biography
DiscographyBiographyIntroductionPersonnelForumOfficial SiteJ'rat Home

5〜8章を追加しました。('99/3/21)
9〜11章を追加しました。('99/4/4)
12〜16章を追加しました。('99/5/23)

トリアンヴィラートの伝記 by Russ Shaw

Japanese / translated by J'rat
1999年 Triumvirat Net 全版権所有 
Original / written by Russ Shaw
1999 Triumvirat Net All Rights Reserved. 

1.デビュー前夜

 もともと Triumvirat は、ドイツのケルンで1969年に結成されたクラシックを基盤としたプログレッシブ・ロック・トリオでした。設立メンバーは、ハンス・ユルゲン(後には単に ユルゲン )フリッツ、ハンス・バテルト、およびウェルナー・フランゲルベルグでした。バテルトは、ドラマーで作詞家、フランゲルベルグはベーシストであり、 クラシック音楽で訓練されたピアニストのフリッツは素晴らしい作曲家で、キーボードとシンセサイザーを演奏しました。

 ハンス・バテルトはこう言っています。「(Triumviratの)以前は、僕達はケルンのローカルなバンドでヒット曲のコピーなんかを演奏していたんだ。Triumvirat としての僕達の作品は、英国のグループ 「The Nice」 から強く影響を受けたんだよ。実際、僕達は彼らの曲のうちのいくつか(例えば「Rondo」)を演奏したさ。「The Nice」のファンで、'ELP'も大好きだったね。キース・エマーソンのスタイルはすごかったもの!」

 ウェルナー・「ディック」・フランゲルベルグは数学科の学生で、別のダンスバンドでも演奏していたので、じきに Triumvirat と演奏する時間がなくなってしまいました。
彼はグループを去り、1970年にベースはハンス・ペイプに代えられました。ペイプはボーカルとベースに活力を入れ、グループはすぐスタジオ・レコーディングの試みを始めました。

 
 
Triumvirat were initially a classically based progressive rock trio that formed in 1969 in Cologne, Germany. The founding members were Hans-Jurgen (later simply Jurgen) Fritz , Hans Bathelt and Werner Frangenberg. Bathelt was the drummer/lyricist, Frangenberg the bassist, and Fritz (a classically trained pianist) was the dominant writing force who played keyboards and synthesizers. 

According to Hans Bathelt, "Before (Triumvirat) we had been playing Top 40 stuff in local bands in Cologne. Our material as Triumvirat was strongly influenced by the English group 'The Nice'. In fact, we played some of their songs, ('Rondo' for example). Being fans of 'The Nice,' we loved it when 'ELP' got together...Keith Emerson's style was great! 

Werner "Dick" Frangenberg, a mathematics student, also played in another dance band, and soon did not have time to rehearse with Triumvirat. He left the group, and was replaced by Hans Pape on bass in 1970. With Pape injecting some life on vocals and bass, the group soon began to experiment with studio recording. 

2.誕生:地中海物語

 ケルンのEMIレコードが新しいドイツのグループを捜していたのを知って、この初期のラインナップはデモテープを渡しました。EMIはそれを気に入り、すぐに最初のレコード契約が結ばれました。

 EMIは3人をスタジオに送り、その成果が知的でクラシックで脚色されたデビューアルバムの"地中海物語:Mediterranean Tales: Across The Waters"として、1972年にHarvest/EMIからリリースされました。ハンス・ペイプはその時歓迎を持って迎えられたのです。ハンス・バテルトは「ユルゲンも僕も本当に歌うことはできなかったので、ボーカルは大事だったんだ」と回想しています。ハンス・ペイプは、ユルゲンが歌った「Eleven Kids」と「Broken Mirror」の一部を除いて、「地中海の物語」のほとんどのボーカルをこなしました。

 これらの段階からエネルギーと才能が得られたので、次のアルバムは壮大なものになることに決まりました。
その時、創造性が3人に満ち溢れたのです。そして、まずユルゲンが音楽的なテーマを概念化し、それを聴いてハンス・バテルトが歌詞を書くとういうスタイルが開発されました。同時に、歌詞の中に共通したまるで糸のようなものが浮かび上がって、(恐らくそのジャンルの最高傑作のうちの1つの )コンセプトアルバムが誕生しました。

 
 
After learning that EMI Records in Cologne was looking for new German groups, this early lineup sent in a tape. EMI loved it, and they were soon with their first record contract. 

