって、色々な音楽性を
持っている人なのでしょうか?

>CURVED AIR「AIR CUT」
>権利関係が複雑
エディ・ジョブソン参加のものでオフィシャルで出ているCDは
大体持っている(でも6枚(^^;)のですが、これは手に入らないのが残念です。
…あ、そういえば、フィル・マンザネラのアルバムにジョブソンが
参加したものも、一枚も持ってないです(^^;
どなたか、オススメアルバムはありますか?

>ふらじゃさん
>ルカサー
この前、ブルー・ノートでライヴやってましたよね。
ルカサーは、TOTOしか聴いたことないんですよね(しかもBEST)。
ふらじゃさんのTOTOのお気に入りは、どのアルバムなんですか?

>5150さん
>うまなりクン
福原アナ離脱はホント残念ですね。代わりになるような人はいるのでしょうか?


>パールハーバー
私の単細胞な書き込みに、皆さん、真摯なレスありがとうございました。
ちょっとまぎらわしい書き方をしたので補足すると、知人達が「今年最低の映画だ」
と言ったのは、単純に映画としてツマらなかったからで、テーマ云々は
関係ないです。試写会の途中で帰った人が、全体の半分ぐらい
いたとか(試写会場:東京ドーム)。
私が疑問だったのは、なんで作った欧米では酷評されて大コケにコケた映画が、
「非道な敵国」として描かれた日本でヒットしてるんだろう?というのが
あったのですが、見に行く人はとりあえずラブロマンスか特撮が目当て
みたいですね。進んでツマラない映画を見る気もないので、私はこの映画は
見ないと思います(スイマセン、話題振っておいて)。

とはいえ、案山子さんのおっしゃるように、この映画の存在が
「考えるきっかけ」になるなら、それは最もポジティブな流れでしょうね。
8月15日を前に、こういう映画がヒットすることには、
それなりに意味があるのかもしれません。
とにかく、音楽とは全然関係ない話題でスイマセンでした。>J'ratさん


あ、ところで、またも「クリムゾンニュースのHP」で知ったのですが、
「Thrak」の紙ジャケが出るとか出ないとか。
紙ジャケで出す意味があるんでしょうか?(^^;



01/07/31 01:51:24
名前:
from USC@職場

コメント:
盛岡は素晴らしい所です.
冷麺は大好きです.盛岡以外の場所でも「冷麺」は食べられますが,「こんなの盛岡冷麺じゃねー」と箸を投げつけたくなるようなのに何度も出会いました.
小岩井農場はもはや全国区ですが,現地で食べるソフトクリームの美味いこと,あと絞りたて?の牛乳(瓶入り)の美味いこと,絶品です.蕎麦(つなぎなし,蕎麦粉100%のが特にお気に入りでしたが)も美味いんだよなあ,あと焼き鳥(南部地鶏)も,前沢牛なんてとろけるぞ.

冬は極寒ですが....



01/07/30 21:52:06
名前:
AUKEN

コメント:
>店主様
ピッキオは国内盤残念ながら廃盤のはずです。キングレコードは一回出したらほったらかしなので。
思い出した頃に再発するのもここの特徴であります(笑)でも店頭在庫や中古はあると思いますよ。
ところで店主様はハットフィールド大丈夫な方でしたでしょうか?ハットフィールドがもし厳しいの
でしたら、ピッキオはさらに厳しいと思います。もし良かったらオフ会でお貸ししますよ。CD買う
のもなかなか大変ですよねー、興味深いのが一杯ありすぎます・・・

最近J−POPづいてます。今日はビーチェという人のCDを聴いてます。あの奇跡のチューダー
ロッジ来日公演でバッキングヴォーカルとキーボードをやっていた細っこいお姉さんです。
この人が好きなアーティストがXTC、スタックリッヂ、パイロット、コーギス、ニュー・オー
ダー、プリファブ・スプラウトなどなのでブリティッシュ・ポップ好きにはなかなか素敵な感じの曲
です。今日はチャラの新譜も買ったので、明日聴きます。でもジャイルズ・ジャイルズ・アンド・フ
リップも聴きます(笑)



01/07/30 18:17:07
名前:
J'rat

コメント:
 今朝新幹線で盛岡にとんぼ返りしてきました。会社の人のお父さんのお葬式でした。名物の冷麺を食べてきました。韓国風の麺がしこしこのぷりぷりでおいしかったです。

 初めて乗った東北新幹線では、All About Eve の 1st と、Mike Oldfield の「遥かなる地球の歌声」と、Pallas の「ザ・センチネル」を聴いていました。AAE はボーカルに物悲しさがあって、ふさわしい感じでした。

>ジブリ、
 がまんできなくって、きのう「千と千尋の神隠し」を観に行ってしまいました。長い映画でしたが仔ラットも集中して見ていました。やはりあの独特の世界の描写は圧倒的ですね。虚構だとわかっていても五感で感じるあのリアリティは筆舌に尽くしがたいです。お父さんが乗っているクルマと4WD自慢には思わず笑ってしまいました。
 「となりの山田くん」も「思い出ぽろぽろ」もまだ見ていませんので、ぜひ見てみます。

>Curved Air、
 アルバムごとに違いが大きいとのことですが、とにかく店頭にあったら即ゲットしてみます。from USC さんは盛岡で購入されたんですね。CD屋さんを探す時間もなくて残念でした。はじめての盛岡、駅の近くを川が流れていてとてもいい町のようでした。お寺は石川啄木のお母さんの実家という由緒までついていました。

>大魔神、
 失礼しました〜。ところで私のマシンは「まじん」で全く変換してくれません。IME2000だけでしょうか?

>Stewart & Gaskin
 お台場では新曲も披露してくれるんですね。楽しみです。今もクルマの中ではS&Gばかりかけています。
 9月15日にもオフ会を開催します。今回参加できない方も含めてぜひお台場でお会いしましょう! 今週末の新宿でのオフ会が終わったら、告知ページを作りますです。

>パール・ハーバー、
 私たちも歴史で習わなかったことが多すぎるような気がします。特に現代史ですね。最近の教科書問題の件でも、書かれたことより書かれなかったことにこそ問題があるそうです。そう言えば高校時代はわざわざ朝永三郎

>ピッキオ・ダル・ポッツォ、
 ちゃんと国内盤も出ているんですね。土曜日に新宿で探してみます!

>8/4オフ会、
 AUKENさんは6時から、らくだ進さんもご一緒ですね! sphinxさん、お待ちしていました。よろしくお願いいたします!

>北京のドイツ人、
 そう言えば私のところにも以前ドイツ人が留学(?)で来ていたことがありまして、念のためにTriumviratのことを聴いてみましたが、やはり知りませんでした。クラフトワークは知っていると言っていましたが...。あと、ドイツ映画はぱっとしない、ハリウッドに乗っ取られてしまったと嘆いていました。ユルゲン・フリッツが音楽を担当した SF映画 "Hard To Be A God" を見てみたいのですが、ビデオも廃盤中のようです。

>スティーブ・ルカサー、
 ふらじゃさん、ご感想ありがとうございました。私はAOR風が好きなので「ルーク」のほうに関心をもちました。今度チェックしてみます。



01/07/30 13:58:56
名前:
ふらじゃ

コメント:
涼しかったのもつかの間でまた酷暑が帰ってきましたね
夏だから仕方が無いですが・・・あつい

スティーブ・ルカサーのソロアルバムよかったです。
2枚のカラーが違っててどちらも楽しめました
「キャンディーマン」
いろんな音楽ジャンルのエッセンスが詰まったアルバムで
基本的に一発録で作られたものの様です
ライブ特有のドライブ感にあふれた作品で多彩なギターソロが
聞けます。インプロを重視してるせいか1曲の長さが長めですね
このアルバムを聞くとサンタナやジェフ・ベックとセッション
しても不思議は無いなぁと思います
「ルーク」
こちらは割と短めの親しみやすいメロディアスな曲で構成されてます
こちらのアルバムのほうがTOTOっぽい感じがしますね
ソロアルバムと言うよりリーダーアルバムといった感じです
ちょっとAORの雰囲気もありますがさほど気にはならないです

なにぶん久々にスピーカーから音を出したのでそれだけで感激してましたから
正当な評価ではないかもしれませんのでご容赦を(^_^ゞ



01/07/29 23:36:01
名前:
yeszanmai

コメント:
>kitさん
RTFの「浪漫の騎士」気に入っていただけて何よりです。

カーヴド・エアの「エアカット」は権利関係が複雑で
これまでいくつものレコード会社がCD化を試みたにもかかわらず
実現しませんでした。
ワーナーが持っていそうなんですが、そうでもないようです。
当時のマネジメント関係者かアーティストの誰かか版権元か
あるいは権利が分割されていて、しかも転売されていれば、
よほどの熱意がなければ辿り着けないような気がします。
祈、CD化。



01/07/29 23:23:16
名前:
sphinx

コメント:
昨晩、何年かぶりで花火を見てきました。
知らぬ間に花火も大分進化しており、色とりどり、
多種多様な形状を楽しむことが出来ました。

暑さも一服、仕事も一区切りということで、
8/4は参加させていただきたいと思いますので
よろしくお願いします。>別途メールいたします。



01/07/29 22:03:57
名前:
にいはお

コメント:
週末も終わってしまいました。出勤したくない・・・。

この北京でドイツ人と仕事をする機会がありました。
いちおう念のため、トリアンヴィラートの話題を振って
みましたが、知りませんでした。若い人だったから、ま、
無理もないか。

その仕事の関連でドイツから空輸されたヤマハDX-7を
ちょこっとだけ触りました。ドイツ人曰く「素晴らしい
シンセサイザーだ。十何年も前の楽器とは思えない」と。
ドイツの有名な楽器メーカーってどこだったっけ?

中国系ヴァイオリニスト、VANNESA MAE(陳美)なる女性の
ビデオクリップとサイトを漁った週末でした。
エレクトリック・ヴァイオリンて、やっぱ、かっこいいですね。
綺麗な女性が手にすると、なおさらグー。



01/07/29 21:55:30
名前:
案山子

コメント:
>パールハーバー
こちらで出た話題なので、こちらに書かせていただきます。すみません。
kitさんのお話を読んで思ったのですが、それほどの映画なら見た人の何割かは、
「それは違うんじゃないだろうか?そんな酷いことをしたんだろうか?本当はどうなんだろう?」
って疑問を持って、調べたり、それを人に訴えたりすると思うんですよ。
そういう意味で、日本の中では新しい動きのきっかけになるかも知れませんね。
今朝の新聞にR・B・Stinnettの「真珠湾の真実」という本の書評が出てました。
ルーズベルトが日本を意図的に追いつめ、真珠湾攻撃も日本の電報が傍受されていてたが、
奇襲が成功するようにした。という少し前から言われてる「陰謀説」を証明していくものらしいですが、
まだ、完全な証明までは至ってないみたいですね。
特に目新しいものはないようですが、こういう本が出てくることもその流れと関係有ると思います。



01/07/29 20:52:08
名前:
AUKEN

コメント:
こんばんは、ちょっとご無沙汰でした。

>8/4オフ
店主様、すみませんが6:00からの方に入れていただけますか?
あと、らくだ君もお邪魔するそうです。

>ピッキオ
いいですよね、変ですけど。1stしか聴いた事が無いので2ndも聴いてみたいです。
あとCuneiform Recordsの「UNSETTLED SCORES」というコンピー
レーションを買いました。所属アーティストがお互いの曲をカヴァーしあう変則コンピです。
キット・ワトキンスがマフィンズの「Hobart Got Burned」をやっているのが聴き
たくて買ったのですが、他も良かったのでかなり満足でした。



01/07/29 19:45:02
名前:
5150

コメント:
>fromUSC様
観てないので、あまり断定的なことは言えませんが、
あの映画は「話題作」であって「問題作」ではないと思います。
詳しくは、ここには書かずに自分の板でお返事しておりますのでご覧下さい。

それよりも問題なのは福原アナが「うまなりくん」を降板したことだぁ・・・
適当な太田、やたら固いだけの田中、名前で決めてるさとう珠緒の予想の中にあって
唯一の理性的な予想をする(そしてかなりヘンな)奴でした。
競馬に「詳しいアナ」はあまたいますが、
競馬が「好き」なアナは貴重だったのに・・・・・



01/07/29 19:02:48
名前:
yeszanmai

コメント:
>J'ratさん
久し振りにピッキオ・ダル・ポッツォを聴いてみました。
ギターは確かにハットフィールズ的ですが、管やヴァイオリンが入っており、
特に2ndはヘンリー・カウのような感じです。
アヴァンギャルドな展開が多くて、人によってはロックに聴こえないかも知れません。
その手のものが苦手な方には辛いかも。
カンタベリーというよりもいわゆるレコメン系です。
二枚ともキングから国内盤が出ているので入手は容易だと思います。



01/07/29 16:43:58
名前:
案山子

コメント:
>パールハーバー
見てないですねぇ。
ドキュメンタリーではなく、映画なのだから事実と違う部分や主題に沿った創作はあって当然だと思います。
ただ、それに関わった一人一人の人がどういうリアクションするかが問題なんだと思います。
出演した日本人がどのように反論するか?
上映する会社がどのような考えるか?
見た人がどのように考えて行動するか・・・・
from USCさんのように、キチンと自国の立場を説明して反論する人って少ないんじゃないでしょうか。
タイミングの悪いことに、わたしも8月はアメリカに行きます。同じ質問も受けるでしょう。
どのように答えるべきなのか、もう一度じっくり考えてみたいと思います。



01/07/29 15:16:16
名前:
from USC

コメント:
連発すみません。

そんなちょっと気まずくなった彼にCAMELのNudeを聴かせてあげました。ライナーも読んでねと言いながら。気に入ってたみたいです。
音楽掲示板としてオチがついたでしょうか。



01/07/29 14:59:52
名前:
from USC

コメント:
パールハーバーねえ。
毎朝、出勤の時間帯、カーラジオで日本語放送があるんですよ。山本長官役をした俳優が放送でインタビューされてました。監督と衝突したそうです。自分が出演した映画も見たくないそうです。
彼は、日本はこんな事していない、歴史と違うから撮影しないで欲しいと強く抗議したそうなのですが、却下されたそうです。そらそうだ。

アメリカ人の友人から「日本はこんな卑怯な国なのか」と聞かれました。アメリカの戦争は常に正義の戦いだったそうです。この映画の上映が始まり、いつかこの質問が私に来ると思ってました。

当時は帝国主義がまだ続いており、中国を含めてアジア諸国はヨーロッパ、アメリカの支配を受けていた。日本は資源が全くなく、遅れて帝国主義の真似事を始めたのだ。この思惑はアメリカは気に入らなかった。石油の輸出など一切を禁じて、日本をのけ者にしようとした。先人達は戦争を始めた。「軍部の暴走」は反省するが、父や祖父の時代の「兵士の行動」を謝罪する意思はない。と英語で言ったんだけど通じたんだろうなあ。
彼はそんなこと(石油輸出の禁止)は歴史で習わなかったと言ってました。

音楽の話でなくてすみません。
5150さん、こんな答えでいいですか。



01/07/29 12:53:53
名前:
kit

コメント:
おやま、「うまなりクン」の福原アナ、転勤で番組卒業ですか。
月日が流れるのは早いですねえ。お疲れさまです(←まったく関係無い、競馬の話題スイマセン(^^;)。

>誤植
>大魔人→大魔神
スイマセンでした。それに加えて、「CURVED AIR」を「CUEVED AIR」と
書いております。謹んでお詫(以下略)

>from USCさん
>CURVED AIR
あ、そうそう、ジョブソン参加のアルバムは「AIR CUT」でした。
「Lovechild」は持ってますが、ヒドイ内容ですね。ジョブソン自身も、
「デモ集を勝手に発売された!」とインタビューで怒ってました。

>yeszanmaiさん
>ゴングジラ
なるほど、奥が深そうですね(^^; アレンと言えば、4月に来日ライヴを
してましたね。「EURO ROCK PRESS」で絶賛されていたような。
「YOU」は今度聴いてみます。らくだ氏君もお気に入りでしたっけ?

あと、以前から話に出ていたリターン・トゥ・フォーエバーの
「浪漫の騎士」の紙ジャケ、昨日池袋unionで買いました。>yeszanmaiさん
コレ、素晴らしいアルバムですね!(^-^) マハヴィシュヌの「火の鳥」を
最初に聴いた感触は「『太陽と戦慄』に近いなあ」という感じでしたが、
こっちは、もっとモダンな、言ってみれば「『U.K.』っぽい」という
感じでした(あくまで主観です。的はずれならゴメンなさい(^^;)。
モダンな感じのキーボードが、超絶技巧のドラム・ベース・ギターと
からむアルバムですね。大変気に入りました(^-^)

>見たい映画
昨晩TVでランク王国見てたら、今(渋谷で)見たい映画のNO.1って、
「パールハーバー」なんですね。う〜ん…最後にアメリカ人が
「あのバカ共を一人でも多く殺してこい!」って叫んで東京大空襲に
向かう映画が1位ってのは、なんか複雑ですね…。見たい人の自由だとは
思いますが、知り合いが試写会で見て「今年最低の映画だ」って言ってました。



01/07/29 09:20:23
名前:
案山子

コメント:
>オフ会
どうせ、行けないからなぁー・・・・・・。と案内を見ないようにしてたんですが、
「暑気払いのお知らせ」という言葉につられて、つい見てしまいました!!!
これ、良いですねぇ〜〜〜〜。すごく涼しげで綺麗です。
やはり、見てしまうと無性に参加したくなってくるのが、困りものです。
何時になったら、行けるのでしょうか!

参加されるみなさん、くれぐれも買い物をし過ぎないよう、注意して楽しんでください。



01/07/29 01:15:03
名前:
紀州の駱駝

コメント:
>8/4オフ会。
次の土曜日ですね。ご盛会を祈っております。
私事で恐縮ですが、その日は兄Woogの40ン回目の誕生日であると同時に、私の娘(仔駱駝)の3回目の誕生日でもあります。(^^)

ところで、スチュワート&ガスキン来日まで後一月半となりましたが(皆さん、お台場オフ会もよろしくです。m(__)m)、先日彼らのオフィシャル・ページからメールが届きましたので(掲示板にリクエストを書いた人には同じメールが届いているようです。)、コピーさせてくださいませ。

Dave Stewart & Barbara Gaskin
Live at TLG, Tokyo, September 14th & 15th 2001

Dave and Barbara pay a rare visit to Japan in September this year, when they play two nights at 'Tribute To The Love Generation', Odaiba, Tokyo on September 14th & 15th.
The band last played live in Japan in 1991, and are delighted to return after an interval of 10 years to play tracks from their (as yet unreleased) new album, as well as some old favourites.

For their TLG dates, Dave and Barbara will be joined by long-time collaborator Andy Reynolds (guitar).
On drums will be Gavin Harrison, a rhythmic virtuoso who has worked with Stewart/Gaskin since 1986, and has also toured with Artful Dodger and Lisa Stansfield.
Tickets may be scarce, so book now for this evening of uniquely English pop music.

Tribute To The Love Generation
Mediage 6 F, Daiba 1-7, Minato-ku, Tokyo
Tel: +81-(0)3-5531-2024
http://www.mediage.co.jp/TLG

Reservations:
TLG 03-5531-2025
PIA 03-5237-9999
E+ 03-5749-9911
http://eee.eplus.co.jp/

ようするに、「9月のライヴにみんな来てね。」という内容です。
嬉しかったもんですから……、それだけです。^^;
長くなってすんません。m(__)m



01/07/29 00:50:35
名前:
yeszanmai

コメント:
>kitさん、ゴングとゴングジラ
う〜ん、関係あるような、ないような。
通常ゴングといえば、デヴィット・アレン在籍時を指すようなのですが、
ゴングジラの中心メンバーはピエール・モーランズ・ゴングで
リズムギターで参加していたボン・ロガザとベースのハンスフォード・ロウそれに
ブノワ・モーランで当初ピエールも参加予定でした。
音は正にモーランズ・ゴングそのものです。
だからといってゴングとは全く違うか、といえばそうともいえず、難しいところです。
簡単にいえば、ゴングはアレンのヒッピー的なコンセプトをその時々でテクニシャンを
従えて、展開して行ったもの、モーランズ・ゴングは様々な打楽器を中心とした
ジャズロック、といったところでしょうか。
マザーゴング、プラネットゴング、ニューヨークゴング、ゴングメゾンと知らない人にとっては
何のこっちゃわからんと思いますが、
取りあえずゴング名義の"You"を聴いてみて下さい。



01/07/28 23:15:21
名前:
J'rat
電子メールアドレス:
メールはこちらまで

コメント:
 なんだか寒いくらいですね〜。明日からはまた暑くなるとか。平年並みですって? それじゃ冷夏ですね。
 今、キャメルの「スノーグース」を聴いています。ポール・ギャリコの小説の印象より元気ですね。でもこちらもやはり名作です!

>8/4オフ会、
 いよいよ来週です。私は告知ページでへまをやらかしてしまいました。メール送信のポストの画像をクリックすると間違った送信先になってしまっていたのです。しばらく前にふらじゃさんから教えていただいて修正しましたが、もしかして間違って送信した方がいらっしゃるかもしれません。

 現在、私が把握しているのは...
PM 4:00〜 ふらじゃさん、AUKENさん、わたし
PM 6:00〜 woogさん、夢典命さん
 万が一漏れていたりしたら、すみませんが再度メールをくださいますよう、お願いいたします。

 まだまだ間に合いますので、ふるってご参加ください!! 参加者の皆さまには待ち合わせ場所とお店の地図を8/1(水)にメールでお送りします。



01/07/28 22:11:22
名前:
毛糸

コメント:
佐々木はDAIMAJINでも可なのよん♪
テーマ曲は小室はんが作るらしい(もう出来たんか?)

レ、レス不要ですぅ



01/07/28 15:07:50
名前:
CHIPMUNK

コメント:
こんちはー、しょうもないツッコミおゆるしくだされ。

大魔人→大魔神

ちなみに佐々木はどちらでも可、張本は後者。
しつれーしましたぁ。



01/07/28 14:52:47
名前:
from USC

コメント:
カーブドエアの名前を聞くとちょっと黙ってられない私を許してください。
プログレとは決して言えないCurved Air、統一感がないようであるようで不思議なバンドです。大好きです。

ここにそれこそ何度も何度も書き込みました。私の故郷の方言でいうバラコクタイな曲が勢ぞろいです。

おさらい(皆さんもう耳たこでしょうが)
比較的入手が簡単なワーナーの初期三枚、突然変異のAir cut(未CD化!!!)とその私生児?Lovechild、何故かキングレコードから発表されたライブ!、BTMに移籍してなかなかCD化されなかったMidnight wire(同じ目に「セントダンスタン通りの盲犬」もあいましたが)とAirborne

ワーナーの3作品は結局ウェイとモンクマンの意地の張り合いにクリスティーナが我関せずとヒラヒラと歌うという感じですか。お金持ちのドラマーは影が薄いです。ファンタスマゴリア(3rd)で参加のウェッジウッドはこの頃から腕利き振りを発揮してます。ウェッジウッドが結局残りウェイ、モンクマン、お金持ちドラマーの脱退(普通なら解散でしょう、(除クリムゾン)))にも関わらず突然変異を来たしブルース大好きギタリストとドラマーを加入させ、さらにウェイとモンクマンの一人二役のジョブソンが活躍するもののブルース野郎二人とぶつかってバンド名さながら、またしても「空中」分解。ユニオンさながらのウェイ、モンクマンの復帰(ライブ)もウェイのみが惰性で残り、BTMの兄(マイルスコープランド)に誘われたのか?S コープランドの参加、この最後の2作はドラムの音量が大きいように思えます(特にAirborne)。専任ギタリストが結構いい味を出してます。現在レパトワよりCD発売中の筈、国内盤もあったか?(これを盛岡で入手した時は嬉しかった)。



01/07/28 14:51:23
名前:
kit

コメント:
関東は涼しくなりましたね〜。本当は、これで平年並らしいんですけど。

>ナウシカ
ジブリ作品は、「トトロ」までは公開時全然当たってないのですが
(劇場で初めてヒットしたのは「魔女の宅急便」)、後でガッツリビデオで
回収してますから、結局はヒットと言えるのではないでしょうか。
…オタク話でスイマセン(^-^;

>となりの山田くん
最初私も期待せずに行ったのですが、バイクに載っての銃撃戦あり、
日本語版「ケ・セラ・セラ」を含めたミュージカルあり、ボブスレーの
迫力あるレースシーンありと、盛りだくさんな内容にビックリしました。
水彩調の色味も、劇場では驚くほどの効果を上げてました。

>yeszanmaiさん
>ゴングジラ
あの〜、ゴングジラって、ゴングと関係あるんですか?(←無知)
ゴングも、私聴いたことないんですよ。
フライング・ティーポット(プログレ専門喫茶店)は行ったことあるんですが(^-^;

>赤影
今日テレビをつけたら王様のブランチで紹介していたので少し見たのですが…ツマラなさそうですね(^-^;
「ダイジョウブ!」のギャグは残っているみたいです>J'ratさん

>5150さん
>徳間康快氏の逝去
大魔人の原案が徳間だとは知りませんでした。
徳間康快氏と言えば、生前に一度話を聞く機会があったのですが、
「戦後は皆、ヒ○ポン打ちながら仕事したもんじゃ!キミらもその心意気で頑張れ!!」と
言ってました。スゴイ人だなあ、と思いました(^-^;

今日はイエスのセカンドを聴いています。
5曲目の「予言者」などは、トニー・ケイが炸裂してますね(^-^)

>CUEVED AIR
エディ・ジョブソン参加のアルバム(タイトル失念(^-^;)が欲しいのですが、
全然CD化されそうにないですね。ブートでも見あたらないのが残念です。



01/07/28 11:12:36
名前:
J'rat

コメント:
 ダリル・ウェイ&ウルフをやっと聴きました。アルバムの前半はあまり感心しなかったのですが、後に行くほど良くなります。"Wolf" や "Cadenza"、そして終曲の「悲しみのマクドナルド」が良かったです。プロデューサーのイアン・マクドナルドに捧げたこの曲は美しいですね。
 こうなったらカーヴド・エアも聴いてみないわけにはまいりません。

>赤影、
 ダイジョウブ! ...というギャグがあったのを思い出しました。でかいガマも出てきましたっけ?
 なんだか油断できない映画のようですね。映画では Red Shadow! とか言ってかっこつけてました。音楽もかっこよかったです。

>スターキャッスル、
 マーキーから登場ですか! 何はともあれおめでたいですね。これで聴ける人が増えます。輸入盤は大手インターネット通販とかでも扱うんでしょうか?

>ピッキオ・ダル・ポッツォ、
 なるほど「イタリアのハットフィールド&ザ・ノース」と言われていたバンドだそうですね。...スミマセン、今調べました。(^^ゞ

>セレビィ、
 昨夜、東京駅近くのポケモンセンターに寄ってゲームボーイアドバンス限定版「セレビィ・グリーン」を購入してしまいました。確かに緑色しています。CPUは8ビットだったのが32ビットに進化しているんですね。とりあえずゲームボーイカラーのカートリッジしかないので高性能は体感できませんが...。



01/07/28 08:36:43
名前:
案山子

コメント:
赤影は京都の桂にある市場で魚屋さんをしていました。
もう、20年も前のことなので、今は引退してるかも知れませんが・・・・。

5150さんは、やはり年齢不詳です。



01/07/27 23:54:32
名前:
5150

コメント:
その昔、豊臣秀吉が木下藤吉朗だったころ
琵琶湖の南に金目教という宗教が流行りだした(中略)
そのため藤吉朗は、飛騨の里からある忍者を呼んだ。
その名は・・・・・・・赤影参上!!

