J'rat Forum
 DiscographyBiographyIntroductionPersonnelForumOfficial SiteJ'rat Home
2001年1月のログ

現在のフォーラムへ | トップに戻る | 過去ログのインデックスへ


01/01/31 22:58:10
名前:
案山子

コメント:
>らくだ氏さん
IT BITES評面白いですね!わたしも大好きなバンドです。
ベスト盤というのはCALLING ALL THE HEROES(THE BEST OF IT BITES) でしょうね。
わたしはオフィシャルではこれだけ持ってないので、喉から手が出るほど欲しいアルバムです。
一番好きなのは、ハードでカッコイイEAT ME IN ST LOUISです。
中古屋で2800円だったので、「高いんですね」って言ったら1000円まけてくれた!(ラッキー)
ボーナストラックが良いので、日本盤がお薦めです。
プログレ色が強く出てるのがONCE AROUND THE WORLDかな?
THANK YOU AND GOOD NIGHT では、こんな凄いライブをやるのかとぶっ飛んでしまいます。
来日記念盤(コンピレーション)というのにも、テクニック、バリバリのイントロ曲があって捨てがたいです。 The Big Lad in the Windmilも、良いですね!
結局、全部じゃないって?そうですよぉ〜〜〜〜。



01/01/31 15:57:19
名前:
ふらじゃ

コメント:
今世紀も早ひと月が終ろうとしておりますが、来月24日開催のオフ会
題して「祝、From Niigataさん御結婚!奥様プログレ洗脳オフ会」
(あれ?タイトルが変わってますかぁ??(^_^;)
告知して一週間程ですが、大勢の参加希望ありがとうございます。

現在の参加者は、私を入れて10名
J'ratさん、越智さん、きゃらっくさん、ホイトルさん、らくだ氏さん、
AUKENさん、夢典命さん、From Niigataさんと奥様、です。

越智さんはこちらの掲示板でJ'ratさんが何度かライブの告知をなさってた
ジャズ・ボーカリストの方ですが、活動の拠点が中華街ということで
お誘いしたところ、参加のみならずお店探しまで申し出ていただきました。
ありがとうございます。

今のところ決まっているのは
pm5:00頃〜横浜union襲撃
pm6:00頃〜飲み会
です。

まだまだ、時間がありますので思案中の方も是非参加して下さい。



01/01/31 12:25:10
名前:
J'rat

コメント:
 おはようございま〜す。本当に寒かったですね。おまけに花粉が飛び始めているようなので、つらいです。今朝はマスクをしてきました。

>IT BITES
 ベスト盤が出ているのですか。私が持っているアルバムは2枚だけですが、本当にセンスがよくってかっこいいですね。ポップなのですが、変拍子が多くて、アレンジも一筋縄では行きません。廃盤とのことですが、中古では時々みかけますね。
 今朝は "The Big Lad in the Windmil" を聴いてきましたが、Yes の "DRAMA" を思い出しました。このアルバムのジャケットはカンタベリー風の絵です。音は現代的なのでギャップが大きいですね〜。

>ミッキーシモンズ、
 キャメル、オールドフィールド、フィッシュ....。すごい人なんですね〜。え、ルネッサンスもですか! ルネッサンスの新譜、聴きなおしてみます。

>KBB、
 きゃらっくさんに聴かせていただきましたが、ホントに力が入っていますね。知らずに聴いていると日本のバンドと思えないですね。



01/01/31 10:16:26
名前:
ふらじゃ

コメント:
今朝も寒かったですが、ちょっと早起きしたので奇麗な朝日を見ることができました。

今日の通勤BGMはラナ・レーンの「バラード・コレクション」でした。存在は知ってましたが
タイトルからベスト物と思って買わずにいたのですが、曲目を見るとエルトン・ジョンや
ビートルズの曲も演っていたのでつい手を出してしまいましたが、これが大当たりでした。
バラード曲と言うことでメタル色が消えて、キーボード主体のプログレアルバムになってました
ハイトーンな女性ボーカルが好きな人にはお薦めです。
しかしこのキーボードの人、ハモンド、メロトロン、シンセと絶対プログレ好きだろなぁ

>ミッキー・シモンズ
私も調べてみました。らくだ氏さんの書かれてる様に色んなセッションに顔出してる様です。
マイク・オールドフィールドは「アイランド」に参加してます。フィッシュは1枚しか持って
ませんがその「VIGIL IN A WILDERNESS OF MIRROES」というアルバムでは全編作曲者としても
クレジットされてました。あとソロアルバムもリリースしてます。



01/01/30 22:46:42
名前:
らくだ氏

コメント:
ちょこっとお久しぶりです。カンサスライブの時CDを10枚買い、
しばらく買わないと思っていましたが、また2枚買ってしまいました・・・。

一つはKBBという日本のインストバンドです。
AUKEN氏オススメなので買ってしまいました。

良かったぞ〜!ケンソータイプかも。バイオリンが凄い>AUKEN

もう一つは今更ですがIT BITESのベストアルバム(輸入版)です。
メンバーはウェットンの参加やセッションなどで知っていましたが、
肝心の曲は聴いたことなかったので・・・。

これが、すっごいアタリ。いや〜、曲がかっこいい。ポップでプログレで
コーラスがキレイだし。しかし、変拍子があったりしてどこか素直じゃない。
全体的には上品なイメージでした。見た目も。
ハワード・ジョーンズやフィル・コリンズに近いかもしれませんね。
そこそこ売れたみたいですけど、もっと注目されてもよかったのになぁ・・・。
F・ダナリーはソロを製作中みたいですね。

IT BITESは3枚オリジナルが出ていますが、やっぱ廃盤ですよねぇー。
気合で集めよっと。クセになりそうです「YELLOW CHRISTIAN」♪


中華街オフ

From Niigataさんも参加されるんですね。しかも奥様まで。素晴らしい!

私は中華街に行くと必ず雨なんです・・・(過去3回)。
私、中華街雨らくだなんです。しかも帰る頃に晴れるんだなぁ、コレが。
24日はどうなるか心配です。


ミッキー・シモンズ

マイク・オールドフィールドや元マリリオンのフィッシュ等に参加しています。
バンドに属すというよりは、セッション的な見方ができます。
キャメルでは、「ダスト・アンド・ドリームス」に参加し、来日もしています。
コレのツアーを収録した2枚組ライブ版「ネバー・レット・ゴー」で
彼のプレイを聞くことができます。
最近はご存知の通り、ルネッサンスとして3月に来日することになっています。



01/01/30 13:55:57
名前:
J'rat

コメント:
 今朝もバリーの "Dear John" でした。実になごみます。以前のバージョンのように力をこめて歌っていないせいかも知れません。

>DVDオーディオ、
 ありがとうございました。なるほど〜、かなり違うものですね。もしかして5.1チャンネルを2チャンネルにする過程でバランスがくずれるのでしょうか? これはぜひ確認のために買います。
 それにしても5.1チャンネル、そんなにたくさんのスピーカーを置ける人はどのくらいいるのでしょうか? 生活の場なので、私は無理です....。(T_T)

 あ、巨さん、お忙しかったんですね。無理せず末永くお付き合いお願いしますね〜。

>ミッキーシモンズ、
 恥の上塗りを覚悟の上でお伺いします。どこのバンドにいた方なんですか? 名前は聞いたことがあるのですが....。(^^ゞ



01/01/30 12:20:37
名前:

コメント:
FromNiigata様
ありがとうございます、7枚目だと思います。
J'rat様
いつも、Readはしているんですけど、なかなか書き込みが出来ない環境になってしまったもので....。
WindowsPCだと特典映像は再生可能らしいんですが、壁紙とか歌詞の再生は出来ないようです。
MIXの違いは、5.1を2chのMDに落として聞いた感想です。全体的にディレイ/エコーの音は、前面から除外されているようで、ヴォーカルが生々しく、どの曲もベースの音がはっきり聞こえます。
エルサレムの前奏でなんだかわからないタイミングで鳴るティンパニ(のような音)や、トッカータで、今まで聞こえなかったギターの音なんかが聞こえます。でも音の響きはオリジナルのほうがいいように思います。やっぱり完成品という感じです。第1印象パート1の後半に出てくるバックが一瞬途切れるところも、オリジナルはぶちっという感じですが、DVDは別に...ですし、第2印象から第3印象にアタッカで(間髪入れすに)入るところもDVDはないので、緊張感に乏しいように思います。
まだ5.1で再生していないので、2chで再生したところのレポートです。
ふらじゃ様
ごめんなさい、あまりラッキーマンの記憶がありません。なんかあんまり違いがなかったような気もしますが、後で聞いてレポートしますね。



01/01/30 11:02:44
名前:
ふらじゃ

コメント:
今朝も寒かったです、雪解け水が凍ってて道路がツルツルでした。

夕べはTMNを聞いてました、打ち込みの音が多いですが曲によってはプログレっぽい
ですね、聴きながら思い出しましたが確か「キャロル」ってアルバムが押し入れにあったはず・・・

>J'ratさん
ミッキーシモンズが「Dust and Dreams」のアルバムに参加していたかはクレジットを見ないと
判りませんがツアーには間違いなく参加してました。記憶違いでなければ「NEVER LET GO」という
ライブアルバムのキーボードは彼のはずです。

>巨さん
DVD盤「恐怖の頭脳改革」ボーナストラックの‘ラッキーマン’の音はどんな感じでしょうか
そう言えば、先週横浜unionにあった「恐怖の頭脳改革」が昨日無くなってましたが・・・まさか(^_^;

>From Niigataさん
横浜unionから徒歩5分もかからない所に最近オープンした横浜カレーミュージアムがあります
未だ行ったことはありませんが7軒のカレー屋さんが出店しているそうです。



01/01/29 23:54:06
名前:
J'rat

コメント:
 寒いですね〜。雪がなかなか融けません。今夜駅前の駐車場でプジョーを出そうとすると、フロントガラスの内側に霜が....。露ではありません、凍っていました。デフロスタで融かすのに10分以上かかってしまいました。隙間風でも入るんでしょうか、このクルマ? (^_^;

 今朝はきのう作ったバリーパーマーの "Dear John" 集の CD-R を聴いてきました。4つのテイクを聴き比べると、最終版の CD single がやはり決定版であることがわかります。なんというかメロディが前にでしゃばりすぎず、何度でも聴きたくなる奥ゆかしさのようなものが備わっているようです。

>毛糸さん、
 私もきのうは大掃除をしていました。部屋に散乱したCDをとりあえず棚に収めたところで、安心してやめてしまいましたが....。(^^ゞ
 「掃除にはスパルタカス」に一票!

>ふらじゃさん、
 ミッキーシモンズってキャメルの Dust and Dreams の人なんですか! 改めて聴かねば。....私は認識が低いですね〜。こんな奴でスミマセン。(^_^;

>巨さん、
 おひさしぶりです、ようこそお見捨てなく書き込んでくださりました。と、思ったら、え〜っ、そんなに違うんですか、恐怖の頭脳改革のミックス。やはり聴かねば、やはり買わねば。ホントにPCだと再生できるんですか〜?
 松下電器のプレスリリースなんかを見ると、やはり DVD オーディオは DVD プレイヤーに標準搭載の方向のようですね。これで SA-CD の負けが見えましたか。

>From Niigataさん、
 なんと、遠路はるばるご参加とは感激です。しかも奥様も来てくださるとは。デジカメ持って行こうっと。(^_^)
 あ、でも「中華街に二人で行ってデートしよう」とか言ってません? ちゃんとプログレなお友達がいっぱい来ると正直に言っておいてくださいね〜。みんなで結婚祝の乾杯をしましょう!

>夢展命さん、
 クォーターマスですか。キーボードトリオなんですね。う〜ん、聴いてみたいです。ナイスと同時期と言うことは、やはり英国のバンドなのでしょうか? 教えてくださ〜い。

>案山子さん、
 CD 爆裂買いですか! で、で、お宝はなんですか? ご紹介してくださ〜い。



01/01/29 22:59:52
名前:
案山子

コメント:
>ホイトルさん
私が聴いてるのはCDです。
LOVE IS LIKE OXYGEN、アコギを使ったプログレっぽい間奏ありますよ。
これがピアノの伴奏と相まって美しいこと!
その後で、電気仕掛けのズギューン!というソロになるんですね。
この絶妙なコンビネーション。堪えられませんね。
ほ〜〜〜〜ら。ますます聞きたくなったでしょ〜〜〜〜?

>From Niigataさん
>Wetton
そうですよねぇ〜〜〜〜♪
メロディーの作り方がよいんですよねぇ〜〜〜〜♪
声もいいですよねぇ〜〜〜〜♪

>ふらじゃさん
今日も横浜unionですか?それは良かったですねー。
ホントにアニーハズラムとルネッサンスの紙ジャケで一杯ですねぇー。
私も、ほんの少し買いましたけど・・・・。

(今日久しぶりの買い出しで、爆裂してしまった案山子でした)



01/01/29 22:57:53
名前:
夢典命

コメント:
こんばんは。
今日は通勤時間が通常の2倍もかかってしまいました。
いつもの通勤路は、なにせ勾配が急なのに加えて日当たりが悪いときたもんで、
やっぱり自然の力にはかなわないってことでしょうか。

さて今日は久々に70年代のオルガンサウンドが聴きたくなり、
クォーターマスの1stを聴いてました。
ヒプノシスのジャケットが不気味ですが、そのサウンドは鮮やかで、
ハードプログレにクラシックやジャズ等のサウンドをうまくちりばめた感じでしょうか。
メンバー構成が同じせいか、当時のナイスに相通じるところがありますが、
少々、ワイルドな感じも曲によってはみられます。
でも全編にながれるハモンドサウンドを聴いていると
「あ〜、やっぱ70年だ〜」っつうため息がでました。・・・(^^ゞ



01/01/29 21:23:12
名前:
FromNiigata

コメント:
洗脳>
まだまだですね。スティーヴ・ハケットのアコギソロなんかは受けが良かったのですが…。あと、ジャズのエヴァンス系から攻めているんですが、道は遠い様です。「リレイヤー」へのリアクションは最悪でした。(当然でしょうが…(泣))
結構、絵が好きみたいなんで、ジャケットから今度攻めてみようと思っています。



01/01/29 21:11:03
名前:
ホイトル

コメント:
うわ、うわ、うわ
From Niigataさん、行きましょう。
また奥さんにお会いできますね〜。
洗脳はすすみましたか?



01/01/29 21:01:55
名前:
FromNiigata

コメント:
横浜中華街新年会>
ホイトルさんの気合いにインスパイアされ、私も横浜中華街新年会に是非参加させていただきたいと思います。で、出来れば皆さんにうちのをプログレ洗脳していただきたいので、2人で参加させてもらってもよろしいでしょうか?(J’ratさんにはホームシアター洗脳の方もよろしくお願いしたいのですが…)
(2回目の車検が思いのほか安く上がったので、財源が出来たのも参加の1理由です)

巨様、頭脳改革は7枚目でしょうか?すばらしいですね。
私も是非、欲しくなってしまいました。

ウエットン・ソロ>
今日の朝の出勤もウエットンでした。やはり、才能に逆らわず、メロディアスな楽曲を歌いあげるのが一番似合っているような気がします。良く聴くと前作も結構良いアルバムなんですね。何か酷評していましたが…。



01/01/29 18:21:02
名前:

コメント:
久々のコメントなのに....最近話題に出てないELPの話でもいいですか、J'ratさん?
と、了承も得ないで書きます。
またまた、頭脳改革を購入してしまいました。DVD-Audio版です。
過去のログで知ってる人はあきれるでしょうね....。
もう何種類持っているか、自分でもわからなくなりました。
で、音。
5.1対応のソースをMDに落として聞きましたが、
Mixが全然違う!
いままで聞こえてなかった音が聞こえる(聞こえていたものが聞こえなくもなっている)。
このMixだとプロトタイプみたい。
特典映像つきなんですが、メニューがないため再生できません。
Window-PCだと再生できるという話もありますが、
うちにはないのできっと永久にみることは出来ないでしょう....。



01/01/29 15:58:44
名前:
ふらじゃ

コメント:
あれ?ストッパーになってますねぇ私・・・でもめげない
今日も昼休みに横浜unionに行ってきました。いまプログレのコーナーは
アニーハズラムとルネッサンスの紙ジャケで一杯です。
中古の棚はますますスカスカになってきてます。来月末には補充しておいて
ほしいものです。

最近プログレの掲示板でTMネットワークが話題になっていたので、ちょっと
中古の棚を覗いたら「TMN BLACK」なるベスト盤の様なCDが\100という投げ売り
状態だったので買ってみました。聞いたこと有るタイトルがいっぱいでした



01/01/29 10:49:19
名前:
ふらじゃ

コメント:
昨日は車の雪おろしをして、そのまま近くのスーパーまで食料の買い出しに行ってきました。
BGMはELPの「ラブ・ビーチ」、なんとまぁミスマッチな選曲でしたが運転に集中するには
この方がよかったです。ところで何をいまさらですが、このアルバムに女性コーラスなぞ入って
いたんですね、レコードのA面をろくに聴いてないのがばれてしまいます。

>スイート
う〜んなんたる偶然!ライブと一緒に買った「CUT ABOVE THE REST」と言うアルバムの中にも
プログレ味な曲がありました。

> バリー・パーマー
Dear Jhonのページ拝見しました。Keyにミッキー・シモンズの名前があってビックリです。
キャメルの「怒りの葡萄」の頃のツアーに参加してますよね。これでトリアンとの接点が
出来たわけですね。



01/01/29 10:45:29
名前:
ホイトル

コメント:
聞きたくなるとどんどん気になってしまう
LOVE IS LIKE OXYGEN...
高校生の頃カセットテープを持ってたんだよなー
20年くらい聞いてないはず。
アコギを使ったプログレっぽい間奏があったはず..

かかしさん、
かかしさんが聞いてるのはアナログ盤ですか?CD?
アコギ使ったプログレっぽい間奏ありますよね?



01/01/29 02:49:06
名前:
J'rat

コメント:
 バリー・パーマーのCDシングル "Dear John" のページを作りました。トップページのリンクからどうぞ。(^_^)/
 今日はこればっかり聴いていました。



01/01/28 15:08:56
名前:
毛糸

コメント:
♪大そうじぃ大そうじぃーこんな時間からぁー(T.T)
♪長雨続きで山のようにたまった洗濯物とぉ
♪こんな時に壊れる自動乾燥機ぃ

大そうじのBGMには「スパルタカス」がぴったりでにゃー
自由になる日を夢みて
あかぎれの手をこすりながら強制労働してますだぁ・・うっうっうっうっ
(掃除ひとつすんのもなんかになりきらんとできんのかい>あたし)



01/01/28 13:06:43
名前:
AUKEN
電子メールアドレス:
メールはこちらまで

コメント:
こんにちは、今日は良い天気ですね。

昨日は大雪にもかかわらず御茶ノ水まで行ってきました。前から飲み会の企画があり、店も予約してあったためです。向こうに行ったらビル風の影響で吹雪になっておりびっくりしました。

アルティ・エ・メスティエリの新譜は思ったより良かったです。往年の超絶ではないですが(でも上手い)、メロディ重視でよいアルバムでした。あと、今のメンバー写真が載っていたのですが、フリオ・キリコは凄い体してますねー。今いくつなんだろう?
あと、前のオフ会で聴かせていただいたKBB(でしたっけ?ムゼアから出ている日本のバンド)が良かったのでらくだ君に買わせました。



01/01/28 12:11:02
名前:
J'rat

コメント:
 きのうは大雪でしたね〜。思わず仔ラットとカマクラを作ってしまいました。....腰が痛いです。(^_^;

 ジオシティが調子が悪いようで、書き込みがなかなかできなかったそうですね。ご迷惑をおかけしてスミマセンでした。二重投稿などは編集しておきました。この編集作業がまたサーバーの不具合でなかなかできなくって....。がんばれジオシティ!

 大雪の中、公式サイトの Russ から、バリーパーマーの "Dear John" のシングルCD が届きました。アレンジなども大きく変わって、まるで別物になりました。MP3.com バージョンより格段に良くなっています!
 現在は Jim か Russ にメールで注文する方法のようですが、もっと手軽に買える方法がないか問い合わせてみます。



01/01/27 22:50:31
名前:
案山子

コメント:
>ホイトルさん
>LOVE IS LIKE OXYGENが良かった。 聞きたい。
>長い間奏が何とも言えず良かった。

えぇ〜〜〜〜っと、どんな間奏だったっけ・・・・
と、LEVEL HEADEDの方で聴いてみました。
これ、ホントいいですねぇ〜〜〜〜!(何を今更!)
このアルバムは、それまでのとかなり雰囲気が違って、ちょっとプログレっぽいですよね。
曲も良い!DREAM ON、 FOUNTAINからLOVE IS・・・と来る辺り
ウウォ〜〜〜〜!って叫んでしまいました。
今日は、一日 LEVEL HEADEDでした。SWEETは、ポップなだけじゃない!甘くないぞ〜〜〜〜。



01/01/27 09:53:46
名前:
ホイトル

コメント:
>SWEET
LOVE IS LIKE OXYGENが良かった。
聞きたい。
長い間奏が何とも言えず良かった。
どこかにCDないかな?



01/01/26 23:52:23
名前:
夢典命

コメント:
すみませ〜ん!
わたしもやってしまいました・・・m(__)m
なんか、案山子さんと私でものすごいカキコしてるみたいで、
本当に申し訳ありませんです。

お詫びの印しに・・・最近、ここの市民権をしっかりと獲得したと自分では思っている
恒例の...そっくりさんシリ〜〜ズ!
(エッ、もういい加減にしたらってー?・・・すみません。)
アート・ガーファンクルとジョン・マッケンロー(元プロテニスプレーヤー)
大変お騒がせいたしました。



01/01/26 23:25:43
名前:
夢典命

コメント:
>ふらじゃさん
>...5人もいれば満員です。
>...中古の棚が最近スカスカで寂しいです。

そうですか。
でも千葉UNIONはもっと・・・ですよ〜。
一応、「中古センター」があるようには紹介されていますが、
実状を申しますと、新譜コーナーでなんとか2人、中古コーナーでは1人が精一杯ですね。
どちらもなかなかこれっ...ちゅうのが置いてないんですねー。
でも何故か、クリムゾンだけはどちらも充実しているようで〜・・・(^^ゞ
やっぱり、お店にとっても‘$箱’なのでしょうか?
以前は中古のLDもかなりあったのですが、最近はほとんどみかけなくなりました。
最近はDVDで復活している作品も多いようですが、
まだまだ当時のLDの数には及びませんので、なんとか‘埋もれた宝探し’に精をだしてはおりますが、
はずれが多い様でして・・・
有楽町のハンター(ソニービルの地下)くらいでしょうかね〜? わりと置いてあるの。
どこか他にLD中古の充実しているお店知っている方いましたら、是非ご一報を!



01/01/26 22:47:28
名前:
案山子

コメント:
>夢典命さん
>SWEET
>いいっすね〜。‘FOX ON THE RUN’や‘BLOCKBUSTER’も好きでした。
わたしも結構好きです!GIVE US A WINK!は、ジャケットが面白いですよね。
曲ではACTIONとかLOVE IS LIKE OXYGENも印象的だったかな?
今、LIVE AT MARQUEEを聴いてますが、これジャケットがかなりヤバイんですよね。
ふらじゃさんが聴いてらしたのは、これじゃないと思いますが・・・・。

>FromNiigataさん
>ウェットンの新作「WELCOME to HEAVEN」アグリー 、アグリー。良いアルバムですよね〜。
そうですかぁ〜〜〜〜!
それはよかったですね!
本当によかった!
本当に心底そう思ってますよ・・・・。 ホント、ホント!



01/01/26 22:24:41
名前:
夢典命

コメント:
こんばんわ。
明日はどうやら先週と同じく雪になりそうですね〜。

あ〜、そういえばあの90分間の感動からもう1週間なんですね〜。
最近になって、やっと平静をとりもどしましたが、いやいやどうしてどうして・・・(意味不明)

でも納得いかないのが、当日会場で売られていたパンフレットです。
中14ページのうすっぺらさに加えて、すべて英語ときたもんだっ。
あとでわかったのですが、これってワールドツアー共通パンフなんですね。
でも、Web Siteでは$10で売ってるのに、¥2,000とは、いくらなんでもちょっと・・・でしょうー。
少なくとも、今まで行ったライブで売ってたパンフレットには、こんなチ○プなのありませんでしたよー。
この不況の最中、協賛メーカーがつかないというのも一理あるとはおもいますが、
せめて日本公演用のパンフレットは作ってほしかったですね〜。
ファンにとっては、少なくとも同一空間を共にできたという記念ですからね〜。
でもですよ〜、そうは書きましたがひょっとして、今のコンサート用パンフレットって、
すべてこんなふうだったりして〜。
なにせブランクが長いもんで〜〜、最近のコモンセンスをしらないもんで〜〜。
逆にだれか教えてください!

(とかなんとか言っておきながら、パンフをちゃっかり購入してた自分が怖〜〜い、ひぇ〜)



01/01/26 21:14:33
名前:
AUKEN
電子メールアドレス:
メールはこちらまで

コメント:
>燃ゆる灰笑顔バージョン
全くその通りです。今一般に流通しているしかめっ面バージョンは「港にて」の冒頭のドビュッシーが丸々カットされているのです。他にもカットしてあるようで曲の長さが半分くらいになっています。シングルバージョンなのか版権の関係なのかはわかりません。でも笑顔で再発されるってことは・・・と期待しているんです。



01/01/26 10:26:40
名前:
ふらじゃ

コメント:
>アリスクーパー
来月WOWOWで放送予定のライブDVDを買って来ました、まだ全部みてませんが
相変わらずのパフォーマーでした。

WOWOWといえば来月はゆめてんさんの書かれてる他にもフーやエルトン・ジョン
のライブもあるみたいですね、楽しみです。



01/01/26 10:02:04
名前:
ふらじゃ

コメント:
おはようございます、今朝は冷たい雨が降ってました。
おまけに風が強くて傘がこわれそうで大変でした。

>「マクロス」
う〜ん、懐かしいですねぇ、戦闘機がロボットに変形するタイプがありましたね
ヴァルキリーって言いましたっけ?歌が武器になる変な設定でした。

>横浜union
一応プログレのコーナーはありますが、規模は小さいです。5人もいれば満員です。
時々拾い物があったりしますがそう散財しなくてすむと思います。
新譜と中古でフロアが別れてますが、中古の棚が最近スカスカで寂しいです。



01/01/26 02:01:24
名前:
J'rat

コメント:
 新年会のページの BGM の「小白竜(シャオ・パイ・ロン)」という曲は映画用アニメ「超時空要塞マクロス」の中で出てくる歌です。ロボットアニメですね〜。この曲はちょっと中国風ですが、確か羽田健太郎さんではないかと思います。このアニメはメインタイトルや戦闘シーンなど、音楽が印象的でした。プログレとは関係ないですけど...。(^^ゞ

>なんやねん、ルリねーさんって・・・・
 このMIDIの作者の方のお名前ですが、実は存じ上げません。(^_^; でも良くできたMIDIだと思います。他にもたくさんのアニメソングがありました。

>ホイトルさん、
 ホントですか、新潟から来てくださるなんて! 楽しみです。気をつけていらしてください。From Niigata さんもいかがですか〜?

>「燃ゆる灰」の笑顔バージョン、
 は? もしかしてジャケットのアニー・ハズラムが笑ってるのでしょうか??

>楽しみといえば、横浜UNION・・・もですね〜。 (中略)
>けっこう掘り出し物がありそうなので、それまでは財布のひもをきつ〜〜く締めておかないと・・・
 ふらじゃさ〜ん、掘り出し物があっても買わないでおいてくださいね〜。いえ、私たちのために、どこか隅っこにでも隠しておいてください。(^^ゞ

>AUKENさん、
 ご参加いただけるんですね! 楽しみです〜。またお会いしましょう〜。(^_^)/



01/01/25 21:31:12
名前:
AUKEN
電子メールアドレス:
メールはこちらまで

コメント:
こんばんはー。
おっ!中華街OFFやるんですね!行きます行きますー。

>スカイギター仙人
はぁー、来日ですか。アルバムは一体どうなってるんだろう?