EMI sent the three to the studio, and the result was a smart, classically adapted debut recording, "Mediterranean Tales: Across The Waters," that was released on Harvest/EMI in 1972. Hans Pape was a welcome addition at the time. Hans Bathelt remembers, "Vocals were important because neither Jurgen or I could really sing." Hans Pape did most of the vocal work on 'Mediterranean Tales', except "Eleven Kids" and the verses of "Broken Mirror", where Jurgen sang. 

Given the energy and talent in these stages, the follow-up album was destined to be grandiose. At the time, creativity abounded the trio and a writing style developed in which Jurgen would first conceptualize the musical themes, and upon hearing them Hans Bathelt would write the lyrics. At that time a common thread of sorts was emerging in the lyrics and a concept album (perhaps one of the definitive in its genre) was born. 

3.ヘルムートの参加:二重えくぼ

 その結果は「Illusions On a Double Dimple:二重えくぼの幻影」 (1974Harvest/EMI)でした。このアルバムのコンセプトは、財産を持つ人の人生と持たない人の人生について、後者の立場から眺めたごく個人的な考察を元にしています。

 このアルバムのレコーディングの最中に、ハンス・ペイプは去りました。理由は簡単で、バテルトは次のように回想しています。「彼はちょうど結婚したところで、彼の奥さんはちゃんとした仕事を中断してまでツアーに出ないでほしかったんだ。そこで私達はよい後釜としてヘルムート・ケーレンをすぐに見つけた。ヘルムートはユルゲンのいくつか年上のいとこだ。彼は機械工で、私達が以前やっていたようにケルンのいろんなバンドで時々演奏していたのさ。ヘルムートはベースとギターができたし、すごくいい声を持っていたんだ。」彼は本当に非常によい歌声で、その上歌詞を書きギターで曲をつくることができました。彼はずっとバンドとスタジオのまわりをぶらついていて、彼の好きないとこのレコーディングや演奏を見でいました。そして彼はボーカルとして歌に加わるようになったのです。

 「Illusions On a Double Dimple:二重えくぼの幻影」は、フリッツのシンフォニックでまるでクラシックの巨匠のようなキーボードと、バテルトの破綻のないイマジネーション豊かなドラム、そしてケーレンの物悲しくて非常にオリジナルなボーカルスタイルとを融合させた完璧なアルバムになりました。

 
 
The result was "Illusions On a Double Dimple" (1974 Harvest/EMI), a very personal look at life's have and have-not's from the perspective of the latter. 

 During the recording of "Illusions," Hans Pape left. The reason was simple, Bathelt recalls, "He had just gotten married, and his wife didn't want him to quit his steady job and go on tour. We quickly found a good replacement in Helmut Kollen. Helmut was Jurgen's cousin, and a few years older. He was a mechanic and played part-time in various Cologne bands like we all did before. Helmut played bass, guitar, and had a very good voice." A very good voice indeed, and he could also write lyrics and songs on his guitar. He had been hanging around the studio with the band, watching his favorite cousin perform, when he began chiming in on vocals. 

"Illusions On a Double Dimple" became the perfect vehicle to fuse Fritz's symphonic, virtuoso keyboard performances with Bathelt's flawless, imaginative drumming and Kollen's melancholy, highly original vocal styling. 

4.賞賛:アメリカ進出

 バンドの技術的に優れた能力に驚嘆して、EMIは3人にさらにスタジオ録音に時間をかけさせてみることにしました。これは一種の賭けでした。
 フリッツを音楽的な指導者にして、Triumviratは、このケルン・ハウス・シンフォニー・オーケストラ(現在の「ケルンフィルハーモニック」)と、Kurt Edelhagenブラスセクションによる伴奏を含んだ高度に個人的なコンセプトアルバム「Illusions On a Double Dimple:二重えくぼの幻影」で、あらゆる期待を上回ったのです。批評家はこのアルバムを気に入り、グループは正統に評価されました。そして徐々にドイツ、オーストリア、およびスイスでヒットしていったのです。

 ハンスは続けます「そのころ、アレック・ジョンソンという名前の男がケルンのEMIの輸出部門で働いていたんだ。彼は「Illusions On a Double Dimple:二重えくぼの幻影」のコピーをアメリカのキャピトル・レコードに送って、いい返事をもらったのさ。」キャピトルはアルバムを発売し、それはTriumviratの大西洋の西での最初のリリースになりました。