確かこんなナレーションだった気がする・・・

どうも往年のヒーローを現代風に味付けしてリメイクすると大コケするという、
映画関係者以外のすべての人にはわかっているが、映画関係者だけがわかっていない
皮肉な不文律があるのですが、赤影はそのジンクスを破るのでしょうか?
思えばこれは「有料で悪者を倒す月光仮面」「妙にコワイ8マン」と続いていました。

大魔人は、徳間書店の徳間康快氏の逝去と共に企画も流れたそうですが
前述の二作品も徳間氏の企画だったことを思うと(以下略)



01/07/27 23:54:51
名前:
yeszanmai

コメント:
暫く主夫業に勤しんでいたのですが、
今週久し振りに仕事に出ました。
小学校が仕事先だったのですが、最近の小学生はホームページ作成なんかを
学校で習うんですね。うらやましい。

ゴングジラのライヴ盤が出るようです。楽しみ。
それから皆様の予想通りスターキャッスルのクロノスがマ−キーから出ます。高い。
それからイタリアのバンドなんですが、ピッキオ・ダル・ポッツォのスタジオライヴも出ます。
ピッキオはカンタベリー風なのでお薦めです。



01/07/27 22:56:27
名前:
from USC

コメント:
「仮面の忍者赤影」は大好きでした。

大学生時代に同世代の(あたりまえか)同級生がビデオを借りてきて一緒に見ましたが、時代考証がハチャメチャでそこに大爆笑した覚えがあります。敵方に潜水艦が出てきて艦内で扇風機が回っているんです。いやーおかしかった。
赤影の役者は目元が涼しくてかっこよかったですねえ(これは子供の時の印象と変わりませんでした)。



01/07/27 17:57:01
名前:
J'rat

コメント:
 本当に秋のような涼しさですね。また暑くなるのでしょうが、ひとときの安息ですね。

 きのう、ポケモンの映画「セレビィ」を見に行ってきました。映画館の中は子供ばかりでしたが、作品はなかなか良く出来ていました。最後のほうではちょっと泣きそうになってしまいました(最近なんでも涙もろいのですが)。驚いたのが、巨大化した(?)セレビィのCGの見事さでした。劇場の大画面だったこともあって圧倒的な迫力でした。
 あと「オーキド博士が○○だ」という秘密を仔ラットに話すのですが、頑として聞き入れてくれません。子供には許せないことなのでしょうか?

 予告編で「千と千尋の神隠し」をやっていましたが、これは素晴らしそうですね。ポケモンもかなわないでしょう。TVCFとは別の予告で、もう素晴らしさがにじみ出て溢れていました。絶対観に行きます!

>kitさん、
 オフ会、残念です。お仕事のピークに当たってしまったんですね。また9月にもやりますので、ぜひどうぞ!
 「隣の山田くん」がベストだとは驚きました。私は結局見ていないんです。私にとってはやはり「ナウシカ」などのヒロイックファンタシィが一番になります。ああいうSF的なものは受けないんでしょうかね?
 そうそう、大魔人ではありませんが予告編で「赤影」をやっていました。まじめなのかパロディなのか良くわかりませんでしたが、いまどき忍者映画というのが嬉しいですね。オーケンさんとかも出ているのでしたっけ?

>にいはおさん、
 せっかくのMIDIデータ、残念ですね〜。しかも2度目だなんて...。「身の程知らずな曲」ですって? いったい何の曲を作ってくださっているのでしょうか。「地中海物語」か「二重えくぼ」でしょうか。ともあれ、楽しみにかつ気長にお待ちしていますので、めげないでください。

>プログレ者の配偶者、
 ボサノバかヘビメタかというと、わたしもCHIPMUNKさんちのほうが平和な感じがします。ワンダレイ、早く探さなくっちゃ。
 でも、音楽好きというだけでもうらやましいです。無関心と言うのも寂しいものですので...。

>魔女の宅急便、
 荒井由実では外国ではわかりませんもんね。シンディー・ローパーか何かでしょうか?

>ふらじゃさん、
 DVDの価格には心動かされますね。私はPCでしか見れないので大丈夫ですが、気軽に買える値段なら、ぜひコレクションしたいです。まずPS2を買うのが先決ですが...。
 ルカサーのソロ、楽しみですね。TOTOっぽいんでしょうか、それともギターキッズの教本のようなアルバムでしょうか? ぜひ感想をお聞かせくださいませ。



01/07/27 16:42:53
名前:
ふらじゃ

コメント:
きょうも比較的涼しいですね、今までの暑さを思えば天国です

イエスの紙ジャケで前回買い逃がした「ソングス」「危機」を買おうと
2〜3件まわってみましたが「ソングス」はどこにも置いてませんでした
再入荷は来週中ごろだそうなので「危機」も一緒に買うことにして予約
しました。
で、手ぶらで買えるのもしゃくだったので中古屋さんにいってみたら
スティーブ・ルカサーのソロアルバムが、激安で置いてたので「キャンディーマン」
と「ルーク」を買ってきました。さて音はどんなでしょう?

DVDの洋画って安いんですねぇ、物によってはロードショーと変わらない価格で
びっくりしました。しかも吹き替え音声入りの物まであって、ついレジに行きそう
になるのをグッとガマンしました



01/07/27 13:22:14
名前:
from USC

コメント:
案山子さん、どうもありがとうございました。
こちらのブエナビスタ版、宅急便は荒井由実ではありません。改悪ですね。

夏風邪引いてしまい薬飲んだら抗ヒスタミン剤のせいで(特に私には副作用の眠気だけが強く出るようです)帰宅後ちょっと眠ってしまいまして、次女の体当たり攻撃で目覚めてしまいました。

さておき
近所の住人がU2 Actung babyを大音量で鳴らしてます。よく解ってるじゃねーか。これぞ最高傑作!。一般のアメリカ人ならヨシュアかBeatiful dayなんだろうけど。



01/07/26 22:06:29
名前:
案山子

コメント:
>from USCさん
>ジブリアニメの特徴 「父親役は眼鏡をかけている」
それが、今回はかけてないんですよ!雰囲気体育系!
お父さんだけじゃなく、お母さんも千尋も今までのイメージとはずいぶん違います。
マンネリになってないところがエライ!

>CHIPMUNKさん
>ボサノバはうちのカーチャンの守備範囲なのです。じつは私よりもCD多いかも。
えええーーーーー!それは凄すぎますよ。
CHIPMUNKさん のCDの量って半端なレコード店よりも多いんじゃないんですか?
それ以上に、奥様のCDが!・・・・まさかボサノバだけで?南米系か、ジャズ系とか・・・・。
想像できないですね・・・・・。
でも良いですよねぇ。ご夫婦で「今日は暑いから、ワンダレイでも聴こうか?」とか。
う・う・美しい〜〜〜〜。
うちの夫は一昨日メガデスのライブに行って来て「うるさくて、まだ耳が聞こえへんわぁ〜〜〜〜」
と、言ってました。とても歩み寄れない!理解し合えない!誰か何とかして!

>にいはおさん
>「10代」「夏」「パープル」、このキーワードで何か鮮烈な思い出をお持ち、と見た!
う〜〜〜〜ん。夏ではないかも知れませんが・・・・
「リッチーがパープル抜けたんだって!」
そんなことをまるで天下の一大事のように騒いでいた時代がありましたね。



01/07/26 21:54:17
名前:
にいはお

コメント:
ぎゃああああああ。
またデータが飛んだあ。

突然ハングアップして、電源落とすしかなくなって、
再度立ち上げたら、今度は全パートみんな飛んでたあ。

リカバー用のフロッピーから読み込んだら、わああ、
これ取ったところからだいぶ作業が進んでたみたい。
またやり直しだあ。あ、苦労したところが抜けてるっ!

なんか祟られてるなあ今回のファイル・・・。
身の程知らずの選曲がまずかったのかなあ。

店主様、やり直します(これで2回目)。



01/07/26 10:14:07
名前:
ふらじゃ

コメント:
今朝は涼しかったですねぇ、開けてた窓をつい閉めてしまいました
横浜は今も曇ってて、いつ降り出してもおかしくない天気です。

久しぶりにアリス・クーパーのライブを聞きながらの出勤でした。
この人の声も衰えませんねぇ、まあもともとが枯れた声だったので
気にならないともいえますが(^_^;
一時期は極度のアル中で入院までした人なので、現在の活躍ぶりには
脱帽です。



01/07/26 03:35:06
名前:
kit

コメント:
関東は、昼に土砂降りになって一度晴れたと思ったら、
夜も土砂降りになりましたね。
少し涼しくはなりましたが、私は濡れratになりました(^^;

>ジブリアニメ
私が一番好きなのは、「となりの山田くん」ですね。
あんな淡々とした話を劇場の鑑賞に耐えるモノに持っていった力量は
凄いと思うのですが、全然評価されませんでしたね。

>「千と千尋」の観客
私の知り合いが見た時(試写会)は、ほとんど子供だったそうです。
予告で来年の新春映画「ゴジラVSハム太郎」(←微妙に間違い)の
予告が流れたら、皆大喜びで(ハム太郎の)主題歌を合唱していたとか。

そういえば、「ゴジラ」ってハリウッドで映画化されて大コケしましたけど、
「大魔人」と「鉄腕アトム」の実写映画化(INハリウッド)って、
どのぐらい進行してるんでしょう?

あ、あと、8月頭〜中旬は激烈に忙しいことが確定しました。
オフ会出られません。ゴメンなさい。>J'ratさん


え〜っと、プログレの話題は…((c)ふらじゃさん)



01/07/25 14:25:39
名前:
J'rat

コメント:
 今日は曇っていて、日差しがない分しのぎやすいです。雨がぽつぽつしてきましたが、まだ本格的ではありません。暑さで地上に届く前に蒸発してしまったのかもしれませんね。

>スノーグース、
 昨夜、読み終わりました。なるほどいい作品ですね。短すぎて残念なくらいです。文庫本は短編集なので、残りの作品も読みましたが、いずれも感動的でした。作者の、人間や神や信仰の力を信じている姿勢が良く伝わってきました。キャメルのスノーグースを聴きながら、もう一度読んでみなくては!

>BJH の "Once Again"、
 今朝、聴いてきました。いきなりメロトロンの音が聴こえてきて、キングクリムゾンかと思ってしまいましたが、かなりプログレしていますね。なるほど初期がこういうアルバムだったので、プログレに数えられるわけですね。名曲 "Mocking Bird" は大作の中の曲だったこともわかりました。
 オーケストラの監督(?)に、Enid のゴドフリーの名がありました。確かに、複雑で味わい深いアレンジです。最後の曲でアラン・パーソンズがハープ(?)でクレジットされているのですが、一回聴いただけではわかりませんでした。いずれにしてもやっとEMI期のアルバムを聴けて大感動です!

>映画、
 いよいよ疲れたので、明日休みを取ってポケモンを見に行こうかと思います。「千と千尋...」は別の日に。
 そうそう、5150さん、先週末仔ラットたちが東京駅のポケモンセンターに行ったら、セレビィとスイクン仕様の特別なゲームボーイアドバンスを売っていたそうです。これは魅力的ですよね〜。昨日、普通のアドバンスを買おうとしたのですが、まだソフトが少ないようです。ドラえもんやスーパマリオでは食指は動かないですし。何かいいソフトありませんか?

>家庭内民主主義、
 うちも民主主義じゃないです。でも民主主義になっても、多数決で勝てないです。息子はマザコンに育てられてしまいましたので...。結局家庭内奴隷制は続くのでしょうか? 「スパルタクスの反乱」してもだめでしょうね〜。

>雨降らし作戦、
 日本でもまさに検討中のようです。ヨウ化銀か何かを上空で撒くんでしたっけ? でもにいはおさんのおっしゃるように自然を制御するのは危険そうですね。どこかで大きなツケが回ってきそうで...。昔ながらの雨乞い程度にしておいたほうがよさそうです。中国には良く効く秘法がありそうですね。

 とか言っているうちに土砂降りが始まりました。これで涼しくなると良いのですが。



01/07/25 13:55:39
名前:
にいはお

コメント:
ここ何日かの北京は、過ごしやすいです。雨、降ってるから。
ただし、公式発表はありませんが、人工的に降らせているらしいです。
ここと、隣りの天津地区の水枯れ措置として。
上空で、雨滴の核になる物質を撒布すると、落ちてくる間に空気中の
水分をたくわえて、下界に着いた時は雨、という理屈。
自然や神に対する挑戦、などと言うのは止めにしておきましょう。

>案山子さん。
ワンダレイのソロは、そんな事はありませんよ。オレが、オレがみたいなことは
決してありませんが、大人の自己主張はしっかり聴き取れます。
左手の、コーラスかビブラートのかかったバッキングが場の雰囲気をいやがうえにも
「冷房の効いた」空間に引きこんでくれます。そこに右手の、パーカッションの効いた
音色がソロに、コードワークにと走り回って、ボサノバ音楽としても、また、
「由緒正しいオルガンの音」の聴ける音楽としても、楽しめます。

ところで・・・夏になるとなぜかD.P.を聴いてしまうとか。
「10代」「夏」「パープル」、このキーワードで何か鮮烈な思い出をお持ち、と見た!
えーそれでは、みつるく・・(やめろ、呼んでない)。



01/07/25 12:49:46
名前:
CHIPMUNK

コメント:
こんちはー! しっかし曇ってても暑いですね。なんだかメマイがしそう。

>にいはおさん
ボサノバはうちのカーチャンの守備範囲なのです。じつは私よりもCD多いかも。

>J'ratさん
行革は財務だけではないのれす。三権のうち司法と立法が握られててこっちは行政つーか下働き専門です。
そうか、民主主義じゃないんだ、うちは! がーん。
そうか、会社いっても同じだ、がーん。



01/07/25 12:21:53
名前:
from USC

コメント:
ジブリ作品、早く日本で見たいです。
今一番見たいのは宮崎作品ではないけれど「おもひでぽろぽろ」かな。山形の情景美しすぎ。

ジブリアニメの特徴
「父親役は眼鏡をかけている」ああアニオタみたい。



01/07/25 08:27:06
名前:
案山子

コメント:
>5150さん
お久しぶりです。
「千と千尋の神隠し」は確かに大人の観客が多かったです。
内容も大人向きの映画といえるかも知れません。
下の娘は「ポケットモンスターが見たい!」と頑張っていて、長女は「絶対、千と千尋」!というので、
別々に見るかどうしようか迷ったんですよ。でも、「映画で見ない方はヴィデオを買おう」というと
下の娘が「後で何回も見る方がいい!」と、あっさり引いたので驚きました。
と、いうわけでヴィデオが出るまではポケモンは見られないんですよね・・・・。
でも、なんか、すごく見たくなってきた。

>ワンダレイ
は3枚見つけましたが、曲が思ってるのと違ってたので、今回はパスしました。
で、冷房のきいた百貨店、キーハンターの喫茶、上野駅前のハンバーグランチとかある喫茶店 ・・・
はお預けです。
アストラッド・ジルベルト2枚と、ジョアン・ジルベルト、アントニオ・カルロス・ジョビンを
買ってきました。大学時代、一時ボサノバにはまって思いっきり聴いたんですよね。
驚いたことにアストラッドのバックでワンダレイがオルガンを弾いてるんですよね!
これ、全然気づかなかったなぁ!と、じっくり聴いてみると・・・出来るだけ目立ちたくない・・・・
できればだれも弾いてることに気づいてくれない方が良い・・・・というオルガンで・・・
これは印象に残らないなぁーと妙に納得しました。
ソロでもこんなんなんだろうか?又、探してみよう!



01/07/25 00:17:35
名前:
5150

コメント:
ちなみに子供連れの観客はどこへ流れてたかと言うと
「ポケモン」でもなく、ましてや「千と千尋」でもなく
「AI」と「ドクタードリトル」でした。

ちゃんちゃん♪



01/07/25 00:12:57
名前:
5150

コメント:
土曜の夜はドリフが終ったらすぐに寝るいい子だったので
キイハンターもアイフル大作戦もバーディ大作戦も、ましてやザ・ガードマンも知りません。
夏休みのお昼にやっていた再放送なんかも観ていないですよ、本当です。

「千と千尋の神隠し」か「ポケットモンスター」のどちらにしようか決めずに
今日子供達を連れて映画館へ行って来ました。
流行に翳りの出てきたポケモンと、宮崎翁の新作とでは圧倒的に後者が混雑していました。
ただ「千」の客層に子供連れがほとんどいなかったあたりが非常に興味深いところではありましたが。

というわけでポケモンですが、前評判のように「妙にエコな説教臭い作品」だったらどうしようと
思ったのですが、実際観てみると決してそんなことはなく、
むしろ、ポケモンの世界観における「禁じ手」を遂に出しちゃったなって感じの作品でした。
やたらと陰鬱だった前作よりは格段にいいな、と思いました。
「千と千尋」の混雑に参ってしまった方は、ご覧になってはいかがでしょうか
やたらとテンションの高い佐野史郎の「はっはっはっはっはっはっはっは!!!!」だけでも
一見の価値ありです。



01/07/25 00:00:23
名前:
にいはお

コメント:
腰痛のことが会社でも知られて、「またですか」とか
言われました。
ここに遊びに来るようになった2000年1月より前に、一度
ぎっくり腰で、会社でしばらく話題になったことがあり
(もちろん、面白がる方の話題)、それをみんな憶えていた
みたいです。早く治したい。

>無国籍
世界が舞台だったからか、70年代サイケ色がそう思わせてしまうのか、
確かに日本調ではありませんでしたね。一番強烈なのが沢たまき主演の
「プレイガール」か?
日本調でない、と言えば60〜70年代の特撮映画(東宝・東映・大映等)で
なんか外人の出演者が必ずいたような気がしますが、あれは何でだったのかな?
だいたいどっから調達して来たんだろ?

>ファイヤーエンブレムシリーズ
あ、これはやってないや。AUKENさん、これって、ロープレ?

四人囃子のラストアルバム「NEO-N」を聴く。
曲が全部Nの頭文字から始まったり、調律が一曲ごとに1Hrzづつ上がっていったり、
LPの時は透明な盤だったりと「?」だらけの作品でしたが、クオリティは
高いです。岡井大二と言う人は、味付けの巧いドラミングをする人ですね。



01/07/24 18:09:24
名前:
J'rat

コメント:
 昼間に外出したら暑さに当たってしまいました。頭がくらくらしています〜。

 外出ついでに神保町の三省堂に行って、ようやく新潮文庫の「スノーグース」をゲットしました。ちょっと読み始めましたが、良さそうですね。孤独で体の不自由な画家と少女の出会いから、戦渦に巻き込まれていくところです。わくわく。

 おまけで神保町のdiskunionに行ったら、Barclay James Harvest の "Once Again" の中古CDがありました。ハーベスト期の2ndですね。すかさずゲットしました。そうそう、CHIPMUNKさんの掲示板にお邪魔したら、BJHファンの方がいらっしゃいました。熱心なファンの方は多いんですね〜。あ、本当は「リバイバル」を探しに行ったんでした。なかったですが...。
 さらに最近紙ジャケになった「ダリルウェイウルフ」のプラケース盤中古を買いました。レジに持っていくと、なにやらYesの「危機」や「リレイヤー」の再発紙ジャケを包装して準備中でした。とうとう、再発なんですね。



01/07/24 16:48:55
名前:

コメント:
キーハンター
最近、TVでやってませんでしたっけ(見てないけど)?
トリロジー
再発盤と既発盤の比較視聴をしました(CDだけ)。所有しているのは、Victory国内盤
(廉価版になる前のやつ)、紙ジャケ、Mobile Fidelity盤、Castle再発盤の4種。
Castle再発盤は、中音域を強調しているがその中音域の音質がノイジー。ちょっとひずんだ感じ。
紙ジャケは、全体のレベルが上がっていて冒頭のノイズが盛大。例によって低音持ち上げすぎですが、
頭脳改革ほど聞きにくくはないといった感じ。中音域はCastle盤より聞きやすい。
Victory国内盤は、音域的なバランスが良い。かなり聞きやすい。
Mobile Fidelity盤は、バランスが良いのに加え、アナログ的なやわらかさがあるのでBEST
(ちなみにGold CD)。
といった感じでした。わたし個人の意見では、入手可能なものではVictory国内盤が一番かなぁ?
ちなみにアトランティック・イヤーズも聞きましたが、トリロジー収録曲については、
Victory国内盤とあんまりかわらなかったです。
あーまた、Final Editionじゃないんだぁと思ってしまいました。
でもボーナストラックがあるからいいか(←と自分を慰める)。
それにしても頭脳改革再発盤、見つかりません。



01/07/24 14:16:36
名前:
ふらじゃ

コメント:
キーハンターとは懐かしいですねぇ、無国籍な雰囲気のあった番組でした。
良く見てたわりには話しの内容を思い出せません。役者さんは覚えてるけど
役名も覚えてませんなぁ・・・ハードなアクションはもっぱら千葉真一が受け持ってた
のだけ鮮明に覚えております。

昨日に引き続き今日もELPを聞いて来ました。単に机の上にCDが置きっぱなしになってるだけ
でなのですが、本日は「トリロジー」でした。
一連のELPアルバムの中でこれだけは少々異質な感じがしますね、上手く言えませんが
細かい音を大事にしてる様で、感性にまかせて演奏してる部分が少なく思います。
このアルバムからのライブレパートリーが少ないのも判る気がします。



01/07/23 23:33:39
名前:
毛糸

コメント:
彼らの求めるものは自由
願うものは平和
彼らはこう呼ばれた(♪ちゃーんちゃーんちゃーんちゃーん)
♪あーーあの日愛したひーとのー(毎度すんませんっ)

>ワンダレイ
冷房のきいた百貨店、キーハンターの喫茶店
見事だぁ・・・・・・・・
んではわたくしは冷房のきいた上野駅前のハンバーグランチとかある喫茶店
心斎橋でも可(気にしないでくださいっ)
こりはやっぱボサノバになるんでしょか?
キッチュなサウンドでありますぅ
耳にすると一瞬スタジオミュージシャンが小遣いかせぎにやってる
スーパーのBGMかぁ?てな感じですがぁ
違うんだなぁ味付けが



01/07/23 23:09:16
名前:
AUKEN

コメント:
>プレステ2
私もティアリングサーガをやりたいがために近日中に買おうかなと思ってます。
FF?じゃ無い所がマイナー嗜好でプログレッシャーな感じですね(?)
にいはおさんもティアリングサーガはじめファイアーエムブレムシリーズをぜひやってみてください。
絶望的に時間がつぶれます(^^;
難しいかもしれないけど、はまるとやみつきですー。



01/07/23 22:09:35
名前:
案山子

コメント:
>にいはおさん
腰痛は安静が第一ですよ。どうぞお大事に。

>ワンダレイ
は、聞いたこと無いですね。
ボサノバ=ギターというイメージがあるけど、意外とオルガンも合うかも知れないですね。
聞いてみたいです。
いずれにしても夏にボサノバはピッタリきますね。
取りあえず、ジルベルトさんでも・・・・・と思ったら・・・・・無い!!
明日はタワーレコードかな?

>ふらじゃさん
>「21世紀の…」シングル
んんんんんーーーー。明日はタワーレコードですね。

『夏になると何故か聴くもの!』
これが、意外にもDEEP PURPLEなんですよ。
中学高校時代よく聴いた割りには「友達が持ってるから借りて聴こう・・・」
と、いうパターンで「ライヴ・イン・ジャパン」以外はそれほど聞き込んでないんです。
で、今聴くと逆に新鮮!今日はSTORMBRINGERの1日でした。



01/07/23 19:51:57
名前:
にいはお

コメント:
雨にも負けず、風にも負けず、腰痛にも負けずに
昨夜は徹夜の仕事でした(実話)。こういうことも、あるのです。

>ワンダレイ
おお、CHIPMUNKさんもご存知でしたか。嬉しくなると同時に、
改めて守備範囲の広さに敬服しております。
しかも「冷房の効いたデパート内」とはまた巧い言い回しを・・。
ならば私は「冷房の効いた、キーハンターかGメン75に出てくる喫茶店の中」と
しておきましょう(意味全く不明)。
店主様、ブラジルのコーナーか、ボサノバのコーナー辺りを根気よく探せば
見つかると思います。
ちなみにこの人、一度広島に来ています。こともあろうにFF(フラワーフェス)なる
ローカルなお祭りに呼ばれての広島入りだったようです。どういう人を呼んだのか、
そこのところちゃんと分かっとるんだろうなあ主催者。
なお、その年のFFイメージガールは石川ひとみでした(またどうでもいいことを)。

らくだ進君へ。あ、FF10、買ったなっ!僕なんか衝動買いしたくても
買えんのに、う〜ぬぬぬ、許せん。
FF7、8、9、タクティクス、全部2回クリアしたぞ。
他にやること、ないからだっ。どうだ、わははは(半ばヤケ)。



01/07/23 19:18:07
名前:
kit

コメント:
ホント、暑いですね。汗かきの私は、頭からバケツで水をかぶったような状態になります。

>宮崎駿監督引退
アニメ関係者の知り合いに聞いたところ、「ルパン三世〜カリオストロの城〜」のころから、
「これ終わったら引退する」「これ終わったら引退する」と延々言い続けているそうです。
単なる口癖みたいなので、真に受けない方が良いでしょうね(^^;

>にいはおさん
>腰
私も腰をやったことがありますが、あれはキツいですよね。
朝寝床から起きるのさえ苦行でした。お大事に。

>ふらじゃさん
>「21世紀の…」シングル
5バージョン収録ですか。確かYFFCの会報に書いてあったのですが、
6人クリムゾン編成の時ライヴで演奏したらしいので、それも収録してほしかったですね。



01/07/23 15:29:09
名前:
ふらじゃ

コメント:
いやぁ〜ちょっと外に出ただけで汗が噴出してきますねぇ・・・
CD屋さんに行ったけど頭がぼーっとして何も買えませんでした。

CMで話題になったクリムゾンの「21世紀・・・」に便乗して5ヴァージョン入り
シングルがリリースされるそうです
中身はエディット、オリジナル、ライヴ(69、72、74年)の5種だそうで、
数年前輸入盤で出てた物と同じみたいですから、オリジナルと言ってもアルバムに
入ってたイントロの風の擬音?はカットされてます・・・たぶん

>PS2
今月から本体価格が値下げされたんでしたっけ?
今使ってるPS1が壊れたら買い換えようかなと思ってますが、なかなか壊れないものですね



01/07/23 15:09:11
名前:
J'rat

コメント:
 まったく暑いですね〜。今朝は暑くてヘッドホンをかける気になれなくて、オンガクを聴けませんでした。会社に来ても仕事をする気になれません、ってこれはいつもか...。(^_^;

>うちも行革したいよー。(謎)
 もしかして大蔵省(今はなんて言うのでしょう?)のコトですか?

>千と千尋の神隠し、
 「もののけ姫」を超えましたか! 我が家では妻ラットと仔ラットだけで行こうとしています。絶対、一緒に行かなくては!

>らくだ進さん、
 プレステ2とFFXの一気買いですか! 私もしたいです。最近、プレステ2のハードが変わって、DVDコントロール用のリモコンが別売になったそうですね。どちらを買われたんですか?

>ふらじゃさん、
 タルカスと言えば「アクアタルカス」ですね。みゃ〜、みゃ〜♪



01/07/23 10:04:53
名前:
ふらじゃ

コメント:
今月、30度を超えなかった日は未だ2日しか無いそうです
こう暑いと洗車する気力も出てこないですねぇ・・・
夕立でもいいから雨降ってほしいです

今朝はELPの「タルカス」が通勤の友でした。
久しぶりに聞きましたが、良いですねぇ〜耳に馴染んだ音楽は
暑くても平気で聞けます(^_^;



01/07/22 22:27:55
名前:
らくだ進

コメント:
暑いっすねー。世の学生さん達は夏休みですかぁ。
羨ましい。学生に戻りてー。

昨日、プレステ2とFFXを衝動買いしてしまいました。
すごいですねー。DVDロム。髪の毛一本一本が動いて不気味。
主人公の男のキャラが受け付けられないけど、内容はおもしろいです。
ヒロインの娘が良いカンジ。


にいはお師匠

腰は大丈夫でしょうか?かなりヤバそうですが・・・。
あまり動くことができませんね。
そんなときは、ゲームでもやりましょう!
FFXオススメです。
私は同時にドラクエ7を進めています(発売日に買ったのにやってなかった・・・)。


トニー系

いですよねー。彼のオルガンはワイルドだけど、どこか品があります。
アナグマジャケットのBADGERはオルガンだけじゃなくてシンセもバリバリ聞こえますが。
今の時代、リックよりもトニーですよ♪



01/07/22 16:22:51
名前:
案山子

コメント:
>ポール・ギャリコのスノーグース
読みました。BGMはもちろん、キャメルです。これは泣きますよ。
物語の力って、凄いなぁーー。このアルバムがもっと好きになりました。

>千と千尋の神隠し
大人には分かりにくいのですが、子どもにとってはかなり辛い場面が最初の方にあります。
そのせいでかえって物語の中に入り込んでいけるのですが、
わたしは小学生未満の子どもにはあまりお薦めしたくないです。
娘達は、まるで自分が千尋になったみたいに悲しかったり、感動したりして夢中になっていました。
わたしは「これは完全に『もののけ姫』を越えた!」と思ったのですが、
夫は「同じくらいかな?」「でも、文句無しに素晴らしく良くできてる。」と、言うことです。
この3日間、家族そろってもうその話ばかりです。
物語はもちろんですが、美術が素晴らしいんです。絶対に後悔しないから、是非見て下さい。



01/07/22 11:55:56
名前:
CHIPMUNK

コメント:
こんにちはー、どこへも出かけられないCHIPMUNKですぅ。うちも行革したいよー。(謎)

>ワンダレイ
にいはおさんの話題にばっかりくっついててすんません。(^^;;;;
うちでもこのところ定番です、ワンダレイ。冷房の効いたデパートみたいな雰囲気になっちゃいますが...
わたしも以前腰を少し痛めましたが通院してなんとかなりました。わたしの場合は完治するのにけっこう時間がかかりました。お気をつけくださいね。

うちにもSTARCASTLEが着きました。血沸き肉踊るとはこのことです。(^^)



01/07/22 11:34:40
名前:
J'rat

コメント:
 暑いですね〜。思いっきり「夏。」と言う感じです。無意味な句読点、付けるな〜!