ルネッサンスの「燃ゆる灰」が笑顔バージョンで再発されると聞き狂喜しているAUKENでした。



01/01/25 21:02:41
名前:
夢典命

コメント:
も〜、少々頭にきたことがあったもんで、さっきまでヘッドホンして
ガンズの1stを大音量で聴いていたら、耳の奥がまだキーンと鳴っとります。

>SWEET
いいっすね〜。‘FOX ON THE RUN’や‘BLOCKBUSTER’も好きでした。
特に、前者のイントロのシンセには当時、本当にはまりましたです。はい。
キャッチーなロックンロールを聴かせてくれていましたが、スレイドやT−REX同様、
グラムロックとして位置づけられてましたか・・・ネ。

そういえば、来月WOWOWでアリスクーパーのライヴやりますね!
ベルリン・フィルハーモニーと共演したスコーピオンズのライヴも予定されてて、
目がはなせない月になりそうです。・・・(^^ゞ

楽しみといえば、横浜UNION・・・もですね〜。
毎日のように通われていて、時には従業員にまちがえられそうな(^/^)ふらじゃさんのカキコから
どんな店なのか、密かに期待しとりますです。
けっこう掘り出し物がありそうなので、それまでは財布のひもをきつ〜〜く締めておかないと・・・

玄人受けするそっくりさんシリ〜ズ
イタリア、セリエAのフィオレンティーナで活躍しているポルトガル代表のMFルイ・コスタと
長髪にした10CCのグラハム・グールドマン!
これは渋い・・・っでしょーーーー。



01/01/25 17:11:55
名前:
毛糸

コメント:
>新年会のお知らせ
予想した通りのイントロにのけぞっちまいましたぁ
なんやねん、ルリねーさんって・・・・
やるね>J'ratさん



01/01/25 10:22:52
名前:
ふらじゃ

コメント:
おはようございます。
今日は天気が悪いですねぇ午後からは雨か雪になりそうです。
今朝はプログレから離れてSWEETのライブを聴きながらの出勤でした
ハードロックはたまに聴くと元気が出ます。ああ、ヘルレイザーがカッコイイ

>J'ratさん
素敵な新年会告知のページですね、気分はすっかり中華です。

昨日正月を迎えた中華街は昼間静かでしたが、夕方から賑やかになり
爆竹の音やドラが鳴り響いてました。

>ホイトルさん
遠方からの参加ありがとうございます。From Niigataさんも是非お越し下さい



01/01/25 08:31:06
名前:
ホイトル

コメント:
中華街、なんとか都合がつきそうなので、
参加させていただきたいと思います。
皆様にお会いするのを楽しみにしています。

From Niigataさん、行きません?



01/01/25 00:51:52
名前:
J'rat

コメント:
 というわけで、やっと新年会のご案内ページを作りました。今回はBGMが異色ですが怒らないでくださいね。中華風の音楽と言うとこんなのしか思い浮かばなかったんです....。(^_^;

 それはさておき、Woogさん、夢典命さん、ぜひお待ちしております。横浜は遠いですが、オフ会は楽しいですよ〜。まだの皆さんもぜひお越しくださいませ〜。(^_^)/



01/01/24 23:30:36
名前:
夢典命

コメント:
>中華街オフ会
う〜ん、なんとか時間つくって出席したいです〜。
急用が入らなければ、多分出れると思いますので
一応出席ということでよろしくお願いします。
でも、次の日は朝から早いし、自宅まで多分2時間半くらいかかる田舎に住んでいるもんで
終電まで皆さんと‘熱い語り’を・・・っちゅうわけにはいきませんが・・・(^^ゞ
まあそうは言ってもこの寒さのなか、某広島の、水道管が凍り付くような片田舎に住んでいる
お・か・たよりはまだましかもしれませんが・・・
やべっ、また一言多かったな〜

こういう時こそ・・・のそっくりさんシリ〜〜ズ。
ピーター・ガブリエルと俳優ジョージ・クルーニー。
これは結構・・・でしょう!



01/01/24 21:18:55
名前:
FromNiigata

コメント:
レゾナンス>
雪の降った冷え切った朝にぴったりのアルバムですね。昨年はモラーツ、ウエットンとベテランミュージシャンの久のアルバムの当たり年でした。



01/01/24 21:13:53
名前:
FromNiigata

コメント:
ウェットンの新作「WELCOME to HEAVEN」>
アグリー、アグリー。良いアルバムですよね〜。ヴォイス・メイル程ではないですけど、毎日、通勤時のBGMとして聞き込んでおります。ウエットンはやはりこれじゃなくっちゃね。(でもトップのヴォーカルのエコー処理、ちょっとヘンかも…)

中華街オフ会>
行きたいですね〜。でも今月車検もあるし、金欠気味で…。

旧正月>
一回、ライブで爆竹バンバン聞いてみたいですね〜。



01/01/24 20:56:59
名前:
Woog

コメント:
>ふらじゃさん、
今回は新年会の幹事、お疲れ様です。
中華街。いいですね。行ければ1年ぶりです。
と言っても前回は、ラーメン食っただけでしたが。
是非行きたいのですが、ただいま妻と折衝中です。
はっきりし次第、連絡します。

最近は、娘がサンタさん(=Woog)にもらった
ゲームボーイのドラクエ3に、はまっています(^^;
娘も、やはりサンタさんにもらった「ポケモンでパネポン」
よりドラクエが気に入っています。
漢字、読めないくせに (^^)



01/01/24 10:35:00
名前:
J'rat

コメント:
 寒さが戻ってきたようですね。今朝はパトリック・モラッツの「レゾナンス」でした(またか)。凛とした冬の空気に、研ぎ澄ましたようなピアノの音がぴったりでした。まさに「残響」ですね。

>にいはおさん、
 実況中継ありがとうございました。爆竹で火事や怪我人が出るんですよね。気合入ってますね〜。

>ふらじゃさん、
 オフ会の幹事さん役、ありがとうございます。告知ページの準備中ですが、昨夜は恒例のMIDIを探して、ネットをさまよっていました。中華街に合う音楽といえば....。う〜ん、笑われちゃいますかね? (もうしばらくお待ちください)

>らくだ氏さん、
 キャラバン、いいです! もっといろいろ聴いてみます。今回はオフ会大丈夫ですか。よかったよかった。楽しみにしております。

>毛糸さん、
>(CDとあたしとどっちが大切なのっ!by妻ラット)
 心臓に悪いです。(^^ゞ
 そう言えば、昨夜仔ラットを寝かしているときに、「スパルタカス」のフィナーレを鼻歌で歌ってくれました。最近ひとりで遊んでいるときにも口ずさんでいました。父は猛烈に感動してしまいました。

>案山子さん、
 泣かない、泣かない。(^_^)



01/01/24 10:10:16
名前:
ふらじゃ

コメント:
今朝は風が強くて寒さも厳しかったです。

>オフ会
J'ratさん、きゃらっくさん、らくだ氏さん早速の参加表明ありがとうございます
まだ詳細は何も決まってませんが、決まり次第メール差し上げます。
皆さんもふるってご参加下さい。

>にいはおさん
逆さ「福」の意ありがとうございます、すっきりしました。
「春」を逆さにしてあるのもありましたが、これは一文字で「迎春」を表してる訳
ですね。

>sphinxさん
昨日荷物お送りしました、今日明日中には届くと思います。



01/01/24 05:48:55
名前:
案山子

コメント:
>にいはおさん
あけましておめでとうございます。
・・・・・とは言わないのか・・・・。

>毛糸さん&らくだ氏さん(まとめてゴメン)
コンサートのことありがとうございます!
DEEP PURPLEは日本フィルとロニー・ジェイムス・ディオが一緒って!!!
あ〜〜〜〜〜〜〜〜!でも東京は無理ですよ。これは辛すぎる・・・・・・。
東京はわかりますよ。でもね、なんで仙台、札幌なんですか!
どうして大阪に来ないんでしょう????
 
ウリ・ジョン・ロートは偉いですよね。
でも、フェア・ウォーニングではないんですよね。まさか辞めたんじゃ・・・

>ところで、ウェットンの新作「WELCOME to HEAVEN」は購入されましたか?
うっ、うっ、うっ〜〜〜〜。(泣)
>まさに、期待通りぼ素晴らしい内容でした。
えーん、えーん(泣)
>彼の作り出す珠玉のメロディーはぜんぜん色褪せていません。 あの声も健在でした。
(死んでる・・・)



01/01/24 01:04:41
名前:
にいはお

コメント:
実況中継その3

わあああ、凄い凄い!
堰を切った様に爆竹が鳴り始めました。みんな、
0:00を待っとったんだなあ、きっと。

もう、打ち上げは上がるは、鳴るわで収拾がつきません!
遠くの方はバシバシに光るし、そのあとすぐドドーン、という感じで
あたかも空爆の如く街中が鳴り響いております。

中国北京より新年のご挨拶でした(日本は、関係無いか・・・)



01/01/24 00:04:42
名前:
にいはお

コメント:
実況中継その2

鳴っとるぞ、鳴っとるぞ。
さすがに市内は警察が厳しいのでやる人はいないみたいだけど
遠くの方から聞こえてくる音はどんどん大きくなっていくぞ。

遠くで雷の音が聞こえる、ということがあるでしょう。
あれがわずか1秒の間も置かずに聞こえてくる、そんな状態を
想定して頂けると分かるかなあ。

>どっちが大事なのっ!
いやあ、そりゃあもう、☆★◎◆▽の方が・・・・ふふ、分かってるくせに。



01/01/23 23:59:59
名前:
らくだ氏

コメント:
こんばんは!今日は常陸那珂は大雪でした。一瞬だけど。
中華街オフ会、いいですねー。今度は参加させていただきます。


J'ratさん

風邪はなんとか治りました。口内炎が痛いですけど。
キャラバン気に入って頂いて嬉しいです。
アルバム毎ごとに作風は違いますけど、魅力いっぱいなグループです。
歌モノはもちろんいいのですが、インストものも侮れないくらい
名曲が揃ってます。
(最近キャメルネタを書いてないなぁ・・・。)



案山子さん

曖昧な書き方で失礼しました。
さっそくですが、ウリ・ジョン・ロートの奇跡の来日公演情報です!
まだ間に合いますのでメモの用意を。

5/16(水) 御堂会館:大阪  会場18:00 開演19:00 前売り\6800
        チケットぴあ 06-6363-9999/デジタル・プレイガイド{degip.com}
        info B&EF 06-6364-8869

5/17(木) 名古屋市青少年文化センターアートピアホール:名古屋
        会場18:30 開演19:00 前売り \6800
        info グランドライン 052-935-7558

5/19(土) 東京厚生年金会館:東京 会場17:00 開演18:00 前売り\6800
  チケットぴあ 03-5237-9999/CNプレイガイド 03-5802-9999/ローソンチケット 03-3569-9900
        info CLUB CITTA 044-246-8888

総合お問い合わせ クラブチッタ 044-246-8888

予約開始は2月からだったと思います。今回スカイ・オブ・アバロンで来るのかどうかは
分かりませんが、一緒に来る若手キーボードがスゴイヤツだとか。

ところで、ウェットンの新作「WELCOME to HEAVEN」は購入されましたか?
まさに、期待通りぼ素晴らしい内容でした。
まるで、全盛期のASIAを聴いてる・・・は言いすぎかしら?
彼の作り出す珠玉のメロディーはぜんぜん色褪せていません。
あの声も健在でした。
今のダウンズASIAよりも、こっちのほうがよっぽどASIAですね。
そういえば、ダウンズASIAも今月末に新作が出るみたいですね。



01/01/23 22:07:49
名前:
毛糸

コメント:
あーーきみきみぃ
二股はよくねーよ、二股は
J'ratさんとあたしとどっちが大切なのっ!
(CDとあたしとどっちが大切なのっ!by妻ラット)



01/01/23 21:58:54
名前:
にいはお

コメント:
毛糸さんとこの「四畳半」と二股がけで中国から実況中継です。

爆竹がなっています。まだぽつりぽつりですが、このあとどんどん勢いを
増していきます(あ、また・・)。
ピークに達するのは日本時間の午前1時(こちらの0時)。やってはいけません、などと
いう市政府のお達しなぞ誰が聞きましょう、嗚呼。

あ、また鳴った・・・。



01/01/23 20:31:28
名前:
FromNiigata

コメント:
「福」の字を逆さに貼る理由 >
自分の年賀状にも採用しておきながら、理由が解りませんでした〜。そう言う訳だったんですね。
シンガポールのチャイナ・タウンでもいろいろな正月用品を売っていました。カラフルで楽しかったです。

頭脳改革DVD>
そうですか。では、買っても損はない様ですね。



01/01/23 17:44:16
名前:
にいはお

コメント:
>店主様。旧正月
休めません。終わり。
・・・・・・わああ、また電話がああっ!

>ふらじゃさんへ。「福」の字を逆さに貼る理由
お答えいたしましょう。

上下を逆にすることを「倒(たお)」と言うのですが、
この発音が、ちょうど「やって来る」と言う意味の「到」と同じなのです。
つまり、
福を逆さにする(倒福)と福がやって来る(到福)のしゃれなわけですね。

どうです、皆様も中国語、やりませんか?
・・・・・・わああああ、またも電話だあああっ!



01/01/23 12:08:04
名前:
J'rat

コメント:
 わ〜い、ふらじゃさん、新年会のご案内、ありがとうございます! 私も参加させていただきます。ぜひよろしくお願いします。横浜unionは初めてですので、楽しみです。さっそくご案内のページを作らなければ。(^_^)
 皆さまもぜひご参加くださいませ〜!

 ところで、新調したジョギングでも音飛びしないCDウォークマンですが、昨夜バス停までダッシュしたら飛びました。やはり「絶対」ではないようです。今までよりは全然マシですので、文句を言う筋合いではありません。気に入っています。
 今朝はくやしいのでカンサスの "Audio Visions" を聴いてきました。元気が出ますね〜。バイオリンもゴキゲンですし。....実はイ・プーを探したのですが、今朝は見つかりませんでした。埋もれているようです。(^_^;

>にいはおさん、
 どんどん愚痴っていただいて構いませんよ〜。でもお体が心配です。旧正月は休めるんですよね?



01/01/23 11:14:58
名前:
ふらじゃ
電子メールアドレス:
メールはこちらまで

コメント:
すんません!
メールちょうだいって書いて
メアド書いてませんでした。



01/01/23 11:06:30
名前:
ふらじゃ

コメント:
続けて失礼します。

今月も早20日を過ぎ正月気分も失せたころですが、
今年初のオフ会などいかがでしょうか。

題して「今世紀初のサプライズは
トリアンの新譜とリマスターの発売だといいなぁオフ会」
又は「新世紀会in横浜中華街」

と言うことで、年度末を迎えてなにかと忙しくなるまえに
ちょっと一杯飲みながらプログレ話しに花を咲かせませんか?
今のところ2月24日土曜日pm5:00頃集まって、横浜unionでもひやかした後
中華街で飲み食べ喋ると言うが良いかなと考えてます。
まだ店は決めて無いのですが、
これはある程度人数が決まってからにしようと思ってます。

参加の希望やお店の情報は、私宛てにメールをお願いします。
多数の参加お待ちしております。



01/01/23 10:19:47
名前:
ふらじゃ

コメント:
今日も寒いです。道端にまだ雪が残ってます。

カンサスは都合が付かず、行けませんでした。無理すれば行けたのですが
そこまで根性がありませんでした。

>DVD
「恐怖の頭脳改革」は5.1サラウンドにも対応してるので映像用DVDプレイヤーでも
再生出来るそうです。

>にいはおさん
徹夜続きおつかれさまです。体調壊さないよう気を付けてくださいね

横浜の中華街でも迎春の準備がされてます。きっと爆竹が鳴り響き
カラフルな獅子舞がくりだすことでしょう。ところで福の字を逆さに
してるのはなんか理由があるのでしょうか?



01/01/23 00:48:36
名前:
にいはお

コメント:
わははは、今日も徹夜だ、徹夜。
家にも帰ってない。
他に書く事無いよ、ったくもう、やってらんねえ。

いいな〜、日本は。音楽の話題で盛り上がってらっしゃる。
こっちはあさってからお正月だというのにさあ・・・。
遠くの方で爆竹の音が聞こえる・・・。

トリアンのサイトで私事を愚痴っちゃいかんな、うん。反省。
ごめんなさいね、店主様。



01/01/22 22:53:47
名前:
毛糸

コメント:
おお、らくだくん無事だったのだな
よかったよかった
あーーーUMIちゃん、ゆあちゃんは昨日の横浜だったみたいぃ
残念だったね〜〜〜>抱擁サービス

>案山子さん
パープル3月に来ますよん



01/01/22 22:32:59
名前:
AUKEN
電子メールアドレス:
メールはこちらまで

コメント:
カンサスうらやましいですねー。就職して以来、どうもプログレのライブはタイミングが悪くてなかなかいけません。(ラーシュ・ホルメル平日、キャメル平日、カンサス臨時出勤、ルネッサンス平日、ビル・ブラッフォード職場旅行・・・)プログレじゃないアーテイストは3つくらい見てるのですが。

>ラーシュ・ホルメル
聴いている方多いですねー。皆さんサムラを聴きましょう、バカテクなのにホワーッとします。

>イ・プー
「パルシファル」だけ持ってます。ベスト以外は廃盤になっちゃったみたいですね。



01/01/22 22:21:57
名前:
案山子

コメント:
>カンサス
あ〜〜〜〜〜〜〜〜。本当に羨ましいですね。行きたかったです。
是非、もっと詳しく教えて下さい!
悔しいのでカンサス聴いてます!(といってもモーズがら)
どうして、DEEP PURPLE行かなかったんだろう!って毎日そればかり後悔してます。
どうして、いつもいつも、こんなに行動がずれてるんだ!(あっ!話しずれてますね)
>らくだ氏様!
>次回はウリ・ジョンロートかしら。
と、おっしゃるのは、どういうことなんでしょうか??
気になって眠れません。手遅れか?と思いつつ・・・・・是非教えて下さい。



01/01/22 21:42:55
名前:
ホイトル

コメント:
J'ratさん、ありがとうございました。
直りました。
セーフモードは初めてやりました。
すごいんですねえ
実はさいきんとってもパソが使いにくかったんです。



01/01/22 21:42:32
名前:
夢典命

コメント:
いや〜、今日になってもまだ、あの土曜日の感動が続いております。
おやじながらに恥ずかしいのですが、これをタイムショック、ならぬライヴショックとでもいうのでしょうか・・・m(__)m
昨日、ふらじゃさんは行かれたのかな?

>from USCさん
>PENDRAGON
たぶん、選曲的に問題があるという意味ですよね。(違ってたらゴメンナサイ!)
私も「仮面舞踏への序曲」「THE REST OF PENDRAGON」しか聴いたことがないので、
はっきりしたコメントできませんが、少なくとも前者からの選曲としては、
‘As Good As Gold’と‘Masters Of Illusion’の2曲は是非入れてほしかったですね〜!
やはりベスト物とはいえ、スローめな曲が多いので、多少聴いていて疲れてしまいますね。
あと、今日になって気がついたのですが、中に入っていた小冊子(2冊)って、
別物だったんですね〜。
ほんの少しサイズが違うだけで、内容はまったく同じだとおもっていたので、
「間違いで2冊入っていたのか」と思ってましたら、記述内容の言語が違ってました。・・・(^・^ゞ
英語とポーランド語(?)だったんですね〜。
どこに落とし穴があるかわかりません。これもジャケット相応の《MAGIC》なのでしょうか?



01/01/22 18:22:09
名前:
J'rat

コメント:
イ・プー と言えば、"OPERA PRIMA" というアルバムを去年の春に買いました。「浪漫大全」はベスト盤なんですね。聴いてみたいですね〜。from USC さんがイイとおっしゃるなら、ぜひ聴かねば。(^_^)



01/01/22 18:07:06
名前:
J'rat

コメント:
 へぇ〜、そんな不具合もあるんですね。ギリシャ文字とは面白いですね〜。...って、面白がってちゃいけませんね。(^_^; 以下のMSのページに対処方法が載っていました。横レスですみません。

Microsoft ProductSupportService 「W98: TrueType フォントの表示が不正」
http://www.microsoft.com/JAPAN/support/kb/articles/j051/6/82.htm?LN=JA&SD=SO

from USC さんは海外ですから、フォントや日本語の件では苦労されているのでしょうね。年賀状やデザインソフトなどの、フォントを追加するようなソフトをインストールした場合にも起こりやすいようです。



01/01/22 17:12:45
名前:
ホイトル
電子メールアドレス:
メールはこちらまで

コメント:
うわ、From USCさん、教えてください。
オオボケは私です。ワタシのパソも、
ラジオスイッチが0とか1とか、
変なギリシャ文字になってしまったのですが、
めんどくさいので放置していました。
ttfCasheもセーフモードももちろん知りません。
どうやるんですか??



01/01/22 14:40:21
名前:
from USC

コメント:
オオボケの私です。最近Winの文字化けが甚だしく、ラジオスイッチが0とか1とか変なギリシャ文字になってました。持ち主に似たんですね。ttfCasheというのが破損していたらしいですね、セーフモード(これすら知らなかった...うう...で起動して上記をゴミ箱へ、やた!回復)。Macなら何とかできるんだけどWinはね、素人同然だったからね。だいたいttfCasheってなんだよ。...でももうMacには戻れないな。PBG4は良さそうだけど。

耳あたりのいい曲ばかり聴く最近の私、週末はPoohばかり聴いてました。BJH推進委員会の私としても、これは凄くいい。イギリスの穏やかな木漏れ日のBJHなら、カラッと明るい地中海(しっとりした曲もあるけど)のPoohって感じですか。メンバーはテク持ってるくせにポップスを極めてやる!という意気込み、これはある意味気迫を感じます。ギターが歌い、コーラスも美しくって、ある意味日本でもっと評価されてもいいはずなのに。「浪漫大全」は日本オリジナルなのだそうですが、これだけでもまずはお試しいただきたいと思います。イタリア語さっぱりわからんけど。io cantero per te。
私と同世代の方ならNHKFMでPooh特集をしたの覚えている方いませんかね。ライブ放送もあったような。

夢典命さん、Pendragon私も通販で買いましたよ。選曲はあれでいいのかな?。



01/01/22 12:30:08
名前:
FromNiigata

コメント:
DVDオーディオ仕様は専用プレイヤーを買わないと再生できないですね。感じとしては並存していきそうですけど、DVDの方が普及には有利な状況でしょうね。私はあと2〜3年待ちと言う感じです。



01/01/22 11:49:21
名前:
from USC

コメント:
たぶん久しぶりに見たせいなのかもしれませんね。今年の春に云々のところでした。すみません、驚かしたみたいでしたね。今年も20日以上過ぎてたのに大ボケです。



01/01/22 11:00:12
名前:
J'rat

コメント:
 金曜の夜に社員旅行とて箱根に行ったら、なんだか疲れて週末はへたばってしまいました。テレホ時間までもたないです。あ〜常時接続にしなくては。
 今朝も寒いですね〜。土曜日にCDウォークマンを新調しました。今度のは音飛びしません。メーカーによるとジョギングしても飛ばないそうです。走ったりはしませんでしたが、確かに飛ばないようです。さっそく聴いてきたのは名作「スパルタカス」。音質も向上しているようです。前のはディスカウント店で7,980円でしたので、比較になりませんけど。

>ELOYの「輪廻」
 新幹線で聴いて笑ってしまいました。アルバムの出だしの効果音は「危機」みたいで、続くイントロが「チュ−ブラベルズ」みたいなんです。始まってみると明るいプログレで、とっても聴きやすくって良かったです。昔の作品も聴いてみなくては。エロいことはなかったですが...。(^^ゞ
 そうそう、キャラバンの「ウォータールー・リリー」も良かったです!

>カンサス、
 そうですか〜、良かったですか! 1曲目からスタンディングとはすごいですね。あ〜行けばよかった。羨ましいです。らくだ氏さん、風邪だいじょうぶですか?

>恐怖の頭脳改革、
 これってDVDオーディオ仕様なんですよね。買っても、松下とかが出している専用プレーヤーがないと聴けないのでしょうか? 専用フォーマットにはスーパー・オーディオ・CDとかもあって高音質なのはいいですが、フォーマットが定まりませんね。普通のCDプレーヤーでも再生できるような下位互換性が取れると良いのですが、互換性がないとそのうちソフトも出なくなっちゃうなんてことになると悲しいですね。
 DVDプレーヤーが次第にDVDオーディオ対応になっていけば、こちらのほうが将来普及する可能性があるのかも知れませんね。

>from USCさん、
>本家Triumviratページが更新されてますね
 ど、どこですか? ディスコグラフィーかギャラリーでしょうか? たまにこっそり変えるので、よくわからないんです。教えてくださいませ〜。(^^ゞ



01/01/22 00:18:31
名前:
from USC

コメント:
プロスト、撤退したのはプジョーエンジンですね。かわりにフェラーリエンジン(の無限のようなものか?)が載って、イタリアの血が入ったと。当然タイヤはブリジストンからミシュランに変更。ドライバーにはアレジ(いいかげん勝って欲しいよ、好きなドライバーなんだから)採用だったか。

本家Triumviratページが更新されてますね。



01/01/21 22:28:06
名前:
らくだ氏

コメント:
こんばんは!おひさしぶりですー。
金曜日に39度近い熱を出し、ぶっ倒れていましたが医者行って、
お尻に注射を撃って薬でドーピングして、なんとかカンサスのライブ
に行ってきました。

毛糸司令官、スカイメールありがとうございます。充電切れていたので
返事ができませんでしたけど、愛情は届きましたよー♪、なんちゃって。

今回は珍しく知り合いの方達に会えませんでした。
抱擁サービスを期待していたんだがな。


カンサス、良かったです。99年3月のときよりも盛り上がってましたね。
だって、いきなり総立ち!一曲目から。
体調が悪かったから、座れるぜ〜っと思っていたらいきなりだからなぁ。
だけど、体調が悪いことを忘れさせてくれる素晴らしいライブでした。
ライブ構成も文句ナシ!
いや〜、よかったです。

次回はウリ・ジョンロートかしら。


ライブに行く前に、ユニオンでCDを買いました。
軽くのつもりが、気が付いたら手に10枚持ってました。あ〜あ。
やっぱ、ジェンジャイはスゴイなぁー。


Lars Hollmer

いいですねー。コーラスがまたマヌケで良い。
賑やかだけど、怪しい曲ってカンジかしら。
これはAUKEN氏のほうが詳しいから、彼にまかせた!


ジェネシス

いいですねー。トニー・バンクス。70年代の彼はまさに理想的な
音を生み出してくれました。
初めて聴いたのが眩惑〜だけど、一発で気に入ってしまいました。
70年代は全部好きです。



01/01/21 17:14:17
名前:
FromNiigata

コメント:
昨日、今日と関東圏でも積雪があったようですね。雪道はタイヤの滑りが全然違うので、皆さん気をつけてくださいね。

>ロン・デニス=クリストファー・クロス
似てると思いますよ。今年はマクラーレンの逆襲はあるんでしょうか?個人的にはミーハーなんで、フェラーリに勝ってもらいたいんですが…。プロスト・プジョーは撤退しちゃったんでしたっけ?あの成績ではね〜。

DVD仕様の「恐怖の頭脳改革」>
やっぱり欲しいですね〜。「クリムゾン・キングの宮殿」と「恐怖の頭脳改革」が気色悪いジャケットの双璧でしょうかね。どちらも紙ジャケもってますけど…。

カンサス・ライブ>
カンサスってライブバンドって感じしますよね。ヴァイオリン・サウンドは冴えていたのでしょうか?羨ましいデス。



01/01/20 22:51:20
名前:
夢典命

コメント:
行ってきました、KANSASへ。
まだ、ライブの余韻が残っていて、頭の片隅で音楽が流れています。・・・(^^ゞ

今日は関東地方は大変な1日でした。
夕方、自宅を出るときは曇りだったのですが、新宿で地下鉄を降りて地上階段をかけあがると、
・・・そこは一面銀世界!
降りしきる雪に逆らうように、会場へ足を運びました。
でも、この寒さを吹き飛ばすように、彼らは素晴らしい音を我々に届けてくれました。
内容については、また後日カキコいたします。

なにせ、ロックコンサートを見にいくのが10年ぶりですが、前回が東京ドームだったので、
いわゆる音楽用ホールとしての新宿厚生年金会館に、前回足を運んだのが1988年のKOOL&THE GANG以来
本当に久しぶりになります。
2階席の最前列でしたが、ステージまでの距離があまり感じられず、前の人に遮られることなく、
またステージ全体が見下ろせたので、感動が何倍にも感じられました。

う〜ん、早くこの感動を皆さんに伝えたいヨ〜〜!