 彼らは間もなくアメリカに飛んで、フリートウッド・マックのオープニング・アクト(前座)として約40日間演奏しました。1974年8月10日、Triumviratの「Illusions On a Double Dimple:二重えくぼの幻影」 はビルボードの「FMオンエア」特別調査のチャートで、新曲としてスティービー・ワンダーの「Fulfillingness' First Finale」に次ぐ第二位になったのです。

1999/3/16 J'rat
 
 
 Amazed at the technical prowess of the band, EMI gambled on allotting the trio extra studio time to record. With Fritz at the musical helm, Triumvirat exceeded all expectations with "Illusions," a highly personal concept album that included accompaniment by the Cologne House Symphony Orchestra (now known as the "Cologne Philharmonic"), and the Kurt Edelhagen brass section. Critics liked "Illusions," the group was justifiably proud, and it slowly caught on in Germany, Austria, and Switzerland. 

Hans continues, "In those days a guy named Alec Johnson was working in the export department of EMI in Cologne. He sent a copy of "Illusions On a Double Dimple" to Capitol Records in the USA, and got a positive answer." Capitol issued the album, which became the group's first release west of the Atlantic. 

They soon flew that direction, and performed some 40 dates as the opening act for "Fleetwood Mac." On August 10, 1974, Triumvirat's "Illusions On a Double Dimple" appeared on Billboard's "FM Action" special survey chart at #2, second in new play only to Stevie Wonder's "Fulfillingness' First Finale." 


 

5.「スパルタカス」の成功

 スタジオでの成功と、大西洋の両岸で増え続けるラジオでのオンエア回数に元気付けられて、 Triumvirat は歴史に基づいたコンセプトアルバムを書きました。それは紀元前73年、奴隷たちを古代ローマ帝国に対する反乱に導いた勇士、スパルタカスの戦いの物語です。
  バテルトのアルバムコンセプトは、電気の満たされた電球の中から下をじっと見ている小さな白いねずみのカバーデザインのアイデアを含んでいました。
 このプログレッシブ・ロックの真髄の作品のひとつは、わずか29日間で録音され、1975年の春に店頭とラジオに文字通り飛び込んだのです。
このアルバムは、ビートルズの「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」で最も良く知られる伝説的な達人エンジニア Geoff Emerick の手によってミックスされました。

 「スパルタカス」は、アメリカのキャピトル・レコードがまさに探していた作品でした。いっそう進化した音楽は、ラジオでのオンエア用向きに短くカットするのに便利なようにパッケージされていました。
 このアルバムはアメリカや、カナダ(特にケベック州)、ヨーロッパと、さらに急速にプログレッシブ・ロックのマーケットが成長しつつあったブラジルやアルゼンチンでヒットしました。
 フリッツとケーレン、バテルトは、グランド・ファンク・レイルロードと欧州で、スーパー・トランプやネクター、キャラバンその他など違うバンドたちと米国でツアーを組みました。



Inspired by this success in the studio and increasing airplay on both sides of the Atlantic, Triumvirat wrote an historical concept album based on the battles of Spartacus, the warrior who led a slave revolt against the Roman Empire in 73 B.C. Bathelt's album concept included the idea for the cover: a small white mouse staring down from inside a charged light bulb. This, one of progressive rock's quintessential works, (and recorded in just twenty-nine days), literally jumped into the stores and onto the radio in the spring of 1975. It was engineered by legendary studio whiz Geoff Emerick, who is best known for his engineering work on The Beatles' "Sergeant Pepper's Lonely Hearts Club Band". 

"Spartacus" was what Capitol Records in the USA was looking for. The music, still evolutionary and "pushing the envelope" was now conveniently packaged into shorter, radio-friendly cuts. It caught on rapidly in the USA, Canada (especially Quebec), Europe, and burgeoning progressive rock markets such as Brazil and Argentina. Fritz, Kollen, and Bathelt toured Europe with Grand Funk Railroad, and the States with different bands such as Supertramp, Nektar, Caravan, and others. 