 やっと仕事が終って、昨日は爆睡してしまいました。普段デスクワークなのに、3日間立ち仕事だったので、体がしんどいです。

>にいはおさん、
 腰、たいへんな状態なんですね。医者や整体には行かれましたか? つらそうですね。本当にお大事になさってください。

>千と千尋の神隠し、
 毛糸さんのお話を読むと、小学生の頃、親父に薦められて読んだ山本有三の「路傍の石」っぽいのかと思ってしまいました。宮崎監督の年代的にも、ありうるのかもしれません。アニメの作品自体を見ていないので、違うかもしれませんが...。

>スパルタカスのCD、
 1000円ですって! よくもまあ中古で出てきましたね!! 私は中古で見たことはありません。あと、ポンペイの帯、楽しみにしています。ぜひぜひ公開させてください!

>マリー・セレスト号の悲劇、
 たまたま昨夜のテレビでドラマ版「金田一少年の事件簿」をやっていまして、このミステリーがテーマになっていました。にいはおさん、良くご存知ですね。にいはおさんも海の男なんですね?

>ふらじゃさん、
 扇風機も出してなかったんですか? がんばりますね〜。心頭滅却すれば...。
 音楽ネタ? 松岡直也の "DANZON" というアルバムに「カザノバ・ファン」という扇風機かウチワみたいなタイトルの曲がありました。これも夏向きですよ。

>ワルター・ワンダレイ、
 聞いたことありませんでした。オルガンで夏サウンドですって? CD屋さんではボサノバのコーナーになるんでしょうか?

>村松健の「+BLUE」、
 去年教えていただいて買ったCDを久しぶりに引っ張り出してきました。かけたら少し体感温度が下がりました。まさに「夏。」という感じですね〜。だから句読点は...。(^_^;



01/07/22 06:38:52
名前:
ふらじゃ

コメント:
にいはおさん、大丈夫ですか?
腰は慢性化するとつらいですから、しっかり養生して下さい

私は完全に夏バテになってます。冷たい物に頼りすぎたツケが来たみたいです
いいかげんに扇風機くらい出さないといかんかなぁ・・・

えーっとぉ、音楽ネタは・・・



01/07/22 01:44:44
名前:
にいはお

コメント:
以前、腰をゆわした、と書き込みましたが
いよいよ末期的症状になりつつあります。
座れなくなりました。直立か、胸をそらしたようにして
座ることしか出来ません。つまり、腰を90度の状態にすると
激痛が走ります。あんなことや、こんなことも出来ません。
今、ものすごい格好でPCに向かっています。
こんな状態で、何故にネットを?

>神隠し
クリップを見るに、自分以外が突然消えちゃう(変身する?)ところから
始まるようですね。
マリー・セレスト号(乗組員全員消滅の船)を思い出してしまった。
昔は学校の本棚には、必ずこんな子供向け・世界の超常現象、みたいな本があって
ワクワクしながら読んでたものですが、今もそうなんかな?

ここでの殆ど唯一の音楽メディアは「CHANNEL V」というアジアン系衛星音楽番組
なのですが、偶然、KIROROの「BEST FRIENDS」(NHK朝ドラ「ちゅらさん」主題曲)を
聴きました。聴き比べるとよく分かりますが、バックでオルガンの音が大活躍しています。
NHKバージョンでは、入っていません。

夏になったので、村松健の「+BLUE」の出番と相成りました。今年はもう一つ、
WALTER WANDERLEY(ワルター・ワンダレイ)なるオルガン奏者のCDも登場させます。
ボサノバ・オルガンの第一人者で、とにかくオルガンの音が涼しい!爽やか!夏!!
「サマー・サンバ」「WAVE」「イパネマの娘」と書いておけば十分でしょう。
VERVE(ヴァーブ)レーベルで見つかると思います。



01/07/22 00:51:22
名前:
sphinx

コメント:
久しぶりに西新宿界隈を流してきました。
「SPARTACUS」独盤CD、廃盤のレア品がなんと¥1000でした。即保護です。
もう一枚は「POMPEII」日本盤LP帯付きです。以前手に入れた「SPARTACUS」
同様「見本盤」ホワイトレーベルというしろものでした。
ジャケも盤も状態は良好です。もちろん、帯はスキャンして送らせて頂きます。



01/07/21 12:46:59
名前:
毛糸

コメント:
こんちわー
今から地域の夏祭りの手伝いですぅ

>千と千尋の神隠し
これは絶対観なくちゃですー
息子からのリクエストは「A.I」娘からのリクエストは「千と千尋の神隠し」
三人揃って「ポケモン」
夏休みの映画館スケジュールでごじゃいます
キューブリックが最後に「人間」とゆうものを題材にいたしましたが
千と千尋〜も(これが最後の作品といわれておりますがぁ)「人間」が描かれている作品だと思いますぅ
「言葉」「名前」(人間の特権ですにゃ)の持つ重みとゆうものを
あらためて考えさせられるのではないでしょか
日々流されて、当たり前になっていくものたちに
いや、当たり前に感じてしまう自分に「待った」をかける
いわゆるひとつの宮崎マジックかちらねん



01/07/21 02:15:07
名前:
J'rat

コメント:
 こんばんわ〜。

>kitさん、
 止まり込み一週間ですって? 朝に仕事が一段落! 私なんか贅沢ですね。お体大事になさってください。お盆進行と言うやつですか?

>デーモン閣下、
 「21世紀の〜」は流行っているんですね〜。あのトヨタのクルマのCM、なかなかかっこいいですね。でもあの排気音って、いい音なんでしょうか?

>千と千尋の神隠し、
 やはりいいんですか! 「もののけ姫」で筆を折ったかと思っていたのですが、宮崎監督は永遠に不滅だったんですね。ぜひ観たいです。あと、ポケモンも!

>ファイナルファンタジーX、
 テレビのCMでよく見かけますが、しゃべるんですよね。主人公の女の子はかわいいし、私もぜひやってみたいです。「グランツーリス3」も「バイオハザード」も、プレステ2で出ていますので、そろそろ買い時でしょうか?
 あと、ゲームボーイアドバンス、この間、電車の中でやっている人を見かけたのですが、画面が精細ですね。これなら欲しいと思ってしまいました。



01/07/20 23:14:56
名前:
にいはお

コメント:
以前、7月20日は港湾関係の仕事に従事している人だけが
休んでおりました。実は私もそうだったんですが。
それにつけても、日本の休日の多さよ。

FFの10がとうとう発売されたようですね、日本では。
しかもプレステ2専用とか。じゃ買わなきゃなんないじゃんか。
ぷんすか。
こっちに持ってきたソフトは殆ど「最低二回」クリアしています。

白人ファンクの「WILD CHERRY」を聴く。スケベったらしく鼻にかかった
Voがとてもファンキー。
でも、この人たち「プレイ・ザット・ファンキー・ミュージック」以外に
なんかヒット曲、あったんかいな?



01/07/20 14:13:36
名前:
案山子

コメント:
>デーモンさんがクリムゾンの曲!!!
聴きたい!!
でBSフジ!
うーーーーーん。うーーーーーーん。
今からアンテナ付けて・・・・・。
それより見られる場所を探すか・・・・。
諦めるか・・・・。

>ベックのTHERE&BACK発見!
だれやねん。Bのとこ入れてるのはーーーー!
エンボス加工したテクスチャーの感じが好きで、思わずジャケットをなで回してしまいます。
サイモン・フィリップスの他に、ここでもヤン・ハマーがドラムたたいてるんですね。

昨日は、これと、ギルモアのソロを聴いてました。
これも最初は「田中雅美のビート・オン・プラザ」で聴いたんですよね。
ずいぶんお世話になったわけです。
THE WALLの映画を見てつくづく「わたしはギルモアのギター好きだなー」と思ったので、
引っぱり出してきました。

関係ないですが「千と千尋の神隠し」はお薦めです。



01/07/20 07:34:45
名前:
kit

コメント:
またやっちゃいました〜。

デーモン木暮→デーモン小暮

です。関係者の方にはご迷惑をおか(以下略)



01/07/20 07:31:24
名前:
kit

コメント:
やっと(今)仕事が一段落しました(泊まり一週間)。今回は途中で夏バテしてしまい、
立つのはおろか、座ってもいられないぐらい衰弱して、キツかったです。
皆さん、夏バテには本当に気を付けて下さいね。

>トニー・ケイ
そういえば、イエスのファーストとセカンドを紙ジャケで買ったのに、
忙しくて全然聴いてません。帰って聴いてみます(^^;
ちょっと蛇足の話ですけど、フラッシュのジャケから考えるに、
イエスのセカンドのジャケはピーター・バンクスがアイデア出した気がしますね。
実際はどうなんでしょう?

そうそう、もうあと1週間弱でイエス紙ジャケ再発ですね。楽しみ楽しみ(^^)
ツアーも始まるし、8月には「HOUSE OF YES」DVD日本版、
9月11日には新譜「Magnification」が出るそうですし、
しばらくはイエス情報に飢えることは無さそうですね。嬉しいことです(^^)
あとは、キーボーディストが決まってくれれば……。

あと、全然関係無いですが、「クリムゾンニュースのHP」によると、
明後日(22日)に、BSフジでデーモン木暮閣下が「21世紀の精神異常者」と
「宮殿」と「Frame By Frame」を歌うそうですね。
う〜ん、どんな感じになるんでしょう?(^^;



01/07/20 01:38:50
名前:
J'rat

コメント:
 やっと仕事から帰って来ました、ホテルですが...。(^_^; ちゃんと接続できました。

>トニー・ケイ、
 う〜ん、ますます聴きたくなってきました。無事帰ったら改めて紙ジャケを聴きましょう。
 紙ジャケと言えば、今日秋葉原に行ったついでにCDプレイヤーを見たのですが、HDCD対応プレーヤーは2機種しか置いてありませんでした。1つは以前きゃらっくさんが言ってらっしゃったと思しきCD-Rとのダブルドライブのマランツで8万円。もうひとつはデンオンの高級機で12万円。高いですね〜。もっと安いの出てないでしょうか?

>LANとダイヤルアップ、
 う〜ん、よくわからないのですが、ダイヤルアップの設定を全て外してみてはどうでしょうか? GEKKOエンジンの新Netscape 6.xは起動とか遅くないですか? 私は未だに4.7を使っています。

>スノーグース、
 え〜、泣いちゃうんですか? 良さそうですね。
 今日、小さな本屋さんで、2軒見てみましたが置いてありませんでした。古くても新潮文庫はあるはずですので、今度はもう少し大きな本屋さんを回ってみます。

>三連休、
 中国はお休み少ないんでしたね。失礼しました〜。オリンピック開催記念休暇なんてできると良いですね。私は明日も朝から晩まで働きますんで、お許しください。



01/07/19 21:44:34
名前:
ホイトル

コメント:
今見てみたら、私の持ってるのは紀州の駱駝さんのものと同じもののようです。
「平成9年1月1日発行」とあります。
確か新聞の「文庫紹介」とかいうコラムに
この「スノーグース」文庫版が紹介されているのを見て
「おお!」と思い、速攻で買ってきたものです。



01/07/19 18:48:50
名前:
にいはお

コメント:
>紀州の駱駝さんへ。
YAHOOの検索で調べてみたら(キーワード:ポール・ギャリコ、ヒット:1350件)私の買ったのは
角川文庫版でした。訳者は同じでした。表紙(金子國義画)が何となくエロチックだったな。



01/07/19 17:07:28
名前:
紀州の駱駝

コメント:
>スノーグースの小説版
さすがに既に読まれてる方が多いですね。皆さんの書き込み、嬉しかったです。
でも、今まで自分自身が読んでなかったことに、Camelの大ファンを公言してる身としましては多少恥じらいも感じております、です。^^;

にいはおさんがお持ちの本と、私が今回購入した本とは明らかに別物ですね。「訳者あとがき」には残念ながらCamelのことは書いていませんし、同収録は「小さな奇跡」と「ルドミーラ」の2話です。
高校生の頃に、多分にいはおさんがお持ちの「スノーグース」を探し回ったのですが見つからなくてあきらめてたのでした。
で、今回文庫本で出版されてることを知って早々に購入したわけです。

>J'ratさん、案山子さん。
1997年出版ですので、もしかしたら近くの本屋さんには置いてないかもしれませんが、amazon.co.jpでも購入できますよ〜。(1週間程度で届きました。)



01/07/19 13:16:09
名前:
にいはお

コメント:
あ、そうか、日本は3連休なのか、明日から。
店主様の書き込みを見るまで気が付かなかったぞ。
ここにいると、わかんなくなるんだよな、日本の休日が。

>スノーグースの小説版
かなり昔にやっぱり買いました。高校か大学の頃だったと思うから
もう20年くらい前のことになるのか。
後ろの「解説」の部分に、キャメルの事も触れてありましたよ。音楽化した、って。
同収録で確か「七つの人形の恋物語」とかなんとかいう作品があったと記憶しています。

>トニー・ケイ
がちょ〜ん・・・あ、これは谷啓。
さいざんす・・・あ、これはトニー谷。
無理して言うほどのことじゃなかったか、くそっ。

通説ではオルガンの音を追求し、シンセの導入には消極的だったとして
イエスを脱退、とありますが、その先入観で聴くと、「THE YES ALBUM」での
プレイがなんとなく苦悩に満ちた、暗い音に聞こえますね。



01/07/19 12:28:44
名前:
J'rat

コメント:
ほんとに蒸しますね〜。

世間は明日から三連休ですが、私は今日から二泊三日の泊り込みでお仕事です。ノートPC持参なので、夜にホテルから書き込もうと思います。

では、まいります。

仕事なんて、だいっ嫌いだ〜!!



01/07/19 11:14:11
名前:
ふらじゃ

コメント:
一雨来そうな空模様でしたが、結局晴れてしまいました。
街路樹も埃っぽいです。

>トニー・ケイは音色にこだわる人
同感です。この人のプレイは曲の雰囲気を壊さないようにする
のが上手いです。他の音とうまくマッチするように考えて音作り
してるみたいです。ある意味“器用○乏”という言葉があてはまる人かも・・・
他人の曲も自分のスタイルに持っていくリック・ウエイクマンとは
正反対のプレイ・スタイルですね



01/07/19 07:10:38
名前:
kit

コメント:
どうも、kitです。

>オルガン
yeszanmaiさんが、ファーストイエスが一番好きなのは結構意外ですね。
皆さんの書き込みを読んでオルガンものが聴きたくなり、
コロシアムの「VALENTYNE SUITE」とグリーンスレイドのファーストを聴いてました。
コロシアムなどは、感触としてはイエスのファースト等に近いジャジーな感じがしますね。
やはり時代なんでしょうね。

>スノーグース
小説版は、読むと必ず泣くという人もいますね(ゆあさんはココは読まんだろう)。
逆に、私は「怒りの葡萄」を読んでないんですよね〜。早く読まなきゃ。

>RONDO
トリアンヴィラートは、ELPの影響を口にしたことは無いんですか!
これまた意外ですね。
スターキャッスルが「イエスに影響を受けていない」とか
アネクドーテンが「クリムゾンに影響を受けてない」と
言うようなものですね。不思議ですね。



01/07/18 23:26:18
名前:
yeszanmai

コメント:
>トニ−・ケイ
私も大好きです。実はオリジナル・イエスが一番好きなんです。
イエス加入前、ロンドンでセッション・オルガニストといえば、ケイだったらしいですね。
スモール・フェイセズのアンソロジーでケイのプレイが聴けますよ。

>外道
日本ものは不得意ですが、なぜか加納秀人のソロアルバムは持っていました。
ファンキーなフュージョン?だったかな。



01/07/18 22:27:05
名前:
ホイトル

コメント:
LANボードには苦労しますね。
ワタシもケーブルネットにつなぐためにLANボードを買ってきたのですが、
どうしてもうまく接続できず、
泣く泣くLAN ボードを買い換えて接続した苦い思い出があります。
その前はISDNにしていたのですが、
とにかくISDNにしろLAN接続にしろ、
「インターネットやメールは電話線につなぐもの」
と決めてかかっているソフトやプログラムが案外に多く、
けっこう苦労させられますね。



01/07/18 21:57:57
名前:
AUKEN

コメント:
スノーグースが話題にあがっていますね。久々に読みたくなりました。らくだ君早く返しておくれ。

>ADSL
最初に買ったLANカードはコレガのスロットカードのものでした。HPから最新版ドライバを落と
しても結局駄目で、メルコの中付けタイプのを買ったら上手くいきました。もっともコレガ製が上手
くいかなかったのもWINDOWSのシステムのどっかに不具合があるせいの気がするので、そのう
ち再インストールしたほうがいいかもですね。
無事ADSLは開通したのですが、今度はアウトルック・エクスプレス2000が駄目になってしま
いました。立ち上げるとひたすら電話につなごうとして、なんかやると不正な処理で強制終了です。
いくらLAN接続と言い聞かせても、再インストールしても駄目なのでネットスケープからNetscape
6.1 Preview Releaseを落としてきて使ってます。IEは平気なのに?
友達も同様の症状が出たそうですがどうしたか忘れてしまったとの事です。何か心あたりとかござい
ませんか?このさいネスケにのりかえちゃおうかな・・・

あとオフ会についてメールを出しますのでよろしくお願いしますー。



01/07/18 20:31:52
名前:
ホイトル

コメント:
またいつかオフ会には参加したいと思っていますが、
今回はパスです。

スノーグースの文庫本はワタシも持っています。
読んだことのない方、ぜひ一読を。
スノーグースの音楽に「なるほどなるほど」とうなずくでしょう。

トニーケイのオルガン、ワタシも大好き
彼は楽器の音色にこだわる人なんだろうと思っています。
リック・うえうくまんは音色にはどうも無頓着なところありますよね。



01/07/18 18:47:22
名前:
ビーちゃん

コメント:
 >ふらじゃさん

 T・ケイ、90125時代がウソのような大活躍でしたねぇ。
 初期のYESはジャズテイスト満載のブルッフォードとケイの2人が
ひっぱてたといってもいいですねぇ。90125時代のライブ(87年ツ
アーは除いて)音源では、ケイのオルガンがいいアクセントになってい
る曲があって、聴き応え満載です。
 彼のオルガンサウンドは、ウエイクマンのそれよりも遥かにうならせ
るものがあると思います。



01/07/18 16:12:38
名前:
ふらじゃ

コメント:
昼間の暑さに比べれば明け方はずいぶん過ごしやすいですね、風通しの良い我が家ではちょっと寒いくらいです。おかげでちょっと喉の具合が悪くて風邪引いたみたいです

トニー・ケイ再評価週間(そんなに大げさなことではないですが)のきょうは、かれが参加してるこれまたイエスのギタリストだったピーター・バンクス率いるFLASHの1stを聞いてきました。さすがにギタリストのリーダーアルバムだけあってキーボードは控えめですがけっこうジャズっぽいプレイが聞けます。バンクスのギターに合わせているのでしょうか?ジャズを良く知らないので詳しくは語れませんが(^_^ゞ
しかし、このアルバムを聞くと初期のイエスサウンドの一翼を彼等が握っていたのは確かですね。

>J'ratさん
オフ会参加のメールしました。会社のメールサーバーはフリーのメアドを無視するみたいです。以前は大丈夫だったのですが・・・いつの間に



01/07/18 15:48:21
名前:
J'rat

コメント:
 今日も暑いですね〜。昨夜は雷でした。ガラガラ、ドッシーン! で、停電になってしまいました。ちょうどPCを立ち上げていたのでかなりあせりました。停電は数分で復旧し、PCも無事再起動しました。日頃から鍛えているせいか、クラッシュしませんでした。
 雨はちょっとだけ降りました。今朝はもう道路は乾いていたのですが、植物には恵みの雨になったでしょうか?

 実はきのうフレッツADSLが開通しました。昨夜はADSLモデムのセットアップなどをしていたのです。こちらは無事つながりました。テストによると900kbps以上出ていますので、まずまずです。ところが先日も書いたようにプロバイダの切り替えが8月1日なので、当分はアナログ56kbpsモデム(実効36kbps)でのダイヤルアップに逆戻りです。電話代もかかるし、トホホです...。
 AUKENさんはその後いかがですか? LAN ボードを入れたら私のPCも頻繁にハングアップするようになりました。Windowsを(上書きで)再インストールしたら落ち着きました。LAN はよくこういった悪さをします。まだ改善していないようでしたら、よければ症状をお聞かせ下さい。

>スノーグース、
 あ〜、私もぜひ読んでみたいです。さっそく書店に行きましょう。なにしろキャメルと言えば「怒りの葡萄」が小説とぴったりですごく良かったですもんね! 新作も楽しみです!! 今度はどんなアルバムでしょうか?



01/07/18 13:43:51
名前:
にいはお

コメント:
>毛糸さん。ロック小僧は一度は外道コピーしてるよね?
と、思うんだけどな。特にあの「香り」は。
私がやった時は、もともとキーボードレスなんで、
オルガンを適当に入れました。

1STはライブ録音で、フロイドの「狂気」をバックに詩を朗読する
女性(昔はまたこういう人が本当にいたんだ、これが・・・)の声に
混ざって、取り巻きと思われるゾクの歓声が聞こえてきたりして、
もうこれだけでなぜか70年代と思ってしまいます。



01/07/18 08:01:22
名前:
案山子

コメント:
>J’ratさん
>キャラバンの「夜ごと太る女のために」を聴きました。
>なんだか私にはこのアルバムが一番合うようです。
わたしも、すごく気に入ってるんですよ!
こちらで評判が良かったので買ったのですが、これってやっぱり一番信頼できますね。
「ロッキン・コンチェルト」は完全にジャケ買いです。
この広告が昔大きく出てたのが印象的だったんですよね。こっちはポップですね。オマケが好きです。

>紀州の駱駝さん
>「スノーグース」は、前から読みたかったんですよ!探してみます。
キャメルの新譜も出るんですね!楽しみです。又来日して欲しいなーーー。

>毛糸さん
>外道
う〜〜〜〜ん。良く知らないんですよ。日本のロックは弱いです・・・・・。
というか得意な分野って全く無いんだけど。
ここで聞くと思わなかったので、懐かしくて思わずレスしてしまったのです。



01/07/18 01:30:48
名前:
紀州の駱駝

コメント:
Camel関連でいくつかニュースをば。
現在2000年ツアーのライヴを編集中で、年末にリリースされるようです。また、年末より来日時のメンバーで新譜のレコーディングにかかり、来年早々にもリリースされるようです。
さらに、2002年はCamel結成30周年になるのですが、記念ツアーも計画されてるようですよ。
これで、年末から来年にかけての楽しみが増えました。(^^)

それからもうひとつ。
『The Snow Goose』の元ねたの小説が文庫本で発売されてます。興味のある方は是非お読みになってください。私も今回初めて読んだのですが、紙ジャケの解説に載ってたストーリー以上に悲しい話でした。特に解説に載っていなかった結末は、私にとってはあまりにも悲しすぎました。でも、小説を読みながらCamelの『The Snow Goose』を聴きますと、ストーリーを見事に音楽で表現していることが改めて分り、初めて聴いたとき以上の感激がありました。

「スノーグース」 Paui Gallico:著 矢川澄子:訳
ISBN4-10-216802-8 C0197 \400E 新潮文庫

>外道。
1991年にGedoとして『One,Two』をリリースしていますが、その後は活動しているのでしょうか?



01/07/17 23:38:04
名前:
毛糸

コメント:
おにょ?奇遇ですにゃ
あたしは昨日はライヴ・アット・エドモントンでしたぁ>WHO

>外道
あーーーなんすかぁぁ?やっぱ案山子さんもバリバリのロック少女やないですかぁ!
もしかしてバンドやってたとかぁ?
四人囃子、マキOZ、FTB、外道、クリエイション・・・・
わははは、75年、ゆーやちゃん主催のWorld Rock Festivalは度肝ぬきまくりでしたにゃー
停学になってでも行けばよかった
(実際、学校の先生にとっつかまって停学処分受けた友達おりますぅ)
バンドボーイ、ロック小僧は一度は外道コピーしてるよね?>にいはおさん
 



01/07/17 22:40:58
名前:
案山子

コメント:
>ふらじゃさん
レコードのカビ・・・盤面に点々と
それだったら、うちは無事みたいですね。(ほっ)
でもどうして・・・・・、って考えると、
ひょっとして、ひょっとしたら、CD持って無いからLPで聴いてるとか、
CDあっても時々聴いてるとか・・・
日常的にアナログ聴いてるのって、わたしぐらいなんだろうかって・・・・。
いえ、別に良いんですが・・・。

>四人囃子の包(パオ)
持ってないよぉ〜〜〜〜。で、「一触即発」聴いてます。こんなんばっかですね。

>「外道」の1ST
ここで、外道の名前を聞くとは思わなかった!
非常に思い出深いグループなんですよね。



01/07/17 21:05:32
名前:
にいはお

コメント:
>川を詰まらせた
あ、あのっ、私一人で詰まらせたんじゃないですからね、
みんなが、ってことですからね。なんぼなんでも、一人じゃ
無理だ。
それと、街中を流れる小さな川のことですからね、揚子江とか黄河とか
想像しないで下さいね(するか)。

夏バテを吹き飛ばさんがため、「入魂の」CDばかり聴いています。
逆に暑苦しかったりして。昨日はカキコのついでにTHE WHOの
「ライブ・アット・リーズ」を、今日はいにしえの日本のロックグループ、
「外道」の1STがかかっています。



01/07/17 10:41:47
名前:
J'rat

コメント:
 今日は曇っています。ひと雨欲しいですね。もう二週間以上降っていませんので。

 きのうは久しぶりにキャラバンの「夜ごと太る女のために」を聴きました。なんだか私にはこのアルバムが一番合うようです。今日はBJHの "XII" でした。これもいいですね。ギターやオーケストラは、なんとなくですが Alan Parsons Project を思い出します。

>ふらじゃさん、
 お帰りなさいませ〜。お疲れさまでした。もしかして九州のほうが涼しかったでしょうか? トニー・ケイ、絶対いいですよね。紙ジャケで再認識しました。あのままYesが進化していても面白かったのではないかと想像してしまいます。

>馬頭琴、
 歴史ある楽器なんですね。哀愁を帯びた音色なのでしょう。それとも結構賑やかにも弾くものでしょうか。「ひつじツアー」というのは面白そうですね。草原は涼しかったですか?

>今年はネズミが異常繁殖しとりますっ! なんとかしてくらはいっ!
 毛糸さんちにはねずみが出るんですか? 天井裏を走り回るとうるさいんですよね。以前親戚の家で経験しましたが、眠れませんでした。ところでドイツのプログレねずみは繁殖してほしいです。

>らくだ進さん、
 ライブお疲れさまでした。キーボードが華の良いセットリストですね! 私も聴きたかったです。 次回はぜひTOTOもやってください。できればバラード系も聴いてみたいですね〜。あ、トリアンもやってください、ぜひぜひ!

>ライダースナック、
 おお〜、爆裂ですね。あれ何年生のときでしたかね〜。私のまわりではあまりはまっていなかったようですが...。
 遊戯王カードは先日新しいシリーズが出たようで、きのう買いました。うちにはやたらたくさんあります。500枚くらいかな〜。親が買い与えるものですから...。定かではありませんが、仔ラットが学校で枚数を言うと嘘つき呼ばわりされていたくらいの枚数です。

>kitさん、
>ところで、「ドイツのELP」というアダナが付くトリアンヴィラートですが、ライヴで「RONDO」は演奏していたのでしょうか?
 ストレートなご質問、ありがとうございます。(^_^; いえ、大変うれしいのです。残念ながらRONDOを演奏したという話は聴いたことがありません。アルバムではELP風のフレーズがちょこちょこ出てきますが...。影響を受けたミュージシャンとしてキース・エマーソンの名を出してもいないですね〜。隠してたんでしょうか?
 トリアンヴィラートがミュージシャンの曲を演奏したり、若いころはコピーをしていたという話も聴かないですね〜。19歳でアルバム「地中海物語」を出したわけですから、ほとんどオリジナルで始まったみたいなもんでしょうか? 天才少年だったわけですね。あ、バンドじゃないけど、モーツアルトやバッハは出てきますね。結局、ユルゲンは演奏家であるだけでなく、もともと作曲家だったという感じでしょうか。

>Woogさん、
 オフ会参加のメール、ありがとうございました。他の皆さんもよろしくお願いします〜。



01/07/17 10:22:17
名前:
ふらじゃ

コメント:
今朝は出掛ける間際に雨が振り出して、家を出て5分もせずに止んでしまいました。今は晴れてますが、アスファルトの水が蒸発して蒸し暑いです。

今朝はトニー・ケイ率いるバジャーの「ONE LIVE BADGER」を聞いてきました。イエスを抜けた彼がそのイエスのツアー前座として行なったライブだったと思いますが、そのせいか観客の反応が良いですね。当時はどうしてもイエスと比較してたのであまり良い印象が無かったのですが今聞くとなかなか面白いです。ハモンドの音も好きですしフレーズも多彩ですね、ちょっと見なおしました。やはり先入観を持ってると良くないですね・・・
ところでこのCD不思議なことにMADE IN表示が何処にも無いです、音は悪くないのですがちょっと気になります。海賊盤ではなさそうですが・・・??