01/01/20 22:23:25
名前:
夢典命

コメント:
すみません。
前回のカキコで漢字、間違ってました。

>・・・後生に受け継がれて・・・→・・・後世に受け継がれて・・・
これだと、「トシオ」という名前の人物に受け継がれていくみたいですもんね〜・・・(^^ゞ

>クリストファー・クロス=クリス・スクワイア
なるほど、なるほど・・・そうきましたか〜。
そいじゃ〜、クリス・スクワイア=スティーヴ・ウィンウッド
どうでしょう?



01/01/20 21:32:24
名前:
sphinx

コメント:
またまた、関東でも雪ですね。車で出社したのですが普段40分の道のりを2時間半もかけてしまいました。無事帰れてよかった。

>ロン・デニス=クリストファー・クロス
似てますねぇ、うんうん、クリス・スクワイアにも似てませんか?

>ふらじゃさん、メールしました、よろしくおねがいします。



01/01/20 01:33:10
名前:
夢典命

コメント:
いや〜参りました。
ついさっきまで、PCを目の前にして寝こんでしまいました。
突然、睡魔が襲ってきたようですが、多少アルコールもはいっていたことだし・・・
でもやっぱり、バックグラウンドミュージックだったTALKING HEADSの「REMAIN IN LIGHT」が最大の原因かもしれません。・・・(^^ゞ

さて、今夜は・・・っと、
(おーおー、あるじゃないの、おいしいネタが・・・←最近、人のふんどしで相撲をとっている私)

>ジョン・デンバー
本当に偉大なミュージシャンでした。
本国はもとより、日本にも多くのファンがいましたが、残念ながら昨年(?)飛行機事故で亡くなりましたね。
飛行機事故で思い出しましたが、今まで本当に数々のミュージシャンが、亡くなってますね〜。
チェイス、ジム・クロウチ、ロニー・ヴァン・ザント(レーナード・スキナード)、
スティービー・レイ・ボーン、そして坂本 九・・・等々と。
でも、彼らの音楽スピリッツは、その後末永く後生に受け継がれていってますものね。

え〜い、また縁起でもないカキコしちゃったもんで、お口直しにそっくりさんシリーズ・・・だ〜〜い!
クリストファークロスとF1 マクラーレン・メルセデスの闘将ロン・デニスヘッドコーチ。
今回はちょっとわかり難かったですね〜
えっ、似てないって・・・・トホホ m(__)m



01/01/20 00:33:54
名前:
yeszanmai

コメント:
>案山子さん
801、最初はビル・マコーミックつながりでワイアットのところに入れていたんですが、
今は、EnoもマンザネラもまとめてThis Heatのところに入っています。

>クラフトヴェルク
去年ハノーバー万博のテーマ曲を担当しました。
シングル2種類出ています。



01/01/20 00:30:40
名前:
きゃらっく

コメント:
★J'ratさん。
>ボビーが帰ってきた公演のもライブ盤が出ているようですね。これは未聴ですが、
>どなたか聴かれた方いらっしゃいますか?

"LIVEFIELDS"ですね。日本盤は2枚組みでエンハンスドCDになってる上に、ボーナス・トラックもついてます。やっぱりいいですよ〜。「アフリカ」は、収録曲からあえてはずしたみたいです。なんでもTOTOといえばあの全米NO.1の「アフリカ」っていわれるのが嫌だそうで。



01/01/20 00:21:42
名前:
きゃらっく

コメント:
★UMIさん。
>アニメのキャラクターに似てると言われたのは初めてかも(^^)。
>目と目が離れてるところが似てるのかなぁ(笑)。

ちがうよおぉ。かわいいからだよお(*^-^*)

ふらじゃさnいいなあ、KANSAS行くのか。
ボクも行きたかったけど・・・。
明日は雪かもしれませんので、気をつけてくださいね〜。



01/01/19 22:49:40
名前:
案山子

コメント:
>頭の中に♪さんしゃいーおんまーしょーだーめーくみーはぴー と歌声が聞こえてきて、・・・・・
うわぁ〜〜〜〜!やばい!もう頭の中ジョン・デンバーの声鳴り響いてる!
カントリー・ロード、緑の風のアニー・・・・あーーーー。もうダメだ。
誰だろうこんなカキコミをするのは?と、思ったら又ふらじゃさんですか。※タメイキ※

>yeszanmaiさん
亀レスですが、レコードの分類はメチャクチャ主観的なので面白いですね。(爆笑しました)
わたしは夫と棚を共有してるので、客観的なモノじゃないとダメなんですよね。
でも、レインボーとか出すたびに名前違うので、困ります。
一番許せないのはBOWOW!途中でVOWWOWに変えるんですから・・・・。
801は、わたしはENOの所に入れてたのに、夫がMANZANERAの所に入れてるので、
「どうしてよ!」と、もめましたが、あっさり論破されてしまいました。



01/01/19 20:43:55
名前:
毛糸@らくだの姉(母ではにゃい)

コメント:
おっひさどぇすっ
明日はカンサスのライブだっつのに
らくだくんは風邪こじらせて仕事休んでおりますです
気合で治すと豪語しておりますが
当日会場でめっけたら
やさしく抱擁しちやってくらはい>UMIちゃん、ゆあちゃん、ゆめてん(あ、君はええわ)

>Lars Hollmer
あーい、あたしもオキニですぅ
とーってもヘンテコですぅ
んでもなぁんでかリピートしちゃうんだよにゃー
んぱぱぱんぱぱぱんぱぱぱ



01/01/19 16:11:09
名前:
ホイトル

コメント:
>アイスバーン
歩いて職場に行く私はスケートをしているようです。
スタッドレス靴が必要だー



01/01/19 15:51:18
名前:
ホイトル

コメント:
BRAIN SALAD SURGERYを直訳するなら、
「脳みそグジャグジャ手術」でしょう。
変な上に、怖いロック...
まさにその通りというところでしょう。



01/01/19 15:18:06
名前:
ふらじゃ
電子メールアドレス:
メールはこちらまで

コメント:
今日横浜unionに行ったら「恐怖の頭脳改革」のDVDオーディオ盤(輸入)がありました。
ラッキー・マンがボーナストラックで、あとDVD仕様の映像も入ってるそうです。
\3500ほどでしたが、DVDオーディオ環境が無いので見送りました。

中古コーナーでジョンと言ってもジョン・デンバーのCDを買ってしまいました。
何気に手にとったら頭の中に♪さんしゃいーおんまーしょーだーめーくみーはぴー
と歌声が聞こえてきて、その「太陽を背に受けて」が入ってたもんでそのままレジに
直行でした。

>私信です
>sphinxさん
忘世紀会でのキャメルの回覧CDの送り先をメール下さい。



01/01/19 12:57:20
名前:
J'rat

コメント:
 今日は会社も寒いです〜。

 今朝はBJHの "Collection" を聴いてきました。EMI時代のベスト盤で去年出たもののようですが、骨太で力強いですね〜。「モッキンバード」のオリジナルバージョン、初めて聴きましたが、これが素晴らしかったです。オーケストラ入りで、実に感動的です。EMI期のアルバム個々はCDで出ていないようですが、いつか聴いてみたいですね。

>TOTO の ABSOLUTELY LIVE
 いいアルバムですよね〜。ボビーが帰ってきた公演のもライブ盤が出ているようですね。これは未聴ですが、どなたか聴かれた方いらっしゃいますか?

>ふらじゃさん、
>ELOYの「輪廻」って「RA」ってタイトルの物でしょうか?
 そうです、そうです。映画「2010年」みたいな宇宙に浮かぶ胎児のジャケットです。まだ聴いていませんが、今日、持って来ました。

>アイスバーン、
 これは怖いですね〜。なすすべががりません。私の故郷の福井は気温が高いせいかあまり遭遇したことがありませんが、みなさんどうぞお気をつけください。

>「プログレッシヴ・ロックっていうのは、変な上に、怖いロック」
 私もそう思っていました。おまけに優等生でうるさ型のセンパイとかが聴いていたので、とっつきにくかったという面もありました。

>ELP
 「脳みそサラダ外科」では何のことかわかりませんもんね。それに比べてYesの「海洋地形学の物語」は美しい響きでした。トリアンヴィラートの「愛の神秘」は今でも赤面ものですが。(^^ゞ

>クラフトワーク、
 すっかりダンスミュージシャンのように扱われていますが、今はどうしているのでしょうか?

>徹夜続きのにいはおさん、
 死なないでくださいね〜〜!

>歌ってる、
 そうそう、いいことおっしゃいますね〜。さすがUMIさん!

>jigueさん、
 あっぱれ武勇伝ですね。でも気をつけてくださいね〜。プジョーで160km/h以上出るか、そのうち試してみます。...うそうそ。(^_^;



01/01/19 12:31:59
名前:
jigue

コメント:
>目と目が離れている鈴木京香のUMI Andersonさん
>そういえばTriumviratも「歌ってる」感じがしますね。
30秒ずつのサンプルしか聴いていないのですが、確かにキーボードが
弾んでました。 それを、にいはおさんが、忠実に再現なさっている
わけですね。

>にいはおさん
お仕事、お忙しいんですね。 でも、忙しいときに限って、頭の中で
音楽が鳴りません? で、自然に指が、鍵盤おさえる形になっちゃっ
たりして… (って私も催促してます?)

>160キロ
ベルギー、オランダだったから余裕で出せたんです。 日本の高速
道路は狭いし、カーブが多いし、取締りは怖いし…  でも、せっかく
の機会だったから、もっと踏み込んでみてもよかったなー。 しかし、
前を行くベンツが…

>カッコヨクない話
冬のカナダで、ノロノロ渋滞していて、前の車が止まったので、いつも
どおりにブレーキ踏んだら、全然止まらなくて、見事にぐっちゃんこになり
ました。 前の車はクライスラーでしたが全く無傷。 私のカローラだけ、
なんだか液は出てくるし、ドアは開かないしで、人だかりまでできてしま
う始末。 助手席の人間(←ペーパードライバー)は、シートベルトもせず
熟睡中で、ちょっとやばかったのですが、石頭なので大丈夫でした。
つくづく、日本車の燃費の良い理由がわかった気がします。
FromNiigataさん、雪道走行をされる方々、どうぞお気をつけてください
ませ。



01/01/19 00:36:00
名前:
UMI Anderson

コメント:
>J'ratさん
>鈴木京香
>NTT DoCoMo のCMに出ている人でしょうか。
あうあう、マジメにレスしないでください〜〜(^^;)。私が悪かったですぅ。

>毛利蘭
アニメのキャラクターに似てると言われたのは初めてかも(^^)。
目と目が離れてるところが似てるのかなぁ(笑)。

>jigueさん
YESも聴かれるんですか!?しかもジョンのソロまで!嬉しいなぁ(^0^)。
KAYAKもYESも、テクニカルなのにポップで、楽器が全部「歌ってる」ところが好きなんです。
そういえばTriumviratも「歌ってる」感じがしますね。

最近ではLars Hollmerのソロ・ベストがお気に入りです。
アコーディオンがブンガブンガとイイ気持ち。可愛らしい曲が多くて◎!
来日ライヴ、行けばよかったなぁ。



01/01/19 00:33:31
名前:
にいはお

コメント:
昨日、会社で徹夜しました。
たぶん今日も、徹夜です。

>店主様、にいがたさん、jigueさん
お気遣い下さって、ありがとうございます。
泣けるなあ、うう、しくしく・・・・。



01/01/19 00:17:43
名前:
夢典命

コメント:
今回は少しマジメニ・・・っと。

>クラフトワーク

なかなか理解し難いプログレ・・・っちゅうか、テクノミュージックですね。
でも当時、70年代中期はそれでも同国のTANGERINE DREAMや我がTRIUMVIRATが引き合いにだされるくらいにプログレ扱いされてました。
でも、メンタルミュージックとしての彼らの音楽は、PINK FLOYDに合い通じるものがあり、だからこそいわゆるプログレッシヴ・ロックというカテゴリーの中で、あの米国で成功をおさめたのかもしれません。
・・・と、そんな感じの話題が、彼らの「ヨーロッパ特急」のライナーノーツに記載されておりました。
でも本当に楽器を演奏するというよりは、未知の音源である電子音を模索し続けてた人たちでした。

ところで、実際に「アウトバーン」を聴きながら、ハイウェイを運転された方っていますか〜?



01/01/18 23:33:16
名前:
夢典命

コメント:
いや〜、この調子だとなんとか20日のKANSASには行けそうだな〜。
でも最後まで油断大敵・・・っと。

さて、今夜の議題は・・・って〜と、

>きゃらっくさん
>「プログレッシヴ・ロックっていうのは、変な上に、怖いロック」
う〜ん、本当にそうでしたねえ〜。
当時、興味深々で購入したのがELPの「Brain Salad Surgery」でした。
なんでこの邦題が「恐怖の頭脳改革」なのか、いまでこそ拡大解釈で想像つきますが、
その当時、文法(Grammar)をまじめに(?)勉強してた一中学生には、
どうしても理解できなかったんですね〜。

そういえば、この中の‘用心棒ベニー’がその昔、かの「空耳アワー」で話題になりましたね。
「・・・He’d slash your granny’s face up given half a chance・・・」が、
「久しぶり、そいつはゲイだ、なぁ部長!」
初めて聴いたときには、それはもう最高に大笑いしてしまいました。・・・^_^;

すみません、今回は少し脱線してしまいましたね。

次回は挽回するゾーーー・・・っと!



01/01/18 21:22:29
名前:
FromNiigata

コメント:
今日も雪・雪・雪…
朝、夜の通勤時間帯はは完全なアイスバーン状態。160kmどころか20km走行でも怖いぐらい。田舎道(農道)では車が何台も田んぼに落ちていました。こうなってくるとカーステでプログレ三昧どころではありませんね。ハデは曲はついアクセルを踏んじゃいますんで、静かにパットメセニーのアコギソロをBGMに通勤しました。(パットの曲は雪景色に良く似合いますね〜)
今日も普段の倍の1時間半かかっちゃいました。

MIDIでアコギは難しい様ですね。昔、カシオペアの向谷実も同じようなことをインタビューで言っていた記憶があります。にいはお様、ムリない範囲でがんばってください。



01/01/18 11:08:25
名前:
ふらじゃ

コメント:
また風邪引きになってしまいました、今年は一家で持ち回りです。

今朝はTOTOの「ABSOLUTELY LIVE」が通勤の友でした。
ドラムがサイモンフィリップスになった頃のライブの様ですが、
この時はルカサーが頑張ってますね、ギターに気迫が感じられます。

>jigueさん
アウトバーンを160kとは、やはりカッコイイです。
速度制限の無い道はあこがれますねぇ一度エンジン焼き付くほど回して
みたいです。もっとも我が家はファミリーカーですので知れてますが

アウトバーンと言うとクラフトワークを思い出してしまいます。

>J'ratさん
GENESISのvolが入ってるのはセットものでなくリリース順に番号を振ったもの
だと思います。最初にCD化されたシリーズだったと思います。
ELOYの「輪廻」って「RA」ってタイトルの物でしょうか?これ私も持ってます
どんな感じかは書かない方が良いですよね。



01/01/18 10:44:00
名前:
J'rat

コメント:
 今日も寒いですね〜。でもよい音楽にめぐり合えて心は暖かです。(^_^)

 昨夜、キャラバンの「夜ごと太る女のために」を聴きましたが、すごくいいですね! 前半はノリが良くてとってもかっこいいです。後半のオーケストラとシンセサイザーの共演はもう、ため息ばかりです。「グレイとピンクの地」より気に入ってしまいました。「ウォータールー・リリー」はまだ聴いていませんが、楽しみです。

 今朝はジェネシスの「静寂の嵐」を聴いてきましたが、CD ウォークマンで聴くと印象が一変しました。これも素晴らしいですね。まだ前半しか聴いていませんが、最初の曲はむちゃくちゃかっこいいです! 日本盤リマスターが出ているんですね、探してみます。

>MIDIのアコギ、
 やっぱり大変ですか〜。キーボードで入力(?)するわけですね。ギター弾きの人ならシンセ・ギターで入力するのでしょうか。いずれにしてもあまりご無理は言えませんが、いつかお聴きしたいものです(って催促してます?)。
 それよりもお仕事が忙しそうなので、それどころじゃないですね。がんばってください。

>John Miles、
 アルバム "Rebel" ですね! ありがとうございました。これならインターネット通販で売ってますね。アンドリュー・パウエル編曲と言うことは思いっきりアラン・パーソンズ・プロジェクトみたいなものですね。トリアンヴィラートの新譜発売後なんて言わずに、ぜひ聴いてみます。....「レディ・ホーク」ってルトガー・ハウアーの映画ですよね。この映画好きだったのでこちらも聴いてみたいです。

 とにかく、みなさんのおかげでよい音楽に出会えて幸せです。本当にありがとうございます。



01/01/18 03:01:05
名前:
紀州の駱駝

コメント:
★J'ratさん。
Caravanの『ウォータールー・リリー』『夜ごと太る女のために』ゲットおめでとうございます。
私はどちらも気に入ってますが(というかCaravanで気に入らないのはありませんから…^^;)、特に『夜ごと〜』はいいですよ〜! 数多くあるアルバムの中でも最も好きなアルバムのひとつです。
このアルバムからヴィオラのGeoffrey Richardsonさん(彼は以前ペンギン・カフェ・オーケストラに参加してました。)が加入して、多くの曲でリードをとってます。
ホーンセクションがバックの曲やハーモニーが美しい曲等、どちらかと言うとポップで陽気な曲が多いですが、「いのししの館」〜「狩へ行こう」のメドレーではオーケストラがバックで演奏しており、Cravanの魅力が満載されているアルバムだと思います。
J'ratさんの好みには合ったでしょうか?



01/01/18 00:58:38
名前:
jigue

コメント:
>にいはおさん
わざわざご挨拶いただき、ありがとうございます。
キーボードでギター… ほんと大変そうですね。 またいつか
こちらで、すてきな新作が聴けるのを楽しみにしております。

>案山子さん
ちっともカッコヨクないですよ、私。 運転してくれる人がいないので、
自分でしてるだけです。 ちなみに160キロは、アウトバーンだったから
なんです。 前を行くBMWやAudiが、ささーっとどいてくれて、快感でした。
(ベンツは、絶対にどきませんでしたが) 日本では、追い越し車線で
ベンツが目をつり上げて迫ってきたときのみ、ひぇーっと140くらい出して
逃げますが、そういうときに限って、左側に入るスペースがない…

しかしまた、ずいぶん長期にわたって男性と思われていたんですねーーー。

>J'ratさん
John Milesは“Music”(Rebel所収)が何といっても一番です。 
Andrew Powellのピアノとオーケストラアレンジがすごく素敵です。 
Alan Parsonsプロデュースです。 LadyHawkeに似てますね。

>“とっても”のつくUMI Andersonさん
こちらこそ、よろしくお願いいたします。
KAYAKは、残念ながらまだ10枚揃えていないのですが、今持っている
内では、Royal Bed Bouncerが一番です。
Jon Andersonも好きで、ソロアルバムは7枚くらい持ってます。
YESも聴きますよ。
鈴木京香はわかるけど、毛利蘭はわからないです… 

>きゃらっくさん
どういたしまして



01/01/17 23:04:20
名前:
にいはお

コメント:
まだ家に帰ってません。があああ。

>店主様。MIDIのアコギ(ギターパート全般)
非常に割に合わない作業です。
たった5秒かそこらのパートにものすごく時間がかかる、という感じで
アニメのセル画の作業と同じだと思います。
ギターパートは私もハッキリ言って不得手です。面倒臭がっちゃいかんのですが。
不得手な理由はもう一つあって、「私自身がギター弾けない」というのも
大きな理由だ、と自戒をこめて申し上げます。ギター独特のボイシングが
よく分かっていないというのは、辛いなあ。



01/01/17 22:10:49
名前:
きゃらっく

コメント:
★夢典命さん。
す、すみません、↓お名前間違えてしまいました(^^;



01/01/17 22:09:28
名前:
きゃらっく

コメント:
★夢規命さん。
>♪「・・・ライヤラライヤラ・・・ンッパッパ、アーアーアーアーアーアーアーアーーー・・・」
>(聴き取り不明)

ボクは、むか〜しあれ聴いて(中学生の頃かな〜?)、プログレッシヴ・ロックってのは変なロックなんだな、と思ってしまいました。レコード店で、恐る恐るプログレコーナーを見ると「狂気」とか「危機」とか「原子心母」とか、極め付きはクリムゾンの「宮殿」のジャケット!!
いやあ、恐かったなあ。
ということで、「プログレッシヴ・ロックっていうのは、変な上に、怖いロック」。
これがしばらくボクの定説。

おりょ?
今、ニュース・ステーションでジンジャーについて取り上げられていますが、
バックで流れるのは「燃える朝焼け」。う〜ん、素晴らしい!!
ところで、ジンジャーって何?



01/01/17 21:59:55
名前:
きゃらっく

コメント:
★J'ratさん。
>日本版CDは廃盤なのでしょうか?

『静寂の嵐』御購入おめでとうございます。
『静寂の嵐』の日本盤は、東芝EMIからリマスター盤が比較的廉価で出ているはずです。
一昨年3月末に、紙ジャケットのものも出ていますが、これもまだ残っているかもしれません(音はリマスター盤に同じはずです)。

★Jigueさん。
女性でいらっしゃいましたか。失礼いたしました。
でも私としては、KAYAKファンの女性にまた一人めぐりあえてとても幸せです。

★UMIさん。
kAYAKERがまた一人、嬉しいですね。

UMIさんは、『名探偵コナン』の毛利蘭に似ているような気がしますが、みなさん、御存知ですか?



01/01/17 21:59:34
名前:
夢典命

コメント:
1日遅れのカキコになりました。

>ふらじゃさん
>フォーカス

今からさかのぼる事四半世紀、当時阿蘭陀といえばショッキングブルーかフォーカスか・・・
・・・っちゅうくらい、そのすじでは勢いがありましたです・・・(^^ゞ
いまでも忘れませんが、ちょうど‘悪魔の呪文’がよくオンエアーされてた頃、
変声期を迎えようとしていた私には、あのかん高い声が出てたんですね〜。
♪「・・・ライヤラライヤラ・・・ンッパッパ、アーアーアーアーアーアーアーアーーー・・・」(聴き取り不明)
をおもしろ半分に真似てました。
(すいません、ここは「四畳半の〜」じゃあなかったですねえ〜)
この曲、Fast Versionんてのもあって、まるで早口言葉の練習曲みたいでした。
個人的には、Jan Akkermanの流れるようなギターが妙に心地よかった‘Sylvia’がお気にでした。
あと確か、このバンドのドラマーって同国のプログレバンドTRACEに行ったり来たりしてたんですよね〜。
いや〜、ドラマーみたいな話じゃね〜〜ちゃんちゃん・・・m(__)m



01/01/17 18:05:27
名前:
ホイトル

コメント:
From Niigataさん、
シンガポールに行ってらしたんですね
確かに帰ってきたら突然雪がつもっててびっくりしたでしょうね
ほんとうにあっという間につもりました



01/01/17 16:47:51
名前:
sekiko

コメント:
我が家の地層は地盤がゆるくて、すぐ土砂崩れを起こします。
行方不明者多数。(^^;)

探し物はだいたい発売時期で掘り当てます。



01/01/17 16:03:05
名前:
J'rat

コメント:
 夜更かしをすると眠いですね〜。

>静寂の嵐、
 私が買った日本版中古CDには「Vol.8」とか書いてありまして、きっと昔出た「ジェネシス全集」のようなボックスセットの1枚のようです。ジャケットも簡単なものですし、ライナーも発売当時は別冊だったのではないでしょうか? 例えば Yesyears をばらして中古屋に売ったというものかと推察しています。
 まだきちんと聴いていないのですが、明るい曲は(私の想像する)ジェネシスらしくて好きですが、静かなインストの曲の方にも大変好感を持ちました。キャメルともまた違う叙情性ですね。ところで、静寂の嵐は日本版CDは廃盤なのでしょうか?

>レコード棚、
 「本棚を見ればその人がわかる」とも言いますね。いずれにしても、yeszanmaiさんのCD棚はすごいですね〜。Yes、MAGMA、カンタベリー、ジャズ....。う〜ん、充実していますね〜。トリアンヴィラート関連は出ているCDが少ないので、もっとガンガン出して欲しいですね〜。
 sekikoさんの買った順に堆積していくというのも面白いですね。地層みたいです。....すみません、今読んでいる「ポンペイが滅んだ日」という本が火山灰の堆積の状態から爆発の様子を分析しているので、つい連想してしまいました。(^^ゞ

>無音部にも聞こえる音が有るような感じがする、
 う〜ん、素敵な表現というか、ふらじゃさんの感性ですね。そうそう、空気感とか余韻とか、私は最近ちゃんと味わいながら聴いていないような気がします。2本のスピーカーとの二等辺三角形の頂点で、音楽と対峙して真剣に聴くこともなくなりましたね〜。

>鈴木京香、
 NTT DoCoMo のCMに出ている人でしょうか。確かUMI Andersonさんは前は別の人に似ているという話も出ていましたね〜。ちなみにっ、UMIさんのラストネームはジョン・アンダーソンのものです。

>From Niigataさん、
 雪で通勤が大変なんですね。本日はJR北陸線が雪で不通のようです。雪下ろしは親戚も手伝ってくれることになったので一安心。でもまた降ったら歩いてでも帰らねばっ。
 プジョーはエンジンオイルの消費量が多いのが心配な以外はノートラブルです。納車から3ヶ月ですが、いつ見てもかわいいです。もっと乗ってやりたいのですが...。(^_^)



01/01/17 15:26:35
名前:
ふらじゃ

コメント:
夕べ先日買ったミッシェル・ポルナレフのトリビュート・アルバムを聴きましたが、半分以上がボーカルパートをいじってたので元曲が判らない状態でした。まあプログレねたでも無いしここで書くこともないかなと思ってたら、トリビュートしてるアーティストの中にピーター・ハミルの名前があってビックり、流暢なフランス語でピアノをバックにほぼ元曲通り歌ってました。

ポンペイと言うとフロイドのビデオ「LIVE AT PONPEII」で火山灰に埋まった遺跡を見ることができますね、あとこれはイメージ映像かも知れませんが熱気の中を歩くメンバーや泥が泡立つシーンなんかも収録されていて、死に絶えた都市と活動する大地のコントラストが不気味でした。



01/01/17 15:25:53
名前:
表面張力
ホームページアドレス:
私のホームページへ

コメント:
>私も吹っ切れた感じの1曲目「イレヴンス・アール・オブ・マー」好きですね。
>やはりトップは元気の良い曲がイイですね。

ですよね。



01/01/17 14:39:12
名前:
FromNiigata

コメント:
 話題になてますね『静寂の嵐』。

 当時の雑誌でのライナーでは「ハケットの居場所がほとんどないアルバム」みたいなこと書かれていた気がします。確かにハケットに代わってバンクスのキーボード群が前面にでてきたアルバムですね。このアルバムぐらいから、アメリカでも売れ始めたんですよね。(初のベスト40入りだったかな?)