6.ヘルムートの脱退

 キャピトル・レコードは「スパルタカス」の成功を喜びました・しかし、Triumvirat には純粋なシングル・ヒットがなかったので、コンサートの主役のような特権的な地位を得ることは出来ませんでした。

 そのツアーの終盤のロサンゼルス滞在中に、ヘルムートは、ソロ活動を始めるためにある日をもってグループを抜けると発表しました。
 ユルゲンとハンスは、とどまるように彼を説得しましたが無駄でした。ヘルムートはたくさんの歌を書いていました。そしてひそかに異なった音楽的方向性を持ったのです。
 そして、徴兵と西ドイツ政府に関する住居地の問題などを含む多くの事柄に取り組むために、彼はドイツに飛行機で帰りました。
 (グループの歴史のこの時期のことがらは、ヘルムートが"Playing This Song Together"という曲を書くきっかけになったようです…)



Capitol Records was happy with "Spartacus", but the lack of a pure hit single kept Triumvirat from arriving at the elite status enjoyed by some of the headline acts. 

At the end of that tour, while in Los Angeles, Helmut announced one day that he as leaving the group to start a solo career. Jurgen and Hans tried in vain to persuade him to stay on. Helmut was writing a lot of songs and had a different musical direction in mind. He flew back to Germany to work on a number of things, including addressing problems regarding his draft status with the West German government. (This chapter of the group's history seems to be the inspiration behind Helmut's "Playing This Song Together"...) 

7.ウェルナーの復帰とバリーの加入

 ハンス・バテルトは次のように回想しています。「ユルゲンと僕はロスに残って2〜3人のベーシストのオーディションをしたんだ。そして ダグ(Doug Fieger) に決めた。[Russの注:彼は後に "The Knack"を結成し、"My Sharona"というシングルをヒットさせている]
 EMIが新しいアルバムをレコーディングさせたがったので、僕達はドイツに帰らなくてはならなかった。その頃はすごく混沌としていたんだ。僕達は十分な曲を書いてなかったし、スタジオセッションもキャンセルされたりとかさ....。
 すぐに、ダグは、こんな状況に嫌気がさして帰ってしまったよ。僕達はウェルナー・フランゲルベルグを思い出して、彼がベースに戻った。そしてメロディーメーカーに広告を出して、ボーカルのバリー・パーマーを見つけたんだ。」

 Triumviratのリードボーカルとしてのバリーパーマーの最初の録音は、奇妙な"Take A Break Today" という曲で、これはポップなシングルの見え透いた試みでした。
 「スパルタクス」は、キャピトル・レコードが望んでいたほど華々しくはチャートに登らず、常に実用主義者のキャピトルは音楽的な方向転換の時期だと確信したのです。でもそうではありませんでした。

 
 
Hans Bathelt recalls, "Jurgen and I stayed in L.A. and auditioned a few bass players. We decided on Doug Fieger [who later formed "The Knack" and had a hit single with "My Sharona"]. As EMI wanted us to record a new album in Germany, we had to go back. Things were very chaotic at that time. We hadn't written enough material, studio sessions were canceled, and so on. Very soon Doug got fed up with the situation and left. We thought of Werner Frangenberg and he rejoined on bass. With an ad in the "Melody Maker," we found Barry Palmer for vocals." 

The first recording with Barry Palmer as Triumvirat's lead vocalist was the curious "Take A Break Today", which was a blatant attempt at a pop single. "Spartacus" wasn't climbing the charts as meteorically as they had hoped, and, ever the pragmatists, Capitol was convinced that it was time for a change in musical direction. It wasn't. 
 

8.混迷?「愛の神秘」

 "Take A Break Today" は1975年のクリスマス頃に発売されました。B面はヘルムートがバンドを去るほんの数日前にロサンゼルスのコンサートでライブ録音された "The Capitol of Power" でした。

 新しいラインナップはすぐに Triumvirat のサウンドと寸分違わないアルバム "Old Loves Die Hard" :「愛の神秘」(1976)をリリースしました。しかしながら、このアルバムは Triumvirat のコンセプトアルバムからの初の脱却というよりも、むしろ曲の関係が散漫なアルバムになってしまいました。
 曲はおそらく新たに生まれたスタジオでの緊張のせいでなかなか書けなかったと思われます(そのことは "I Believe" の歌詞で証明されています)。
 "Old Loves Die Hard" は "Spartacus" のように充分に注目を集めることが出来ませんでした。このアルバムではツアーもなく、すぐにハンスとウェルナーとバリーは去ってしまいました。 Triumvirat はもはや「グループとして機能しなかった」からです。
 

1999/3/21 J'rat

 
 "Take A Break Today" was issued around Christmas, 1975, with an accompanying "B" side of a live recording of "The Capitol of Power" from a Los Angeles concert, just days before Helmut left the band. 