01/07/17 06:34:46
名前:
yeszanmai

コメント:
>お馬の尻尾
ヴァイオリンの弓も尻尾の毛です。

弦は羊の腸を使っていました。
一度張りましたが、柔らか〜い不思議な音でした。
お値段はスチール巻きの弦よりかなり高額でした。



01/07/17 05:23:37
名前:
kit

コメント:
スイマセン、Par Rindh Project→Par Lindh Projectでした。
お詫びして訂正し関係者の方々にはご迷惑をかけ本日はお日柄も宜しゅう(以下略)



01/07/17 05:19:38
名前:
kit

コメント:
>らくだ君
ライヴ終わったんですね。お疲れさまでした(^^)
次の時は、トニー・ケイが炸裂する曲ができると良いですね。

>THE WHO
私は映画「TOMMY」しか見たことがないですが、なんと言うか「凄い」映画でしたね。
しばらく夢に出そうでした(^^;
そういや、毛糸さんオススメの映画版「THE WALL」まだ見てないや。テヘッ。
さわりだけ見たら、結構「TOMMY」っぽい感じですね。

>ホーミー
「ターンエーガンダム」というアニメのオープニングでちょっと流れてましたね。
ぎゅおぎゅおぎゅおぎょおおおおお〜。

>ハイセイコーの尻尾の毛で馬頭琴
ニュースで流れているのを一瞬聴いた記憶があります。
戦闘マシンのように鍛えられた馬同士が、荒々しくスピードを競う競馬の世界と違い、
ゆったりとした音色だったような気がします。

>ライダーカード
私が子供の頃は、ガンダムのシールが流行りでしたね。
今の子供の場合は、「遊戯○」のトレーディングカードなどが、
それにあたるんでしょうね。ただの紙ペラが何百円もするこの商売、
版元はボロ儲けだそうです。なんだかなあ。

今日はELPの「RONDO」がいきなり聴きたくなって、「レディース&ジェントルメン」を
引っ張りだしてきました。…が、よく考えたら、「RONDO」演奏してないんですね。
しょうがないので、PLP(Par Rindh Project)の「LIVE IN AMERICA」で代用しました(^^;

ところで、「ドイツのELP」というアダナが付くトリアンヴィラートですが、
ライヴで「RONDO」は演奏していたのでしょうか?



01/07/17 04:11:05
名前:
yeszanmai

コメント:
>ライダースナック
にいはおさん、川が詰まるほど捨てられるとは。
私はもって帰って全部食べました。

いろいろ思い出したのですが、A店では店頭にスナックの回収箱があって
カードのないスナックを10円で売っておりました(いいのか?)。

商店街から離れたB店では、カッパエビせんの小とセットでないと売ってくれませんでした。
近くの交番のおまわりさんに、「あのばばぁ、なんとかしてくれぃ」と言いにいきましたよ。

近所のガキ大将が「みんなで集めれば凄いぞ」と巻き上げていました。

最初は、番号が一番でも新しいものを競い合っていましたが、
ある日突然、「やっぱ、一桁もんだよなぁ」という風潮にかわりました。
ああ、幾らでもでてくる。

>イエス紙ジャケ
オリジナルマスターではなくて、日本にあるテープで作ったようですね。
1st、2ndはかなりノイズが入るところがあります。30年以上前のものだから、仕方ないか。
でも現行のリマスタ盤より好きだな〜。カウベルなんかのパーカッションがよく聴こえるし。
それからやはり1st、2ndのレーベル面が当時のUKアトランティックのレッド/マルーン色が
再現されていて、個人的にはこの部分が一番気にいっています。
盤だけ飾りたいくらい(もう飾っている)。
日本盤の米盤と同じグリーン/オレンジを見なれているのでとても新鮮です。
後のUK盤のパステル調のものも好きなので、次回(があるとすれば)全部UK仕様にして欲しいですね。



01/07/17 00:28:50
名前:
毛糸

コメント:
うっ・・・・我慢できにゃい
J'ratさんお許しくだせぇ
>ライダースナック
頭の中ではかっぱえびせんの味覚、口にするとキャラメルコーン
こりは・・・・マズかったです
スナックの袋とカードの袋が別々になっていたですにゃ
【懺悔室】駄菓子屋のおばちゃん騙してカード1枚余分にふんだくりました・・・ごめんなさいっ!



01/07/16 23:35:00
名前:
にいはお

コメント:
連続になってしまいますが、うわはは、
これが反応せずにおれるか。

>ライダースナック
私の小学校では(当時、小学生)、
カード欲しさにスナックを買って、
スナックを食べずに川に捨てて、
その結果、川が詰まって、校長先生が
えんえんお説教をたれる、という
騒ぎとなりました(作り話に非ず)。

>包
きっと誰かが書くな、って思ってたんだ。
スピーカーの万里の長城、元素記号表にさりげなく隠してある
メンバーの名前、中国語併記の曲名、モンゴル人らしい人の
ゲストボーカル等々・・・・・・。
「中央アジア」フレーバーが何となく漂う一枚でしたな。



01/07/16 22:57:20
名前:
夢典命

コメント:
こう暑いと自然に冷たいものに手が伸びているようで、そのせいでか身体がだるいです。
適度な水分補給を心がけるようにしなければ・・・

>包(ぱお)

にいはおさんのカキコをみて、当然のように四人囃子のアルバムを思い出してしまいました。(^^ゞ
確かジャケットには、中国の万里の長城が描かれていたような気がしましたが・・・

...ということで今夜は、そのアルバムを最後にバンドを脱退した森園勝敏(g)が、新鋭ギタリスト和田アキラと組んだバンド、プリズムの77年のデビューアルバム(LP)に耳を傾けておりました。
このアルバムこそ、当時の音楽業界に一石を投じたアルバムと言えるでしょう、そのサウンドの美しさ、バランスの素晴らしさ、そしてギターの気持ちよさが味わえる傑作でしょう。
旧A面がフュージョンっぽいサウンド、かたやB面はプログレッシブ・ロックっぽいサウンドでぐいぐいと迫ってきます。
全曲和田氏の作品だけに、彼のギターが前面にフューチャーされてはいますが、それに絡む森園氏のギターとのバランスも素晴らしく、これらのギター群と他パートとのユニゾンもシャープな切れ味を見せてくれています。

>イエス紙ジャケ

kitさんのカキコではありませんが、中学生の頃に流行っていた『ライダー・カード』も、仮面ライダースナックを購入して集めてはいましたが、肝腎なスナックにはほとんど手をつけない...ということもよくありました。(関係ないカキコ大変m(__)m)



01/07/16 22:45:35
名前:
にいはお

コメント:
おお、らくだ君、初ライブ、無事に終わったようですね。
ところで・・・「BURN」のソロの対位法は、ちゃんと両手で
やったんだろうなあ?

>ホーミー(あ、強引ですわ)
強引過ぎるわ、それ(笑)。

「私を見て、私を感じて・・・」って、決してこれはナルの歌ではありません。
>口コピ
承知しました。では、
♪と〜きん、ばいまい、ぢっ、ぢっ、ぢぢぢぢぢっ、
 ぢぇねれぃいしょぉぉぉん!
(「じ」ではなく「ぢ」で表現している所を読み取って下さい)
・・・あ、ホーミーをやれってんですね、WHOじゃなくて。失礼しました。

私は、J.エントウィッスルが一番好きです。サバスのG.バトラーと同じで、
音痩せのしないギター・スリーピース・バンドには、必ず非凡なベーシストが
いるのです。
あのC.スクワイアも好きだったんだな、この人。



01/07/16 22:07:47
名前:
らくだ進

コメント:
こんばんは!暑くてヘロヘロですじゃ。

昨日は私の参加している「おにおんぶろっく」の初ライブでした。
やっぱ緊張しました。あと、ライトが思ったより熱い。

曲はこのとおり

1・OWNER OF A LONELY HEART/イエス
2・ONLY TIME WILL TELL/エイジア
3・SOLE SURVIVOR/エイジア
4・BURN/ディープパープル
5・THE FINAL COUNTDOWN/ヨーロッパ

プログレ度30%です(笑)。
個人的に上手くいったのは1でした。
練習で一回も間違わなかった2をミスってしまった〜!
ま、演奏は未熟ですけど、これから頑張っていきます。
今回は告知が遅れましたが、次回(いつになるか?)は
もっと早くするので、ヤジをとばしにきてくださいね。

次はジャーニーとかTOTOをやりたいな。



01/07/16 16:51:28
名前:
毛糸

コメント:
♪シーミー・・・フィールミー・・・タッチミー
・・・・・・・ホーミー(あ、強引ですわ)
モンゴルといえばホーミー
口コピ王のにいはおさんに是非お願いしますぅ
み"ょ"お"お"お"お"お"お"お"

>馬頭琴
馬の尻尾の毛を弦に使ってるんですよね?
愛馬の死を慈しむために作られたとゆう由来の楽器ですにょ
昨年ハイセイコーの尻尾の毛で馬頭琴を作るとゆう計画が新聞に載ってましたが
音色はいかがなものだったのでしょう?

今年はネズミが異常繁殖しとりますっ!
なんとかしてくらはいっ!>J'ratさんっ!



01/07/16 13:26:38
名前:
にいはお

コメント:
さいん・ばやん・ぬぉ!
〜モンゴル語のにいはお、というか・・・つまり、こんにちは!〜

北京の北西部に位置する内蒙古自治区にひつじツアーに行って来ました。
中国少数民族の一つ、モンゴル族の自治区となっているところです。
'87年に一度、訪れているので今回は14年ぶりです。
フフホトという奇妙な名前の街を経由してバスは一路草原を目指します。
360度全方位みな草原、の真っ只中で遊牧民族特有の家を模した部屋
(包〜ぱお〜)に泊まり、三食ひつじと乗馬・モンゴル相撲・民族ショー付きの
なかなか笑える2泊3日でした。でも、ひつじの匂いがだめ、という人には
ちょっとキツイ旅かも。

ショーの一部で「馬頭琴」の演奏がありました。胴は台形で、柄の最上部が
馬の頭の形になったチェロに似た楽器で、弦は二本しかなく、しかもこの二本を
殆ど全て同時に弾く(うち一本は開放弦〜つまり指で押さえない〜状態)ので、
これが何とも言えぬ哀愁を帯びた響きを生んでおりました。おかあちゃんが、
馬頭琴のCDかなんか、お土産に買ってたみたいです。ああ、弦楽器が弾けたらなあ。

ちなみに五輪の誘致が決まった瞬間(13日の日本時間午後11時)は、北京の飛行場にいました。
当然、場内は大騒ぎとなりました。遠くで花火も上がっておったなあ。



01/07/16 10:23:13
名前:
ふらじゃ

コメント:
休み慣れしたからだに日光がキツイです
今日から社会復帰しましたがまだちょっと勘が取り戻せません
なにより方言を取り去るのに時間が掛かりそうです

>レコードのカビ
食パンに生えるアオカビの様に盤面に点々と付いてます。
何を栄養にしてるのか判りませんがちゃんと繁殖してました(T.T)

あと大事に扱ってたつもりですがけっこうキズが付いてました
音飛びするほどのものはありませんが、聞いててプチップチッと入ります
今更何をという感じですがデリケートな代物ですよね



01/07/16 02:03:56
名前:
J'rat
電子メールアドレス:
メールはこちらまで

コメント:
 8/4(土)の暑気払いオフ会の案内を作りました。上のリンクをクリックしてご覧ください。

 参加いただける方は、わたし宛にメールをください(この掲示板で参加表明してくださった皆さんも、確認のためお手数ですが再度ご連絡くださいませ)。
 お待ちしてま〜す!



01/07/15 23:20:54
名前:
案山子

コメント:
>J’ratさん
早くも、夏を満喫されてきたんですね。海で泳いで、温泉入って、ぼ〜〜〜〜〜〜〜〜っとしたいよぉ!

>CHIPMUNKさん
ロバート・プラントになりたいんですか!で、胸毛はやっぱり金色で書くんでしょうか?
イメージできない・・・・・。

>サンタナ
サンタナIIIは持ってないので、キャラヴァンサライを聴いてました。
(実は、これとベスト盤しか持ってない・・・・・ )
中学・高校時代、サンタナってそんなに好きじゃなかったんですよね。
最近、ウッド・ストックのヴィデオ見たときに、さすがに古色蒼然としてるグループが多い中で、
サンタナの新鮮さは、もの凄くショックだった!
わたしは、あの頃は全然、解ってなかったんだなぁ〜〜〜〜。って思いましたよ。

>ふらじゃさんのレコードのカビ退治
のお話を読んでから、ずーーーーっと気になって仕方なくて、
あれこれ出しては何度も溝の中とか見てるんですが・・・・。
それって、目に見えるモンなんですよね。今まで気付いたことはないんですが・・・・

>Billy Cobhamの「Spectrum」
そうなのかぁ〜〜〜〜。これは聴いてみたいですね。
要するに、この辺ほとんど聴いてないなぁー。と、しみじみ思います。



01/07/15 21:37:47
名前:
J'rat

コメント:
 帰ってまいりました〜。房総半島のほうは夕方や夜は少し涼しかったです。海にはきのう入ったのですが、まだ水は冷たかったです。連日の猛暑なのに、海水温はなかなか上がらないのでしょうか。外海だからですかね〜。浜では海草がたくさん漂着していて、具沢山の味噌汁で泳いでいるようでした。宿は野島崎灯台のすぐ近くだったのですが、夜は霧が出て、ちょっと幻想的でした。温泉三昧してしまいました。

>8/4オフ会、
 午後4時ごろにしましょうかね、CD屋さんめぐりは。飲み会は6時ごろスタートでどうでしょう? あ、お店を探さなくっちゃ。また去年にいはおさん一時帰国熱烈歓迎オフ会をやったお店でもいいですか? 安かったので...。間違いなく輸入盤一枚分くらいは浮きますよ〜。

>フレッツADSL、
 留守中にADSLモデムとスプリッター(流血ホラーにあらず)が来ていたようですが、佐川急便さんが持ち帰ってしまいました。私は17日開通なのですが、プロバイダの対応が悪くて使えるのは8/1からです。フレッツISDNからのの切替なので、この間電話代もかかります。困ったものです。



01/07/15 21:35:16
名前:
夢典命

コメント:
先週から町内会の夏祭りで踊る(であろう)盆踊りの練習が、目の前にある自治会館で始まったようです。
夜9:00くらいまでやっているので、終了まで結構音量上げてCDを聴いております。

>若き日のサイモン・フィリップス

80年に出たスタンリー・クラークの名ソロアルバム「Rock's,Pebbles And Sand」でもフル参戦しておりまして、その若さ溢れんばかりのプレイを聴かせてくれております。
その演奏テクとは裏腹に、裏ジャケに写るぼっちゃん風の少年姿がなんともアンバランスでございます。
ちょっと余談ですが、このスタンリー・クラーク(SC)というベーシスト、ジェフ・ベックとはえらくウマがあってたようでSCのソロアルバムの多くに彼のクレジットが見られます。
RTF在籍時からその才脳はオリガミ付きだったようで、いろんなバンドのゲスト出演していますが、印象深いのが76年のあのBilly Cobham/George Duke のライヴで、ここでは非常にパワフル&アグレッシヴなサウンドを堪能することができます。
今月31日にWOWOWにて、彼らのモントゥルーでのライヴが放映されるようです。
それから80年代に入ってからは、そのG.DukeとClark/Duke Projectを組み、ファンクっぽいものから、ポップなバラードものまでと、いろんな音楽にトライしておりました。
また、90年に入ってからはL.Carlton(g)やBilly Cobham(dr)らとのスペシャルバンドで、大人の醍醐味を味わえるライヴアルバムを届けてくれました。

...ということで、今夜はにいはおさんが以前熱く語られていたBilly Cobhamの名作「Spectrum」に聴きいっておりました。
ここでは今が旬(このBBS上で)のヤン・ハマーとの白熱のバトルを展開しておりますね。
ジェフ・ベックがこのアルバム聴いて、自分のソロアルバム「ワイアード」への参加をお願いしたという話は、今でも伝説的な語り草になっているようですね。

今夜はちょっとフュージョン&ジャズっぽいカキコになりましたか・・・



01/07/15 18:56:08
名前:
kit

コメント:
さっき、イエスファンクラブお茶会から戻ってきました〜(会社に)。しかし、外は暑いですねえ。
お茶会では、YESSONGSさん、ゆあさん(from関西)、UMIさん、
JAGEさん、けろーるさんに加え、虚空さんに久しぶりに会いました。
98年のイエスライヴ打ち上げ以来ですね。でも、話したのは、なぜかプロレス話…(^^;

お茶会では、NHKヤングミュージックショーで流れたリックのコンサートの映像や、
マスターワークスツアーの貴重な映像などを見ることができました。う〜ん、大満足(^-^)
あと、THREEの映像も見られました(ナゼTHREE?)。

>yeszanmaiさん
はい、一度お茶会でお会いしましたね(^^)
またお会いして話したいです。今日はイエスファンの人が多かったんですが、
いつもはイエスファンが全然いなくて(^^;

そうそう、お茶会でイエス紙ジャケの話も出ました。
皆さん、紙ジャケ買ってるんですが、皆プレゼントの応募のために開封して、
中身聴いてないんですね。ううむ(^^;

>RTFの『浪漫の騎士』
LPは父親がプレイヤー持ってますが、なかなか会う機会がなくて…
今度、アルバム買って聴いてみます(^^)

昨日は、なぜかロバート・ワイアットの「ロック・ボトム」を聴いてました。
夏バテの脳に音がしみました。次は、さわやかにFOCUSでも聴こうかな(脈絡ないですね)。



01/07/15 14:41:20
名前:
紀州の駱駝

コメント:
>5150さん。
>(我ながらかなり忠実に再現してみました。)

パソコン画面を見ながら爆笑してしまいました〜。(^○^)



01/07/15 07:38:04
名前:
ふらじゃ

コメント:
今日で夏休みは終わりです、結局梅雨明けしてない九州ですが天気にはけっこう恵まれました。昼間は暑いのですが朝晩は涼しかったので、いい避暑ができました。関東は暑いみたいですねぇ、いまごろこんがり焼けてるのでしょうか?>J'ratさん

レコードのカビ退治はあまりの量に途中で挫折してしまいました、カビ取りした物もビニールを取り替えてないのでまた数年後にはカビが出て来るでしょう。今度はビニールを大量に仕入れてからリベンジします。紙袋に入ってたレコードの方がカビ被害が少なかったみたいです。若干は湿気を吸ってくれるのでしょうね。結局音そのものはあまり聞けませんでしたが、ジャケット眺めてるだけで満足してしまう私は変かな?



01/07/15 01:52:42
名前:
5150

コメント:
>紀州の駱駝様

そうです、「star cycle」でした。
暗転した武道館に、ヘンなヘルメットかぶったトニー・ハイマスの奏でるあのイントロ

びろびろびろびろ・・・・・びゃああああああ・・・びろびろびろびろ・・・・びゃああああ・・・
ぼばぼぼばんぼばぶぶびんぶびぶびぼばぼぼばんぼばぶぶびんぶびぶび♪
じゃーん!

(我ながらかなり忠実に再現してみました。)



01/07/15 01:24:35
名前:
AUKEN

コメント:
こんばんはです。地元にフレッツADSLが開通したので早速申し込んだのですが、買ってきたLANカードのドライバがおかしいのか認識はしているものの使用できません。よって昨日から受けれるはすのサービスが受けれません。いまは泣く泣くアナログ回線でお邪魔してます。

今日はスラップ・ハッピーの日本公演のアルバムを聴いてます。
ダグマー・クラウゼは本当に表現豊かですね。あのライブの時は気分が盛り上がっていたので、落ち着いた状態で聴くとまた別の楽しさがあります。

ところで8月4日のOFF会はどういった予定だったでしょうか?その日はお昼過ぎまで職場の運動会イベントがあるのですが、夜の部が間に合いそうだったらお邪魔させていただこうかなと思ったのです。教えてくださいー。



01/07/15 01:06:52
名前:
紀州の駱駝

コメント:
>5150さん。
>ところで誰か「There and back」のときの来日公演行った人います?
大阪公演へ行きました。(ジェフ・ベックのライヴはこれしか行ってません。)確かオープニングが「Star Cycle」だったような記憶がありますが、違いましたっけ?
内容には満足したのですが、John Lennonが射殺されて間もないときだったので、「She's A Woman」を是非とも聴きたかったのですが、残念ながら希望はかないませんでした。
実家にあるパンフを見ればもう少し他のことも思い出すかもしれませんが、20年も前のことなんで全体的にはうろ覚えです。^^;



01/07/15 00:14:27
名前:
5150

コメント:
>サンタナwithジェフ・ベック&スティーヴ・ルカサー

それ行ったなあ、たぶん15年くらい前じゃないですか?
確か軽井沢プリンス。

ところで誰か「There and back」のときの来日公演行った人います?
もんのすごい大迫力のドラムソロを聴かせた、無名の(この表記には賛否両論あるでしょうが)
若いドラマーが実は若き日の「生」サイモン・フィリップスだったんですなあ。



01/07/14 21:43:24
名前:
CHIPMUNK

コメント:
こんばんはー。今日は暑かったですねぃ。夕方まで外に出られませんでした。今どうやらカミナリ鳴ってるようですね。

>サンタナ
人のお話からばっかりひっぱって恐縮です。でも、案山子さん、わたしも今日は暑さしのぎにサンタナIII聴いておりましたよん。
どうしたって暑いんだからいっそギンギンに踊りまくろう!って感じのヤケクx気味の演奏がよかったです。
ニールくんもしっかりツイン・リードの一翼でありました。アフロは暑そうですけど。

それから「ツェペリンになりたい!」は、金儲けの達人ペイジさんでも、ツェペリンの曲はキーしか憶えてないジョンジでも、イってしまったボンゾさんでもなく、ロバートさまです。胸毛書かなきゃ。



01/07/14 21:17:55
名前:
案山子

コメント:
本当に暑いですね。J’ratさんはご無事だったのでしょうか?

>サンタナwithジェフ・ベック&スティーヴ・ルカサー
なんて贅沢な話でしょう!でもちょっとイメージできませんが・・・・。

今日、母の車に乗るとサンタナのSUPERNATURALが有ったので聴いてました。
なんか賞を取ってなかったっけ?ドライヴに合う聞き易くて質の高いアルバムです。

で、サンタナといえばニール・ショーンですね。(と強引に話を持ってくる・・・・)
噂にだけは聞いていたジャーニーのファーストアルバム「宇宙への旅立ち」を聴きました。
これは、ホントに、ホントに売れてからのジャーニーとは別物!
暗めで、インストゥルメンタル曲が多くて、ちょっとプログレしてるとも言えますね。
ギターが良いのですが、メロディがやや弱いところが売れなかった原因かな?

関係ないですが、ニール・ショーン&ヤン・ハマーと、いうのもありましたね。



01/07/14 01:10:02
名前:
J'rat

コメント:
 暑いですね〜。融けそうなんて言いましたが、解けた上で蒸発してしまいそうです。今日は埼玉で39度を超えたとか...。恐ろしいです。

 暑さの余りCD屋さんにも行けないので、たった今CD Nowにオーダーしました。
IONA "OPEN SKY","JOURNEY INTO THE MORN" / RETURN TO FOREVER "ROMANTIC WARRIOR" / MAHAVISHNU ORCHESTRA "BIRDS OF FIRE" / PALLAS "CROSS & THE CRUCIBLE"
 でも出荷は8/7だそうです。パラスの新譜がこの日発売だそうで...。あり、日本先行だったんですかね?

 明日は房総半島の千倉に海水浴に行ってきます。焼け死ぬかもしれませんが...。(^_^; ドライブのBGMはスチュワート&ガスキンです! ではでは。



01/07/13 23:47:32
名前:
夢典命

コメント:
>ふらじゃさん
>・・・何をしに帰ったのか・・・

私も右同じ...です。(^^ゞ
帰省してまで二人組の相手はしてられません、といってもその必要もありませんが、旧友に会う元気もなかったりするとやることはどうしても決ってきますよね〜。
私もちょうど10年くらい前に帰省した時に、レコードの大整理をしました。
当時、置き場所に困った一部のレコードはそこいらへんに積み上げられて長い間放置されていたもんで、当然のようにあの猗燭雖瓩生じてました。(T_T)
で、それらを1枚づつ電話帳みたいな厚めの雑誌に挟んで、長期置いていましたら、幾分改善されておりました。でも、その間は当然そのレコードを聴くことができないのですが、そういう時に限ってそのレコードの音が恋しくなるんですよね〜、ついつい「ちょっとだけ聴くか・・・」ということで、″修理中″のレコードをおもむろに聴いたりしたのですが、当然のようにまた一からのやり直し・・・という事になりました。(^_^;)
カビ対策に関しては、あまり苦労した覚えがありません。ただ、あのビニルの外袋は全部取っ払い、なかの内袋も入念にチェックして、少しでもカビらしきものを発見したならば直ちに新しい内袋と交換しておりました。ほんとうは、更に年1回は風を通すといいみたいですけどね〜。
これだけ離れていると、この為だけに年1回帰る...っちゅうわけにもいきませんものね〜。

...そろそろ本題に・・・っと、

>yeszanmaiさん
>メオラ

私も「TOUR DE FORCE-“LIVE”」は最高にいかしていると思います。
早弾きメオラの集大成的なアルバムだと思いますが、ジャクソン−ガッドの強力リズムセクション無しには、この強烈なサウンドを得ることは難しかったのではないでしょうか?
ジャクソンとメオラの高速ユニゾンにたたみかけるようなガッドの連打は、臨場感バツグンですよね〜。
77年の「エレガント・ジプシー」の中の‘Race With Devil On Spanish Highway’における超高速ユニゾンの応酬を聴くだけでも、このアルバムを買うだけの価値があると言われてましたっけ。
このアルバムでのメンツがほとんどそのまま、前述のライヴでそのらつ腕ぶりを発揮しているので、聴きごたえがあるはずですよね、いや〜ほんとに凄いです。

>サンタナwithジェフ・ベック&スティーヴ・ルカサー

確かにありましたね、都心じゃなくてどこか地方でやってたような記憶があるのですが・・・
あと想い出されるのが、ジェフ・ベックがニューヨーク・ドールズや日本のクリエイション、四人囃子、そしてカルメン・マキ&オズといったバンドとジョイントした75年の『ワールド・ロック・フェスティバル』でしょうか。

>にいはおさん
>・・・モンゴル・・・

2008年のオリンピック招致決りましたね!
これだけ大差になるとは驚きでしたが、やっぱりアジアン・パワーは強かった・・・?
噂では北京誘致プロモーションビデオのBGMに、2004年のオリンピック開催地、アテネ出身のスーパースター、ヴァンゲリスの‘炎のランナー’を使ったからだとか・・・???
これで内モンゴルあたりでの新競技がまた増えるかもしれませんか。
モンゴル...で思い出したように今、日本のプログレバンドMONGOLの「DOPPLER 444」を聴いています。
日本のプログレバンドも多数頑張っていますが、あのKENSOバリのサウンドを聴かせてくれるバンドはそうは無いかと思いますが、彼らはKENSOに勝るとも劣らない演奏技術、楽曲の素晴らしさを兼ね備えたバンドではないでしょうか。
実はあまり期待しないで購入したのですが、初っ端の曲からぶっ飛びました。
今でもこの曲は、日本プログレ界を代表する1曲だといって異論はないでしょう、変拍子がんがんの中での各パートの牾米瓩蓮聴いている者をノックアウトするだけの十分な魅力、パワーを持ち合わせていると思います。
ラベルの裏に記載されている「・・・keyはフレンチ・プログレッシブ・ロックに、gはホールズワースに、bはパーシー・ジョーンズ(ブランドX)に、そしてdrはチャド・ワッカーマンやテリー・ボジオに傾倒している・・・」というコメントを読んで、なるほどと納得いたしました。
いろんな理由から、このアルバム完成まで8年の歳月がかかったようですが、それだけ費やすにふさわしい作品に仕上がったのではないか・・・と私は感じました。



