J'rat Forum
 DiscographyBiographyIntroductionPersonnelForumOfficial SiteJ'rat Home
2000年6月のログ

現在のフォーラムへ | トップに戻る | 過去ログのインデックスへ


00/06/30 23:04:01
名前:
案山子

コメント:
>「七夕オフ会」
う〜〜〜〜ん。本当に悔しいですね〜〜〜〜。東京は遠すぎますよ。
どこの地方の料理か解らないんですが、もし有れば、ドイツに居たとき鬼のように注文し続けた
シュニッツェル(カツ)とチーズのシュペッツレ(パスタみたいなの)を是非食べてみて下さい。
ヴバイスヴルスト(白ソーセージ)はミュンヘンだけのものなので無いと思いますが、
ソーセージは美味しそうですね。
ご報告を楽しみにしています。(何の?)



00/06/30 10:26:03
名前:
J'rat

コメント:
 梅雨の中休みと言っても、今日は曇りで蒸し暑いです。しかも眠い。昨夜は1ページ作るのに2時間もかかってしまった。HTMLすっかり忘れているぞ、更新していないですからね〜。
 あ、「七夕オフ会」のお知らせページを作りましたので、ご覧くださ〜い。この掲示板の上部にある「七夕オフ会のお知らせ」シンクから入れます。(^_^)/

>も〜い〜くつねるとぉ〜りますたぁあ〜♪
 一体あといくつ寝ればいいんだ〜! と、突っ込まれる前に言ってしまいましょう。(^^ゞ あ、音は現行CDも結構いいんですよね〜。更なる高音質化を期待しましょう。がんばれドイツの職人気質!

 眠いから、CD屋さんにでも行って来よ〜っと。「オマドーン」か「呪文」と、あと何だっけ?



00/06/30 09:49:39
名前:
ふらじゃ

コメント:
「オマドーン」のリマスター聴きました。
個々の音がはっきりしてる感じでリマスター効果はあるみたいです
もっとも、旧企画のCDを持って無いのでどの程度よくなったのかは
比較が出来ませんが・・・

トリアンのCDは今の音もなかなか良いので、リマスター効果がどの
くらいあるのか気になります。
もっとも、今回はボーナストラックも有るようですからやっぱり楽しみ
ですね。も〜い〜くつねるとぉ〜りますたぁあ〜♪



00/06/30 00:09:12
名前:
J'rat

コメント:
>李マスター、
 残念ながら、その後めぼしい情報はありません。公式サイトも一時期の混乱を過ぎ、今は静かに待っている状態のようです。Russ は「待つのに疲れたら僕たちのバンドの新曲を聴かない?」と言ってガレージバンドのURLを掲載したりしています。
http://www.garageband.com/music/profile/song.html?*wiB89cxBQhzlmF667A$$
でもスパルタカスの代わりになるようなものではありません。(^_^;

 私も暇があるとあちこちで検索をかけています。欧州のサイトが多いのですが、まだリリースのきざしははありません。ドイツ語のサイトは困りもので、さっぱりわかりません。Altavistaで英語に直して、翻訳ソフトで和訳するなんてことをしたりしています。でも本国でも彼らの情報は、新旧を問わずなかなか引っかかりませんね〜。

 何にせよ、情報が入り次第お伝えします。



00/06/29 20:21:07
名前:
にいはお

コメント:
>「中華料理」でオフ
ぐさあっ!
これが一番、こたえるんだよなぁ・・・。

こういう人、いるんだ、私の会社にも。
「きみぃ、日本の中華もなかなかいいぞ!」なんて。あんたが食いたいだけじゃろが。
何注文するかまでちゃ〜んと決まってるんだ、これが。私の食いたいもん食わせろ。

ふ〜んだ・・・。6月も終わっちゃうし・・・。李マスター(なんだよ、この変換は。
パソまで人をばかにしおって)音沙汰ないし・・・。



00/06/29 18:02:18
名前:
ホイトル

コメント:
私の実家はパーマ屋(すでに閉店)でしたが、そのまた実家(母の実家)は酒屋でした。
プログレの聖地は酒の聖地でもあります。



00/06/29 16:06:40
名前:
毛糸

コメント:
>Niigataさん
実家が酒屋さんでしたよね〜〜〜
せきこ嫁にいかがっすかぁ?(つぶすかもしれぬ・・・・)
プログレ聖地新潟はホイトルさんがいらっしゃるからミニオフできるじゃねーですか
第二の聖地広島は・・・・・・・
臨時帰国しろ〜〜〜〜にいはお〜〜〜〜さん
中華料理でオフ(←いやがらせ)



00/06/29 12:39:38
名前:
J'rat

コメント:
>ミレニアム、
 そうなんですよね〜。何気なく聴くとただのイージーリスニングです。良く聴くとかなり凝ったアレンジで、楽しめます。一般に良く知られた曲をアレンジするというのはとても難しいことかも知れません。フリッツはオーケストラや室内楽の原曲を、シンセサイザーの多彩な音色を駆使して見事にアレンジしていると思います。って、オリジナルもちゃんと作ってほしいのですが....。(^^ゞ



00/06/29 11:17:23
名前:
ふらじゃ

コメント:
ミレニアム(ユルゲン・フリッツのユニット)のモーツアルト集を聴きました。
ほとんどクラシックを聴かない私でも、知ってるメロディーがいっぱいです
知ってる曲だとアレンジの方が気になってしまいますが、けっこうポップな
アレンジでした。聴き易くて、一歩間違うとイージーリスニングになりそうな
ところを多彩な音色でカバーしてて只者で無いとこを示してました。



00/06/29 10:03:05
名前:
J'rat
電子メールアドレス:
メールはこちらまで

コメント:
メールアドレス書くの忘れました〜。(^^ゞ



00/06/29 10:01:42
名前:
J'rat

コメント:
>オフ会、
 ふらじゃさんが素敵なお店を探してくださいました。紹介文を引用します。
「手作りのオリジナルソーセージが自慢。肉は国産の新鮮なものを使い、ドイツ・シュタインハウスと同じ香辛料、そして作り方も本場ドイツにならっている。ドイツのビットブルガーの生ビール片手に、ソーセージをほおばりたい。」
 ビールにはソーセージですね〜。短い紹介文にドイツの文字が3回も出現するので、文句なしにこのお店に決定したいと思います。でも場所は有楽町なんです。sekikoさんごめんなさい。m(_ _)m

 参加申し込みはまだゼロなので、どなたもお気軽にどうぞ。ご参加の方には、特製の「トリアンヴィラート販促ツール」をプレゼント! ....え、いらない?(^_^;
 お申込みは私宛てにメールでお願いいたしま〜す。



00/06/29 01:06:36
名前:
sekiko@yopparai

コメント:
ドイツビールといえば、以前はミュンヘンのホフブロイハウスの東京店が新宿にあったはずなんですが、今はもうないのでしょうかね〜〜?ドイツは行ったことないです。でもビール好きです。めちゃ冷えたビールもイイですが、イギリスやベルギーのあんまり冷えてないビールをチビチビやるのも結構好きだったりします。ビール談義したいですね〜〜マジ言ってプログレ談義より好きだったりして(^^;)(^^;)あ、日本酒も好きです。弱いですけど…でも、J'ratさんってお酒あんまり飲めないんじゃなかったでしたっけ???



00/06/29 00:45:47
名前:
sekiko

コメント:
>J'ratさん
せめてオフ会の会場を新宿にできませんかね〜〜
そしたら編集会議の後に乱入するんですけど〜〜〜〜(^^;)



00/06/28 21:17:10
名前:
にいはお

コメント:
☆ドイツビール☆
わぁいいなー七夕オフ、日本はいーよなー
誰かいないかなー中国、中国地方でもいいけどー
北京ではビールを日本ほど冷やして飲まないんですよね
「冷蔵庫がないから」「停電してたから」ただそれだけの理由で・・・。
でも「ビール本来のうまみは冷やしすぎると味わえない」なんて無理しちゃって・・・・
んでもやっぱりギンギンに冷えたの飲ませると「美味い!」なんて、素直じゃないんだから北京市民。

わははは、パクリだパクリだ。
どおせ帰国できっこないので、せめて個人的に騒がせて下せぇ。



00/06/28 20:34:13
名前:
FromNiigata

コメント:
良いな〜、オフ会。今回はパスですが、また参加したいです。YES来日は実現するのでしょうか?

毛糸さま>
ビールはギンギンに冷えたのがうまいよね〜〜〜〜 。確かにね〜。私もキーンとなるほど冷えたビールが好きですね〜。今住んでる実家が酒屋なんで、ついつい飲み過ぎてしまいます。
いつか本場ドイツでビール飲んでみたいですね。



00/06/28 19:43:24
名前:
J'rat

コメント:
>CHIPMUNKさん、
 失礼しました。では、リオン・コワルスキーという役名の額の後退したこわもてのレプリカントでしょうか? 調べたらブライオン・ジェームスという役者のようですが....。

>sekikoさん、
 そうなんですよ〜。編集会議なのに飲み会なんて、申し訳ないです。m(_ _)m



00/06/28 17:06:09
名前:
sekiko

コメント:
>オフ会
残念です。YFFCの編集会議とダブりました(^_^;)
またの機会にぜひ。



00/06/28 13:32:09
名前:
CHIPMUNK

コメント:
>「Time To Die」っていうコワいレプリカント
は、ルドガーさんではねいでぃす。>J'ratさん
グワーってハリソン・フォードに襲い掛かるところをレイチェルに頭吹っ飛ばされちゃうあの悪人ズラのおじさんです。
ちなみにルドガーさんはタイレルの四角めがね社長を殺すときに「科学の神がまってるぞ」みたいなこというんではなかったけか。
ああ、CHIPMUNKは映画ヲたくだなあ......



00/06/28 13:22:48
名前:
ふらじゃ

コメント:
サンダーバードのブレインズは思い出せるのに
タイレル社会長が思い浮かばない・・・



00/06/28 11:29:19
名前:
毛糸

コメント:
☆ドイツビール☆
わぁいいなー七夕オフ、関東圏はいーよなー
誰かいないかなー中国地方、ただの中国ならいるのにー
ドイツではビールを日本ほど冷やして飲まないそうですね
湿気がないから冷えてなくても充分おいしいそうです、
つか、ビール本来のうまみは冷やしすぎると味わえないとか・・・・
んでもやっぱりギンギンに冷えたのがうまいよね〜〜〜〜



00/06/28 09:22:40
名前:
ふらじゃ

コメント:
>オフ会
7月7日pm7時と7並びで縁起がいいと思うのは私だけでしょうか?
さて、ただいまドイツの居酒屋風な店を探しております。JR有楽町〜
新橋間で4軒ほど候補があります。あとはなるべく安く出来るようにと
考えております。
どうぞふるってご参加下さい、ビールの美味しい季節ですよ(^_^;

>うどん玉
実家の近くに3玉まで値段が同じという店があります。3玉で頼むと
すり鉢の様な大きなドンブリで出てきます。
今もあるのかなぁ・・・



00/06/28 00:59:41
名前:
毛糸

コメント:
☆ルドガー・ハウアー☆
あーーもーーやめてくださいっ!
愛してますっ!!
鳩になりたいぃぃぃぃぃ
あ、そーいえばM:I−2のジョン・ウー監督の映画のキーポイントは鳩ですにゃ

いっちゃん怖いハウアーはやっぱ「ヒッチャー」ですかにぃ
あ、ゆあちゃん待ってぇ



00/06/28 00:46:59
名前:
J'rat

コメント:
 以前、公式サイトのフォーラムで話題になっていた、トリアンヴィラートのリマスター盤を扱っている通販サイトですが、やっとわかりました。投稿者の Lee Hall さんがメールで教えてくれました。以下のサイトに 1st から 3rd までがカタログに載っています。
http://www.gft-cyclops.co.uk
 しかしながら「6月発売予定」だそうで、他のサイトにも類似の掲示があるそうです。Jim と Russ によると、これらの情報は Triumvirat.Net を見て、業者が見切りで出しているものなので、「痛い目にあわないように」と警告していました。公式サイトからの、正式な告知を待ちたいと思います。

>ブレードランナー、
 やはりうどんもそばも玉は2つが限界だと思います。猛烈にビデオが見たくなりました。でも LD は壊れたまま....。早く直さなければ。(^_^;



00/06/28 00:01:29
名前:
ゆあ

コメント:
ルトガー・ハウアー>
レディー・ホークってば・・・すっごい駄作なんですよね(笑)
いや、内容はともかく、音が。
でも、好き♪すっご〜〜〜い好き♪
最初にあれでルトガー・ハウアー見て、その後でブレードランナー見たらば
人間じゃなかった!しかも怖かった!

うどん4
確か「UDON four」「わかってくださいよ〜」とかいう会話じゃなかったかと
(threeだったかな?)
さすがのハリソン君も、「大盛り」という言葉も知らず
ましてやいっぺんに麺類を頼んでは麺が伸びてしまうよ〜ん
という事も知らなかったと・・・
いや、そういう話じゃないですよね(^-^;

たまに来て、わけわからん話
お邪魔しました〜。。。ヘ(・・)ノ”



00/06/27 23:08:34
名前:
にいはお

コメント:
連続ですみません。

ルドガー・ハウアーに残酷な殺され方をするタイレル社の会長(?)を見ていると
「サンダーバード」の「ブレインズ君」を思い出してしまいます。



00/06/27 23:02:17
名前:
にいはお

コメント:
>店主さま
ははぁ、「うどん」の玉でしたか・・・。真偽はともかくそれなら確かに筋は通りますね。
しかし屋台のうどんなんてなかなかスルドイではありませんか。洋画のくせに。ビルの
スクリーンに「強力わかもと」なんてシーンもあったりして。映っているのは「ゲイシャ」と
いう設定であろう、きっと。日本のものって映画の中のアクセント的に使われること、多いんですかね。
あのフリッツ・ラングの「メトロポリス」にも「ヨシワラ・ハウス」なる歓楽ビルが一瞬だけですが
出てきます。

ところで全く関係ありませんが、広島風お好み焼では中に入れるそば玉の数に応じて「シングル」
「ダブル」「トリプル(!!)」まで段階があります。



00/06/27 22:48:37
名前:
J'rat

コメント:
 半ば意地になって、PUHDYS の "frei wie die Geier" を聴いています。ボーカルはドイツ語の割になかなか聴きやすくて、よくまとまっています。どこがフリッツ・アレンジかと言われると困りますが、何か「ロシアン・ルーレット」に繋がる光芒を感じることがあります。気のせいかもしれませんが....。(^_^;

>「Time to die..」っていうコワいレプリカントの人、
 ルトガー・ハウアーですねっ! なんてかっこいいんだろうと、男ながら惚れぼれしてしまいました。「レディ・ホーク」とか「ブラインド・フェリー」では主役でした。でも、太ってしまいましたね〜。(^_^;

>「後宮からの誘拐」、
 やっぱり邦題が2通りあるんですね。かかしさん、ありがとうございました。でもオペラのビデオまでお持ちとは、すごいですね〜。
 私はこれを機にモーツァルトが好きらしいフリッツにあやかって、モーツァルトをちゃんと聴こうと思っています。でも、無茶苦茶作品が多いんですよね〜。昔、「アイネ・クライネ〜」や、シンフォニーをいくつか聴いて、「こんな華麗な音楽は私には向いていない」と、ベートーベンやチャイコフスキーに逃げた私です。(^^ゞ

>にいはおさん、
 注文しているのは「うどん」だと思います。3つとか言うのはタマの数かと想像しています。(^_^;



00/06/27 22:38:08
名前:
にいはお

コメント:
>ブレードランナー
H.フォード登場のシーン(屋台で注文するところ)で「3つだ」「いや2つですよ」
「いいや、3つだ」「わかんない人だね、あんたも」・・・って、あれ何を注文してるんでしょう?
おでんかなあ?



00/06/27 20:50:58
名前:
ASTRA

コメント:
>にいはおさん
>でも、ははは、訂正なんかわざわざせんでも・・・。いやあ、律儀な方。
いえ、律儀というわけではなくて、ダンボール箱から20枚くらいしか出して
なかったCDを、やっと50枚くらい出したんです。そのときに見かけたもので
すから。(^^;)



00/06/27 14:56:40
名前:
CHIPMUNK

コメント:
>ブレードランナー
大好きですぅー。ガート下で「目」つくってるオジサンが好き。(うそ)
「Time to die..」っていうコワいレプリカントの人、悪役でよくでてますよ。(まあ悪役以外は無理なカオ)



00/06/27 14:29:46
名前:
J'rat
電子メールアドレス:
メールはこちらまで

コメント:
 さて、オフ会のお知らせです。

 以前、nottiさんが提案された「七夕オフ会」ですが、予定通り開催したいと思います。nottiさんは体調不良などのため参加できないそうですが、ふらじゃさんが開催にご協力いただけることになりました。ささやかなオフ会ですが、集まれる方だけでもいかがでしょうか?

日時:7月7日(金)PM 7:00〜
場所:銀座・有楽町あたり
お店:未定(ビアホールかドイツパブを予定)
参加手順:お店を予約しますので希望者は私あてに E-mail をください。
     開催3日前までに集合場所とお店の地図をお送りいたします。

 暑気払いと言ってもまだ暑くないですが、トリアンヴィラートにちなんでドイツ風のお店を探してみようと思っています。実はおいしいビールが飲みたいだけと言う噂もありますので、トリアンヴィラートを聴いたことがないというかたも遠慮なくどうぞ! (^^ゞ

 こんな感じでいかがでしょうか? >ふらじゃさん



00/06/27 14:13:58
名前:
J'rat

コメント:
 ようやく、代休が取れて、本日はお休みです。昼まで寝てしまいました。

 昨夜、CD Europe から CD が届きました。ドイツの PUHDYS というバンドの "frei wie die Geier" というアルバムです。アレンジとしてバンド自身の名前と共にユルゲン・フリッツの名前が入っています。で、早速聴いていますが、ドイツ語によるアメリカ西海岸ロックといった爽やかな音楽です。フリッツ自身がキーボードを弾いている様子は窺えないのですが、そもそもどの辺がフリッツアレンジなのかよく聴いてみようと思います。
 なんだか重箱の隅をつつくのそしりを免れることが出来そうにありませんが、これは1997年の CD なので、最近のフリッツの活動を知る上では最も新しい手がかりだと思います。

>ブレードランナー、
 家にある LD と WOWOW のエアチェックテープの表記は共に117分でした。「最終版」でしょうか? 長いバージョンには確か人造人間レイチェルの子供の頃の記憶とかが入っていたような気がします。間違いかもしれませんが....。エンディングは確かに2案あって、2人が助かるパターンと助かるかどうかわからないパターン。公開前の試写で観客の反応を見て、助かるパターンを採用したと聞いた記憶があります。何だかな〜。(^_^;
 パッケージソフトは劇場公開版より長いことが多いのですが、ストーリーや印象が変わって困ることがあります。私のお気に入りの「アビス」は冗長でした。あと、マスタリングの技術の発展に伴って画質や音質の向上したものが出てくるのも悩ましいですね。一般的に明らかに最新版のほうがすごく綺麗で音がいいです。

>横レスと亀レス、
 にいはおさんの解釈どおりです。ちなみに私はどちらも得意です。(^^ゞ



00/06/27 13:07:35
名前:
ふらじゃ

コメント:
>ブレードランナー
エンデイングが違うんじゃなかったかなぁ
どっちがどっちか忘れたけど、最後レイチェルと車で走るシーンが
有るのと無いのがあります。
これだけで見終わった時の印象がずいぶん違います。



00/06/27 05:23:21
名前:
かかし

コメント:
>マイクオールドフィールド
「チューブラー・ベルズ」しか持ってないんですよね。
これ言うと絶対怒られると思うんですが、やっぱり聴くと怖〜〜〜〜い!(エクソシスト・・・・)
この機会に他のも聴いてみようと思います。

>「ブレードランナー」
って、プログレファン向きなんですか?
私も、すごく好きですが・・・(ぷろぐれ者としての自信を少し取り戻す・・・・)
「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」この題名聞いただけで、惹かれましたよ。
SFって全く読んでないんですが、F・K・ディックだけは例外で、はまった、はまった・・・・。
ヴィデオ持ってるけど買ってしまいそうだ・・・・。



00/06/26 22:54:38
名前:
From Niigata

コメント:
呪文、完全盤の様ですね。良かった、良かった。13分版はパート靴瞭がカットされ、ギターソロからフェードインされてますが、最初買ったときは「なんじゃこりゃ」と思ったものでした。まぁ、当時はCDの録音可能時間が今より短かったのが原因だった訳ですけど…。
値段も安いみたいなんで、買いでしょうかね。早くトリアンもリマスター出ると良いですね。



00/06/26 22:14:04
名前:
DaDaDa

コメント:
>「呪文」
16:58でした.短縮版でないとわかり安心しました.教えてくださた皆様ありがとうございました.