The new lineup soon released "Old Loves Die Hard" (1976), an album true to the Triumvirat "sound." "Old Loves," however, was the first departure for Triumvirat from the concept-type album, and was more of a loose association of songs that were perhaps difficult to write with all the newfound studio tension (as evidenced by the lyrical barb in "I Believe"). "Old Loves" did not sufficiently buoy the attention demanded by "Spartacus". There was no ensuing tour, and soon Hans Werner, and Barry left because Triumvirat was no longer "functioning as a group." 
 

9.ヘルムートとの復縁

 一方その頃、ヘルムート・ケーレンは曲をつくり、ドイツの Wolperath にある "Conny's Studio" でレコーディングをしていました。(コニー・プランクは、スコーピオンズ、クラフトワーク、ディペッシュ・モード、アニー・レノックス、および他の多くの仕事で有名な伝説上のプロデューサーでした。)
 ケーレンは、ユルゲン・フリッツからいくつかのトリアンヴィラート・スタイルのキーボードとプロダクション・サポートを得、ハンス・バテルトもヘルムートと共同で "The Story of Life" を書くことさえしました。「パスポート」の Deter Petereit はベースとして招かれ、そしてヘルムートの最愛の妹エルク・ケーレンがバックグラウンド・ボーカルをつとめました。

 彼らは、1976年11月までに未完成で、まだ名前が決まっていないアルバムへのトラック・ダウンを完了しました。 そして、フリッツが書いてプロデュースしていた紀元45年のポンペイのベスビオス火山の爆発を元にしたコンセプトアルバムに、ケーレンが再び参加するように求められるまでに、彼らの関係は修復されたのです。
 しかし、ヘルムートとユルゲンの再結合に傷がないわけではありませんでした。ヘルムート・ケーレンは、いくつかの歌が彼の声域外だと思い、そのことといくつかの他の複雑な理由のために結局上手くいかなかったのです。

 この頃にヘルムート・ケーレンとバリー・パーマーの間に競合的でない良い関係がつくられました。全ての関係者は、バリーが再びグループに参加するよう誘うのが一番いいと同意しました。



Meanwhile, Helmut had been writing and recording at "Conny's Studio" in Wolperath, Germany. (Conny Plank was a legendary producer famous for his work with the Scorpions, Kraftwerk, Depeche Mode, Annie Lennox, and many others.) Kollen had some Triumvirat-style keyboard and production support from Jurgen, and Hans Bathelt even co-wrote "The Story of Life" with Helmut. Deter Petereit of "Passport" was invited to play bass; Matthias Holtmann, who had played in the group "Hollywood" with Arno Steffen was enlisted on drums, and Helmut's beloved sister Elke Kollen was (among others) working on background vocals. 

They had most of the tracks down on the still-unfinished and unnamed album by November 1976. Jurgen and he had re-established their working relationship to the point where Helmut was invited to rejoin Triumvirat on the new concept album that Fritz was writing and producing based upon the eruption of the Vesuvius volcano at Pompeii in 45 a.d. The reunion of Helmut and Jurgen was not without its flaws, however. Kollen felt that some of the songs were outside of his vocal range, and for that and several other complicated reasons, it simply didn't work. 

 During this time, Helmut and Barry Palmer had developed a good, non-competitive relationship. All involved agreed that it was best to invite Barry to rejoin the group. 

10.ヘルムートの事故死

 1977年5月3日に、レコーディングの長い1日から家に戻ったヘルムートは、未発表のスタジオ・トラックのうちの何曲かを彼の車のカセットプレーヤーで音量を上げて聴くことにしました。
 十分に換気されていないガレージの中で音楽を聴いている1時間ほどの間に、ヘルムート・ケーレンは排気ガスの一酸化炭素で倒れ、中毒死してしまいました。27歳でした。

 ソロ・アルバム "You Won't See Me" は彼の死後1977年にドイツで Harvest/EMI によってリリースされました。このアルバムのタイトルは、彼の好きなビートルズ・ソングのうちの1つから、彼の友人によって名付けられたものです。

 Triumvirat の当時のメンバーは誰もが、親しい友人と忘れられない音楽的才能とを失うという大きな損害を被ったのです。 



On May 3, 1977, after returning home from a long day of recording, Helmut decided to crank up to some of his unreleased studio tracks on his car's cassette player. Within an hour of listening to the music inside his insufficiently ventilated garage, Helmut Kollen was overcome by carbon monoxide fumes, and was accidentally poisoned to death at 27 years of age. 