01/07/13 19:45:02
名前:
にいはお

コメント:
今夜、五輪の開催地が決まるようですね。
私としては、何か、複雑な気分・・・。

「地中海」についてもう少し書き込みますと、
プログレ恒例のSUS4(4度)が殆ど使われていないようなのです。
代わりに多用されているのが7(#9)というコードで、これは
ピアノ(キー:D)で例えば、低音から順に、
 レ〜そのオクターブ上のレ〜ファの#(シャープ)〜ド〜ファ
をがーんと鳴らします。そして、その状態から指をぜんぶ半音上に或いは
下にずんずんずらしていくと、あの曲の和音に近い感じが出ます。
モーッァルトやバッハからの引用部分以外の所では、頻繁にこれが出てきます。
ジャズではけっこう多用される響きで、この辺りがいわゆる「ちょっと違う感じ」を
生み出しているのではないでしょうか。

週末は内モンゴル(中国国内)に家族旅行に行って来ます。ひつじと、草原のツアーです。



01/07/13 15:39:19
名前:
ふらじゃ

コメント:
関東はとっくに梅雨明けしたというのにこちら九州はまだ明けません珍しいことです
ゆめてんさん、ご心配いただいてありがとうございます運良く私のいる地域はたいした
雨量ではありませんでした。今日は午後から晴れましたからそろそろ梅雨も終わりかな
と思ってます。

暇があれば古いアナログ盤をチェックしてますがあまりのカビの多さにうんざりしてます
家族にも何をしに帰ったのかと皮肉を言われる始末です(^_^;
でも、いろいろ見てると思いもよらぬ物が出てきます。
本人の買った覚えのないIFやコロシアムのアルバムがあったり、持っていたはずのジェフ
ベックが無かったりして・・・

ジェフ・ベックと言えば以前カルロス・サンタナ、スティーブ・ルカサーと一緒に野外ライブ
を日本で演ってますね、ずいぶん前だったので曲目等は忘れてしまいましたが基本パターンは
サンタナバンドでこれに2人が絡む構成だったような気がします
テレビ放映もされたのでビデオに撮っていたはずですがそのビデオも見当たりません(T.T)



01/07/13 15:38:26
名前:
from USC

コメント:
ああしつこいな。

今日も聴いてますOpen sky。Songs of ascentという三部作の組曲があるんですが、沸き起こる感動で涙が不意に溢れてました。私は無宗教ですし神の存在なんて信じてませんでしたが、この琴線触れまくり=「感情の最も原始的というか無垢というかの部分を直接刺激されるような音」には何か神秘的なものすら感じます。

聴き込むことによって、この作品は私にとって「空前絶後の作品」になりました。

この書き込みもOpen skyによる情動失禁ということでお許しください。



01/07/13 02:01:56
名前:
yeszanmai

コメント:
立て続けにすみません。

>地中海物語
確かに以降のものと比べると毛色が違いますね。
でもLPはとっくの昔に、、、。
早くリマスタ出して下さい。懇願。



01/07/13 01:50:12
名前:
yeszanmai

コメント:
>kitさん
某ファンクラブのお茶会でお会いしてますね。
ディ・メオラはとりあえず、"Tour de Force-Live"がいいんじゃないでしょうか。
アンソニー・ジャクスンのベースもなかなか。
RTFの『浪漫の騎士』は後期の中ではすっきりしていて聴きやすいです。
LP聴ける環境なら、差し上げますよん。って前にもどこかで書きましたね。
ほかのは結構熱くたぎっていますが。
『火の鳥』は特に好きというわけではないのですが、あの強引に引きずり倒すユニゾンは快感です。

>ジェフ・ベック
皆さんの書き込みを見ていて思い出したんですが、
78年の来日公演いってるんですよ。スタンリー・クラークとのリードの奪い合いがあって、
「ああ、もうこの組み合わせはないな」と思った覚えがあります。
この時期以外のベックについてはヤードバーズくらいしか知りません。気にはなりますが。



01/07/13 00:00:57
名前:
案山子

コメント:
今日はマハビシュヌ・オーケストラの「火の鳥」を持って出ました。
マハビシュヌで思い出すのは
「マクラフリンがスリ・チンモイにギロチンにされたけど死にませんでした。何故でしょう?」
と、いうなぞなぞ(?)です。

>夢典命さん
2年前のジェフ・ベックの来日コンサートは評判が良かったみたいですね。
「Who Else!」も結構好きなアルバムです。
ホイトルさんの仰る通り「ワイヤード」の頃のほうがずーーーーとスリリングでドキドキしますが、
ギターソロを続けていて飽きさせない力量と幅広さに感心してしまいます。
きっと向上心の強い人なんじゃないかなぁ?性格は悪いらしいのですが・・・・。

>にいはおさん
「モントルーのボンゾ」はわたしも大好きです。
ドラム・ソロって、ともすれば
「ハイハイ、あなたは上手ですねー。手がよく動きますねー。よく解りましたよ・・・」
と、なり勝ちなんですが、これはセンスがいいですよね!
「コーダ」を聴いているとツェッペリンてやっぱり特異な存在だと思います。

・・・で、CHIPMUNKさんは「どんな人に」あるいは「どの人に」なりたいんだろう・・・・
と悩んでいるのはわたしだけだろうか?

>地中海物語
>「5 O'CLOCK TEA〜SATAN'S BREAKFAST」
わたし、ここメチャクチャ好きですよ!・・・・これ4回ぐらい書きましたか?



01/07/12 22:29:57
名前:
夢典命

コメント:
今年はめずらしくも関東・甲信越地方の方が先に梅雨明けいたしましたが、西の方はまだまだ雨足が強いようですね。
九州北部の雨量も凄そうですが、お元気なのでしょうか>ふらじゃさん

>kitさん
>トム・ケネディ

このデレク・シェリニアンのアルバム「inertia」ですが、楽曲によって職人ベーシスト3名をうまく使い分けているようですね。しかし、この3人と抜群のコラボレーションを聴かせるS.フィリップスも大したもんだと思います。

>リターン・トゥ・フォーエバー(RTF)

ほぼ70年代を、そのサウンドを少しづつ変えながらクロスオーバー・ミュージックの先駆者的に突っ走っていたバンドといえるでしょう。
なかでも、76年「浪漫の騎士」はそのサウンドからして、一番ロックよりに近いアプローチをしていると思います。″プログレッシヴ・ジャズ・ロック″...といった表現が一番適当でしょうか。
そのサウンドたるや、ブランドXがよく引合いに出されたりするようですが、チック・コリアがそのイニシアチブを取っているせいか、数種類のkeyの使い分けがあざやかで、よりわかりやすいですね。
特に最後の曲での4名のパートの犒萋瓩蓮超スリリングでエキサイティングであります。
残念ながら、次の77年NYにおける4枚組ライヴアルバム「ザ・コンプリート・コンサート」にはメオラ(g)やホワイト(dr)のクレジットはありませんでした。
そういう意味では、このアルバムでRTFとして市場における任務は果たされたのかもしれません。



01/07/12 16:34:56
名前:
kit

コメント:
どうも、kitです。今日は関東地方は風が強いですね。

>yes
>紙ジャケ再発
あと1週間ちょいですね。前回の紙ジャケで、私は「リレイヤー」しか
買ってないので、「危機」「こわれもの」「YESSONGS」は買おうと思ってます。
「海洋地形学」は……う〜む(←あまり好きでは無いらしい)。
>だがだがだが、だがだがだが、だんだんだんだんだんだん!! みゃお〜(以下略)
これは、「燃える朝焼け」では?>J'ratさん(^^;

>ジェフ・ベック
ちょっと書き込みしただけで、こんなに盛り上がるとは!
やはり、皆さんお好きなんですね(^^)
そういえば、この前中古CD屋に行った時に、
「ギターショップ」の荷造りジャケ版がありました。
「レアもの発禁CD!」とお店の注釈が貼ってあったんですが、
そんなに貴重なものなんですか?なんでジャケ差し替えになったんでしょうね?
以前の話題にも出ましたが、非常に良いデザインのジャケだと思うんですが…。

>ヤン・ハマー
こちらも、皆さん思い入れが強いんですね(^^)
マハヴィシュヌ・オーケストラにアル・ディ・メオラに
ジェフ・ベックに自分のグループと芸歴の長い方なんですが、
皆さんがお好きなヤン・ハマー参加のアルバムって何ですか?
マハヴィシュヌの「火の鳥」は良いですよね(^^)>yeszanmaiさん

>アル・ディ・メオラ
アル・ディ・メオラも一度聴いてみようとは思っているのですが、
まだ未聴で…その前にリターン・トゥ・フォーエヴァーも…あ、
「浪漫の騎士」も…う〜む、何から聴けばいいんでしょ?(^^;

そうそうアル・ディ・メオラと言えば、デレク・シュレニアンの
ソロ「Inertia」にトム・ケネディが参加してましたね>夢典さん

>トニー・ハイマス
トニー・ハイマスは、テリー・ボジオと作った「THE LONELY BEARS」の
アルバムが好きです。ボジオが炸裂しています。

>案山子さん
>大阪でCD屋さんに来なくてもいいでしょう
はい、そのとおりですね(^^;
最近忙しくて、CD屋に行くヒマがありません。
まあ、yes紙ジャケまで、無駄遣いしちゃいけないんですけど。

でも、ドリーム・シアターのジョーダン・ルーデスとペトルーシの
超絶技巧アコースティックライヴCDが出たらしく…うう、欲しいかも……。

長文失礼しました〜。



01/07/12 14:09:26
名前:
CHIPMUNK

コメント:
めずらしく続けてカキコみます。反応できるお話が少ないんですね。(^^;;;

また、にいはおさんのお話からですが「コーダ」! 私も勇んで買いましたよ!
解散してから3年くらいたってからでしたっけ。中ジャケのアルバムみたいな写真もうれしかったです。
モントルーのボンゾもI can't quit you babyもWearing & tearingもすんごかったですねぃ。コーンが破けそうな音でした。(オオゲサ)
当時レコード・プレイヤがなかったんで友人の家に上がりこんでは聞かせてもらってました。でもレコード自体は人にあげちゃんたんだよなあ。もったいないことしました。

それにしてもツェペリンってタメイキ出ちゃうくらいカッコいいですよねぇ。あんな人になりたい。(??)



01/07/12 13:43:31
名前:
にいはお

コメント:
本家サイトを覗いてきました。
書いてあることの半分も分かりませんでしたが
(英語、苦手だし。中国語で書いてくれんかなあ・・などと
 またムチャなことを・・・)
言わんとする事は良く分かりました。
でも、気長に待つしかないでしょうね、こればかりは。
感情の表現は自由ですが、公の場ではイケマセン。

>地中海物語
なぜこの組曲が「地中海」なのかが良く分かりません。
面白い曲だな、とは十分思うのですが。
sphinxさんご指摘の通り、私もジャジーな印象を抱いた一人ですが、
それはきっと「5 O'CLOCK TEA〜SATAN'S BREAKFAST」の部分の
印象が強かったのでしょう。
アレンジ的にもこの部分が全曲を通じて一番大掛かりで凝っている
ように思えます。
ボーカルパートについては特に難は感じませんが、細かいところは
結構リズムが走ったりしてますね。特にドラムが。

昨晩、久しぶりにツェッペリンの「最終楽章」をプレイヤーにのせました。
お目当ては「モントルーのボンゾ」。故J.ボーナムのドラム・ソロ。
入魂の、という言葉が似合う曲が最近は少なくなりました。



01/07/12 12:45:56
名前:
sphinx

コメント:
>CHIPMUNKさん、Chronos1オーダーありがとうございまーす。オーダーが増えれば
流通経路にも乗ってさらに売上増にもつながり、次回のChronos2の発売にも
はずみがつくというものです。
ベース、ヴォーカルについてはYes風だとよく言われてますが Keyについては
あまり言われてませんね。1stでもオルガンは効果的に使われてます。
今回のChronos1のジャケ写は日本が世界にほこる天文台「すばる」による写真だそうです。
ちなみにパッケージのサインはベーシストGary Strater本人のものでした。
>地中海物語、クラシックをモチーフにしたアルバムですが、最初に聴いた時
ジャジーで即興演奏のような緊張感のあるプレイという印象でした。
フリッツは当時19才で参加していたと記憶してますが。



01/07/12 10:28:47
名前:
J'rat

コメント:
 朝から暑いですね〜。日差しがじりじり、真夏です。またアメリカの公式サイトの掲示板でファンが吠えています。「もう待てない」「くそくらえ」とか...。向こうも相当暑いようです。(^_^;
 こちらにも相変わらず情報は入っていません。EMIは9月に他社と共同で有料音楽情報配信サイトを立ち上げるそうです。そっちはどうなんでしょうね?

 今朝はトリアンヴィラートの1st "Mediterranean Tales: Across The Waters" を聴いてきました。前から思っていたのですが、2作目の "Double Dimple" とはかなり毛色が違いますね。テクニックとエネルギーはすごいのですが、あまりメロディアスではありません。最後の最後の "Broken Mirror" で、♪I'd like to join the force, to fly away from all♪ と歌い上げるまで...。
 インスト中心で、Hans Pape と Jurgen Fritzのボーカルが弱いです。この1作目(1972)と2作目の間には2年間の時間とHelmut Kollen へのメンバーチェンジがありますが、フリッツがオルガン中心からピアノをより重視するように変わっています。曲自体もキース・エマーソンのナイスを目指したようなものから、メロディー中心の美しいものへと変わっていますね。いずれにしてもこの間のMissing Link、気になります。

>ジェフ・ベック、
 みなさん熱いですね〜。「ワイアード」とか、私も聴いてみなくては。クロスオーバーになるんですか?



01/07/11 23:51:46
名前:
夢典命

コメント:
やっと書き込めます。
私も少しばかし、ジェフ・ベックについて語らせていただこうと思いまして、先ほどまで彼のライヴビデオを2本見ながら、頭の中を整理しておりました。

皆さんの誰もが認めるであろう「Blow By Blow」と「Wired」に関しては、筆舌につくし難いほどの素晴らしさに圧倒されて、思うことがうまく書けそうにないので、これらに匹敵する80年の「There And Back」について少々コメントを・・・

この作品は前述の2作品にみられた粗削りな面が少しばかりとれて、いくぶん奥行きのある大人の作品に仕上がっているように感じます。
楽曲に関しても、Keyがヤン・ハマーからトニー・ハイマスに移り変る過渡期にあるせいか、両者の作品群に若干の違いが感じられますか。
ただ、ここでの脇役はまだまだヤン・ハマーでして、‘Star Cycle’や‘The Pump’といったマイルストーンを聴いていると、ほんとに鋭いセンスの持ち主だということがよくわかります。
‘The Pump’に関しては、少し前にあのS.ルカサー&L.カールトンのライヴでの演奏をカキコしましたが、スペーシーなギターサウンドはいつ聴いても気持ちのいいものです。

先ほど2本ライヴ見てたと書きましたが、1本目が2年前の来日コンサートの東京公演分です。
この時は、ちょうど彼のニューアルバム「Who Else!」の発売日(だったかな〜?)の当日のコンサートということで、ほとんどの観客が猴十瓩任なかったようですが、それを吹き飛ばすだけの圧倒的な往年のパワーでぐいぐい突っ走った...といった感じでしょうか。
Key不在の中、その代役として起用された(?)金髪女性ギタリストJENNIFER BATTEN奏でるMIDIギターのプレイには、主役(ベック)の座も危なくなるくらいの視聴覚的な美しさがありました。
彼女は、かのマイケル・ジャクソンでの来日公演でも同じみですが、こうしてまた違ったジャンルの音楽にもきちんと対応できるセンスにははなはな脱帽ものでしょうか。

もう1本は、83年に英国で行われた「The Arms’Concert」での彼のバンドでのライヴ&その他です。
ちょうど彼の「There And Back」が発売された後のコンサートだったせいもあり、その中から前述の2曲が演奏されてました。バックはS,フィリップス(dr)&T,ハイマス(key)コンビでしたが、GパンTシャツに″Red Boots″...ならぬ黒いブーツを履いてのステージングはなかなかきまっておりました。
あの、ギターを少し前に突き出して、親指の腹でつま弾く奏法は彼独特のものでしょうかね〜?
参考までに、このビデオではあのE.クラプトンとJ.ペイジとのセッションも数曲で見られ、クラプトンがサイドギターにまわって、ベックとペイジがリードを弾き合うという夢のような場面も見られます。

BBAとしての初来日が確か73年でしたが、それから5年後にはあのスタンリー・クラーク(b)とのジョイントでも再来日してました。ちょうどこの頃がフュージョンサウンドの走りの時期で、あまり知らないながらも、これを機にとスタンリーのソロアルバムに挑んでいった頃が妙に懐かしいです。

あっ、ちょっと長くなりましたか・・・(^_^;)



01/07/11 23:38:29
名前:
yeszanmai

コメント:
>ヤン・ハマ−
懐かしいですね。「ワイアード」なんかはやっぱりCDよりLPで聴く方が
迫力があります。
私にとってはビリ−・コブハムの「スペクトラム」でのプレイが印象深いです。
あとマハヴィシュヌの「火の鳥」も。
彼のソロアルバム、CD化されてませんよね?(編集盤はあるけれど)
楽器によって出やすいフレーズというのがあって、
ヴァイオリンでハマーのコピーをしました。
簡単そうで難しい。特にリズム感が。

>DUN
引っ張ってすみません。
天神橋商店街に移ったんですが、そこが下駄屋か駄菓子屋のような風情で
土間と三和土があって、当然客はいつもいませんでした。



01/07/11 21:57:17
名前:
ホイトル

コメント:
え〜..先ほどのカキコはワタシです。
珍しくたくさん書いたら、なまえを忘れました。



01/07/11 21:55:59

コメント:
>ジェフ・ベック
はいはい、ワタシも御多分に漏れず
「ブロウ・バイ・ブロウ」や「ワいヤード」あたりが好きで、
「ライブ・ワイヤー」で「トレイン・ケプト・ア・ローリン」が飛び出せば
ぎょえぇぇ〜..かっちょええぇぇ〜
とのけぞったクチです。

最近のベックはどうも新しい境地に入ったような気がしています。
最新作や前作でもやたらと「自由にギターをあやつる人」という感じが強いです。
ビートルズのプロデューサー、ジョージ・マーチンの引退アルバムで
ベックは「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」を演ってるんですが、
本当に自由にギターで歌っています。
もちろん「最高!」と叫びたくなる素晴らしさですが、
なんだか行き着くところまで行ったなという気もします。
そう、何が言いたいのかというと、
「ワイヤード」の頃のほうがスリリングだったんですね。
だから歴史的名演なのです。

考えてみればロックっちゅうのも
「完成度」と「危なっかしさ」の絶妙なブレンドが必要な妙な音楽ですね。



01/07/11 16:36:11
名前:
紀州の駱駝

コメント:
>ワイアード。
懐かしさにつられて参加したくなりました。
当時は、前作の『ブロウ・バイ・ブロウ』と『ワイアード』がロック・アルバムなのに全てインストルメンタルということに大変驚きながらも、そのすばらしさにのめり込んでいました。
ベックのアルバムではこの2枚が大好きで、高校のときに聴きまくってました。
挙句の果てには無謀にもレッド・ブーツを高校の文化祭でやりまはしたが、結果は散々な状態でした…(泣)。でも、今となれば良い思い出ですけどね。

>CHIPMUNKさん。
>ブルー・ウィンドってドラムもヤン・ハマーじゃなかったですか?
お書きのとおりです。この曲はヤンとベックが2人でレコーディングした曲ですよね。ちなみにベースはベース・シンセサイザーです。



01/07/11 14:13:42
名前:
CHIPMUNK

コメント:
こんにちはー、あいかわらず「読み取り」専門でございました。

>ワイアード
わたしもずいぶんお世話になったレコードです。レッド・ブーツのあのリフ、今でもドキっとするくらいカッコいいですよねえ。そういえばクロスオーヴァーって言葉はこのアルバムを解説していたラジオで憶えたように思います。
にいはおさんのお話読んでいるうちに思い出したのですが、ブルー・ウィンドってドラムもヤン・ハマーじゃなかったですか?勘違いかな??
それにしてもベックってギタリスト憧れ少年の究極の目標だったような気がします。(^^)

>sphinxさん
わたくしもChrosnos1、注文しましたよー。Starcastleは今まで食わずナントカでしたんでこれからちゃんと聴いてみようと思ってます。
YES、YESといわれますがオルガンはEL&Pのような気が...



01/07/11 13:36:37
名前:
J'rat

コメント:
 梅雨が明けたそうですね。蒸し暑いです。

 今朝は久しぶりに "Illusions on a Double Dimple" でした。フリッツのシンセとピアノもいいのですが、ヘルムートのギターやストリングスも効果的です。1stと比べてフリッツのキーボードの厚みが増し、すごい貫禄です。改めて「これで2ndなのか!」と完成度の高さに驚かされました。

 デジタルピアノは、音が出るだけで楽しいです。結構強く弾かないといい音がしないあたり、やっぱり打楽器なんだな〜、と思いました。それにつけても左手は難しいですね。手は左右対称ですが、鍵盤はそうじゃないので、全然弾けません。(^_^;

>だがだがだが、だがだがだが、だんだんだんだんだんだん!!
 "Release, Release" ですか〜?

>yeszanmaiさん、
 すごい、大阪の店全部ご存知のようですね〜。



01/07/11 13:32:29
名前:
にいはお

コメント:
>ヤン・ハマーのプレイ
自分の聴いた限りの話しか出来ませんが、「TOUR DE FORCE LIVE」
(アル・ディ・メオラとのジョイント)に収録の「エレガント・ジプシー組曲」の
ソロは素晴らしかったです。普通この人はシンセの左よこに付いている
「ベンディング・ホイールの妙技」で語られることが多いのですが、
この曲ではギター特有の奏法である「バイオリン奏法」「ミュート」
「フルピッキング奏法」「フィードバック奏法」が全部詰めこまれており、
良くぞここまでの音をシンセで出した!としか言いようがありません。
また、変拍子感覚も大変なもので、「ライブ・ワイアー」(ジェフ・ベックとの
ジョイント)収録の「スキャッターブレイン」の「高速・変拍子・帳尻なぜか
合っちゃうソロ」(分かる人にしか分かるまい)なんぞは、どう逆立ちしても
真似が出来ませぬ。
その他、イナタいエレピのバッキングとか、ほとんどアタック音だけなのに
存在感のあるシンベとか、レガート・スタッカート気味のシャープなタッチ
(難易度極めて大)とか、学ぶところは多いです。

マハビシュヌの1ST「内に秘めた炎」ではシンセは登場していませんが、
歪んだエレピにリング・モジュレーター(知らん人も多いだろうなあ)をかけてまで
ギターのピッチベンド的なサウンドを出しておりました。この人とか、
ジョン・ロードのオルガンの音とか聴くたびに、512音色とか1024音色とか
内蔵されている今のシンセが、こんな事で良いのだろうか?と思ってしまいます。



01/07/11 07:54:54
名前:
案山子

コメント:
>kitさん
の書き込みにつられて、昨日は、1日中ジェフ・ベックの「ワイアード」を聴いてました。
これは高校時代に、思いっきり聞き込んだLP(あっ。死語でしたね)です。
時代のふるいを通しても、輝き続ける名盤ですよね。
ヤン・ハマーのキーボードの音が最高に好きです。ギターの掛け合いみたいに聞こえるのも面白いですね。
後、イントロの途中でギターの最初の音がビーとなるところが何故か非常に懐かしく印象的です。
今日はBLOW BY BLOWを持って出掛けます。
それにしても、東京から来られて、大阪でCD屋さんに来なくてもいいでしょう。
確かに東京ほどなんでも手に入るところって、世界中にもないのかも知れませんね。

>DUN
は、輸入レコードの専門店ですね。
まだまだ輸入盤が高くて少なかった時代に、とても安く売っていた様に思います。



01/07/11 06:57:51
名前:
ふらじゃ

コメント:
今朝は雨が降ってます、やはり梅雨なんですねぇ夏休みならぬ梅雨休みです。

>J'ratさん
カビ取りの指南ありがとうございます。昨日は15枚ほどやってみましたがけっこう上手くいきました、ためしにEGGの1stを聞いてみたらスクラッチノイズも軽減されてました(^_^)v
ただ枚数がすすむにつれガーゼが水を含んでふきとりにくくなり乾燥後水のあとが残ってしまうので一回の洗浄枚数は5枚くらいが限度でしょう(体験談)

やぱり紙ジャケは大きいのがいいですね(^_^;懐かしさも手伝ってつい見入ってしまいました。でもけっこうジャケットにもカビが生えてますねぇ・・・あと背表紙?が日焼けして色落ちしてます。



01/07/10 23:54:08
名前:
yeszanmai

コメント:
>案山子さん
まあ、なんだかんだいっても大阪はまだ恵まれていますよ。
広島の友人が言っていました。「東京が異常」と。

>J'ratさん
DUNはおじいさんと、おばあさんがやっているジャズ専門店で
テレックスでディーラーとやり取りしていました。
天神橋筋商店街に移転前の閉店セールでLPコーナーの店員が仕入れしてました、、、。

昭和ケース音響はまだあるんじゃないかな?昔ヘッドフォンを買った覚えがあります。

上新庄のジャズ喫茶、駅前の地下にある店ですよね。まだありますよ。



01/07/10 22:52:24
名前:
にいはお

コメント:
DMにつられて、ショックウェーブのサイト
(WWW.SHOCKWAVE.COM)を覗いていたら
懐かしい「テトリス」のダウンロードサービスが
ありました。それは、まあ、いいんですが、
そのテトリスのロゴ(TETRIS)を担当しているのが
なんとロジャー・ディーンでありました。
(どなたかが既に言及しておられたかも知れませんが)。

これはつまり、ネットなんかやってないで
イエスをちゃんと聴きなさい、ということなのだな。
分かりました。では、

だがだがだが、だがだがだが、だんだんだんだんだんだん!!
にょわ・・・あ、これはもうやった・・・。



01/07/10 21:56:28
名前:
夢典命

コメント:
考えてみれば、もう2週間もすれば学校も夏休みにはいるんですよね〜。
ほんとに時の経つのは早いな〜、♪時間よ〜、止まれ〜♪

>Starcastle

なかなか聴きごたえありそうですね、そのうち店頭に並びますよね〜きっと。
それまでしばしの我慢...ですかね。

>店主さま

マリンバ中心というよりは、やはりヴァイブのウェイトのほうが高いのですが、ヴァイブの音は聴き慣れているせいか、逆にマリンバの音色が印象強く残ったといった感じです。

今夜は少し思考を変えて、爽やかA・O・Rものに聞き入っておりました。
Far Cryが1980年に発表した「The More Things Change...」というアルバムなんですが、先月世界初CD化されたもんで、即ゲットしておりました。例の『洋楽秘宝館シリーズ』です。
なぜにFar Cryなのか・・・と申しますと、一言で言うなら当時、ポスト・スティーリー・ダンと騒がれてそれっぽいサウンドを聴かせてくれていたからです。おまけに、ご当人のドナルド・フェイゲンも3曲でゲスト参加してるときたもんで、もうかってにやってくれ〜といった感じでしょうか。

たまにはこういったサウンドもおつなものですね。(^^ゞ



01/07/10 19:22:47
名前:
J'rat

コメント:
 そうそう、なんときのうスターキャッスルの "chronos1" が到着しました。やはり宇宙を飛んできたようです。頼んで1週間です。早いですね〜。でも減速に失敗したようで着地のショックかプラケースが破損していました。(^^ゞ
 さっそく今朝聴いてきたのですが、まぎれもなく懐かしいスターキャッスル・サウンドですね。私も2ndからの曲は音質がいいと思いました。"Fountains" はブリリアントでいいですね〜。ボーカルはジョンアンダーソン、ベースはクリス・スクワイア風に磨きがかかっていまして、これも好きです。

>夢典命さん、
 ゴングジラはマリンバなんですか。珍しいですね〜。ちょっと想像できませんが、和むような感じになりそうですね。それとも結構ガンガン叩くんでしょうか? プログレで使わない楽器はないという感じですかね〜。

>案山子さん、
 大阪はやはり大変そうですが、ぜひがんばって良いお店を発掘してください。マニアックな店が意外な町にあるかもしれませんし...。レコードコレクター誌とかに載っていないですかね〜? そういえば昔上新庄に住んでいたときに近所にライブもやるジャズ喫茶を発見して狂喜しました。数年前出張で行ったらまだやっていました。

>yeszanmaiさん、
 DUNって店も記憶にあります。難波は新星堂ですか。あと、なんばCITYから電気街に行く途中にも輸入盤屋さんがありましたね。電気街といえば昔好きだったオーディオショップはもう無いんでしょうね。昭和ケース音響っていう店でしたが...。

>kitさん、
 「ぼてじゅう」とはまたメジャーですね。じゃりん子チエ風のお店のほうが趣があるかもしれません。ぜひ今度は探検してみてください。
 もうYes紙ジャケ再発ですか。また買われるんですか? 最初の時買ったから私はもういいかと思っているんですが...。特典応募用のシールは欲しいですけど。



01/07/10 10:31:37
名前:
J'rat

コメント:
今日も暑いですね〜。梅雨明け宣言はまだでしょうか?