今回のHDCD盤の値段ですが,地元のショップでは1600円と従来盤より安いくらいで,とてもお特な感じです.「チューブラー〜」だけは少々高めで2000円でしたが.



00/06/26 21:42:29
名前:
にいはお

コメント:
>ASTRAさん。エニグマ〜は1枚組
でしょ、やっぱりそうですよね。
でも、ははは、訂正なんかわざわざせんでも・・・。いやあ、律儀な方。
実は私もあれ、ホールズワース聴きたさが半分だったんですね、買った動機は。
メインはもちろん、ポンティでしたけどね。

>毛糸さん。ハーフムーン
いやあ、若気の至りってことで、勘弁してくだせえ(笑)。
あのころボード(KEY)は結構人材不足気味で、声がかかったバンドは片っ端から
引き受けてましたので・・・。

ところで、
 横レス・・・横から割り込み気味のレス
 亀レス・・・時間が経っているカキコに対するレス
って理解でいいんでしょうか(にいはお@BBSの若葉マークもの)



00/06/26 20:57:06
名前:
毛糸

コメント:
☆その3分の違いって何?☆
わーその「呪文」ってやつの話しじゃねーですが
映画の「ブレードランナー」に完全版ってゆーのと最終版ってゆーのがあるんですぅ
116分と119分、その3分間の違いって何なんだぁぁぁ?
両方観て、比べてみましょう♪だって・・・・・
両方買えっつーことかぁぁぁ?
なんかプログレファンってブレードランナー好きが多いじゃねーですか
やっぱあれですかねぇ、これもプログレ商法ですかねぇ、いや買わんですけどね、じぇったい

☆カメさんレス☆
>にいはおさん
あいあい、ハーフムーンありやすよぉ>パール
わぁあれバンドでやったんですかぁぁ、聴いてみたいにゃあ



00/06/26 17:58:14
名前:
CHIPMUNK

コメント:
>DaDaDaさん
>「呪文」
ふらじゃさんのおっしゃるとおりでございます。16:58となっておれば完全なものだと思います。
まったくこういうチョンギリものは困りますねぃ!
CARAVANの9フィートのアンダーグラウンドも頭がチョンギレてるようでキモチ悪いです。



00/06/26 17:37:13
名前:
かかし

コメント:
>「後宮からの誘拐」
今、オペラを見終わりました。(長いよ〜〜〜〜〜〜〜〜っ!これ!)
なんでうちにこのヴィデオがあるんだろう?1回は見てるはずなのに全然記憶にない!
前奏曲いいですよねー!
ユルゲーン!(何言ってんだろ?わたし)
全体的にいいんだけど印象的な曲があんまりないかなぁー。
一曲気に入った曲があったけれど、それにしても全体が長〜〜〜〜い!
このストーリーなら5分の1の長さでいけそうですね。

すみません。クラシック得意じゃないんです。「魔笛」なら10回聴いても大丈夫なんですが・・・・。
「誘拐」か「逃走」かは立場の違いですね。
何だか疲れちゃった・・・。



00/06/26 15:41:05
名前:
ふらじゃ

コメント:
TOWER RECORD横浜店に行ったらマイクオールドフィールドの
リマスターが「オマドーン」1枚だけありました。
まあ、ここはプログレにあまり力を入れてないのでこんなもんか
と思ってましたが、値札を見て??これは通常盤と同じでは・・・
そしらぬ顔でレジに持っていきました。

ああ、良い買い物をしました。



00/06/26 13:32:24
名前:
ASTRA

コメント:
>にいはおさん
ジャン・リュック・ポンティ「エニグマティック・オーシャン」は
1枚組でした。ベスト盤の「アンソロジー(ボイッジ)」と勘違いしてました。
「エニグマティック・オーシャン」がなかなか見つからなくて、仕方なく
ベスト盤を買ったのでした。結局、両方持っているんですが。
以上、訂正でした。



00/06/26 10:01:25
名前:
ふらじゃ

コメント:
>「呪文」
始めにCD化された時はpart3が13分(秒まで記憶がないです)しか無い
短縮版でリリースされました。
その後全長版が再リリースされているので、HDCD盤はオリジナルだと
思います。



00/06/26 09:49:53
名前:
DaDaDa

コメント:
>「呪文」
CHIPMUNKさんの書き込みによれば,旧CDでも長いのと短いのの2種類あるのですね.私が(店で)比較した旧CDはどちらだったかわかりませんが,今日家に帰ったらHDCD盤のタイムを調べてもう一度報告します.16:58だったら元の長さに戻っているってことですね?



00/06/26 01:15:25
名前:
J'rat

コメント:
 なぜか、会社で仕事中です。(^_^;

 土曜日に図書館に行って、CDを借りてきました。モーツァルトの「後宮からの逃走」です。このオペラの序曲がトリアンヴィラートのファースト・アルバム "Mediterranean Tales: Across The Waters" の1曲目 "Across the Waters" の元ネタです。きちんと聴いたのは初めてですが、さすがにオーケストラはゴージャス! でもなぜこの曲をフリッツが取り上げたのか不思議だったのですが、じっくり聴くといい曲ですね〜。モーツァルトのは全曲でCD3枚もあります。長い....。(^_^;
 でもこの曲のタイトルって「後宮からの誘拐」とも表記されているようですが、二通りの邦題があるのでしょうか?



00/06/25 22:04:51
名前:
にいはお

コメント:
今日の晩ご飯はインド料理屋で外食でした。
私は「サグなんとか」(ほうれん草のカレー総称)が好きなので
それを注文したら、初めて見るみどり色のカレーに興奮した娘2号が
ナンをがばっとつけて口に放り込み、当然の如く大騒ぎとなりました。
2歳児のくせにカレーなんか食うから。ばかめ。

その帰りのスーパーマーケットで、「ほうれん草の缶詰」を買いました。
昔、「ポパイ」のテレビで見たあの缶詰・・・。人生37年目にして初めて
手にしました。わくわく。
家に帰って食べたら・・・まずい〜っ!こんなんでオリーブが助けられるのか、本当に?

そのあとエマーソンのソロ(「THE EMERSON COLLECTION」)を聴きました。
「HELLO SAILOR」なる曲でのポパイのテーマソング(本当は「DIXIE」)をモチーフにした
ピアノソロには感心してしまいます。そのあとのへべれけに酔っ払ったようなバンドの演奏も、
なんか味があっていいなあ。ところで1stソロの「HONKY」って今売ってないのかなあ?

引き続きベーシスト、ジェフ・バーリンのソロを聴いてしまいました。
この人が好きじゃない、という人は結構多くて、何がいかんのか私にはよくわかりません。
ワルノリの度が過ぎるからか、バカテクへのやっかみか、音そのものが嫌いなのか・・・。
かっこいいのにね、フレージングも音色も個性あって。1st収録の「DIXIE」なんて、
盛り沢山過ぎるきらいはあれど、やっぱり凄いと思います。

なんか一日、しりとりのような過ごし方をしておりました。



00/06/25 18:13:32
名前:
CHIPMUNK

コメント:
>「INCANTATIONS」
HDCDでもPart 3が短いままなんですか!
私の持っているCAROLのCDでは16:58と出ており、以前のCDはこれより短かったので、ようやく修正されたなあ、と思ってたのに...



00/06/25 15:37:01
名前:
FromNiigata

コメント:
呪文、今回も短縮バージョン>
なに〜、ヴァージンレーベルは何をやってるんだ〜!!まだ、ブロンソンと和解はなってなかったのかな?
嫌がらせでしょうかね。 マイクも怒るだろうな〜。 
でも、個人的には「呪文」はライブバージョンの方が数段好きですけどね。

BOSTON>
皆さんの書き込みの影響で、通勤途中車の中で聴いていますが、良い曲が多いですね。サード以降も駄作とは思いませんが、やはりスタジオミュージシャンを多用しているので「バンド」と言う感じではありませんね。「アマンダ」なんか甘いスローバラードなんかデルプのヴォーカルが生きていて良いのですが…。

でも、次のアルバムは果たしてリリースされるのでしょうか?

あぁ、今日は天気が良いのに休日出勤…。



00/06/24 22:21:19
名前:
DaDaDa

コメント:
>「呪文」
持ってなかったのでHDCD版を買いました.
で,part3なんですが,旧版もその店に置いてあったので,裏面の収録時間表示を比べたら同じでした.今回のも短縮バージョンってことでしょうか?



00/06/24 17:59:58
名前:
毛糸

コメント:
☆パール☆
多くを語りますまい・・・・・・
ジャニスの歌は知らなくても、ジャニス・ジョプリンって名前は誰でも知ってるっしょ、ねぇ?
'68年のホールディング・カンパニーから遺作となった「パール」までわずか2年間ですよぉ
強烈すぎる、「女」を破壊的に打ち出した人・・・です、あたしの中では
「パール」の中のME AND BOBBY McGEEは俳優っていったほうがわかりやすい
クリス・クリストファーソンの作品です
クリストファーソンは「パール」以降、デニス・ホッパー(まいらぶ)が
「イージーライダー」で儲けた金で作った
「ラストムービー」ってゆーのに初めて俳優として出演します
まさにアメリカンニューシネマの頃ですねぇ
デニス・ホッパーはこの映画の内容をめぐってユニバーサルと衝突
わずかアメリカで2週間しか放映されず(観たいっ)その後ホッパーはアルコール中毒に・・・
ドラッグ・・・アルコール・・・セックス・・・
とても一言で言えないけれど、あえて一言で言ってしまうとすれば

☆時代☆



00/06/24 17:59:49
名前:
にいはお

コメント:
>案山子さん(ひらがなにしちゃったんですか?)、毛糸さん
ジャニスの件については、情報ありがとうございました。
「PEARL」でしたか。あの、ジャニスが長椅子にで〜っと半ばもたれかかって
いるジャケットのですよね。帰国時にはゲットしましょう。
・・・ん、この中に「ハーフムーン」とかいう曲が入ってませんでしたか?
これ、バンドでやった記憶があるんですよ。ボーカルの子、辛そうだったです。
歌え、っていう方がどだい無理な話でしたね。私らトウシロが手を出すのも
畏れ多い、ただただ黙って耳を傾けるべき音楽だったのだなあ。



00/06/24 13:29:58
名前:
かかし

コメント:
>毛糸さん
う〜〜〜〜ん。やっぱりそうだったのか。
あんまり昔に聞いた話だったんで、出何処に自信なかったんです。ありがと。
>パール
他の曲もすごいですよ。涙無しには聞けない名盤中の名盤です。
こんなに切ない思いを歌い上げる人を他に知りません。
最初のMOVE OVERで完全に感情移入して落ち込んで、TRUST ME 辺りでしっかり立ち直るという、非常に単純な私です。



00/06/24 02:16:36
名前:
毛糸

コメント:
にいはおさん
☆ジャニスのなんちゃら☆
あーーーーーーー
えーーーーーーー
↓二つ下、うむ・・・レコーディングに入って2ヶ月後に「パール」未完成のまま帰らぬ人に・・・・
 



00/06/23 23:05:50
名前:
かかし

コメント:
おっと、興奮してボストンの話をスッカリ忘れてしまいました。
>ASTRAさん、
>ボストンの特異なところは、過去のヒット曲のメロディやコード進行などを研究して
>最初からヒット曲を狙って作曲したということですね。
これはすごいですね。秀才の考えることは違いますよ。

>2nd
を繰り返し聞いてると、本当にしみじみと良い曲があって、ひたすら、しみじみしてしまいますね 。
この良さは再認識しました。LPの雑音がひどいのでCDを買ってきます。
やっぱりプログレファンは1st、2ndでしょうね。

しかし、もう二度と書くまい書くまいと思いつつ・・・・・・・やっぱり書いてしまう私は
「サード・ステージ」が好きです。ちょっとうるさめのポップスですが、「アマンダ」が好きなんです。
想い出がらみなんで許してぇ・・・・。
 



00/06/23 22:49:15
名前:
かかし

コメント:
>にいはおさん
わっわっわ〜〜〜〜っ!横レスしてもいいですか?、いいですか?・・・ダメと言われても書いちゃおう!
>「ジャニスのバックバンドのインスト曲」
は、PEARLに入っているBURIED ALIVE IN THE BLUESです。
バックバンドの名前はFULL TILT BOOGIE。2:23ですが、とにかくカッコイイ!
でも、これはジャニスの歌を入れる予定だったのが、亡くなってしまったために入れられなかったという話を聞いたことがあります。真偽のほどは確かめる術がないんですが、インスト曲というよりは、伴奏という気もします。



00/06/23 22:16:22
名前:
にいはお

コメント:
>わぁなんだぁ?これぇ!ってCD
おかあちゃんが、こっちや香港で買ったアジアンポップス全部がそれに当ります。
ご存知のように、アジアンポップスには日本の曲のカバーがめちゃくちゃ多いので
最初は興味本位で買いますが、そのあとはCD棚のこやしにすらなりません。
そりゃそうだよな、本家聴くほうがいいもん、聞き取れるし。
あ、でも李博士(イ・パクサ)は笑えました。脱力感に身を委ねたいときには時々聴きます。

>毛糸さん
ジャニスのことで質問が。どのアルバムだったか、「ジャニスのバックバンドのインスト曲」が
収録されているのがあったと思うんですが、何でしたっけ?むちゃくちゃかっこいいインスト
(短いけど)だったので、帰国時にチェックしたいのですが。曲名も分かるとありがたいです。
よろしくお願いします。



00/06/23 21:26:58
名前:
BIROTRON

コメント:
 またまたBOSTONで失礼します。
 3RD以降のアルバムを聞きましたが,ブラッド・デルプ以外のヴォーカルは私
の耳が受け付けませんでした。ああ見えても,彼のヴォーカルは印象的だと思い
ます。それでも売れるというのは,トム・ショルツのメロディー・メーカーとして
のセンスですね。今度は,BOSTONのブートが聞きたくなりました。



00/06/23 19:40:33
名前:
AUKEN
電子メールアドレス:
メールはこちらまで

コメント:
>今朝は、この間買った All About Eve をふたたび引っ張り出してきました。いいな〜、この女性ボーカ>ル。(^_^)
おお、ジュリアンヌが良いですか!嬉しいです。今まで何人か薦めて一人もいい返事がなかったもので。

>ボストン
「ウォーク・オン」は評判良くないみたいですが、これしか聴いたことのない私には相当に良質な作品でしたね。他のアルバムはもっと凄いのか・・・



00/06/23 17:04:30
名前:
ふらじゃ

コメント:
>URIAH HEEP
好きでしゅ、ハードロックバンドとしては息の長いバンドですね
一時期はZep、Purpleとならぶバンドと称されてたこともあるくらい
ヒット曲とアルバムをリリースしてます。
詳しくはたーさんが語ってくれると思いますがプログレ味のする曲も
けっこうあります。



00/06/23 16:17:20
名前:
毛糸

コメント:
☆最近のめっけもん☆
もともとプログレ守備範囲狭いもんでなんもかもおはつなんですがぁ
URIAH HEEP買ってみました(申し訳ないくらい安かったの)
ジャケの感じとか謎のたーさん(すんません)のイメージで
ちと怖いかな(すんません2)と思ってましたがっ!
ものすごい好き系ですぅ
ふらちゃん、これは?



00/06/23 16:10:49
名前:
ふらじゃ

コメント:
私の嗜好・・・
ハードロックとプログレはほぼ同時に聴きはじめましたから
両方のテイストがあると嬉しくなってしまいます。
ハードロックはヘビメタと呼ばれるようになって聴かなくなりました。



00/06/23 15:28:58
名前:
毛糸

コメント:
こんちは
>ELOY
ふらちゃんの嗜好すきぃ♪
わぁ絶対買うぞぉ
って言ってもみかけたのは広島の中古屋なのよね
月末にYFFCの会報を持って行く予定なので、その時に買いましょっ
ジャケットもオブジェ風だったと思うけど、初期の頃のかなぁ?(おふぃすちっぷまんくでチェックしよっと)
しかし何ですねぇ
わぁなんだぁ?これぇ!ってCD時々買ってしまってることないですか?
あたしは今「ELEPHANT RIDE」なんて、何で買ったか思い出せなくて途方にくれてるですよ
何?このバンド



00/06/23 14:46:38
名前:
J'rat

コメント:
ふらじゃさんって、ハードロック風味のプログレがお好きですよね〜。
もともとは、ハードロックから入られたのでしょうか?

私は、歌謡曲、−>クラシック、−>プログレ(展覧会の絵)、−>ロック、->ジャズ、
という順番で遭遇したせいか、ロックは「おくて」なんです。(^_^;



00/06/23 14:05:35
名前:
ふらじゃ

コメント:
今朝はELOYの「RA」を聴きながら出勤でした。
ちょっとツボに入ってます。上手く表現できませんが
プログレのスタイルを守りながらメロディアスなハード
ロックで味付けした感じでがGOODです



00/06/23 10:20:41
名前:
ふらじゃ

コメント:
>オールドフィールド
私も「呪文」は買い替えたいですね、
持ってるCDはpart3が短縮版なんです。



00/06/23 09:49:14
名前:
J'rat

コメント:
 また梅雨空が戻ってきました。週末も雨のようですね。こんな時にはカタツムリになるに限ります。.........@ノ”

 今朝は、この間買った All About Eve をふたたび引っ張り出してきました。いいな〜、この女性ボーカル。(^_^)

>ASTRAさん、
>ボストンの特異なところは、過去のヒット曲のメロディやコード進行などを研究して
>最初からヒット曲を狙って作曲したということですね。
 あざといんですね〜。ぜひ聴いてみたいです。私はそういうのに弱いと思います。(^^ゞ



00/06/23 02:39:56
名前:
ASTRA

コメント:
ボストンの特異なところは、過去のヒット曲のメロディやコード進行などを研究して
最初からヒット曲を狙って作曲したということですね。
あと、トム・ショルツ=エンジニア=ROCKMAN(ギター用のエフェクターのメーカー)
ブランドで有名ということでしょうか。若い世代でB'zの松本孝弘のファンの人なんかは、
きっとROCKMANというブランドのことは、よく知っていても、それがボストンという
バンドのトム・ショルツが作っていた製品だということは知らないと思いますね。
要するに、ボストンよりもROCKMANのほうが知名度が高いという話しなんですが。(^^)



00/06/22 23:40:52
名前:
J'rat

コメント:
 仔ラットが昨日カミキリムシを捕まえてきました。虫かごに入れて飼っています。きれいな虫で眺めていて感心したのですが、ゴキブリに白い水玉模様をつけたもののようだとも言えます。意味はありませんが....。

>HDCD、
 Rajaz もそうでしたね。確かに Dust and Derams よりずっといい音でした。でも、新譜なのでリマスター前とかと比較して、音質の向上具合が良くわからないのが残念(?)でした。ぜひトリアンヴィラートも....リマスターは.... HDCD で.....(T_T)グスン

>マイク・オールドフィールド、
>涙の最高傑作「オマドーン」と「呪文」
 すごい褒めコトバですね〜。買わねば。φ(.. ) メモメモ

>Passport、
 私は知りませんでした。ありがとうございました。しかし神出鬼没のクルト・クレスですね〜。最近の Passport はサンプルを聴くとフュージョン風のようですが、彼の在籍当時はどうでしたか? クレスは叩きまくってましたでしょうか?