"You Won't See Me," as it was named by his friends for one of his favorite Beatles songs, was his solo album released posthumously by Harvest/EMI in Germany in 1977. 

Every single member of Triumvirat that time suffered deeply at the loss of their close friend and an unforgettable musical talent. 

 

11.新生 Triumvirat 「ポンペイ」

 しかしユルゲンは、彼の悲嘆をわきへ置くか、または少なくとも創造的な表現手段として使うためにベストをつくしました。唯一のオリジナルなTriumviratのメンバーであるユルゲンは、ボーカルに戻ったバリー・パーマーとともに、すぐに偉大なスタイルでカムバックしたのです。
 彼自身が自作の詩で歌を書き、一流の後任メンバーを募集しました。その中に技術的に精確なセッション・ドラマーのカート・クレスがいました。彼は彼自身のグループ "The Curt Cress Clan" と Klaus Doldinger の "Passport" でのプレイでヨーロッパで有名でした。ヘルムートのアルバムでユルゲンと一緒に働いた Deter Petereit がベースとして加わりました。
 この窮余のラインナップが "New Triumvirat Presents Pompeii" を作りました。(短い間使われたいわゆる "New Triumvirat" はどうやら "Triumvirat" の名前を使う上での法律的な短期間のごたごたが原因のようです)  このアルバムは Triumvirat の黄金期に匹敵する驚くほど美しいコンセプト・ワークでした。このラインナップはドイツでプレイしました。特に、ドイツの重要なテレビ音楽番組「ディスコ」で、このアルバムの "Hymn" を演奏しています。 "Hymn" はドイツで大ヒットし、彼らのベストセラー・シングルになりました。
1999/4/4 J'rat
 
 
Jurgen however, did his best to put his grief aside, or at least use it as a creative outlet. The only original Triumvirat member, along with Barry Palmer returning on vocals, soon bounced back in big style. He was writing songs with his own lyrics now, and recruiting top-notch replacements. Among them was the technically precise session drummer Curt Cress, who had been famous in Europe for playing with his group "The Curt Cress Clan," and Klaus Doldinger's "Passport." Deter Petereit, who had been playing working with Jurgen on Helmut's album, joined on bass. This tight lineup produced "New Triumvirat Presents Pompeii," (so-called "New Triumvirat" for a short time, apparently due to a brief legal entanglement over the use of the name "Triumvirat"), a stunning concept work that rivaled Triumvirat's finest moments. 
This lineup played in Germany, notably performing "Hymn" from this release on the important German TV musical show "Disco." "Hymn" was huge in Germany, and became their best-selling single. 

12.「ア・ラ・カルト」の発売

 ユルゲン・フリッツは、1978年の「アラカルト」にいっそう多くのセッション・ミュージシャンを関わらせました。ユルゲンとキャピトル・レコードが「トップ40に入る」ボーカルを持ちたいと望んだため、バリー・パーマーは David Hanselmann とリード・ボーカルを分け合いました。さらにヘルムートの友人でケルンの"Jail"というグループ出身の Werner Kopal がベースで、ヘルムートのソロ・セッション出身の Matthias Holtmann がドラムで参加しました。

 バリー・パーマーはブライアン・ウィルソンの"Darlin"のキャッチーなカバー・バージョンを歌いました。またドイツの"ディスコ"というテレビ番組でも演奏されたこのアルバムの最初のシングルの"Waterfall"も歌いました。これはバリーのいくつかの選ばれたポップな曲と、より多くの Hanselmann のプログレッシヴなトラックのミックスされたアルバムでした。

 シングルは、ディスコとパンクに支配された市場で、キャピトル・レコードが満足するほど素早くはヒットしませんでした。今回も米国ツアーは行われず、Triumvirat は米国のレコード契約を失いました。



Jurgen involved even more session musicians on 1978's "Ala Carte." Barry Palmer shared lead vocal duties on this release with David Hanselmann, whom Jurgen and Capitol hoped had a "Top 40" voice; Werner Kopal (Helmut's friend from the Cologne group "Jail") and Matthias Holtmann, an alumni from Helmut's solo sessions, joined on bass and drums. 

Barry sang a catchy cover version of Brian Wilson's "Darlin, " and also sang on "Waterfall," the album's first single, which the band performed on the "Disco' TV show in Germany. The album was a rather eclectic mix of pop tunes with Barry, and more progressive tracks with Hanselmann. 