>ふらじゃさん、
 無事到着おめでとうございます。いいな〜、夏休み。私も休みたい!

 で、レコードの洗浄方法ですが、いくつかホームページがありました。ご参考にどうぞ。私の経験から言いますと、カビ取り後に水分が残らないようにきれいな布(使い古した柔らかいガーゼがいいです)できちんと拭き上げるのがコツです。洗剤や水道水が残ったまま自然乾燥させると不純物が固形化して、余計スクラッチノイズが増えます。裏技として、濡れているまま再生して高音質なフォーマットにコピーするというのもあります。でもこれは1回しか効かない(レコードがだめになります)ので最後の手段です。

「レコード洗浄の部屋にようこそ!」
http://www.dokidoki.ne.jp/home2/inging/ing11.html

「LPレコードの生き返らせる方法」
http://www.asahi-net.or.jp/~zh7y-tkyn/lpclean.htm

「秘技!レコード丸洗い」
http://homepage1.nifty.com/marumasa/av/adwash/top.htm



01/07/10 06:11:48
名前:
ふらじゃ

コメント:
無事田舎に着きました、途中気流の関係でスチュワーデスさんが立ってられないほど揺れたのでかなりビビリました

今日から暇をみながらLP(死語)のカビ取りをしようと思ってます。やはり水洗いが一番でしょうか?レーベルがボロボロになるのが難点ですが・・・



01/07/10 03:14:46
名前:
kit

コメント:
どうも、kitです。関東は、結構蒸し暑さは薄れましたね。
暑いのは暑いんですけど(^^;

>大阪
先週は、仕事の出張で大阪に行ってました。
…とはいえ、CD屋に寄るヒマが無かったので、
しょうがないのでお好み焼きだけ食べて帰ってきました。
店は「ぼてじゅう」(←大阪の意味無いじゃん(^^;)。

>21世紀バカ
さっきテレビで流れてました。結構、流れているみたいですね。
もう発売されてしまってますが、今のタイミングで「宮殿」紙ジャケを
再発していれば、結構なヒットになったかもしれませんね。

そういえば、あと10日ぐらいすれば、イエスの再発紙ジャケですね。
何かCMで曲のタイアップしてくれれば、たくさん売れるかもしれないんですけどね(^^;

今日は、ジェフ・ベックの「ワイアード」を聴いてました。
ヤン・ハマーはマハビシュヌぐらいしか聴いたこと無かったんですが、
ギターみたいな弾き方をするキーボードの人なんですね。
ギター志向のデレク・シュレニアン(プラネットX)が
影響を受けたのもわかる気がしました。



01/07/10 00:13:50
名前:
sphinx

コメント:
ようやく「Chronos1」をとおして聴くことができました。

別テイクの中では2.「Forces」のコーラスアレンジが大胆に変わってまして
Final版のイメージがありません。2ndアルバムからのタイトル曲4.「Fountains」は
残響効果があって、Chronos版のほうが断然よいですね。
未発表曲3曲のうち2曲はまったく初めて聴くものでしたが、珍しくアコギをメインにし
た8.「Where caverns Wind」はらしくないけど、きれいな小品です。
10.,11.と併せこれを聴くだけども価値ありですね。

Chronos2が楽しみです。



01/07/09 23:20:53
名前:
yeszanmai

コメント:
>腰をゆわす
わかりますよ〜っ。
でも私は「いわす」と言います。
他には「ブイブイいわす」、「いわしたろか」など。

>LPコーナー
ほとんど利用したことはないです。
その2軒隣のDUNにはよく行きました。

>新星堂なんばシティー店
オープン以来20年以上の付き合いです。
前担当者がマニアで世界中から仕入れていました。
現在は私の大学の後輩が担当していますが、サザンロックが充実しています。

余り動き回らずに1、2軒で済まそうと思わなければ、結構見つかります。
百貨店などの合同「レコード祭」なんかで思わぬものを引くことがあります。
あとスーパーの催事なんかも3000枚くらいあれば、1枚くらいは
「おおっ」というものが隠れています。



01/07/09 22:31:22
名前:
案山子

コメント:
>yeszanmaiさん
ありがとうございました。やっぱり大阪人にはしみじみとツライものがありますよね・・・・。
でも日本橋のディスク・ピアは完全に盲点でした!行ったこと無いんです。
中古屋巡りの時は、あの辺りが中心なのでついでに行けて有り難いですね。
タワーレコードの心斎橋店は何度か行ったのですが、たまたまヒットしなかったので、
最近行ってないです。他のところも、まめにチェックしてみようと思います。
逆境にあってこそ、強い意志が生まれるかも・・・・。めげずに頑張ります。

>にいはおさん
>腰をゆわしました
解ります!この辺では普通に使います。(←2人目)
でも、これは大変ですよね。どうぞお大事に。

>J’ratさん
わたしは高校時代はLPコーナー一辺倒でした。これは楽だったんですけどね・・・・。
>難波の駅の端っこ・・・・なんばCITYの新星堂かな?あの辺苦手なんですよね。
何回行っても道に迷う・・・・はっきり言って方向音痴です。
ジャズ喫茶は奈良市内ではよく行きました。コーヒーたのんだら目刺しが付いてくるとことか・・・
大阪ではほとんど行ってないかなぁ?



01/07/09 21:50:52
名前:
夢典命

コメント:
冷房のがんがん効いた部屋と、くそ暑い室外とを頻繁に出入りしてたら軽い頭痛に襲われてしまいました。
この年になると、体力の消耗が手にとるようにわかるようです。(^_^;)

さて、今夜は早速ゴジラ、ならぬゴングジラに耳を傾けておりました。
思った以上の聴き易さにちょっとばかし驚いております。
ジャズロックの世界には違いありませんが、これほどまでにマリンバとパーカッションのコラボレーションが気持ちのいいものとは思いませんでした。
ヴァイブにはない音のぬくもりというのがマリンバには感じられますので、そういう意味からも気持ちがよかったのかもしれません。
B.Lozagaのギターもホールズワースを彷彿させているところも多々あったりして、あのゴングの「Gazeuse」の延長線...いや、それ以上の聞きごたえがあるといっても過言ではありませんでした。
yeszanmaiさんの詳しい情報を読んで、またまた関連の作品を聴いてみたくなりました。

>モントゥルー

看板としてはジャズを掲げてはいますが、結構ロックっぽいものから、レゲエやボサノバ関連のバンドまで幅広いジャンルの音楽を発信しているようですね。
基本的には、このフェスティバルの産みの親であるプロデューサーが出演アーティストを決めているようですが、80年代初期には、あのクインシー・ジョーンズが選考していたという話は有名です。



01/07/09 16:12:42
名前:
J'rat

コメント:
 今日も暑いですね〜。梅雨なのに雨が降りません。カラッと暑いです。中国やアメリカはいかがでしょうか?

>イオナ、
 「ひたすら美しく気高い音です」 ひゃ〜、気高いほど美しいとは! 天にも昇る心地ということでしょうか。ぜひぜひ聴かねば!! さっそくdisk unionに....と言うと羨ましがられてしまうのですね。(^^ゞ from USCさんが美しいと言うときには、本当にすごく美しいのです。とにかくゲットしなくては!

>大阪プログレ事情、
 結構大変なんですね〜。私が大阪にいた80年代はあまりプログレを聴かなかったので、熱心に探していませんでした。梅田の阪急ファイブの近くの店とか、LPコーナーくらいでした。難波の駅の端っことかにもあったような...。当時はジャズ喫茶に行くことが多かったです。
 東京に転勤になって、新宿のdisk unionに行ったときは、本当に驚きました。「プログレだけでワンフロア!」と有頂天になったものです。そのとき買ったのがABWHの輸入盤でした。

>腰をゆわす、
 はいはい、わかってしまいました。痛めるという意味ですが「あっちゃ〜」という感情がこもっていますね。妻ラットが和歌山なので教わりました。ちなみに阪神を応援するときに「いわせ〜!」とか言っています。

>デジピアノのMIDI IN、
 そうなんですか、道理で2パートぐらいしか鳴っていなかったようです。ご無体なことをしてしまったんですね。無知は怖いです。とにかくジャックがあると繋いでみたくなる性分なものですから....。壊れなかっただけよかったのですね。もしかして「ミュージ郎」とかを買えば多彩な音源が楽しめるということなのでしょうか? まだ懲りていないらしい。だってピアノの音が良かったんです、にいはおさんの、「ピッシーズ...」。



01/07/09 13:46:04
名前:
にいはお

コメント:
腰をゆわしました(←何人分かるか、この日本語?)
立ったり座ったり出来ません。そのどちらかで不動なら
まあ、我慢できます。
36kgsのピアノなんか、持てません。

>らくだ君初ライブ
祝!
頑張ってらっしゃい!
(ときに、おにおんぶろっくてのは、玉ねぎみじん切りのことかえ?)

>店主様。MIDIをデジピアノに繋いで鳴らした。
あ、それはご無体な・・・・。
恐らく、1パートしか鳴らなかったか、或いは全パートがピアノの音で
鳴り響いたかのどっちかだったのでは?

私の、に限らず巷に溢れているMIDIをある程度再生しようとするならば
「マルチ・ティンバータイプ」の音源がどうしても必要となります。
簡単に言えばベースとかピアノとか、製作者側で設定しているパート
(トラックとかチャンネルとも言う。通常はMAX16パート)の数だけ
分かれて再生できる機能を有していないと、1パートだけあるいは全部
ごっちゃになって鳴ってしまいます。

各パートが「オレが、オレが!」と信号を送っている一方で、デジピアノ側は
「い、いやああ、やめてえ、ひとを呼びますぅ・・」と叫ぶ声が聞こえてくるようで、
みんなで一人をよってたかってと言うのは、これはいやはや何と申しましょうか、やはり
ここはひとつ、清く正しく美しく、一対一で(・・何の話をしてんだよ?)。



01/07/09 03:45:51
名前:
yeszanmai
電子メールアドレス:
メールはこちらまで

コメント:
>案山子さん
ええ、大阪市在住です。
ワールドカップに歩いて行けます(自慢しているつもり、ところでチケットの抽選はどうなったんだ?)

正直、大阪でプログレを探すのは絶望といえましょう。
私の場合、イエス以外はジャズロック中心なので更に厳しいです。
皆様の「昨日、ふらっと立ち寄ったユニオンで〜」という書き込みが、どれだけ羨ましいことか。
ほとんどはネット通販で済ませています。

そんな中で日本橋のディスク・ピアはお薦めです。
大阪でプログレや再発ものの品揃えは一番だと思います。
キャラバンやピンクフロイドの発売時にはドドーンとスペースをとっていました。
家電量販店のソフトショップなので「どうせゲームやアニメばかりだろう」とばかにしていましたが、
梅田店や南街地下店(昔タワーレコードのフランチャイズだった場所、後にスターレコード(旧大月楽器))も
プログレには力を入れています。
ここの面白いところは、マ−キーやアルカンジェロの国内仕様盤と輸入盤を並べているところ。
輸入盤はだいたい2000円くらいです。
つまり「しょうもない解説だけで1000円払う根性見せてみぃ」と迫っているわけです。
キャッスルやレパートワの再初物は1700円くらい。
難点は輸入盤と国内盤が別々にあることくらいかな。
ウェイクマンのソロも30枚くらいあります(これはちと高い)。
先日広島から来た友人が「パラダイスだ〜」といって二日で7万くらい使っていました。

シングルCDに関してはタワーレコードの心斎橋店が力を入れています。
あとバックトリップがUKもののシングルがアナログCD問わず早いです(売り切れるのも早い)。
ジュークボックス(今でもあるんですね)用の7インチ盤まで入荷しています(もちろん新品)。

他にもいろいろ探せばあるのですが、このくらいに。
ジェネシスのシングルは2枚ありますのでよろしかったら差し上げます。

>モンタレー
イエスとしては出演していませんが、スティーブ・ハウが1979年にアコースティック・ソロを
やっています。これはヴィデオで出ていて、最近DVD化されました。
あと、アンダースン・ウェイクマン・ハウでも出演しています。同じ79年だったかな?

>ゴングジラ
ゴングというよりピエール・モーランズ・ゴングですね。
セカンドも出ました。
ブノワ・モーランのヴァイブが効いています。
ピエールも参加予定でしたが、契約問題で不参加です。
なんでもブロードウェイ・ミュージカルで仕事をしていて
他では一切仕事しちゃいかん、という契約だったそうです。
1997年突然ブランドXの来日公演で復帰して驚きました。
あとこのLoloレーベルからはBON名義のトリオやProject Loでは
モーランズ・ゴング(ボン・ロガザ、ハンスフォード・ロウ)と
パーシー・ジョーンズやデヴィット・トーンが絡んでいます。



01/07/09 03:07:54
名前:
from USC

コメント:
いや、話の流れの腰を折りたくない気持ちなんですが。しかも去年の夏の作品だし(渡米直後だな)。

Open sky
イントロからの縦横無尽に駆け抜けるギターに参ってしまいました。ボーカルはジュリアンレーガン+マギーライリーというか、こんな比較が実に失礼なくらいの歌声です。95年の作品からは格段の進歩です。ひたすら美しく気高い音です。

私にとっては
Queen IIを初めて聴いた時、
宮殿を初めて聴いた時、
究極を初めて聴いた時に匹敵しますといったら言いすぎですかね。いや言い過ぎではないです!。



01/07/09 02:22:41
名前:
J'rat

コメント:
 やっと終りました。部屋の模様替えをしていたのです。模様替えといっても、あっちのものをこっちに移動しただけですが...。デジピアノに居場所を奪われたオーディオラックがやってきたので、床に転がしていたオーディオを詰め込みました。少しすっきりしました。
 ついでにPCにLANカードを挿したり、キーボードとマウスを替えたりしていました。そんなことしているから遅くなるんですね。

>らくだ神さん、
 なんと、ライブをなさるんですか! 素晴らしいですね〜。ドラムは毛糸さんですか、違う? ASIAとYesをなさるとはぜひ聴きに行きたいのですが、残念ながら当日は千葉の千倉に海水浴に行くのです。う〜ん、残念です。
 オフ会にライブの音源をぜひ持ってきて、聴かせてくださいませ〜。

>ベータのデッキ、
 引越し以来、電源を入れていません。ていうか、ケーブルも繋いでいません。もう動かなくなっているかもしれませんね〜。ベータの資産はどうなるのでしょう?

>VHDビデオディスク、
 おお、針のあるビデオディスクですね。しかも画質がVHS並だったという不幸なフォーマットですね。カラオケではある程度普及したようですが...。フォーマット作りは難しいですね。

>モントルージャズ祭、
 Yesは出てないんじゃないでしょうかね〜? どなたかご存知ですか?
 夏はジャズの季節ですね〜、特に夕暮れ。久しぶりに4ビートが聴きたくなってきました。

>IONA、
>超ド級の作品でした...。こんな衝撃は本当に久しぶりです。言葉がありません...。
 すごい賛辞ですね。もうちょっと詳しく教えていただけませんか? (^^ゞ 聴いてみたい〜!

>ゴングジラ、
 本当にそういう名前なんですか? 強そうですね〜。カンタベリー系になるのでしょうか?

>毛糸さん、
 ピアノのイスの色が真っ黒で合わないと言って、妻ラットがイスだけ交換に出してしまいました。確かに合わないのですが、無理やり変えさせるあたりは怖かったです。無茶な消費者です。と、言うことで、今我が家にはピアノ椅子がありません。立って後ろ向き弾きの練習はできそうです。

>にいはおさん、
 教えていただいた秘儀は難しいです〜。一週間でできるようになるかな〜。一本指で "The History Of Mistery(Part1)" のサビのメロディをやっとこせ弾くことができました。でも、単音は寂しい...。
 さっそくMIDI端子にノートPCを繋いで、にいはおさんのMIDIを鳴らしましたが...。?? なんだか家のピアノの持っている音(8種類)しか再生できないようです。ピアノだけの「ピッシーズ・アット・ヌーン」はいいのですが、シンセやらオルガンやら他の楽器が入ってくると、消化できなくなってしまうようです。かなり不思議なオンガクになってしまいます。そういうもんでしょうか?



01/07/09 01:39:49
名前:
毛糸

コメント:
こんばんやーおひさしぶりですー
今日はらくだくんのサポーターで参りましたぁ
(おぬし、いつから神になったのだ?>らくだ)

らくだくんがKBで参加しているバンド「おにおんぶろっく」の初ライブ
場所:高円寺RITZ
日時:7月15日(日) 17:30開場 18:00開演
でごじゃいます
ヴォーカルは、あのウェットン系コブシごろごろのスキゾウさんですよん
(なつかしいっしょ?>J'ratさん)
都合のつく方は是非応援に行ってくらはいましぃ

>ピアノ購入
おめでとーございます
仔ラットくんとのアンサンブル、いいっすね〜〜
あたしも娘とKB&ドラムでスプリングコンサート参加予定ですぅ(←ら、来年やぞ、おい)
がんばりましょね♪



01/07/09 00:29:18
名前:
らくだ神

コメント:
こんばんは!また一週間が始まりますが、頑張りますかね。

私の参加しているバンドの初ライブが一週間後に迫ってきました。
緊張ですー。ASIAやYES等をやります。プログレ度は25〜30%?
キャメルやカンタベリーはやりません(笑)。
時間は30分位しかないので5曲しか出来ませんが、頑張ります!

さて、昨日はいろいろと買い物してきました。
●キャラバンの紙ジャケいっぱい、ケストレル、ダリル・ウェイ2枚、レディオヘッド
●方位磁石
●カバン
●KORGのスイッチペダル(シンセ用)

今日の車の中では、オフスプリング(パンク)、ケストレル(プログレ)、レディオヘッド(UKロック)
チックコリア(ジャズ)を聴いてました。ぜんぜん統一性ナシ!


J'ratさん
ピアノついに届いたんですね!おめでとうございます。きっと素晴らしい音なんでしょうね。
36Kgですか。重いです。うちのN264は14Kg。
練習頑張って下さい!


はみる

ひそかにハマってます。ダークネスとか、かなりきてます。
しかし、この人の声は本当に独特ですね。
上手いか下手かわからない、妙な声です。こんなボーカリストも珍しい。
でも好き♪



01/07/08 21:17:39
名前:
夢典命

コメント:
今日は思ったほど暑くなりませんでしたね。
こう暑い日が毎日毎日続くと、熱中症でダウンするひともでてきますからね〜
あたしゃ〜もっぱらプログレに倏中症瓩任笋鵑垢・・・(^_^;)

今日は本当に嬉しいことがありました。
たまたま他の用事で千葉まで出かけていたのですが、少し時間があったのでおきまりのunionをちらっとのぞいてみましたら、これが大正解。
ずっと探し続けていたGongzillaの「SUFFER」が中古の棚に・・・「すげーっ!」と思わず声を出しそうになるくらいの感激で、すぐさまレジに直行しておりました。
このアルバムは95年に突然発売されたようですが、バンド名のとおりあの怪獣ゴジラがチャイナシンバルを持って吠えているジャケットなので、すぐわかりました。
サウンド的にはゴング(ホールズワース入り)+1/5ウェザーっぽい音のようで、まだ聴いてませんが非常に楽しみであります。
こういうのを、『一日遅れの七夕...ならぬ棚ぼた』というのでしょうか m(__)m

>店主さま
>21世紀のスキッツォイドマン

最近の日本の犯罪事情を考えてなんでしょうが、この曲のタイトルはどうしても元のほうがしっくりきますよね〜。
このカバーとしてはPLPの「Live in America」でのナンバーが結構お気になんですが、日本でも今から30年くらい前にかの内田裕也率いるフラワー・トラヴェリン・バンドのデビューアルバムの中でも演奏されています。しかも完璧コピーみたいなので是非聴いてみたいのですが、誰か聴かれたことのある方いらっしゃるのでしょうか?

>βデッキ

昔のVHSとの戦争に敗れてもうほとんど忘れ去られようとしておりますが、まだまだお持ちの方も多いみたいですね。
そういえば、これと同様にLD対VHD戦争があったのを覚えてますか?
DVD市場の拡大と共にレーザーディスクも片隅に追いやられようとしておりますが、まだまだ中古市場が残されている分、コレクターにとってみれば探しがいがありますね。(私もそのひとりですが)
ただ、敗れたVHDは現在どこの中古屋さんに行っても見かけたことがありません。
DVDに関しても、リージョンNo.というややっこしい問題もまだ残っていますので、このあたりも世界統一基準を作ってもらえれば便利になるんだけどな〜。



01/07/08 13:49:50
名前:
from USC

コメント:
ドジャースタジアムにドジャース対マリナーズを見に行ってきました。イチローがバッターボックスに入るとロスのファンもひときわ大きい歓声(と同じくらいの大きさのブーイング)をあげておりました。
ベースボール(野球じゃないなこれはどうみても...)はやはり屋外でデーゲームが良いと思いました。

アパートに帰りましたら通販CDが届いておりました。今更ながらのIONAのOpen sky。ドラムがちょっとドッタンバッタンしてますが、最近聴いた新譜(というか新譜はあまり買ってなかった)のなかでは超ド級の作品でした...。こんな衝撃は本当に久しぶりです。言葉がありません...。



01/07/08 10:38:43
名前:
夢典命

コメント:
おはようございます。
わたくしも今朝は6時前に起床いたしました・・・心配ないですよ、ふらじゃさん!(意味不明)

ということで、天気予報がうまくはずしてくれたこの週末ですが、今日も昨日同様なうだるような暑さが続くのでしょうか?
こういう日には、爽やかなサウンドが恋しくなってくるので、朝も早よからスティール・パンの音色に身をよせて聞き入っておりましたら、またうとうととひと眠りしてしまいました。

で、現在はサンタナのラテンサウンドに耳を傾けております。
私もどちらかというと初期のサウンドを聴き込んだ方ですが、今聴いているのは彼らの来日コンサートのなかでの大阪公演をほとんどまるごと収めた3枚組「ロータスの伝説」です。
今から四半世紀以上前になる74年の作品ですが、当時でのライヴ3枚組というと、あの「イエスソングス」が代表的ですが、カルロス・サンタナもイエスの大作に刺激されて翌年にこうした大作を発表することに決めたとか・・・
彼らの宗教じみたサウンドアプローチは、ある種の特異性がありましたが、彼らならではのサウンドはいわゆるプログレッシヴなサウンドアプローチととらえても不思議ではありませんか。
この作品ですが、おなじみの横尾忠則氏によるジャケットアート作品になってますが、当時でも珍しかった22面体ジャケットで構成されています。
一方、いわゆる解説書的なライナーノーツですが、通常のサイズの1/3程度に縮小、省略されていて、こういったところにも彼らのこのライヴに対する意気込みみたいなものを感じさせてくれます。

イエスの話題がでたところで、最近は例の「究極」サウンドにはまりっぱなしなんですが、内ジャケの写真を見てびっくり、なんとスイスのモントゥルーにてレマン湖をバックに撮影されてたんですね。
モントゥルーといえば、毎年今ごろから始まるジャズ・フェスティバルが世界的に有名ですが、先日も97年のダイジェスト番組を見てましたら、かのELPも出演しておりました。
もちろん、かなり太目な3人組になってましたが、そのサウンドたるや昔と変わり映えのしない、現役バリバリの演奏を披露してくれておりました。エマーソンなんて、ハモンドに押しつぶされながらも逆向きでの素晴らしい演奏を聴かせてくれて、やっぱただ者ではなかったんだな...とあらためて彼らのパワーを再認識させられました。
ひょっとして、イエスも出演したことがあるのでしょうか?



01/07/08 10:28:40
名前:
案山子

コメント:
>from USCさん
>Carpet Crawlers1999
は、シングルなんですね。どうもありがとうございました。
なんか、ますます聴きたくなってきました。
>yeszanmaiさん
は関西の方だったと思うのですが、店頭でマメにチェックしてれば、
結構あるものなのでしょうか。
関西のプログレファンはどのようにして飢えをしのぎ、生き延びているのか
疑問に思う今日この頃・・・・・。

VDGGにのめり込み気味で、特集記事の載ってた「ストレンジ・デイズ2月号」を買ってきました。
ピーター・ハミルのソロが20枚も出てたなんて、驚きです。
問題はどのようにして手に入れるか・・・・・。
これって嬉しいのか、悲しいのかよく分からないですね・・・。
なかなか手に入らないものを探し通す快感って有るんですが、それも程度問題です。



01/07/08 06:55:52
名前:
ふらじゃ

コメント:
朝は涼しいですね、空気がひんやりしてます
最近、早寝早起きが身に付いてしまいました、歳のせいでしょうか

昨日昼間車を運転してて赤信号の交差点に突っ込んでしまいました
運良く事無きを得ましたが背筋の凍る思いでした。同乗者はもっと恐かったでしょう
気を付けなければ・・・

我が家のβデッキの映りがいよいよ怪しくなったので思い切って上ブタあけて
ヘッドやテープ走行部分をアルコールで掃除しました
一応写りはよくなりましたが、テープそのものの劣化はどうにもなりませんね
劣化しないメディアの普及が待ち遠しいです



01/07/07 22:39:12
名前:
from USC

コメント:
ここでCMなんて見ることなんて出来ませんので、トヨタのHPに行って新車を見てきました。
ひょっとしてヴェロッサとかいう車ですかね。
どうせならREDのほうが良かったのではないかと考えましたが...。



01/07/07 21:51:56
名前:
J'rat

コメント:
 夜は涼しいですね。昼間の暑さがウソのようです。

 今日は休日出勤でしたが、プジョーに乗って行ったのでご機嫌でした。BGM は Yes のトリビュート "Tales from Yesterday" でした。なんか本家より良いような気がしてしまいました。...いかんいかん。(^_^;

 帰ってみたら巨大なダンボール箱が届いていました。しかも重いんですね、36Kg だそうです。さっそく置き場所を作るべくこれまた重量級の AV を解体して二階に運び、慎重に電子ピアノを組み立てました。足とスピーカーが別なのです。
 さっそく音を出してみましたが、ちょっと聴くと本物のピアノと見まがうばかりの高音質。もっぱらデモ曲ですが...。これからMIDIケーブルをノートPCと繋いだりしてみます。そして皆さんからお伺いした秘儀をぜひ試さなくては!

 そうそう、さっきTVを見ていたら突然「21世紀の精神異○者」のイントロが流れてきました。CMです。トヨタのクルマのです。びっくりして車種・車名を認識できませんでしたが、まったくなんてことでしょう! このクルマはスキッゾイドな人向けなのでしょうか??



01/07/07 11:39:08
名前:
from USC

コメント:
>Carpet Crawlers1999
通販CDシングルで購入できます。
私は怪しげな店でドイツ盤シングルを買いました。
フルアルバムでは最新ベスト盤に収録されてます。

Carpet crawler♪のサビの部分でガブリエルとコリンズのコーラス、転調部分ではコリンズがリード、ガブリエルがバックにまわり、ハケットはあのグイーンとくるロングトーンのギター(右チャンネル)を、ラザフォードはリズムギターを、バンクスはバッキングに珍しく徹してます(Hornの指示?)。
今VAIOでOpenMG Jukeboxに取り込んだ音源を聴いてます。

しかしハケットってホントに鍵盤楽器に「寄り添うような音」を出せる人です。この個性大好きです。



01/07/07 08:16:30
名前:
案山子

コメント:
>Carpet Crawlers1999
が話題になってますが、全然知らなかったです!これはどうしても聴いてみたいですね!
アルバムのタイトルがこれなんでしょうか?見たこと無いように思うのですが・・・・。

>ウェットンライヴ
リハーサル不足っていうのは、辛いですよ。
・・・・しっかり練習して、またイアン・マクドナルドと大阪まで来て欲しい。

紙ジャケ攻勢は、嬉しいより辛いものがあります。
梅田のタワーレコードで、イエスを全部買いそうになるのをぐっとこらえて、トーマトだけにしました。
(なぜかLPしか持ってない)
キャラバンは「ロッキン・コンチェルト」と「夜ごとに太る女のために」の2枚で止めておきました。
(えらい!?)
やっぱり VAN DER GRAAF GENERATOR の THE LEAST WE CAN DO IS WAVE TO EACH OTHER を
買ってしまいました。これは素晴らしく綺麗で感動的です。名盤です!この人のボーカルははまります。
THE WALLの映画のヴィデオもやっと見つけました。これはある意味でかなり辛いです。



01/07/07 04:03:02
名前:
yeszanmai

コメント:
>J'ratさん
ピアノに挑戦されるんですね!
sus4はフリッツっぽいですね。
あと、右手で「ミ」とその上の「ラ」とそのまた上の「ドのシャープ」を、
左手で「ド」をオクターヴで一度に鳴らすと、UKの「デンジャー・マネー」っぽくなりますよ。
お試しあれ。



01/07/07 03:33:17
名前:
5150

コメント:
「どれ新しいCD-RWドライブを買ったことだし、久々にお気に入りCDを作ってほくそえむという
 暗い作業でもするか。」と思い、あれこれCDを物色してみましたが、大抵の奴はみんな焼いちゃってます

パープルの「メイドインジャパン正規曲順、ブラックナイト付き」とか
レインボーの「歴代Voの歌う、ロングリブロックンロールfromブート」とか
ラッシュの「各アルバム別ツアーセットリスト」とか←これが一番不毛で楽しかった・・くすっ

>店主様
えー最近の電子ピアノは平均律も純正律も鳴らし分けるそうですからあなどれませんね
MIDIの自作でも威力を発揮してくれるでしょう。



01/07/07 00:24:59
名前:
J'rat

コメント:
 ちょびっとしか降りませんでしたね、雨。

>デジピアノ、
 明日、配達されてくるのです。でも、まだ置き場所を確保していませんでした。何とかしなくては。でも、明日は出勤だし...。
 練習曲、ありがとうございました。にいはおさん式(その1)と(その2)、らくださん式変奏、ぜひ試してみます。「ピッシーズ・アット・ヌーン」に出てくるとは!! どんな音になるのか楽しみです。励みになります。



01/07/06 21:40:49
名前:
らくだ神

コメント:
こんばんは!マジでお久しぶりです♪
夏休みオフ会ですかー。8月ですね。是非参加したいです!