00/06/22 22:09:56
名前:
CHIPMUNK

コメント:
連続で失礼します。
>クルト・クレス
J'ratさん、彼は「PASSPORT」というドイツのジャズロック・グループにも参加してたんですよ。
彼の入った「PASSPORT」の作品も入手できると思います。ご存知だったらごめんなさい。



00/06/22 22:02:49
名前:
CHIPMUNK

コメント:
おお、こんなとこでハージェスト・リッジが1000円で売ってるぞ!買わにゃあ......あれなんでこっちは2190円なんだろう????????
で、安い方を買えば、皆様の失笑をいただくところでしたが、店員に詰め寄ってHDCDたるところのメリットを説明され(よくわかりませんでした)2190円を買いました。
しかし全部は買い替えられません、とても。でもINCANTATIONSはほしいなあ。
そういえばHENRY COWのオリジナル・ミックスもそろそろ買わないとなくなっちゃうなあ。
......あーあ....こないだ助けたカメ(実話)が恩返ししてくれないかなあ。



00/06/22 21:28:27
名前:
FromNiigata

コメント:
>HDCD
イエスとELPの場合、明らかに音はクリアーになっていましたね。危機の紙ジャケ買い逃したは後悔してます。

 マイク・オールドフィールドの場合、初期の3部作あたりは多重録音のアラが目立つ心配もありますが、そこらへんを考慮してうまくリマスターするのかもしれませんね。涙の最高傑作「オマドーン」と「呪文」はやはり買っちゃうと思います。



00/06/22 15:44:37
名前:
ふらじゃ

コメント:
>かかしさん
うっかり書き漏らしてしまいましたが
スコーピオンズ情報ありがとうございました。



00/06/22 15:19:05
名前:
ふらじゃ

コメント:
>荒城の月
以前NHKで瀧廉太郎の特集をやった時スコーピオンズが本国で
この曲を演ってた映像を見た時ギターソロがかっこいいなぁ
と思ったのを覚えてます。

>HDCD
たしかキャメルの「RAJAZ」もそうだったはずですね。
あとクリムゾン紙ジャケの輸入盤もHDCDだったのでは・・・

>ELOY
面白かったです。1988年のアルバムでちょうど再結成の
1枚目みたいですが、プログレやハードロックの要素が
混ざり合って曲ごとに色んな表情をみせてくれます。
キーボードの使い方やリズムは同時期のタンジェリン
ドリームの様でした、そこにハードなギターとポップな
メロディーが絡むといった感じでした。



00/06/22 02:41:26
名前:
J'rat

コメント:
う〜〜、子供を寝かしていて道連れに眠ってしまいました。が、....復活!

>紀州の駱駝さん、
 とうとうトリアンヴィラートが届きましたか! しかも気に入っていただいたようで、とても嬉しいです。何度も読み返してニコニコしてしまいました。(^_^)
 ご指摘の「柔らかさ」「優しさ」は "Old Loves Die Hard" と "Pompeii" で特に顕著に出ていると思います。これらのキーワードはキャメルと共通するものですが、キャメルのほうが少し叙情性の体温が高いというか、湿度が高いというか、人間味があるような気がします。
 対するトリアンヴィラートは、よりクールで概念的な叙情性というか何と言うか....。情よりも理屈が先に立っているような気がします。決して冷たいわけではありませんが、多用されるピアノやキーボードがそんな印象を与えるのかもしれません。ドイツとイギリスの違いなどがあるのでしょうか? "Cold Old Warried Lady" など一部の曲は英国人のバリー・パーマーの作品ですが。
 トリアンヴィラートはプログレ好きの方でも意外に見落としていらっしゃる方が多いので、紀州の駱駝さんのような方に聴いていただけて、とてもよかったです。

>ボストン、
 すごい盛り上がりますね〜。お薦めのファースト、絶対に聴きます!

>スコーピオンズ、
 と言えば、"Pompeii" のドラマー、クルト・クレスが参加したのでしたね。この間思い立って探したのですが、なんてアルバムか忘れてしまいました。調べてみたら、1996年の "Pure Instinct" というアルバムですね。サンプルを聴いてみたらなかなか良さそうでした。
 クレスはなんとソロアルバムも出しているようで、"Sing"、"Bang"、"Avanti" という3枚がCD-Nowにあったので、つい3枚ともオーダーしてしまいました。大丈夫かな〜? (^^ゞ
 彼は他にも John Wetton の "Kings Road (1972-1980)" や Wetton/Palmer-James の "Monkey Business" にもビル・ブラッフォードと並んでクレジットされているんですね〜。聴いたことないんですけど。あとミートローフやエンゲルベルト・フンパーディンクなどもあって笑ってしまいました。

>HDCD、
 マイクのは買っていませんが、Yes のは私は音質が向上していると思いました。人によっては「全然変わらない」という方もいらっしゃいますので、評価が分かれるのかもしれません。個人的には機材が HDCD 対応で基本的に高音質なのと、丁寧にマスタリングを行っているせいで、通常盤より音質は向上しているのではないかと思います。お好きなら一度試してみる価値はあるのではないでしょうか。



00/06/21 21:37:02
名前:
FromNiigata

コメント:
A man I'll never beは名曲中の名曲だと思います。そしてUsed to bad newsのオルガンでイッちゃいます。>

ホイトル様、全く同感で〜す。ボストンはクイーンとともにノー・シンセサイザーをウリにしてましたけど、オルガンの使い方がとても巧かったと思います。あんまり歪のないクリアーなサウンドがベストマッチ。
Used to bad newsなんて短いけど良い作品ですよね。ベストでは漏れちゃってますけど…。

スコーピヨンズ>
宴会風手拍子の入るヤツですね。昔、なんかの特集でサウンドストリートでかかった覚えがありますが、大笑いした思い出があります。



00/06/21 20:51:00
名前:
にいはお

コメント:
>荒城の月
あと確かS.ヴァイ加入直後のアルカトラスでも演っていたように憶えています。
さわりの部分を少しだけ、インストバージョンですが。ビデオで見ました。
イングウェイが抜けて、どうなってしまうのだろうと思っていたところにこのビデオで
一緒に見ていたバンド仲間と「イングウェイの代わりって、いるもんだな・・」と
ヴァイのプレイに唖然としながら話し合ってました。

>もちつき機
我が家では一年365日、フル稼働です。いや、もち米だけはふんだんにありますから、ここ。
これからアジア地域に駐在のお知り合いがもしいらっしゃるようでしたら、にいはおと申す
ものが「もちつき機」と「こたつ(四季のある国に限る)」は必需品であると申していたと
お伝え下さい。

>紀州の駱駝さま。小生のMIDI
勿体無いお言葉、恐縮至極に存じます・・・。
良かったですね、トリアンめでたくゲットされて。美しい音楽は最後には必ず勝つのです!
もちろん、キャメルもまた然り。



00/06/21 20:04:44
名前:
ホイトル

コメント:
ボストン......私は2ndに一票!
わたしも1-4枚目までみんな持っているくせにgreatest hitsまで買ってしまった人です。
A man I'll never beは名曲中の名曲だと思います。
そしてUsed to bad newsのオルガンでイッちゃいます。

スコーピオンズ......本当にウリ・ロートは最高でした。
「荒城の月」という選曲にはオイオイと思いましたけどね。



00/06/21 19:37:40
名前:
DaDaDa

コメント:
MIKE OLDFIELD の HDCD リマスター盤がどーんと出ていますが,買いでしょうか?
確か HDCD って対応ハードが無くてもそれなりに音がいいんですよね?
イエスの紙ジャケがそうだったような.



00/06/21 19:35:03
名前:
かかし

コメント:
>ふらじゃさん
>スコーピオンズの「荒城の月」は、「TOKYO TAPES」というライヴアルバムに入っています。
(ちなみに「春高楼の花の宴〜」の「「え〜」の音が半音しか下がって無くて、とってもブルージー〜♪)
観客が歌うときに「巡る杯陰さして〜」までは声が大きいのですがその後シーーーーン・・・・・。
(みんな歌詞を知らない!)
たまらなくなって、「昔の光、今いずこ」クラウスが歌うところが気の毒!
ウルリッヒ・ロートのギターはカッコイイ!
フェア・ウォーニングの「4」も良いですよ。



00/06/21 16:03:12
名前:
FromNiigata

コメント:
トッド・ラングレン>
10年前位に日本でリマスターがガーンと出て、一部でブレイクした記憶があります。プロデューサーの執念だった様ですが。リマスターださなきゃ再評価も難しいですから、EMIにも気合入れて欲しいですね。

トッド・ラングレンでは「ミンクホロウの世捨て人」が好きです。プログレっぽいのは音がうるさい感じがしてしまいますが…。



00/06/21 14:44:53
名前:
ふらじゃ

コメント:
本日の収穫
*UTOPIAのDVD輸入盤77年から84年までのライブやビデオクリップ
を集めたものらしい、アルバム「太陽神」から「ROAD TO UTOPIA」
までですね。
*EROY「RA」ちょうど中古で安かったし、UTOPIAの「太陽神」の元題も
「RA」なものでなんか因縁を感じてつい買ってしまった。

BOCの「ゴジラ」聴いててふと思い出したんですけど、以前スコーピオンズ
が瀧廉太郎の「荒城の月」を日本語で歌ってるのを見たことがありますが、
これってライブかスタジオでアルバムあるんでしょうか?



00/06/21 10:22:41
名前:
ふらじゃ

コメント:
>BOSTON
私も持ってま〜す。「WALK ON」も「BEST」も惰性で買ってしまいました。
ただ、ショルツのソロは持って無いんです、ソロと言ってもBOSTONそのまま
の音だった記憶がありますが、買いそびれてしまいました。
ヤッパリ今思い付く曲は1st、2ndですね、「WALK ON」はろくに聞いてません。

>もちつき
実家でも20年来同じもちつき器を使ってます。もっとも毎年暮れに1回使う
だけですけど・・・あ、実家は九州なので当然丸餅です。



00/06/21 00:51:05
名前:
From Niigata

コメント:
J’rat様、BOSTONで一番売れたのはやはり1stで、確か1000万枚セールスのハズです。2ndは300万枚位でしょうか…。この頃は私がロックに入っていった時期で、やはりインパクトは強烈でしたね。あと、ギター型宇宙船かな。

 確かに4枚目はヴォーカルも変って駄作って感じが私もしますけど、光る楽曲もありますね。まぁ、BOSTONのヴォーカルはやはりブラッド・デルプでいて欲しいですが…。
 日本公演のパイプオルガンはダミーだったみたいですけど、結構トム・ショルツのオルガンはタイミングよく入ってきて好きなんですが…。テク的には分かりませんけど。



00/06/21 00:39:26
名前:
紀州の駱駝

コメント:
やっと念願の『Old Loves Die Hsrd』『Pompeii』が届きました。
いやぁー、いいですねっ!
う〜ん…、このての曲なら飛びついてたはずなのに、どういうわけか、残念ながら発売当時はまったっく知りませんでした。
第一印象はというと、私はELPをあんまり(Camelほど…^_^;)聴きこんでませんが、確かに、ヴォーカルが無ければELPと似てるところもありますね。でも、うまく表現できないのですが、柔らかさというか、優しさというか、そういうような印象があり、特に生ピアノの音色・旋律が美しくて、ELP以上にクラシック的な感じがします。
大変気に入りました。リマスターが待ち遠しいですが、期待薄なんでしょうか…(+_+)

今回、オリジナルを初めて聴いて、今更ながらなんですが、にいはおさんのMIDIって凄いですね。まだCDを聴きこんでないせいもありますが、CDとMIDIを聴き比べてて、「どっちがどっち?」という状態になってしまいました。いやぁ〜、凄い!。尊敬してしまいます!!
これからもがんばってくださいね。

>BOSTON、
私も1stに1票です。
'79(だったと思いますが…)のコンサートを大阪で観たのですが、なんだかわけのわからんうちに終わってしまいました。ただ、今でも覚えてるのがトム・ショルツのパイプオルガン(本物かどうかは不明)で、確か天井からの黒幕が落ちたその裏で、マントを羽織ったトムがオルガンを弾いておりました。
(20年以上前のことなので、ちょっと記憶が怪しいですが…)
この頃にプログレ・ハードという言葉が言われるようになったのではないでしょうか…?。



00/06/21 00:12:01
名前:
J'rat

コメント:
 連続ですみません。

>広島オフ会、
 毛糸さんの掲示板でも様子を伺いましたが、ホントに楽しかったそうですね。プログレもかかったようだし。

>トリアンヴィラートのブート、
 BBC'75 ではヘルムート・ケレンのベースが張り切っていますね。びんびん弾いています。歌声もイイです。ホントにメンバーの脂が乗り切った頃のライブですね。途中で終わってしまうのが、本当に残念です。
 他のブートですが、Illusions のライブはあるようです。私は偶然、ある方のご厚意で聴かせていただきましたが、オーディエンスもので録音状態はひどいものでした。おそらくレコードなどの形では出ていなかったのではないかと想像しています。
 ましてや、ビデオは望み薄ですが、もし出てきたら大変なお宝ですね。海外のあるコレクターは、ドイツのテレビ出演時のビデオを持っているようですが、確か Party Life か何かだったと思います。ビデオにせよ写真にせよ、とにかく一度でいいから拝んでみたいですね〜。

>かかしさんち、
 ご夫婦で音楽の趣味がおありで、いいですね〜。たくさんで大変でしょうが、どうぞ LP も大事にしてやってください。私はLPはほとんど聴かないのですが、手にとるととても捨てる気にはなりません。
 それにしても、かかしさんは配偶者を「パートナー」とお呼びになりましたね。かっこいいですね〜。私もそう言いたいのですが、照れてしまって言えません。(^_^;

>ボストン、
 おお、隠れファンがこんなにたくさん。別に隠れてないか....。ぜひとも一枚聴いてみます。一番売れたのはファーストアルバムですか?

>にいはおさん、
 今ごろ餅つきですかぁ? お月見でもないですし....。(変なところに反応してスミマセン)



00/06/20 23:46:10
名前:
J'rat

コメント:
 やっと仕事がひと段落です。(^_^)

 今日は暑かったですね〜。私はまたユルゲン・フリッツのユニット、ミレニアムの「Dreams of Amadeus」を聴いて出社しました。最初は通俗的なモーツァルト集だと思っていたのですが、聴きこむほどに、アレンジの非凡さ、素晴らしさに引き込まれています。モーツァルトが好きでない私でも、フリッツ版には聴かせる力があると思いました。
 トリアンヴィラートの新作が本当に出るのかどうかも、今は危ぶまれますが、これはフリッツの1991年の作品です。89年の映画音楽 "Es Icht Nicht Leicht Ein Gott Zu Sein (It's Hard To Be A God)" と合わせて、近作の質は高いと言って良いでしょう。いずれもプログレにはあたりませんが、確かにフリッツの才能を感じます。
 新作がどのような姿になるか、いつ日の目を見るのかは別問題ですが、私はやはりとても楽しみです。Russiun Roulette を含めて、いずれも理解し共感するまでに時間はかかりましたが、本心からそう思うのです。このホームページをやっていなかったら、こんなに好きになることはなかったかもしれませんが....。(^_^;



00/06/20 23:24:19
名前:
かかし

コメント:
>BOSTON
1stはやっぱり一番プログレっぽいですよね。
だってA面でたったの3曲ですよ。(どういう基準やねん!)
ここで、はっきりキッパリ訂正させていただきます。
4枚目のWALK ONは駄作です。



00/06/20 22:25:41
名前:
にいはお

コメント:
>ボストン
誠にお恥ずかしい話ですが、ほとんど聴いていません。同時期に活躍していた
「きわめて露骨な」カンサスや、「時おり露骨な」スティクスのほうに耳が
いっておりましたので。オーケン(大槻ケンヂ)のエッセイだったか、8年ぶりの
新作がぼろくそにこきおろされておりました(特に詩が)。でも1枚目とか2枚目は
それなりにプログレライクなのですね。ああ、これも帰国時にチェックせなばならんとはなあ。

今宵我が家は、四半世紀近く使っているもちつき機でおもちつきです。
使う楽器もアナクロなら、家電までアナクロなわたくし。



00/06/20 19:42:29
名前:
FromNiigata

コメント:
>BOSTON
20年間で4枚ほどしかリリースしてなくて、それも出せばベストセラー…、実に羨ましいバンド(と言うかトム・ショルツ)

一番プログレっぽいのはやはり1st(フォープレイとかスモーキンのオルガンソロとか)ですかね。個人的には2ndのA面が好きなんですが。3rd以降はメロディーとかは良いと思うのですが、メンバーがほとんど抜けちゃってリズムセクションが弱くなっているのは否めませんね。4枚目からはVOも変わっているし…。でも出ればやっぱり買っちゃうバンドですね。



00/06/20 19:26:36
名前:
BIROTRON

コメント:
 >かかしさん
 おはつです。たまにカキコするBIROTRONと申します。

 >BOSTON
 でも,結構プログレ「ッぽい」感じはしませんか?私は,1stから
「サードステージ」までしか聞いたことがありませんが、トム・ショ
ルツのギターの奏でるサウンドは,まさに「宇宙の彼方」に吸い込ま
れそうな感じです。YESを象徴するのが,アンダーソンだとすれば,
BOSTONを象徴するのはトム・ショルツといえるでしょう。そんな彼
の世界は1st〜3rdまでと言い切っても過言ではないかと思います。
 



00/06/20 13:39:21
名前:
ふらじゃ

コメント:
>かかしさん
BOCの「ゴジラ」私が買ったCDはライブが入ってたんですが
ちゃんと日本語のアナウンスが入ってました。
ライブって一発勝負なのに結構上手に喋ってて変に感心しました。

>毛糸さん
わーい、ありがとうござあいますぅ。
はーい、まってまぁす。



00/06/20 09:42:13
名前:
毛糸

コメント:
あ、そだ
ふらちゃんっ
機関車トーマス、あげるあげるあげる〜〜〜〜
待っててね〜〜〜♪



00/06/20 09:38:50
名前:
毛糸

コメント:
おっはですぅ
あはは・・・ぢ・つ・は
トリアンヴィラートのBBC'75ずぅっとブート屋さんにヌクヌクしてもらってたです(懺悔)
やっと聴きましたっ!
やっぱ迫力ありますねぇ、フリッツのキーボード乱れ弾きぃ♪(いや乱れてはいませんが)
なんかスタジオテイクものよりベースがかっちょいいですねぇ
くわぁ〜〜〜〜〜途中で終わったぁぁぁぁ!!!
ねぇねぇJ'ratさん、やっぱ20分はさみしいねぇ・・・んでも唯一のブーちゃんだもんねぇ
ちなみにバックステージの店長にトリアンのブートについて伺いましたがぁ
案外ライブビデオとか、ひょこっと出てくるケースがあるんだそうで
(今までも絶対ないとされてたライブのオーディエンステイクがめっかったって例は多々あるってぇ)
要チェックしときますよ〜〜〜〜って言ってましたぁ
あたしも動く映像観てみたいっすよぉ

にいはおさん
あい、MACで「ぷろぐれぇ」ってタンカをきると、すんなり「ウォールライブ」かけてくれました、あらま
しかしイエスのCDはベスト盤1枚しかありませんでした
「ねこまんま」はね、もうホント、そこだけタイムスリップしたかのように、まんまでしたよぉ
ソファの破れもそのまんま、いやはや、ああゆースペースってね、もう地方行かなきゃないんでしょうねぇ
帰国したらぜひ行ってみてくださいね〜〜〜



00/06/20 05:28:13
名前:
かかし

コメント:
>J’ratさん
ボストンはプログレと思って聴くと滑るかも知れませんが、ポップスだと思うと大変質が高くてハズレがないと思います。個人的には8年ぶりにサード・ステージが出たときに、他に余り良い物がなかった時期だったせいもあって、かなりはまり、軽いポップスだと思っていたそれ以前のアルバムの良さにも気付きました。