私も吹っ切れた感じの1曲目「イレヴンス・アール・オブ・マー」好きですね。やはりトップは元気の良い曲がイイですね。

>雪情報
 今日は通勤時間は1時間40分でした。(通常は50分)高速の封鎖などで大混乱は続いています。
ドライバーとしては雪よりもなんと言っても怖いのはアイスバーン。本当に止まらないですから。我がシトロエンは元気に5年間走ってこの月末に車検の予定です。J'ratさんのプジョーはお元気でしょうか?ちなみにシンガポールではプジョー&シトロエンは少数派。日本車が七割、あとはドイツ車(多いのはベンツ)って感じでした。乗った観光バスはルノーでしたけど…。



01/01/17 11:59:40
名前:
UMI Anderson

コメント:
ふふふ…カヤックの話になると出てくる私。

>jigueさん
初めまして!UMI Andersonと申します(^-^)。カヤック・ファンなんですね〜。
仲間が増えて嬉しいです。jigueさんはどのアルバムがお好きですか?
私は「マーリン」が一番好きなアルバムですが、カヤックのアルバムはどれもイイですよね〜。
これからも色々、音楽のお話しできると嬉しいです。よろしくお願いします(^^)。

でもきゃらっくさんったら、「とっても美人」だなんてぇぇ〜〜(*^0^*)。
まぁ町歩いててよく鈴木京香に間違われるけどぉ〜。(←大ウソ)



01/01/17 10:03:43
名前:
表面張力
ホームページアドレス:
私のホームページへ

コメント:
J'ratさん、メール届きました。

お、『静寂の嵐』入手されましたか。
「セットもののバラ」ってのが、どういう意味なのかよくわかりませんでした…
曲単位の事を書いても、とりあえずお聴きになられている今なら解る(置いてきぼりにならない)と思いますので今まで封印していた内容(好み)を書き始めます。

私は、明るく元気なシンフォニックロックって感じの1曲目「イレヴンス・アール・オブ・マー」がとにかく大好きなんです。
それから、インスト曲ですが「ウォット・ゴリラ?」や「イン・ザット・クワイエット・アース」なんかもとても明るく素晴らしい出来のシンフォニックロックで大好きですね。
あと、「ブラッド・オン・ザ・ルールトップス」のイントロのクラシックギターも泣けます。ハケットのソロアルバム『プリーズ・ドント・タッチ』の3曲目後半にもクラシックギター系のソロがありますが、こういう演奏はハウよりもハケットの方に分があると思うんですが、どうでしょうか。
そのハケットが全然活躍していない「ユア・オウン・スペシャル・ウェイ」も実は好きです。

とにかく、シンフォ好きの私にとっては『静寂の嵐』は感動の嵐ですね。



01/01/17 09:41:06
名前:
ふらじゃ

コメント:
続けてスミマセン、私信です。

>きゃらっくさん
夕べ荷物届いてました、ありがとうございます。



01/01/17 09:39:12
名前:
ふらじゃ

コメント:
今朝も寒かったのですが、家を出るのが遅れて駅までダッシュしたので
汗をかいてしまいました。

今日の通勤の友はPFMの「PHOTOS OF GHOSTS」でした。2年ぶりくらいでしょうか
久々に聴いたのですが、空気の澄んだ日にはピッタリですね。
特に音と音の間のタメが好きです。無音部にも聞こえる音が有るような感じがする
アルバムって最近聞いて無かったので、新鮮でした。

>CDの並べ順
私は単にアルファベット順にしてます。ただソロアルバムはそのグループの所に置いてます。
あとブー○の様なオフィシャルでないものは別にしてたんですが、近年オフィシャル・ブート
なるものが出るようになったので、区別に困ってます。



01/01/17 08:50:35
名前:
sekiko

コメント:
>REGENESIS
これってたしかGENESISのトリビューとバンドですよね?
イギリスの復刻創世記?あ、そういえばイミも同じだな…(^^;)

>CDの並び順
わたしもおおざっぱなジャンル別です。いちおう。
イエスとジェネシスは別の棚に放り込んであって、
あとは90年代、80年代、70年代と棚の上から下に並んでるな。
よく聴くやつが取りやすいところに入ってるだけですけど。
実際は買った順に積んであるだけって話もありますが(^^;)
そろそろ整理せねば…



01/01/17 05:08:18
名前:
yeszanmai

コメント:
もちろんトリアンは独立したコーナーに入っています。



01/01/17 05:02:28
名前:
yeszanmai

コメント:
>CDの並べ方
これは本当に迷いますね。
昔何かで「レコード棚を見ればその人がどんな人かわかる」という文章を読んだことがあります。

アルファベット別
一番簡単そうですが、例えばグラハム・ボンド・オーガニゼーションは
単純にGコーナーにすればいいのかファミリーネームのBかはたまた
バンド名のOか悩みますね。
イエスとABWHは随分離れてしまうし。

国別
ゴングはフランスかイギリスか、リーダーはオーストラリア人。

ジャンル別
これも曖昧。特にプログレをどこまでプログレとするか。

で、。私は人脈別と国別を併用しています。棚が4つあるので、
1.イエスに始まるブリティッシュロック。
2.マグマに始まるフレンチジャズ、イタリア欧州もの。
3.デヴィット・アレン・トリオ、ソフト・マシーンに始まるカンタベリー、
 ブリティッシュR&B、ジャズ。
4.サン・ラに始まる北南米ジャズ、アヴァンギャルドそれに続くロック、等など。

自分がわかればいいんですよね。たまに探しまくりますが。
ジェフベックやロクシーミュージックはあちこちバラバラになっています。

クリムズンはブラフォードコーナー内コーナーに。
リックウェイクマンが参加していれば、ルーリードだろうがボウイだろうがウェイクマンコーナーへ。
当然(?)レノンのイマジンはアランホワイトコーナーです。

何を一義とするかで並べ方も変わりますね。悩むのもまた楽し。
長々と失礼致しました。



01/01/17 02:04:34
名前:
J'rat

コメント:
 やっと復旧したようですね。今夜はジオシティ、調子悪いようです。

 昼休みに disk union に、やっと行けました。今年初めてです。(^_^;

(1) 静寂の嵐/ジェネシス:新品でなかったので中古センターに回ってやっとゲット。でもこれセットもののバラみたいでがっかり。今、聴いてま〜す。なるほど、美しいですね〜。「眩惑のブロードウェイ」は未発見につき次回挑戦です。
(2) ウォータールー・リリー/キャラバン:日本語の帯と解説封入ですが、中身はドイツ盤の輸入CD (DERAM820 919-2 SPECIAL PRICE シール貼付) でした。解説は猪狩久晴さん。
(3) 夜ごと太る女のために/キャラバン:これも同様(DERAM820 971-2)。どちらもボーナス曲等はなく、AAD なのでリマスターもしていないようです。紙ジャケでもありませんでした。でも聴くのが楽しみで〜す。
(4) The Collection/Barclay James Harvest:なんとEMIから "EMI gold" シリーズというのが2000年に出ていたようです。1969-1972年の曲が収録されているEMI時代のベスト盤のようです。やっと聴けます。これも楽しみです。
(5) エロイ/輪廻:「ELOYってエロい?」という毛糸さんの名言が深層心理に刷り込まれていたのです。つい、買ってしまいましたが、どうでしょう? (^_^;

>ホイトルさん、
 雪下ろしされましたか? 私は状況によっては帰省しないといけなくなるかもしれません。今夜のところは実家のご近所さんが手を貸してくれて親父が屋根に登ったそうです。
 ポンペイは、歴史や地理、この町に暮らした人々などの背景を知って聴くとまた格別です。大自然の雄大さ、荒々しさ、そして自然の悠久さなど、フリッツの構成力は素晴らしいですね〜。ただ、バリー・パーマーのボーカルがちょっと弱いかなと思い始めました。

>From Niigataさん、
 なんと、シンガポール観光に行ってらっしゃったんですか。画面を見て吹き出してしまいました。雪の新潟とのコントラストが最高ですね! (^_^;

>jigueさん、
 WelcomeBack! 再度のご来訪ありがとうございま〜す。John Miles のソロって聴いたことないんですが、良いですか? APP では「ガウディ」にも参加してるんですよね。トリアンヴィラートの新譜が出たら、彼のソロも聴いてみようかと思います。晴れてトリアンヴィラートの新メンバーになるわけですからして。(^^ゞ
 愛車はプリウスでしたか。ハイブリッドとはお見それしました。電池で走るのって、どんな感じがするものでしょうね。あと、私はカヤックは "Close to the Fire" が好きなんです〜。お薦めのアルバムがあったら教えてくださいませ。

>にいはおさん、
 無茶苦茶お忙しそうですね。寒いでしょうし、風邪ひかないように気をつけてくださ〜い。MIDI でアコギって大変なんでしょうね。ちょっと想像できませんが、なかなかギター風に聴こえなかったりもするのでしょうか?

>案山子さん、
>実は、わたしも複数の方から、ずーーーーーっと男性だと思われてたらしく、
>ちょっとショックで自分の文章とか検討してみたんですけどね・・・・・
 わぁ、それは大変失礼いたしました。でも、文体はちょっと男性風な気がします。お気を悪くされるといけませんが、私はネットでは男女の意識はあまり気にしないほうが面倒くさくなくていいと思ってます。
 CD棚、私はたくさん持っていませんので、好きなバンドでまとめています。増えたら確かにアルファベット順がいいのでしょうけどちょっとクールな感じがしますので、ドイツとかイギリスとか、プログレ以外とかジャズとかクラシックとかのほうが楽しいような気もします。探すの大変でしょうかね〜?



01/01/16 22:26:01
名前:
案山子

コメント:
>jigueさん、初めまして!
すみません。わたしも最初、男の方かと思いました。
文体は非常に女性的なのに・・・・。
「プジョーで160キロ」というのが原因でしょうか?
メチャクチャ、カッコイイですね!(わたし車が苦手なもので・・・・)
ボストン・ファンの方なら、かなり我慢強そうですね。

実は、わたしも複数の方から、ずーーーーーっと男性だと思われてたらしく、
ちょっとショックで自分の文章とか検討してみたんですけどね・・・・・
わたしの場合は、「生まれ変わるしかない!」が結論ですね。

>MANZANERAの「DIAMOND HEAD」発見!
とんでもないとこに入ってました!これ、アルファベット順に入れないと大変なことになるんですよね。
みなさんは、違うんですか?ジャンル別って迷いません?



01/01/16 19:35:11
名前:
にいはお

コメント:
わわわっ、見逃すところだった。
jigueさん、初めまして。MIDIお聴き下さってありがとうございます。
私は1年くらい前からこちらに遊びに寄らせてもらっております。
KAYAKは、実は完全に欠落しているので、またいろいろと教えてください。



01/01/16 19:25:40
名前:
にいはお

コメント:
ぜんぜん定時に家に帰れねえ。
プログレも聴けねえ。
もうすぐお正月だと言うのに・・・あ、こっちの話です。

>ふらじゃさん
お聴き下さってありがとうございます。
次の曲の、例のアコギのイントロ部分だけでも、ついでに
コピーしておいた方が、良かったでしょうかね(笑)。
確かに、間髪入れずに始まりますもんね。

「スパルタカス」を中国語の人名辞典で引いてみたら
「斯巴達克(し・ぱ・たぁ・か)」となってました。
・・・・・漢字に直すと、何か変。



01/01/16 17:50:34
名前:
jigue

コメント:
早速のレス、ありがとうございます。
昨夜書き忘れたのですが、こちらで、MIDIも聞かせていただき
ました。 すごくステキですね。

>J'ratさん
あ、そんな、謝っていただかなくてもよろしいですのに…
皆様は既に2年も待っていらっしゃるのに、私は、まだ知った
ばかりですので、のんびり待てます。 待つのは、BOSTONで
慣れてますから。25周年を記念して、ようやく今年、BOSTONも
5枚目を出すそうですが、ほんとかなー。

John Milesは、ファルセットがきれいにでる方ですね。アルバム
が、ほとんどCDになっていないのが、残念です。

今一番のお気に入りはKAYAKですが、Maxがいなくなってしまった
のが大ショックです。 あの声、なぜか好きなんですが…  
新しいボーカルの声はあまり好きではありません。

車は、プリウスです。 電車みたいな音で走ります。

>きゃらっくさん
こちらこそ、よろしくお願いいたします。
あの…… 一応ワタシ、女です… スミマセン… 
でも、美しい方は好きですよ。“とっても”がつけばなおさらです。



01/01/16 14:41:19
名前:
FromNiigata

コメント:
お久しぶりです。FromNiigataです。
実はこの4日間、激安パックでシンガポールに観光旅行に行って来ました。日曜日の夜に新潟に帰ってきたら雪だらけ…。通勤時間は片道2時間、車の中でプログレ三昧できますけど、メチャクチャ疲れますね。
シンガポールではHMVがありましたが、短い滞在でよく見れなかったのが残念です。

ジェネシス>
ジェネシスについては詳しくないのですが、好きなアルバムは「デューク」と「セコンド・アウト」でしょうか。「静寂の嵐」って出たときはあまり評価が高くなかったみたいですけど、ここでは評判良いですね。イエスのドラマもそうですけど、評価も時とともに変わるのでしょうか。面白いですね。



01/01/16 14:38:45
名前:
きゃらっく

コメント:
>J'ratさん
すばやい対応ありがとうございます(^-^)

REGENESIS(リジェネシス)っていうのも見たことがありますが、
あれはどんななんでしょうか?
ご存知の方いらっしゃいますか?



01/01/16 13:53:42
名前:
ホイトル

コメント:
雪はとりあえず峠を越した感じです。
ワタシは職場まで歩いていくので、
すべってころぶ心配以外は問題なしですが、
車で通勤されるFrom Niigataさんは、
たいへん苦労されていることと推察されます。

「ポンペイ」はワタシは極めて高い評価をしています。
プログレっぽさとポップっぽさの加減や、
最終曲の盛り上がりのクサさ加減が、
ワタシの好みにぴったりはまるのです。
その他の作品のリマスターを待っています。



01/01/16 11:45:09
名前:
J'rat

コメント:
 ホントに寒い日が続きますね〜。日本海側は大雪だそうです。実家に電話したら、このまま降り続いたら雪下ろしをしないといけなさそう。でも老親(親父は半身が不自由)の二人暮しなのでどうしようかと頭を抱えています。新潟の皆さんも大丈夫でしょうか〜?

 今朝はトリアンヴィラートの「ポンペイ」を聴いてきました(ちょうど「ポンペイの滅んだ日」という本を読んでいます)。アルバム1曲目の "The Earthquake 62 a.d." は、ポンペイの町を滅ぼしたベスビアス山の噴火の17年前に起こった大地震のことだそうです。これは後の大噴火の前兆だったと後に言われています(噴火のずいぶん前なので異論もあるそうですが)。フリッツはこれを、豪奢を極めた人々への天の警告として歌っているようです。しかし警告は理解されないまま復興が進み、西暦79年の大噴火が町を襲ったのです。
 トリアンヴィラートは、ポンペイの町の壊滅後、廃墟の上に厚く堆積した火山灰の大地に草木が芽吹き自然が戻ってくる様子を "The Hymn" として静かに歌い上げています。「スパルタカス」と同様に結末のわかっている悲劇ですが、このコンセプトアルバムの主人公は人物ではなく自然の猛威やおごる人間への天罰のようです。そしてそのことがアルバム全体を違った雰囲気にしているのかも知れないと思いました。

>ふらじゃさん、
 AGENESS のジェネシスに捧げる歌詞、いいですね〜。ただ真似たりするだけでなく、ストレートに好きだ! っていう心意気がとっても好感が持てますね。こういうのってなんていうんでしょう? トリビュートソング?

>きゃらっくさん、
 ご賢察いただきありがとうございました〜。(^_^)



01/01/16 10:09:09
名前:
ふらじゃ

コメント:
今日も寒いです、ついポケットに手をつっこんでしまいますねぇ

今朝もAGENESSを聴きながらの出勤でした。
夕べ歌詞を見てたら“子供の頃パープルやツェッペリンを聴いてたある日
「MUSICAL BOX」に出会った”といった意で始まる曲があって、GENESISの
「I KNOW WHAT I LIKE」を歌いながら終る構成になってたので
ほんとにGENASISが好きなんだなぁと変に感心してしまいました。

>にいはおさん
おくればせながら新作MIDI聴かせていただきました。
相変わらずの力作、ほんとすごいですね。わたしも頭の中で続きの
音が鳴ってました。



01/01/16 00:23:05
名前:
J'rat

コメント:
 家は寒いです〜。ぶるぶる。

>jigueさん、
 はじめまして、ようこそいらっしゃいませ。トリアンヴィラートのリマスター発売日はまだ未定なんです。出るぞ出るぞと言われて約2年になります。まことに申し訳ないことです。
 新作は、ユルゲン・フリッツが「曲はほぼできている」と言ったきりですので、まだかかりそうですね〜。私もアラン・パーソンズ・プロジェクトが好きなので ジョン(ステレオトミー)マイルス のボーカルが聴けるのが待ち遠しいです。
 jigueさんはKAYAKもご存知とのこと、幅広いんですね。一番のお気に入りのバンドは何でしょうか? どんなクルマにお乗りなのかも興味が湧いてしまいます。またぜひ遊びにいらしてくださいね〜。



01/01/16 00:07:53
名前:
きゃらっく

コメント:
jigueさん、はじめまして〜。
カヤック、お聴きになるんですか〜。嬉しいですね〜。また一人カヤッカーが・・・。
よろしくお願いしま〜す。
ここには時々UMIさんという、とっても美人のカヤッカーもいらっしゃいますので、楽しみにしててくださいね〜。
(あ、Jigueさんて、男性ですよね、女性だったらごめんなさい)



01/01/16 00:02:49
名前:
きゃらっく

コメント:
今夜は懐かしくなって久しぶりにツェッペリンの『プレゼンス』なんぞを聴いていましたが、意外とおとなしく感じてしまいました。なんでやろ?



01/01/15 23:36:32
名前:
jigue
電子メールアドレス:
メールはこちらまで

コメント:
はじめまして、jigueと申します。 ドイツものに詳しい友人から、
Triumviratを教えてもらい、sample(Pompeiiしか出ませんでしたが)を
聴いてとても気に入ったので、カートに入れたのですが、こちらを拝見
しましたら、リマスターが出るとのこと。せっかくですので、待とうと
思います。 新作も出るのですか? 昔からAPPは好きですので、John
Milesのボーカル、楽しみです。

KAYAKは、Royal Bed Bouncerも、またさらにポップで好きです。
3月に出るLIVE盤は、その名も“Chance For A LIVE Time”だそうです。

店主さまの車は、プジョーですか? 以前少しだけ乗ったことがあります。
ちょっと踏み込むだけで、すーっと160キロ位まで加速してぴたっと安定し、
それでいて、燃費も良かった覚えがあります。 またいつか乗りたい…

これからも寄らせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。



01/01/15 22:54:34
名前:
表面張力
ホームページアドレス:
私のホームページへ

コメント:
>ケント・フリック(衛星放送等によく登場する日本語しゃべるへんな外人)とトッド・ラングレン!
>これは本当に似てるとおもいま〜す。

あぁ、似てますね。
顔、長いですし。
“珍奇人間”度的にも似てるかもしれませんね。
馬の擬音復活希望。
スターウォーズの擬音復活希望。



01/01/15 22:36:00
名前:
夢典命

コメント:
ここのBBSは外の寒さを吹き飛ばすくらい本当に熱いですね〜。
「アチャーッ!」....あたしゃあ、ブルース・リーかっ・・・m(__)m

世間はGENESISとSPARTACUSの話題で二分されていているようで、第3者的にROMしていると、これから先
どこまでいっちゃうのかなあ・・・とおもいます。
皆さんのこれほどの、ある意味、玄人受けする情報は、本当にここの財産ですよね。・・・(^^ゞ

実は私も、「静寂の嵐」1枚のみ持ってます。
でもCDを購入する前は、当然カセットテープで聴いていたのですが、恥ずかしながら‘睡眠導入音楽’としてしか聴いていませんでした。
つまり、私には世間一般で言う“ながらミュージック”でしかありませんでした。
でも、不思議なことにこの音楽がながれてくると、まるで息をひきとるかのようにスーッと眠りにつけました。
すみません、縁起でもないことをカキコしまして。・・・m(__)m

それじゃあ、気分を変えて、えい〜っと、そっくりさんシリーズ〜。
ケント・フリック(衛星放送等によく登場する日本語しゃべるへんな外人)とトッド・ラングレン!
これは本当に似てるとおもいま〜す。



01/01/15 21:51:09
名前:
Woog

コメント:
>sekikoさん
奇遇 でもないか。ここでは (^^)
タチバナさんが会長だったと思います。
ぼくも何度かフイルムコンサートに行って、
そこでGGを初めて見て知って、びっくりしました。
sekikoさんとは何度か会ってるでしょうねぇ。。。

>きゃらっくさん
>どうやって訳したらいいか分からないところを
>メールで時々質問して宜しいでしょうか。
来週から、仕事がだいぶ楽になります。
私ごときでお役に立つならどうぞ、どうぞ。
(訳などまちがえたら、ごめんです。人生同様、頭も不安定です(苦笑)
それから、ジェネシスのLD→VHSぼくもお願いできますか?

>J'ratさん、
ズワイガニはぼくの勝手な語呂合わせで、意味はありません(^^;

ジェネシスのブロードウエイと言えば、
タイトルを忘れましたが、'I wandered lonely as a cloud'
で始まる歌がありましたが、
この一節は、18〜19世紀にかけてのイギリスの詩人、
ワーズワースの「Daffodils」(ラッパズイセン)という
(これもマニアには?)有名な詩の第1行です。
(ピーガブはワーズワースが好きだったのだろうか、
 それとも、何か他の意味でも??)



01/01/15 12:39:11
名前:
sekiko

コメント:
>ぱぱらっとさま♪
ジェネシスのファンクラブ「にも」ではなくて「に」入っていたんです。
YFFCは自分で作ったので入ったというのはちょっと違うかも。
その前のイエスファンクラブには入ってなかったし…
当時はイエス、ジェネシス、UK、キャメルなどのファンクラブがあって、
結構横のつながりがあったんですよね〜。一緒にフィルコンやったりとか。
懐かしいなぁ…(遠い目モード)ロックボトムってミニコミ知ってます?



01/01/15 12:09:47
名前:
J'rat

コメント:
 ホントに寒いですね〜。クルマの外気温計はマイナス6度でした。フルントウィンドウの霜を解かそうとお湯をかけたら、氷になりました。そう言えば昨日洗車をしたら、水を拭き取る時にきらきらと氷の破片が飛び散って綺麗でした。というか、洗車日和ではなかったですね。(^_^;

 にいはおさんの MIDI ページ、Jim が公式サイトの掲示板でリンクをしてくれたのでアクセスの状況を見てみました。毎月150ヒットくらいあるようです。統計を見てみると「ブラウザの言語」で一番多いのは英語で約半分。日本語は3割でした。ついでポルトガル語が7%、以下、ドイツ語、フランス語、スペイン語が2%と続いています。オランダ語、ハンガリー語、イタリア語、中国語、スウェーデン語、韓国語も見られました。Czech というのもあって調べたら、なんとチェコ語。とにかくワールドワイドですね〜。

>AUKENさん、
 すごい勢いで買っていらっしゃいますね〜。年末のオフ会で、買いまくると宣言していらっしゃいましたが、まさに怒涛の勢いです。がんばって聴いてくださいね〜。

>表面張力さん、
 ジェネシスのお薦め、ありがとうございました。メールもいただきました。さっそく聴いてみます。

>from USCさん、
 スパルタクスの反乱、凱水さんのページは非常に詳細で素晴らしいですね。実は私もここから参考文献を知りました。出典は別ですが「小説 スパルタクス」という本もあるらしいですね〜。
 トリアンヴィラートがローマ史を取り上げた理由は、作詞家でドラマーのハンス・バテルトが大の歴史好きだったためのようです。でも彼が抜けた「ポンペイ」ではフリッツが詩を書いていますので、二人とも好きだったということかもしれません。

>ゆあさん、
 キューブリックの映画「スパルタカス」は良かったですよ〜。長編なので気合が必要ですが、私は一気に見てしまいました。これはあくまでも映画なので、ロマンスなどのストーリーはフィクションでしょうし、蜂起後のスパルタカス軍の行程などもかなり端折られているようです。でも時代考証は緻密だそうですし、剣闘士奴隷の苦闘など生き生きと描かれていて傑作だと思います。

>きゃらっくさん、
 プログレ四天王や5大バンドは私はちゃんと聴いていなかったです。Yes と ELP が中心でした。ピンクフロイドも苦手意識が先に立ってましたね〜。5大バンドの5番目ってムーディ・ブルースなんですか。これも聴いたことがないです。お恥ずかしい限りです。

>Woogさん、
 「ざんねんズワイガニ」って確か2度目だと思うのですが、これはどのような慣用句なのでしょうか〜? 越前ガニ出身の私としてはちょっと気になります。(^^ゞ

>sekikoさん、
 なんとジェネシスのファンクラブにも入ってらっしゃったんですか。しかも会報まで。まさに業界ですね〜。もしかしてまだ他にも入ってらっしゃるとか?

>ふらじゃさん、
 またも北欧プログレ発掘ですか! AGENESS というバンド名は笑ってしまいますが、「ロゴ買い」というのも当たるんですね。

>案山子さん、
 CD 棚がアルファベット順というのがすごいと思いました。(^^ゞ マンザネラ見つかりましたか〜?



01/01/15 12:07:09
名前:
きゃらっく

コメント:
仕事と言いつつ、つい反応してしまう(^^;

★案山子さん
>昨日、SELLING ENGLAND BY THE POUNDを聴いていて、タイトルと同名だとばかり思い込んでた
>1曲目が実はDANCING WITH THE MOONLIT KNIGHTだと気付きました。
>これって、ひょっとしてsekikoさんがおっしゃる「月影の騎士」だったりして・・・・

『SELLING〜』の当時の邦題は『月影の騎士』で、この曲からとられたものだと思います。この一曲目のフレーズは、アルバムの最後にも出てきますよね。この1曲目も好きで〜す。
この当時の映像では「月影の騎士」風のピーガブさんの姿が拝めます。私の持ってるのは「ジェネシス・ヒストリー」とかいうLDで、その場面はチョコっとですが、千変万化(?)するピーガブさんは見てて飽きません。
もしお持ちでなければ、VHSにダビングいたしましょうか?

ふらじゃさんにコピーしていただいたものも、この時のブートでしたが、とっても楽しめます。

さてほんまに仕事や!



01/01/15 11:56:31
名前:
きゃらっく

コメント:
いやあ、今朝はまた一段と寒くて、寒くて。

昨日、スティーヴ・ハケットの『FEEDBACK86』っていう86年録音の未発表音源を聴いてたんですが、このアルバムでは2曲でブライアン・メイが参加してました。いかにも彼らしいギターが鳴ってました。マリリオンのピート・トラワヴァスやイアン・モズレイもいます。
あと、元キャラバン、元カーヴド・エアのジョン・G・ペリーのソロ『シーバード』(97年)も聴いたんですが、このアルバムにはマイケル・ジャイルスが参加してまして、全編にわたって彼のドラムを堪能できます。それとキャメルのアルバムのプロデューサーもしてたルパート・ハインなんかも参加してて、メンツが面白いです。

★Woogさん
お久しぶりです。なんとなくWoogさんの書きこみ読むとホッとします。

>高校時代ファンクラブに入ってて、
>来日要請署名運動に参加して、
>人口7万人の町の高校で40名ぐらい集めたかなぁ。
すごいですね〜。当時からマニアック(^-^)だったんですね〜。
ボクは、人口30万人くらいの高知市の高校だったんですが、一年の時、つまり75年〜76年の頃といえば、洋楽ではなんてったってクイーンが人気で、ツェッペリンやパープルも根強く、キッス、エアロスミスがそのちょっと後だったかなあ。グランド・ファンクとかもいましたね。ウィングスの人気もすごかったですね〜。プログレで言えば、ELP、イエス、フロイドに人気がありましたが、私はまだはまってませんでした(ていうか、怖かった(^^;)。ジェネシスを聴き始めたのはたぶんその頃ですが、熱中するというほどではありませんでした。一年か二年の時、確かパープルが来日し、トミー・ボーリンが不評で、あえなく解散し、レインボウ、ホワイトスネイクと分かれていきましたが、二年のいつ頃だか、NHKのイエスのライヴ映像を見て驚愕したことを思いだします。76年〜77年にかけて、つまり私が高二、高三の頃が四人ジェネシスの時代で、その頃は日本での認知度も高まりつつあったと思います。
考えてみれば、その頃ファン・クラブに入り、来日署名活動をなさったということは、相当なファンだったわけですね〜。
今、ジェネシスのボックス・セット2、つまり「ARCHIVE #2 1976〜1992」っていうのの英文ライナー・ノートを苦労しながら少しずつ読んでるんですが、どうやって訳したらいいか分からないところをメールで時々質問して宜しいでしょうか。日本盤を買えばよかったのですが、8000円もするので、ケチってイギリスから通販で4000円ちょっとで買ってしまったんです(^^;←オフ会の時話しましたっけ?