>店主様がデジピアノ買った。

がははは、やったやった(♪)

おめでとうございますね。今頃ピアノに拝んでいるところでしょうか。
楽器を始めることは素敵なことです。
自分の心が素直に音となって返ってくるでしょう。
頑張ってくださいね。

練習

にいはおさんのド・ファ・ソの繰り返しはとても良い練習法です。プログレチック!
慣れてきたら、駆け下りてくる音をド・ミ・ソでやってみるのもおもしろいかもしれませんね。
ドミソ(C)とドファソ(Csus4)は密接な関係があるのです。

私、黒鍵だけを弾くって実は苦手なんですよね・・・。
初心に帰って練習します〜。


ウェットンライブ

もう一ヶ月前ですが、ちょこっと感想を。
噂によると6日はちょっと・・・、だったみたいですね。
自分が行った7日は前日の演奏を恥じたせいか、それなりにこなしていました。
しかし、今回の目玉はIマックだったのに、彼はオマケみたいな扱われだったのが残念!
もっと彼をいかしたライブ構成はできなかったのかな?
ハッキリ言って完全なリハ不足です。
でも、宮殿のフルートでは痺れました。すぐ目の前でマックがあのフレーズを奏でている・・・。
もう二度と見ることは出来ないんでしょうね。

ジョン・ベックのプレイは言うことなし!
バッサリ髪切って、かっこよくなってました。
でも、格好は教育番組の体操のお兄さん・・・。

一番嬉しかったのが、「THIRTY YEARS」をやってくれたことでしょうか。


キャラバン

うふふ。明日紙ジャケ買ってきます。楽しみだわー。
J・リチャードソンが来日メンバーにいるのが嬉しいですね!
ベースはさて、誰でしょうか!?
ひょっとすると、あの人かな〜?カンタベリーに戻ってきたことだし。



01/07/06 18:08:09
名前:
yeszanmai

コメント:
ハケットのサイト
from USCさん、そういう事情があったのですか。

カーペット・クロウラー1999
アルバムは聴かないと思ったので、シングルを通販で頼んでいましたが、
店頭で見た時に我慢できずに2枚買ってしまいました。



01/07/06 15:16:51
名前:
from USC

コメント:
この時期には珍しく、ロスは雨が降りました。ほんの一時間ほどですがいいお湿りになりました。明日はまた晴れるでしょう。

一夜だけの黄金期GENESIS、忘れてました。

アフリカのミュージシャンをコンサートで紹介するという壮大なコンセプトを計画したガブリエル、大借金を抱えてしまい見かねた「そして三人が残った」GENESISのメンバーがガブリエルをボーカルに据えてライブを行ったのでした。最後の一日にハケット合流I know what I likeを演奏したんだと思います。

なにもこの曲でなくても良かったのにと思います。



01/07/06 13:53:06
名前:
ふらじゃ

コメント:
太陽の照り返しが無いから過ごしやすいかなと思ったら、湿度が高くて空気がべっとりしてます。かえって過ごしづらいです

横浜unionの店内も冷房がガンガンきいてて風邪を引きそうでした。かるい頭痛がするのはそのせいかもしれません
プログレの棚に輸入盤の「お伽噺」がありました全体の色調が暗くて左の女の子の何かを凝視してる顔が怖いです。表に解説文があったのでルネッサンスのそれと判りましたが、そうでなければ絶対見過ごしてました

>union GENESIS
ずいぶん前に1夜だけライブを演ってますね、よく覚えてませんが何かのチャリティー目的だったと思いますが、当時のGENESISのライブ・ラインナップにピーター・ガブリエルが全面参加して彼のソロアルバムからも演ってました。ハケットは最後の方だけ参加してましたっけ



01/07/06 13:33:10
名前:
にいはお

コメント:
>店主様がデジピアノ買った。
わははは、やったやった(嬉)。

>練習曲
まず、
「左手はオクターブでドの音をガーンと鳴らし、
 その一方で右手はド、ファ、ソを駆け上がる。
 駆け上がり切ったら(右手がピアノの右端まで行ったら)
 今度はド、ソ、ファの順で降りてくる」
これを一週間続けること。ドが慣れたら、次はレ、更にミにも
挑戦しましょう。

その2
 「オクターブで黒鍵だけを弾く。ファの#(シャープ)から始めて
  上に(右に)上がって行くこと。適当なところで折り返して
  降りて行っても良い。サスティンペダルは踏んだままでもけっこう」

これに近い個所が「PISCES AT NOON」の中にある、と言ったら、
どおだ店主様、むふふふ、俄然やる気が沸くであろう。



01/07/06 11:11:59
名前:
J'rat

コメント:
 確かに曇っていますが、湿度が高いらしく蒸し蒸ししていますね。雨になるんでしょうか?

 今朝はまた "Old Loves Die Hard" を聴いてきました。明日、頼んでいたデジタルピアノが配達されるのですが、練習曲を選ぼうと思ってのことです。仔ラットは昨日から、近所の音楽教室に通い始めました(ヤマハではなさそうです)。父も、週末に受講の相談に行こうと思っています。
 先生は50代の方で(ちょっと残念)、とても優しい方だそうです。妻ラットが私のことを話したところ、「ロックならエレクトーンのほうがいいかも」と言っていたそうです。教室(といっても民家の一室)にはエレクトーンもあったそうです。でも、私はピアノがやりたいのです。
 で、練習曲というか、当面の目標の曲ですが、"The History of Mystery (Part 1)" の前半あたりに設定しようと思います。この曲が弾けるようになるなら、がんばる気にもなるというものです。難しすぎますかね〜、にいはおさん? やっぱり「きらきら星」にしとこうかな...。えっと、夢は "Pisces at Noon" です。あ、殴らないで下さい...。 (^_^;

>Excerpts from Brain Salad、
 なんと、アナログ盤起こしだったのですか。マスターテープ(?)残ってないんですね。でも間違いなく貴重品です。

>ELO、
元気出そうですね。私も夏用に買わねばっ!

>夢典命さん、
 「究極」お買い上げありがとうございます。尻ジャケがネックですが、中身は宝物ですよね。リックのパイプオルガンといったら、ホントに素晴らしいですね!! でも実は曲作りはパトリック・モラッツだったとモラッツ本人が語っていますね。本当でしょうか?

>走り屋の案山子さん、
 ...というイメージだったんですね。でもシビックはよく走りますから、普通に運転していても楽しいですね。デザインもいいですしね。プジョーの後継車 307 は、現行シビックに似ています。

>がーたんさん、
 二重えくぼ期のライブのブートも、かつて存在したようです。私は見たことがありませんが、ある方からテープを聞かせていただいたことがあります。音質はまさにブーツの中に隠したテープレコーダーで録ったような音でしたが、力強く、しかも破綻のない演奏でした。ぜひEMIの正式版で日の目を見せて欲しいものですね〜。

>輸出禁止商品、
 そうそう、なんでYesの紙ジャケは輸出禁止なんでしょうか? 海外の通販サイトでも時々見かけますが...。あの高音質はぜひ世界のファンに聴いてもらいたいですね。
 そう言えば、あまりに音質がいいので、この間スペアナ(PC用の簡易ソフトですが)で周波数特性を分析してみました。リマスター(プラケース版)もそうでしたが、HDCD版は全域で音圧が高く、特に低域と広域のレベルが高まっていました。1stアルバムを3種類比べてみましたが、かなりの違いなのでびっくりしました。f特はいじってあるようですが、音の粒立ちなど非常に高音質になっていますね。

>from USCさん、
>JonのようなナポレオンがいればGENESISも「チビUnion」に成れるんでしょうけどねえ.
 おっしゃる通りですね。Yesは8人でしたが、ジェネシスは何人になるんですか? もっともunionが良いイベントだったと言えるかどうかは、ちょっと自信がありませんが...。

>LP、
 なんと、もう死語になっているんですか。気をつけようっと。「レコード」なら通じるんでしょうね。LPといえば最近4倍録れるというMD-LPという規格が出ているようですね。音質悪そうな気がしますが、どうなんでしょう?



01/07/06 10:20:20
名前:
ふらじゃ

コメント:
今日は曇ってますからちょっとは過ごしやすいのでしょうか

最近の暑さにちょっとばて気味だったので元気を出そうとおもって
選んだ音楽はサンタナでした。特に「1st」から「キャラバンサライ」
まではラテンのリズムにギターの絡みが最高です
ちょっと元気が出てきました(^_^)

昨日事務所の若い子との話しの中でついLPと言ってしまったら
なんですか、それ?と言われてしまってギャップを感じてしまいました
レコードを知らない世代にはLP、EPという言葉は無いんですねぇ



01/07/06 04:43:42
名前:
from USC@職場

コメント:
一時期GENESISのHPが閉鎖していた時期があったと思います(今再開を確かめた訳ではありませんが).その時GENSISのCD通販もHackett(ソロ)の通販ページに移行していた可能性が高いように思います.
Carpet Crawlers1999(各メンバーの個性が極めてよく表れていて名曲!,Trevor Hornがproducer!)で再会を果たした5人組,こういった移行もうまくいったのではないでしょうか.

閉鎖前のGENESISのHPでは5人にAnthony Phillipsも一緒に写った写真があったよう記憶しています.

JonのようなナポレオンがいればGENESISも「チビUnion」に成れるんでしょうけどねえ.



01/07/06 04:02:44
名前:
yeszanmai

コメント:
>輸出禁止商品
海外と付き合いの多い人はたくさん頼まれて大変だそうです。
そのせいか、イギリスのレコード屋から20ポンドの値でメールが来ました。3600円!!
逆に以前スティーヴ・ハケットのサイトでジェネシスの「トレスパス」を注文したら、
日本盤の紙ジャケが送られてきてびっくり。
11ポンドだったので、国内で買うより安かったです。
どういう仕入れなんでしょうか?
で、よく考えたら自分の参加していないCDを販売してたんですね、ハケットは。



01/07/05 23:53:31
名前:
がーたん

コメント:
ラッキーガールの澄んだアコースティックギターや、きらびやかなキーボードソロをライブどう演るのか創造しただけでぞくぞくします。スクールデイズなんぞもいいですよね。



01/07/05 23:30:00
名前:
案山子

コメント:
>from USCさん
>アメリカのいわゆる「走り屋」はホンダが非常に多いです。
そうなのかぁ〜〜〜〜!これで疑問が解けました!
アメリカに旅行した時、乗ってる車を尋ねられて「ホンダのシビック」って答えたら
「ホンダ?おお〜〜〜〜っ!それは凄い!」と派手なリアクションをされ、それ以来その人は、
私を人に紹介するたびに「この人はホンダに乗ってるんだよ!」と言い。
そして又「おお〜〜〜〜っ!それは凄い!」のリアクション・・・・・これは絶対なんか誤解される
・・・ヤバイ・・・なんかヤバイ・・・と、思いつつ英語力に問題のある私は、
ニコニコと「日本人の笑い」を浮かべてました。
「走り屋」だと思われてたら、すごく恥ずかしい!

>にいはおさん
レインボーとか聴いてると、リッチーはかなりプログレ好きのような気がします。

>デイヴ・ギルモアのソロ「ABOUT FACE」
わたしこれ聴いたこと無いんですよねぇーーーー。
悔しいから黙ってようと思ったんですが・・・・



01/07/05 23:20:29
名前:
夢典命

コメント:
ちまたではかき氷アイスの売れ行きがよろしいようで、やはりお天気様様といったところでしょうか。
ここんとこすっかり鳴りを潜めてて不気味な様相を感じさせる二人組ですが、相変わらず色付きがお好きなようですが、あたしゃーもっぱらみぞれ味...といったところです。

さて、今夜は待望久しかった紙ジャケ「究極」をやっとゲットし、堪能させてもらっておりました。
気持ちよかったもんで、ついつい2回も聴いてしまいました。^/^
しかし、何故にしてこのような大作を、四半世紀もの長きにわたって聴かずして過してこれたのか・・・あらためて″食わず嫌い″がいかにつまらない意地っ張りなことかということを再認識させられた夜でした。(^^ゞ
しかし、初っ端の出だしはさすがにびっくりしましたが、サビがながれてくると昔に聴いたことのあるようなメロディーでした。当時、確かに聴いたことがあるなあと思って解説読んでたら、シングルヒットしたようでしたので、やっぱり間違いありませんでしたね。
なかでも‘世紀の曲り角’、‘不思議なお話を’、そして「海洋地形学〜」の流れをくむ大作‘悟りの境地’を聴いていると、やっぱりリック・ウェイクマンの存在感ってすごいな〜とあらためて感心しておりました。
彼の奏でるチャーチ・オルガンがすごくタイムリーに演出されており、他のパートとのコラボレーションが鮮やかですね。
でもやっぱり‘悟りの境地’につきるかな〜、6分20秒過ぎからのメロディーが、ELPの「恐怖の〜」の‘聖地エルサレム’の最後の展開に聞こえたりしたのは私だけかもしれませんが、ゆったりとした展開の中にみられる各パートの凌ぎあいは、やはり彼らの右に出るバンドがみつからない...といった表現が素直なところかもしれません。(ヨイショ...っと!)

ジャケットの帯に「輸出禁止商品」の文字・・・制作にこだわった日本人らしい発想だったりして・・・
...っつうことは、海外コレクターにとっては生唾ものですか・・・。



01/07/05 18:41:42
名前:

コメント:
ごめんなさい。
ふらじゃんさん→ふらじゃさん。



01/07/05 18:39:14
名前:

コメント:
ふらじゃんさん
そうですか、DVDと同じマスターらしいんですか......。しかしこのマスターって一体どこから出てきたんでしょうね。
Greg Lakeのヴォーカルパートは明らかに別テイクっていうのもあるし、オルガンソロも別テイクだったりするし......。
今後はこっちが主流になったりするかもしれませんね。
個人的には、DVD版じゃないBrain Saladのほうが好きなんですけどね。
でもきっと買ってしまいます。

J'ratさん
まだDiscoveryしかきいていませんがELOのボーナストラックはなんかデモトラックみたいなやつで、
マスターはカセットのような音でした。本編の音の聞き比べはしてません。このころのELOって聞くと元気になるので好きです。新しいELOはなんかビートルズのアンソロジー時の2つの新曲のような音がします。
ジェフ・リンはビートルズになりたがっているのかな?



01/07/05 16:31:27
名前:
ふらじゃ

コメント:
朝から外回りしてましたが、暑くて溶けそうです
と言う訳でも無いのですが今年は早い夏休みを頂くことにしましたので
来週1週間実家に帰ります
J'ratさん、そういう訳ですのでチケット代はもうすこしふところにしまっててください
よろしくお願いします

今朝は先日買ったデイヴ・ギルモアのソロ「ABOUT FACE」を聞いてました
これを聞くと現在のフロイドは彼のグループだなぁとつくづく感じてしまいます
曲の持つ雰囲気がいまのフロイドを思わせます。
曲そのものはもっとシンプルで聴きやすいものになってますが・・・

>Excerpts from Brain Salad
巨さんのおっしゃる通りの物でした。しかも完全なアナログ落としで針の
トレース音までしっかり入ってました(T.T)ホントのおまけです
貴重な音源ともいえますが・・・

で、本編の音ですが、既発の物とはマスターが違うようです
音質の向上うんぬんの前に音が全然違います、エルサレムのイントロに
ティンパニーの音が入ったりしてます
これでピンときた方もいらっしゃると思いますがこのCDのマスターは
DVDオーディオ版のものと同じみたいです
しかも2ch用にしてるので音の定位置などがかなり違いますし音の処理が
ずいぶん変わってます

いままでのCDを持ってる方も買って損はないです
かなり印象の違う「恐怖の頭脳改革」が堪能できます。



01/07/05 13:40:51
名前:
J'rat

コメント:
 ホントにとろけそうな暑さですね。

>スターキャッスル、
 クロノス1号、もう到着ですか! 早いですね。やっぱり宇宙を飛んでくるんだ〜。スターキャッスルのサイトのBBS見ました。評判良いですね。sphinxさんのレポート、聞かせてくださいね。

>トリリオン、
 マリリオンと間違えそうですが、こっちが先でしょうか。白虎のジャケットは印象的ですね。明るくポップな、と来ればぜひ聴きたくなりました。基本的なことですみませんが、フレデリクセンってTOTOのどのアルバムでしたっけ?

>にいはおさん、
>孤独な私に、誰か愛の手を
 は〜、よいよい♪(これは合いの手か...)
 ポリポリポリポリ(これは孫の手)
 いざとなったら珠を出せ(これは奥の手)

 ...すみません、脳みそ融けています。m(_ _)m

>巨さん、
 Excerpts from Brain Salad の2分間ってすごく短いですね。どう縮めたんだか、そそられるものがあります。あと、ELOも良さそうですね!



01/07/05 13:18:37
名前:

コメント:
暑くて今日はさらに溶けてます。
J'ratさんご無沙汰しています。お元気ですか? 
ここのところボーナストラックつきリマスターとか、紙ジャケとかの再発ラッシュですよね。
Pink Floyd、Yesと買い続けましたが、昨日はELOのボーナス付リマスターを買いました。もう財布が....。
ふらじゃさん
Brain Saladの話ありがとうございます。きっとどこかで売ってるんでしょうね。そして見つけたら私は買うんでしょうね.......。
Excerpts from Brain Saladっていうのはおそらく、プレス向けSingleのBrain Salad Surgeryに収録されていた、全曲抜粋を2:00程度にまとめたものじゃないかと思います。
そういえば最近買ったNICEの3枚組にも同じようなトラック(1stの抜粋)が入っていました。



01/07/05 13:16:18
名前:
にいはお

コメント:
このところずっと、ロムってばかりで
書き込む機会を逸しておりました。
孤独な私に、誰か愛の手を。

パープルの「メイド・イン・ジャパン」を聴いていて
最終曲「SPACE TRUCKIN」の後半アレンジがナイス、ちゅうか
ELPちゅうか、とにかくあの「ロンド」のリズムパターンを踏襲している
ことに気付きました。例の「どんでけ・どんでけ・どんでけ〜」です。
リッチーもジョンも、こういうの実は好きだったのかなあ。
(・・・たまに書き込みゃ、こんな事ばっかり・・・)

最近、作業中のCD以外にあまり手が伸びず、代りに、以前も書いた
「チキチキバンバン」のビデオを繰り返し見ている毎日です。
よおく聴くと、良い曲はあのテーマソングだけではないのだ。他にも
ごろごろしているのだ、名曲が。サントラ、欲しいなあ。

老人のようなカキコで、失礼しました。



01/07/05 13:01:43
名前:
sphinx

コメント:
昨日、「Chronos1」が到着してました。思ったより早かったです、2週間かからなかったです。
まずジャケットは折り畳み式で広げると6倍の大きさになり、メンバーの写真、ステージ写真
とイメージが、裏面には詳細な曲紹介と作り手の愛情が感じられる好感のもてる仕上がりです。
中身はまだほんの少ししか聴いていないのですが、アレンジの違いでこんなにも違うかという
印象です。これからじっくり聴いてみます。
>トリリオン
白虎のジャケのやつアナログで持ってます。後にTOTOのヴォーカリストになるフレデリクセンが
いたグループですね。明るくポップで典型的なアメリカン・メロディアス・ハードといったとこ
ですかね。1st、2ndともCD化されてます。



01/07/05 10:02:02
名前:
J'rat

コメント:
 朝から暑いです。今日の予想最高気温は36度とか。融けちゃいそうですね。

 で、音楽にも涼味をということで、今朝はスターキャッスルの2ndでした。「光の噴水」の意味どおり、きらびやかで涼しげなサウンドが心地よかったです。このアルバムのライナーにありましたが、トリリオンというバンドもあったですね。アメリカン・ハード・プログレらしいのですが、私はまだ聴いていませんが、良いですか? 似た名前ということで...。(^^ゞ

>案山子さん、
 大阪はブルーノートで9000円ですか。東京は6500円で安いな〜、と思っていたのですが、いい値段ですね。あ、ふらじゃさん、チケット代は週末にお送りしますので...。紀州の駱駝さんにも立て替えていただいているし、借金だらけです〜。(^_^;

>新型インテグラ、
 はて、出たんでしたっけ? ...ごそごそ(と、ホンダのホームページを見る)。お〜、かっこいい。丸目四灯のイメージを上手に残して、マッチョになっていますね。新型シビックに似ていますが...。おっしゃるようにアメリカでは特に受けそうですね



01/07/05 09:32:23
名前:
from USC

コメント:
店主様、横槍では決してありません。
投稿時間を御覧になってください。すれ違い送信でしたね。

今日は(今日も)家族サービスで砂漠のど真ん中にありそうなアウトレットショッピングモールに行ってきました(片道90マイル)。乾燥していて凄まじく暑い!。CD店立ち寄りは却下。

ここからは車好きの話です。アメリカのいわゆる「走り屋」はホンダが非常に多いです。インテグラ(メーカーはACURAですが)がバックミラーに写ったらまず間違いなく強烈に私の車をスリップストリームよろしく(アブネー!)ぶち抜いていきます。排ガス規制の強い国でかつ急加速が大好きな国民性(断言!)なのにNAのHONDAエンジンが何で人気なのかよくわかりません。トルクは他社エンジンが明らかにいいはずなのに...。高回転までのリニアな感覚がいいのかしら。

で昨晩、ボーっとドジャースナイター(週末はICHIROがロスに来る!!とアナウンサーが言ってましたが...)を見ていたら、新型ACURAインテグラのCMが放送されました。これ絶対アメリカ人に受けるスタイルだと思います。また断言します。
あ、また変な話を書いてしまいました...。



01/07/05 08:03:17
名前:
案山子

コメント:
>アランパーソンズ
大阪はブルーノートです。贅沢かなんか知りませんが8925円でした。
7時の公演の後、9時半からも有るのですが、おうちに帰れなくなりそうなので、
迷ったあげくそれはパスしました。2公演続けて見たらすごくいいだろうなぁーと思うのですが・・・・。

>ルネッサンス
先日夫が買ってきてくれた、KING BISCUITのライヴをよく聴いてます。
オーケストラとの共演ですが、声が素晴らしいのは驚異です。
それは良いのですが・・・・最近、夫がよく私にCDを買ってきてくれるんですよね・・・・
・・・・何か有るんだろうか?



01/07/05 01:28:31
名前:
J'rat

コメント:
>different sky、
 ちょうど今、聴いていますよ〜。勇気が出そうな良い歌ですね! ...横槍レスで失礼いたしました。(^^ゞ



01/07/05 01:15:17
名前:
from USC

コメント:
AUKEN様、早速のレスありがとうございます。
最終曲がenchanted carees収録のAll the falling angelsでした。キースレルフのヘナチョコボーカルが淡々と響くにもかかわらずエンディングにメロトロンがバックに広がるという、クリムゾンのアイランズの「縮小」版のような「あの」曲です。まあ好きなんですけど。

またAAEの話です。私はWinter words収録のdifferent skyが好きで好きで(あと10回×してもいいくらい好きで)なんで好きかといわれると困るのですがなんとなく絵画的というかセンチな歌詞っぽいというか今までの人生で引越しが多かったからというか新天地でも頑張れ!という歌詞なのかなとか勝手に想像しかつての引越し先でのいろいろの出来事が思い出されてああホントに好き(熱情を表現するために句読点なしでした。すみません)。

でこの曲ですね。どうもギターがTimでもMartinでもないような気がするんですね。
丁度1990年の作品でTim脱退、Martin加入の境のような時期ですし...。
どなたかご存知ありませんかねえ。

乱筆ホントに失礼しました。



01/07/05 01:13:28
名前:
J'rat

コメント:
 今日は暑かったです。仔ラットの授業参観に行ってきましたが、死ぬかと思いました。クーラーに慣れてしまっているせいでしょうか。でも光化学スモッグ注意報も出ていて、気のせいか目がチカチカしました。田舎ではそんなものなかったのですが、この辺は慣れっこになっているようですね。

>ELPのリマスター、
 詳細な音質レポートありがとうございました。今回のが決定版ということでしょうか? 何度も出て、その都度少しずつ音質が向上しているようですね。ありがたいことですが、毎回買うのも大変ですね〜。

>巨さん、
 お久しぶりです〜。お元気でしたか?
 トリオの "trio" を冠にするとバンド名が似てくるんでしょうね。プログレかどうか知りませんが、Triumph という勇ましい名前のバンドがありますね。アルファベット順で探していると、ドッキリします。
 バンドじゃないですが、"Das Triumvirat" というドイツ映画があるようですね。triumvirat.com はスイスかドイツのソフト会社のサイトだし。

>AUKENさん、
 いらっしゃいませ〜。All About Eve の 3rd というのは「タッチド・バイ・ジーザス」というアルバムですね。そんなにレアなものなんですか。女性ボーカル、いいですね〜。

>夢典命さん、
 トリトナスの2in1、ぜひお聴きください。2ndのパートが先になっているのは奇妙ですが、結構壮大です。ば〜ん!と威勢良くはじめたかったのでしょうか。1stよりちょっと重いので、お気に召すかどうか心配ですが...。

>from USCさん、
 ルネッサンスの「お伽噺」のジャケットは米国版があるんですか? アルバムのどろどろしたオープニングも相まって、私は長らく苦手なアルバムでした。日本盤のジャケットも結構不気味ですが...。やはり第一印象は大事ですよね。
 All About Eve はコレクター泣かせなんですね〜。ちょっと見てみましたが "Winter Words" のライナーによると、「ザ・ドリーマー」のバージョンは、CDS、7"、12" Re Mix、Nightmare Mix、Extended Mix という5種類のようですね。何でこんなに多いんでしょう? (^_^;



01/07/05 00:25:04
名前:
AUKEN

コメント:
>from USC様
猫の顔の編集盤は確か1st、2ndのカップリング及び未発表音源ですよね。あれはレパトワーから出ている1st、2ndのCDとか、ベスト盤の「ダ・カーポ」とかに入っているやつだと思ったです。未確認で申し訳ないです。怖いと評判のアメリカ「お伽噺」はぜひ見てみたいですねー。女性と子供が無表情で立ってるやつでしたっけ?
AAEは別バージョンやら限定シングルの宝庫ですよね。何曲かはベスト盤「ウインター・ワーズ」に入ってますが・・・膨大で手におえません。昔のマーキーでAAEの記事を見たときに、落ち葉の形のレリーフが入っていたり、鳥の羽が入っていたりといった美麗なCDシングルが載ってて欲しくなったものです。でもどこにも売ってるの見たこと無いです。裏の世界で高値で取引されてるんでしょうか。大抵の別バージョンはそれほど聴きたいとは思わないのですが、異様にサイケデリックらしいインディー時代の「イン・ザ・クラウズ」とオケ入りの「ディセンバー」だけは死ぬまでに聴いときたいものです。