00/06/19 22:12:00
名前:
かかし

コメント:
>ふらじゃさん
>りんーじ、ぬーすをもうしあげます♪
これ絶対笑えますよね。ゴジラでしたっけ。急に聴きたくなってきた。

我が家では、先日来続いていた『LP、CD化計画の是非を巡る議論』に一応の合意を見ることが出来ました。
最初は、「お互いに山ほど持ってるLPを、出来るものはCDに買い換えて処分していこう!」
と、いう夫の提案に端を発しました。
しかし私は未だにLP派で、余裕のあるときはLPで聴くし、ジャケットに対する思い入れはあるし、一律には処分できないんですよね。でもプレーヤーは2階にしか無いし、何処でも気軽に聞けるCDの魅力も捨て難い訳です。
結構白熱した議論が展開されたわりには結論は、至っていい加減なものです。
どうしてもLPで持ってたい物は置いておけばいいし、CDに買い換えても良いものはそうしたらよいし、両方持ってたい物は両方持ってればいい・・・・・
結論になってません?
結局、何が必要で何が必要でないかなんて、例えパートナーでも分からないから本人に任すしかないということです。(状況が許せば)

ゴジラ聴いてきます。



00/06/19 21:44:05
名前:
にいはお

コメント:
ああ、ああ、ああ。
きっと今ごろ毛糸さんとせきこさんは、
天下無双の「ビールプラス広島風お好み焼」の儀も無事終了し、
MAC(これは知りませんでした)なるバーにて、「プログレ流せ」のなんのと
無理難題を強いておられることでせう。

>きかんしゃトーマス(あえてひらがなで書く)
ナレーションはリンゴ・スターでしたっけ?なんかそういう風に憶えてるんですけど。
国民的と呼んでもまだ余りある大物スターがこういう番組に積極的に参加するなんて、
羨ましい限りですね、海外は。やはり土壌が違うのでしょう。懐が深いよ、全く。
ちなみに我が家では、私のコーヒーカップがトーマスです。子供になんか貸してられっか、ふふん。



00/06/19 17:53:28
名前:
J'rat

コメント:
>機関車トーマス、
 マニアックな番組ですね。どう考えても鉄道マニアの「鉄ちゃん」が寄ってたかって趣味で作ったとしか思えないです。機関車の顔もあんまりかわいくないですし....。
 でも、仔ラットも大好きで、わたしもついつい見ていました。ジオラマがすごいんですよね〜。(^^ゞ
 そうそう、おもちゃは線路も機関車もデカくて、かさばるので大変ですね〜。プラレールの3倍くらいありますもの。

 イギリス人はこの手の立体アニメが好きなんでしょうか? 「ポストマンパット」はほのぼのとして、いいですね。竹中直人の声と歌がいいです。あと、「ウォレスとグルミット」も面白いですね〜。こちらの声優は萩本欽一さん。設定やデザインが、すごくイギリス文化していて、感心しました。

 音楽ネタ? う〜〜〜〜ん。(^_^;



00/06/19 17:04:30
名前:
ふらじゃ

コメント:
>J'ratさん
仔ふらは「おかあさんといっしょ」派です。午後4時から6時まではNHKタイムです
おかげで、ハッチポッチも知りました。
ただ、借りたビデオは電車物です。乗り物もレールを走るものと空を飛ぶものは
好きなようです。

>毛糸さん
仔ふらの今使ってる食器がトーマスです。もし不要なものでしたら譲っていただけ
ますでしょうか?喜ぶと思います。死なない程度でよろしいのですが(^_^;

ああ、音楽ネタぁ〜〜〜っ



00/06/19 16:32:51
名前:
毛糸

コメント:
>仔ふらちゃん
もしもーーーー機関車トーマス系だったら、ご一報ください
その昔親子でハマったので・・・・
死ぬほどあります・・・フィギュア
よかったらじぇんぶあげまふ



00/06/19 15:48:52
名前:
J'rat

コメント:
 公式サイトの掲示板「Spartacus Forum」に Jim から報告が上がりました。リマスター盤の発売に関する情報は、まだないそうです。
--------------------------------------------------------------------
「返事はありません」Jim Bradley 投稿 16:50:33 06/16/2000
モンタナからこんにちは!
 リマスター盤の状況を調べるために、私は今週 EMI のコンタクトの Glini に連絡しようとしました。私は、いくらかの情報をもらえるように丁寧にお願いしました。しかし、まだひと言も返事はありません。
 リマスターの最初のリリースが2000年の5月か6月だという情報をくれたのは、この Glini でした。それで私たちはひたすら待ったのですが....。*タメイキ*。
 私は今月、ワシントン州のカーネーション市(シアトルの近くです)からモンタナ州のヘレナに引っ越しました。それで私は、あちらとこちらを行ったり来たりしています。モンタナの家に帰るのはとても素敵です!
 とにかく、リマスター盤について何かわかったらすぐにこのフォーラムに投稿します。
Peace, Jim 〜「俺は知っている。お客の望みはショウが時間どおりに始まるってことだ。」
(訳注:Spartacus の "Roman Entertainment" の歌詞からの引用です)
--------------------------------------------------------------------
 残念ですが....。私も EMI やドイツのサーチエンジン、ショッピングサイトなどを探しているのですが、関連情報は引っかかってきません。何か情報が入り次第、お知らせします。

 ところで、この投稿に続いて気になるメッセージが。話題のMP3ファイル交換サイト「ナップスター」にはトリアンヴィラートの曲もあるそうです。さっそく調べてみたら(私はGNUTELLAを使いましたが)、Spartacus は全曲登録されていました。でもダウンロードするのは大変そうですね〜。



00/06/19 15:48:20
名前:
J'rat

コメント:
 暑いし眠いし、朦朧としています。(^_^;

>ふらじゃさん、
>幼児向けのレンタルビデオ、
 すごい擦り減ってますよね〜。まともに再生できないものもありました。仔ふらちゃんは「おかあさんといっしょ」系ですか? それとも「乗り物探検隊」系でしょうか?



00/06/19 13:56:57
名前:
ふらじゃ

コメント:
 今日は横浜も暑いです。
と言っても北京の比ではありませんが・・・
昼間っから冷たいビールでもグビッとやりたい気分です

先週家の近くのレンタル屋が半額でしたので、CD借りる
ついでに仔ふらの好きそうなビデオを借りてきましたが
はまりにハマって1日10回を1週間のヘビーローテーション
で、ものすごく画質が落ちてしまいました。
以前幼児物ビデオのランタルは画質が悪いって聞いたこと
ありますが、こういった理由なんですね。

あ、音楽ネタが・・・



00/06/19 13:31:52
名前:
にいはお

コメント:
今日も北京は暑いぞ−っ。
仕事なんか、やってられっかあっ(←さぼるな、ばかもの)

>CHIPMUNKさん。思いは千々に・・・。
むっふっふ、乱れてください(笑)。大きい買い物ですから。でも、それが
また、楽しいんですよね。

・・・おやあ、広島方面がなんか、熱いぞぉ。

(註:毛糸さんの書きこみにある「緑井」とは、わたくしが小中高の永きに渡って
   過ごしていた、いわばわたくしの「ふるさと」であります。田んぼと蛙と、
   ほたるの多いイナカだったのに、といざらすとは・・・。)



00/06/19 12:15:39
名前:
CHIPMUNK

コメント:
>毛糸さん
あ、それからドイツなんでややトランスはいってます。>ELOY



00/06/19 11:37:11
名前:
毛糸

コメント:
こんち〜〜
>しまりす君
出勤してる?
>ちょっとPink Floydに似た感じのサイケ・ハードロック
うが〜〜〜好き系かもぉぉぉ
どもありがとね

>BOC
プログレハードなんて言われてませんでしたかぁ?
あたいはブルーオイスター(青い牡蠣)って聞いただけでジンマシンでますぅ



00/06/19 11:27:09
名前:
J'rat

コメント:
 おはよ〜ございま〜す。....眠い。やっと週末の仕事が終りました。

>ハッチポッチステーション、
 ぜひビデオに録画してでもご覧ください。グッチ裕三さんのものまねが最高ですね〜。プログレもやって欲しいです。

>ジャーニー、
 よ〜し、まずレンタルで借りてみます。あと、今まで気になりながらも聴けなかったバンドに「ボストン」もあります。なんだか気恥ずかしくって....。(^^ゞ

>CHPMUNKさん、
>かみさんにXB-1買っていい?ってきいたら、
>今年残り半年1枚もCD買わなければいいよ、と快い返事が返ってきました。
 思わず逆算しようとしてしまいました。とにかく半年でハモンドオルガンが買える以上にCDを買っていらっしゃるということですね。スゴイ。(^_^;

>にいはおさん、
>北京の40度、
 過酷ですね〜。しかも大本営発表とは....。

>毛糸さん、sekikoさん、
 楽しみですね。広島で盛り上がってくださいね〜。

>ジャーマンプログレのELOY、
 すみません。私は聴いたことがありません。ぢつはドイツのプログレはよくわからないんです。(^^ゞ トリアンヴィラートはドイツっぽくないですし、プログレと言うにはポップですよね....。
 CHIPMUNKさん、ありがとうございました。フロイド風なんですね。

>ゴジラ、
 と言えば、最近のリバイバル作品はガメラのほうが力が入ってますね〜。



00/06/19 10:50:18
名前:
ふらじゃ

コメント:
りんーじ、ぬーすをもうしあげます♪
りんーじ、ぬーすをもうしあげます♪
ゴジラが銀座方面に向かってます♪
だいしきゅひなんしてください♪
だいしきゅひなんしてください♪(by BLUE OYSTER CULT)

いや、だからなんだって言われると辛いですが、
久しぶりに聞いたもんで、懐かしくてつい・・・
ブルー・オイスター・カルトってもっとドロドロした感じだと思って
ましたが、改めて聴くとストレートなハードロックなんですね。
結構気に入ってしまいました。

あ、プログレねたが・・・



00/06/19 08:32:54
名前:
CHIPMUNK

コメント:
おはよーございますぅ。

>毛糸さん、J'ratさん
ヨコレスすみませんが、ELOYは70年代ものならたいていオーケーっす。ちょっとPink Floydに似た感じのサイケ・ハードロックかな。

>にいはおさん
さっそくXB-1とシンセ音源と決めたんですが、シンセの方がなかなか。おっしゃっていたKORGのは後継機種が55000円だったんですがまだモノを見てないのでなんともです。
それから全然別ですがNORD MODULARという変ったアナログ・シンセ・モドキを見つけてこれもおもしろそーだなーと、思いは千々に乱れております。



00/06/19 00:16:34
名前:
sekiko

コメント:
なんか行くのが怖くなってきたじょ(^^;)
お手柔らかに〜〜♪



00/06/18 20:24:12
名前:
毛糸

コメント:
ちわっす
(ちょ、ちょ、ローカルネタですみませんです)
にいはおさんっ
今日は緑井のトイザラスでゾイド買いましたぁ(あるのよぉ、緑井にトイザラス、すごいっしょ?)
んでね、明日せきこ様が来広されるのでぇ、月並みですがぁ、
お好み村で軽く生ビール、んでもって、いかがわし〜〜〜雰囲気のMACにお連れしてバーボン
ラストはロック喫茶の「ねこまんま」(←なつかしいっしょ?ねぇねぇ?)で
夜明けのコーヒーを飲もうかなっと
MACってゆーのは客の大半が外人のHR専門のワンショットなんですぅ
ここで「プログレかけろぉぉぉっ!」とちょっとケンカ売ってみようかなっと
せきこもいることだし・・・・・
明後日どこにもあたしのカキコがなかったらヤバいことになったと思ってください

J'ratさん
ジャーマンプログレでELOYってゆーのがありますよねぇ?
中古屋さんで、このバンドのジャケットは結構目にするのですが
聴かれたことありますか?
いや・・・1000円だったので買わなかったけど(←中古は980円までと決めている)
やっぱあれですか?ELOYってゆーだけあってエロい?(んふっ)



00/06/18 15:38:40
名前:
にいはお

コメント:
>店主様。北京の40度
本当なのですが新聞紙上とかでは決して40度とは発表しません。
40度を越えると、会社とか工場とかを休みにしなければならないという
国の内部規定があって、ただ、いくらなんでも本当にそんなこと(休み)にしたら
国中の機能が現実的にマヒしてしまうので、39度とかしか発表しません。
反対に寒冷地では、冬の寒い日にも本当の気温は発表しないらしいです。逆の同じ理由で
休みにしないといけないらしいので。変な国。

>CHIPMUNKさま
ひゃあっはっはっはっ!うちと同じだあ。
私はおかあちゃんに定番「一生のお願い!」でいきなり強引に本題をかまして威圧して、
買ってしまいました。交換条件は「CD不買」と「いつか海外旅行」でしたが、未だに実行していません。
ま、今の現状がはんぶん海外旅行みたいなもんですから、これでよしとする、うん。



00/06/18 12:55:58
名前:
CHIPMUNK

コメント:
かみさんにXB-1買っていい?ってきいたら、今年残り半年1枚もCD買わなければいいよ、と快い返事が返ってきました。
わーいわーいわー..い....(ToT)



00/06/18 06:07:41
名前:
かかし

コメント:
>J’ratさん
>私はジャーニーと言えば、ハッチポッチステーションのしか知りません。お薦めのアルバムってありますか?
私は、ハッチポッチステーションのは知りませんが見たかったですね。あれは面白いですよね。
と、言っても、私はちょうど夕食の準備の時間なので見られないんですよ。
時々子供と一緒に見てる夫が、廊下を隔てた部屋から見に来いと叫ぶのですが、大体終わった後ですね。
(短すぎる!)その後、延々とどんなに面白かったか聞かされるのは悔しいです。そして一々原曲を子供に聴かせてる夫は律儀です。

さてジャーニーですが、良く知りません。(スミマセン)
ボーカルのスティーブ・ペリーが入ったINFINITY、EVOLUTION、あたりからラジオでも良く耳にするようになりましたね。私はその頃は、嫌いでもなかったのですがあまりにもポップすぎるので特に好きでもなかったです。最近ニール・ショーンというのはすごいギタリストだと気付いてじっくり聴いてみると、ものすごく好きになってきて、懐かしいなと思いつつ、色々聞き直しているところです。まだどれがお薦めかよく解りません。



00/06/18 03:04:47
名前:
J'rat

コメント:
 今日はお仕事でした。新宿でキース・ジャレットの「ステアケイス」とボンジョヴィの「クラッシュ」を買いました。「ステアケイス」は音楽などというものではないですね。何と言うか、「魂」を感じます。まだ2枚組の1枚目しか聴いていませんが、LP時代の1枚目B面にあたる部分は、特に美しいです。ボンジョヴィは、ハードになっていますね〜。まだ半分も聴いていませんが....。

>Illusions、
 そうですか〜。でも宣伝活動に役立ててください。アメリカのオークションに出したら高く売れるでしょうが....。(^^ゞ

>かかしさん、
 最近「仕方ないので」別のを買われる事が多いですね〜。そんな言い訳しなくても....。
 ところで、私はジャーニーと言えば、ハッチポッチステーションのしか知りません。お薦めのアルバムってありますか?

>北京の熱さ、
 40度とか36度って本当ですか!? 想像がつきませんが、すごいですね。東京は今日からまた梅雨寒でした。19度くらいしかなくて、長袖でもシャツだけでは寒かったです。

 明日も仕事で〜す。(^_^)/   <- ....って、嬉しいんかい?



00/06/17 23:48:44
名前:
にいはお

コメント:
一泊二日の大連出張からつい先ほど帰ってまいりました。
(ついこの間プライベートで行ったばっかりなのに。)
北京に帰る飛行機がなかなか飛ばず、同行した会社の
副社長(中国人)と一緒に待合室で4時間近くも大酒かっくらってました。

で、北京に着いたら着いたで、暑かったのを理由に「これは
ビールですねビール」と、そのままビアハウスになだれ込みました。

ここ数年の北京は夏の到来が早まっていて、一昨昨日は40度を越えました。
今日も36度です。



00/06/17 22:26:25
名前:
かかし

コメント:
>「Sabbath Bloody Sabbath」
近所のタワーレコードで探してみましたが、ありませんでした。
仕方ないので、ジャーニーのESCAPEを買いました。



00/06/16 23:39:33
名前:
ritornel

コメント:
"Illusions 〜"は希望者がいらっしゃらないので、友人へ布教に出すことにします。
さすがにここの方はもうみなさん聴いておられるようですね。



00/06/16 23:09:20
名前:
かかし

コメント:
>ふらじゃさん
>NEXT 100 YEARS 
>確かジャニーズ軍団が「J-FRIENDS」て言う名前で唄ってた
あっ、そうです!それです!
あ〜〜〜〜。スッキリした!ありがとうございます!
(ファンの人居たらゴメンね)
>「Sabbath Bloody Sabbath」
無いですよ〜〜〜〜。気になります!
リックの続・地底探検でオジー・オズボーンが歌ってたけど仲がいいのかな?
私はあの曲が一番好きです。オジーの声だったら何でもアリです。



00/06/16 21:43:28
名前:
DaDaDa

コメント:
>ブラック・サバス『血まみれの安息日』
リック参加曲は「サブラ・カダブラ」一曲のみだったと思います.

>キャメル
来日メンバーを見ましたが,なんとドラマーがジェスロ・タルのオリジナル・メンバーの人じゃないですか.たのしみが一つ増えました.

最近アイアン・メイデンの新譜にハマっている,えせメタラーなDaDaDaでした.



00/06/16 12:36:54
名前:
J'rat

コメント:
 忙中閑あり。(サボっているとも言う....)

 今日はいい天気ですね〜。梅雨の中休みでしょうか。昨日は久しぶりにキャメルの「ヌード」を聴きました。明るくていいですね。

 The Deadly Dream of Freedom のエレキギターはライブ独特のものですね。この曲はバラードなので、入れてみたかったのでしょうか? 私はヘルムート・ケレンのソロが聴けて単純に嬉しかったですが、確かにあまり上手じゃないですね〜。(^_^;



00/06/16 09:33:36
名前:
ふらじゃ

コメント:
>にいはおさん
え!そうなんですか?とんでもないおおボケな質問しちゃい
ましたねぇ〜(^_^;
このアルバム、タイトル曲が好きで買ったのでキーボードが
誰かなんて気にしてませんでした
う〜ん、確かにウエイクマンと言われるとそう聞こえますね



00/06/16 01:18:37
名前:
J'rat

コメント:
 し、仕事が、今日は肉体労働でした。(^_^; 明日もです。

>トリアンヴィラートのライブフォト、
 私、見たことないんです〜。どなたかご存知でしたらお教えくださいませ。

 (-_ゞ 眠いです〜。明日の夕方に復活します。



00/06/15 20:41:43
名前:
AUKEN
電子メールアドレス:
メールはこちらまで

コメント:
>ど、どうされたんですか? 突然じじむさいですね〜。
私は若年寄なのでございます。今日の出勤の車の中もイ・プーの「パルシファル」なぞ
聴きつつほわーんとしておりました(^^)



00/06/15 19:34:41
名前:
にいはお

コメント:
訂正

やべっ、また間違えちった
「HEAVEN AND HELL」でした。



00/06/15 19:10:13
名前:
にいはお

コメント:
>ふらじゃさん。ウエイクマンの参加したサバス
あのぉ、「SABBATH, BLOODY SABBATH(「血塗られた安息日」だっけ?邦題・・)」
まさにそのアルバムだったと思うんですが。
彼の得意な「みよ〜ん」としたシンセの音も入ってたと思います。

サバスは基本的にはギターバンドなのですが、R.J.ディオが参加したあたり
(「HEAVEN TO HELL」)から一緒にやっていると思われるジェフ・ニコルズなる
キーボード奏者のプレイを、私は一時期へヴィメタルキーボードの参考にしてました。



00/06/15 17:16:15
名前:
ふらじゃ

コメント:
>にいはおさん
ブラックサバスは「Sabbath Bloody Sabbath」1枚だけ持ってますが
ウエイクマンが参加してるのもあるんですか?
タイトル覚えていらっしゃいますか?聞いてみたいです。



00/06/15 15:26:49
名前:
ふらじゃ

コメント:
>あとThe Deadly Dream of Freedom でエレキギターの音が入ってますが、
>これってスタジオ盤もありましたっけ?
昼休みに確認したら、無いみたいですね。
でもなんでライブで演ってるんでしょうか、曲はフリッツのピアノとシンセの
聴かせ所なのに、わざわざギター入れる必要があったのでしょうかちょっとした謎です。



00/06/15 13:50:17
名前:
にいはお

コメント:
>ASTRAさん
>「秘なる海」が2枚組
あらら、そうだったんですか?知りませんでした。私のはCDなので1枚にまとまって
いたんでしょうか。
後にジェネシスのサポートに加わるダリル・スチューマーが全面的に参加していることなど
まったく知らずに入手したので、参加メンバーをみて驚いたものです。

>アランの2曲聞きたさに入手
う〜ん、分かります、そういう動機の入手(笑)。こうやってみ〜んな泥沼にずぶずぶと
はまっていき、CDの棚はあふれかえるのですね。
私も「ウエイクマンが参加している」というだけで良く知りもしないブラックサバスの
6枚目だったか、買ってしまいました。もっともそのあとサバス自体にもはまってしまう
というオチがつきますが。



00/06/15 10:13:43
名前:
ふらじゃ

コメント:
あらら、2度もお詫びしてしまった。

さてトリアンのBBCライブブート聴かせて頂きました。
わりとスタジオ盤に忠実に演奏してますね、もちろんライブの
ダイナミズムはありますが、決してハモンドに飛び乗ったりは
しないでしょうね。
ライブを聴くとピアノとシンセを同時に弾いてたりするので、
フリッツのキーボードセットが妙に気になりました。
ライブフォトってないのでしょうか。
あとThe Deadly Dream of Freedom でエレキギターの音が入ってますが、
これってスタジオ盤もありましたっけ?