The singles didn't catch on soon enough for Capitol in a market dominated by "disco" and punk releases, again there was no U.S. tour, and Triumvirat was dropped from its U.S. record deal. 
 

13.最後の弾丸「ロシアンルーレット」

 Triumvirat 名義の最後のプロジェクトである"Russian Roulette"は TOTO のスティーブ・ルカサーやジェフ・ポーカロなどのセッション・ミュージシャンばかりで作られたアルバムで、ボーカルと作詞に Arno Steffen をフィーチャーした、非常に印象的でポップな労作でした。

 このアルバムからパンク風の"Party Life"がシングルカットされ、グループは"Platenkeuche" ("Helga and Frank's Long Play Kitchen")というテレビ番組に出演しました。(演奏はテープ吹き替えでした)

 "Russian Roulette"は、ノリのいいレゲエ・ジャムの"The Ballad Of Rudy Torner."などを含んだ多様なアルバムでした。

 しかし、それは彼らのトレードマークからの大いなる訣別でした。 


 

"Russian Roulette", the last project under the name "Triumvirat" was a very impressive pop effort, full of session musicians (including Steve Lukather and Jeff Porcaro from "Toto") and featuring the comic relief and lyrics of Arno Steffen on vocals. 

The punkish "Party Life" was released as a single, and the group performed a live lip-synch on "Platenkeuche" ("Helga and Frank's Long Play Kitchen") TV show in Germany. 

"Roulette" was a diverse album that included an infectious reggae jam on "The Ballad Of Rudy Torner." 

It was an enormous departure, however, from their trademark sound. 
 

14.解散、〜 ユルゲンの活躍

 その後、今日に至るまでメジャーな国際的なヒットはありません。そして Steffen と Hanselmann、Palmer をフィーチャーしたツアーを2度にわたって中止にした後、ユルゲンは一連のアルバム・プロジェクトを行うことを強く望んで Triumvirat を解散しました。 
 
  • 映画音楽"Es Icht Nicht Leicht Ein Gott Zu Sein" (シングルはボーカルに Grant Stevens をフィーチャーした"It's Hard To Be A God")
  • 映画"A Woman For Certain Hours"のサウンドトラック
  •  Wolfgang Hieronymi、Dieter Rosenberg、Gerald Dellman と、元 Triumvirat メンバーの Curt Cress と Deter Petereit を含むグループ"Gansehaut"のアルバム"Aublicke" (1983)
  • 「地中海物語」とともに彼の正統なクラシック音楽のルーツとなったアルバム"Millennium" (1991) - Ralf Hildenbrute との共作 -

  •  より最近、彼はケルンに住み、"Thekenschlampen" (訳すると「素敵な酒場の売春婦」)という新作の演劇でドイツの女優/喜劇女優の Hella von Sinnen (ドイツのEllen DeGeneres)と働いたり、1997年遅くには、"Puhdys"という有名なドイツのバンドのアレンジを手がけました。

     Triumvirat の物語はここで終わるわけではありません。彼らの物語の最も大きい章のうちのいくつかが、まだ語られなければなりません。
     1998-99年は、ケルンから発せられた最も才能豊かなミュージシャンたちのルネッサンスとして記録されるでしょう。...お帰りなさい、Triumvirat!



    Still no major international hit singles were achieved by this time, and, after a couple of aborted tours featuring Steffen, Hanselmann and Palmer, Jurgen dissolved the Triumvirat format in favor of doing certain album projects including the film score for the movies "Es Icht Nicht Leicht Ein Gott Zu Sein ("It's Hard To Be A God" - the single featured Grant Stevens on vocals), the soundtrack to the film "A Woman For Certain Hours", worked with the group "Gansehaut" with ex-Triumvirat members Curt Cress and Deter Petereit, as well as Wolfgang Hieronymi, Dieter Rosenberg and Gerald Dellman for the album "Aublicke" (1983), and paired up for an album with Ralf Hildenbrutel as "Millennium" (1991), that was as faithful to his classical roots as was "Mediterranean Tales." 

    More recently, he has stayed in Cologne, working with such novelty acts as "Thekenschlampen" (translated as "The Fabulous Bar Sluts"), German actress/comedienne Hella von Sinnen (Germany's answer to Ellen DeGeneres), and in late 1997 did the arrangements for a well-known German band called "The Puhdys". 