01/07/04 23:25:08
名前:
from USC

コメント:
今日は(現在4日朝7時)インデペンデンスデイで休日です。日本と違って休日の少ないこの国なんでラッキー!です。

というわけで開放的気分で昨夕はタワレコ詣で。
Renaissanceのアメリカ盤ワーナー期リマスター(もちろんプラ)発見。でもなんでお伽噺のジャケはこんなに怖いのか。紙ジャケ買ったしこれはパス。
それより葛藤したのはモナリザに猫の顔の第一期の編集盤、たぶんアメリカ人誰も買わないだろうから今回は店に預けておきましたが...こういうことって後で後悔すること多いですよね。

AAE Touched by Jesus、The dreamerという曲は少なくとも三種類の別録があったような気がします。記憶ちがいでしたらごめんなさい。



01/07/04 23:24:15
名前:
夢典命

コメント:
今日7月4日はアメリカにとっては特別な日にちがいないということで、今夜はこの『fourth of July』という歌詞がでてくるCHICAGOの‘Saturday In The Park’の入ったアルバムに耳を傾けておりました。
″この日が土曜日であろうとなかろうと、そんなことは関係ないよ、とにかく今日という日を楽しもうよ!″...といった彼らの気質を歌詞に込めたヒット曲でしたか・・・

>5150さん
>メタル

はじめまして。
...実は私もメタルという音楽が嫌いではありません、こうみえてもヴァン・ヘイレンとか結構好きでして、たまに聴いたりしてるんですよ。(と書きつつ、5150さんのHNの由来が彼らでなかったとしたら、どないしましょ・・・(^_^;)

>店主さま
>TRITONUS

早速購入されましたね、お気にめされたようでよかった、よかった。(^。^)
2ndが1stの正常進化形ということは、2ndは1stと比べてよく言う″二番煎じ″っちゅう感じなのでしょうか?
どこかの雑誌で、1stのほうが2ndよりもテクニカルだというようなコメントを読んだ覚えがありますが、そうであれば何故に2ndを最初にもってきたのかその意図がよくみえませんですな〜。
だんだんと盛り上げていこう...というねらいなのか、はたまた・・・
まあ、つべこべカキコする前に自分自身で聴いてから再度感想を述べたいと思います。

ということで、今夜は大阪出張報告の最終日になりました。

>コージー・パウエル「OVER THE TOP」

このプログレサイトで、何故に彼なのか・・・
数年前の予期せぬ彼の訃報には、さすがに驚きを隠すことができませんでしたが、あらためて彼の残した貴重な財産とでもいうべきこのソロ・アルバムには、現在のプログレやジャズロックへの足がかり的な要素がふんだんに含まれたアルバムだったと言えると思います。
私も忘れもしない76’の暮れに、かのRAINBOWのライヴでの彼を生で見た生き証人(^_^;)ですが、その当時の彼のドラミングといえば、いわゆるバンドの持つヘビメタ風なイメージと、そのツインバスでのパワフル&テクニカルなサウンドを作り出すドラマーというイメージがオーバーラップして、《憧れ》という枠では納まりきらない特別な存在感がありました。
そんな彼の79’の1stアルバムなんですが、なんたってそのメンツが素晴らしいですね、よくもこんなにすごいメンバーが集合したもんだ...という感じでしょうか。
いわゆる昔の.献Д奸Ε戰奪・グループと▲灰蹈轡▲爿兇鉢クリームが合体したようなメンツが集まっており、マックス・ミドルトン,肇疋鵝Ε┘ぅ蝓辞△離ーボードの競演やゲイリー・ムーア△筌妊ぅ堯Εレムソン(元ハンブル・パイ)といった職人ギターの独演があいまって、ハードなフュージョンサウンドを聞かせてくれております。おっと、こういった業師たちの重臣に君臨するかのごとく、これらのサウンドの纏め役としての鮮やかなベースサウンドを聞かせてくれたジャック・ブルースを忘れてはなりませぬ。
こういった素晴らしい仲間たちに支えられて、コージーのドラミングもわりと軽やかです。
注目曲は初っ端とラストのアルバムタイトルバージョンでしょうか、いずれもクラシカルで特にキーボードが美しいのですが、初っ端の曲は最初があのボニー・Mの‘怪僧ラスプーチン’の出だしで始まって、途中にはクリームの‘ホワイト・ルーム’の旋律が聞こえたりして、それはそれでなかなか面白いアレンジがされておりました。圧巻はやはりラスト曲で、ここではすべての要素を集結したような大掛かりなサウンドが聴かれ、壮大な組曲風でもあります。数種類のキーボードを使い分けるエイリーのテクニックもさることながら、それを圧倒するかのような中間部でのコージーのソロは、RAINBOW在籍時のドラムソロ‘1812年’を彷彿させるパワーが感じられます。
コメントはつきませんが、こういったアルバムこそ再評価されてもいいんじゃないかなーと思います。

今夜も少し長くなりましやか・・・

〜今夜でおわり〜



01/07/04 21:38:40
名前:
AUKEN

コメント:
おひさです。

今日やっとこさAAEの3rdを手に入れました。うーん長かった・・・感無量です。
なにしろどこへいっても売っているのは1st、2ndなものですから・・・
ということでしばし堪能いたします。



01/07/04 15:15:41
名前:
ふらじゃ

コメント:
今日は暑くて事務所を出る気になれません
あ〜冷房が気持ち良い〜

>巨さん
リマスターの「Brain Salad」も出ています。まだ聞いてないので
書いてませんがこれのボーナストラックにExcerpts from Brain Salad
と言うよく判らない物が入ってます
実物は2週間ほど前に横浜のレコファンでみかけましたがそれっきりです
ここはunionより値段が安かったと思います\1680だったかな?

今回のリマスターはオリジナル全部出るみたいですがなぜか
「In The Hot Sheet」だけが外されてました
あと77年のライブは2枚組の「Works Live」になってる様です



01/07/04 13:02:56
名前:

コメント:
暑くて、溶けかかってます。
お久しぶりです。
ふらじゃさん
ELPのリマスターって、Brain Salad Surgeryはないんですかねぇ?どうしても見つからないんですが...。
J'ratさん
キーボードトリオって、Tで始まるグループが多いですね。
この間中古レコードで見つけたのは、トリアーデ(だったかな?)なんて言うグループで、イタリアのトリオでアルバム1枚で消え去ったグループでした。
よく考えてみたら、ELPもTRITONが最初グループ名の候補だったし、TriumviratはもちろんTHREEなんていうのもありましたよね。



01/07/04 10:09:11
名前:
ふらじゃ

コメント:
今日は風がなくて暑いです、気が付けば日陰を選んで歩いてる私がいる(^_^;

夕べ帰宅したらELPのリマスター盤が届いてました今回のジャケットは1枚紙を6折にしたもので中にリリース当時の写真や雑誌の記事などがコラージュされてました。歌詞は掲載されてませんがライナーは新たに書かれた物の様です
肝心の音ですがまず「展覧会の絵」を米ヴィクトリー盤と聞き比べてみましたが、ステレオの分離が良くなってます。その分音の広がりが良く各パートも細かく聞こえる感じがします。A/B面の繋ぎ方が同じなのでマスターは同じ物かもしれません。ボーナスは以前4枚組ベストでリリースされた時に新録された「展覧会の絵」が入ってましたこっちは聞き比べてません
もう1枚「トリロジー」の冒頭部分も紙ジャケ盤と比べてみましたが、紙ジャケはマスターのノイズも大きくなってましたが今回はあまり気にならなかったです。今回は音の強弱に気をつけてリマスターしたのかマスターが違うのかは判りませんが、若干エコーが掛かってる感じがしますので後者かもしれません
以上簡単に聞き比べた感想ですが、音の広がりに重点が置かれたリマスターのような気がします



01/07/04 01:42:57
名前:
J'rat

コメント:
 訂正です。m(__)m

>1stのほうが、グレッグ・レイクでした。
 グレッグ・レイクが歌っているわけではありません。「似ている」と言うつもりでした。失礼いたしました。



01/07/04 01:37:26
名前:
J'rat

コメント:
 今日はYFFC(Yes Family Fan Club)の編集会議でした。帰りにHMVを覗いたら、トリトナスの2in1がありました。帯に曰く「いわゆるELPスタイル(=キーボード・トリオ)のバンドとして、ドイツではトリアンヴィラートに次ぐ存在であるトリトナスが残した2枚のアルバムが1CDに収められたお徳用盤」! なんとも嬉しいコピーじゃありませんか、「トリアンヴィラートに次ぐ...」。
 え〜、中身はさっそく聴きましたが、曲順はアルバムの反対で2ndの "Between The Universes" が先に収録されていました。そのあと同名の1st "Tritonus" そしてボーナストラック1曲でした。結構いっぱい入るもんですね〜。
 2ndはチャーチオルガンも多用した壮大な作りです。1stのほうがすっきりしていて私は好みですが、この2ndは正常進化形だと思います。ボーカルは変わったのでしょうか? 1stのほうが、グレッグ・レイクでした。確かにELPを思わせるものがありますが、キーボード・トリオでオルガン・ロックだとどうしてもそう思ってしまうのでしょう。あ、タルカスだ、これはラッキーマンとかですね。
 トリアンヴィラートも「ドイツのELP」と宣伝されて、それは今でもへその緒のようについて回っていて、最近まですごく嫌でした。でも最近は、これは当時のマーケティングとしては正解だったのだろうと思っています。だってどんなにたくさん一般的な形容詞を並べ立てるより、ずっと効果的ですもの。「ELPみたいのもっと聴きたい」「Yesのようなバンドはないか」潜在需要は多かったでしょうし、今でもそうです。私なんか「トリアンヴィラートのフォロワーおらんかえ〜」とつぶやいてCD屋さんを徘徊しているのですから。(^^ゞ
 閑話休題。とにかくトリノトスは良かったです。ボーカルが弱いですが、キーボードはクラシックの素養のあることがすぐにわかりますね。アレンジも随所に工夫がみられます。トリアンヴィラートっぽいわけではありませんが、キーボードの好きな私には大満足でした。お代は2700円。MSIでたかみひろしさんの懇切な解説も楽しめます。

>ふらじゃさん、
 お〜、もう紙ジャケ効果でプラケース版が中古市場に出てきましたか。チャンス到来!(またせこいことを考えている私)

>がーたんさん、
 ご丁寧にありがとうございます。Illusions... のライブ、ぜひ聴いてみたいですよね。ヘルムートはライブでも良さそうですので、「ラッキーガール」とか最高でしょうね〜。がーたんさんは「二重靨の幻影」がお気に入りですか?

>sphinxさん、
 「クロノス1」アメリカ大陸を発射しましたかね〜。楽しみに待っています。やっぱり1stは「アメリカのYes」を超越していますよね!

>5150さん、
 ADSLには回線速度保証範囲外っていうのがあるんですか! しまった、よく調べていませんでした。現在の64kbpsより遅くなったらどうしましょ? (^_^; 吉川市は6月からエリアになったようです。日本テレコムのJ-DSLはエリア外でした。さっぱりわかりませんね〜。
 FTTHは究極でしょうが、NTTのBフレッツも有線ブロードも、エリアが極端に狭いので望み薄です。23区ならそのうち来るんでしょうね。光のノード(変な使い方ですねこの用語)は無茶苦茶高いイメージがあります。去年光ケーブルを買ったのですが5mで数万円したくらいです。光の集線装置なんて1台100万円くらいしそうですよね。それが数十台ですから....。やっぱりFTTHは無理じゃないかと思ってしまいます。それよりスピードネットとかの「ラストワンマイル無線方式」(正式名称は知りません)のほうが普及早そうですね。



01/07/03 23:34:39
名前:
5150

コメント:
>所詮メタル
・・・・・・・・・・う。

昨日NHKでやっていたアバの特集は面白かったです。
「商業性を重んじた楽曲はときに揶揄の対象となり、ロッカー達はアバを忌み嫌った」(小林克也:要旨)
これは言い得て妙でしたね、でもそんな俯瞰的な物言いをする小林克也自身も
当時スネークマンショーでアバをからかっていましたが。

>J'rat様
ADSLのサービスエリアの基準ってなんなんでしょうね?
私は一応、23区なんですがエリア外(正確には回線速度保証範囲外)なのです。
YAhoo BBもまた然りです。現在CATVと、PAT(JRAが抽選で売ってるオンライン馬券購入ソフト)用に
アナログ回線を両方使っていますが、CATVも基地局エリアの契約者の利用状況によって
ISDN並になりますから、諸手を挙げて早い早いとは喜べません。
やっぱりFTTHかなあ・・・・・でもあのノードとかいう怪しげな機械を
設置するのにいくらかかるのであらうか・・?



01/07/03 22:38:06
名前:
sphinx

コメント:
J'ratさん「Chronos1」お買い上げありがとうございます。
Mr,Erick(Official Web Master)になりかわり御礼申し上げます。m(__)m(←知り合いかぁ?)



01/07/03 21:55:12
名前:
がーたん

コメント:
J’ratさん BBC’75の情報ありがとうございました。ボーナストラックには是非ダブルディンプルから1発期待しております。



01/07/03 15:35:19
名前:
ふらじゃ

コメント:
今日は思ったほど暑く無いですね、風があるので日陰を歩けば大汗はかかなくて済みました。もっとも先週に比べればの話しで体が慣れてきたのかもしれません

昼休みに恒例のunion散歩をしてきました。すっかり忘れてましたが先週末からプログレの中古祭りをやってたみたいで、その残り物でしょうかプログレの棚は珍しく一杯になってました。
最近の紙ジャケリリースラッシュをうけてプラケースのイエス・キャラバン・フロイドあたりが多かった感じがします。そんな中フロイドのDギルモアのソロ「ABOUT FACE」を拾ってきました。ドラムはあのジェフ・ポーカロでどんな音になってるのか楽しみです。



01/07/03 13:24:06
名前:
J'rat

コメント:
 今日も暑いです。本当に梅雨が明けたかのようですね。今朝はスチュワート&ガスキンの "Spin" を聴いてきました。作風は違いますが、エンヤみたいになごみますね〜。

 昨夜の私の書き込み、ボロボロでした。「あるばむ」-->「アルバム」、「ドライ日ミュージック」-->「ドライブミュージック」。(^_^; 家のキーボードだと特にミスタッチが多いんです。

>アランパーソンズ、
 何にも知らなかったのですが、大阪はライブハウスなんですか! 贅沢ですね〜。パーソンズさんは結構かっこいいので、視覚的にも楽しめるんじゃないでしょうか。指揮者みたいであんまり演奏しないかもしれませんが...。

>スターキャッスル、
 やっと申し込みました。CC NowのCCって「クレジットカード」の略だったんですね。CD通販のサイトではないようで、逆にちょっと安心しました。

 いつのまにか近所がADSLの対象になっていたので、申し込んでおきました。YAHOO-BB からも案内が来たのですが、従来のプロバイダを使えるようにフレッツADSLにしました。混んでいて一体いつ工事になるかわからないみたいですが、楽しみに待ちます。最大下り1.5Mbpsらしいのですが、実際はあまりスピードが出ないかも知れませんね〜。
 この間フレッツISDNにしたばかりなので、工事代がもったいないですね。無線のダイヤルアップルーターも欲しいし。(^^ゞ



01/07/03 13:00:36
名前:
sphinx

コメント:
昨晩のアバ、見てました。Dancing Queenがかかるつい反応してしまうのは何故なんでしょうか。
しかしボノ(U2)の「Dancing Queen」には厳しいものがあったような・・
>STARCASLE
アメリカ国内ではボチボチ「Chronos1」を入手したファンからの書きこみがオフィシャルのBBS上
に、好評のようです。彼らの1stはほんとにオススメです。オリジナリティあふれてますよ。



01/07/03 10:08:58
名前:
ふらじゃ

コメント:
梅雨は何処に行ってしまったのでしょうと思うくらい晴れが続いてますね、このまま梅雨明けとは思えませんが今日も暑くなりそうです

昨日は1日てんてこ舞いでした、家事をしながらCDでも聞いてようと思ってたらとんでもないことでず〜っと仔ふらの相手をしてました主婦って大変ですねぇ、日ごろの感謝も込めて夜は外食にしました

>アランパーソンズ
自分でもビックリですが良い席がとれました(^_^ゞ前回もそうでしたがアランパーソンズにはツキがあるのでしょうか・・・(まさか売れてないってことは無いですよね)
今回の来日でホールで演るのは東京だけなんですね、他はライブハウスで1日2回公演のスケジュールのようですねアットホームなステージが見れるような気がします

>アニメタル
以前カラオケで唄ったことありますが、けっこう発散できますよ(^_^;
この手の企画物はヒットするとぞくぞくと出てきますね、ただ同じようなアレンジになるので元曲の優劣がすべてですからアバはおもしろいかもしれませんね



01/07/03 00:27:01
名前:
J'rat

コメント:
夜は少し涼しいです。

>がーたんさん、
 はじめまして、ようこそいらっしゃいました! どうぞよろしくお願いします。
 さて、ご質問の "BBC'75" ブートの収録曲ですが、1."The Capital of Power"(3:29) 2."The Deadly Dream of Freedom"(4:57) 3."The March to the Eternal City"(11:34) の3曲です。いずれもあるばむ「スパルタカス」の曲ですね。
 もとよりこのブートのタイトルは眉唾らしく、BBC ではなく米国のローカルFM局のものだそうです。しかし音質はサウンドボードもので良いコンディションです。わずか20分足らずの演奏ですが、ユルゲン・フリッツ、ヘルムート・ケレン、ハンス・バテルトの最良のトリオによる完璧なライブを聴くことができます。私はこのブートをdisk unionで手に入れました。以後何度か見かけていますので、今でも入手可能ではないかと思います。
 それにつけてもトリアンのライブは素晴らしい。EMI は当時のテープを持っていて、リマスター版にはボーナストラックとして収録されるとアナウンスされていました。一日も早く日の目を見せて欲しいものですね!

>アバメタル、
 絶対合わなそうな気がしますが...。アニメタルはドライ日ミュージックとして結構聴きました。ノリがいいのですが、一緒に歌えないという欠点がありましたね〜。(^_^;



01/07/02 21:59:01
名前:
夢典命

コメント:
いや〜、まいった、まいった、紙ジャケシリーズでつい最近まで盛り上がっておりましたが(...まだ盛り上がっておる最中でしたか・・・失礼!)ロキシーのライヴの話が出たと思ったら、やっぱり彼らも紙ジャケで再登場みたいですね。
8月と9月の2回にわたってそれぞれ5枚の計10枚ですが、やっぱりファンにはたまらないプレゼントになるのでしょうね〜。
...と書きつつ、YESの紙ジャケに続いて心の動揺を隠せない私でございました。(^_^;)

昨日の続きですが、タイムリーな事に今夜11:00からNHK総合TVで放送される「夢伝説」という番組でABBAの特集が組まれております(おりました...でしょうか)が、彼らのトリビュートアルバムが発売されておりました。
そのタイトルがずばり、『アバメタル』という、読んでお分かりのように14組のメタルグループによる競演が収められております。
「しょせん、メタルでしょう〜?」という方がいるかもしれませんが、これがなかなか聴き応えがあるんですよ、ほんとに。
基本的には彼らのヒット曲がメタル風にアレンジされてはおりますが、何故か違和感がありませんでした。
どうしてかな...と考えてみたのですが、もともとABBAのサウンド自体が高音を主体としたノリノリなサウンドだけに、メタラーにとってみたら非常にアレンジし易いんでしょうね、特にギターやキーボードといったメロディー楽器においては・・・
あえて購入するほどのこともないとは思いましたが、将来レンタル店に並んだ暁には、是非レンタルしたい作品ということでリストに加えておきました。

〜明後日につづく〜



01/07/02 21:57:39
名前:
がーたん
電子メールアドレス:
メールはこちらまで

コメント:
初めてかきこします。
トリアンビラートホームページとても感激しました。
ところで、BBC’75というブートレックでは、何の曲が収められているのでしょうか?
日本では入手できないのでしょうか?お初であつかましい質問ですみません。



01/07/02 21:51:11
名前:
Woog

コメント:
>J'ratさん
>みんなで「ハッピーバースデー」を歌いましょう。...恥ずかしい?

ご勘弁を〜〜
でも、変拍子で不協和音があればいいかな (^^;



01/07/02 12:31:32
名前:
J'rat

コメント:
 きのうは暑かったです〜。洗車をしたら、死ぬかと思いました。

>8/4オフ会、
 参加表明、ありがとうございました。この日で大丈夫そうですね。近々、正式な告知ページを作ります。またメールで改めて出欠確認をしますので、よろしくお願いします。
 9/15お台場オフ会もやりますよ〜!

>Woogさん、
 なんと8/4がお誕生日とは、知りませんでした。Goodタイミングですね! みんなで「ハッピーバースデー」を歌いましょう。...恥ずかしい?

>携帯の着メロ、
 クリムゾンやYesもあるんですね。いい時代ですね。私のPHS用は少ないのですが、やはりマナーモードなので聴く機会は少なそうです。あの振動を変拍子にするとか...?

>にいはおさん、
 MIDIの新作、着々と作っていただいていたんですね。ありがとうございます。気長にお待ちしてますので、めげないでがんばってくださいませ。夏休みは帰って来れないんですね〜? 残念です。

>ベイクドポテトライブ、
 すっかりあれかと思ってしまいましたが、あのライブハウスでやるとみんなこうなるんですね。「スーパー」が付かないから、別物なわけですね。

>案山子さん、
 坂本龍一のコンサートは残念ですね。でも、アランパーソンズ、東西で盛り上がりましょう!

>味噌はレファの上、
 座布団一枚! ...取っとくれ。(^_^;

 で、余りの暑さに、衝動買いをしてしまいました。ローランドのデジタルピアノ F-90。安物のようですが、デザインがきれいで、一目惚れです。弾けないのにどうしよう? 仔ラットは近所の人が始めた「ヤマハ音楽教室」に行くことになりました。私も検討中ですが...。



01/07/02 06:15:48
名前:
ふらじゃ

コメント:
今日は会社休んで1日主婦(夫)です
まずは朝ご飯の用意ですか?
え〜っと、ミソどこだぁ〜〜(レファの上)・・・
またきます(すごすご)

8/4私も参加します、前回CD屋さん巡り出来無かったから
リベンジです・・・(何の?)



01/07/01 22:51:45
名前:
案山子

コメント:
8月4日オフ会・・・・う〜〜〜〜ん・・・・無理ですねぇ。とっても残念です。

坂本龍一のライヴは今回は諦めることにしました。
こうなると、否が応でもアラン・パーソンズの方に期待してしまいます。こけたらどうしよう・・・。
>坂本龍一プロデュースの「ZERO LANDMINE」
昨日やっと買ってきて、ず〜〜〜〜〜〜〜〜っと聴いてました。
懐かしいような音で、最初少し「あれっ!」って思いました。
「地雷の撤去」というCDの制作目的をより多くの人に確実に伝えるためには、
難解なものを排し、シンプルで美しい曲に仕上げたのは、正解だったかな。
と、思いました。

>The Seventh One
Pamera、Stop Loving You は、私も好きです。あとANNAとか・・・悪くないんですよ。
多分TOTOというだけでそれ以上のものを期待してしまうんでしょうね。

>アラームがクリムゾンの「太陽と戦慄 Part 2」
これいいですね!メチャクチャ目覚めが良さそうです。
最近気づいたんですが、いつもマナーモードだから着信音あれこれ変えても意味ない・・・。



01/07/01 21:05:54
名前:
夢典命

コメント:
今日からいよいよ2001年も後半戦に突入しましたが、こちらでは今年一番の暑さになりました。
こういう日に飲む風呂上がりの一杯目のビールは、五臓六腑にシミワタル〜っちゅう感じでしょうか。
『う〜ん、うまいっ、もう一杯!』...ということで、8月4日(土)のオフ会は是非参加したいと思います。(意味不明)
店主さま、よろしくお願いいたします。

さて、先週の出張先においては、少しの空き時間を利用してのCDショップに立ち寄っておりました。
んでもって、みつけた獲物は、またまた「ベイクド・ポテト・ライヴ」という昨年録音されたシロモノ。
といっても、いままで紹介してきた例のものとは当然別物でして、前回カキコしたKARIZMAというバンドのギター(マイケル・ランドウ)&ドラム(ヴィニー・カリウタ)に、元祖ベイクドポテトのキーボーダーであるグレッグ・マティソンと超絶セッションジャズベーシストのエイブラハム・ラボリエルという強力ラインナップで、そのサウンドがものすごく聴きたかったのですが、2枚組ではありますが¥5,080はちと高すぎに感じて、残念ながら購入を断念しました。
でも、値段が下がることはあまり期待できそうにないので、いつかは買わなければならないでしょうね〜(^^ゞ
他にもジャズ関連でのベイクド・ポテトものも発売されたりして、今年はこのライヴハウスでのお宝がどんどん紹介されていくのでしょうか?

〜明日につづく〜



01/07/01 16:17:42
名前:
にいはお

コメント:
北京はいい天気なんですが、ぎゃあああ。
まるまる1パート、データをとばしたあ。

別のパートをやっていたつもりが、
間違って作成済みのパートに上書きしていたあ。
しかも、バックアップ、とってないっ!

やり直します。店主様。
そんな訳で8月4日のオフは不参加とさせて頂きます。
(関係ないでしょ、それとこれとは)



01/07/01 15:48:11
名前:
Woog

コメント:
>8月4日OFF!!(^o^)/

何と私の誕生日が8月4日なんですぅ。
ぜひ行きたいと思っています。
4日でなくても、行かれれば、いつでも行きますが。

以前も言いましたが、この5月6月は疲労困憊しました。
すると、先日PCもダウンしてしまい、起動できなくなり
ぼくは仕事で家のPCを使うので、一時は真っ青でした。
ハードディスクを初期化しなければならなくなり
データが全部消えてしまい、
ぼくはMacのOS9.1を使っていますが、
わざわざ7.61のCD-ROMを出してきたり大変でした。

最近の私のプログレネタと言えば、
携帯の着メロでして (^^;
16和音の携帯を買い換えたのを機に調べてみると、
残念ながら4和音ですが、イエス、エイジア、クリムゾンなど
10曲ほどありました。

今のところアラームがクリムゾンの「太陽と戦慄 Part 2」
これがうるさくて、よく目が覚める(^o^)
こちらで知り合った皆様からの着信音が
「クリムゾン・キングの宮殿」となっております。
皆さんどしどしお電話ください(^_^)



01/07/01 08:56:44
名前:
夢典命

コメント:
久しぶりにいい天気になりました。
先週は大阪に出張してまして、ここは留守してました。m(__)m
もちろん、ネタも少しばかり仕入れてきました。
その前に...っと、

>ロキシー・ミュージック

私は9月8日に行く予定です。
な〜んたって、あのクリス・スペディング(g)が見れるんですからフィルとの競演が楽しみであります。
クリスといえば昔からセッションギタリストとして数々のミュージシャンのアルバムにクレジットされていますが、やはりブライアン・フェリーの76’作「LET’S STICK TOGETHER」での名演が忘れられません。
フェリーのソロ作品のなかでは、85’作の「BOYS & GIRLS」と共に大好きな作品ですが、ここではリメイクされたロキシーのナンバーも聴けたりして、なかなか良いです。
この作品を発表した翌年の77’に、フェリーは自己のバンドを率いてワールドツアーを行いましたが、この時に日本に初来日しています。もちろんクリス&フィルのツインギターで来日したようですが、残念ながらこの時のコンサートは見てませんので、今回の来日コンサートでのツインズのギターが非常に楽しみでもあります。
もうひとつの楽しみは、50代半ばを過ぎたフェリーのステージングでしょうか。
あのダンディーな彼の、腰をくねらせながらのヘッピリ腰ダンスがいまでも健在なのか...楽しみはつきません。(^^ゞ

>店主さま
>資料室

資料室へのアップ、ありがとうございました。
sphinxさんをはじめとして、彼らの資料はそこんじょそこらにあるものでもありませんので、こうして集められた資料を眺めているだけでも、過去のタイムスリップしたような感じがします。
今でもそうですが、これからも更に充実した日本一のトリアンサイトにしてください!



01/07/01 00:04:16
名前:
J'rat

コメント:
 う〜ん、OCRソフトではなかなか認識できないですね〜。ビルボードのチャート表。他の手を考えなくては...。

>アラン・パーソンズvs.坂本龍一、
 これは悩まれるでしょうね。両方行ければ一番ですが、難しいところは良くわかります。一日は残業にして、もう一日は大事な同僚の送別会にするというのはいかがでしょうか? え、いつも私が使う手じゃないかって? とんでもないです。(^^ゞ

>The Seventh One、
 ダメでしたか〜。アルバム最初の Pamera とか、ジョンちゃんがクレジットされている Stop Loving You とか、結構のりがいいと思うのですが。確かにだいそれたアルバムではありませんので、気楽に、海水浴帰りのドライブにでも聴いてご覧になってはいかがでしょうか?



現在のフォーラムへ | トップに戻る | 過去ログのインデックスへ


 DiscographyBiographyIntroductionPersonnelForumOfficial SiteJ'rat Home