>ぼくは『フォクストロット』と『トリック・オブ・ザ・テイル』かなぁ。
やっぱり「ウォッチャー・オヴ・ザ・スカイ」のメロトロンですか?

★sekikoさん
>これって、Genesis family fan clubですよね?
>わたしも入ってましたよ〜、というか、いまでも一応会員ですけど。
会報のバック・ナンバーなんてお持ちですか〜?
sekikoさんのお気に入りはピーガブでしたっけ?

店主さま、すみません。ジェネシスのことばっかり書いてしまって。
さて仕事、仕事。



01/01/15 11:26:06
名前:
案山子

コメント:
>夢典命さん
>MANZANERAといえば、「DIAMOND HEAD」をよく聴いてました。
というカキコミに「おおお〜〜〜〜っ!」と叫んでもう聴きたくて仕方なくなりました!
Fの棚をいくら探してもない・・・・ちゃう、ちゃう!Pでした!
でも、何故かこれが無い・・・・もの凄いショックで頭ガンガンします。絶対あるはずなのに・・・・
禁断症状が出てきましたよ。
>あのノスタルジックなスペーシーなサウンドは当時、本当にはまりました。
うっ、うっ、うっ(嗚咽)絶対にあるはずなんだぁ〜〜〜〜!

>ジェネシス
昨日、SELLING ENGLAND BY THE POUNDを聴いていて、タイトルと同名だとばかり思い込んでた
1曲目が実はDANCING WITH THE MOONLIT KNIGHTだと気付きました。
これって、ひょっとしてsekikoさんがおっしゃる「月影の騎士」だったりして・・・・



01/01/15 09:41:41
名前:
ふらじゃ

コメント:
今日の風は刺すようで、寒いを通り越して痛いです。

今朝は週末unionで買ったAGENESSの「SHOWING PACES」という北欧のバンドを聴きながらの出勤でした。バンド名がここで話題になってたGENESISみたいだったしロゴもそれっぽかったので、ジャケ買いならぬロゴ買いをしてしまいました。アルバムは92年にリリースされた物ですが、案の定GENESISっぽい音でした。ボーカルはピーガブっぽいと言うよりピーガブの真似をするフィル・コリンズといった感じでした。バンドの音はGENESISをタイトにした様な物で、「静寂の嵐」の消え入るような美しさを除いてハードにした印象で良い拾い物でした。
しかし、以前のSIMON SAYSといい侮れませんねぇ北欧プログレ

>ぷろぐれ5大バンド
70年はGENESISを除く4バンドで四天王と呼ばれていたと思います。あとフォーカスは「悪魔の呪文」がシングルヒットして知名度は高かったんじゃなかったでしょうか。



01/01/15 00:14:35
名前:
sekiko

コメント:
>Woogさんっ
>高校時代ファンクラブに入ってて、

これって、Genesis family fan clubですよね?
わたしも入ってましたよ〜、というか、いまでも一応会員ですけど。
Woogさんの高校時代っていつ頃かわかりませんが、
まだ会長はタチバナさんでしたか?
当時はワープロなんかなかったので、タチバナさんのお手伝いで、
ときどきみなさんの投稿の清書などやったりしてました。
思えばこの業界(何の業界だ?)長いですねぇわたしも…(^^;)

今でもいちおうファンクラブは存在してて(最近会報出てないけど)
ときどき飲み会なんかあったりします。



01/01/14 23:09:35
名前:
AUKEN

コメント:
>独身貴族
終ったのは「貴族」のほうです。「独身」は続きます。というか「貴族」が終った分「独身」は長く続くことになるでしょう。レコ屋も罪作りなものです。



01/01/14 22:53:17
名前:
Woog

コメント:
まことに遅ればせながらですが、
Woogです。今年もよろしくお願いします。

ジェネシス、懐かしいですねぇ。。。
高校時代ファンクラブに入ってて、
来日要請署名運動に参加して、
人口7万人の町の高校で40名ぐらい集めたかなぁ。
ぼくは『フォクストロット』と『トリック・オブ・ザ・テイル』かなぁ。

KAYAKのセコンドアルバムを聞きました。
都会派プログレ?といった感じでした。

>AUKENさん、
>「独身貴族」はもう終わりです…
ひょっとして御成婚?それとも単に金欠なだけ?
>きゃらっくさん、
>ジェントル・ジャイアントはどうかなあ?
古今東西でマニアック (^o^)?
イギリスでも不当?に評価が低く、
20年ほど前、彼らのファーストアルバムをロンドンで買った時、
白人のお兄ちゃんがジャケットを見てひどい顔をし、
そばにいた黒人の若いおね〜ちゃんに
「こいつこんなの買うんだよ」という風に見せて
彼女も汚いものを見るような顔をしていました。

話は変ってネーサン・マールのHereticですが、
ワールド・ディスクでは、輸入版は入荷しているけど
日本版は今月末らしいです。
12月に電話したときは、年内入荷と言ってたのにぃ。
ざんねんズワイガニ (^^;



01/01/14 20:40:26
名前:
きゃらっく

コメント:
★AUKENさん。
>「独身貴族」はもう終わりです…

なぬ? どっちが終わりなの? 「独身」が? 「貴族」が?

当時のプログレ5大バンドはイエス、ELP、ピンク・フロイド、キング・クリムゾン、ムーディー・ブルースだったように思います。どうでしょう、皆さん。
ジェネシスよりはキャメルの方が人気があったように思います。70年代の終わりくらいまで。
もちろん日本での話ですが。ジェントル・ジャイアントはどうかなあ?
クリムゾン、GG、ムーディー・ブルースは70年代にはほとんど聴かなかったからわかんないですが。

今日は、郵便局でfrom USCさん、ふらじゃさん、紀州の駱駝さんに郵便小包を発送致しました。
郵便局の本局は日曜日も午後3時まで開いてるんですね。土曜日も午後8時までやってるんだそうです。
あとカード引出しでは手数料が無料だそうで。
ご苦労様なことです。助かりますねぇ。



01/01/14 14:53:12
名前:
ゆあ

コメント:
おお、家主様がすっかり歴史小僧になっている(^^;
弓削達の本は読みやすくていいですよね〜。
あとは塩野七生のローマ人の物語(だっけな?)なんていかがでしょう。
臨場感を味わうなら映画になりますが、時代考証はどうなんだろうなぁ。
キューブリックは見てないから分からないです(笑)

それにしても、歴史関係の本は高い〜!
だから、何度も読む気がない時は図書館に走ります。
(最近では、ギャリコのスノーグースの時代を調べに行きました)



01/01/14 13:56:13
名前:
from USC

コメント:
新約創世記、Riding on Colossusという曲、これはロス郊外のテーマパーク、マジックマウンテンの中にあるジェットコースターの曲だそうですね。一度は訪ねてみたいものです。えと、ガイドブックによれば、「78年開業で3.2キロの長−い走行距離を誇るパークの顔。アップダウンは14」だそうです。
いやーこの曲のハケットのギターいいわー。艶やかで。



01/01/14 13:01:52
名前:
AUKEN

コメント:
>きゃらっくさん
「幻惑」→「眩惑」・・・ありゃ、間違えました。あわわ・・・
確かに当時のジェネシスは人気が無かったようですね。色々な本でそういった表記を見た覚えがあります。よく5大バンドといわれますが、当時そういうのならジェネシスの代わりにムーディー・ブルース、GG、ルネッサンスあたりだったのでしょうか?あるいは国違いでフォーカスとか。
「眩惑」のコンセプトについてですが、私のように最近になっての後追いの者はガブリエルの解説しかり、色々な音楽雑誌での分析しかりが読めるようになったのでとっつきにくさが軽減されているのかもしれませぬ。

「独身貴族」はもう終わりです…



01/01/14 09:27:50
名前:
きゃらっく

コメント:
おはようございま〜す。今朝はさむいですねえ。

★AUKENさん
>あと「幻惑のブロードウェイ」ってそんなに聴きにくいですか?

音は素晴らしいですよ! 特に1曲目とラストは表面張力さんと同じく、すぐに気に入りました。
他にもいい曲はいっぱいありますしね。
ラジオで1曲目がかかっているのを聴いて、すぐ買いに走ったんです、私は。(75年)
でも、歌詞やシナリオの内容がすぐに理解できる人はそうそういないんじゃないかな、と思っていただけです。だって、わざわざ詳しいシナリオをガブリエルさん自身が書いてるわけだから、重要な意味があるわけで・・・。音は楽しめても、アルバムを総体的に理解するに至るには容易では無かったです、私には。
逆に言えば、だからこそ何回も聴きはしましたけど。

それとリアル・タイムで聴くのと、後追いで聴くのとでは全然違うでしょうし、聴く人の音楽的体験というかバック・ボーンによってもかなり印象はかわるんじゃないでしょうかねぇ。
あの頃の日本では、GENESISの情報なんて今からでは信じられなかったくらい、ほんと少なかったですからねぇ。
「ジェネシス? なにそれ?」って感じで。今でこそ5大バンドなんて言われてますが、当時は全然でしたから。イギリスの人気とエライ格差がありました。「変人」扱いされそうでしたよ。私のまわりでは。

2001年の現時点でいろいろ聴いてきた上で、「眩惑」を聴けば、そんなに聴きにくいとは言えないかも知れませんね。

それとどうでもいいことですが、「幻惑」でしたっけ?「眩惑」じゃなかったけなあ・・・

花の独身貴族がうらやましいです。



01/01/14 03:21:28
名前:
from USC

コメント:
店主様が勉強しているので、私も一寸ネットでかじって来ました(げっ歯類?)。
http://plaza.harmonix.ne.jp/~gaisui/battle/battle4.html
いやー反乱軍全滅だって、全滅。
でスパルタカス掃討の功労者がクラッススでポンペイウスとカエサルとで「三頭政治」が始まると。三頭政治はドイツ語でTriumviratと。フリッツがSpartacusを選ぶ必然性があったということですね。



01/01/14 01:28:21
名前:
表面張力
ホームページアドレス:
私のホームページへ

コメント:
あぁ… どうしてもジェネシスに反応してしまう自分がここにいる…

にいはおさん
>「サルマシスの泉」

あぁっ! 私のド真ん中で、もうっ!

>「サパーズ・レディ」の「アポカリプス IN 9/8」

あーっ! これこそもう死にそうです!
“ジャッジャッジャージャー、ジャージャッジャッジャッジャ”
って数えながらリズムをとった日々…
私は最後の“ジェルサーレーム!”でとうとう失禁です。

AUKENさん
>『眩惑のブロードウェイ』
1曲目のタイトル曲と「イット」がめちゃめちゃ好きです!

>らくだ君がよくラミアを弾いていたので

ラミア!!!!!
『アーカイヴ』での「ザ・ラミア」のギターソロは号泣モンです!

>「そして3人が残った」も結構好きなんですよねー。

1曲目の「ダウン・アンド・アウト」は完全なプログレ作品で大好きです。


…すいません………
自粛しようと思ったのですが、70年代ジェネシスの話題になると制御が効かなくなってしまって… もうヤバいです…



01/01/14 00:42:27
名前:
AUKEN

コメント:
こんばんはー。今日は「ダンサー・イン・ザ・ダーク」を見てきました。いや、見ていてかなり疲れる作品ですね。でも凄く良かったです。電車のシーンとか良かった。

ジェネシスですかー。紙ジャケ再発18枚全部まとめて発売直後に買った人間(泣)の私ですが、皆さんがおっしゃっているとおり「静寂の嵐」が一般的に言われる所のプログレ性と聴きやすいポップさとバランスが取れていると思います。あと「幻惑のブロードウェイ」ってそんなに聴きにくいですか?ウェイティングルームは確かにあれですけど。普通に最近のUKロックなんか聴いてる人なんかは意外と気に入ったりしそうな気もします。個人的には「幻惑」よりも「怪奇骨董音楽箱」のほうが聴きにくいのです。らくだ君がよくラミアを弾いていたので「幻惑」に抵抗が無いだけかもしれませんが。「そして3人が残った」も結構好きなんですよねー。
実はこの18枚まだ全部聴いておりません。速く聴かなくちゃ。

そう、家に聴いてないCD結構たまってるんですよねー。なのに、なのに・・・今日「ブリティッシュ・ロック・レジェンド」12枚とゴング8枚と買ってきてしまいました。ああ・・・完全にレコ屋の戦略に踊らされております。しかもルネッサンスのHDCD紙ジャケが出るとの非情な通告を発見し、再発物を買って路頭に迷いそうな勢いであります。順調にプログレカレンダーが増えていく毎日です。

はあ、とりあえず今日買ったキャラヴァンのベストでも聴いて落ち着いて寝よう(まだCD買ってたんかい!)



01/01/14 00:30:05
名前:
J'rat

コメント:
 「世界の歴史5 ローマ帝国とキリスト教」(弓削 達 著)に続いて、「新版 スパルタクスの蜂起」(土井 正興 著) という本を買いました。剣闘士奴隷の由来や、当時のローマの様子がわかってとても面白いです。トリアンヴィラートの「スパルタカス」の希望に満ちたメロディの中に、悲壮感が漂っているわけがわかるような気がしてきました。
 ついでに「ポンペイの滅んだ日」(金子 史朗 著) という本も買いました。こちらも楽しみです。「地中海物語」といった本もあったのですが、これは今度です。いずれもハードカバーなので、CD より高いので....。

>ジェネシス、
 「幻惑のブロードウェイ」も、俄然聴きたくなってきました。かかしさんが涙したほどの名盤なのですから!

>新約創世記、
 どっかで聞いたことのあるタイトルだと思ったら、CD 棚にありました。(^^ゞ
 で、さっそくクルマの中で聴いたら、これがまた凝りに凝りまくったすごいアルバムですね。私の好き嫌いをちょっと通り越していますが、じっくりと聴いてみたいと思いました。

 今日はクルマ屋に行ってたんです。エンジンオイルの消費量が多いので見たもらったのですが、原因は不明でした。フランス車の馬脚が出てきたでしょうか?
 店長さんに、試乗車ほどエンジンが軽快に回らないのですがと尋ねると、全開で回して癖をつけるんですよとのこと。なるほどと納得したものの、市街地で全開? ....帰路はゼロヨンレーサーになってしまいました。この調子ではエンジンにあたりがつく前に捕まるか事故るかでしょう。(^_^; (でも回すと気持ちいい)



01/01/13 23:34:29
名前:
にいはお

コメント:
3日ぶりに自宅に帰れました。もういや、こんな残業・・。
あれれ、いつのまにか「じぇねしすお気楽サロン」状態になっておるぞ・・・。

「サルマシスの泉」は・・・誰も挙げていないみたいだな、よし、書き込んで
おくことにするぞ。あとは、「サパーズ・レディ」もあまり言及されていないみたい
だな、うん。「アポカリプス IN 9/8」などは私みたいにコピーすることが
大好きな人間は思わず正座してしまいますね。んで、「曲を楽しむ」ことそっちのけで
分析に走ってしまうという・・・まっとうな聴き方じゃないけれど、世にトリビュートと
呼ばれる活動の全ては、「あのミュージシャンと同じ音を出したい、同じフレーズを自分で
弾いてみたい」というだけの、単純かつ充分な動機からスタートしておるのでしょう。

「幻惑〜」が意見が分かれているみたいですが、ヒップノシスじゃなくてポール・ホワイトヘッド
(怪奇骨董とフォックスのジャケット・イラストレーター)がジャケット担当していたら、意見の
変わった人もいるのではないでしょうか?



01/01/13 23:29:07
名前:
きゃらっく

コメント:
★かかしさん。
>あ〜〜〜〜。それ、わたし、わたしぃ〜〜〜〜!

そっかあ、そういう人もいるんですよね〜。
私、失礼なことを書いたかもしれません。申し訳ありませんでした。



01/01/13 17:02:59
名前:
かかし

コメント:
>CHIPMUNKさん
ROM太郎っていうのは、ハム太郎のご親戚なんですか?流石にゲッ歯目仲間ですね。
ピーガブの歌ははまりますよね。

>J’ratさん
「眩惑のブロードウェイ」は、みなさんがおっしゃる通りだと思うので止めておいた方が良いと思います。わたしはジェネシスでは、これが最初に聴いたアルバムなんですよね。
高校の時でしたがアルバムのすべてがあまりにも素晴らしく、感動して涙が止まりませんでした。
それから「眩惑・・」の面影を求めてジェネシスを聴いてきて、良いものもたくさんあるのですが、
わたしにとってはこれ以上にパワーがあって、音が美しくて、ボーカルの表現力があり、
全体としての構築が完璧なアルバムにはない気がしたんです。
別に、無責任に欺こうとか、攪乱しようとかそういう意図は全くなかったんです。すみませんでした。

>表面さん
>キング・クリムゾンのただ音を鳴らしてるだけの曲とか変態的な曲が好きだという人には最初に薦めます
あ〜〜〜〜。それ、わたし、わたしぃ〜〜〜〜!
やっぱりみなさん、鋭いところを突いてこられますね。



01/01/13 07:07:18
名前:
表面張力
ホームページアドレス:
私のホームページへ

コメント:
きゃらっくさん
>あのねえ、それ全部すきなんですよぉ、私も。
>人が飲んでる間に先書いちゃダメ!・・・なんちって

ははは… (苦笑)

>でもあの人、フツーのロック・ギタリストっぽくないところがまた魅力なんですよね、私には。

そうなんですよ!私もそこに魅かれるんです。
ロックギターなのに、昔は椅子に座って眼鏡かけて真面目な顔して弾いてましたもんね。
一周まわって逆にそういうのがなんかカッコイイと思う人間なんですよ、私は。

>『眩惑のブロードウェイ』は、客観的に見てやっぱり傑作だと思います。
>ただ、とっつきにくい代表作でもあると思います。
>ともかく『ブロードウェイ』を最初からすんなり聴ける人は、どっかでウソついてる気がします。

そういうとこあるんですよね。
最初の内に耳にしたら余計にジェネシス嫌いになってしまいそうで…
なのでお薦めしないんです。
でも、キング・クリムゾンのただ音を鳴らしてるだけの曲とか変態的な曲が好きだという人には最初に薦めます(笑)



01/01/13 00:09:14
名前:
きゃらっく

コメント:
今日は飲み会で、今やっと帰って来た所ですが、最近GENESISが熱い!ですね
>表面張力さん。
>>Everydayとか虹色の朝とか、ああ書いているだけで...これから聴きます。
>あぁ!もう私も発狂しそうです!いい意味で!あと「ナーニア」とかも!
あのねえ、それ全部すきなんですよぉ、私も。別に無理して合わせてるつもりないんですけど・・・。
人が飲んでる間に先書いちゃダメ!・・・なんちって、まあとにかくHackettは私も好きです、ほんとに。
さまよえる職人(でも不器用な、でも不器用だったからこそ独特の音像を持つ)ギタリストってとこ?
(でもあの人、フツーのロック・ギタリストっぽくないところがまた魅力なんですよね、私には。)

ただGENESISは聴き込んでくると、少年のころあまり好きでなかったピーガブの声がだんだん気持ち良くなってくるから、あら不思議! 危うい倒錯の世界に迷い込んだら、もうにげられない。そういう人いっぱいいそう。

『眩惑のブロードウェイ』は、客観的に見てやっぱり傑作だと思います。ただ、とっつきにくい代表作でもあると思います。私は高校のころ、よりによって輸入盤を買ったものだから(要するにビンボーだったのですが)、SFのようなピーガブ自身のライナー(というかシナリオというか)を読んでも、なんだかよくわかんなくて、ホントに眩惑されましたが、後で、日本盤を買ってライナーの日本語訳を読んだら、ますます訳がわからなくなってしまったことを思い出します。あれは、あんまり難しく考えちゃいけないんだな、とその後思いましたけど。ともかく『ブロードウェイ』を最初からすんなり聴ける人は、どっかでウソついてる気がします。
しかし、あれを全曲やったライヴというのも生で体験してみたかったです。
ステージを見ながら、生音を聴いて、というのはやっぱり違うかなあ、と思います。
今となっては無理なことですが・・・。

と酔いにまかせて駄文を書いてたら、自分の頭もぐらぐらしてきましたので、もう寝ます。

>案山子さん。
○○○というのは、3文字のことばが入るわけじゃなくてですね、そんな深い意味はないんです(^^;
すみません。



01/01/12 21:45:54
名前:
夢典命

コメント:
さすがに今日は疲れてましたので、早目に帰宅して音楽三昧.....っと!

>PENDRAGON「The History:1984-2000」

実は、大晦日に買っておりましたんですよ。
ついついジャケットに魅せられて....もそうなんですが、1曲ライヴ映像が入ってるようだったので、思わず気がついたら、購入CDのなかにちゃっかり入ってました。・・・(^^ゞ
本日やっと再生して見ましたが、なかなかかっこよかったですね。
Nick Barrett氏のギターも渋かったし、Clive Nolan(Key)なんて、なんか風貌からしてFritzがオーバーラップしてきました。
TRIUMVIRATのリマスター発売の際には、是非こういった企画で、映像も入れてほしいですよね〜
>店主さま



01/01/12 20:00:49
名前:
表面張力
ホームページアドレス:
私のホームページへ

コメント:
お!from USCさんもハケットファンでいらっしゃいますか!
実は私も彼のソロ作品の大ファンなのですよ。
ウチのプログレ頁に来て頂ければよくわかると思いますけどね(笑)

>Everydayとか虹色の朝とか、ああ書いているだけで...これから聴きます。

あぁ!もう私も発狂しそうです!いい意味で!あと「ナーニア」とかも!

>ですから最初は「鍵盤の嵐@4人」「イギリス量り売り@5人」

イギリス量り売り(笑)。イングランドをバイ・ザ・パウンドでセリングするんですよね。
『静寂の嵐』は「鍵盤の嵐」だからいいんですよ。
最初にお薦めするのは、私も全く同じこの2つのアルバムですね。

>「鍵盤の嵐」ではBanksに虐げられながらも、最後の組曲で大爆発(これどこかで書いたぞ)。

そうそう!あの最後の組曲(3曲メドレー)がもう!
「イン・ザット・クワイエット・アース」はハケットもソロライヴでよく演ってますよね。
私はGTRの『キング・ビスケット・ライヴ』で号泣しました!勿論いい意味で。下手したら失禁してしまいそうです(笑)

それからそれから……
これ以上爆発したらこちらに迷惑がかかりそうなんで、from USCさん、ウチのBBSに来ません?(笑)



01/01/12 19:12:59
名前:
from USC

コメント:
極論を書きます。GENESISの浪漫というのを正式に引き継いでいるのはSteve Hackettの一連の作品です。ですから最初は「鍵盤の嵐@4人」「イギリス量り売り@5人」(いやホントのタイトル書けば良いんですけどね)などから入って頂いて、「新約創世記@Hackett」(これは本物のタイトル)に流れればまあ整合感があるのではないかと。「そして三人が残った@書くまでもない」でポップに自虐を味わうという手は...ないなあ。
私はHackett(Phillipsももちろんですが)大好きですので、ごめんなさい。
「鍵盤の嵐」ではBanksに虐げられながらも、最後の組曲で大爆発(これどこかで書いたぞ)。「量り売り」、もしFirth of fifthの中間部、背骨に電気が走るギターソロに痺れたら、もう「新約創世記」しかないでしょう。彼の音色、虜になります。Everydayとか虹色の朝とか、ああ書いているだけで...これから聴きます。Waiting room聴きますとは言いません...(ここは苦笑するところですか、表面張力様?)。



01/01/12 18:10:11
名前:
sekiko

コメント:
J'ratさん向けジェネシスだったら、月影の騎士とトリックオブザテイルでしょう。
叙情派プログレしてますもん。12弦ギターの調べが美しいです。
静寂の嵐はちょっとシンセが大味というか構成がしつこいというかで個人的には
あまり好きではありません。いい曲もありますけどね。

アンソニーフィリップスのソロなんかもオススメです。



01/01/12 17:48:52
名前:
表面張力
ホームページアドレス:
私のホームページへ

コメント:
J'ratさん、HPにお越し頂きどうもありがとうございました。

>「デューク」と「幻惑のブロードウェイ」もですね!

あ…『デューク』はいいと思いますが、『ブロードウェイ』はお薦めしません…
『フォックストロット』以上にマニアックな内容なんですよ…
メロディが無くてただ音を鳴らしてるだけのとかもありますし…

「サパーズ・レディ」や「キャン・ユーティリティ…」が大好きな私のような人間を基準にした場合はアレもコレも薦めますが(笑)、『フォックストロット』を聴いて“ジェネシスは苦手だ”と感じてそれ以上聴いていないような人の事を考えるとやっぱり『ブロードウェイ』はちょっと…
じゃないと単に自分の趣味を押し付けてるだけですもんね(苦笑)
ここはJ'ratさんの掲示板なのでJ'ratさんへのお薦めを最優先に考えました。
そういう意味で、『静寂の嵐』と、「シネマショウ」等が収録された『セリング・イングランド・バイ・ザ・パウンド』がいいんじゃないかなと思うんです。
個人的には「ロベリー」や「ヴォルケーノ」等が入った『トリック・オブ・ザ・テイル』や、「シネマショウ」同様、中世ヨーロッパの雰囲気漂う『ナーサリー・クライム』も聴いて欲しいんですが、それらは後回し後回し(笑)。

メロディの美しさという点と、Englandが気に入られたという事を考えると、J'ratさんには『ブロードウェイ』よりもむしろ、DRUID(ドゥルイド)というバンドを是非聴いて頂きたいと思っております。
かなりイエスに近い感じなんですが、とにかくメロディが美しく、ヴォーカルも綺麗な高い声してますし、ピアノ、メロトロン、オルガンを多用しているバンドなんです。



01/01/12 12:57:25
名前:
CHIPMUNK

コメント:
こんにちは。またまたROM太郎になっておりました。

>GENESIS
わたしはわりと最近までマジメに聴いていなかったのですが、いざハマってみるとガブさんの歌がすんごく好きになってしまいました。(むかしは「この人歌へただ」と思っておりました(^^;;;))
最初は眠くてしょうがなかったSuppers Readyも今では短すぎるくらいです!
Firth Of Fifthはもう名曲中の名曲ですね。
しかしわたしは、Musical Box(ベタですが)やStagnationも捨て難いのです。



01/01/12 12:53:38
名前:
sekiko

コメント:
ジェネシスの演奏の中で一番凄いのは眩惑のブロードウェイ時代のライヴですね。
アンサンブル志向のジェネシスがここではイエスやクリムゾンばりにバトルしてます。
昔NHK−FMでやったライブはご存知の方も多いと思いますが、
あのウォッチャーはイエスソングスのシベリア並に気迫の演奏です。
特にフィルコリンズが凄いですよ。



01/01/12 11:56:28
名前:
J'rat

コメント:
 今朝はいい天気です。久しぶりにマイク・オールド・フィールドの「遥かなる地球の歌」を聴いてきました。

 「スパルタカスの反乱」の史実を知りたくって、きのう古代ローマに関する本を買って読んでいます。でも、あまり詳しい記述がありません。「カピュアの燃える剣」のカピュアはローマ市の南にある同盟都市で、スパルタカスはここで78人の剣闘士と蜂起したそうです。プルタルコスの『英雄伝』に詳しいそうですので、探してみることにします。

>ジェネシス、
 詳細なお薦めありがとうございました〜。『静寂の嵐(Wind And Wuthering)』をまず聴いてみます。「デューク」と「幻惑のブロードウェイ」もですね! どんな雑誌のレビュー記事を読むより、皆さんのお薦めがイチバンありがたいです。

>表面張力さん、
 先日やっとホームページを拝見しました。ご本人の写真やASIAのジャケットのようなイラストなど楽しませていただきました。音楽関係はスティーブ・ハウ以外も書かれるのですね。楽しみにしていま〜す。

>エルトン・ジョン、
 そうですか〜、夢典命さん店頭で泣いちゃったんですか〜。皆さん、涙もろくなってますよね〜。(^^ゞ

>カンサス、
 行きたいですが、土日は行きにくいです〜。恐妻家の私としてはゴマカシが効かないですから....。(^_^;
 行かれる方はミニオフ会とかなさるんでしょうかね〜?