00/06/15 09:45:28
名前:
ふらじゃ

コメント:
すんません、下のカキコ私です



00/06/15 09:44:52
名前:
ふらじゃ

コメント:
すんません、下のカキコ私です



00/06/15 09:44:24

コメント:
>NEXT 100 YEARS 
確かジャニーズ軍団が「J-FRIENDS」て言う名前で唄ってた
何かのチャリティーだったと思うけど、曲提供がボンジョビ
だって言ってた。



00/06/15 02:21:17
名前:
ASTRA

コメント:
>にいはおさん
>ジャン・リュック・ポンティ(Vn)の「秘なる海(ENIGMATIC OCEAN)」って
>お試し済みでしょうか?まだなら是非どうぞ。アタリですよこれは。絶対後悔
>しません。
2枚組のやつですよね? 私持ってます。なぜかというと、アラン・ホールズワース
が2曲ほど参加しているからです。それだけのために買いました。(^^;)



00/06/15 00:54:30
名前:
にいはお

コメント:
あ〜あ〜、まぁた店主さまと毛糸様があやしげな密談を・・。
こういう時はCDをオススメするに限る、うむ。

>店主さま。
ジャン・リュック・ポンティ(Vn)の「秘なる海(ENIGMATIC OCEAN)」って
お試し済みでしょうか?まだなら是非どうぞ。アタリですよこれは。絶対後悔
しません。

>毛糸様
「5150」ですか・・・う〜ん、記憶に無いなぁ(平身低頭)。名前からして明らかに
ヴァン・ホーテン、じゃなかったヴァン・ヘイレンの例のアルバム以降に出来たスタヂヲ
なんでしょうね。あの頃は私らびんぼーで、もっぱら大学の部室で練習してましたから・・。
「フォーク同好会」「ジャズ研」と三つ巴で部室の奪い合いを繰り広げてました。
(どの辺りのスタヂヲなのか、別途教えて下さいな。行ってるかもしれないので。まる。)



00/06/15 00:50:47
名前:
J'rat

コメント:
 何のかんの言いながら、今日は一日中「ロシアンルーレット」聴いています。実は奥が深いのかな〜?

>ritornelさん!!!!!!!!
 お久しぶりです〜。ようこそいらっしゃいました。さっそく拝見しました。ハモンドの情報満載のサイトですね。じっくり読ませていただきます。すごいな〜。
 え、Double Dimple のプレゼントが余っていたのですか!? 世界のファンが探しているというのに....。皆さん、チャンスですよ〜! 早くしないと.......私が応募してしまいますよ〜。(^^ゞ え?「ジャケットのみブラジル盤(?)」...なんですかっそれは?

 ところで、ritornelさんの素晴らしいトリアンヴィラート解説がサイトから消えてしまったので、とても残念です。私などには足元にも及ばない、豊富な知識をベースにした滋味に富んだ素晴らしい解説です。日本中の他のファンの方のためにも、ぜひとも復活させてくださ〜い。(^_^)/



00/06/15 00:34:53
名前:
J'rat

コメント:
>ロシアンルーレットのエレキギター、
 彼らの他のアルバムに比べれば多いです。プレイヤーは TOTO の Steve Lukather と、Tim May がほとんどの曲をやっています。Mike Gong という名前も数曲であがっています。改めて見たら、1曲目の PARTY LIFE のギターもルカサーでした....。(^^ゞ
 ちなみに、ドラムに Jeffrey Porcaro、ベースに David Hungate と、TOTO ファミリー総出演です。全曲参加ではありませんが...。

 ところで、RIEN NE VAS PLUS というフリッツ作のバラードで、solina string synthesizer を弾いています。注意して聴いたのですが、ほんのちょっとでした...。(^_^;

>AUKENさん、
>せめて何か若い人向けのものを見ないと
 ど、どうされたんですか? 突然じじむさいですね〜。どうぞ、堂々とお読みくださいませ。私の頃は MEN'S CLUB しかなかったので、羨ましいです。(^_^)

>毛糸さん、
>つくろっ! ねぇねぇ
 マスターテープさえ手に入れば、いつだって....。え?ドイツのではなくて中国のトリアンヴィラート、つまり「三頭政治」ですか、そりゃいいですね!

>ボンジョヴィ、
 買う買うっ! かかしさん、ありがとうございました〜。



00/06/14 23:59:17
名前:
ritornel
ホームページアドレス:
私のホームページへ
電子メールアドレス:
メールはこちらまで

コメント:
J'ratさん、皆さん、こんばんは。どうもたいへんご無沙汰しています。

ハモンドオルガンの話題が出ていますね。先日うちのページにリンクしてくださった
高木庵さんのページに国内、海外のハモンドの情報やリンク集がたくさん載っています。
「 レズリースピーカーとハモンドオルガン 噂、神話、真実および伝説」という翻訳は
面白いですよ。URLは以下の通りです。もうご存知でしたらすみません。

http://www.m-net.ne.jp/~takagih/

ところで、Triumviratのリマスターは遅れているようですね。EMIは昔The Enidに対しても
誠実ではなかったのでなんだか印象が悪いんですが、今度は無事に出てほしいです(^^;;

私の手元に "Illusions on a Double Dimple"のCD(ドイツ盤。ジャケットのみブラジル
盤(?))が一枚ダブっていますので、ご希望の方がいらっしゃいましたらタダで差し上げます。
メールでご連絡ください。以前うちのページでプレゼント企画をやった時に、このアルバムだけ
希望者がいらっしゃらなくて残ったものなんですが(^^;;

J'ratさん、久しぶりなのにこういうなんだかでしゃばった書き込みをして失礼しましたm(_)m



00/06/14 22:34:36
名前:
かかし

コメント:
クリムゾンの新譜のこと書いて良いですか?良いですか?書きますよ。本当に書きますよ・・・・
って大したこと書かないけれど・・・

1曲目はデス・メタルかと思って、びびりましたが全体的にヘヴィーでとても気に入ってます。
とにかく1週間毎日これリピート・リピートしてたらね・・・・疲れちゃいました。
その後で、アランパーソンズを聴いたら天国!って思いましたね。
とにかく、この滅茶苦茶、極端な聴き方、何とかならないものだろうかと自分であきれます!
欲を言うとメロディーが少し弱い気がしました。
やっぱりここは、ウェットンさんが恋しくなるところです。
(KCゴム〜〜〜〜)

>ボンジョビ
良いですよ〜〜〜〜。誰にでも安心して薦められます。
NEXT 100 YEARS って誰か歌ってたよなー・・・・と思いつつ名前が解らない。
なんか、枯れ木も山の賑わいみたいな・・・人海戦術みたいな・・・



00/06/14 20:11:46
名前:
FromNiigata

コメント:
J'rat様>
この謙虚さ(というか余裕)が素晴らしいです〜!! いや〜、全然余裕ないですけどね。正直そう思っているだけです。

ハモンド・オルガン>
確か、ハモンドオルガンって「お金がない教会や集会場にオルガンサウンドを!」と言うのが開発コンセプトだったとの話を本で読んだ記憶があります。最初はチャーチオルガンの代用品だったと言う訳ですね。それがレズリーとか、エフェクト等で独自のサウンドに発展していったのはエレクトリックギターと同じなのかな?と思ったりします。でも絶滅に瀕しているのはあまりに惜しい気がします。21世紀にも残って欲しい音ですね。



00/06/14 19:37:37
名前:
毛糸

コメント:
>EMIは新規リスナー獲得チャンスを逃してるぞっ
そうだそうだっ!
あんましモタモタしてるとなぁ、にいはおさん強制帰国させて
Triumj'ratっつーネーミングでCD販売しちゃうぞっ!!
ねぇねぇねぇねぇJ'ratさん
昨日言ってた広島のスタジオ5150ですご〜〜〜く安くレコーディング&CDプレスできるの〜〜〜
つくろっ!
ねぇねぇ



00/06/14 18:03:20
名前:
AUKEN
電子メールアドレス:
メールはこちらまで

コメント:
>j'ratさん
いや別におしゃれではないのですが、テレビは競馬中継くらいしか見ず、薄給はすべて
音楽雑誌とCDに消える身なもので、せめて何か若い人向けのものを見ないと世代に取
り残されてしまうのです(^^;

>とりあん
リマスターでないのでしょうか?それをきっかけに入門しょうと思ってたのに・・・
EMIは新規リスナー獲得チャンスを逃してるぞっ!



00/06/14 17:38:24
名前:
ASTRA

コメント:
トリアンのリマスターの件は、だんだん怪しくなってきましたね。
なんだか話題に出すのが悲しくなりますよね。(^^;)
「ロシアンルーレット」は、エレキギターがけっこうフューチャー
されているんでしょうか? 1曲目の話しとかを聞いていると
恐いもの見たさ的な興味が出てきたんですが、エレキギターが沢山
聞けるなら、良い意味でも興味が出ます。(^^;)



00/06/14 10:45:58
名前:
J'rat

コメント:
 今日も雨。あれ、CHPMUNKさん、お早いですね〜。

 今朝は「ロシアンルーレット」を聴いてきました。1曲目の「パーティライフ」が怖くなった今では、このアルバムはイイと思ってしまいました。こう思えるまでに1年かかりましたが....。(^_^;
 フリッツのアレンジのセンスはこのアルバムで磨きがかかったようです。特にポップスも自由自在という感じで、多彩で飽きさせません。前作の「ア・ラ・カルト」の延長線ともいえますが、一気に幅が広がった感があります。その後のプロデューサー稼業の礎になったのがよくわかります。
 フリッツの演奏自体はあまり目立たないです。キーボードは全体のアレンジの中に配置されている感じで、ソロを堪能できるというものではありません。シンセサイザー、エレピ、アコピを主に使っています。キーボードよりも、エレキギターの使い方がうまくなったな〜、と思いました。

 フリッツはその後、ドイツ国内のポップスバンドや歌手のプロデュースを行ってきたわけですが、製作中(のはず)のトリアンヴィラート名義の新譜でどんな作品を聴かせてくれるのでしょうか? とにかく無事出てくれることを祈るばかりです。



00/06/14 08:34:54
名前:
CHIPMUNK

コメント:
>にいはおさん
お返事ありがとうございました。痛く感激しております。そうですね、その線でちょっと考えてみます。
わからないことがあったらまたお邪魔にならない程度で教えてくださいね。
>オルガン
そうですね、ジミー・スミスもトリオでなくて必ずホーンとかがはいってますね。
ラリー・ヤングとかにはあるかもしれませんがしらないです。
最近ではメデスキ、マーチン・ウッドというトリオがいますがアルバムによってはピアノ・トリオに変身するので純粋なオルガン・トリオではないですね。



00/06/14 01:24:58
名前:
J'rat

コメント:
 連続でスミマセン。

>FromNiigataさん、
>そうですか〜?ごく一般的な音楽愛好家と思っているんですけど…(^_^)
 この謙虚さ(というか余裕)が素晴らしいです〜!!

>「ロシアン・ルーレット」での音使いはどうなんでしょうか?
 これが、よくわからないんです。何度も聴きなおしてみるのですが、どうにも聴こえてこないと申しますか....。あまり弾いてないのかな〜? 明日もう一度聴いてみます。
 アルバムお持ちの方、いかがですか?

>AUKENさん、
 ギャロの話もさることながら、メンズノンノをお読みという部分に感心してしまいました。おしゃれですね〜。新宿レコードって外タレさんの写真がいっぱい貼ってありますね。ガーデンシェッドには行かなかったのかな〜?
 先日はクリムゾンの新譜の話の腰を折ってしまってすみませんでした。あの、私はホントに難しいプログレがわからないだけなのでお気になさらないでください。今は紙ジャケ発売に合わせて再入門中の身なのです。(^_^;
 AUKENさんは新譜、気に入られたんですね。皆さん買われたようですが、いかがだったのでしょうか?



00/06/14 01:09:03
名前:
J'rat

コメント:
仕事が忙しくて、まとめてしか書けませ〜ん。今週は土日もお仕事決定!(^_^;

>かかしさん、
 やっぱりなかったんですか、ラヴビーチ。残念です。でもその代わりにボンジョヴィと言うのが素晴らしいですね。代わりにはなっていないような気もしますが....。(^^ゞ 実は私はまだ買っていないのでした! どうでした? コンサートも見に行きたいのですが、なんとなく気後れしているのです。

>ホイトルさん、
 Soon の弾き語り、味がありますよね〜。でも、海の上でやると、もっと感動的かもですね。ちょっと揺れてたりして。....羨ましい話です。

>ハモンドとメロトロンの音がでるキーボード、
 やはり本物のハモンドオルガンをお薦めになりましたか。なるほど〜、なくなってしまうかもしれないんですか。でもメロトロンも本物を薦められなくって良かったですね。(^^ゞ

>オルガンとピアノ
 「かなりプログレ的にいっちゃってる」と最上級の賛辞を浴びてしまったFromNiigataさんの、「オルガンはロック系の楽器」にうなずいた私です。私はジミー・スミスしか知らないのですが。

 ところで、オルガンって元々は教会のパイプオルガンがコンパクトになったものでしょうか? だとしたら宗教的な楽器ということになりますね。対するピアノがハープシコード(チェンバロって同じものでしょうか?)を起源とするものだとすると、これは宮廷音楽ということですね。(スミマセン、想像だけで話しています)
 で、クラシックではパイプオルガン独奏やパイプオルガン付きのオーケストラの曲はありますが、いわゆる普通のオルガンの曲って、私はあまり聴いたことがないんです。オルガンはソウルでは良く使われている(想像です)としたら、やっぱりキリスト教の影響を感じてしまいます。おそらくどんなボロい教会にも賛美歌を弾くためのオルガンはあったでしょうから、民衆にとって身近だったのはピアノよりもオルガンだったのかな〜、だからロックはオルガンなのかな〜、などと想像してしまいました。....違うかもしれませんけど。(^_^;

>毛糸さん、
 広島はやっぱり熱いですねっ! 熱は下がりましたか?
 そう言えば、Europe の「ファイナルカウントダウン」は昔、出張で広島に行った時に買ったのでした。輸入盤のカセットテープ。一山いくらだったので、一緒に「トップガン」のサントラ(テープ)も買って、ビジネスホテルに帰ってウォークマンで聴いたのを思い出しました。寂しい出張だったんですね〜。(^^ゞ



00/06/14 00:57:35
名前:
AUKEN
電子メールアドレス:
メールはこちらまで

コメント:
今月号のメンズノンノに「来日有名アーティストたちが行った店、買ったモノ」という特集があり、
ほとんどの人はそれなりな所に行ってるんですが、ヴィンセント・ギャロだけ「新宿レコード」(^^)
それで、買った物がLOS CANARIOSの「Ciclos」・・・
「この本の読者で誰がわかる?」と思いつつ「あ、俺か」などと一人つっこみをしてしまいました。
しかも特集のトップを切って載っているところが凄いですね。
もっとも記事ではアーティスト名とアルバム名が逆になっており、編集さんも知らぬ様子。
やはりプログレの認知度って・・・(泣)



00/06/14 00:32:25
名前:
From Niigata

コメント:
 にいはおさん、オルガン・アルバムのアドバイスありがとうございます。最近、ジャズ系のアルバムは買ってませんが、にいはおさんのアドバイスに従ってバリエーションを広げていきたいと思っています。でも、今まで聴いたジャズ・オルガンのサウンドってどうもソフト過ぎるんですよね〜。荒々しいエマーソンのオルガンから入ったからでしょうか?
 フリッツのオルガンも歪みが少ない感じですが、やはりフリッツには合っているんでしょうね。フリッツの音作りは、自分のキャラクターを的確に把握していると言う感じがします。あんまりグチャグチャの音はなく、綺麗なトーンでまとめてますからね。「ロシアン・ルーレット」での音使いはどうなんでしょうか?でも、アメリカ・リリースがないのにあのサウンドって言うのもなんですね〜。リマスター聴きたいNo1です。発売即ゲットしますけど、EMIさんヨロシク。

 
 この人もかなりプログレ的にいっちゃってる人だと思うんだな、わたし・・・。 >
そうですか〜?ごく一般的な音楽愛好家と思っているんですけど…(^_^)これからも、ご意見参考にさせていただきます。皆様ヨロシク。



00/06/14 00:01:29
名前:
ASTRA

コメント:
>毛糸さん
>真相はわかんねーっす、でもウソだもん、じぇったいっ!
早速どうも。今後の情報を待つしかないですね。



00/06/13 23:28:26
名前:
毛糸

コメント:
>ヴァンヘイレンが癌告白
うっそぴょ〜〜〜〜んっ
ってゆーか、ウソだと信じてるです
エディの舌癌の報道のことですよね?最新のニュースによると先月末から
癌予防のプログラムをトリートメント中とか・・・・
一応検査を受けた病院の報告は白でした
真相はわかんねーっす、でもウソだもん、じぇったいっ!

うちからリンクしてる「5150JAPAN」のサイトがVHでは日本最大と思ってるのですが
ここのWebマスター広島の方なんですよぉ、頑張ってほしいですぅ
あ、それと広島に「5150」ってスタジオがあるの知ってますぅ?>にいはおさん
ここを経営してるカッタン(もういいおやぢですが)ってね
「ユニコーン」(奥田民生の)の前身バンド「READY」のギタリストだったんですよ
このころライブハウスによっく行ったですよぉ、なつかしっ!
それにしてもカッタン(もういいおやぢですが)、未だに金髪のロン毛で
エディスマイル(もういいおやぢですが)これまた頑張ってほしいですぅ



00/06/13 22:03:51
名前:
ASTRA

コメント:
そういえば、ヴァンヘイレンが「自分は癌だ...」と告白した
という噂を聞いたんですが、本当なんでしょうか?