    The Triumvirat story hardly ends here. Some of the greatest chapters of their story have yet to be told. 1998-99 will mark the renaissance of one of the most talented musical ensembles ever to hail from Cologne. Welcome back, Triumvirat !
     
     

    15.他のメンバーの消息

     ハンス・バテルトは、1977年に EMI でレーベル担当者として働き始めました。後にコンピュータのバグを発見したことがきっかけで、現在ではケルンでソフトウェア・コンサルタントとして働いています。彼はこの10年間、幸福な結婚生活を送っています。

     Matthias Holtmann は、ドイツのシュツットガルトの SDR3 ラジオ局で午後のドライブ・タイムのDJをしています。"Extra Spaet" か "Extra Late"という月1回放送のMTV-スタイルのビデオ・ショーの司会も行っています。

     バリー・パーマーは、1984年のマイク・オールドフィールドのヨーロッパですさまじくよく売れたアルバム、"Discovery"でボーカルをつとめました。
     "Gaensehaut"のレコードで再びユルゲン・フリッツとともに働いた後、ユルゲンは1984年にバリーの素晴らしいシングル"Shimmering Gold"をプロデュースしました。バリーはソロ名義のアルバムを英国でのみリリースしました(訳注:"Without an Aim"(1985)のこと)。
     そして今まさに、スコットランド人の建築家でスタジオ・プレーヤーの David Duncan と共同で書いた非常にエキサイティングな新プロジェクトを仕上げ終わるところです。

     Arno Steffen は、ケルンを拠点とした"LSE"というグループと演奏とレコーディングを続けています。

     ヘルムート・ケーレンは彼の作品を通して生き続けています。この伝記とウェブサイトは彼の"Playing This Song Together"の夢に捧げられます。(訳注:この曲は彼の没後1977年に発売された遺作"You Won't See Me"に収録されています)



    Hans Bathelt went to work as a label rep for EMI in 1977, later caught the computer bug and now works as a software consultant in Cologne. He has been happily married for the past ten years. 
     

    Matthias Holtmann is the afternoon drive time DJ on SDR3 Radio in Stuttgart, Germany, and the host of "Extra Spaet" or "Extra Late," a monthly MTV-style video show. 
     

    Barry Palmer did vocals on the 1984 Mike Oldfield album, "Discovery", which sold tremendously well in Europe, worked again with Jurgen on the "Gaensehaut" records, and Fritz produced a marvelous single of Barry's c. 1984 called "Shimmering Gold". Barry released a self-titled album in the U.K-only in 1986, and is currently close to wrapping up a very exciting new project co-written by Scottish architect/studio whiz David Duncan. 
     

    Arno Steffen continues to perform and record with the Cologne-based group "LSE." 
     

    Helmut Kollen remains alive through his recordings, and this biography and website are devoted to his dream of "Playing This Song Together." 
     

    16.謝辞

    "I have a dream that we can change it... 
    We can throw the ball and chain away, 
    We can make it happen, just as long as you believe
    Together, we stand up for our peace"

    (私は物事を変えられるという夢を持っている/
    この手で足枷と鎖を投げ捨てることが出来るんだ/
    信じさえすれば必ず実現できる/
    平和のために共に立ち上がろう)

    --"The Hazy Shades of Dawn," 
    アルバム "Spartacus"より --


     この伝記のために測り知れないほど貴重な助けをくれたハンス・バテルトとバリー・パーマーに心からお礼を言います。

    (c)1995-98 ラス・ショー
    1998年2月16日 改訂
    セントルイス、ミズーリ州、USA

     これが私が知っている全てです。もしあなたが何か追加が出来るなら、気軽に電子メールを送ってください:russ@triumvirat.net
     



    "I have a dream that we can change it... We can throw the ball and chain away, We can make it happen, just as long as you believe Together, we stand up for our peace" 

    "The Hazy Shades of Dawn," from "Spartacus." 
     
     
     
     
     
     
     

    Special thanks to Hans Bathelt and Barry Palmer for their invaluable assistance with this biography. 

    1995-98 Russ Shaw, modified: 16 February 1998
    St. Louis, Missouri, USA

    This is what I know. If you can add to it, feel free to e-mail:  russ@triumvirat.net

    ようやく全文の翻訳が終わりました。お付き合いくださってありがとうございました。m(_ _)m
    Special thanks to Russ for the valuable biography and permitting me to translate.--J'rat



    DiscographyBiographyIntroductionPersonnelForumOfficial SiteJ'rat Home