01/01/12 11:02:54
名前:
ふらじゃ

コメント:
今日も良い天気です。事務所の暖房が暑い・・・
今朝はスポックスビアードの「V」を聴きながら出勤でした。このアルバム聴くと
どうしてもトランスアトランティックも聴きたくなりますね。あとフラワーキングス
の「スペース・リボルバー」も・・・
この3枚がなぜか私の中でリンクしてしまいます。

そう言えばカンサスの来日がせまってきましたね、20日は都合がつかず断念しました。
21日はなんとかなるかなぁ・・・当日券ってあるんでしょうか。



01/01/12 08:25:44
名前:
表面張力
ホームページアドレス:
私のホームページへ

コメント:
きゃらっくさん、
>GENESISを聴き始めたのは中学時代ですが、その頃Peter Gabrielの声はあまり好きではありませんでした。
>「More Fool Me」とかでさりげなく聴けるPhil Collinsの方が声質という点では好きでした。
>彼の繊細な歌声は4人の時に頂点に達しているように思いますが(というか、必死でGabrielの真似をし、
>かつオリジナリティを出そうとした結果かもしれませんが)、
>その後80年頃までのは良かったんですが、ソロで売れて、だんだん鼻につくようになってきました。

私も全く同じです!
ジェネシスのヴォーカルで最も良かったのは4人時代のフィル・コリンズだと私は思ってます。
ピーガブの雰囲気を出そうとこもった感じで歌ってたのが非常に良かったと思います。
その後の彼の声は、思い切り“自分”を出すようになってしまってちょっと…

>最高に好きなのは『Firth Of Fifth』です。これも『Selling〜』に入ってます。

「ファース・オブ・フィフス」もほんといい曲ですよね〜。イントロのピアノなんかがもう!

案山子さん、
>フィル・コリンズの声があまりにも違和感がなかったのが、すごい驚きでした。

私も驚きました。似せてるとは言え、ほんとにそっくりでしたよね。
『眩惑のブロードウェイ』は、タイトル曲と「カーペット・クロール」と最後の「イット」ですね、私は。ベタですけど…(苦笑)
「イット」に関しては、『スリー・サイズ・ライヴ』でのビル・ブラッフォードが叩く「イット〜ウォッチャー」メドレーが一番好きです。


すいません、70年代ジェネシスの話題だとつい興奮してしまうもんで…



01/01/12 06:19:44
名前:
from USC

コメント:
めがねをかけたエルトンジョンはオースティンパワーズに似ている...アランパーソンズプロジェクトに笑った人はどのくらいいたのだろうか.

幻惑のブロードウェイは,大傑作!という人となんだこれ?という人に別れる作品ですね.私はもちろん大傑作と言いたいのですが....このちょっと前,Peter Gabrielはいったんバンドを離れ,ブロードウェイ録音時に戻ってきて,ツアーの後完全に脱退したんですね.「イギリス量り売り」で急速にうまくなっていった他のメンバーの音の壁に彼のボーカリストとしての苦悩が見て取れます.だって,Firth of fifth,Cinema showはどう考えてもボーカル中心の曲ではないですよね.ブロードウェイで独自の世界に遊ぶGabriel,他のメンバーは「量り売り」の頃と変わらない美しいパッセージを織り込んでいますが,初めて聴いたとき,破綻はすぐそこという感じでした.まあ「脱退」というのを知っていたせいですが.



01/01/12 05:58:16
名前:
案山子

コメント:
>ふらじゃさん
単に妬んでるだけです。

>きゃらっくさん
そうですか。まぁ。WettonはWettonのままでいいですよ。
ところで○○○って何だったんですか?

>ジェネシス
『静寂の嵐』は、発売日に買った唯一のアルバム(ジェネシスで)
ですから、今聴いてもドキドキしますよ。
フィル・コリンズの声があまりにも違和感がなかったのが、すごい驚きでした。
『セリング・イングランド・バイ・ザ・パウンド』は最近、とても気に入ってるアルバムです。
それでも、それでも・・・・・わたしの中では『眩惑のブロードウェイ』は越えられない・・・。



01/01/12 01:39:43
名前:
夢典命

コメント:
いや〜、新年会3連荘がやっと終わりただいま帰宅!
でもここのサイトは、やけどしそうなくらいに熱いですね〜・・・(^^ゞ
すこしばかりブレイクを....ということで、話題はいきなりELTON JOHNへ。

この前、HMVでなにげなく見つけた彼のニューアルバム。
久々のライヴアルバムなんですが、大物ゲストと一緒にやったりとかしていて、いわゆるベストヒッツ物で、昨年10月にかのNY、MSGでおこなわれたい1回限りのライヴでした。
いつものように邦盤のほうにおまけが2曲入っているのですが、その2曲が‘Daniel’と‘Bitch Is Back’だったんで、輸入盤のほうが約¥1,000も安かったのにもかかわらず、迷わず邦盤にいってました。
でも、声質がなんというかだいぶ太くなってましたねえ、まあそれなりの年齢になってますからあたりまえなのかもしれませんが・・・

いずれにしても、出だしのピアノの音を聴いてからというもの、あまりの懐かしさに目頭が熱くなり、しばらく足を動かすことができませんでした。

こういう経験って、皆さんありませんか〜?



01/01/11 21:05:44
名前:
きゃらっく

コメント:
>案山子さん

あのぉ、Wettonの新作のこと、ホントに書いていいんですかぁ(^^)

と、もったいぶっても、そんなに大したこと書けませんが・・・。

まだそんなに何度も聴いたわけではありませんが、
私の第一印象は、『Voice Mail』の頃に戻って、ヴォーカリストとしての自分の好きな道を行くぞーっていうWettonの吹っ切れた感じ、ということでしょうか。
ロバート・フリップ、イアン・マクドナルドと(たぶん)『RED』以来の共演となる曲なんかもありますが(これはこれでとっても良い曲ですが)、基本的には前作『ARCHANGEL』よりもプログレ色は薄まって、多彩な曲調の変化より美しいメロディー・ラインを重視した、そんな意図を感じました。

まとめれば、ポップだ、プログレだ、っていう前に、「俺はウェットンだぞ」、ってイメージかなぁ。

いろいろなCDを聴きすぎて、このアルバムも聴き込んではいませんが、今のところの印象です。



01/01/11 20:51:04
名前:
きゃらっく

コメント:
>表面張力さん。
>私もfrom USCさんと同じく『静寂の嵐(Wind And Wuthering)』をJ'ratさんにお薦め致します。
>このアルバムは『フォックストロット』とは違ってメロディが明るめで美しい作品です。
>ヴォーカルもピーガブのクセのある歌い方や声質ではなくて、フィル・コリンズのこもりがちで優しい
>声質と素直な歌い方です。
>因みに、80年代以降のコリンズのキンキンしたヴォーカルは私は好きではありません。
>あとジェネシスでお薦めなのは、バロック調の12絃ギターで始まる、シンフォニックロックの最高傑作
>と私が思っている「シネマショウ」が収録されている、『セリング・イングランド・バイ・ザ・パウン
>ド』というアルバムです

このコメント全部、私も同じくJ’ratさんに捧げます。
GENESISを聴き始めたのは中学時代ですが、その頃Peter Gabrielの声はあまり好きではありませんでした。「More Fool Me」とかでさりげなく聴けるPhil Collinsの方が声質という点では好きでした。
彼の繊細な歌声は4人の時に頂点に達しているように思いますが(というか、必死でGabrielの真似をし、かつオリジナリティを出そうとした結果かもしれませんが)、その後80年頃までのは良かったんですが、ソロで売れて、だんだん鼻につくようになってきました。

プログレ・バンドで一番フォロワーが多いのはGENESISと言われますが、そのフォロワーも『Selling England By The Pound』〜『Duke』あたりの音を真似ているバンドが多いように思います(フォロワーまてフォローしてないのであんまり詳しくないですけど)。

それからやっぱり私自身がGENESISの曲で最高に好きなのは『Firth Of Fifth』です。これも『Selling〜』に入ってます。

しっかし、みんなでよってたかってJ'ratさんにCDを買わせようとしてる感じで・・・。
ま、いっか、ほとんどの人はこの掲示板のおかげで、Triumviratに出会えたんですから。



01/01/11 17:51:28
名前:
表面張力
ホームページアドレス:
私のホームページへ

コメント:
お!ジェネシスの話題が出ておりますね。
私もfrom USCさんと同じく『静寂の嵐(Wind And Wuthering)』をJ'ratさんにお薦め致します。
このアルバムは『フォックストロット』とは違ってメロディが明るめで美しい作品です。
ヴォーカルもピーガブのクセのある歌い方や声質ではなくて、フィル・コリンズのこもりがちで優しい声質と素直な歌い方です。
因みに、80年代以降のコリンズのキンキンしたヴォーカルは私は好きではありません。

あとジェネシスでお薦めなのは、バロック調の12絃ギターで始まる、シンフォニックロックの最高傑作と私が思っている「シネマショウ」が収録されている、『セリング・イングランド・バイ・ザ・パウンド』というアルバムです。

なるべくどんな感じなのかわかるように書いてみたつもりですが、参考になりましたかどうか…



01/01/11 16:34:50
名前:
ふらじゃ

コメント:
>WETTON/MANZANERA
私の買ったのはオーストリア盤でした。ジャケットの写真は2人並んだ
ものですが、楽器を持ってますね。
ところでWETTON/MANZANERAってそのままローマ字表記なんですね、今
書いてて気が付きました。

>GENESIS
3人になってからの物で「デューク」もお薦めです。この頃になると初期
の物とは別人が演ってる様に音が変わってます。上手く言い表せませんが
明るい音、垢抜けた感じのプログレという感じがします。



01/01/11 10:46:38
名前:
J'rat

コメント:
 私は寒いです〜。風邪をひきかけているのかもしれませぬ。仔ラットは咳き込んでますし。

 今朝は「スパルタカス」を聴いてきました。あんまり良くて、ドトールに入って最後まで聴いてしまいました〜。年明けからなんだか忙しくってへこんでましたが、このアルバムを聴くといつでも元気が出ます。先日話題になっていたように歌詞の内容が気になってきました。私はキューブリックの映画でしか見たことがないので、スパルタカスの歴史的背景などをもっと調べてみようと思います。

>ジェネシス、
 「静寂の嵐」ですか、ありがとうございます! ぜひとも聴いてみます。お薦めありがとうございました〜。

>ふらじゃさんがいじめる?
 そうそう、ふらじゃさんは毎日のようにCD屋さんに行けて、掘り出し物もいっぱいゲットできて、幸せすぎますね〜。私も羨ましいです〜。案山子さん、負けないで反撃しましょう!? (^^ゞ



01/01/11 10:04:43
名前:
ふらじゃ

コメント:
今朝はあまり寒さを感じなかったですが、体調がおかしいのでしょうか?

>案山子さん
いじめるなんてとんでもない、確かにあの書き方だと慰めにはなってないですが・・・
悪意は無いんですよ、ほんと。



01/01/11 02:22:45
名前:
from USC

コメント:
GENESIS苦手,なんとなくわかります.ヒマワリのかぶり物をしたタイツ姿のお兄さんが飛び跳ね,他の全員が座って演奏している姿,いやーシュールだ.かといってHackett脱退後は「ひげもぐら」がYeah!!を連発しているし,「おまえはアメリカ人かい!!」Collins.「決して笑わん殿下,自己主張はしっかりするよ」Banks,「ギターを弾きたくてしょうがない,でも他のメンバーがやっぱりうまいの」Rutherfordはどういう思いでCollinsに付いていったんでしょうかね.
であれば!.4人組みの音源を薦めます.やっぱり「静寂の嵐」かなあ.私はRelayerとよく並べて聴いてます.灰色ジャケコンビとかいって.

うーん書いていたら今度はマリリオンが聴きたくなってきた.



01/01/11 01:33:56
名前:
yeszanmai

コメント:
Wetton/ MananeraのCDボーナス・トラックのギターは
なぜかデイヴ・ギルモアなんですよね。
シングル曲なのかな?
あとLPとはジャケットも違いますね。



01/01/11 01:17:33
名前:
J'rat

コメント:
寒いですね〜。ぶるぶる。でも、この掲示板は熱いっ!

 今朝は久しぶりに Old Loves Die Hard で出社しました。最近浮気がちですが、やっぱり最高! と思っていたら CD ウォークマンが音飛びしまくります。最近ちょっとした振動でも飛びます。新しいのが欲しい〜。(^_^;

 音がなくて寂しかったので、Microsoft の Windows Media Player で探したら、Progrock.Com というインターネットラジオ局を見つけました。WMA ではなく、WinAmp で再生されます。聴いているところですが、今演奏しているのは LittleHorse - Running Just Ahead of the Devil だそうです。プログレ? あ、今度は Yes - Face To Face が始まりました。なかなか面白いですね〜。あら、今度は Homeworld です。
Progrock.Com の URLはこちら:
http://www.progrock.com/

 あと、ドイツの局も見つけましたが、繋がりませんでした。それにくくりが Classic Rock なので、プログレがかかるかどうかはわかりません。

>ジェネシス、
 実は苦手なんです。フォックストロットとかは聴いたのですが、あまりピンと来ませんでした。良いアルバムと出会えていないだけかもしれませんね〜。スミマセン。
 でも、パトリク・モラッツが演奏しているんなら買おうかしら、トリビュート盤...。本末転倒でしょうか? (^^ゞ

>BJH宣伝隊、
 ご苦労さまです。なにしろ BJH のファンクラブに入会されたそうですから、気合が入っていますね。Triumvirat の公式サイトの掲示板にも宣伝しませんか? 「リマスター待つのに飽きたら BJH!」という感じで。(^_^)
 でも、アメリカ人は知ってるんでしょうか? なにしろ今手に入るCDはドイツ盤ですし...。



01/01/11 01:08:01
名前:
夢典命

コメント:
>WETTON/MANZANERA

皆さんのコメントを読んでると、今でもすぐに聴いてみたくなりました。
どちらも、いわゆる音楽界の‘カリスマ’ミュージシャンなので、そのジョイントとくれば音の方も
じゅうぶん期待できそうですね。

>きゃらっくさん
>Talk to me

そうそう、わたしもあのStevie Nicksが歌っていたこの曲、よく聴きました。
あっ、違いましたねえ、またボケてしまいました。・・・m(__)m

MANZANERAといえば、「DIAMOND HEAD」をよく聴いてました。
10曲中7、8曲にWETTONがクレジットされていたと思います。Vocalもやってましたかねえ。
でもやっぱ、タイトルチューンでした。あのノスタルジックなスペーシーなサウンドは当時、本当にはまりました。

最近、TVのCFでよくながれているROXYの‘More Than This’ですが、いつ聴いても名曲ですよね。
あの時代錯誤を感じさせる15秒間(?)は久々のヒットで、わたしなんぞも金さえあれば、ついつい買ってしまおうか、という気にさせるほどインパクトがあると思います。



01/01/11 00:44:11
名前:
from USC

コメント:
きゃらっくさん、こんばんは。
Archive2いつもタワレコで逡巡しちゃうんですよ。だってHackettの在籍時の曲すくないんですよね。でもやっぱり買おうかな。(Collinsのソロと全く区別のつかない曲なんかはやっぱり苦手だなー。)

最近「BJH宣伝隊」と勝手に自分に命名して、いろいろな人に勧めています。



01/01/10 22:11:34
名前:
案山子

コメント:
>ホイトルさん
そう、そう、そうでしょーーー。
スティーブ・モーズの演奏は上手いのをひけらかす感じがなくて、すっごく楽しそうな気がしません?
センスいいし、雰囲気有るし、いっぱいCD出すし・・・・言うことないですよ!
と、言いつつパープルの「オリンピア・ライブ」は、聴いてないんで、急いで買ってきます!

>きゃらっくさん
>John Wettonの「WELCOME TO HEAVEN」いいですよぉ。
うーーーーーーーーーーーーーん。
そーーーーーーーか。そうなのかーーーー。うーーーーん。
色々お気遣いいただいてうれしいんですが、書くなら、もうちょっと書いていただけた方が・・・・・
内容は○○○。って何????って考え出したらもう・・・・・・・。
スゴイ、ウマイ、シブイ、アツイ、コワイ、ダサイ、ダルイ、ヒドイ・・・・・・。

ところで最近のふらじゃさんは、慰めてくれてるのか、いじめてるのか良く分からないと思うのは、
わたしの被害妄想だろうか・・・・・。



01/01/10 20:53:31
名前:
きゃらっく

コメント:
>ふらじゃさん。
WETTON/MANZANERA情報ありがとうございました。
曲名まで全部書いていただいて恐縮です。
で、私のもっているのは、ふらじゃさんの書いてくださった曲名と10曲目まで同一で、
11. Talk to me
だけが収録されていませんでした。
っていうことは、86年発表のものに、アルバム制作時に録音したもののアルバム未収録だった音源が1曲追加収録された、と考えればよろしいのかもしれません。この11曲目がシングルなどで発表済みなのかどうかは分かりませんが。
でも「Talk to me」ってどこかで聴いたような気がしますが、気のせいでしょうか。
GENESISの件、ありがとうございます。お暇な時で結構ですからね。

>from USCさん。
GENESISのブートに関する情報、ありがとうございます。
GENESISのブートは2タイトルしか持ってませんが、高いのには手を出せません。ただ、4人の頃までのは興味があります。中古で見つけた時の参考にしますね。
ボックス・セット『ARCHIVE#2』のライナーはものすご〜く面白いですよ。私の持っているのは輸入盤なので、全て理解するのは容易ではありませんが・・・。12月のオフ会でもちょっと話題にしましたが、Peter Gabrielの後釜としてオーディションに申し込んできた中に、パブ・ロックのNick Low(ちょっとスペル忘れました。Loweだっけな)がいたとか、・・・この話し有名なのかな?



01/01/10 19:55:25
名前:
にいはお

コメント:
わあああ、また残業だあ。
おまけに、何も書かないまんま、送信しちゃったじゃあねえかああっ!

>毛糸さん
改めて「掘彡阿い討澆泙靴拭8世錣譴督阿と、ははあ、分かりますかね、なんとなく(笑)。
フランス語、とは、こりゃ気がつきませんでしたわい。

>店主様
ジェネシストリビュートの情報、ありがとうございます。
でも、でも、どうにもならないんだよなあ・・・。

>ふらじゃさん
「LIVE」、私も大好きでぇす。ガブリエルだか、ぼそっと「グッド・イブニング・・」とか
言って、観客がざわっとするあたり、いいですね。
名盤「フォックストロット」までシンセ使ってないなんて、信じられない。



01/01/10 19:49:20
名前:
にいはお

コメント:



01/01/10 13:20:06
名前:
from USC

コメント:
Wetton/Manzanera、私も持ってます。公式盤解説曲名はここにあります。
http://www01.u-page.so-net.ne.jp/wa2/abe-hiro/wm.html
私はここのWebmaster様ほど酷評はしてないです。というよりASIAのManzanera風味という感じでむしろ大好きですね。特にHave you seen her tonightなんていい曲だと思うんですけどね。
ではふらじゃ様の持っているアルバムはなんなんでしょう??。
GENESISのブートはここが異様に詳しいです。
http://www.ne.jp/asahi/genesis/tribute/boot/myboottop.htm
店主様、リンクのコピペすみません。



01/01/10 10:16:05
名前:
ふらじゃ

コメント:
おはようございます。雨も上がって良い天気になりましたね、外を見る限りでは暖かそうに見えますが実際はどうでしょうか?
今朝は昨日買ったWETTON/MANZANERAを聴きながら出勤でした。
ASIAのASTRAっぽい感じでしたが、曲によってはROXY MUSICを連想させられます。WETTONの声がFERRYに聞こえたりして・・・

>かかしさん
探している時はなかなか見つからないものですね。私の買ったのは輸入盤でしたが国内盤は廃盤でしょうか?探すのを止めた時、見つかることも良くある話しで(by井上揚水)見つかると良いですね。

>きゃらっくさん
確かに録音は86年になってます。ノンタイトルの物を持ってないのでアウトテイクかどうかは判りませんが曲目は01. It's just love 02. Keep on loving yourself 03. You don't have to leave 04. Suzanne 05. Round in circles 06. Do it again 07. Every trick in the book 08. One world 09. Can't let you go 10. Have you seen her tonight 11. Talk to me となってました。

あとGENESISのトーストの件了解です。こちらは未だ聴いてませんが、どうやらラジオ放送の音源の様です。



01/01/10 00:01:51
名前:
きゃらっく

コメント:
おとといの夜から昨日の朝にかけて雪が降ったため、昨日はどこにも出かけられずに、以前買ったもの、昨年末から先日買ったCD,それにCDR作成用のLPを聴きまくっていました。
Phil Miller『DIGGING IN』『CUTTING BOTH WAYS』
Pip Pyle『7 YEAR ITCH』 EGG『THE CIVIL SURFACE』
NATIONAL HEALTH『MISSING PIECES』『NATIONAL HEALTH』『PLAY TIME』
GILGAMESH『GILGAMESH』 KHAN『SPACE SHANTY』
それにfrom USCさんにいただいたBJHのベスト。

BJH以外、聴いたのは全てカンタベリー系ばかりで、そのほとんどのCDにDave StewartとPhil Millerと、Pip Pyleがからんでいるのが、なんともはや、狭い世界ですねぇ。キーボード派の紀州の駱駝さんはDaveさんのファンとのこと。私は、Phil Millerのギターが最近の超お気に入りです。今まで知っていたギタリストとは一味違います。いやあカッコいいですね〜。切れ味が鋭い! 私は奏法とかは全くもって無知ですが、あんな風に弾けたらなあ、と憧れてしまいます。

らくだ氏さん! 『PLAY TIME』と『SPCE SHANTY』は、カンタベリー・ファンなら必聴ですよ〜。特に『PLAY TIME』は紀州の駱駝さんのお書きになっているとおり、Alan Gowenのキーボードが聴けるのがものすごく嬉しいですね〜。なんてったって、この音源、残ってるなんてほとんどの人は思ってなかったものですから(たぶん)。それに、このCDの音源は二箇所で録られたものですが、そのうちの1本のテープは、もう少しでゴミ箱行きだったそうです。発掘してくれたレコード会社に感謝!です。日本盤はボーナス・トラックも付いてますし、非常に詳しいライナー・ノートの訳と、日本語の補足の解説もついてます。

>J’ratさん。
『TALES FROM YESTERDAY』、ついに購入されましたか。私も「世紀の曲がり角」から興味を持ったクチです。
それから『Supper's Ready - Genesis Tribute』は、上のYESのトリビュート盤以上に私の愛聴盤です。なってったってただでさえ好きなGENESISなのに、David Hentschelとか、Annie Haslamが参加しているだけでなく、なんとまあ元CARAVAN、元CAMELのRichard Sinclairや元CAMELのPete Bardensまでもが参加しているんですから。これはもう出来がどうのこうのというレベルではありません。できれば買ってやってください(^^;
それからGENESISトリビュートといえば、PURPLE PYRAMIDというレーベルから『THE FOX LIES DOWN-A TRIBUTE TO GENESIS』というのがありまして、こちらには案山子さんお気に入りのJohn WettonやJ’ratさんお気に入りのPatrick Moraz,それにFLOWER KINGS(彼らの参加曲「Cinema Show」はFLOWER KINGSの日本盤CDにもボーナス・トラックとして収録されていますので御存知の方も多いかと思いますが、個人的にこれが一番のお気に入り)、BRAND X,MOTHER GONGなんかが参加しています。こっちも出来れば買ってやってください(^^;

>ふらじゃさん。
WETTON/MANZANERAのって、86年頃出たやつと違うやつでしょうか? 私の持ってるCDには『One World』ってタイトルはついてないんですが、こっちにもAlan Whiteが参加してます。こっちはどっちかっていうとWetton色が濃いというか、ASIAの延長のような感じでしたが。『One World』はひょっとしてそのときのアウトテイクでしょうか? なんか分かりましたら情報お願いしま〜す。
それから、そ、そ、そのGENESISのブート、聴きたい、聴きたいです!!
トーストにしてくださいませんでしょうか?
私ももうすぐ、『HARBOUR OF JOY-CAMEL TRIBUTE』のこんがりしたのをお送りいたしますので。

>案山子さん。
John Wettonの「WELCOME TO HEAVEN」いいですよぉ。
やっぱり、昔おった篠塚、じゃなくって、昔掘った蟻塚、じゃなくって、
昔取った杵柄ですねえ。
内容は○○○。前作よりも○○○。Steve Hackettが、ギターではなくてハーモニカで参加しているのも面白いです。AVALONレーベルでCD番号はMICP-10207です。日本盤はちと高い(税抜き2600円)ですが、ボーナス・トラックがついてます。
John Wettonといえば、一昨年の日本公演(中野サンプラザ)の2枚組みCDも出ています。こちらの日本盤は帯と解説がついただけですから、安い輸入盤の方がお買い得かと思います(私も輸入盤です、ただ造りがブートくさいのが気になりますが)。kitさん、UMIさん、らくだ氏さん、AUKENさん、それに私なんかの拍手も入っていますから貴重盤(?)です。



01/01/09 23:52:26
名前:
きゃらっく

コメント:
>いいわね〜〜パパはのめり込める趣味があって〜〜〜〜
>ぎくっ!! (・・;)

同じく、ぎくっ!!



01/01/09 21:35:51
名前:
ホイトル

コメント:
いえいえ、かかしさん、どいたまして。
ディープパープルとは4半世紀にわたる腐れ縁ですから。
スティーブ・モーズに関しては
パープルに入るまで全然知りませんでしたが、
「パーペンディキュラー」でおっ!と思い、
「オリンピア・ライブ」でぶっ飛びました。
オッサン臭い演奏しかできなくなっていたパープルを
見事に若返らせましたもんね。
特に昔の曲に関しては誰が演ったって
「リッチーを出せ!」と野次る事になるだろうと思ってたのですが、
彼の演奏は見事だと思います。脱帽です。

とか言って実はパープル以外でのモーズを聴いたことありません。



01/01/09 20:22:08
名前:
かかし

コメント:
>ホイトルさん
Steve Morseの情報ありがとうございました!ものすごく嬉しい!
これすごく良いですねぇ〜〜〜〜。最初の Dixie Dregsのことまで載ってますよぉーーー。
キーボード以外は高校時代と同じメンバー!本当に素晴らしいですよ、このバンドは!
Yes Tributeの下に、Rush Tributeの文字!うわあああああーーーー。
この人って、プログレ関係ないと思ってたんだけど、結構プログレ・ファンなんだ!
そういうのって嬉しいなぁーー!
一目惚れした人が、実はプログレ・ファンだった時みたいですよ!(実話)

J’ratさんもありがとうございます。
何がなんでも、聞きますよ!