00/06/13 21:52:42
名前:
にいはお

コメント:
あ〜っ、にいがたさんだ。
この人もかなりプログレ的にいっちゃってる人だと思うんだな、わたし・・・。

にいがたさん、にいがたさん。
ジャスオルガンですが、グルーブ・ホルムズってご存知ですか?
あと、定番ジミ−スミスのちょっと変わったところで、ヴァーブ時代の
「ピーターと狼」なんてのもありますよ。クラシックをモチーフにしたなんとなく
プログレ的な手法の感じがしますが、中身はスミスべろべろ弾きまくりです。
それと以前にも書きましたがタワーオブパワーの「バックトゥオークランド」に
収録されている「スクウィブ・ケイクス」。C.トンプソンの爆裂オルガン+
ベースペダル(これは本当に凄い)あんどD.ガリバルディ(Dr)のコンビネーションは
往年のリチャード・ティーの右手左手あんどS.ガッドのタイコのコンビに勝るとも
劣らないノリとパワーで、とても人間ワザとは思えません。まだなら是非ご一聴を。



00/06/13 20:58:49
名前:
FromNiigata

コメント:
>ALASKAのやせ我慢
確かにあのビデオでは苦しさアリアリ。でもメンバーの少ないやせ我慢の美学ってロックバンドにはあるんでしょうね。個人的には、やはり大編成のバンドよりメンバーの少ないバンドがカッコよいと感じますね。トリオがベストなんですが、多くても5人編成までかな?許せるのは。まぁ必然性があれば許せるんですけどね。ABWHの+サポートメンバーのライヴは「ちょっと反則じゃない?」と思ったものです。



00/06/13 20:51:14
名前:
FromNiigata

コメント:
ハモンド>
ハモンド・オルガンの音って本当に良いですよね。レズリーなんか通すと弾いているプレイヤーなんか「ク〜ツ、たまらん!」って感じなんでしょうね。最近のデジタルシンセと存在感が違うって感じ…。
オルガンと言えば、ジャズではオルガン・ギター・ドラムスのトリオ編成が定番なんですが、あんまりピンとくるアルバムを聴いた事ありませんね。やはりロック系の楽器なんでしょうか?エマーソン、ウエイクマンは共に特徴ありますが、マルチプレイヤーのい印象が強いんで、オルガン奏者と言うとグレッグ・ローリーの印象が強いですね。

個人的にはエマーソンに是非ナイアシンみたいにオルガンオンリーのトリオアルバムを作って欲しかったです。



00/06/13 20:35:04
名前:
にいはお

コメント:
>CHIPMUNKさまへ。ハモンドとメロトロンの音がでるキーボード

まず思い切ってハモンド本物買っちゃうというのはどうでしょう?
最近のシンセ(な〜んて私もしばらくは日本の楽器屋なんか覗いてはいませんが)
は、オルガン系の音は勿論いくつかプリセット入ってはいますが、やっぱり
本物はいいですよ、特に例のドローバーをぐりぐり動かすとリアルタイムで
音が変わるところが。それともう一つ、オルガンは近い将来再び生産中止と
絶滅の危機に瀕する可能性があると考えるからです。シンセなんかは手を変え
品を変え、ずっと生産されるでしょうが、オルガンみたいに「オルガンの音」しか
出せないキーボードはいずれ「資本主義大量生産顧客のにいず売らんかなどおせ
お前もそうなんだろうドイツのEMI主義」に押されて淘汰されること間違いありません。
現に今定番とされているであろうハモンドの「XB-1」「XB-2」の出現前にそういう
事態は一度起こっております。今のうちにこのどちらかを手に入れられては?

メロトロンの音については、現在のシンセのいわゆる「ストリングス系」の音は
あまりに綺麗であまりにリアルで、かえってこれぞ!というのはないんじゃないでしょうか。
ですので、中古でもいいからどれかシンセの音源を入手されて、先に手に入れた(まだだっちゅうの)
ハモンドをマスターキーボード代わりにしてそれで鳴らしながら、自分で音を作る、というのが
いいのでは?なに、音作りなんてそんなに難しくありません。すぐ慣れます。それに、最近の
シンセはテクノロジーの恩恵をどっぷり蒙っているから、どこのメーカーでもそれほど大差は
ありますまい、たぶん。

ちなみに小生はオルガンが前出ハモンドの「XB-2」シンセ音源はコルグの「X5DR」「NS5R」なる
ものを使っています。アップトゥデートではありませんが、いい音してますよ。特に「NS5R」の
ほうにはUKの「アラスカ」の音とか、D.スチュワートのオルガンの音とか入っていて、結構使える
スグレモノです(笑)。



00/06/13 20:05:18
名前:
かかし

コメント:
>ラヴビーチ
なかった・・・・・。
仕方ないので、ボンジョビを買いました。



00/06/13 19:58:31
名前:
ホイトル

コメント:
ハウちゃんの海上ライブ、どんな大金持ちが見るんだろう?
ハウちゃんのライブ盤"pulling strings"で聞ける
「スーン」の弾き語りを楽しめちゃう私のような物好きの前で
格安で演ってくれぃ!



00/06/13 19:42:54
名前:
J'rat

コメント:
>ふらじゃさん、
>MIDIでも渋滞、
 MIDIファイルは小さいのに聴けないなんて、それはすごい渋滞ですね。でも、昼休みに会社でMIDI聴いていても怪しまれないあたりが、すごいと思いました。

>ALASKA、
 トリビュートコンサートのビデオでも見ましたが、かなり無理があります。やせ我慢しないでメンバー増やせばいいのに....。やりたいんでしょうかね、ドラムも歌も? (^_^;

>海の上のギタリスト、
 船酔いは大丈夫なんでしょうか? 1300ドルって、....14万円ですか! どんな人が聴きにいくんでしょう。ヤレヤレ、ですね。



00/06/13 16:25:36
名前:
sekiko

コメント:
>ステちゃんライブinクルーズ
ちなみにお値段は1295ドルからだそうです。
いろいろ豪華なおまけがついてるようですが。
詳しくは http://www.music-cruise.com/ に載ってるよ〜



00/06/13 15:12:26
名前:
ゆあ

コメント:
ステの洋上クルーズ>
海の上のギタリスト〜
生まれてからずっと船に乗ってて、ずっとギター弾いてるの。
(これでアロハ&ウクレレだったら縁切るよ・・・とほほ)
クルージングは高いからなぁ。。。
もっと庶民に手が出るような所でやってくりよぉ



00/06/13 13:12:29
名前:
ふらじゃ

コメント:
あいかわらずの雨でうっとうしいですね
こんな昼休みはにいはおさんのMIDIでもまとめて聴こうと思ったら
レスポンスが悪くて聴けませんでした。
なんかみんなインターネット見てるみたいです。

私信です
J'ratさん、ブツ届きました。
ありがとうございます。



00/06/13 10:14:25
名前:
J'rat

コメント:
 今日も雨ですね〜。
 じめじめするので EUROPE の「ファイナル・カウントダウン」を聴いてきました。印象的なイントロのキーボードのリフですが、音がイマイチよくないです。違うキーボードだともっと迫力が増すのでしょうか? でも北欧メロディアスロックの名曲で、好きなんです。スウェーデンって、いいですね。

 今朝はビーチ・ボーイズの「ダーリン」も聴いたのですが、この曲は「ア・ラ・カルト」でトリアンヴィラートによるコピーを聴くことができます。トリアンヴィラートの「ダーリン」はホーン・セクションの切れの良いアレンジで、かなり聞かせてくれるものです。フリッツの才能は、やっぱり素晴らしいと、素直に感心してしまいました。

>ロシアンルーレット、
 そうですね〜、レゲエもありますね〜。すごいアルバムです。(^^ゞ
 そうか、巨さんはお好きなんですよね〜。リマスター、最後のこのアルバムまできっちり出て欲しいです。がんばれ EMI !

>毛糸さん、
 風邪は大丈夫ですか? ロシアンルーレットなんか聴いたら、ぶり返してしまうかも知れませんよ〜。でも、今度お聴きいただきましょうか? 死んでも知りませんが....。(^_^;

>ヴァンゲリス、
 きのうはこれしか持ってなかったので、帰りにも聞きましたが、2曲目がキャメルの Dust and Dreams に似ていると思いました。いい感じでした。

>タワーレコード、
 家の近所にもあります。プログレのコーナーもあるのですが、棚がオープン型なので、表面積の割には数は少ないです。かかしさんの近所のお店に、果たして「ラブビーチ」はあるのでしょうか? 続報をお待ちしてま〜す。

>CHIPMUNKさん、
 いよいよシンセサイザーですか! すごいですね〜。ハモンドとメロトロンは必須ですよね。私は楽器はさっぱりわかりませんので、どなたかご存知の方、お願いいたします。

>洋上クルーズコンサート、
 高そうですね〜、値段が。一度乗ったら降りられなくって、世界一周してしまったりして....。(^^ゞ
 日本に来て東京湾の屋形船でやって欲しい。もちろんカッパの扮装で....。ゴメン。(^_^;



00/06/13 10:09:30
名前:
ふらじゃ

コメント:
 今日の通勤の友はALASKAのNEARfestでのライブでしたが
このグループのボーカルはドラムも演ってるんですが、
叩きながら歌うのは辛そうですね、だんだん息が続かなくなって
可哀相になってきます。ドラムって体力いるんですね。



00/06/13 10:00:03
名前:
ふらじゃ

コメント:
>スティーヴ・ハウが洋上クルーズコンサート
ギターのかわりにウクレレ持ってたらおもろいなぁ
 あ〜あんあ、やんなっちゃったぁ〜♪
 あ〜あんあ、おどろいたぁ〜♪
なんてね



00/06/12 23:22:08
名前:
毛糸

コメント:
>スティーヴ・ハウが洋上クルーズコンサート<br>
ほほぉ・・・・<br>
ゆあ画伯の絵が実現するわけですな、<br>
で、オーディエンスは全員皿かぶるわけで?<br>



00/06/12 23:16:09
名前:

コメント:
突然、お久しぶりです。
なんとまぁ、ロシアンルーレットがかなりの話題になっているなんて。
これで、みんな怖いもの見たさで、リマスター盤の売上No.1になる可能性も出てきたわけですね。
たしかにこの曲を聞いたとき、”....おわったな....”と思いました。
ラヴビーチの比ではないでしょう。でも結構好きです、わたし....。



00/06/12 22:52:34
名前:
sekiko

コメント:
ラブ・ビーチといえば、関係ないけど、
11月にスティーヴ・ハウが洋上クルーズコンサートをするんだそうです。
アロハ着てたらどうしよう…



00/06/12 22:33:59
名前:
CHIPMUNK

コメント:
こちらのお話を読んでるとキーボードが欲しくなりますねー。
全然弾けないんですけれどシンセサイザーってずっと憧れです。
今買うならこれだっ!っていうお薦めってありますでしょうか?
私プログレ者なのでハモンド・オルガンとメロトロンの音も出るとうれしーなあー。(無理ですよね)



00/06/12 21:53:10
名前:
かかし

コメント:
>J’ratさん
お手数をお掛けしました。ありがとうございます。

>Party LIfe
from Niigataさん。そんなに気に入っていただけたんですか!(ちがうか?)
ほーら。みんな聴きたくなってきたでしょ?
昨日は一日、「ロシアン・ルーレット」のリピート、リピート!レゲエもあるよ!すごいよ!
でも私、絶対に絶対に薦めてませんからね。買わなくて良いですよ。ホント、ホント。

しかし、それどころではないような大変なことが起こってしまいました!
私の家の近くに何とタワーレコードが出来てしまったのです!
「どうせこんな田舎の店だから大したことがないだろう・・・」と行ってみたら・・・・す・ご・い。
人生変わりますよ!
今日は買うつもりじゃなかったし、リストも持ってなかったので目に付いた、スウェード、
レディオヘッド、ロキシー1st、ケヴィン・エアーズの4枚だけ適当に買ったんですが、
家に着いてつくづく考えると全部ヴェルベット・ゴールドマインの関連だったのでおかしかったです。
あっ!「ラヴ・ビーチ」買うの忘れちゃった!と気付いて、又、明日行ってこうと思うんですが、
1枚だけ買って帰れるでしょうか?
家庭崩壊、一家離散の日は近いかも知れない・・・・。



00/06/12 18:30:55
名前:
FromNiigata

コメント:
>南極物語
確か、監督が「音楽は絶対にヴァンゲリスだ〜」っと駄々をこね、制作費の1/3だか半分を音楽につぎ込んだと言う話だったですね。でも、映画の方は大ヒット、(収入未だにNo1だったかな?)十分モトはとれたと思います。
ヴァンゲリス独特な減衰系のブラス&ストリングスサウンドが美しいですが、アルバム1枚聴くとなるとやはり退屈ですかね。やはり「天国と地獄」とか「反射率0.39」の頃が一番好きだな〜。良く、パルスターとアルファが宇宙モノのBGMとして使われていたのを覚えています。



00/06/12 17:09:42
名前:
毛糸

コメント:
>ロシアン・ルーレット
なんだか逆に興味をそそられてしまいますぅ
一曲目がはじまる前から心臓バコバコさせて身構えそうですね
あ〜〜〜だからロシアン・ルーレットかぁ、なるなる
あたしはロシアン・ルーレットと言ったら「ディアハンター」思いだしますなぁ
>子猫物語
チャトランですな(映画館で観たことはないしょだ)



00/06/12 16:47:44
名前:
J'rat

コメント:
>南極物語、
 海外も出ていたのですか? それは知りませんでした。ありがとうございました。
 映画はカドカワでしたっけ? タロとジロが越冬隊に置き去りにされてしまうという、悲しい物語でしたね〜。「子猫物語」というのもありましたね。

>ロシアン・ルーレット、
>セールス的にも「ラブ・ビーチ」って感じだったのでしょうか?
 それがですね、このアルバムは米国では発売されなかったらしいです。前作の「ア・ラ・カルト」の不調で、アメリカとの契約を失ってしまったのだそうです。(T_T)
 私はず〜〜っと、最後のアルバムは「ア・ラ・カルト」だと思っていました。数年前に公式サイトで、このアルバムの存在を知ったのですが、初めて聴けたのは日本語サイトを立ち上げて、さる方から聴かせていただいてのことでした。そのショックたるや.....。その後、中古でLPをゲットしました。
 「ア・ラ・カルト」はまだわかるのですが、「このアルバムを出したら、きっと後は続かないだろうな〜」というのが、今でも私の素直な感想です。アルバム単体としてはユニークなのですが、内容はともかく、コンセプトが大きく飛んでしまいましたので、やはり20年は沈黙する必然があるような気がします。



00/06/12 15:12:46
名前:
ふらじゃ

コメント:
>南極物語
アルバムとしては退屈ですね、同じメロディーが何度も出てきて・・・
ヴァンゲリスが「炎のランナー」でアカデミー賞を取ったので、
日本の映画会社がサントラを依頼したんでしょうが、なんかやっつけ
仕事の感じがします。ただタイトル曲は素晴らしいですね。
海外でもずいぶん後でリリースされてます。
輸入盤所有してました。いやまだ探せば持ってるかも(^_^;



00/06/12 13:19:29
名前:
FromNiigata

コメント:
>パーティライフ
いやぁ〜、衝撃的なオープニングナンバーですね。その衝撃度は「ラヴ・ビーチ」の「欲しいのは君だけ」「ラヴ・ビーチ」の軽く1000倍はあるでしょうね。今は笑って流す余裕があるのでしょうが、リアルタイムで経験したJ'ratさんの驚きは如何ほどだったでしょうか?人生10大ビックリにチャートインしているのでは?でも、こう言うナンバーってクセになるのは確かですね。どうもありがとうございました。
ところで、「ロシアン・ルーレット」ってセールス的にも「ラブ・ビーチ」って感じだったのでしょうか?



00/06/12 11:09:46
名前:
J'rat

コメント:
 週末に続き、今日も雨ですね。本格的な梅雨になっちゃいました。
 きのう近所の図書館に行ったのですが、CDの貸し出しもしていました。たいしたものはなかったのですが、映画「南極物語」のサントラがあったので、借りてしまいました。ヴァンゲリスによるもので、確か、外国では売っていないと聞いたことがあります。今朝聴いてきましたが、なごみますね〜。映画音楽なので、全体の構成はイマイチですが....。

 PCが復活したので、ハードディスクにトリアンヴィラート関連のアナログを録音しまくっていました。フリッツの手がけた映画音楽、「Hard to be a God」は改めて聴くと、なかなか良いですね〜。

>ふらじゃさん、
 あらら、お風邪ですか? お大事になさってください。
 先日の Simon Says のお礼を、今日郵便でお送りします。

>パーティライフ
 これも週末この曲だけ繰り返して聴いていたら、気に入ってしまいました。かかしさんのおっしゃる通りですね〜。笑いながら聴いています。

 5150さんはやはりお引越し中のようで、かかしさんから再度ご希望がありましたので、URLなどの記載された過去の発言の一部を削除いたしました。決まったらまたご連絡くださいね〜。楽しみにお待ちしています。(^_^)



00/06/12 11:06:18
名前:
ふらじゃ

コメント:
 風邪ひいて調子悪いです。
土日で聞いた音楽は、「おかあさんといっしょ」の曲だけです
 
 あっというまにはじまってぇ〜♪
 あっというまにおわりますぅ〜♪

・・・あ、熱が・・・



00/06/11 02:55:17
名前:
かかし

コメント:
>Party LIfe
管理人さん、歌わないで下さいよ〜〜〜〜。
あー。もうダメだ!完全に頭にこびり着いちゃって、離れないよぉ〜。
何だか、すっごくおかしくて、笑いが止まらないじゃないですか・・・・・。

私、たった今、この曲メチャクチャ好きになってしまいました。
「この曲ちょっとねぇ〜〜〜〜」とか言って、顔しかめてスキップするの止めますよ!
最高に面白いじゃないですか!ユルゲンのキーボードでこんな曲が聴けるなんて!
(他も似たようなモンだし)
もう、私のテーマ曲にしちゃおうっと!

「ラブ・ビーチ」も買って来ます。



00/06/11 01:03:15
名前:
紀州の駱駝

コメント:
>J'ratさん、
9月7日の件、了解です。よろしくお願いします。

>CHIPMUNKさん、
Nathan MahlのCD情報ありがとうございます。9月に上京しますので、そのときに探してみます。

昨日(9日)は久しぶりに飲みに行きまして、12時頃に帰ってきてから書き込みしてたのですが、途中で力尽きてしまい、パソコンつけっぱなしで寝てしまいました。翌朝パソコンをみると、書き込み中のこの画面が表示されてたままでした。あーあ、情けない(;_;)
レス、1日遅れとなりました。すんませんですm(__)m



00/06/10 23:41:46
名前:
J'rat

コメント:
 いよいよ梅雨入りですね。東京は曇りのち雨、今夜は冷たい雨が降っています。

 久しぶりに BBC'75 のブートを引っ張りでしてまいりました。ブートとはいえ放送が元のようで、なかなか音はいいです。演奏がまた勢いがあっていいんです。キーボードのフリッツは弾きまくっていますし、ケレンのベースも音が立っています。バテルトのドラムスの音が引っ込み気味なのは残念ですが、一番おいしい時期のライブです。アレンジはライブ用に多少変えてありますが、スタジオ盤と違って、マルチ・キーボードの使い分けや組み合わせの様子が手に取るようにわかります。いつか別の音源を発掘して、リリースして欲しいものです。
 ちなみにこのブートの曲目と時間は以下の通りです。
1.The Capital of Power (3:29)
2.The Deadly Dream of Freedom (4:57)
3.The March to the Eternal City (11:34)
 全て「スパルタカス」からのものですが、アルバムでは最後から2曲目のこれで終わるところが切なすぎます....。最後まで聴かせて欲しい〜! 合計20分足らずのブートですが、聴き所は多いです。おっと、ブートをお薦めしてはいけませんか....。(^_^;

>お馬さん、
 この感じでYesのメンバーを描かれたら素晴らしいでしょうね。スティーヴ・ハウなど似合いそうですね〜。ねっ、ゆあさん!

>5150さん、
 どこへ引っ越されたのでしょうかね〜? 怪しいところかな〜。(^^ゞ

>にいはおさん、
 その登場の仕方は5150さんかと思ってしまいました。幼児教育ご苦労さまでした。こういうのの積み重ねですよね、やっぱり。仔ラットは「二重えくぼ」のほうが「スパルタカス」より好きなようです。
 おや.....、と言うことは、次なる耳コピは「フラッシュバック」でしょうか〜? 嬉しい。(T_T)



00/06/10 23:13:41
名前:
にいはお

コメント:
本日の出来事

けけけけ、トリアン弾いちまいました、公衆の面前で。
幼稚園のPTA会に出席していたら、娘のお友達から「ピアノ弾いて」とせがまれ、
そこにあったピアノで「FLASHBACK(二重えくぼ)」のさわりを弾いてやった。
しかし曲があまりに高尚すぎたため、幼稚園児の理解を得られず、仕方無しに
バナナのうた(ばなながいっぽんありました)とミッキーマウスマーチを即興で
流しました。みんな合唱してくれました。ありがとう。
顧客のにいずに即応するのも、演芸キーボーダーのつとめです。

午後から楽器屋へ。一度修理したベースがついにオシャカになりました。
もう一度直るかな、と思っていたら店員のおにーちゃん曰く「あ、もうだめだわ、
ところでこれ、どう?一本だけ残ってるから、安くしとくよ・・・」なんて調子で。
新興宗教も顔負けの口の巧さに、つい買ってしまいました。たはは。
よって本日はベーシストのリーダーアルバムを聴くことに。現在、私の横では
チョッパーベースの始祖、ラリーグラハムの「POW」(「いかしたファンキーラジオ」)が
流れております。たまにゃこういうのも、うん、悪くないでしょう。



00/06/10 18:29:33
名前:
ゆあ

コメント:
かかしさん>
お馬さん見ました!
ほへ〜、すっごい!かっこいいぃ!!
これって、色鉛筆か透明水彩ですか?
背景はパステル調ですねぇ(といっちょ前に分かった振りをかましつつ、実は全然わかってない(^-^;)
う〜〜〜ん、これは、、、
なんとか隊のほかのメンバーにばれると勧誘がきますよ(笑)
それにしても、ほんとに馬お好きなんですね。
瞳がうるうるしてるのが愛情を感じますです。



00/06/10 09:55:29
名前:
にいはお

コメント:
げっ、やっちまった、おバカな私・・・。

そんなことはどおでもいいんだ、やっと、やっと
案山子さんの絵が見れたよぉ。
・・・凄い、これは。

わたしゃてっきりフツーのイラストを想像してたので
いきなり画面にリアルなお馬さんが登場して「えっ!?」と
声を上げてしまいました。画歴(?)長いんですか?

まいったなあ、これは・・・・(他に言葉が思い浮かばないよ)。



00/06/10 01:24:00
名前:
J'rat

コメント:
>ちゃわわわわ〜ん(GX−1)
 括弧の中で思いっきり受けてしまったのは私だけでしょうか? (^_^)

では、ロシアン・ルーレットの一曲目まいります。

♪わなふぁ〜ぶ、ぱ〜てぃらぃふ♪
♪わなふぁ〜ぶ、ぱ〜てぃらぃふ♪
(リフレイン)
 :
かんべんして、ボーカルのアルノ・ステフェンさん。(^_^;

>かかしさん、
これはまだ生きているみたいですけど、メッセージ削除してしまっていいのでしょうか?
お馬さんの背景も見れますし....。



00/06/09 22:00:39
名前:
にいはお

コメント:
>「海賊」
ぱ〜ん・ぢょわ〜〜ん
ちゃ〜〜ん・ちゃ〜ん・ちゃ〜ん・ちゃ・ちゃわわわわ〜ん(GX−1)

・・・あ、て、店主様が歌ってらっしゃるんで、つい・・・(歌じゃねえだろおこれわ)

ライナーかなんかに書いてあったと思いますが、これぞELP+オーケストラの究極でしょう。
こういうの、もういっぺんやってくれんかなあエマーソン。

>ロシアンルーレットの一曲目
にいがたさんと同じで聴いてみたいです。怖いもの聴きたさ・・・?



00/06/09 19:45:36
名前:
かかし

コメント:
>J’ratさん
いつも大変、お騒がせして申し訳ありません。
5150氏は只今、お引っ越し中なので、前回の私の発言を削除していただけないでしょうか?
連絡が遅れて申し訳ありません。



00/06/09 15:32:23
名前:
CHIPMUNK
電子メールアドレス:
メールはこちらまで

コメント:
>紀州の駱駝さん
すみません、M&Mのカタログは「M」の項です。Mahl, Nathanで出ていると思います。
それからもう一つ http://www.recordheaven.net でもカタログにはありました。こちらは「N」にありました。
ソコツな書き込みですいませんでした。



00/06/09 14:01:12
名前:
ふらじゃ

コメント:
>Simon Says
気に入っていただいてヨカッタです。
あまり聞き込まずに「良いよ〜」などと書いて
音楽と違うとこで盛り上ってた様な気がしてたので
またハズレを掴ませたらどうしようと内心ビクビクでした。



00/06/09 13:19:52
名前:
CHIPMUNK
電子メールアドレス:
メールはこちらまで

コメント:
お、J'ratさん、ご機嫌ですねー。

>紀州の駱駝さん
CDなんですが、やはり普通のお店にはなかなか無くて、見つかるとすれば東京では
Garden shedとかWorld DisqueとかDisk Unionのプログレ・コーナーになると思います。
インターネットのSHOPでもやはりプログレ専門のところになると思います。
例えばhttp://www.mandmmusic.com/にはおいてあります。(カタログの「N」の項をご覧ください)



00/06/09 10:24:37
名前:
J'rat

コメント:
歌っちゃお!

♪す〜んざ、ふぁいなる、だんすびぎ〜〜ん♪
♪い〜んじ、あ〜りも〜にん、さ〜〜〜〜ん♪(高い。く、苦しい...)

Spartacus の "The Superior Force of Rome"より



00/06/09 10:08:03
名前:
J'rat

コメント:
 スパルタカスは、歌モノがまたいいんですよね〜。哀愁もあるんですが、とっても元気になるアルバムで、梅雨空なんか吹き飛ばしてくれそうですね。今日は風が強いですが....。(^^ゞ

>Simon Says「CEINWEN」、
 半分ほどしか聴いていませんが、すごく良いですね、これ! わざわざふらじゃさんが買ってくださった理由がわかります。プログレですよね。メロトロンも入ってますね。ベースがカッコイイし、Yes や ELP、NEKTAR、RUSH、 とか色々な要素が入っているような気がしました。大当たりです!! ありがとうございましたっ!

>紀州の駱駝さん、
 やっぱり気合が違いますね〜。でも上京されると西新宿めぐりとかの楽しみもありますね。7日お会いいただけるようでしたら、公演が近づいたら改めてお打ち合わせさせてください。



00/06/09 09:31:36
名前:
ふらじゃ

コメント:
 にいはおさんのMIDIに触発されて、今日の通勤の友は
「スパルタカス」でした。
やっぱり良いですねこのアルバム、フリッツのクラシカル
な面はもちろんですが、メロディーメーカーとしての腕が
さえてます。
早くリマスターが聴きたくなりますね。



00/06/09 00:42:57
名前:
紀州の駱駝

コメント:
>CHIPMUNKさん、
Nathan Mahl情報ありがとうございます。ついでにもうひとつ質問なんですが、彼らのCDは現在入手可能なんでしょうか?
ちなみに、CDNOWの検索ではありませんでした。んー、1度聴いてみたいです。

>J'ratさん、
にいはおさんのMIDIの順番について、早速の回答ありがとうございます。今までは単にアルファベット順で聴いていたんですが、次からは教えていただいた順番にしてみます。
Camelコンサートについては書かれてるとおりで、東京へは飛行機で行きます(自宅から片道2時間余)。大阪と東京1回のパターンも検討したんですが、東京での1泊と大阪までの旅費がほぼ同じなので、東京2回にしました。
7日にお会いできれば嬉しいですっ(^o^)丿



00/06/08 23:43:58
名前:
J'rat

コメント:
>ふらじゃさん、
 Simon Says (本家?)今日、届きました〜。楽しみです。お金はあとでお送りしますね〜。

>「将校と紳士の回顧録」
 は〜い、コピー・アンド・ペーストしてました〜。(^^ゞ

>ロシアン・ルーレット
 一曲目の題名は Party Life です。「どうしたフリッツ!」と私は叫んでしまいました。ホントはフリッツの曲ではないのですが。From Niigataさんやにいはおさんの反応を見てみたいです....。(^_^;

>かかしさん、
 本格的な絵で、びっくりしました。瞳がつぶらですね〜。

>5150さん、
 お引越しですか? 転居先が決まったら、教えてくださいね〜。(^_^)/



00/06/08 23:32:54
名前:
From Niigata

コメント:
「将校と紳士の回顧録」>
まぁ、将校と紳士は別の人間を指す訳でははなく、将校=紳士ってことですからね。
私はあまり歌詞に重きを置く人間ではないんですが、「海賊」とか「将校と紳士の回顧録」はシンフィールド・ワールドって感じで好きですね。

「ロシアンルーレット」1曲目を外すのは鉄則>
う〜ん、一体どんな曲なんだろう?かえって聴きたくなりました。



00/06/08 22:49:11
名前:
にいはお

コメント:
おおおお、CHIPMUNKさんまで一体何を・・・。

>お詫びとざんげと訂正
自分で名作じゃあなどと喚いておきながら、わたくし、曲名をしっかり間違えてました。
「将校と紳士の回顧録」が正しかったです(将校が先)。おかげでにいがたさんも、
店主さまもつられてしまって・・・うっうっ・・・何とお詫びしてよいやら。
自宅謹慎します(うそつけ)。

>紀州の駱駝さん
お聴き下さってありがとうございます。
キャメルで東京二日間ですか、いいな、私も行きたい・・・。



00/06/08 22:40:48
名前:
sekiko

コメント:
案山子さん、すごい絵ウマイっすね!!
次はYFFCの会報に描いてくださいな〜〜お願いお願いお願い♪
ほら、キッちゃん勧誘勧誘(^^;)



00/06/08 21:28:26
名前:
かかし

コメント:
>「ロシアン・ルーレット」も名盤なのでは?
私は、決して名盤だとか、必聴盤だとか、そういうことは言いませんが・・・・・
でも・・・好みの問題はモチロンありますが、このボーカルはかなり上手いと思います。
1曲目スキップは鉄則と化してますが・・・・。



00/06/08 12:35:32
名前:
J'rat

コメント:
 今日はさわやかでいい天気ですね〜。明日から梅雨空になるそうですが....。

>紀州の駱駝さん、
 にいはおさんのMIDIの順番は、私も悩んでしまいました。あのページはアルバム順に並べていますので、それが一番無難ですが、個人的には A Day in A Life 3部作から渋く始めて、Viva Pompeii まで一気に行って、Spartacus に戻って大いに盛り上がってフィナーレ、というのがお薦めです。ガボールさんの School Days はちょっと感じが違うので、オマケですね〜。(^^ゞ
 紀州の駱駝さんは東京公演に来られるのですか。和歌山だと飛行機で東京に出るのも変わらないのでしょうか? 私は9月7日です。もしかしたらお会いできるかも知れませんね!

>CHIPMUNKさん、
 いつもお姿を拝見しているのですが、こちらではお久しぶりです〜。(^_^)
 Nathan Mahl はそんなにすごいんですか。さすが、良くご存知ですね〜。ところでキャメル公演は行かれないんでしたっけ?



00/06/08 11:36:38
名前:
CHIPMUNK

コメント:
みなさま、こんにちは。ごくたまにしかこないCHIPMUNKというものです。
J'ratさん、おひさしぶりですぅ。

>にいはおさま
わたしも毛糸さんに賛成でリマスタは、にいはおさんにお願いしたいです!
>紀州の駱駝さま
Nathan MahlはCAMELと共にくるGuy Leblancがリーダーの、一ことで言うとバカテク・プログレでございます。
ファーストは頭が痛くなるような攻めまくり、セカンドはメンバーも変りましてややジャズ・フュージョンっぽさが増しますがホースズワースばり(というかそのまま)のギターとキーボードが火花を散らしております。
エネルギッシュかつぎちぎちに音を詰め込んで、なおかつクールで冷めてるところが憎いグループです。
個人的にはファーストの機械的に畳み掛けてくるのが好みでございます。



00/06/08 02:06:25
名前:
紀州の駱駝

コメント:
お久しぶりです。

>Spartacus MIDI
いや〜、相変わらず素晴らしいですねぇ。本家本元も早く聴きたいものです。
CDNOWには「Old Loves Die Hard」と「Pompeii」入荷してるのですが、同時にオーダーしたCDがまだ未入荷なもんで、手元には届いておりません。
リマスターが今のような状態であれば、この2枚しか聴けないということでしょうか…、残念だなぁ。
ところで、にいはおさん作のMIDIも7曲となり、SCHOOLDAYSを含めると37分余りになりますが、連続して聴くのであれば、どういう順がベストでしょう?やはりリリース順が良いのでしょうか?
なんか、しょーもない質問ですんませんm(__)m

>Camel来日。
来日についての話題も出尽くしたようですね。来日メンバーや彼らの経歴についてはRimmerさんのページで詳しく書かれてます。カナダのNathan Mahlっていうグループ、詳しい方いませんか?
で、コンサートですが、私はどうしても2回は観たいと思っておりまして、日程と予算を検討した結果、近場の大阪公演は断念して、東京公演へ二日とも行くことにしました。
いや〜9月が待ち遠しいです(^o^)丿



00/06/08 02:00:07
名前:
J'rat

コメント:
 EMIは不安です〜。とりわけドイツのEMIは力がないような気がします。でもインターネット時代に生き残るためのリストラや買収だったはずです。受注生産でも何でもいいですから、良い音楽は販売しつづけて欲しいですね〜。

 CD EUROPE に注文したユルゲン・フリッツのユニット、ミレニアムのモーツアルト集「Dreams Of Amadeus」(ただしカセット)は廃盤だったと連絡が入りました。残念でした〜。でもフリッツがプロデュースしたドイツのバンド Puhdys のアルバムは手に入りそうです。ゴミかも知れませんが....。

>「ロシアン・ルーレット」も名盤なのでは?
 FromNiigataさん、やさしいから好きです。でも全編思いっきりポップなアルバムですよ〜。「紳士と将校の回顧録」見たいな曲は入っていません。私はとりあえず1曲目はスキップして聴いています。(^_^;

>sekikoさん、
 原稿、やっと仕上がりました〜!



00/06/07 23:49:34
名前:
sekiko

コメント:
EMIもAOLに買収されたりして、結構大変なんじゃないでしょうか…
良くても売れないものはどんどん淘汰されていくのでしょうか?
そういうのは、インターネットの方に流れていくのかもしれないですね。
でも、今の様子だとインターネットもアメリカのTVの三大ネットワークみたいに、
巨大資本が仕切っていくだけになっちゃうかもしれないですよね…



00/06/07 23:43:33
名前:
sekiko

コメント:



00/06/07 23:23:28
名前:
From Niigata

コメント:
「紳士と将校の回顧録」は名作じゃああああっ!! >
そうだ、そうだ、同感だ〜。でも、当時ボロクソだったラブ・ビーチが再評価されてるのもリマスターが出ているおかげ。聴いたことないけど、「ロシアン・ルーレット」も名盤なのでは?リマスターがリリースされて、再評価されると良いですね、頼むぜ、EMI!!



00/06/07 22:59:45
名前:
にいはお

コメント:
>店主様、毛糸さま
ああああ、お二人で凄い密談を・・・ご無体な・・・。
勘弁してくだせえ。

日本には、こぉんな熱烈的愛好家がいっぱいいるんだぞぉ分かってんのかあEMI。
だからリマスター、早く発売せい(こればっかり)。

>ふらじゃさま
お聴き下さってありがとうございます。

・・・おやぁ、「ラブ・ビーチ」がまぁた話題に上っているぞぉ。
なぁんだ、やっぱみんな、好きなんだなぁ、何だかんだ言っても、えへへ。
よおし、もういっぺん言うぞ。
「紳士と将校の回顧録」は名作じゃああああっ!!



00/06/07 16:54:27
名前:
J'rat

コメント:
>トリアンのリマスターもにいはおさんに頼んだ方が・・・
 絶対早そうですねっ!(^_^)



00/06/07 16:42:36
名前:
毛糸

コメント:
>スパルタカスMIDI
そうそう、MIDIってパソ環境によって随分違って聞こえるのねぇ
この前姉の家で自分のTOPページのMIDI聴いてのけぞっちゃったですぅ
あたしのパソはバッチリだよ〜〜〜スパルタカス
にいはおさんのMIDI作成ピッチはやいっ!
トリアンのリマスターもにいはおさんに頼んだ方が・・・いや、何でもないでしっ



00/06/07 16:39:52
名前:
J'rat

コメント:
>Spartacus MIDI、
 きっと苦労されたのはヘルムート・ケレンのボーカルパートなんでしょうね〜。でも、いっしょに歌いたくなっちゃうくらい、良くできていると思います。私はにいはおさんの MIDI を聴いて、昨年6月のトリビュートコンサート( ALASKA の John O'Hara )の演奏を思い出してしまいました。
 それにしても、会社で聴けるというのは羨ましいですね。私の使っている PC にはサウンドボードはあるのですが外部スピーカーがなくて、なんだかタワー型のケースの中から音が聞こえるんです。音楽など聴けたものではありません。(^^ゞ
 MIDIファイルはサイズが小さくてフロッピーに入るので便利ですね。でも今回のはMIDIにしてはサイズが大きいですね。音の種類が多いからでしょうか?
 ともあれ、ぜひ良い環境でお聴きください! そうだ、CD-R か MD にコピーして、ヘッドホンで聴いてみようっと!



00/06/07 16:20:21
名前:
ふらじゃ

コメント:
 にいはおさんの「スパルタカス」聴かせていただきました
今回も力作ですねぇ、公式サイトの反応が楽しみです。
でも、会社のパソだと音悪いなぁ〜ファイル持ってかえって
家で聴きなおそぉ〜っと。



00/06/07 11:05:34
名前:
J'rat

コメント:
 公式サイトの掲示板に、にいはおさんの Spartacus の MIDI のことを知らせておきました〜! (^_^)

>ラブ・ビーチ、
 ライナーノートは面白かったですね。エマーソンも仕方なしに作ったようで、同情してしまいました。
 レイクの声は確かに良く出ていて、それは救いでした。でもやはり聴くとほろ苦いですね〜。



00/06/07 10:21:55
名前:
ふらじゃ

コメント:
>ラブビーチ
良く行く中古屋に一年以上売れずに残ってた紙ジャケ
あまりに不憫なのでつい保護してしまいました
しかしこのライナー、発表当時のことをむちゃくちゃ
言ってますね
でも、レイクの声も良く出ていて今聴くと正当な評価
が得られそうですね。
なんだかんだ言って3枚目か・・・ぼそっ



00/06/07 00:17:51
名前:
J'rat

コメント:
「非音楽系掲示板」を削除いたしました。

短い間でしたが、投稿してくださった皆さん、お読みくださった皆さん、に感謝申し上げます。
またいつか、懲りずにやってみたいと思います。(^^ゞ

最後まで諦めずにお付き合いくださったsekikoさん、
本当にお疲れさまでした。ありがとうございました。

お休みなさい。



00/06/06 23:33:04
名前:
J'rat

コメント:
 やっと会報用の画像ファイルが届きました。
 ただ今、仕上げ中で〜す。_〆(。。;)

>sekikoさん、
>> Simon Says
> なぜかホンモノよりそのハズレのニセモノのほうが気になってます。
> なんなら引き取りましょうか?
 ぜひともお願いします。次回の編集会議に持っていきますね〜。sekikoさんには「意外といいじゃん」と言われそうな気がします....。(^^ゞ

>From Niigataさん、
> YFFC
 送料込みで1冊500円は安いです。何も東京まで来て買わなくても。....ってことは、年4回買いに来ていらっしゃったのですね!?
 ところで、お引越しですか? 大変ですね〜。部屋は長四角なのがいいですよ。4m×2.5m あれば100インチのプロジェクターは入りますので。(^^ゞ



00/06/06 22:10:52
名前:
AUKEN
電子メールアドレス:
メールはこちらまで

コメント:
>PYG
ユーロロックプレスにレヴューが載ってました。
最もこの時代の邦楽は全くわからないんですけど(^^;



00/06/06 21:08:51
名前:
ASTRA

コメント:
>ふらじゃさん
>PYGのCDは1st、ライブ、1stにシングルを付けた編集物、1stの紙ジャケ
>の4種類がでてました。
知らない間にそんなに出ていたとは。普段、邦楽のコーナー見ないもので。
ありがとうございます。



00/06/06 19:04:58
名前:
FromNiigata

コメント:
YFFC>
入会しよう、しようと思いながら、まだ入会していない…。なんか毎回、DiskUnionで会報は入手しているんですが…。近く引越しするんで、その後、必ず入会しますからね、J'ratさん。

 それにしても、東芝EMI…。なんか先日、DVDプレイヤー壊れたのも同社系列のヤツだったし。(関係ないか)事態が好転することを祈っております。



00/06/06 17:23:13
名前:
J'rat

コメント:
 昨夜は2時間以上にわたってプロバイダのメールサーバーがダウンしていました。結局、会報で使う画像は届いていませんでした。とほほ。何とかしなくては。
 いろいろ探ったら、メールサーバーは私の属するグループだけで4台立っているようでした。でも振り分けするサーバーがこけたんですね、きっと。全体では数十台のクラスタシステムのようです。さすが大手は凄いな〜。こけたけど。(^^ゞ

>スパルタカスのMIDI
>歌詞カードくらはい
 トリアンヴィラートの歌詞は、公式サイトの「ディスコグラフィー」にありま〜す。
 歌ってくださ〜い!