>夢典命さん(前に、お名前間違えたかも!失礼しました!)
わたしが持っているSPARTACUSは、ドイツ製だけどTRIUMVIRATの文字が凸になってます。
このLPジャケットねぇ、それはいいんだけどねぇーーー・・・・・・・・。

>毛糸さん
>Wettonの新譜って「Welcome to Heaven」すかぁ?
ふぇ〜〜〜〜ん。それも知らないんですよぉ〜〜〜〜。(泣)
そ・そ・そ・それで、どんな風ですか?
うーーーん。やっぱり、書かなくていいわ。

>ふらじゃさん
>WETTON/MANZANERA「ONE WORLD」
持ってないぃ〜〜〜〜。これもず〜〜〜〜っと探してるのにぃ〜〜〜〜。



01/01/09 18:07:55
名前:
J'rat

コメント:
>いいわね〜〜パパはのめり込める趣味があって〜〜〜〜(by 妻ラット、
 ぎくっ!! (・・;)



01/01/09 15:52:44
名前:
ふらじゃ

コメント:
>毛糸しゃん
>あのデビッド・キャシディかちらん?
って、パートリッジ・ファミリーという音楽ドラマの長男のこと?
だったら正解!
当時、日本でもアイドル並みの人気があったひと。

確かASIAにも曲提供してたはず、タイトル失念。



01/01/09 15:33:04
名前:
毛糸

コメント:
あ・・・うんうん、って読み流すとこだった
>外に出れば手ぶらで帰る訳にもいかずそのまま中古屋さんに・・・
なんつー理由やねん
手ぶらで帰りーや>ふら
きみらCD買いすぎや・・・・ぶつぶつぶつぶつ
いいわね〜〜パパはのめり込める趣味があって〜〜〜〜(by 妻ラット、妻ふら)



01/01/09 15:19:44
名前:
毛糸

コメント:
>案山子さん
Wettonの新譜って「Welcome to Heaven」すかぁ?
(新譜情報めっちゃうといやつなんすぅ、すんましぇん)
あちしがいっつも行くCDショップ、すんげーしょぼいんですがぁ
店長がクリムゾンフリークなんで
「花*花」と並べて「今月のオススメ棚」に派手に飾られておりましたぁ
んなもんで、ついつい(←あー失礼なやつですにゃ)買っちまいやしたぜ
んで
今気づいたんですがー
作曲者にリンゴ・スターとデビッド・キャシディの名前がクレジットされてんのにゃ
デビッド・キャシディって、あのデビッド・キャシディかちらん?



01/01/09 14:38:55
名前:
ふらじゃ

コメント:
朝は寒かったですが、昼食時はそれほどでもなくちょっと散歩に出てみました。

外に出れば手ぶらで帰る訳にもいかずそのまま中古屋さんに・・・
普段プログレの品揃えはさほどでは無いのにきょうはけっこう多かったです。
GENESIS「LIVE SUPPER」
74年のライブ(ブート)です。試聴ができたので音の確認が出来ましたがノイズが多いけどバランスも良く良い感じでした。全7曲中5曲が「 Selling England By The Pound 」で、このアルバムからのライブは聞いたこと無いので楽しみです。
WETTON/MANZANERA「ONE WORLD」
87年リリースのアルバムの様です。こういった企画物?は当たりはずれが大きいので、手を出さなかったのですが、これも試聴してみて良さそうだったので購入、ちゃんとバンド形式をとってる様でドラムのクレジットはアラン・ホワイトでした。
BJH「ENDLESS DREAM」
ここで話題になってたし、安価だったので聞いてみようと思いまして購入。ライブや未発表トラック、シングル盤等の寄せ集めアルバムの様ですが「CHILD OF THE UNIVERSE」の未発表バージョンも入ってました。



01/01/09 10:32:59
名前:
J'rat

コメント:
 ホントに寒いですね〜。今朝クルマに乗って温度計を見たらマイナス1度でした。ひえ〜〜。

 公式サイトの掲示板ににいはおさんの新しいMIDIを知らせておきました。相変わらず怪しい英語ですが...。(^_^;

 その Spartacus Forum では、「リマスターを待つのに飽きたら」の続編が投稿されています。まずカイロの "Conflict and Dreams" がいいよ〜という投稿ですが、これはセカンドアルバムですかね〜。思わずファーストもいいよと投稿してしまいました。
 別のスレッドでは、リックウェイクマンの「地底探検」のお薦めもありましたが、驚いたのはドイツの Manfred さんが、キャラバンの「グレイとピンクの地」誰か聴いたことあります〜? 素晴らしいですよね〜。と投稿していました。地球の反対側でも似たような人がいますね。(^_^)

 今朝はカーンの「宇宙の船乗り」でした。なかなかロックしていて、ギターが独特だしオルガンもいいですね。改めて聴くと、私は初期のネクターを思い出しました。でもライナーノートにはカンタベリーとロックとプログレの中間で、中途半端と思うかもしれない、なんて書いてありました。

>毛糸さん、
 あけましておめでとうございます! ひさびさにケイトブッシュの話題ですね。今年もよろしくお願いしま〜す。

>ふらじゃさん、
 お帰りなさいませ〜。今日から復帰ですね。雪だったですが、無事帰れたようですね。
 仔ふらちゃんはジェネシスですか。仔ラットは冬休みの宿題をしながら "Illusions On A Double Dimple" を鼻歌で歌ってくれました。CD をかけていたわけでもないので、びっくりしました。妻ラットは「やれやれ」といった顔をしていましたが....。(^^ゞ



01/01/09 09:43:19
名前:
ふらじゃ

コメント:
寒いですねぇ、年明けとともに本格的な冬という感じです。長い正月休みも終え今日から仕事なのですが、この寒さはけっこう辛いです。
昨日は雪を期待したのに全く降りませんでした、ただ風が強くて外に出る気がしなかったのでずっとコタツの子でした。

昨日久しぶりにジェネシスの「LIVE」を聴きました。3人ジェネシスに馴れてたので、初期のライブは全く違うバンドに聞こえますねぇ、特にメロトロンが不気味に響いてました。横にいた仔ふらは何の抵抗もなくリズムを取ってましたので、そろそろ初期クリムゾンでも聞かせてみようかと思ってます。



01/01/09 08:27:15
名前:
毛糸

コメント:
もしかして言ってないかもしんない・・・
あはっぴ〜〜にゅ〜〜いや〜〜〜〜
今年もよろしくお願いいたしますぅ

>ピーガブ3のけいとちゃん
「No Self Contorol」と「Game Without Frontiers」だよぉん>にいはおさん
ノーセルフの方は目立たないかなぁ(ま、バックが目立っちゃいかんわにゃ)
ゲームの方は彼女のセッションワークス三本指に入るGood Job♪ですじぇ
フランス語で歌ってるのよ〜〜ん



01/01/09 00:56:41
名前:
J'rat

コメント:
>にいはおさん、
 ジェネシスと言えば、やはりマグナカルタから "Supper's Ready - Genesis Tribute" というトリビュート盤が出ているようですね。中身はこんな感じだそうです。

01.Watcher Of The Skies - Robert Berry and Hush / 02.Firth Of Fifth - Over The Garden Wall / 03.Undertow - David Hentschel with Jay Tausig / 04.Ripples - Annie Haslam / 05.Back In N.Y.C. - Kevin Gilbert / 06.For Absent Friends - Richard Sinclair / 07.Mama - Magellan / 08.Man Of Our Times - Enchant / 09.Many Too Many - Pete Bardens 'Mirage' / 10.Entangled - Shadow Gallery / 11.Squonk - Cairo / 12.I Know What I Like (In Your Wardrobe) - Crack The Sky / 13.Carpet Crawlers - John Goodsall with Michael Zentner / 14.Keep It Dark - World Trade



01/01/09 00:43:19
名前:
J'rat

コメント:
 雪でしたね〜。朝から仔ラットとそりすべりに、雪だるま作りとエンジョイしてしまいました。やっと年賀状の返事を書いて、ネットにたどり着きました。

>スパルタカス、
 "Spartacus has come to kill" はそういう意味だったのですか。奴隷剣闘士が自由を求めて反乱をおこす話ですから、from USC さんのように訳せばぴったりですね。すごく勉強になります。私は時どき歌詞の翻訳に挑戦していますが、なかなか根気が続きません。今年こそがんばろ〜。
 夢典命さんのおっしゃる「SPARTACUSのロゴが凸になっている変形LP」というのは持っていませんが、このアルバムは再発が多くて、いろんなバージョンがあるようですね。廉価版になってたりしました。
 以前はSpartacusの輸入盤LPは 800円から1500円程度で手に入りましたが、今は少し高くなっているんですね。日本盤は全く見かけませんね〜。ともあれ、リマスターが早く出て欲しいです〜。

>MIDI再生環境、
 おっしゃるとおり私は S-YXG50 です。でも、にいはおさんの環境(KORGでしたっけ?)とは違うので、にいはおさんの意図どおりにきちんとなっているかどうかがちょっと心配だったのです。なにしろMIDIは楽譜のようなものだそうですから...。でも、合わせて作ってくださっているので多分大丈夫なんですね。ご配慮くださってありがとうございます。

>らくだ氏さん、
 あけましておめでとうございます! 今年もよろしくお願いします。今年こそオフ会、来てくださいね〜。キャラバン、クルマの中でいつもかけています。

>Steve Morse、
 ホイトルさんも書いていらっしゃいましたが、Yes トリビュートはマグナカルタから出ています。私は昨年末 CD NOW(www.cdnow.com) で買いました。以前は国内でも良く見かけたのですが、結構高かったし、「どうせトリビュートだし」と思って買いませんでしたが、マグナカルタのコンピレーション(編集)盤 "Tribute To The Titans" でアニーハズラムの「世紀の曲がり角」を聴いて、速攻で注文してしまいました。
 これが宝の山でした。どの曲も素晴らしいですが、マジェランの「鯨に愛を」やカイロの「南の空」なんて、もう卒倒しそうです。(^^ゞ

 詳細は以下の通りです。CD NOW では「残部僅少」だそうですので、お早めに。まだの方にはぜひともお薦めしたい一枚です。

Tales From Yesterday / Veiw From The South Side Of The Sky (1995 magna carta / MA-9003-2)

1.Robert Berry: Roundabout
2.Stanley Snail: Siberian Khatru
3.Steve Morse: Mood For A Day
4.Magellan: Don't Kill The Whale
5.Steve Howe & Annie Haslam: Turn Of The Century
6.Shadow Gallery: Release, Release
7.World Trade: Wonderous Stories
8.Cairo: South Side Of The Sky
9.Patrick Moraz: Soon
10.Enchant: Changes
11.Peter Banks: Astral Traveller
12.Steve Morse: The Clap
13.Jeronimo Road: Starship Trooper



01/01/08 23:54:40
名前:
にいはお

コメント:
先日観たジェネシスのライブに触発されてCDを聴こうと思い、
手にとってプレイヤーのところまで行って、そこで初めて
手にしていたのが「ピーター・ガブリエル掘廚任△襪海箸
気付きました。

ま、いいかと思いプレイヤーにのせたら、う〜んやっぱり
名盤は名盤ですねえ、一気に聴いてしまいました。
これだけおどろおどろしくて、なおかつポップであるというのは
信じられない。4曲目「I DON'T REMEMBER」のT.レヴィン(STICK)なんか
不気味だろうなあ。

毛糸ブッシュがB.Voで参加しているらしいのですが、どれなんだあ?



01/01/08 14:19:25
名前:
夢典命

コメント:
>sphinxさん
>「スパルタカス」が日本盤だったら、捕獲したかったのに・・・
たまたま私は、70年代にTRIUMVIRATを聴いていたので、帯び付き日本盤をもっていますが、ここ十数年来というもの、このスパルタカスの日本盤の中古をみかけたことがありません。輸入盤の中古は比較的よくみつけますが、いまでもいい値段してますねえ。やはり名作ということなのでしょうか。
この輸入盤ですが、米盤と独盤でもちがってまして、(いつか店主さまもコメントされてたと思いますが)
たしかどちらかのジャケットのSPARTACUSのロゴが凸になっている変形LPだったと思います。ひょっとしたら、他国盤だったかもしれませんが・・・(^^ゞ
なので、このLPも比較的高値で取り引きされていたのを今でもよく覚えております。
そういえば、「愛の神秘」も邦盤と輸入盤でジャケットのデザイン違ってましたねえ。
近い将来、リマスターが発売になるときは是非、邦盤のデザインでお願いしたいものです。

そういえば本日、地元BAY−FMでは朝8:30から約12時間にもわたって、あの伊藤政則の「マキシマム・パワー・ロック・トゥデイ」という番組やってます。基本的には、メタル系の音楽番組なのですが、本日はあのサイバー・ノーツの生ライブ他、非常に熱いホットな情報満載で、ずう〜っと聴きいっとります。
このバンド、日本だけでライヴを行うスペシャルバンドみたいで、デヴィッド・ボウイの曲とかやってくれるみたいで、グラムロックファンの一人として応援しております。

サイバーノーツで思い出しましたが、TRIUMVIRATの「POMPEII」の邦盤のライナーノーツ書いてたの、実はこの伊藤政則氏だったんですよね〜。・・・つまらないギャグ、いつも大変 m(__)m



01/01/08 13:36:40
名前:
ホイトル

コメント:
案山子さん、
http://www.deep-purple.com/rosas/jouni/sm.html
に行くと書いてあるようですね。
モーズはクラップもやってるんですね。
アニーハズラム+スティーブハウの「世紀の曲がり角」とか..
いつか話題になっていたような気もするし、
どなたかきっとお持ちでしょうね。
オレも聞きたくなってきたな。



01/01/08 12:08:23
名前:
案山子

コメント:
>らくだ氏さん
元IT BITESのキーボードの人だけじゃなくて、ドラムマーもWETTONの来日公演に
来てたらしいんですよ。それで、そのライヴ・アルバムCHASE THE DRAGONって言うのを
もう、ず〜〜〜〜〜〜〜〜っと探してるんですけどね・・・・・・・無いんですよ。
悲しい・・・・。WETTONの、新譜も見つからないし・・・・。
ああああああああーーーーーーーーーもうーーーー!!

>J’ratさん
>YesトリビュートCDで STEVE MORSE が "Mood For A Day" ・・・・・・
聴きたいぃ〜〜〜〜!何がなんでも探すぞぉ〜〜〜〜!
と、YFFCを探したり、たまさんちで探してみたりしましたが・・・・
解らないーーーーー。
大変申し訳有りませんが、もう少し詳しく教えていただけないでしょうか?
今、ちょっとSTEVE MORSE にはまってて、抜け出せないんですよ。



01/01/08 01:19:26
名前:
紀州の駱駝

コメント:
私の今世紀初CDはNational Healthの『Playtime』でした。

>きゃらっくさん。
カンタベリー経験は長いと自認してますが、BGM状態で聴いてることが多いのであまりあてにならない感想です…。

National Healthの『Playtaime』は最高です。今までのアルバムの中でもトップクラスですね。と言うか、これを先に聴いてしまうと他のスタジオ盤が聴けなくなってしうかも…、です。(・・;)
全曲ライヴとは思えないぐらい緊張感の漂う研ぎ澄まされたプレイです。それに、National Healthのオリジナルアルバム収録以外のGilgameshや各メンバーのソロアルバム収録曲等が聴けるのもいいですね。
私にとって特に嬉しいのがAlanさんのキーボードが十二分に満喫できるところです。Gilgameshで聴けるプレイよりもこちらの方が気に入ってしました。この頃はまだ体調も悪くない時期でしょうから、思う存分弾きまくってるって感じです。
これからも、どんどん未発表音源を発掘してほしいものです。

Kahnの『Space Shanty』は久々に聴いてとっても懐かしいっていうのが最初の感想です(約15年ぶりに聴きました)。
私的にはやっぱりSteveさんのギターよりも、全曲を通して聴けるDeveさんのオルガンがいい味を出してると思ってます。ヴォーカルについては、私がイメージしてるいわゆる「カンタベリーっぽさ」がなくて、きゃらっくさんが書いてるとおり無いほうがもっと良くなったかもしれませんね。でも、全曲がSteveさんの作なんで仕方ないのかもしれませんが…。とは言っても、Daveさんのキーボードが好きな方には是非聴いてほしいCDには間違いありません。

と言うことで、どちらも良いですよ〜。>らくだ氏さん。



01/01/07 23:36:34
名前:
らくだ氏

コメント:
J'ratさん、みなさん、あけましておめでとうございます(遅いですね)。
今世紀も、いろいろと音楽の情報を楽しみにしています。


J'ratさん

らくだカンタベリーコレクション、気に入って頂き光栄です。
偏見で作成したため、魅力が十分に伝わるか心配だったので、よかったです。
今世紀もカンタベリーやTriumviratを勉強していきますのでよろしくお願いします!


カンサス

20日は新宿でライブですね。楽しみー。ライブはクリムゾン以来です。
ライブの前に、ユニオン行ってCDを買わねば。
予定だけでも、アレとコレと・・・。少なくて10枚かな。買うぞー!!


NATIONAL HEALTHの『PLAY TIME』とKHANの『SPACE SHANTY』

そんなに、いいんですか!きゃらっくさんオススメなら、コレも
買わなくては〜。
そういえば、ゴングも紙ジャケ出たし。
21世紀そうそう、大変だな、こりゃ。


IT BITES

94年に来日したウェットンのキーボードが、J・ヤングでしたね。
演奏は上手いのに、彼は結構いっちゃってる人らしいですね。



01/01/07 22:43:05
名前:
sphinx

コメント:
関東南部でも雪ですね。積もってきました。今日は久しぶりに渕野辺のユニオンを覗いてきました。
去年リニューアルして新譜と中古が同じフロアで探せるようになりました。プログレのコーナーは
中古が以前の倍くらいのスペースですが、他の店にくらべるべくもありませんが。
アナログコーナーに「スパルタカス」「愛の神秘」がありました。それぞれ¥2,000と¥800也でした。
「スパルタカス」が日本盤だったら捕獲してもよかったのですが・・
今日の獲物はジェネシス「フォックストロット」です。トニー・バンクスのメロトロンがたっぷり
楽しめる良いアルバムですね。



01/01/07 22:04:31
名前:
にいはお

コメント:
>店主様、from USCさん
お聴き下さってありがとうございます。

えいや、で選曲したのは本当です。スパルタにはこういう「短いけどオイシイ曲」が
いろいろあるので、どれにしようか迷った挙句、PC自身に任せました。
「て、ん、の、か、み、さ、ま、の、い、う、と、お、り!」というやつです。

ところで、店主様の環境と私の環境って違ってましたか?店主様お持ちの「ヤマハ・ソフト
シンセサイザーS-YXG50」で同じだったと思ってたんですが。
いつも最終の仕上げはこれでチェックを行っております。

USCさんへ。お子様の健康には十分気をつけてあげてください。勿論、ご自身の健康管理も。
海外にいると、最後にはもう本当に「健康」だけが勝負になります。他はな〜んも関係なし。



01/01/07 09:54:37
名前:
案山子

コメント:
>from USCさん
お嬢様の病気、ご心配でしたでしょうね。脱水症状が出るまでホントに速いですから・・・・・。
こういう時、いくら慣れておられても海外では辛いですね。
私自身がカリフォルニアでひどいヘルペスにかかり、doctores on duty という、
緊急の診療所へ走ったことがあります。
今から思うと、とっても素敵な先生が冗談を言いながら親切に診てくださって、
後で電話で様子を聞いてくれたり、薬の買い方や説明などの違いなど、
とても興味深い体験だったんですが、その時は、本当に不安で仕方なかったです。
どうぞお大事に・・・・。

>It Bitesはメンバーのテクニックが良くて、かつ顔も良くてプログレファンからそっぽを
向かれるという何ていうか別次元の好き嫌いでしたね。
 
え〜〜〜〜っ!そうだったんですか?ミーハーっぽい受け方だったんでしょうか?
>夢天命さん
その後どうしているんでしょうか?
FRANCISはニューアルバムを出すという噂は聞きました。
なんとABWHでバックコーラスをやっていたということで、以前必死で聞いたことがあるのですが、
全く分からなかったです。ジェネシスのボーカルのオーデションに落ちたのは残念!
他のメンバーはアランパーソンズ、UK、Wettonなどのバンドに関わってはいるようですが・・・。



01/01/07 02:07:52
名前:
from USC

コメント:
連発すみません。
なんであの訳にこだわるかといえば、I've been trained to kill manというスパルタカスのひとり語り?の部分があって、決してやりたくてやっているんじゃないんだという彼の言葉があるからです。かの訳を(自分自身で)修正することでなんとなく納得してました。

ケーレンてドイツ人なんだな〜、第二弾。
I will be your friendのfriend、子音の最後が[t]のような。まだありそうだけど。

すみませんね新年早々Kill、killといって。



01/01/07 01:22:48
名前:
from USC

コメント:
今日はもう二人とも元気に私に体当たりしてきます。
ご心配ありがとうございました。

にいはおさんのMIDIに影響されてまたしても聞きました、Spartacus。思い出したのですが日本盤LPのライナーでSpartacus has come to kill (The march to the eternal city)という訳が「スパルタカスが殺しにやってくる」となっていたような気がします。八つ墓村じゃ(古い?)あるまいし。ここは「スパルタカスは人を殺す羽目になってしまった(come to〜状態動詞、の完了形として)」と訳せば彼の立場も少しは浮かばれるのではないかと。



01/01/07 00:08:57
名前:
J'rat

コメント:
>from USCさん、
 なんとまあ、大変でしたね。年末から上のお嬢さんが、とはお伺いしていたのですが...。もうお二人とも大丈夫なのでしょうか? とにかくご回復を心よりお祈り申し上げます。
 そうそう、disk union でのチェックの件、承りました。休み中は誤解して「買ってきます!」なんて言いましたが、まず確認でよかったのですね。失礼しました。(^^ゞ



01/01/06 23:44:14
名前:
from USC

コメント:
次女が次にやられてしまい、1月3日、ついに病院に行ってきました。「予約センター」に電話して予約を取り付けてから(重病だから今日診察して欲しい!と言う)午後4時にregistration、4時30分から小児科医に診察してもらいました。ドクター(かっこいいんだな、こっちの医者は。)にHave you ever done medical training?と聞かれました。trainingだと、なめんじゃねーぞ。
次女はミルクを飲んでも嘔吐下痢で脱水に陥っておりもう一日ほっておくと大変だったと思います。自分の未熟さを痛感してます。Pedialyteというポカリもどきをこくこく飲んでくれた時は涙が出るくらい嬉しかった。
というわけでした。

It Bitesはメンバーのテクニックが良くて、かつ顔も良くてプログレファンからそっぽを向かれるという何ていうか別次元の好き嫌いでしたね。私は好きでした。

ああ、にいはおさんまたハモンドオルガンの手癖まで再現している。けど終曲すると次にケーレンのアコギが脳内で再生されるのは何故?。



01/01/06 23:28:28
名前:
J'rat

コメント:
 寒いですね〜。北風に吹かれながら、洗車とワックスがけをしました。融雪剤がこびりついて真っ白だったのです。

>にいはおさん、
 「カピュアの燃える剣」、ありがとうございました。何度も繰り返し聴いて堪能させていただきました。みなさんおっしゃるように本当に素晴らしいです。感動的な幕開き、続くオルガンの指さばきと寄り添うシンセサイザー、連打するドラムにはじけるようなベース....。これらを本当にひとりで演奏されているなんて、信じられません。(えいやっと選曲したって本当ですか?)
 PC の音をもっとグレードアップしなければ、と思いました。MIDI の音源がにいはおさんのと違うので、もっと高忠実度な環境も作らなくては。
 続く「自由への甘い誘惑」のMIDI化も期待してしまいます。

>環境音楽、
 いわゆるヒーリング・ミュージックというのもありますね。目的はどちらにせよ、ユルゲン・フリッツにも挑戦してみて欲しいジャンルです。映画音楽やモーツァルト集を出したのですから、きっとできるでしょう。そしてきっと、最上のものができると思うのですが...。

>IT BITES、
 "Once Around The World" いいですね〜。今、改めて聴いています。3曲目 "Yellow Christian" は都会的なセンスあふれる曲だと思います。でも、「黄色いキリスト教信者」ってなんでしょう?

>Starcastle
 新譜、絶対出して欲しいですね〜。トリアンヴィラートに負けないで、早く!



01/01/06 22:24:44
名前:
sphinx

コメント:
>夢典命さん
STARCASTLEですが、残念ながら昨年11月から新たな情報はアップされていません。
11月の時点ではニューアルバムのうちの何曲かについてインプレッションと共に
進捗状況が報告されていましたが、TRIUMVIRATよりは早いかなとも思っていましたが
怪しくなってきました。
http://www.starcastlemusic.com/



01/01/06 22:20:48
名前:
にいはお

コメント:
♪ゆ〜きやこんこ、あられやこんこ
 降っても降っても、まだ降り積もる(止まぬ、だっけ?)
 い〜ぬは喜び、庭かけ回り、
 私ゃこたつで、プレステ三昧。

ドアホ、CD聴かんかCD。
今日の北京は、大雪です。どんどん積もってます。

>ゆめてんさん、案山子さん
お聴き下さってありがとうございます。

今回のこの曲は、実を言いますとけっこういい加減な決め方をしています。
スパルタからやる事だけは決めていて、そのあとはCDプレイヤーをランダム選曲に
設定して、一番最初にかかった曲がこれでした。アコギがバリバリの曲でなくて
本当に良かった(笑)。
これはカラオケで時々やるのですが、歌う曲がなかなか決まらない時、でえい!という
感じで本をがばっと開き、そこにある曲をとにかく歌う、という滅茶苦茶なことを
時々ふざけてやります。知らない曲の時は強引にメロディーをつなげてでも歌う、
詰まったら「イッキ」が待っているという、学生のようなノリで遊んでますが、
それと同じやり方で曲を選んでしまいました。店主様、新年早々ごめんなさい。
いや、耳コピーは、まじめにやってますので(笑)。

「ジャズっぽいところ」と言うのはアップテンポになってからの部分のことでしょうか。
面白いですね、そういう風に感じるの。



01/01/06 14:30:25
名前:
夢典命

コメント:
>案山子さん
>「Once Around The World」

私もIT BITESの作品は大好きです。
完成度の高いプログレバンドというか、ある種モダンミュージックの申し子的な存在感がありました。
特にこのアルバムは完成度が高かったと思います。
一昔まえのジェネシスのテイストをびんびんにたたえつつ、機微に富んだポップ処理が施してあって、TEARS FOR FEARSとオーバーラップするものがありました。
また、テクニックもそれなりにもっており、かつルックスもGOODであったのでもう少しメジャーになってもよさそうなのに〜と思ってましたが、その後どうしているんでしょうか?

案山子さんが書かれているように、最初の2曲は、こちらBAY−FMでもよくローテーションされるので、そういう意味では、もう少しポピュラーになってもいいのになあ・・・と個人的に思いますが、
皆さんはどう思われますか?・・・^/^



01/01/06 11:24:46
名前:
案山子

コメント:
>にいはおさん
いつもいつも、素敵なMIDIを聞かせていただいてありがとうございます。
わたしも、ちょっとジャズっぽい部分が大好きなんですよね。

夢天命さんが
>このあとに続く‘The Sweetest Sound Of Liberty’の出だしのケーレンのつま弾くアルペジオが残響>音のごとく耳に流れ込んできて、もういてもたってもいられない状況になり、帰宅後に思わずまた
>「SPARTACUS」を聴いてしまいました。
と、書いておられるのを見て、「うわぁ〜〜〜〜!全く一緒の反応してる!」と思いました。
この部分って特に切り離して聞けないっていうか・・・・
正直に言うと、実は続きだと思っていた・・・・。



01/01/06 00:36:35
名前:
夢典命

コメント:
...昨夜の続きから...

>トム・ニューマン
この人の音楽にはじめて触れたのは、確か十数年前にさかのぼります。
当時は、‘ニューエイジ・ミュージック’、今で言う癒し系の音楽、いわゆるヒーリングミュージックが第一次の全盛期を迎えており、いろんなミュージシャンがこの手の環境音楽にある意味、挑戦していた時代ではなかったかと思います。
そんな中、ロック系のギタリスト兼エンジニアでもあった彼も、このての音楽に挑戦したひとりでした。

その当時、あのジョージ・ウィンストン(P)やウィリアム・アッカーマン(G)で名をはせたウェストコーストから生まれたWindham Hillや元タンジェリン・ドリームのメンバーだったピーター・バウマンによってNYで設立されたPrivate Musicのアメリカ勢に対抗するかのようにイギリスから生まれたのがCodaで、その一連のシリーズの中に彼の作品がありました。
あまりはっきりとは覚えていませんが、アフリカ大陸をおもわせるおおらかな音楽だったと思います。
このレーベルからは、あのRick Wakemanもソロピアノアルバムをだしており、そういう意味でもその
新しいサウンドアプローチは当時は新鮮に感じられたものでした。

21世紀になった現在は、ある意味で環境音楽の第二次全盛期に入っていっているといっても過言ではないでしょう。
現代の都会人がこのての音楽にある種の逃げ込める空間を求めているのも、都会の騒音や人間関係に起因するストレスに耐え切れなくなってしまっているからかもしれませんね。

いよいよ省庁再編が始まりますが、この悶々とした日本社会の景気も改善してほしいものです。



01/01/06 00:21:41
名前:
きゃらっく

コメント:
やっと本日、NATIONAL HEALTHの『PLAY TIME』とKHANの『SPACE SHANTY』を手に入れました。
『PLAY TIME』は今2回目を聴いているところですが、これはいいですね〜。
自分としては、持っている5枚の内、一番のお気に入りになりそうです。
演奏が熱い! なんかこう鬼気迫る(というとありきたりの表現ですが)といいましょうか、
アンサンブル的に一番気持ちが通じ合ってまとまった演奏のような気がしますが、
カンタベリー経験の長い方々の御意見を是非伺ってみたいものです。

KHANのも、なんだか不思議な味わいのあるアルバムでなかなかでした。
ヴォーカルが無い方がもっと良かった様に思いますが、どうなんでしょう?