>YFFC、
 イエス・ファミリー・ファン・クラブです。みなさん、こぞって入会しましょう。みなさんご存知の方による楽しいマンガやイラストもついています。しかも、今回はASTRAさんのお宝画像がっ! ....わくわく。 あ、もちろんYes情報満載ですし。(^^ゞ
 ついでに最近出たアルバムのレビューの書き手も大募集しましょう! 最近少なくって....。(^_^;

>MIDI、
 そっか〜、そうやって3回うなるとできるんですね。.....って、ちが〜う!(^_^;
 とにかく、たくさんのパートを採譜するんですから、大変でしょうね。ホントにありがとうございました。



00/06/06 14:59:21
名前:
ふらじゃ

コメント:
>ASTRAさん
PYGのCDは1st、ライブ、1stにシングルを付けた編集物、1stの紙ジャケ
の4種類がでてました。
紙ジャケは、オリジナルのようブタの鼻から音は出ません。

>にいはおさん
岸部一徳氏のベース
う〜ん、可も不可も無しって感じでしょうか。
買ったのはスタジオアルバムなので、良く分かりません。
スタジオはとり直しが出来ますから・・・

中華料理店「紫禁城」
食べたことが無いので、味はよく判りませんが、
1階が土産物屋で、北京ダックの横でアイスクリーム売って
その横で胡麻団子等の中華菓子や甘栗を売ってます。
まあ観光地ですから・・・



00/06/06 13:37:48
名前:
にいはお

コメント:
>店主様。今回のMIDI
いやぁ、いつも通りです(笑)。
プレーヤーの前で悩んで、ピアノの前で悩んで、
PCの前でまた悩んで・・・。
でも「のびのびと」なんて言っていただけるとホッとします。



00/06/06 10:50:03
名前:
sekiko

コメント:
ASTRAさん、ご連絡が遅くなってすみませんでした。
他のYFFC会員の皆さんも、ぜひお宝の写真を送ってくださいね♪
“YES秘宝館”じゃなかった(^_^;)“不思議なお宝を”コーナーで紹介させていただきます。
レア度よりも愛情優先ですので、あなたが大切にしているYES Familyのアイテムなら、
どんなものでもOK!!そのモノにまつわる思いとともに写真をお送りください。
郵送でもメールでも結構です。
YFFC“不思議なお宝を”コーナー宛てです。よろしくお願いしま〜す!

あ、いつものクセで、つい宣伝しちゃったよ(^_^;)



00/06/06 03:19:17
名前:
ASTRA

コメント:
>sekikoさん
>以前ここに書いていただいた解説文、版下に使わせていただきました。
>お宝写真と共に、42号掲載予定です。
>ありがとうございました。
それはどうもありがとうございます。ここに書き込みしたあとにメールも
来なかったので、見捨てられたかと思っていました。(^^;)



00/06/06 02:09:19
名前:
sekiko

コメント:
>J'ratさん
>sekikoさん、急ぎますのでもうちょっと待ってください。
大丈夫ですよ、まだ他にも来てないモノがありますので(^^;)
>Simon Says
なぜかホンモノよりそのハズレのニセモノのほうが気になってます。
なんなら引き取りましょうか?

>ASTRAさん
以前ここに書いていただいた解説文、版下に使わせていただきました。
お宝写真と共に、42号掲載予定です。
ありがとうございました。



00/06/06 01:14:49
名前:
ASTRA

コメント:
>ふらじゃさん
>PYG
>覚えてらっさる方いらっしゃいます?
ええっ? CD出てるんですか?!!!
買います。買います。買いますーーーーーー。(^^;)



00/06/06 00:10:05
名前:
J'rat

コメント:
 プロバイダのメールサーバーが死んでいるようです。Ping も通りません。(^_^;
YFFCの原稿、早く仕上げなくてはいけないのに、こんなときに限って....。
sekikoさん、急ぎますのでもうちょっと待ってください。

>Simon Says、
 ふらじゃさん、ありがとうございま〜す。メール、お送りしましたので、よろしくお願いいたします。ニセモノ(などと言ってはいけませんね)をつかんで以来、気になっているものですから、助かります。

>スパルタカスのMIDI、
 確かに大作ですね〜。でも今回はちょっと作風が変わって、にいはおさんがのびのび弾いていらっしゃるような感じがしました。いかがなのでしょうか?

>公式サイト、
>やってらんね〜よ、って感じ。
 でしょ、でしょ。Jim も Russ も最近よく愚痴をこぼします。無理もないですよね〜。
 そんなところに「ジャーン! にいはおさんが待望のスパルタカスのMIDIを作ったよ。
 みんな聴きに来てね〜。」なんて書き込めるでしょうか?
 ....やってみたい気もしますが。(^^ゞ



00/06/05 22:35:56
名前:
にいはお

コメント:
>本家サイトの書き込み
私も見ました。もう、なんか、やってらんね〜よ、って感じ。
「歴史と名声がただのゴミに」のくだり、”TRIVIA”なんて書いてあって。
え、トリヴィア・・・?やだな、発音そっくりだよ、縁起でもねえ。

>「紫禁城」なる中華料理店
すごいネーミング。さしずめ「江戸城」あるいは「皇居」とかいう
日本料理屋があるようなものか。それとも「上海」「四川省」なる
ゲームがあるのと同じことでしょうか?肝心の味のほうは・・・。

>PYG
岸部一徳という人は、本当にベースが上手いのでしょうか?

>毛糸さま
お聴きくださってありがとうごぜえます(滂沱)。万里の長城から
メール飛ばした甲斐があったってもんです(大ウソ)。飛ぶか、そんなもん。



00/06/05 17:49:36
名前:
毛糸

コメント:
>スパルタカスのMIDI
聴きました〜〜〜〜♪すごいっすね
またまた大作ですなぁ、一緒に歌うってー歌えないですぅ
歌詞カードくらはい
え?耳コピ?え?あの某イエスコピーバンドのように?
え?カタカナ書きして?
>ふらちゃん
>PYG
はいはい、ぴっぐ、ぴっぐ
覚えてますぅ、歌謡曲というにはあまりにもっ!あまりにもっ!ってやつですね〜〜
「ブラックナイト」が好きですぅ



00/06/05 16:23:24
名前:
ふらじゃ

コメント:
>本日の収穫
Simon Says「CEINWEN」
J'ratさん、無事保護しました。
Led Zeppelin 71年のブート
う〜ん、なんで買っちゃったんだろう?
気が付いたらレジに持っていってた
PYG
覚えてらっさる方いらっしゃいます?
GS末期にスパイダース、タイガース、テンプターズ
のメンバーが集まって作ったユニット



00/06/05 10:44:02
名前:
J'rat

コメント:
 トリアンヴィラートのリマスターの情報はまだ公式サイトに入っていません。Webマスターにして創設者の Russ の悲痛な叫びが、掲示板に投稿されました。
--------------------------------------------------------------------
 EMI の我々の関係者への私の電子メールは、答えられないまま放っておかれています。彼らが約束したリリースの日はただのほらであったと考える以外、私には選択の余地はありません。
 また、トリアンヴィラートの新譜の約束されたリリースの日も信じることは出来ません。
 ファンの皆さん、申し訳ありません。誠に残念ですが、全ての関係者は身勝手で、トリアンヴィラートの歴史と名声はただのゴミにおとしめられてしまったことは極めて明白です。
 他ならぬ彼らの第一のファン Russ (Posted At 08:06:04 06/04/2000)
-------------------------------------------------------------------- すっかりヤケを起こしています。冗談を言う気力もないのでしょう。ただし、発売中止のアナウンスがあったわけではありません。アンテナを張ったまま、私は状況を見守りたいと思います。



00/06/05 09:58:43
名前:
ふらじゃ

コメント:
>にいはおさん
勤め先のビルの前に「紫禁城」なる中華料理店がありますが
なるほど、本場にそう言う場所があるんですね。
ちなみに、ビルは横浜中華街の中にあります。

>J'ratさん
了解しました。
これで、店に行く理由ができました。
あ、いえ、理由が無くても行きますけどね(^_^;



00/06/05 01:31:23
名前:
J'rat

コメント:
 万里の長城のにいはおさんから新しい MIDI ファイルが届きました。待望の「スパルタカス」です! 右上のリンクから直接飛べます。ぜひお聴きください。素晴らしいです。(T_T) 歌える人は、いっしょに歌いましょう!!

>ふらじゃさん、
 お手数をおかけしてすみません。Simon Says ぜひ、一枚買ってください。もちろんお代はお支払いします。......でもこれって Jump Start をもう一枚じゃないですよね。(^_^;

>AUKENさん、
>そのヴォーカルとギターがどろどろの色恋沙汰を起こした挙句、ギターが脱退してEVEは衰退してしまいました。はー
 All About Eve の悲しい林檎のお話ですね。色恋などに惑わされず、音楽を極めればよかったものを....。な〜んちゃって。(^^ゞ

>クリムゾン、
 disk union の特製の消しゴム持ってますよ〜! え、そうじゃない? すみません、CD のほうはほとんど聴いてなくって....。やっぱり苦手みたいです。ごめんなさい。はい、お次の方どうぞ!



00/06/04 21:06:25
名前:
にいはお

コメント:
今日は仕事でした。
デスクワークじゃなくて、お客様のおつきあいで
万里の長城に登っていました。で、お昼が北京ダックで
午後から紫禁城(故宮博物館)という王道コースでした。

ここにいると、こういうのも仕事のうちですが、
もういいよ、万里の長城も、北京ダックも・・・飽きた。



00/06/03 23:04:57
名前:
AUKEN
電子メールアドレス:
メールはこちらまで

コメント:
そういえば意外なほどにクリムゾンの新譜についてどなたも書かれていないんですが、皆さんどう思ってらっしゃるんでしょうかねえ?自分は好きですけど・・・

今日は久々に都内へ出たので、CDを買うことができました。

最近買ったもの
・プロジェクト3「マスク」
・ヘンリー・カウ「イン・プレイズ・オヴ・ラーニング」
・SPIROGYRA「3枚組BOX」
・SPIROGYRA「BURN THE BRIDGES」
・カヒミ・カリイ「TILT」
・ベル・アンド・セバスチャン「わたしのなかの悪魔」
・村治佳織「シンフォニア」
うーん、見事に一貫性がない(^^;



00/06/03 20:23:11
名前:
案山子

コメント:
>sekikoさん
Shudder to Thinkの件ありがとうございました。
いつもながら、情報収集力には感心するばかりです。私もまさか、アメリカとは思わなかったですね。
しかし、ほとんど知らない名前の羅列が辛い・・・・とにかく探してみます。
ところで、
グランジお好きですか!ニルバーナ良いですよね!
マリリン・マンソン!
う〜〜〜〜ん。暗い!暗すぎるぅ〜〜〜〜。良いですよね。あのファッション!
どちらかと言うと、暗い目の音楽がお好きですか?
イエスは結構明るいけれど・・・。
何だか不思議な気がする。(イエスとの関連性について)



00/06/03 12:50:36
名前:
sekiko

コメント:
>案山子さん
はいはい、イマドキのバンドならお任せください。と言いたいところなんですが、
Shudder to ThinkってVelvet Goldmineのサントラに入っているバンドっていう
以外のことは何にも知らないんですぅ〜。

でも気になったのでちょっと我が家のデーターベースを駆使して(笑)調べてみました。
なんとアメリカのバンドなんですね〜、知らんわけだ。アメリカ弱いのボク(言い訳)。
ワシントンDCで86年結成。94年メジャーデビューだそうです。

スマッシング・パンプキンズやフー・ファイターズの前座もやってますし、
ツアーメンバーに故ジェフ・バックリーが参加したこともあるとか。
交友は広くて、バンドが手がけたサントラ盤「ファースト・ラブ、ラスト・ライツ」には
スマパンのビリー・コーガンやザ・ザのマット・ジョンソン、それにチープ・トリックの
ロビン・ザンダーまで参加しているという多彩ぶりです。

ルックスはスキンヘッドやらヒゲやらいてちょっとコワイんですが(笑)、
音楽性はなかなか多彩なバンドのようですね。

以上、ロッキンオンからのパクリでしたぁ。
やっぱ音楽の話書いてるほうが超ぉ〜楽っ!(^^;)



00/06/03 07:27:03
名前:
案山子

コメント:
>ラフマニノフの3番
10トンの石炭っていうのは凄いですね。
>精神のみならず、 肉体的消耗も人間の限界を超えていたということです。
なるほど・・・。

ヘルゴットさんは今月も、来日してコンサートを開くそうですよ。
私は残念ながら、行けないんですが興味のある方は、是非行ってみてください。
(ほら。ちゃんとタイムリーな話題に繋がったでしょ?)



00/06/02 22:49:11
名前:
毛糸

コメント:
>案山子さん
>シャイン
負けずに引っぱるあたし
’96年の作品で’97年に主演のジェフェリー・ラッシュがアカデミー主演男優賞を受賞してるです
ここ、キーボーダーの方が多いんでーピアノの話ちと気が引けますがぁ
ピアノの各鍵盤を押さえる重力って2オンスなんだそうですね
ラフマニノフは「練習、練習、さらに練習」がモットーとする人で
とくに3番に関しては1秒間の音譜の数がやったらめったら多くて
あの曲だけで10トンの石炭を動かすのと同じ労力を使うそうです(計算した人がいるのだよぉ)
ヘルフゴッドのラフマニノフの練習量は凄まじく、精神のみならず、
肉体的消耗も人間の限界を超えていたということです
肉体と精神のバランスこそが人間の生きる基本なのかもしれないっすね
ちなみにヘルフゴッドは昨年、日本では初めて3番を演奏しています
さてと、VHのバランスでも聴くかにゃ(強引マイウェイ)



00/06/02 21:37:33
名前:
案山子

コメント:
>らくだ君
「シャイン」って3年前の映画なんですか?
またまた、こんな古い話題で引っぱってしまう自分が恐ろしい・・・・。
>父親の英才教育とは考えさせられるものがありますね。
あの映画で一番ショッキングなことですよね。でも、だから精神に問題が出てしまったんだ・・・。
みたいな終わり方だったらすごく興ざめだけれど、芸術の力がどこからやってくるのか
考えさせられる最後が大すきです。



00/06/02 19:07:24
名前:
にいはお

コメント:
>本日の収穫
「可口可楽」(コカコーラ)
「浅柔和七星」(マイルドセブンライト)
「濃柔和七星」(ふつうのマイルドセブン)
 ・・・・ん?ああっ、CDの話!?す、すいませんっ!
(REOは「NINE LIVES」が一番好き。)

さて、週末。
うおおおしししっ、仕上げにかかるぞおおっ!!



00/06/02 13:59:38
名前:
ふらじゃ

コメント:
>本日の収穫
・MIKE+THE MECHANICS、去年突然出たアルバム
 このグループのPOP感覚は好きです。しかしここも「三人が残った」
状態なんですね。
・REO SPEEDWAGON/HI INFIDELTY(禁じられた夜)
 有名なのに聞いたことないんです。でもヒットアルバムだから聞いたら
ああこの曲ね、と思うのかも知れないですね。

どちらもプログレと関係ありそうで無いですね。

>SIMON SAYS
以前カキコしたやつが中古でありました、\700也。
J'ratさん、押さえましょうか?と言っても週明けになりますけど・・・



00/06/02 10:30:19
名前:
ふらじゃ

コメント:
昨日偶然買ったミッキーシモンズ(キャメルの「DUST and DREAMS」
ツアーのキーボード)のソロアルバム、良かったです。
「Shape Of Rain」と言うタイトルですが、キーボード弾きまくりで
なく、曲構成を考えた作りになってます。実に緩やかに時間が流れて
行く感じで、これからの梅雨の長雨にうんざりした時に聴くと良さそう
です。
ヴォーカル以外は本人の様ですが、Dr、Bsが打ち込みみたいなんですが
これがちょっと単調で残念です。



00/06/01 21:18:33
名前:
らくだ君

コメント:
ちょっと遅いですが、私も3年前に「シャイン」見ましたよ。
しかし、父親の英才教育とは考えさせられるものがありますね。
うちは、ほったらかし教育ですが。

AUKEN
> 聴きたくなってきました。らくだ君あたり持ってないかな。

持ってるゾ〜。LPだけど(笑)。
ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 作品18番だすよ。

ラフマニノフ

で、演奏しているのがアメリカ出身のピアニスト、ヴァン・クライバーンです。
クラシック等がお好きな方はご存知だと思いますが、
彼は旧ソでピアノコンクールで優勝して、母国でヒーローになりましたが
その後、急に世間から消えてしまいましたね。

と、思ったら最近また出てきましたが・・・・。
30年くらい消えていましたね。



00/06/01 20:45:45
名前:
AUKEN
電子メールアドレス:
メールはこちらまで

コメント:
ごめんなさい。名前忘れてました。下の書き込みは私です。



00/06/01 20:44:51

コメント:
>EVE
そのヴォーカルとギターがどろどろの色恋沙汰を起こした挙句、ギターが脱退してEVEは衰退してしまいました。はー(泣)



00/06/01 10:22:28
名前:
J'rat

コメント:
 トリアンヴィラートのリマスター発売時期の情報は、その後まだ入ってきません。独EMI の担当者はそろそろ休暇から帰ってくるはずですが....。何かわかり次第、お伝えします。
 先日 AOL に発売予定リストが掲載されたということで、公式サイトの掲示板に情報が掲載され、投稿者のDavidさんに問い合わせましたが,返事は来ません。公式サイトでは CDuser@aol.com にメールを送った人がいて、「User Unknown で戻ってきちゃったよ〜」という報告がありました。やはりメールアドレスではなかったようですね。

 6月に入って、俄然仕事が忙しくなってきました。トホホ。

 先日の獲物について。

>ユーライアヒープ「ベスト・オブ」
 おお、これはかなりワイルドですね。でもただのハードロックではなくて、ドラマチックな感じがします。勢いもありますね〜。たぁさん、ありがとうございました。

>Simon Says「Jump Start」
 ハズレでした〜。ははは。ふらじゃさんの買われた方の Simon Says を探してみます。

>ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第3番」
 これ、持っていませんでした。私の勘違いでした、すみません。さて、まだ第一楽章しか聴いていませんが(おいおい)、3番は2番より複雑そうですね。しかもピアノが凄く難しそうです。ライナーノートによると、2番の成功後、ラフマニノフのノイローゼも治り、結婚もして公私とも順調な中で書かれた曲だそうですが....。それにしては鬼気迫るところがありますね。

>All About Eve「Scaret and other stories」
 和みますね〜。女性ボーカルの声が深みがあって、なんともいい感じです。ブリティッシュ・フォークなのでしょうか? プログレではありませんが、ギターもいいですね。



現在のフォーラムへ | トップに戻る | 過去ログのインデックスへ


 DiscographyBiographyIntroductionPersonnelForumOfficial SiteJ'rat Home