買ったCDは当然2枚で収まるはずも無く、もはや暮れのボーナスは跡形もなく・・・。
こうやってしばらく我慢してると、また爆発してしまう・・・。
まだ昨年買って聴いてないCDがいっぱいあるというのに・・・。
ああ、自分が情けない(あれ、どっかでも書いたぞ)



01/01/05 23:00:47
名前:
夢典命

コメント:
新年になってはや5日目が終わろうとしているのに、
なかなか休みぼけがとれませんです。
こうゆう時は、いい音楽を聴いて寝るにかぎりますかね〜。

>sphinxさん
>「夜の原子核倶楽部」
やっぱ、ありましたか〜。それもプログレの聖地、西新宿のガーデンシェッドでしたか。
最近、新宿といえばUNIONのある東口方面ばかり探索しておりましたです。
西口もこまめにチェックしなければいけませんね。新宿レコードとかご無沙汰してますからね〜。
ともあれ、情報ありがとうございました。
ところで最近、Starcastleの新しい動き、ありました?

>にいはおさん
>新作
早速拝聴いたしましたです。相変わらず素晴らしいですね〜。
聴きながら、途中のJAZZっぽくなるところをどう処理、というか演奏されたのかな、と期待しておったのですが、そこはもう天性のなせる技とでももうしましょうか、さすが・・・の一言でした。・・・^/^
わりと短めの曲ですが、私なんぞどうしても、このあとに続く‘The Sweetest Sound Of Liberty’の出だしのケーレンのつま弾くアルペジオが残響音のごとく耳に流れ込んできて、もういてもたってもいられない状況になり、帰宅後に思わずまた「SPARTACUS」を聴いてしまいました。
こういう作品が、無料でいつでも聴くことができるということは、本当に幸せです。
また次作に期待してますよ〜>にいはおさん

つづく。



01/01/05 13:58:33
名前:
J'rat

コメント:
 すみませんでした〜! 昨夜、にいはおさんの新作MIDIをアップすると言っていましたが、くたばって爆睡してしまいました〜。m(__)m

 やっとアップロードしました。その名も「カピュアの燃える剣(The Burning Sword Of Capua)」。スパルタカスの LP のB面1曲目を飾った、壮大な曲です。会社なのでまだちょっとしか聴いていませんが、にいはおさんの演奏による、21世紀最初にふさわしい素晴らしい幕開きです。どうぞお楽しみください!

 おまけにもうひとつお詫びを。YesトリビュートCDで STEVE MORSE が "Mood For A Day" を Steve Howe と共演していたというのは誤りです。MORSE さんの独演でした。資料の書き方が紛らわしくって、間違ってしまいました。大変失礼いたしました。



01/01/05 01:15:43
名前:
UMI Anderson

コメント:
あけましておめでとうございます〜。
今年もヨロシクお願いします(^-^)。

2日に新宿のUNIONでお買い物したら、福袋が付いてきました。
中身はクリムゾンの消しゴムとか、マグマのロゴ入り傘とか…(^^;;;)。
これって「福」なの(笑)?



01/01/05 00:35:26
名前:
sphinx

コメント:
にいはおさん、良かったですねぇ。「O」が一個多かったです、
これだと「うぉーうぉーうぉー」でした。
「そして3人が残った」頃ですね、この頃は適度にポップで適度にプログレしてて
好きでした。他のグループとは違ってイイ具合に80年代という時代をうまく
泳ぎきったという感じですかね。ジェネシス。
今日は「Wind & Wuthering」でも聞いてねます。



01/01/05 00:17:36
名前:
にいはお

コメント:
sphinxさん、情報どうもありがとうございました。
もうちょっとで見逃すところでした。
(私の住んでいるアパートは、何故かWOWOWが入るのです)

80年のライブのようで、ちょうど「スリー・サイズ」と同じ時期の
もののようでした。中ジャケの写真と同じようなステージの様子が
映っていて、「あ、これこれ!」とか思って、妙に嬉しくなりました。

南の島のように明るいコリンズと、ニコリともしないバンクス、ええわあ。
でも、もうちょっとバンクスの手元を映そうね、カメラさん。コリンズは
とりあえず、ええから。



01/01/04 22:34:45
名前:
sphinx

コメント:
夢典命さん、「夜の原子核倶楽部」?は、ガーデンシェッドにて確認しております。はい。

WOWOWOで本日、午後11:25より「ジェネシス」ですね。我が家ではうつりませんが。
BSデジタルも結構あなどれません。元旦にはピンクフロイドのウォールやってましたね。



01/01/04 22:07:24
名前:
にいはお

コメント:
今日から仕事始めのところも、それなりにあったのでは
ないでしょうか、日本。

今年(今世紀)に入ってからのアルバムは、トリアンから
(いや、ほんとに・・)始まりました!それも、昨日、
やっと。次のネタ探しも兼ねております、むふふふ。

ん、案山子さんがS.モーズの「THE INTRODUCTION」を挙げて
いらっしゃいますね。久しぶりに、聴きましょうか、私も。
スカッと爽快、カッ飛ばすようなギター、よろしいですね。



01/01/04 21:27:54
名前:
夢典命

コメント:
遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
今年も店主さま、ならびに皆様にとってすばらしいPROGRE YEARになりますように...。

昨年の年末は、久しぶりの登場ということで、ひとりワンマントークしてしまいまして、
ご迷惑をおかけいたしました。・・・m(__)m
これに懲りずに、ことしも行けるときにはガンガン行きますよ〜!
で、今年初カキコということで、手短にいたします。

>sphinxさん
>WIGWAM
そうでしたか〜。やっぱあったんですねえ。先日も、UNIONで人の波を、かき分けかき分け捜していたところ、それらしき姿をちらっと拝見したのですが、手に取ってみることに失敗してしまいましたので、はっきりとそうだと確信がもてませんでしたです。ということは、「NUCLEAR NIGHTCLUB」もきっとありますよねえ〜?

>ふらじゃさん
>トム・ニューマン
でましたねえ〜。この方、マイクオールドフィールドの、というかVIRGIN RECORDの設立当時からのエンジニアなんですよねえ〜。この方の「妖精交響曲」のリマスターが紙ジャケで発売になったみたいですが、このアルバムもなにかほのぼのとしてよかったですねえ〜。この方の話題がでたら、急に思い出したことがあったのですが、またまたワンマントークになりそうなので、ここらでいったんもめん、じゃなかった、終わります。

つづく。



01/01/04 21:16:03
名前:
きゃらっく

コメント:
皆様明けましておめでとうございます。

昨夜、四万十川のほとり、というとんでもない田舎からやっと帰ってまいりました。
今日は昼ご飯を食べるひまも無く朝からずーっと仕事でした。
いやあ、疲れました〜。

それにしても、AUKENさん大変でしたね、無事でなによりです。
ほんま物騒な世の中ですね〜。

今年の、いや今世紀の初プログレはCARAVANの『ETHER WAY』でした。



01/01/04 17:23:23
名前:
J'rat

コメント:
 帰ってまいりました〜。きのうの朝7時に福井を発って、家に着いたのは夜の10時過ぎでした〜。15時間もかかるとは....。北陸道は雪でチェーン規制でしたし、東名はず〜〜っと渋滞でした。今日は会社ですが、まだ頭がくらくらしています。

 家に帰ったら CD NOW から荷物が届いていました。Yes の "House Of Yes" と、Yesトリビュートの "Tales From Yesterdays"、キースエマーソンの「クリスマスアルバム」の3点。今朝はトリビュートを聴いてきましたが、どれもいいですね〜。パトリックモラッツが "Soon" を演っていました。

>FromNiigataさん、
 306は15時間乗っていてもお尻が痛くならないのでエライと思いました。ノートラブルでしたし。
 昨年はお忙しそうでしたね。仕事も家事もとは大変でしょうが、がんばってください。家事に精を出してプジョー206を買ってもらいましょう! 今年も楽しい書き込みをお待ちしています。

>にいはおさん、
 中国でも紅白歌合戦、見れるんですね。私は歌手の人は良くわからないので、バンドのほうばかり見ていました。最初のほうでバイオリン(エレクトリック・バイオリン?)が2人ついていたバンドがあって、感心しました。音は普通のストリングスの音がしていたようですが....。歌手の名前は覚えていません。(^_^;
 お年玉のMIDI、ありがとうございました。昨夜はへたばって家でパソできませんでしたが、今夜アップします。みなさん、新作ですので、お楽しみに〜!

>毛糸さん、
 「街の灯」はまだ観たことないのですが、そんなにいいんですか! 私も最近涙腺がもろいので、明るいところでは見れないですね、きっと。今年こそプロジェクターを出して、暗闇の中で見なければ...。

>yeszanmaiさん、
 リマスター、なかなか出なくってすみません。帰省中に "A La Carte" を聴いていたのですが、今聴くととっても良いアルバムです。発売当時はすっかりポップになってしまったことに愕然としたのですが....。
 1stと一緒に手放されたそうですが、惜しいですけど楽器代の足しになったのなら本望かも知れませんね。(^^ゞ

>sekikoさん、
 あけましておめでとうございます! モバイルで書き込みありがとうございました。環境が変わると不便ですよね〜。私もVAIOノートで書き込みはつらかったです。(^^ゞ
 YFFCの会報ではいつもあまりお役に立てていませんが、今年も私なりにがんばりますので、よろしくお願いいたしま〜す。

>紀州の駱駝さん、
 カーンもナショナルへルスもいいですよね〜。しかもキャラバンまで再発とは、幸先のいい新年ですね。今年もよろしくお願いします。

>CHIPMUNKさん、
 歩いて七福神めぐりとは羨ましいですね。歩いてプログレCD屋さんめぐりも出来そうですから、余計すごいです! 今年もよろしくお願いしま〜す。

>巨さん、
 お久しぶりです〜。ご無沙汰ですが、お元気だったんですね。嬉しいです〜。(^_^)
 Wallは重そうですが、「2001年宇宙の旅」で新年とは、私もやってみたかったです。ところであの映画、画面がむちゃくちゃ横長じゃありませんか? 超横長テレビが必要ですね。
 トリアンヴィラートも聴いてやってくださいませ〜。m(__)m

>案山子さん、
 おめでとうございます。今年もよろしくお願いしま〜す。
 IT BITES かっこいいですよね〜。STEVE MORSE といえば、YesトリビュートCDで演奏していましたね。"Mood For A Day" なんと Steve Howe と共演!

>ふらじゃさん、
 まだお休みなんですね、うらやましいです。ゆっくり羽を休めてください。お帰りは来週でしょうか?
 でもCD-Rが聴けて、CD(DA)が聴けないのはどうしてなんでしょう?



01/01/04 17:12:46
名前:
ふらじゃ

コメント:
今日から仕事始めという方多いのでしょうか、私はもうちょっと
正月気分を味わいたいと思います。

結局今世紀初プログレはイエスの「ラウンドアバウト」でした。
ハンドルからして妥当な線でしょうか、実家のプレイヤーが使えず
持ってきたCD-Rしか聞けません、しかもPCで…(T.T)

先日初詣に行っておみくじを引いたら大吉でした。
こりゃ世紀始めに縁起がいいなぁとおもったら書いてあることは
たいしたこと無かったです。地道に行けということでしょうか



01/01/04 15:57:09
名前:
案山子

コメント:
皆様、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
今世紀になったから良く聴いたアルバムは
Once Around the World /IT BITES
The Introduction / STEVE MORSE BAND
Abandon / DEEP PURPLE
Spartacus / TRIUMVIRAT             と、いったところでしょうか・・・・。

,IT BITESの中でも一番プログレっぽいアルバムといえるんじゃないでしょうか?
最高にノリの良い最初の2曲とピーガブ時代のジェネシスを思わせる最後の2曲、良いです!
HUNTING THE WHALE の歌詞は、イエスの「鯨に愛を」同様、うんざりします。

STEVE MORSE 関連はほかにも色々聞きましたが、どれも凄いです!
ギターは勿論他メンバーもすっごいので、上手い人ばかり集めたのかと思ったら、
高校時代の友達だっていうから「一体どういう高校生やってん!」と、思いました。

受験生の時「連想式英単語」という馬鹿みたいな本で単語を覚えようとしましたが、
その最初が「あっ晩だ!と、勉強を捨てる」だったと思います。

ぬ照廚任后



01/01/04 15:10:35
名前:

コメント:
ここのところご無沙汰でしたが、
J'rat様、皆様、あけましておめでとうございます。
本年初プログレは、The Wall(DVD).....、
重い内容ゆえ、気分はすっかり20世紀に逆戻り....。
初映画(Wallを除く)は、2001年宇宙の旅。
あー、結局こうはならなかったなぁ...。
初Triumvirat....まだです、ごめんなさい。



01/01/04 12:21:55
名前:
CHIPMUNK

コメント:
あけましておめでとうございます。
特に何事もなく過ぎたお正月でした。あいかわらず散歩ばっかりしてました。
歩き回って七福神のサインを7つ集めたけど、いいことあるかな。
今年もよろしくおねがいいしたますぅ。



01/01/04 01:46:35
名前:
紀州の駱駝

コメント:
皆さん、21世紀のスタートおめでとうございます。

1月2日の深夜に無事信州から帰ってきました。で、今は年末に届いたKhanの『Space Shanty』とNatoinal healthの『Playtime』を聴き込んでる最中です。やっぱりカンタベリーはいいなぁ〜! 今年もどっぷりと浸かるぞー!!
それから、今春にリリースされる予定のCaravenのリマスターを楽しみにしてる今日この頃なんですが、ぜひともTriumviratのリマスターも聴きたいですよね。リリースが実現されることを祈っております。>J'ratさん。

今年も、J'ratさんをはじめ書き込みされてる皆さんとプログレ談義できることを楽しみにしてますので、兄貴(Woog)共々よろしくお願いします。



01/01/03 23:08:31
名前:
sekiko

コメント:
あけましておめでとうございます。
やっと実家から帰ってきました。明日から出勤です。
ここのリンクをノートパソに入れてくの忘れてしまったので、
書き込み遅くなってすみません。
今思えば毛糸さんとこからリンクたどって行けましたね。
思い出すのがおそいっ!
ああ、やっぱりデスクトップのキーボードは打ちやすい(^.^)
というわけで、今年まだ一枚もCD聞いてません。
何にしようかなぁ…たぶんプログレじゃないと思いますけど(^^;)
すみませ〜ん、こんなわたしですが今年もよろしくお願いします。



01/01/03 17:31:12
名前:
yeszanmai

コメント:
J'ratさん、皆さま

今年もよろしくお願い致します。
トリアンのリマスタ、今年こそリリースされればいいですね。
勿論、全部買うつもりです。
1st、アラカルトのLPを学生のころ手放した事を悔やんでいます。
楽器代とスタジオ代に消えていきました。



01/01/03 16:56:32
名前:
毛糸

コメント:
>チャップリン
げっ・・・・・・・・
こら何バイトあっても語り尽くせんぞ
キューブリックと同じくらいの完璧主義者だすよぉ
違うとこと言えば、あれだけアメリカのタブーを風刺し
それ故に追放されたにもかかわらず、根は偉大なる愛国者、筋金入りのハリウッド人
すごい人ですにゃー
「街の灯」はね、最後のあのシーン、そそ、「あなたでしたの・・・」のシーンね
あの撮影に入る前に、花売り娘のチェルシーが急用ができたんで早退させてくれって
チャップリンに申し出たのにゃ
彼はその言葉だけでチェルシーを解雇しちまったんだよぉ
解雇の理由は「彼女は映画人ではない」
そのあと別な女優さんを起用したんだけどね(テストフィルムも残ってる)
もうほーんと最後の最後のシーンを残すだけで
膨大な金使ったあとで、やむなくまたチェルシーを復活させたわけですわにゃ
ある意味「独裁者」だよぉ>チャップリン
んでもいい作品を作り上げるために「独裁者」って必要なのかもね・・・・

次回、チャップリンとアメリカ「赤狩り」へと続く
(こゆことは自分ちの「しねま」に書こうね>あたし)



01/01/03 00:57:23
名前:
にいはお

コメント:
時間はだいぶ経っているけど、結果的に連続になっちゃった。
さっきまで、チャップリンの「街の灯」をビデオで見てて
大泣きしてました。むせぶ、などというものではありません。
なんちゅう感動的なラストシーンなのでせう。
 「・・・あなたでしたのね?」
 「・・・見えるの?」
最後のチャップリンの笑顔が頭から離れません。
これぞハッピーエンド。映画が人に希望を与えるとすれば
これに勝る映画が他にあるでしょうか?

・・・いや、仕事が一段落ついたもんで、ちょっと・・・。



01/01/02 13:17:37
名前:
にいはお

コメント:
出勤してます。あ〜あ。
ふらじゃさんの「加山雄三トリビュート」(渋い・・・)のログを見てて
紅白のことを思いだしました。

去年の紅白で面白かったこと。
 _短獲沙阿離團▲涼討語り。エレキのイメージしかなかったのでびっくり!やるじゃん。
 田島寧子のステージ衣装。ジャッキー佐藤か、マキ上田と思っちゃいました。結構、かわいいじゃん。
去年の紅白でがっかりしたこと。
 .團鵐レディーとアリスの「メドレー」。
  テンポも拍子も違う曲を羅列しても、「メドレー」とは呼べねえぞおい。
  カラオケ不朽の名メドレー「わたしたちどうするの?」を見習うべし。
 歌そのもの。
  しょうがないと言えばしょうがないけど、その年の新曲でなくて、手垢のついた古い曲で
  登場する歌手が多いのは何故、どうして、ホワイ!?
 



01/01/02 11:56:41
名前:
From Niigata

コメント:
新年明けましておめでとうございます。
残業・残業の日々に加え、家でも家事を目一杯させられ、最近はROMっぽかったですが、新年からはまた書き込みを復活させていきたいと思います。

21世紀最初の曲は「聖地エルサレム」でした。

しかし、日本海は大荒れの天気…。J'rat様お帰り(306で長距離ドライブとは羨ましい)の際はお気をつけてくださいね。



01/01/02 10:45:40
名前:
J'rat

コメント:
 福井は今日は雨です。日本海側の冬は天気が悪いのです。

>CHIPMUNKさん、
>わたくし、なんのかんのいいましても21世紀もプログレ街道まっしぐらで行きたいという気持ちはかわりません。
 すばらしい抱負ですね〜。さらに「まっしぐら」とはどこまで行ってしまうのでしょうか〜? 私も付いて行きたいです。

>ゆあさん、
>うん、来年こそは、わたくしも駱駝一族の陰謀(?)に加えてもらいたな〜
 はて、陰謀の計画があったんですか? 一族とはキャメルの名をいただく「御三家」のみなさんのことですね。日本人総駱駝化計画とかでしょうかね〜。ドキドキ。

>夢典命さん、
 disk union の年末バーゲンですか、羨ましいですね。上野のアメ横なみの混雑ですね。私は昨年Y2K(コンピュータの西暦2000年問題)のおかげで出社、お茶の水店に行けたのを思い出しました。
 新春も初売りでバーゲンでしょうか? 湯島天神に初詣ということで、ご家族皆さんでいかがでしょうか?
 パトリック・モラッツの「レゾナンス」は良いですよね〜。まさに「ケルンコンサート」に匹敵する傑作だと思います。はやく一般のお店でも発売して欲しいですね〜。

>kitさん、
 今年もよろしくお願いします。お正月はやっと休めたのでしょうか? 体を壊さないように気をつけてくださいませ。

>UMI Andersonさん、
>キーボードのキレイな曲が大好きな私にとっては、とっても良い出会いでした(^-^)。
 そう言っていただけると、何より嬉しいです。私も昨年は KAYAK と出会えて嬉しかったです。またよい音楽をお教えくださいね〜。

>AUKENさん、
>今年もプログレを色々と聴いて、皆様のお話に少しでもついていけるようにします!
 謙虚過ぎますね〜。私なんかAUKENさんの博識にいつも目を丸くしています。おかげさまで、All About Eve や Illusion など、よい音楽と出会うことができました。今年もよろしくです〜。

>ふらじゃさん、
>実家に帰ってみると、なんとパソコンがあるではないですか >しかもケーブルTVの常時接続…
 すごいですね〜。IT の「逆」地方格差ですね。それにしても、実家に帰るまで気が付かなかったのでしょうか? それと、若大将トリビュート、まさか買ったんですか〜。



01/01/02 08:24:11
名前:
ふらじゃ

コメント:
おはようございます。
今年一発めの音楽は加山雄三のトリビュートでした、あぁプログレちゃうやんかぁ〜
まあ新年事始は2日からと言いますから…

>ゆめてんさん
おかえりなさい、怒涛の書き込みですね1ヶ月分まとめ書きって感じですごいです
つい読み飛ばしてしまいました。うそうそ(^_^;

便りの無いのは元気な証拠といいますから、リマスター&新譜も順調なんでしょうね
と信じて春まで待ちましょう
リマスター>春>花見>酒>オフ会
あ、その前に中華街でしたっけ?そう言えば年末中華街の雑貨屋に「爆竹あります」の
表示が見られましたが、年越しは賑やかだったのかなぁ



01/01/02 00:04:02
名前:
J'rat

コメント:
 明けましておめでとうございます。新年の最初に聴いたのは、トリアンヴィラートの「ポンペイ」、「ア・ラ・カルト」そして「ロシアン・ルーレット」でした。なかなかポップで希望に満ちた幕開けになりました。最良のポップスと、素直に思えました。

>にいはおさん、
 早くもお仕事ですか。ご苦労様です。お国柄が違うと、本当にいろいろですね。

>sphinxさん、
 今年もよろしくお願いします。
 本当にリマスターと新譜の発売は待ち遠しいですね。今年こそ発売されて欲しいですね〜。

 海の向こうでもそんな思いがつのっているようです。公式サイトの掲示板に、WebマスターのJimの発言が掲載されました。リマスターの発売に関する皮肉めいた投稿への返事です。

********************************************************************
タイトル : ところで
投稿者:マイク (13:53:29 12/31/2000 投稿)
 今は、去年の今ごろより、リマスターの発売は近づいているのでしょうか ? あのころ私はもうすぐ発売と聞いてとても興奮しました。でも本当のことを言うと、その興奮はほとんど冷めてしまいました。どうぞ、新しい年を始めるために、何か良いニュースを聞かせてください。とにかく、メリークリスマス、そして良い新年を!
********************************************************************
Re:ところで
投稿者:Jim Bradley (17:32:51 12/31/2000 投稿)
 残念ですが ...... 状況は変わっていません。新譜とリマスターに関する新しいニュースはありません。ですから、私があなたに申し上げられるのは、祈りましょうということだけです。あなたが「過ぎ去ったスリル」といって何を言いたかったのか、私にはよくわかります。
 私たちがしてきた全てが無駄で、全ての遅れや変更や、バンドとレーベルの与えてくれた間違った出発点などの全てが私たちのせいにされるなら、このサイトをやっていくのはつらいことです。時間とお金をかけ続けることもできません。1日に何通もの「リマスターはどうなったんだい?」という同じような内容の質問のメールに答えるのもうんざりです。
 でも、それでもやはり、私たちはここにいて、他の皆と同じように待っているのです。そして、どんな些細なことでも私たちが知ったら、それはすぐにここに投稿するつもりです。
 私は皆さんに良いニュースを伝えられたらどんなにいかと思うのですが....。私が申し上げられる最上のことは、新譜の発売は2001年の春の発売を目標にされていると去年の春に告げられたということだけです。そして、そこには EMI が新譜のリリースと同時にリマスターを発売することに興味があったというヒントがありました。
 それが本当かどうかは間もなく明らかになるでしょう ! もう数時間で 2001 年です。来年は、去年より Triumvirat にとって、より希望に満ちた生産的な年であるかもしれません。
 私は、バンドとこのサイトが無駄ではないと信じる全てのファンのために、乾杯の杯をかかげます。2001 年も、あの甘美な音楽への希望の小さい残り火を絶やさないようにしましょう。おそらく、2001年の旅(Odyssey)は、始まることでしょう !
  Peace, Jim
********************************************************************

 残念ですが、新しいニュースは何もないようです。観測としてはこの春にも新譜と一緒にリマスターが発売されるのではないかということです。これは秋にある消息筋(真偽のほどは不明ですが)が私に伝えてきた内容と一致します。本当だとしたら、春よ来い! ですね。
 何か新しいことがわかったら、すぐにお知らせします。



01/01/01 20:59:18
名前:
にいはお

コメント:
新年おめでとうございます。
中国・北京より新春のお慶びを申し上げます。

30、31日と福建省・アモイ怒涛の海鮮ツアーを終えて、
今日(!)北京にとんぼ返りしてきました。明日から
仕事始め(!!)ですので。

此処にいると、毎年がそうなのですが、
日本の皆様が新年を迎えている時、当地ではまだ
夜の11時なのですね。で、昨日は見るともなしに眺めていた
「紅白」終了後、まだ1時間あるな、とベッドの上でぐずぐず
していたらそのまま眠ってしまい、目が醒めたらすっかり年が
明けてしまっていました。おかあちゃんによれば年の変わり目で
ものすごい爆竹が鳴ったらしいです。ちーとも気付かんかった。



01/01/01 14:18:09
名前:
sphinx

コメント:
あけましておめでとうございます。
今年こそリマスター&ニューアルバム期待したいですね。
なんといっても2年越しで待たされていますからね。

>夢典命さんへ
以前話題になったWIGWAMの「Lucky Golden」目白のWorld Diskで発見しました。&昔のライブ音源も
二枚組みで発売されました。

ともあれことしもよろしくお願いします。



01/01/01 11:00:28
名前:
J'rat

コメント:
 あけましておめでとうございます! 昨日は6時間かけて福井にやってまいりました。道中は雨でした。途中の滋賀県と福井の県境には雪も積もっていてびびりました。
 前世紀最後の音楽はもちろん、トリアンヴィラート。地中海物語から愛の神秘まで通して聴きました。21世紀最初の音楽は何でしょう?

 CHIPMUNKさん、ゆあさん、夢典命さん、kitさん、UMI Andersonさん、AUKENさん、ふらじゃさん、世紀の曲がり角での書き込みありがとうございました! 今世紀、いえいえ今年こそはリマスターも発売されることでしょう。みなさんにとってよい一年になりますように。



01/01/01 07:20:17
名前:
ふらじゃ

コメント:
新年あけましておめでとうございます。

実家に帰ってみると、なんとパソコンがあるではないですか
しかもケーブルTVの常時接続…
なんでも、今年74になる親父が手習いで始めたそうな
息子としては負けられんなぁと思いつつちょっと拝借
今年は私も何か新しいことにチャレンジしてみようかなどど
思っております。

ないはともあれ、今年もよろしくお願いします。



01/01/01 00:30:18
名前:
AUKEN

コメント:
あけましておめでとうございますー。
昨年パソコンを導入して以来、J'ratさんはじめここにいらっしゃる皆様には大変お世話になりました。
この場を借りて改めて御礼させていただきます。
今年もプログレを色々と聴いて、皆様のお話に少しでもついていけるようにします!
うーん仕事の勉強はいいのかなあ?



現在のフォーラムへ | トップに戻る | 過去ログのインデックスへ


 DiscographyBiographyIntroductionPersonnelForumOfficial SiteJ'rat Home